中二病速報

    タグ:沢尻エリカ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/28(日) 23:20:46.28 _USER9
    かつて、“メンバーにあらずんば、芸能人にあらず”と隆盛を誇った、沢尻エリカ(32)率いる「沢尻会」が復活した。

    「映画『食べる女』で共演した前田敦子、広瀬アリス、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックスらを集めては酒を飲んでいます。
    前田は妊娠中のためにノンアルコールですが、他のメンバーは、ガッツリ朝までコース。
    他にも観月ありさ、藤真利子、芹那らがメンバーだと言われています」(芸能事情通)

    沢尻といえば、'07年に主演映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶において、司会者の質問に、不機嫌な態度で「別に」と返答。
    大バッシングを浴びて仕事が激減した過去で知られている。
    その後、引退直前にまで追い込まれていたが、'10年に芸能活動を再開。この数年で、またたく間に売れっ子に返り咲いたのだ。

    「銀幕復帰作となった'12年の『ヘルタースケルター』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞したのを皮切りに、
    ドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)、『母になる』(日本テレビ系)での主演に続き、『猫は抱くもの』で6年ぶりに映画主演も務めた。
    さらに今年度も、映画『食べる女』や、『億男』など、出演作が目白押しです」(芸能プロ関係者)

    完全復活を遂げた沢尻。気になるギャラだが…。
    「最盛期は1本300万円?という時代もあったが、最近はギャラを低めに抑え、とにかく露出する作戦を取っているそうです。
    そうした努力が実を結んでいるのではないでしょうか。現在は1本80万円から受けているそうです」(制作関係者)

    仕事ぶりは、ドラマや映画のみに止まらない。CMもオファーが捌ききれないほどきているという。
    「ライオン、エスエス製薬、ヒューマントラスト、マンダム、P&Gなど。
    出演料も1本当たり1000万円?と低めに押さえての多重露出が成功しています」(前出・芸能事情通)

    芸能界では、昔のように“エリカさま”と呼ばれるようになったという沢尻。
    また、不機嫌の虫が出てこなければよいが…。

    1

    週刊実話
    http://dailynewsonline.jp/article/1551624/


    【「別に…」発言から11年 沢尻エリカ「沢尻会」が復活 】の続きを読む

    1: 抹茶ティラミス ★ 2018/07/12(木) 22:12:54.40 _USER9
    女優・沢尻エリカ(32)の中国での人気がすごい。
    沢尻は6月21日に中国・上海で行われた『第21回上海国際映画祭』に出席。長編劇映画部門に現在公開中の主演映画『猫は抱くもの』がノミネートされ、舞台あいさつのため会場の舞台に上がり、ファンに笑顔を振りまいた。
    「沢尻が海外の映画祭に出席するのはこれが初なんですが、現地からの熱烈なオファーを受けて実現。圧倒的な拍手で迎えられていました。というのも、中国で彼女の主演ドラマ『1リットルの涙』が放送されたことで、“沢尻エリカブーム”が中国全土で起こったんです。
    それ以来、『沢尻会』と呼ばれる9000人以上の会員を誇るコミュニティが中国で立ち上がりまして、この日の会場にもあふれんばかりのファンが駆けつけました」(映画誌ライター)
    沢尻といえば、7月クールのドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)に出演。同作の主人公を演じる綾野剛(36)は、7月9日に行われた制作発表会見で沢尻について「カリスマですよ」と表現したが、日本だけでなく中国のファンをもとりこにする沢尻の魅力はさすが。7月19日から放送がスタートする『ハゲタカ』は中国でも注目を集めそうだ。

    中国で人気を集める日本人タレントといえば、歌手の酒井法子(47)が知られている。
    2009年に覚せい剤取締法違反の罪で、懲役1年6か月・執行猶予3年の判決を受けた酒井。12年に女優として復帰して以降、中国・香港・台湾などでの活動を増やし、最近ではアジアでの人気ぶりが日本のメディアでもたびたび紹介されている。
    「酒井は香港や中国で定期的にコンサートを行っていまして、チケットはすぐにソールドアウトになります。のりピーは日本では活動が表沙汰になりませんが、中国では“モンスター級美魔女”と呼ばれて憧れの的。本人も中国語を学ぶなど、再ブレイクに向けてやる気マンマンです」(芸能記者)

