中二病速報

    タグ:相撲

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/12/12(水) 00:11:41.45 BE:565421181-PLT(12000)
    ミヤネ屋、貴景勝のペ〇スとキンタマを無修正で放映する放送事故w (スレタイ)

    ひでえw


    5 名前:名無しさん@涙目です。 [CN][] 投稿日:2018/12/11(火) 15:20:21.18

    画像リンク
    http://i.imgur.com/0wAW8oR.jpg

    https://i.imgur.com/eAvVh25.jpg

    【ミヤネ屋であそこが映り込む放送事故wwwww】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/10(月) 11:47:09.47 _USER9
    元貴乃花親方の花田光司氏が10日、テレビ朝日の単独インタビューに応じ、元弟子で、引退を発表した貴ノ岩について「10年はダメですね」と今後10年は会わないと、厳しい親心をのぞかせた。

    インタビューの模様は10日放送の「グッド!モーニング」内で放送。貴ノ岩の不祥事について、開口一番「残念ですね、本当に」と肩を落とし
    「この時期にこれまでの経緯を考えたら、当事者として経験したことを生かしていかないといけないのですから、逆のことをしてしまいましたからね。もう取り返しのつかないことをしたと思います」と語った。

    貴ノ岩自身からの連絡は「一度携帯が鳴ったんですけども、会見する日に。でも私は出ませんでした」と騒動後の貴ノ岩とは話をしていないことを明かした。
    千賀ノ浦親方からは連絡があったというが「私の出る幕ではありません」と千賀ノ浦親方に一任したという。

    インタビュアーの大下容子アナウンサーから「貴ノ岩関は手が出やすい性格?」と聞かれると
    「いやあ、今の師匠は優しい方ですし、私が彼にとって一番怖い存在だったと思うので、ちょっと抑えが効いてなかったのかなと」と回答。
    今後、貴ノ岩と会うのかという質問には「10年はダメですね。どんな状況でも一切会いませんし、来ても帰します」とピシャリ。


    今後、貴ノ岩は角界とは離れた一般社会で生きていかなければならないが「厳しい事を言いますけど、これから外の世界に出て、最低10年は修業しないといけない。
    10年経って、私の前に来れるようになっていれば会って話しますけど。10年はダメですね」と突き放していた。

    20181210-00000049-dal-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000049-dal-spo


    【元貴乃花親方、貴ノ岩とは「10年はダメ。一切会わない」TVで 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/07(金) 09:36:28.88 _USER9
    タレントの長嶋一茂(52)が7日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)に生出演。自身が知る“トラブル処理”について語った。

    番組では大相撲冬巡業中の4日に付け人に暴力を振るった大相撲の幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=について特集。
    すると一茂は「昔だったら、もみ消せるような時代だったかもしれない」と指摘。続けて、
    「テレビじゃ生だから言えませんけれど、トラブルをもみ消してきた人たちを何人も知っている」と口にした。
    その上で「そういう時代じゃない」と残念そうな表情を浮かべた。

    また「相撲界に限らず、芸能界、スポーツ界の特殊な世界観があるかもしれない。
    しかし、ネガティブな事例が起きると、一般の人より、倍返し、3番返しという状況になる」と感じているそうで「我々テレビに出ている人間も考えなきゃいけない。僕はこの番組に出ていると、自分で自分の首を絞めている気になってきちゃって重くなりますね」と語っていた。

    80fef_60_daff55da_66213f53

    スポーツ報知
    http://news.livedoor.com/article/detail/15704256/


    【長嶋一茂、貴ノ岩の暴行で暴走コメント「トラブルをもみ消してきた人たちを何人も知っている」 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/12/07(金) 06:16:00.52 _USER9
    大相撲の前頭貴ノ岩(28=千賀ノ浦)が、付け人で三段目力士の貴大将(23)に暴力を振るった問題で、入門から今年9月の秋場所まで指導した元貴乃花親方の花田光司氏(46=元横綱)は「言語道断」と、かつての弟子を一刀両断した。問題発覚から一夜明けた6日、都内で日刊スポーツの取材に答えた。また11月の九州場所で初優勝した小結貴景勝(22=千賀ノ浦)ら、旧貴乃花部屋の力士からも「残念」などの声が相次いだ。

    貴ノ岩の育ての親は口調こそ落ち着いていたが、それとは対照的な言葉を発した。元貴乃花親方の花田氏は、新幹線で都内に戻ったところで歩きながら質問に答えた。貴ノ岩が起こした暴力については、開口一番「あんなことをしちゃったらね…」と、残念そうに話した。さらに「言語道断でしょ」と続けた。昨年10月に元横綱日馬富士による暴力事件で貴ノ岩は被害者となり、自身も暴力根絶を訴えてきた。その思いが届いていなかったことへの、歯がゆさを飲み込むように後は「予定があるから」などと多くは語らなかった。

