タグ:相撲

    1: Egg ★ 2017/12/20(水) 12:23:46.41 _USER9
    大相撲の元横綱・日馬富士関(33)の幕内・貴ノ岩(27)への暴行問題などの処分を審議する、横綱審議委員会(横審)の臨時会合が20日、東京・両国国技館で開かれた。

     すでに引退している日馬富士関だが、横審としては「引退勧告」に相当する事案であることを確認し、暴行現場となった酒席に同席した横綱・白鵬(宮城野)、鶴竜(井筒)に対し、暴行を止められなかったとして「厳重注意」処分を日本相撲協会に進言することを決めた。

     これを受けて開かれる臨時理事会では元日馬富士関の師匠・伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と、巡業部長でありながら巡業中に起きた暴行事件について、協会への報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)への処分が確実視されている。

    20171220-00000046-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000046-sph-spo

    【【横審臨時会合】日馬富士は「引退勧告」相当、白鵬、鶴竜は「厳重注意」 】の続きを読む

    1: プーアル ★ 2017/12/20(水) 00:02:52.94 _USER9
    大相撲の元横綱日馬富士関による暴行事件を受け、日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の臨時会合と協会の臨時理事会が20日、東京の両国国技館で開かれる。協会関係者によると、巡業部長でありながら秋巡業中での出来事の報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)や、
    元日馬富士関の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)にはともに理事の解任を含めた処分が協議される見込み。

     ただ、危機管理委員会が、被害者の貴ノ岩関を聴取できていないため、師匠の貴乃花親方への巡業部長の解任も意味する処分については、 理事会出席者らから「処分決定を持ち越してはどうか」との意見も出ている。

    9564a_929_spnldpc-20171219-0056-0-cm

    https://this.kiji.is/315860294361515105?c=110564226228225532

    【【日馬富士暴行】貴乃花親方ら理事解任か 臨時理事会20日に開催 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/18(月) 22:39:47.27 _USER9
     元横綱日馬富士関による暴行問題を調査している日本相撲協会の危機管理委員会(委員長・高野利雄外部理事=元名古屋高検検事長)が、元横綱本人に加え、暴行の現場に居合わせた白鵬関、鶴竜関の2横綱に対しても処分を科すことが相当との見解を示す方針であることが18日、明らかになった。

     協会関係者によると、同じ横綱の暴行を間近で見ていながら、防げなかったことについての責任を指摘する声が出ているという。また、既に引退して協会員でなくなった元横綱に対しては、今後、同様の事案が起きた場合の指標とするため、「引退勧告相当が妥当」と提案されるとみられる。

     相撲協会は20日に臨時横綱審議委員会と臨時理事会を開き、危機管理委がここまでの調査結果を報告し、関係者への処分を検討する。
    元横綱の師匠の伊勢ヶ浜親方、巡業部長として協会への報告義務を怠った貴乃花親方も処分対象となる見通し。しかし、被害者の貴ノ岩関への聞き取りは師匠の貴乃花親方が協力を拒んでいるため実現していない。協会は20日以降も継続して協力を要請する考えだ。

    10778747

    読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00050105-yom-spo

    【【日馬富士暴行】「白鵬・鶴竜も処分相当」危機管理委が見解 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/17(日) 18:53:53.76 _USER9.net
    17日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが、日本相撲協会の体質に声を荒らげた。

    番組では、「“モンゴル出身力士”&“横綱の品格” 揺れる相撲界に復活の大提言SP」と題して、今なお揺れる元横綱・日馬富士の暴行事件について、出演者たちが意見を交わした。

    その最中、相撲ジャーナリストの大隅潔氏は、貴乃花親方が相撲協会に強い不信感を抱いているとコメント。「(相撲協会に)自分の言っていることが通らない」との思いから、貴乃花親方が今回の暴行沙汰を刑事事件にしたため、このような大きな騒ぎに発展してしまったというのだ。

