中二病速報

    タグ:相撲

    1: Egg ★ 2018/02/02(金) 12:42:26.51 _USER9
    2日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)でこの日午後に行われる日本相撲協会の2年の任期満了に伴う理事候補選挙(理事選)について相撲取材歴30年の横野レイコリポーター(55)が票読みを行った。

     番組では定数10人に対し11人が立候補した選挙の当確ラインを9票に設定した。阿武松(おうのまつ)親方(56)=元関脇・益荒雄=と貴乃花親方(45)の2人が出馬した貴乃花一門は、阿武松親方が10票で貴乃花親方は1票で「変わらないと思って下さい」と横野リポーターは明かした上で「昨日、取材したら何と、阿武松親方の10票のうち2票が事前に山響親方のところと話ができていて、行くという話なんです」と明かした。

     番組では出羽海一門から出馬する元幕内・厳雄の山響親方の持ち票は4票と予想し、これで6票となると予想した。さらに同リポーターは貴乃花親方が9票の伊勢ヶ浜一門から票が流れるよう「貴乃花親方も動いたんですが、断られてしまいました」と断言し逆に「貴乃花親方が交渉した親方でない別の親方の1票が山響親方が獲得している」と明かし、山響親方が7票に増えることを予想した。

     さらに同リポーターは八角理事長が出馬する高砂一門から「今回だけは山響さんに入れさせてくださいと仁義を切った親方がいる」とし、高砂一門から山響親方に投票する親方がいることも明言。さらに、当初は4票とした山響親方の持ち票は5票かもしれないとし、山響親方が当選し貴乃花親方ら落選することを予想した。

     一方で貴乃花親方の逆転の可能性を聞かれた横野リポーターは貴乃花親方と山響親方が「もしかしたら、水面下で交渉して」とし、山響親方が持つ票が貴乃花親方に「一気に流れる可能性もある」と予想していた。

    20180202-00000025-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000025-sph-spo&pos=1

    【横野リポーター、生放送で相撲協会理事選の票読み 当確は貴乃花親方ではなく山響親方】の続きを読む

    1: サスケ ★ 2018/01/31(水) 16:24:31.12 _USER9
     日本相撲協会の広報部長を務める春日野親方(55 元関脇・栃乃和歌)が、2011年の八百長事件の際、キーマンとされた元力士に対して、「爆弾発言したら協会パンクだよ」、出世が「パーだ」などと話していたことがわかった。

     八百長を認めた元前頭の春日錦は、当時、春日野部屋に部屋付き親方として所属しており、相撲協会の特別調査委員会の調査に協力していた。ただ、調査の過程で、八百長が春日錦を中心とした番付下位グループだけで実行したと矮小化され始めたことに不信感を抱き、春日野親方ら関係者とのやり取りを録音していた。

     週刊文春が入手した音声テープによれば、春日野親方は春日錦に対して「五月場所で爆弾発言でもしてみろ。その時点で協会パンクだよ」と発言していた。当時は、三月場所が開催中止となり、五月場所の開催に向けて、相撲協会が八百長問題の調査を進めている時期だった。

     春日錦の件について、千秋楽後に春日野親方に声をかけたが、終始無言。改めて部屋に取材を申し込んだが、「春日野部屋関係者」を名乗る男性から記者に非通知の電話があり、「質問はすべて協会で発表している内容。協会を通してほしい」とだけ告げ、一方的に通話は打ち切られた。

     2月1日(木)発売の「週刊文春」では、20時間を超える音声テープの内容や栃ノ心へのゴルフクラブ殴打事件など相撲界の暴力問題について詳報する。

    img_5f1de9aac78f9c4b0f8e338f01fd676c396833

    http://bunshun.jp/articles/-/6038

    【【週刊文春】音声入手 春日野親方が八百長関与の元力士に「爆弾発言したら協会パンクだよ」 】の続きを読む

    1: きのこ記者φ ★ 2018/01/29(月) 22:57:43.67 _USER9
    大相撲の春日野部屋で3年前に傷害事件が起き、有罪判決が出ていた問題で、当時日本相撲協会の危機管理部長だった貴乃花親方の対応をめぐって、ワイドショー内で議論が起きた。

    2018年1月29日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)は、危機管理委員会委員長だった宗像紀夫弁護士が生出演。相撲レポーターの横野レイコ氏と火花を散らせる場面があった。

    ・「最初に春日野親方がどういう報告をしたかが、この件では一番問題」
    春日野親方は25日の報道陣への対応で、14年9月に起きた傷害事件を1週間以内に、当時の北の湖理事長、出来山広報部長、危機管理担当顧問に報告したと述べている。

