中二病速報

    タグ:相撲

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/21(木) 07:25:49.56
    元横綱の日馬富士が元幕内の貴ノ岩を2017年、カラオケのリモコンなどで殴り、ケガを負わせた事件はまだ記憶に新しい。

    今度は元プロボクサーが元力士の頭をカラオケのリモコンで殴り、死亡させ、逮捕されるという事件が大阪府松原市で2月18日に起きた。

    傷害容疑で大阪府警に逮捕されたのは、元プロボクサーの橋詰知明容疑者(30)。
    事件は大阪市松原市のラウンジで起こり、カラオケの最中に元力士・杉の山だった浅田宗祐さんに襲いかかり、
    カラオケのリモコンで頭部を殴打。浅田さんは救急搬送されたが死亡が確認された。

    「事件は日付が変わる前、17日深夜1時前のこと。浅田さんが友人たち3人とカラオケなどで騒いでいた。そこに、橋詰容疑者らのグループが飲みに来た。
    浅田さんの友人のFさんがカラオケを歌っていて、体が当たった。
    すると、橋詰容疑者が『こらぁ、おまえ』などと激怒して顔面を殴った。
    その時、止めに入ったのが元相撲取りで112kgあった浅田さん。
    そこへ橋詰容疑者はリモコンを手にして頭部を1発、殴りつけた。
    浅田さんは膝からカクンという感じで崩れ落ち、意識がなくなり、店員が119番通報した」(捜査関係者)

    リモコン1発で、元力士、浅田さんを死亡させた橋詰容疑者は元世界チャンピオン、井岡弘樹氏が主宰する井岡ボクシングジムの有力選手だった。
    2011年にデビュー。西日本新人王決定戦のスーパーバンタム級で勝ち、新人王とMVPを獲得。
    一緒にジムで汗を流していた知人はこう話す。

    「ジャブとコンビネーションが抜群で、スピードが他の練習生とはケタ違い。井岡会長も世界チャンピオンになれる逸材だと期待していた。
    橋詰容疑者は亀田3兄弟と練習したこともあり、大毅とは同い年でライバル視して、負けへんとよく言っていた。
    連戦連勝で井岡会長も日本タイトル挑戦、世界ランク入りを想定していたほどです」

    だが、2016年に入ると、橋詰容疑者はグラブを置いてしまう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00000062-sasahi-soci

    no title

    no title

    【【AERA】元力士を殴り、死亡させた元世界チャンピオンの井岡の愛弟子のパンチ力と転落人生 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/01/29(火) 17:14:15.35 BE:292723191-PLT(19081)
    昨年9月に相撲協会を退職した、元貴乃花親方こと花田光司氏。
    無職である彼が政治家に転身するのではという噂は、辞任後すぐから出ていた。
    「相撲協会を辞めた3日後に、プロレスラーで元文科大臣の馳浩衆院議員と懇談。
    また、昨年12月には、超党派のスポーツ議員連盟のフォーラムに突然姿を現しました」(全国紙記者)

    「今夏の参院選が、衆参ダブル選挙になる可能性もあるんです。
    となると、70万票はかたいといわれる花田氏の人気にあやかりたいと思う政党はたくさんあるでしょう。
    特に自民党は熱心だという話ですよ」(同・全国紙記者)

    そんな彼が、2月2日に名古屋駅近くのホテルで『貴乃花応援会』と題したパーティーを行うのだ。
    「地元のタニマチ社長であるA氏が発起人となり、会費が1人2万円。
    この値段は政治資金パーティーではいちばんオーソドックスな値段設定ですよ。
    貴乃花応援会とありますが、相撲部屋をたたんだ今となっては、政治活動の応援と取るのが普通でしょう」(前出・とある政治家の秘書)

    ホテルのホームページによれば、会場は最大500人が入れる広さ。案内状には“相撲”という言葉はいっさい、出てこない。
    「政治家のパーティーというのは、ひと言でいえばお金集めですよ。
    経費は集めたお金の4分の1以下くらいに抑えるのが多いですかね。
    今年は7月に参院選があるので、4月から6月は政治資金パーティーがめじろ押しでしょう。
    貴乃花さんもこれから全国でこういうパーティーをしていくのではないでしょうか」(政治評論家の有馬晴海氏)

