タグ:水原希子

    1: きゅう ★ 2017/10/19(木) 02:16:28.05 _USER9
     水原希子が自身のインスタグラムで“過激度”を急上昇させている。

     10月7日、アンダーウエアの「上」は着けず、「下」は黒地のそれをはいた姿でベッドにうつ伏せとなり、かろうじて下腹部は布団で隠しているものの、超大胆にヒップを突き出す画像を投稿した彼女。

     同日以降も、バストトップ付近のピンクに色づいた部位が服からはみ出していると思しき正面からの画像、影を写して、そのシルエットで胸のトップが浮き出た画像、突き出したヒップから“異物”がはみ出しているように見える画像を投稿するなど、日々、過激な投稿を続けている。

     これらは10月2日に発売された週刊誌のグラビアで披露したものの一部だというが、なぜ突然、“ギリギリ画像”をインスタグラムに転載し始めたのか──。

    「彼女本人の確固とした思惑ありきの行動でしょう」と指摘するのは芸能関係者だ。

    「賛否両論の写真を掲載して“炎上”することで、モデルとしての仕事を増やそうとする意図があるのでは、と当初は一部で報じられましたが、もっと具体的で切実な意図があるのだと思いますよ」

     “ギリギリ画像”をアップする意図とは?

    「彼女がヒロインを努め、現在公開中の映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』に少しでも注目を集めさせようという彼女なりの意図ですよ。彼女は撮影中から、この作品に強い思い入れを抱いていると公言していたものの、フタを開けて見れば大コケ。さらには『映画がコケた“戦犯”は水原』なんて記事も出ているので、責任を感じているに違いありません」(前出・芸能関係者)

     水原に真意を聞いてみたいものだ。

    (白川健一)

    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_91111/

    22344449_136763960279961_5755165862067699712_n

    22278074_1935034663487454_595340857305989120_n

    22278226_296724434144630_7069314301458120704_n

    画像インスタグラムより
    https://www.instagram.com/i_am_kiko/?hl=ja


    【胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/10/17(火) 22:11:34.64 BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典
    「これはヤバイだろうと思っていたら、案の定、悲惨な結果になったようですね」さる出版関係者がこう語るのは、10月2日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)のこと。

    創刊51周年に突入する記念月間のトップとなる号の表紙&グラビアに、女優でモデルの水原希子が登場。
    しかも巻頭全ページ&センターグラビア増ページ、両A面ポスターの付録までついていたのだが……。

    「今回のグラビアはロサンゼルスで撮影されたもので、水原側の気合は相当なもの。
    『単にセクシャルなだけでなく、後から見返した時に宝物になるような写真が撮れたら』という彼女の決意を聞いた編集部は、なんと41ページという異例の大ボリュームでグラビア掲載を敢行。

    前半はビルの屋上で、お尻の見える超ミニスカートを披露し、後半はほぼスッピン状態でのベッドシーンや手ブラ、屋外や車内での水着姿などで構成されています。さらに、51周年目を飾る屋外広告にも、水原が起用されているんです」(週刊誌編集者)
    まさに、水原の水原による水原のための特別号とあって、編集部も売り上げアップに絶対の自信を持っていたのだろう。

    「しかし、結果は実売率が40%にも届かない大爆死となった模様です。『週プレ』といえば、表紙&巻頭グラビアが最大の売り物で、雑誌の命運も、ほぼそこに懸かっている。この号のコンビニや書店での売れ行きデータを見ると、乃木坂46の人気メンバーが起用された時とは20~25%近く、小倉優香ら人気グラドルの号と比べても5~10%近く低い数字です」(前出・出版関係者)

    「10月9日のインスタグラムに、今回のグラビア掲載用に撮影された写真の一部をアップしたところ、『下品』『汚い』『美しくないものを見せるな』などと罵詈雑言を浴びて大炎上。8月にもトイレ中の画像を載せて批判されたほか、一部のアンチから差別的な発言をされるなど、いまや完全に“炎上女王”と化している。

    本業もパッとせず、9月16日に公開された出演映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は初週6位で、3週目からは圏外に転落しています」(芸能ライター)
    世間の水原アレルギーは、「週プレ」の想像以上だったようだ。

    thumb-12122-103815-entame_l

    http://news.livedoor.com/article/detail/13759057/

    【「週刊プレイボーイ」の水原希子“大特集”が爆死!「乃木坂46より25%近く低い」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/12(木) 23:28:48.33 _USER9
    「クレヨンしんちゃん」もビックリの露出? モデルで女優の水原希子(26)が10月9日、インスタグラムにヒップが露わになったセクシー写真を投稿した。「美しくないものを見せるな」「何がしたいんですか?」と容赦ない批判を浴びて大炎上している。

    ■お騒がせ芸能人・水原希子、ヒップ露出写真を公開して大炎上

     何かとお騒がせの水原。9日には『週刊プレイボーイ』(集英社)向けに撮影した写真をインスタグラムで公開。青空の下、ミニスカートからヒップがのぞくセクシーな一枚だ。

     同写真が投稿されるや否や、ネット上で大炎上。「何がしたいんですか?」「最近露出狂ぎみ」「これは出しちゃいけないやつ」「美しくないものを見せるな」と非難の嵐が吹き荒れている。

