中二病速報

    タグ:池江璃花子

    1: ばーど ★ 2019/02/17(日) 22:40:43.63
     白血病を公表した競泳女子の池江璃花子選手。2月13日、自身のツイッターを更新し、「神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています」と率直な気持ちをつづった。

     12日、日本水泳連盟が緊急会見を開き、発覚までの経緯を説明。会見では「早期発見だった」と繰り返されたが、それに違和感を持ったのは元東京大学医科学研究所特任教授で、血液腫瘍内科医の医療ガバナンス研究所の上昌広理事長だ。

    「白血病は血液のがんです。発見された時点でその血液は全身に回っている。早期発見だから進行していないので助かる、早期発見できなかったから進行していて手遅れだという考え方はしない。治療がうまくいくかどうかという予後に影響するのは、遺伝子や染色体の異常に基づく分類です」

     治療の成否という予後に加え、白血病の影響で怖いのは出血だという。血小板が減り、出血しやすくなり、一度出血すると血が止まりにくくなるのだ。脳出血すれば、突然死することもある。

     そこで気になるのが、1月13日に、都内の競技会で自身の日本記録から4秒遅れたことや、18日からのオーストラリア合宿中、肩で呼吸するような異変が見られたこと。

    「白血病による貧血がかなり進んでいたと思われます。血小板も減っていたのでは。出血しなかったのは幸いでした」(上医師)

     こうしたことを踏まえ、上医師が指摘するのは、女性アスリートの定期的な血液検査の重要性だ。池江選手が定期的な血液検査を受けていたがどうかは不明だが、ヘモグロビン濃度をチェックしていれは、早い段階で病気の診断につながるという。早く診断できれば、出血のリスクを減らすことができる。

    以下ソースです

    AERA dot
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00000025-sasahi-hlth   

    no title  


    【【週刊朝日】白血病公表の池江璃花子「早期発見」報道に違和感を抱く専門医の重要な助言 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/02/17(日) 10:50:29.37
     「ダウンタウン」の松本人志(55)が17日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。白血病を患っていることを公表した
    競泳の女子エース・池江璃花子(18)=ルネサンス=への過熱する報道の沈静化を求めた。

     松本は「今週1週間はしょうがないですけど、来週からこのニュース、各局も控えて欲しいですね」と話した。この意見に出演者も「祈るだけです」と
    うなずいていた。

    20190217-00000035-sph-000-view

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000035-sph-ent

    【松本人志、白血病公表の池江璃花子への報道を「来週から各局控えて欲しい」 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2019/02/15(金) 20:18:17.56
    池江璃花子がリツイート “某大臣の発言への批判より励ましの言葉に意味あると思う派”ツイートに反応

    白血病を告白した競泳女子のエース、池江璃花子(18=ルネサンス)が15日、
    自身のツイッターで白血病支援について思いを述べているフォロワーのメッセージをリツイートした。

    沖縄の海をバックに時事ネタについて意見する人気ユーチューバーで、お笑いコンビ「リップサービス」のツッコミ担当“せやろがいおじさん”こと榎森耕助(31)が発信した「白血病と闘ってる方の力になりたいと思ってる方に一言。某大臣のアレな発言への批判より励ましの言葉や、骨髄バンクについて発信した方が意味あると思う派です。これまで以上に、応援させて下さい」というツイートをリツイートした。

    池江がリツイートしたツイートには動画もアップされており、“せやろがいおじさん”が骨髄バンクについて「骨髄バンクにドナー登録しておけば、自分の骨髄に適合する患者さんが見つかった時につなげてくれて移植までの段取りいろいろとやってくれるんや。超絶ざっくり言ったら骨髄のマッチングアプリみたいなもんや!」とわかりやすく説明。

    続けて「競泳の池江璃花子さん、オリンピックでメダルを目指す戦いから離れてしまうのは
    ご本人が一番悔しいと思います。でも池江さんが白血病と闘ってる姿を通じて、骨髄バンクのことを知ってドナー登録する人が増えて、病気に勝った暁(あかつき)には同じ病気で苦しんでいる方々に、白血病は治る病気なんだという希望を与えることができる。
    これはオリンピックで金メダルをとることと同じかそれ以上に価値のある戦いだと思います」と池江にエール。