    そこで、ホテルに花田氏のパーティーが本当に開かれるのか確認すると、「そのように承っております」とのこと。
    また、発起人であるA社長に聞こうと連絡したが、期限までに返答はなかった。
    ならばと、1月下旬に自宅から出てきた花田氏本人を直撃取材した。

    ─2月2日に名古屋で政治資金パーティーを行うのは事実ですか?
    「違います、違います」
    ─では、どういう趣旨のパーティーなんですか?
    「…………」
    ─立候補されるんですか?
    「……。すいません」
    そう言い残すと、車の助手席に乗り込み走り去った。

    https://www.jprime.jp/articles/-/14360

    no title

    【【週刊女性】貴乃花、ついに出馬を決意か「1人2万円」の“政治資金パーティー”を開催 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/24(木) 15:38:45.43
    鳩山由紀夫元首相(71)が24日、ツイッターを更新し、ケガ人続出の相撲界に改革を促した。

     鳩山氏は「途中休場した御嶽海が復帰初日で白鵬を破るという記録が出来たようだが、幕内6力士の休場は異常に多いと思う」と指摘。

     その原因について「体重が増えて膝に荷重がかかり過ぎるとか、シコが不十分とか力士に責任を押し付けているが、そもそも年6場所が多過ぎるのだと思う。4場所に戻すとか興行のあり方を見直すべきではないか」と分析し、年6場所の開催に疑問を呈した。

     初場所(両国国技館)は上位にふがいない成績が目立つ。4日目には元横綱稀勢の里(32)が現役を引退し、年寄「荒磯」を襲名した。稀勢の里はケガに泣き、休場が続いた。


    東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000009-tospoweb-ent

    【鳩山由紀夫元首相 大相撲改革を提唱!「4場所に戻すとか興行のあり方を見直すべき」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/02(水) 23:25:41.13 _USER9
    元貴乃花親方の花田光司氏(46)が2日放送の日本テレビ系「新春しゃべくり007超最強ゲスト初夢共演SP!」(後6時半)に出演し、僧侶で作家の瀬戸内寂聴さん(96)に本音を語った。

    寂聴さんの元を訪れた花田氏は、寂聴さんから「もったいないわね」と、今回の引退について問われると「好きだったものがひとつ失われましたからね」と回答。
    「ここいらで身を引いてということ(=気持ち)もありましたので…」と話した。

    離婚も経験し「さみしい時もあるけれど、一人だと落ち着いて物事を考えられる」と話した。
    15歳で入門し、力士として15年、親方として15年と15年周期で人生が動いていることを明かした花田氏が「新しいふるさとを見つけたい」と話すと寂聴さんは「これからは好きなことをしなさい」と諭すように語った。

    寂聴さんが「お母さんとはあんまりお付き合いないの?」と問いかけると、花田氏は「ないです」と即答。
    長男でタレントの花田優一(23)を力士にしなかったことを聞かれると「思わなかったです」と即答。
    「この世界(大相撲界)が嫌だったの?」の問いかけには「私で打ち止めだと…。嫌でした」と話した。

    1546423487-0874-001

     スポーツ報知
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12265-158488/


    【元貴乃花親方、長男・優一を力士にしなかった理由を寂聴さんに語る】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/12/26(水) 12:58:43.88 _USER9
    大相撲の元横綱・貴乃花こと花田光司氏が、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で、長男で靴職人・タレントの花田優一に対する思いを激白している。

    花田氏は元妻でフジテレビアナウンサーの河野景子さんと10月25日に離婚し、11月末に離婚が発覚。12月には両親を追うように、優一も八角部屋の陣幕親方の長女との約1年半でのスピード離婚を発表した。

     離婚以前、今年8月には美女との密会による不倫疑惑を報じられ、靴製作をめぐる金銭トラブルなどが原因で、所属していた芸能プロとの契約を解除され、現在はフリーで活動中。