    今年10月に、日本相撲協会が暴力決別宣言と、暴力問題再発防止策の方針を発表した。それは貴ノ岩のようなケースが再び起こらないよう、花田氏が愛弟子を守ろうとしたのが発端ともいえる。皮肉にも協会の宣言などを受け、暴力の加害者は厳罰に処する方針が適用される第1号も貴ノ岩となった。そんな状況を招いた貴ノ岩の軽率な行動と、かつての弟子が再び暴力の被害者となった貴大将への思いやりが混在し「口では言い表せないこと」の意味の「言語道断」という言葉となったのかもしれない。

    この日、大分・別府市で行われた冬巡業に参加した、旧貴乃花部屋時代から弟弟子の貴景勝、貴源治は、ともに真っ先に「残念です」と語り、視線を落とした。暴力については「顔が腫れていたので分かった」(貴景勝)「顔を見れば分かる」(貴源治)と、頬が腫れた翌朝の貴大将を見て察知したという。初優勝からわずか10日後の出来事だが、貴景勝は「僕のことはどうでもいい。自分は相撲を取ることしかできない」と気丈に話した。
    苦楽を共にしてきた兄弟子と再び相撲を取りたいか問われると「付け人の立場もあるし、2人の関係もある。ただ、早く解決してほしい」と、一段と深刻な顔で話した。

    貴源治は「この件に関しては『言い訳なし』じゃないですか。言葉はないですよね。これが貴ノ岩関の人生なんだな」と厳しい言葉も述べた。
    貴源治は、双子の兄の貴公俊も暴力を振るって謹慎処分を受けた。一時の感情で暴力へと発展する愚かさを人一倍感じている。常に暴力問題の渦中にさらされてきた旧貴乃花部屋。育ての親にも、弟弟子にも、暗い影を落とすことになった。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00412501-nksports-fight

    no title

    【元貴乃花親方怒り激白「言語道断」弟子の裏切り無念 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/07(金) 05:52:06.03 _USER9
     大相撲の東前頭6枚目・貴ノ岩(28=千賀ノ浦部屋)が付け人に暴行をはたらいた責任を取り、引退する意向を固めたことが6日、関係者の話で分かった。7日にも発表する。4日夜に巡業で訪れた福岡県行橋市の宿舎で弟弟子で三段目・貴大将(23)の顔を殴打した。昨年10月末の元横綱・日馬富士による暴力事件の被害者が、自ら付け人を殴る不祥事を起こし、角界を去ることになった。

     暴行問題を引き起こした貴ノ岩が、事態を重く受け止めて自らの意思で現役生活に終止符を打つことを決めた。日本相撲協会は6日までに、貴ノ岩と付け人・貴大将らへの聴取を実施。貴ノ岩はスポニチ本紙の取材に対し、「協会の決定した処分には素直に従います」と結果を待つ意向を示していた。ところが、騒動が大きく発展してさらに責任を感じ、複数の関係者に対し涙ながらに引退することを伝えた。

     暴行は4日夜、貴大将が「忘れ物の言い訳をしたから」という理由によるもの。貴ノ岩は「かっとなって殴ってしまった」と、宿泊先ホテルの部屋で、相手の顔面を素手で4、5発殴った。5日朝になり、貴大将は巡業会場の支度部屋に荷物を置いて逃走を図ったが、心配する仲間の連絡で翻意。戻ると騒ぎになっており、春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌)らに聴取を受けて暴行が明るみに出た。

     暫定処置として、貴ノ岩は巡業を途中休場し、部屋で謹慎。6日の午後5時半、都内の自宅にいた貴ノ岩は迎えに来た師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)の車に乗り込み、千賀ノ浦部屋に向かった。部屋前には約50人の報道陣が待機。車を降りると無数のフラッシュを浴び、硬い表情のまま無言で部屋の奥へと消えた。一方で、千賀ノ浦親方は報道陣の「反省の色はあったか」という問いかけに、「後悔です、後悔」と弟子の胸中を代弁した。

     昨年10月末に起きた元横綱・日馬富士による暴行事件の被害者が貴ノ岩。加害者は責任を取って引退したが、今度は自ら過ちを犯し、同じ道をたどることになった。「自分がやられて悔しかったのに、自らが同じことをしてしまい、言葉がないです。応援してくれたファンや相撲協会を裏切るような形になった」。本紙の取材に猛省する言葉を並べた貴ノ岩。被害者となった事件が発端で協会が10月に「暴力決別宣言」を発表したばかり。その約2カ月後、自ら手を上げた暴力問題だけに、最悪の結末を免れることはできなかった。