    一方、日本での大人気ぶりとは異なる意外な不人気歌手もいる。
    「6月3日に、東京ドームでラストツアーを終えた安室奈美恵(40)です。9月16日に芸能界を引退する安室は、2月のナゴヤドームを皮切りに、国内ドームツアー17公演と、アジアツアー6公演で、約80万人を動員するツアーを行ったのですが、中国・深センでの公演が大惨敗だったんですよ」(前出の芸能記者)
    3月17日と18日、深セン湾スポーツセンターで2デイズ行われたこのライブ。ここ数十年で爆発的な発展を見せる深センで、2011年に作られたばかりの収容人数2万人の、大きなキャパをほこる会場だが……。
    「2日目もガラガラだったそうですが初日はよりひどく、4000人程度しか入らなかったようなんです。日本からも多くのファンが深センに訪れたんですが、空席が目立っていたという現地の情報が相次ぎました。また当日はダフ屋もかなり出ていたのですが、かなりの良席でも定価価格。その2週間後に行われた香港コロシアムでの2デイズはいずれも満員だったので、
    中国のファンは最初からそちらに行く予定で、深センは見送っていたということでしょうか。日本ならどんな地方でも満員だと思いますが」(前同)

    日本でのカリスマは、大陸では通用しないということ?

    img_a65c1bd35bd02faf4e4c9cf4e48bddf8292493

    日刊大衆
    https://taishu.jp/articles/-/60270

    【沢尻エリカ、酒井法子、安室奈美恵 日本人は知らない中国人気の実態 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/05/15(火) 09:14:13.82 _USER9
    沢尻エリカが主演を務める映画『猫は抱くもの』(6月23日公開)のエンディングソングであり、沢尻ふんする元アイドル・沙織が所属していたグループの楽曲として劇中に登場する「ロマンス交差点」のミュージックビデオが公開された。
    映像で沢尻は、ミニスカートのアイドル衣装を身につけ、笑顔で歌って踊る姿をお披露目している。

    『猫は抱くもの』は、思った通りの自分になれず、生きることに嫌気が差したヒロインの沙織と、自分を彼女の恋人だと思い込む猫の不思議な関係を描いた物語。
    猫の良男が擬人化した姿を若手俳優の吉沢亮が演じ、『グーグーだって猫である』シリーズなどの犬童一心監督がメガホンを取った。

    沙織が所属していたアイドルグループ・サニーズが歌う「ロマンス交差点」は、彼女たちの唯一のヒット曲。
    沙織にとって大切な一曲でありながらも、かつて夢をあきらめたことを想起させる歌でもある。

    ミュージックビデオで沢尻は、鮮やかなブルーの衣装を着た“さおりん”として、アイドルスマイル全開でキュートに歌い踊っている。
    また、サニーズのリーダーである赤い衣装のナッツンをICONIQとしても知られる伊藤ゆみが演じており、アイドル出身の彼女のパフォーマンスも注目ポイントだ。

    ダンスの振り付けは、新垣結衣が出演したポッキーのCMダンスなどで知られる香瑠鼓が担当した。
    映像の後半では、メイキングの様子も映し出されており、指導を受けながら振り付けを確認する沢尻の姿も見ることができる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000005-flix-movi

    映画『猫は抱くもの』エンディングソング「ロマンス交差点」MV&MVメイキング映像(by サニーズ)
    https://www.youtube.com/watch?v=Hqe-Xlfe41g


    「ロマンス交差点」MVより ブルーの衣装が沢尻エリカ センターはICONIQ伊藤ゆみ
    no title

    no title

    no title


    映画『猫は抱くもの』 主演 沢尻エリカ
    no title

    no title

    【沢尻エリカ、ミニスカで歌って踊るキュートなアイドル姿披露! 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/03/20(火) 22:41:29.00 _USER9
    スクープ! 沢尻エリカ、同居デザイナーと事実婚から6月電撃入籍へ