     今月21と22日には都内のギャラリーで10代の頃から描きためた絵画の個展を開催。報道陣の取材に応じ、靴製作を巡る顧客トラブルを否定しつつ、両親の決断についても「離婚というワードに何の重みも感じない。家族は何も変わらずいます」と強調。さらには、同時間帯に放送された民放キー局のワイドショーにハシゴ出演した。

     そんな優一に対し、同誌で花田氏は「職人を語る以上、チャラチャラと表に出ている暇があったら、靴を作って土台をしっかり築くべき。まずは一流の職人になるのが先ですよ」と苦言。

     「自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしているのが現状です」と切り捨て、「我が子ながら、恥ずかしくないのかと思います。私の靴ですか? もちろん作らせていません。百年早いですよ」と叱責。さらに、「息子はそのうち痛い目に遭いますよ」としている。

    「改めてこのインタビューで優一との確執が明らかになった。その原因は景子さんの過保護だとされているが、さすがにそこまでは踏み込んで発言しなかったようだ」(相撲担当記者)

     花田氏との共演が今後、期待されるのが、母でタレントの藤田紀子、兄で元横綱若乃花のタレントの花田虎上。

     しかし、同誌で花田氏は「私は、生き方も考え方も異なる紀子さんや虎上さんとはこの先も会うつもりはありません」と断言。意思は固いようで、どうやら共演はなさそうだ。

    21753850

    https://www.npn.co.jp/article/detail/21753850/ 


    【花田光司氏が靴職人の息子に痛烈な苦言「親の名前でメシを喰おうとしている」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/12/24(月) 05:15:34.00 _USER9
    河野景子さん、涙の激白!離婚の真相「一つではなく積み重ね」

     大相撲・元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)の元妻で元フジテレビアナウンサー、河野景子さん(54)が、28日放送の同局系「バイキング・ザ・ゴールデン」(後6・0)に出演することが23日、分かった。
    先月26日の離婚発覚後、初のメディア出演で、離婚理由を「一つではなく、積み重ね」と告白。23年間の結婚生活や長男でタレント活動も行う靴職人、花田優一(23)への思いまで赤裸々に語り尽くした。

     花田氏と10月25日に離婚したことが先月に発覚してから1カ月。さまざまな憶測が飛んだ離婚の真相について、花田氏、優一に続き、河野さんもついに口を開いた。

     河野さんは、今月中旬に“古巣”フジテレビの4時間特番「バイキング・ザ・ゴールデン」のインタビューに対応。聞き手となった司会の俳優、坂上忍(51)に対し、1時間以上にわたって胸の内を激白した。

     結婚生活に終止符を打った理由を聞かれると、「一つではなく、積み重ねだと思います」と複雑な心境を吐露。「(原因については)これからゆっくり考えていこうと思います」と、しみじみと振り返った。

     元夫と暮らした23年間については「つらいことも悲しいことも悔しいことも、たくさんありました。でも、それ以上に喜びとかうれしいこととか感動したこともありました」と涙を浮かべながら回想。
    花田氏の「円満な夫婦なら離婚なんてしません」というコメントに対する思い、2016年に河野さんが設立したイベント企画会社や長男のタレント活動に対する認識の違いが離婚の一因とする報道にも、本音で答えた。

     他にも、結婚前のデート事情や横綱の妻としての苦労、1998年の花田氏の洗脳騒動、2010年に花田氏が理事選へ出馬した「貴の乱」について言及。
    昨年起こった弟子の元幕内貴ノ岩に対する元横綱日馬富士の暴行事件や、その後の花田氏の行動に対する思い、「こんなにつらいんだったら辞めていいんじゃない」と語りかけた河野さんに花田氏が返した言葉も明らかに。
    元夫を支え続けてきた河野さんが、その舞台裏を語り尽くした。

     坂上は「予想以上のお答えでびっくり」とインタビューを振り返り、花田氏と河野さんの関係性を「むしろ同志。離婚されてもその部分は変わっていない」と分析。2人しか分からない思いを解釈していた。

