タグ:白鵬

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/26(火) 19:11:41.41 _USER9
    白鵬側近からの電話に“星の話”を直感した貴ノ岩… 貴乃花の4時間にわたる告白

     12月20日、相撲協会は臨時理事会を開き、日馬富士の暴行事件をめぐる関係者らの処分についての話し合いを行った。その前日19日、貴乃花親方は都内某所で有力タニマチを前に、事件の全貌を告白。そこでは数々の新事実が明かされていて……。

     貴乃花親方の告白は、4時間にも及んだという。

    「親方はさすがに少し疲れた様子でしたが、“やり抜こう”“戦うぞ”という気迫が感じられました。元の相撲界にもどさなくては、という強い意志もひしひしと伝わってきました」(タニマチ)

     そこでは、どこにも報じられていない、また協会の報告書にもない“白鵬の側近が貴ノ岩にかけた電話”という新たな事実も明かされた。

     電話があったのは、暴行事件の9カ月ほど前の2017年1月20日の夜。

    「白鵬の側近からの電話は何度も連続してかかってきた。しかし、貴ノ岩は、“どうせ翌日の星の話だろう”と直感し、電話に出なかった。そのことは当然、貴乃花親方にも報告しています」(同)

     当時、初場所の13日目が終わっていて、1敗で単独首位の稀勢の里を2敗の白鵬が追うという状況にあった。そして白鵬の翌日の対戦相手が、初顔合わせの貴ノ岩だったのだ。結果、翌日の取組で、白鵬は貴ノ岩に惨敗を喫している。

     また、相撲協会の「最終報告書」では“持ち出した事実は認められなかった”とされている日馬富士のアイスピックについても、このタニマチは12月19日の時点で聞いていたという。

    「“日馬富士はカラオケのリモコンで貴ノ岩を殴っていたが、それが途中で手から落ちてしまった。で、興奮状態にあった日馬富士は近くにあったアイスピックを握りしめた”と……」(同)

     時に葉巻を吹かしながら語られたという、貴乃花親方の告白。12月27日発売の「週刊新潮」では、幻と消えた貴乃花報告書の具体的な内容、そして親方本人の証言とともに詳しく報じる。

    1711290558_1-714x476

    デイリー新潮 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00535570-shincho-spo

    【【週刊新潮】白鵬側近からの電話に“星の話”を直感した貴ノ岩 貴乃花の4時間にわたる告白 】の続きを読む

    1: サスケ ★ 2017/12/26(火) 17:48:46.26 _USER9
    ■朝青龍がモンゴルのテレビで白鵬に“八百長陳情”!?

    日馬富士暴行騒動以来、メディアに登場する機会の増えた元横綱・朝青龍(37)。
    実は、事件が発覚する約2週間前の10月31日にモンゴルで放送されたテレビ番組「モンゴル民族の100人の偉人」において、問題発言をしていることがわかった。

    「この番組はモンゴルの偉人を紹介する国民的人気ドキュメンタリーで、この回は、白鵬がとりあげられ、放送時間は3時間半に及んだ。
    その中で、今年5月に収録された朝青龍と白鵬の対談が放送されたのです」(現地記者)

    番組の中で、朝青龍は白鵬にこう語りかけている。
    「チャンスがあるなら(日本人ではなく)別のモンゴル人を成功させるんだぞ。モンゴルの仲間に可能性を開いてあげるんだ」

     さらにこう続けた。
    「“他人の犬を育てるよりは、自分の犬を育てろ”と言うだろう」

    この後、2人はがっちりと握手を交わしている。
    元モンゴル力士が顔をしかめる。

    「モンゴルの諺(ことわざ)だね。要は身内を利する行動をとれという意味。
    他のモンゴル力士に優勝のチャンスを与えるよう“八百長”を促したと受け取られかねない」