    「変な重荷を背負わせているような言葉になっていたらごめんなさい。差し出がましいようですが、僕なりに応援の言葉を届けたくてこの動画をつくりました。今は自分の体を大切になさって、治療に専念してもらえたらと思います。そして元気になったら沖縄のきれいな海、泳ぎにきてやー!」とメッセージを送った。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/15/kiji/20190215s00092000248000c.html
    池江璃花子
    no title

    「せやろがいおじさん」ことお笑い芸人の榎森耕助
    no title

    池江 璃花子 (@rikakoikee) | Twitter
    https://twitter.com/rikakoikee


    【池江璃花子がリツイート “某大臣の発言への批判より励ましの言葉に意味あると思う派”ツイートに反応 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/13(水) 20:54:53.99
     12日に白血病を公表した競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=が13日、自身のツイッターを更新し、現在の心境をつづった。

    以下全文

    「昨日から沢山のメッセージありがとうございます。ニュースでも流れる自分の姿に、まだ少し不思議な気持ちにもなります。そんな中でみなさんにどうしてもお伝えしたく、更新させていただきます。皆様からの励ましのメッセージの中に『骨髄バンクの登録をした』『輸血、献血をした』など、沢山の方からメッセージをいただきました。私だけでなく、同じように辛い思いをしている方達にも、本当に希望を持たせて頂いています。私は、神様は乗り越えられない試練は与えられない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。もちろん、私にとって競泳人生は大切なものです。ですが今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えていただきながら戦っていきたいと思います。しばらくの間、皆様に元気な姿をお見せすることができないかもしれません。そしてしばらくの間、私も皆様と同じく応援側に回ります。引き続き、トビウオジャパンの応援、支援、そして沢山の様々なスポーツの応援、支援を宜しくお願い致します。 池江璃花子」

    20190213-00000170-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000170-sph-spo  

    関連スレ
    安藤優子キャスター池江選手の白血病報道で「神様が試練を与えたのかな」 不適切発言に批判殺到!
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550027275/

    【池江璃花子がツイッターを更新「神様は乗り越えられない試練は与えない」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/13(水) 08:35:04.04
    13日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)の冒頭で小倉智昭キャスター(71)が 2020年東京五輪の金メダル候補で競泳女子のエース、池江璃花子(18)=ルネサンス=が白血病を患っていると公表したことに触れ「驚きましたね」とショックを露わにした。 

    さらに小倉氏は「日本の10代の女性で最も輝いていて元気な方。
    そのイメージが大変強いと思うんですが彼女の競技における姿勢とか話す言葉とか実に魅力があって、 なおかつ個人の日本記録5つも持っていて、それをどんどんどんどん書きかえて、東京五輪を目指す日本のホープと言われていてこのニュースじゃないですか。
    驚いた方、大勢いらっしゃると思いますよね」とコメントした。

    池江は、1月からのオーストラリア合宿中に体調を崩し、8日に緊急帰国。検査の結果、病名が判明し、そのまま入院していることが明らかになった。
    復帰時期は未定で、4月の日本選手権の出場も断念し、当面は療養に専念する意向を示している。

    小倉氏は、リオ五輪で池江と対面したことを明かし「素敵なお嬢さんだと思いましたもんね」と振り返った。
    さらに自身が昨年末に膀胱ガンの手術を行ったことにふれ「ボクは膀胱ガンの手術したばっかりですけど、もう71歳じゃないですか。
    自分のことより彼女がとにかく早く良くなって欲しいという気持ちの方が強いですよね」と祈っていた。

    20190213-00000038-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000038-sph-spo


    【小倉智昭氏、白血病公表の池江璃花子へ「膀胱ガンの手術をしたばかりですけど、自分のことより彼女が早く良くなって欲しい」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/02/12(火) 22:18:11.10
    吉井怜 同じ18歳で白血病の池江にエール「強い人。一日も早い復帰を」

     競泳の池江璃花子選手(18)が白血病を公表した12日、同じ18歳の時に急性骨髄性白骨病を患った女優の吉井怜(36)が所属事務所を通じ、デイリースポーツにコメントを寄せ、池江選手へ激励のメッセージを送った。

     吉井は2000年7月、奄美大島でグラビア撮影中に体調を崩し、緊急入院。「急性骨髄性白血病」と診断された。01年7月11日、完治を目指し、実母から骨髄提供を受け、骨髄移植。1年2カ月の入院生活を送り、1年間のリハビリの後、02年に芸能界に復帰した。