     このところ沢尻エリカ(31)の体型が以前に比べて明らかに丸くなってきた。沢尻がデザイナーと6月に電撃再婚し、同時に妊娠発表するとの衝撃観測が高まっている。
     「相手は約6年前から交際し、現在は沢尻の母と3人で同居を続けるデザイナーNAOKI氏。レゲエファッションブランドを手掛け、
    3月5日発売の『週刊ポスト』でも、出演作の打ち上げ後にNAOKI氏がタクシーで迎えに来たと報じられたばかり。事実婚状態とも言える2人は6月にも電撃入籍する調整を始めたようです」(芸能プロ幹部)

     沢尻にとっては、'11年に離婚したハイパーメディアクリエイター高城剛氏以来の再婚となる。しかし、なぜ6月なのか?
    一つは憧れるジューンブライドという点。もう一つは、『ヘルタースケルター』以来、6年ぶりの主演映画となる『猫を抱くもの』が6月23日に公開されるからだという。
     「沢尻は'07年、主演映画の舞台挨拶で“別に…”と不機嫌発言をして叩かれ、所属事務所を事実上クビになり失脚。しかし、'11年から大手プロが業務提携をしてくれて復活。その流れで『ヘルタースケルター』で初ヌードを披露したのです。
    負い目もあって再婚は我慢していましたが、今回、“映画がヒットしたら再婚OK”との合意が成立したようなのです。興行成績が大コケでない限り、ゴーサインを出すしかないでしょう」(同)

     映画では、投げやりな生活を続けながら自分の生き方を見つけていく元アイドルを沢尻が演じるのだから、話題性も十分。
     「沢尻は、2月28日に佐々木希(30)が、翌3月1日に仲間由紀恵(38)がそれぞれ第1子妊娠を発表するという、ライバル女優のおめでた連発に強く刺激を受けているそうです」(芸能記者)

     沢尻は昨年4月期、日本テレビ系『母になる』で約2年半ぶりに連ドラ主演を果たした。実はその際も'17年のジューンブライド婚話が浮上していたが、平均視聴率がひと桁だったため見送ったとされる。
     「だから今回は“リベンジ婚”でもある。ただ万が一、映画がコケた場合には、これまた6年ぶりとなる“人妻妊婦ヌード”を写真集か映画で披露するという具体的な話し合いも進んでいるようです」(女性誌記者)

     沢尻は再婚を念頭にすでに妊活を始めているとも言われ、同時に妊娠を発表する可能性もかなりあるという。

    https://wjn.jp/sp/article/detail/5619243/

    no title


    【【wjn】スクープ!沢尻エリカ、同居デザイナーと事実婚から6月電撃入籍へ 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2018/03/04(日) 16:44:21.81 _USER9
     2月下旬の平日の夜7時。東京・西麻布に沢尻エリカ(31)の姿があった。毛皮のマフラーに黒いジャケットをはおり、スパンコールをあしらった白のミニスカートからは、ストッキングに包まれた美脚が伸びる。

     映画の舞台挨拶で「別に……」と発言し、大バッシングを受けてから早10年。結婚、そして3年におよんだ離婚劇も経験した「エリカ様」の艶かしさは30代になっても健在、いや増していた。

     彼女が入っていったイタリアンレストランには、映画『不能犯』(公開中)の共演者、スタッフが集まっていた。映画関係者が言う。

    「関係者らを招いたオフィシャルな打ち上げはクランクアップ後の昨年に済ませていました。その日の俳優陣は主演の松坂桃李さん、沢尻さん、テット・ワダさんのみで、あとは数人のスタッフという小規模な集まりでした」

     不気味な能力で心を操る殺人犯を松坂が演じ、彼を追う女刑事を沢尻、その先輩刑事を演じるのがテットだった。テットは18歳で渡米し米国で芸能界デビュー。数年前からは日本のほか、中国や台湾でも活躍する“逆輸入俳優”だ。