    12月27日(水)発売の「週刊文春」では、今回の騒動における朝青龍の言動の他にも、貴乃花親方の激白など、貴ノ岩暴行事件の全真相に総力取材で迫っている。
    また「週刊文春デジタル」では同日朝5時、朝青龍の発言場面などを動画で配信する。

    img_2da6b79ceb4b48548878a1c97c599f37125237

    週刊文春 2018年1月4・11日号
    http://bunshun.jp/articles/-/5655

    【【週刊文春】朝青龍がモンゴルのテレビで白鵬に“八百長陳情”!?】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/12/25(月) 07:18:47.11 _USER9
    元横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が発覚して以降、貴乃花親方(45)は沈黙を守り続けている。それゆえ、胸中を窺い知ることはできないが、実は、限られた味方には偽らざる心情を吐露していた。〈白鵬(32)が共謀〉――。そんな苛烈な言葉も混じる貴乃花親方の肉声とは、どのようなものだったのか。

    頑なに口を閉ざしたままの貴乃花親方は、孤立無援の状態。とはいえ、長年支援を受けてきた何人かのタニマチには、相談を持ちかけている。

    そのうちの1人に聞くと、

    「報じられている通り、捜査の目途がつくまで、貴乃花親方は相撲協会による貴ノ岩の聴取には応じないことを決めていました。11月30日に開かれた理事会で、その理由を説明しようとした。ところが、八角理事長の傍に常に付き添っているスポーツ報知出身の広岡勲という理事補佐に言葉を遮られ、何も聞き入れてもらえなかったと肩を落としていました」

    そもそも、相撲協会との決定的な対立は、貴ノ岩の被害届を鳥取県警に提出しながら、相撲協会には報告さえしなかったことから始まったとされている。

    それについて、貴乃花親方は、そのタニマチに次のように告白したという。

    つまり、伊勢ヶ濱親方が協会に対応するものと認識し、最初から無視するつもりではなかったというのである。

    〈実際に、伊勢ヶ濱親方が協会に報告したかどうかは定かではありません。ただ、他の理事の言動から、伊勢ヶ濱親方が協会に報告したものの、出来るだけ大事(おおごと)にしないよう指示されたのではないかと察しました。私は完全にハメられたと感じています〉

    あらためて、これまでの経緯を整理しておくと、モンゴル力士らの懇親会が行われたのは10月25日夜から翌26日の未明にかけてのこと。

    二次会の場となった鳥取市内の高級ラウンジで、貴ノ岩の態度に激高した日馬富士が拳や平手ばかりか、カラオケのリモコンまで使って数十発殴りつけた。その3日後の29日、医療用ホチキス9針で頭部の傷を塞いだ貴ノ岩を伴い、貴乃花親方は鳥取県警を訪れている。

    〈貴ノ岩の傷口を見せたところ、すぐに被害届を出すことになりました。警察官は、頭の傷の状態がかなりひどいものであると、理解したようでした〉

    さらに、犯行現場の状況に関しては、

    〈白鵬はその場にいて、日馬富士が貴ノ岩を殴り続けるのを見ても、一切、止めようとしていない。本当のワルは白鵬だと言っていいくらいです。日馬富士との共謀を疑われても仕方ありません。警察は、その辺りも視野に捜査をすると言っていました〉

    暴行事件の首謀者は白鵬ではないかと主張しているのだ。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    1711290558_1-714x476

    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12250559/?all=1

    【【週刊新潮】沈黙の貴乃花がタニマチに明かした「本当のワルは白鵬」「私は完全にハメられた」 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/22(金) 13:29:10.92 _USER9
     大相撲の横綱白鵬(32)が所属する宮城野部屋の元後援会会長の服部眞司氏が22日、
    フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)にVTR出演。元横綱日馬富士(33)の暴行事件で、現場に同席して減給処分を受けた白鵬について言及した。

     相撲協会の八角理事長(54)=元横綱北勝海=は20日、白鵬の処分内容について
    「白鵬は第一人者でありながら、目の前で起きた同じ横綱の暴力を防げず、大相撲の信用失墜を招いた。
    その責任は軽くない。鶴竜も同じで、再発防止の観点から処分を行った」と説明した。

     服部氏はこの発言について、「『責任は軽くない』といっていたけど、重たいですよ」と強調。
    また厳重注意の進言を決議した横綱審議委員会(横審)には「取り巻いている組織全体がみんなヨイショなのよ。だから余計に悪くしちゃったんじゃないか。白鵬はそんなお相撲さんじゃなかった」と批判した。