    だが「とくダネ!」では、当時危機管理委員長の宗像紀夫氏が「(当時報告は)受けておりません。今回分かるまでこの事件を知りませんでした」と明言。
    宗像氏によれば、協会では通常、問題が起きるとまず事務局に話がいく。事務局主事から危機管理部長、部長から理事長へと伝わり、理事長の判断で危機管理委員会にあげるか否かの判断がなされるという。

    これを踏まえ、宗像氏が「部屋で2~3発殴ったくらいだと、危機管理委員長まではあがってこない」と述べると、横野レイコ氏が「じゃあ2~3発殴ったくらいに当時は思われていたということですか?」と質問を投げかけた。

    宗像氏はすぐに「思っていたかどうかじゃなくて、最初に春日野親方がどういう報告をしたかが、この件では一番問題なんですよ」と反論。
    「たとえば立ち話で『うちの部屋でこういうことがありました』と。それで『もう起きないようにしてくれ』という話で終わっているかもしれない」「通常、警察問題が起きて私の耳に入ってこない形は、4年間やっていてほとんどない」として、当初の報告内容を重視していた。

    一方、岸本哲也アナウンサーが「当時の危機管理部長だった貴乃花さんが隠したという可能性は、宗像さん、あると思いますか?」と質問すると、焦点は貴乃花親方に。宗像氏は「それは私の目から見てほとんどありませんね」と答えたが、横野氏が「それはなぜですか?」と割って入った。

    ・「貴乃花親方にショックを受けているんです」
    宗像氏は「警察問題になる事件が起きて、私の耳に入らないで終わるなんてできるはずがないですから」と述べたが、横野氏は「でも貴乃花部長が知らないわけがない案件じゃないですか」と食い下がった。
    宗像氏は「それは分かりませんよ。どういう報告をしたか。他の相撲部屋の細かい状況まで他の人は立ち入れないでしょう」とするも、横野氏も「危機管理部長に報告するシステムになっているじゃないですか。それを知らせないとしたら、間に入った顧問が貴乃花部長に知らせないのはまずいと思います。当然知らせていると思いますよ」と主張を崩さなかった。

    貴乃花親方について宗像氏は「心情はよくわからないけど」としながら、「貴乃花さんが今回の事件の重大な部分をもし知っていて、危機管理委員会に何も話さないというのは私としては考えにくい」と話している。

    その後も横野氏は、「貴乃花部長がどこまで知っているか、場所中の親方に記者が聞いたけどノーコメントだったというんですね。
    もし当時(春日野部屋の事件を)知っていて、でも『協会はこういう体質だから隠蔽する』と思っていたから日馬富士問題でこういう行動になったというなら、貴乃花親方にショックを受けているんです。貴乃花さんはこういう問題に立ち上がってくれる人だと思っていたし、『隠蔽したのか』という風になるのは、責任を問われてしまいます」
    と持論を展開。

    これに宗像氏は「この事件に『隠蔽』とか何だって言いますが、警察の事件に、公になっているんですよ。
    初期の段階でどういうやり取りがあったかが問題なんです。隠蔽する理由なんてない」と反論していた。

    thumb-12144-319834-entame

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-319834/

    【貴乃花が「事件隠したか」で舌戦 横野レイコ「知らないはずない」vs宗像弁護士「ほぼない」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/01/25(木) 15:10:12.21 _USER9
     25日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で、大相撲の春日野部屋に所属していた元力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していたことを特集した。

     番組は、被害を受けた弟弟子の矢作嵐さん(22)のインタビューを放送。兄弟子から暴行を受け、実家に戻ったという矢作さん。春日野親方に説得されて部屋に戻った時に親方から「逃げ出して迷惑かけたんだから皆に謝れ」と言われたという。

     こうした対応に三田友梨佳アナウンサー(30)は「逃げ出すぐらいケガを負った弟子を、親方は親でもあるなら、寄り添うべきじゃないかなと思います。どんなことがあって、どんな状態なのか寄り添っていれば、詳しく分かるものだと思います」と指摘。三田アナのコメントに安藤優子キャスター(58)は「貴ノ岩関の時に似ていません?」と示した。

     三田アナは「貴ノ岩関は、貴乃花親方がずっと親身になって常に味方でいたからこそ、守ってくれる存在であったけれど、今回の場合は違うから、矢作さんは、そういう意味でも精神的に辛かっただろうと思う」と指摘していた。