     抗がん剤治療で闘病した吉井は「私が白血病と告げられたときは、頭が真っ白になった。休んだら芸能界に自分の場所がなくなるのでないかと不安もあった」と当時を回想しながら、家族や医者に感謝した。

     池江選手のツイッターを見たそうで「前向きに治療していこうと考えているのが凄く伝わってきた。私はすぐにはそうなれなかった。強い人だと思う」と尊敬のまなざし。病と闘う若きスターに「目標に向かって、一日も早い復帰を願っています」とメッセージを送った。

     なお、吉井は現在完治しており、年に1回の検診を定期的に受診している。日常生活に支障はなく、生ものを食べたり、お酒を飲んでも問題ないほどまでに完全復活を果たしている。

    白血病を克服した吉井怜
    no title

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/12/0012060243.shtml

    【吉井怜 同じ18歳で白血病の池江にエール「強い人。一日も早い復帰を」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/12(火) 23:17:27.59
    「正月2日はうちに集まってくれました」
    「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして」と、目に涙を浮かべた。祈るような口調だったという。池江璃花子選手(18)のお祖母ちゃんが週刊新潮の取材に応じ、苦しい胸の内を明かした。

    競泳界どころではない。国内、いや海外にも激震が走った。2月12日、競泳女子日本代表の池江選手が、自身の公式ツイッターに〈ご報告です〉とツイート。
    体調不良のためオーストラリアから緊急帰国し、検査の結果「白血病」の診断が下されたことを明かしたのだ。

    ツイートには文書の画像が添付されており、そこには《私自身、未だに信じられず、混乱している状況です》と率直な心情が記されていた。
    続けて日本水泳連盟は午後4時から都内で緊急会見を開いた。ゴールドコーストで1月18日から2月10日までの合宿が開催され、池江選手も参加していた。ところが体調不良を訴えたため、2月8日に帰国したことが明かされた。

    週刊新潮編集部も事態を把握して取材を開始。池江選手のお祖母ちゃんから自宅で話を伺うことができた。池江選手は正月2日を、共に過ごしたという。
    「オーストラリア合宿の前、1月2日に家族全員がうちに集まってくれました。孫も5人が来てくれて、わいわい騒いでくれました。(池江選手が)アジア大会のメダルを持ってきてくれたので、家族全員で代わる代わるかけたりしましたね」

    正月、池江選手は極めて健康そうに見えた。そもそもお祖母ちゃんは、孫娘が風邪をひいた記憶さえ乏しい。大病したことなど一度もない――――。
    「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして、私より先に逝っちゃうなんて、いやだから、とにかく長生きしてほしいです。生きてさえいれば、私は……。生きてください。私が死ぬ前に死んでほしくない。私だって80歳なんだから」

    「24歳で引退するっていつも言ってる」
    池江選手が帰国すると、お祖母ちゃんは病院で面会したという。
     
    「帰国した8日の夕方、入院した病院で会いました。もともと、会うたびに『長生きしてね』と言ってくれるんですけど、病院でも『お祖母ちゃん、長生きしてね』と言ってくれたんですよ」
    背筋を伸ばしながら取材に応じてくれるが、やはり孫娘のことが心配で、いてもたってもいられないのだろう。玄関の周りを心配そうに歩きながら、「昨日から私、ダメなんだよね」と呟く。

    2年後の東京オリンピックで、もちろん池江選手は出場を期待されている。お祖母ちゃんも会場で応援するつもりだ。
    「東京オリンピック、来月からチケットが発売されるでしょ? 当たらなきゃいけないから、100枚くいらい買おうかなって思って。見たいって友達は連れていってやろうかなって思って」

    だが、自身が観戦する日のことを語っていても、自然と話題は孫娘の病状へ移っていく。
    「オリンピックなんて、もう出なくていい。生きてくれさえすれば。私が死ぬ前に死んでほしくない。でも、治る病気らしいよ。渡辺謙だって治しているしね……」

    孫娘は必ず治る。お祖母ちゃんは自分の言葉で確認すると、話題を東京五輪に戻した。
    「(池江選手は2024年・パリ五輪時に)『24歳で引退する』っていつも言ってる。東京は20歳だから、私も『東京五輪で世界記録が出せなくても、次に出せばいいよ』っていつも言うんです」

    お祖母ちゃんは何度も、何度も「生きてくれ」と独り言のように呟いた。

    新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00556662-shincho-spo

    no title


    【【新潮】池江璃花子選手の祖母「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして」】の続きを読む

    このページのトップヘ