     ◆貴ノ岩 義司(たかのいわ・よしもり=本名アディヤ・バーサンドルジ)1990年2月26日生まれ、モンゴル・ウランバートル出身の28歳。16歳だった06年に鳥取城北高に相撲留学。08年世界ジュニア選手権中量級優勝などの成績を残し、08年に貴乃花部屋に入門。09年初場所で初土俵を踏んだ。12年名古屋場所で新十両に昇進し、貴乃花親方が育てた初の関取となった。14年初場所で新入幕。17年初場所で自身唯一の金星を白鵬から奪った。今年秋場所後に貴乃花親方の日本相撲協会退職に伴い、千賀ノ浦部屋に転籍。殊勲賞1回、敢闘賞1回。最高位は前頭2枚目。得意は右四つ、寄り、投げ。1メートル82、150キロ。血液型O。

    20181206s00005000432000p_view

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/12/07/kiji/20181207s00005000084000c.html

    【貴ノ岩が引退決意 暴行騒動発展で涙のけじめ 7日にも発表 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/06(木) 09:25:57.14 _USER9
    6日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、大相撲の幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=が冬巡業中の4日夜に福岡県内で付け人に対して暴行を加えていたことを特集した。

    貴ノ岩は昨年10月、元横綱・日馬富士関から暴行を受けた被害者だが、一転、加害者になった。番組では被害を受けた力士の母親と兄を取材。
    貴ノ岩は付け人の力士が財布を忘れたことで暴力をふるったという。
    息子から電話があったという母は、暴行時に「お酒が入っていることは子どもから聞きました」と明かした。
    さらに「親方とおかみさん、部屋に関しては訴えたりすると申し訳ないっていうのがあるんですよ。
    でも、貴ノ岩に関しては訴えてやりたいっていう気持ちがある」と思いを明かしていた。

    兄も弟から貴ノ岩について「大変って聞いていて、わがままで」などと聞いていたと話し
    「遅かれ早かれ、この(報道に)なると思っていたんですよ」と明かしていた。

    今回の問題で日本相撲協会は5日に巡業先の福岡から本人を帰京させて事情聴取。
    平手と拳で4、5発殴打した事実を認めて謝罪したと発表した。付け人から被害届は出されていない。
    協会からは当面の部屋での謹慎処分を言い渡されたが、今後の厳罰は避けられない状況だ。

    20181206-00000057-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000057-sph-spo


    【貴ノ岩に暴行を受けた力士の母「とくダネ!」の取材に「訴えてやりたい」 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2018/12/05(水) 18:11:16.52 _USER9

    貴ノ岩が付け人に暴力 忘れ物の言い訳に怒り、平手と拳で顔面殴る…昨年の被害者が今度は加害者に

     日本相撲協会は5日、東前頭6枚目の貴ノ岩(28=千賀ノ浦部屋)が24歳の付け人の弟弟子に対し暴行をはたらいたと発表した。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、冬巡業に参加していた貴ノ岩は付け人が忘れ物の言い訳をしたことに腹を立て、4日午後11時ごろ、福岡県内の宿舎で平手と拳で顔面を数回殴ったという。この日朝、付け人は巡業先の福岡県行橋市の会場に遅れて現れ、相撲協会関係者が事情を聞いて暴行が発覚した。

     貴ノ岩はすぐに帰京。師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)とともに午後2時30分ごろに東京・両国国技館内の相撲協会を訪れ、鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)らから聴取を受けた。貴ノ岩は暴行の事実を認めた上で謝罪したという。貴ノ岩に対しては、暫定措置として、冬巡業の休場と千賀ノ浦部屋での謹慎が言い渡された。相撲協会は今後、付け人の事情聴取をした上で、理事会で貴ノ岩の処分を検討することになる。

     貴ノ岩は秋巡業が行われていた昨年10月、巡業先の鳥取市内の酒宴で、元横綱・日馬富士から暴行を受けた。その時の頭部の負傷などの影響で、昨年九州場所と今年初場所の休場を余儀なくされた。元日馬富士は暴行の責任を取って昨年九州場所後に引退した。傷害事件の被害者だった貴ノ岩が、今度は暴行の加害者となった。

    20181205-00000134-spnannex-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000134-spnannex-spo


    【貴ノ岩が付け人に暴力 平手と拳で顔面殴る 昨年の被害者が今度は加害者に 】の続きを読む

    このページのトップヘ