     矢作さんは元横綱日馬富士の暴行事件で被害を受けた貴ノ岩について「貴乃花親方みたくして欲しかったですね、ボクも。貴ノ岩関かばってもらったじゃないですか。親が子を守るのは当たり前なんでそういうふうに春日野親方にして欲しかったですね」とコメントしていた。

    20180125-00000077-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000077-sph-spo

    【【春日野部屋暴行】暴行を受けた元力士が春日野親方へ「貴乃花親方みたくして欲しかった」 】の続きを読む

    1: 渋柿の木 ★ 2018/01/25(木) 00:29:58.71 _USER9
    大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、 2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していたことが24日、関係者への取材で分かった。
    同年1月、日本相撲協会理事に就任した春日野親方は事件の存在を公表していない。
    新たな不祥事が発覚したことで、元横綱日馬富士関暴行事件に揺れる角界の体質が改めて問われそうだ。

    春日野親方は共同通信の取材に「(力士は)辞めてますから」と述べ、公表する必要はないとの考えを示した。
    現在も相撲協会理事で、広報部長として情報発信も担っており、責任問題に発展するのは必至だ。(共同)

    東京新聞web
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018012401001937.html

    【関連(詳細)記事】

    春日野部屋で不祥事、力士が傷害罪で16年有罪判決 [2018年1月24日21時7分]

    大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していたことが24日、関係者への取材で分かった。
    同年1月、日本相撲協会理事に就任した春日野親方(元関脇栃乃和歌)は事件の存在を公表していない。
    新たな不祥事が発覚したことで、元横綱日馬富士関暴行事件に揺れる角界の体質が改めて問われそうだ。

    春日野親方は共同通信の取材に「(力士は)辞めてますから」と述べ、公表する必要はないとの考えを示した。
    現在も相撲協会理事で、広報部長として情報発信も担っており、責任問題に発展するのは必至。
    2月に予定されている協会の理事候補選挙にも影響しそうだ。

    弟弟子は顎を骨折して味覚消失などの後遺症を負い引退。
    「若手力士の間では他にも暴力事件があると思う。協会は隠さないで全て公表してほしい」と訴えている。

    元力士は取材に応じ「殴ったことは悪かった。自分自身の問題で部屋が悪いわけではない。(事件のことを)話すなと言われたことはない」と話した。

    関係者の証言などによると、弟弟子を暴行したのは13年に新弟子検査に合格し、15年7月の名古屋場所を最後に引退した福岡市出身の元力士。
    14年9月5日夜、7カ月前に入門したばかりの弟弟子の顔を拳で殴ったり、腹を蹴ったりした。
    元力士が部屋の掃除の仕方を注意しようとした際にトラブルになったのが原因だったという。

    弟弟子は全治1年6カ月と診断された。
    弟弟子側は14年10月、元力士を警視庁に刑事告訴。
    書類送検を受けた東京地検が傷害罪で起訴し、東京地裁が16年6月に有罪判決を言い渡し、確定した。
    必要な治療を受けさせなかったとして、春日野親方も保護責任者遺棄容疑で告訴したが、不起訴処分となった。

    201801240000665-w500_0

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201801240000665.html

    【春日野部屋、傷害事件を公表せず 顔殴り、弟弟子に後遺症】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/01/18(木) 12:41:08.28 _USER9
    「よくもまあ、イケシャーシャーと、これだけ自分に都合の良いウソばかり、並べ立てられるもんだな」

     ある親方がこう言っている。日馬富士暴行事件の対処から理事を解任された貴乃花親方(45)に関してだ。

     大相撲1月場所3日目は、稀勢の里が逸ノ城に一方的に寄り切られて2敗目を喫したかと思えば、白鵬は北勝富士に押し出されて初黒星。
    横綱3人のうち2人が敗れる波乱の土俵だったが、土俵外で親方連中がアキレているのは貴乃花親方の言動だ。

     中でも12月28日の理事会で貴乃花親方が配布した文書に端を発する事実誤認、ウソはヒドい。

     一部夕刊紙や週刊誌は理事解任が決定した4日の評議員会では、くだんの文書が問題になったと報じている。
    貴乃花一門の大嶽親方が「文書には貴乃花親方が執行部に『マスコミがたくさんいて貴ノ岩が部屋から出ることが出来ない。
    なので診断書も出せない』と説明して了承を得たと書かれているが事実か?」と質問。
    それに対して八角理事長が「そんなことあるわけがないだろう! マスコミが邪魔なら救急車でも呼べばいいじゃないか!」と声を荒らげ、ひるんだ大嶽親方は解任決議に賛成したかのように書かれている。