    すると、たけしが「(もし)若い衆が殺人を犯したら、協会に行くっておかしいじゃない!?」「『私が殺しました』『じゃ、協会に相談して』って、そんなバカな話が通るわけないじゃない!」と、相撲協会の体質に声を荒らげた。

    たけしは、口ゲンカや飲み屋のいざこざ程度ならば、協会に相談することもあるだろうと前置きした上で、「明らかに犯罪だと決まっているものを、まず協会に相談するっていう約束があること自体が(おかしい)」と吠えたのだった。これに日本相撲協会の評議委員会議長・池坊保子氏が「相談するじゃありません。届け出る義務があるということ」だと補足していた。

    0cbc0155c31d824a5f68ff4149657ca2

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14041418/

    【ビートたけし 相撲協会の体質を批判「そんなバカな話が通るわけない!」】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/12/15(金) 20:38:59.53 _USER9
    大相撲の元横綱・日馬富士の傷害事件で、貴ノ岩の聴取を拒んだ貴乃花親方が日本相撲協会に送った文書に、「警察と検察の意味を取り違えていた」と書かれていたことがわかった。

    15日夕方、沖縄の平和祈念公園にやってきた横綱・白鵬。16日からの沖縄巡業を前に、戦没者へ献花を行った。

    一方、協会による貴ノ岩の聴取について、貴乃花親方は当初、「警察の捜査が終わったら協力する」と言っていたが、書類送検のあと、「検察の判断が出るまで協力できない」とひるがえしている。

    その際、ファクスで協会に送った文書には、「警察と検察の意味を取り違えていた」と書かれていたことがわかった。20日の理事会では、こうした貴乃花親方の対応についても議論される。

    1746_takanohana

    http://www.news24.jp/articles/2017/12/15/07380642.html?cx_recsclick=0

    【貴乃花親方「警察と検察を取り違えていた」 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/14(木) 06:10:31.64 _USER9
    貴乃花と同期の元力士が語った「八百長相撲」の現場
     一連の日馬富士(33)による暴行傷害事件は、いよいよ佳境を迎えつつある。無言を貫く貴乃花親方(45)の胸中には、相撲協会ではなく警察による事件の真相解明とともに、新たに表面化しつつある問題を払拭したいという強い思いが根底にあるという。

    「八百長とまでは言わないまでも、無気力相撲が目立つようになっている。その中心が、モンゴル人力士らで形成される “モンゴル人互助会” にある。国を離れ、同じ国籍の人間が集まって束の間の休息を楽しむのはわかる。

     だが、貴乃花親方にはそれが馴れ合いに映り、ひいては八百長に繋がると危惧している。だからこそ貴ノ岩には、そんな集まりに顔を出すことを厳しく禁じていた」(担当記者)

     現役時代から孤高の横綱としてガチンコ相撲を体現し、誰よりも馴れ合いや群れることを嫌った貴乃花親方。その象徴である “モンゴル人互助会” は許せる存在ではなかった。

     とはいえ、白鵬(32)を筆頭に上位陣にはモンゴル人力士は多数いる。ましてや、最近の土俵内外での白鵬の言動は目に余るものがある。それを許してきた協会に、危機感を持っているという。

     そもそもの発端となったのが、2011年の八百長事件だった。携帯のメールから星の貸し借りが次々と暴かれ、多くの力士が引退に追い込まれた。モンゴル人力士も6名を数えている。

     貴乃花親方と同期で、2010年の野球賭博問題の首謀者、元力士の古市満朝氏が、現役当時を振り返る。

    「よく、八百長相撲のために使いに走らされていました。当時、関取の付け人をやっていて、対戦する相手に『今日、うちの関取がお願いしますと言っていますけど、どうでしょう。金額は○○で、手順は流れでお願いします』と、話しに行くんです。