    坂上の質問に対し、真摯に答えた河野さん
    no title

    サンケイスポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000509-sanspo-ent

    【河野景子さん、涙の激白!離婚の真相「一つではなく積み重ね」 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/14(金) 18:38:39.64 _USER9
    12月13日、元貴乃花親方・花田光司氏(46)の長男・花田優一(23)が離婚を発表した。11月下旬には花田氏と河野景子さん(54)の離婚が発覚したばかり。その直前、本誌は優一にとって義父だった陣幕親方(58)のもとへと向かっていた。

    12月上旬、耳にイヤホンをつけ、音楽を聴きながら軽快にウォーキングにいそしんでいた陣幕親方。優一は17年6月に陣幕親方の長女・A子さん(24)と結婚。以来、陣幕親方は“花田家の親戚”となっていた。だが記者が「優一さんについて……」と声をかけた瞬間、陣幕親方の表情がみるみる厳しくなる。「その名前を聞くと、気分が悪くなるよ!」と、親方は嫌悪感を隠さなかった。

    優一とA子さんの結婚は“ロミジュリ婚”とも報じられた。

    「A子さんの父の陣幕親方は、八角部屋の部屋付き親方です。そして当時、元貴乃花親方が、対決姿勢を示していたのが、八角理事長(55)だったからです。父親が敵同士の息子と娘が結婚したことから、“ロミオとジュリエット”と、注目されたのです」(前出・相撲ジャーナリスト)

    だが母・景子さんは“2人が愛し合っているのなら”と結婚を後押しし、陣幕親方も大喜びだった。'17年11月に本誌は親方に取材をしたが、終始上機嫌の表情を見せていたのだ。

    「(優一くんは)とっても素直で明るい、いい青年ですよ。彼は誰にでも気遣いができますし。(結婚に反対なんて)全くありませんよ。むしろ、最初から応援していたくらいですから。家族全員でね。あちらの奥さん、景子さんとうちの家内も仲良くしています」

    しかし蜜月は驚くほど短かった。その2カ月後の'18年1月1日に、貴乃花部屋で新年会が開催され、花田氏、景子さん、そして優一を含めた3人の子供たちも勢ぞろいしたのだが、なぜか優一夫人のA子さんだけ欠席……。両家の関係について陣幕親方に聞いても、「(景子さんとうちの家内が)連絡を取り合っているか? う~ん、2人とも忙しいからね……」などと、言葉を濁すばかりになった。さらに8月には写真週刊誌『FRIDAY』が、優一が美女と深夜に密会していたことを報じた。

    「この不倫疑惑報道で、貴乃花親方は優一くんを見放し、優一くん夫妻の離婚も決定的になったと聞いています」(花田家の知人)

    それでは離婚協議は、どの程度まで進んでいるのか? 冒頭のように、陣幕親方に取材を申し込もうとしたのだが、親方は怒りをにじませた声で次のように語った。

    「娘の離婚のこと? オレだってどうなっているかわからないよ! 事情なんて何も聞かされていないし……」

    ――優一さんからも説明はないのでしょうか?

    「ずっと会っていないし、(優一からは)連絡もないからイライラしているんだよ。それにアイツの話なんてしたくない」

    そう言い残すと、ウォーキングを切り上げて帰宅していった。陣幕親方が思わず激白した“絶縁状態”。実はこの怒りには、親方のある事情が関係しているようだ。親方が所属している八角部屋の関係者は言う。

    「陣幕親方はもう何年も、八角部屋には出入りしていません。若手の稽古をみることもありませんし、こちらから連絡することもないのです」

    なんと、所属する部屋とは疎遠になっているというのだ。前出の相撲ジャーナリストは言う。

    「何らかのトラブルがあったそうですが、部屋に所属はしていても、稽古はつけることができない、そんな“宙ぶらりん”の状態は5年ほど前から続いていたそうです。だから陣幕親方とすれば、娘と貴乃花親方の息子との結婚は、その状況を打開できるチャンスに思えたのかもしれません。相撲協会の理事長をめざした貴乃花親方は引退してしまい、娘の結婚生活も破綻。それは怒りたくもなるでしょうね」

    20181214-00010009-jisin-000-view

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181214-00010009-jisin-ent

    【【女性自身】花田優一に陣幕親方激怒「その名前を聞くと気分が悪くなる!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