     しかし、事実はまったく異なる。貴乃花親方に対して再三、貴ノ岩休場の診断書を提出するように要求していたのは他ならぬ執行部側だ。
    了承するはずがないと複数の幹部が否定している。「マスコミが張り付いていて具合の悪い貴ノ岩を部屋の外に出せない」という貴乃花親方に、八角理事長が「そんなに具合が悪いなら救急車を呼んででも病院に連れて行くべき」と言ったのは事実だが、これはあくまで貴ノ岩が聴取に応じず、診断書も出さないことから生じたやりとり。聴取に応じられないほど 具合が悪いなら病院に入院させるのが筋だし、そうすれば診断書も出せるだろうというのが執行部側の言い分だ。
    文書はあまりにも自分に都合の良い解釈をしているうえ、明らかに事実をねじ曲げている。評議員会で 八角理事長が否定したのは当然だし、それでひるむ大嶽親方も大嶽親方だ。

     貴乃花親方の文書に関していえば、そもそも大きな事実誤認がある。一部メディアは「協会執行部にとって 都合の悪いことが書かれているから回収された」と報じている。「全容判明」などと鬼の首を取ったかのように騒いでいるものの、 真相はまったく逆。文書の回収は、あくまでも貴乃花親方側の要望だった。

     さらには12月28日の理事会についてだ。週刊新潮によれば、貴乃花親方は当時の様子についてタニマチにこう話したそうだ。

    「私は協会側に対して、処分理由の説明を求めた。しかし、周囲の理事から『今更そんなことを聞いてどうする』 『なんでそんなことを聞く必要があるんだ』と横やりが入った。そんな状況に呆れ『もういいです』と言った」

     これもウソだ。理事会に出席したある理事によれば、「貴乃花親方は例によって『はい』とか、『ありません』などの単語は発したが、自ら処分理由の説明を求めたりはしていない」という。貴乃花親方はタニマチとやらにデタラメを話したことになる。
    >>2に続く

    20180118-00000009-nkgendai-000-view

    日刊ゲンダイDIGITAL 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000009-nkgendai-spo 


    【【ゲンダイ】やくみつる氏も指摘 貴乃花親方は「虚言癖」の持ち主か 】の続きを読む

    1: ベラドンナ ★ 2018/01/13(土) 19:16:38.58 _USER9
    角界をめぐる騒動で時の人となった日本相撲協会の評議員会議長、池坊保子・元文部科学副大臣(75)が、自身に関する週刊文春と週刊新潮の報道に怒りをあらわにした。

    「すごいショック受けてるのよ。抗議文を出そうと思います」

    夕刊フジの直撃取材に、池坊氏は憤りをあらわにした。

    10日発売の週刊文春で「『貴乃花はクスリをやってるみたいに異様』と吹聴していた池坊保子」という見出しで報じられた記事について、池坊氏は「“吹聴”したなんて、そんなことはありません」と語気を強める。

    記事では「(貴乃花親方が)『クスリをやっているかのように変』と言ったのでは?」との質問に対し、池坊氏は「『そうかしらんって言ってる人もいるくらい、なんか異様よ』ということは言いました。二年くらい前」と説明している。

    週刊文春編集部は「池坊氏が複数の人物に上記の内容を発言した事実を確認しており、記事は事実です」と回答した。

    文春では過去の離婚騒動にも触れられているほか、同日発売の週刊新潮でも、池坊氏の過去の醜聞が報じられている。

    池坊氏は「私は誠心誠意対応してきたつもりなのに、最初から悪口を書こうと思って取材していたのかなと。文春も新潮も人を不幸にしてまでも売りたいのかなと思う。この1週間でマスコミ不信に陥りました」と心境を明かし、「私を貶める誹謗中傷は許されないということです。貴乃花親方にも不快な思いをさせ、心を痛めている」と述べた。

    池坊氏をめぐっては、記者会見やテレビ出演で、貴乃花親方に批判的とみられる発言があり、「協会寄り」との指摘もある。
    これについては「テレビでも公平に話していたんですけど。貴乃花を嫌いなわけではないと前も言っています。糾弾するつもりもありません」と強調していた。

    post_21923_20180106

    http://news.livedoor.com/article/detail/14153492/ 

    【池坊保子氏、文春&新潮に激怒!「抗議文を出そうと思います」 】の続きを読む

    このページのトップヘ