     これは相手との貸し借りなのか、ほかの関取を交えて星を回すのかなど、細かい打ち合わせにも走らされたものです。我々は、そんな汚い部分を見てきた世代なんです。ガチンコだけで横綱になった貴乃花は、本当にすごいですよ」

     2011年に八百長問題が発覚した当時、貴乃花親方は、新理事として八百長撲滅、暴力団の介入阻止などに向けて奔走していた。だが、貴乃花親方が提唱する改革は道半ばで、問題解決には至っていない。

    「最近の “モンゴル人互助会” による馴れ合いは、八百長事件を思い出させると、貴乃花親方は感じているようです。集まって酒を飲むのはしょっちゅうだし、2009年には初日の2日前に朝青龍、白鵬が中心となってゴルフコンペまで開いている。また2010年には、白鵬が花札賭博に関与していたことが発覚している。

     今回の暴力事件の発端となったのが、錦糸町の店での『これからは俺らの時代だ!』という貴ノ岩の発言でしたが、じつはこの店、八百長問題で解雇された力士がオーナーを務めている。よくモンゴル人力士が集まっている店として有名だし、そこに貴ノ岩が行ったことに、貴乃花親方は怒っています」(相撲ライター)

     事件後、協会の事情聴取にいっさい協力しない態度に、すっかりヒールのイメージを植えつけられてしまった貴乃花親方。よかれと思ってやっていることも支持を得ることはなく、いまや四面楚歌の状態である。
    (週刊FLASH 2017年12月26日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00010001-flash-peo
    no title

    【【FLASH】貴乃花と同期の元力士が語った「八百長相撲」の現場 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/13(水) 16:42:10.65 _USER9
     お笑い芸人のカンニング竹山が13日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で、この日の午後2時20分頃、相撲協会の鏡山危機管理委員長が貴乃花部屋を訪れ、接触できず引き返した報道に触れ、「(相撲協会の)茶番に感じる」と、わざわざワイドショーの時間帯に貴乃花部屋を訪問した相撲協会側を批判した。

     番組では冒頭から日馬富士暴行問題の被害者・貴ノ岩の師匠である貴乃花親方について特集。日馬富士が書類送検されたにも関わらず、いまだに協会の聴取に応じない貴乃花について報じた。

     その議論の最中、貴乃花部屋に動きが。鏡山危機管理部長を乗せた車が貴乃花部屋に到着、書類を持参し呼び鈴を鳴らしたものの、中から応答はなく、そのまま引き返す様子が生中継で報じられた。

     これまで鏡山親方は複数回貴乃花部屋に足を運んでいるものの、貴乃花親方と一度も対面できず。この日も呼び鈴を何度もならしたにも関わらず、誰も対応しなかったことに、スタジオからはその対応に疑問の声も上がった。

     だが竹山は「僕は皆さんと根本が違います」とピシャリ。そして、午後2時20分という時間に鏡山親方が訪問したことに「なんで、各局ワイドショーやってるこの時間にわざわざ行かないといけないんですか?絶対マスコミがいるって分かっているから、行ったら中継するの分かってる」と、ワイドショーが生中継している時間帯の訪問に異議を唱えた。

     更に竹山は「相撲協会は貴乃花部屋を潰したいんですか?一体何をやりたいの?」とキレ気味にコメント。貴乃花部屋が対応しないことをワイドショーに中継させ、わざと貴乃花部屋の印象を悪くさせているのではという見解を示し、「(貴乃花)親方も無礼なことあるかもしれないけど、そこを攻めても何も始まらないでしょ」ともコメント。「僕は、申し訳ないけどこの時間にわざわざ行ってピンポンピンポンして出ないから帰るって、ぼく個人としては茶番に感じますけどね」と、相撲協会を非難していた。

    20171213-00000077-dal-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000077-dal-ent

    【カンニング竹山、キレる ワイドショータイムの相撲協会貴乃花部屋訪問に「茶番」 】の続きを読む

    このページのトップヘ