    「個室にはワインのデキャンタが何度も運ばれ、楽しそうな笑い声が漏れていました。かなり盛り上がっていたと思います」(居合わせた客)

     一行がイタリアンレストランを後にしたのは夜11時頃。宴はまだ終わらず、二軒目への移動が始まる。陽気な様子の沢尻はスキップしながら店を出てきた後、テットと寄り添うように歩きながら大通りへ。タクシーを止めると、そのまま一緒に乗り込んだ。映画関係者によれば、

    「映画の撮影現場で沢尻さんと松坂くんが居合わせることはほとんどなく、一方で同じ刑事役だったテットさんとは、よく椅子を並べて仲よさそうにおしゃべりしていました。共通の話題は車で、『あの車、カッコいいよね~』なんて、沢尻さんもノリノリの様子でした」

     テットは45歳で、沢尻とは14歳差。そういえば前夫の高城剛氏は22歳も年上だった。沢尻はやはり年上好きなのか。

    ◆信頼の置ける人だけ…

     2人が入ったのは、六本木の路地裏にある隠れ家バー。その後、別のタクシーでスタッフや松坂も合流したが、12時半頃に松坂らは店を出て、店内には沢尻とテット、映画関係者が3人ほど残った。

    「エリカの行きつけのバーで、“本当に信頼の置ける人しか連れてこない”と言っていました」(沢尻の知人)

     そんな店で杯を重ね続けるテットは、沢尻にとって新しい“特別な存在”なのか。ところが、深夜2時半すぎに“急展開”を迎える。沢尻が突然店の外に出て、イケメン男性を満面の笑みで出迎えたのである。

     寄り添うようにして店内に入ったかと思うと、間もなくその男性と2人で出てきた。すっかり赤ら顔の沢尻は、スタッフや店員らに手を振り、男性とタクシーに乗り込んだ──。風のように突然現われ、沢尻を“お持ち帰り”した男性は誰なのか。

    「海外有名人にも愛用されているファッションブランドのデザイナーA氏です。沢尻とは6年ほど前から交際していて、沢尻の母と3人で同居もしているそうです。もはや“事実婚”状態です」(芸能関係者)

     その言葉通り、タクシーが向かったのはA氏の自宅兼事務所。深夜まで飲み続ける沢尻を心配して迎えに来たのだろうか。結局、朝になっても沢尻は出て来なかった。沢尻の所属事務所エイベックス・マネジメントの担当者が答える。

    「その日は映画のプロデューサー主催による、映画の大ヒットをお祝いする会合でした。その後の行動については、プライベートなことは本人に任せているので、お答えしかねます」

     最近、沢尻の母親のリラさんは知人らに「早く孫の顔が見たい」と漏らしているという。2回目の春はそう遠くないようだ。

    ※週刊ポスト2018年3月16日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00000017-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00000017-pseven-ent&p=2

    「別に…」騒動からは10年が経過
    no title

    【【週刊ポスト】沢尻エリカが年上男性と事実婚状態「母と3人で同居」も 】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/09/01(金) 05:17:35.76 _USER9
    沢尻エリカ、母親は美人シェフだった!母娘2ショットを披露

     女優・沢尻エリカの母・沢尻リラさんは、アルジェリア生まれ・フランス育ちのシェフだった。
    リラさんの初レシピブック「沢尻リラさんの家庭でつくる地中海料理」(9月8日発売・KADOKAWA刊)では、エリカの横に並んで美しい笑顔を見せる彼女の姿が披露されている。

     リラさんは日本人との結婚を機に日本で40年近く暮らし、西荻窪で地中海料理レストラン「リラズ・テーブル」をオープン。オーナーシェフとして2007年の閉店まで厨房に立った。

     「食べる楽しみは生きる楽しみ」をモットーに、食べる人を幸せにする料理をつくり続けてきたリラさん。彼女のレシピは、生まれ故郷である地中海の料理を日本人にも好まれる味にアップデートしたもの。
    今回のレシピブックではレストランで出していたメニューなども含め、日本でも作りやすいレシピとして完成させた52品のレシピを公開している。