     また白鵬と宮城野親方(元幕内竹葉山、60)との師弟関係は「白鵬からしたら大恩人だけど、白鵬のおかげでお金が入るようになったから(宮城野親方は)何も文句をいえなくなった。
    白鵬部屋みたいな感じになったから、私は部屋に出入りしないようになった」と残念がった。

    無題

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000537-sanspo-spo

    【「白鵬部屋みたいな感じになった」宮城野部屋元後援会長が「バイキング」で苦言 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/20(水) 12:23:46.41 _USER9
    大相撲の元横綱・日馬富士関(33)の幕内・貴ノ岩(27)への暴行問題などの処分を審議する、横綱審議委員会(横審)の臨時会合が20日、東京・両国国技館で開かれた。

     すでに引退している日馬富士関だが、横審としては「引退勧告」に相当する事案であることを確認し、暴行現場となった酒席に同席した横綱・白鵬(宮城野)、鶴竜(井筒)に対し、暴行を止められなかったとして「厳重注意」処分を日本相撲協会に進言することを決めた。

     これを受けて開かれる臨時理事会では元日馬富士関の師匠・伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と、巡業部長でありながら巡業中に起きた暴行事件について、協会への報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)への処分が確実視されている。

    20171220-00000046-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000046-sph-spo

    【【横審臨時会合】日馬富士は「引退勧告」相当、白鵬、鶴竜は「厳重注意」 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/18(月) 22:39:47.27 _USER9
     元横綱日馬富士関による暴行問題を調査している日本相撲協会の危機管理委員会(委員長・高野利雄外部理事=元名古屋高検検事長)が、元横綱本人に加え、暴行の現場に居合わせた白鵬関、鶴竜関の2横綱に対しても処分を科すことが相当との見解を示す方針であることが18日、明らかになった。

     協会関係者によると、同じ横綱の暴行を間近で見ていながら、防げなかったことについての責任を指摘する声が出ているという。また、既に引退して協会員でなくなった元横綱に対しては、今後、同様の事案が起きた場合の指標とするため、「引退勧告相当が妥当」と提案されるとみられる。

     相撲協会は20日に臨時横綱審議委員会と臨時理事会を開き、危機管理委がここまでの調査結果を報告し、関係者への処分を検討する。
    元横綱の師匠の伊勢ヶ浜親方、巡業部長として協会への報告義務を怠った貴乃花親方も処分対象となる見通し。しかし、被害者の貴ノ岩関への聞き取りは師匠の貴乃花親方が協力を拒んでいるため実現していない。協会は20日以降も継続して協力を要請する考えだ。

    10778747

    読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00050105-yom-spo

    【【日馬富士暴行】「白鵬・鶴竜も処分相当」危機管理委が見解 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/12/09(土) 15:53:47.10 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    タレントのふかわりょう(43)が9日放送の関西テレビ「胸いっぱいサミット」(土曜後0・00)に生出演。
    元横綱・日馬富士による貴ノ岩への暴行問題で、横綱・白鵬は「地味にしでかしている」と指摘した。

     番組では、今回の問題で、貴ノ岩、貴乃花親方、白鵬、八角理事長のうち、元日馬富士の次に、
    責任を負うべく人物は誰か?という視聴者投票を実施。出演者もそれぞれ自身の主張を展開した。

     ふかわは「お茶の間の票は上がらないと思いますが」と前置きしたうえで、「白鵬のとがめられないキャラクターや人相がある」としつつも「意外と地味にしでかしていません?」と指摘。
    「あの万歳のやつはもうちょっと言われてもいいんじゃないか」と続けた。さらに「あの(事件の)現場で、日馬富士さんの言うように、礼儀と礼節を正すのが先輩の義務だというのであれば、
    もっと早くに制止することができたのかなと」と力説した。

     視聴者投票の結果は、貴ノ岩7%、貴乃花親方24%、白鵬56%、八角理事長13%。
    予想外の結果に、ふかわは「私の意見が響いたのか」と苦笑した。

    20171209s00041000191000p_thum

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/09/kiji/20171209s00041000192000c.html

    【ふかわりょう「白鵬って地味にしでかしてません?」視聴者投票で責任を負うべきに白鵬56% 】の続きを読む

    このページのトップヘ