     また、まな娘であるエリカとの貴重な2ショットも本に掲載。エリカは「どれも繰り返し食べた大好きな母の味です。料理に関してはいくつになっても母を越えられそうにありません」とコメントを寄せている。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    「沢尻リラさんの家庭でつくる地中海料理」は9月8日より発売(税抜き価格:1,600円・発行:KADOKAWA)
    no title

    no title

    no title

    https://www.cinematoday.jp/news/N0094091

    【沢尻エリカ、母親は美人シェフだった!母娘ツーショットを披露 (画像あり)】の続きを読む

    1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/30(日) 12:24:31.00 _USER9.net
    現在放送中のドラマ「母になる」で初の母親役を好演し、絶賛の声が相次いでいる沢尻エリカ。だが彼女は10代のころから、素晴らしい演技と美しい姿を見せてきたことを忘れてはいけない。

    2003年のテレビドラマ「ホットマン」で連続ドラマ初出演を果たし、同年上戸彩主演の「ひと夏のパパへ」にも出演した沢尻だが、彼女の名声を最も広くとどろかせるきっかけになったのは、井筒和幸監督の『パッチギ!』(2005年1月公開)だろう。
    同作は60年代後半の京都を舞台に、在日朝鮮人の女子高生に一目ぼれした日本人高校生の恋の行方と、彼らを巡る若者たちの姿を活写した青春ドラマ。
    その中で沢尻は、ヒロインである朝鮮高校の2年生を演じ、当時19歳という若さで日本アカデミー賞新人俳優賞を含め、計9つにも及ぶ映画賞を受賞した。

    そして同年に、難病・脊髄小脳変性症を発病した15歳の女子学生を熱演したドラマ「1リットルの涙」が放送され、沢尻は同世代からも支持を集めるカリスマ的存在に。
    その翌年となる2006年には、作家・江國香織の原作小説を森田芳光監督が映画化した『間宮兄弟』で、北川景子演じる夕美の姉・直美役で出演。
    30代になっても同居を続ける仲の良い間宮兄弟(佐々木蔵之介&塚地武雅)と彼らを取り巻く女性たちの日常を鮮やかに切り取る本作で、沢尻がふんした直美はレンタルビデオ店でアルバイトをしている女子大生。
    劇中の浴衣姿も印象的だったが、自身の年齢と同年代の一般的な女性役ということで、素のかわいらしさも垣間見える作品となっている。

    さらにこの年の夏には、テレビドラマ「タイヨウのうた」に出演する。このとき沢尻は20歳。
    19歳の若者・孝治(山田孝之)と、難病を抱えた歌手志望の少女・雨音薫(沢尻)のラブストーリーが繰り広げられる本ドラマで、沢尻は「Kaoru Amane」という役名と同じ名義で同タイトルの挿入歌をリリース。
    オリコン月間シングルランキングでは第1位を獲得し、女優としてだけではなく歌手としての才覚もあらわにしていった。

    まさに沢尻エリカフィーバーが起こった2006年だが、さらに秋には映画『オトシモノ』で映画初主演。
    オトシモノを拾った女子高生たちが次々と恐ろしい目にあっていく、オトシモノの呪いを描いたホラー作品の同作で、女子高生役に挑んだ。
    『パッチギ!』の頃から沢尻の名前はアジア圏を中心にじわじわと浸透していたが、『今日、恋をはじめます』『ReLIFE リライフ』などの古澤健監督が手掛けた今作は、ハリウッドリメイクされ、日本コンテンツを世界中の英語圏にも提供する機会にもなった。
    (続きはソースをご覧下さい)

    映画『パッチギ!』 2004
    no title

    『間宮兄弟』 2006
    no title

    「タイヨウのうた」2006
    no title

    『オトシモノ』 2006
    no title

    https://www.cinematoday.jp/news/N0091257 


    【わっ美少女!大人になる前の沢尻エリカ】の続きを読む

    このページのトップヘ