     水原は過去にも、ノーブラと分かるセクシー写真などを多数投稿し、その度に物議を醸している。一体なぜ何度も“炎上写真”が生まれるのか。

    「本来なら、所属事務所がチェックして削除させるような写真ばかり。水原の行動を全くコントロールできておらず、むしろエスカレートする一方。これでは水原のイメージが落ちていくばかりだ」(芸能関係者)

     水原はこのところ災難続きだ。

     9月7日には「ザ・プレミアム・モルツ」のTwitter公式アカウントが、水原を起用して制作したPR動画をアップ。水原に対して差別的なコメントが殺到し、

    Twitter本社が「すべての方が安心してご自分を表現いただける場にしたいと考えている中、ご期待に添えていない現状を真摯に受け止めています」などと声明を発表する事態になった。

     本業もイマイチだ。9月16日に公開された出演映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は、全国週末興行成績ランキング(興行通信社調べ)で初週6位。

    興行収入は1億円未満の7500万円をあげる低調なスタートを記録した。その後3週目に圏外に転落し、最終興行収入は10億円どころか5億円も厳しい状況だ。
     
    「モルツ騒動の一因は、水原が8月29日にインスタグラムへアップしたトイレ写真。『ビールのCMにはイメージが悪すぎる』とブーイングにつながった。

    ファンの差別発言はたしかに看過できないが、水原自身にも原因はあるのでは。こうしたSNSの悪印象が、全ての仕事に波及しているようだ」(前出・芸能関係者)
     
    立て続けに騒動を巻き起こす水原。「炎上女優」のレッテルを剥がし、世間に認められる日はいつかやって来るのか。

    デイリーニュースオンライン
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171012-43090965-dailynewsq

    no title

    22344489_1933539203636898_1462048786439208960_n

    22277477_531657173842809_7571923451884077056_n


    【水原希子 インスタの大胆ヒップ写真に非難の嵐「美しくないものを見せるな」(画像あり)】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2017/10/08(日) 23:27:20.94 _USER9
    モデルで女優の水原希子が7日からInstagramにてセクシーショットを連投。
    ファンから反響が寄せられた。

    「週刊プレイボーイ」42号の表紙、巻頭グラビアなどを飾る水原。
    ショーツ1枚でベットに寝そべるショットやトップが見えてしまいそうなショット、ビキニショットなど同誌での過激ショットを複数投稿した。

    セクシーショットに反響殺到

    コメント欄には「これはエロすぎる!」「きこ様とっても綺麗だしセクシー」「めっちゃキレイ~どの写真も素敵」「乳首見えてる!?」「ドキッとした!!エロいのにカッコイイ」といった声が多数。
    反響が殺到した。

    また今回のグラビアは、水原と友人の2人だけで2ヵ月半に渡ってL.A.を旅行していたときに撮影されたもの。
    水原は「オファーをいただいてから、何かしら撮りたいなと思っていて、単にセクシャルなだけでなく、後から見返したときに宝物になるような写真が撮れたらいいなと思っていました。3枚しか撮れない日もあれば、100枚撮れる日もあるような長い旅の中で撮影ができたので、私のパーソナルな部分が見える仕上がりになっていると思います」とコメントしていた。

    http://mdpr.jp/news/detail/1719929

    水原希子 インスタグラムでセクシー過激ショット連投
    no title

    no title

    no title

    no title



    【水原希子、ショーツ1枚に乳首ギリギリ 過激ショット連投(画像あり)】の続きを読む

    1:きゅう ★@\(^o^)/ 2017/09/24(日) 07:53:07.65 _USER9
     女優の水原希子が21日、スタイルの良さが際立つ全身写真をInstagramに投稿し、「細いー!! 憧れる!!!」「まじスタイルよすぎますよ」「足ながい!! 細い!! うらやましい!!」「その足の長さをちょっとちょうだい(笑)」「美しい脚 どうしたらなれるのー!!」と羨望の声が殺到している。

     水原はこの日、自身の長く細い腕と脚を生かして、ショート丈のトップスに同じくショートのボトムスを合わせたスタイリングを披露。ポーズを取ってカメラを見つけるさまは、ファッション誌から抜け出してきたかのようなカッコよさだ。

     現在公開中の『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』では、主人公(妻夫木聡)を狂わせる小悪魔的モテガールを演じている水原。彼女のキュートな着こなしの数々も見どころとなっている。(朝倉健人)

    https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0094658/

    21827343_132559454046647_1895264901882970112_n


    【水原希子 細っそー!「スタイルよすぎ」と羨望の声(画像あり)】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/09/18(月) 23:23:32.10 _USER9
     女優・水原希子が18日、日本テレビ系「しゃべくり007」に出演。ノーブラ主義であること、ノーブラ写真をインスタグラムに投稿し、批判の声があることに「ブラをつけなきゃいけない、という固定概念が…」と反論した。

     水原は「ブラが面倒くさい」と告白。その理由を、「長時間、ここ(胸)が締め付けられてる、ってのがきつい」と説明し、「つけなきゃいけない、と思う時はつけるんですけど…」とノーブラ主義を明かした。

     実際に、インスタグラムではノーブラ写真をアップ。ノーブラだと、「ちょっと、トゥン(と指先で立つしぐさ)としちゃう時があって」と具体的に説明し、「私は全然気にしないんですけど、インスタとかに載せちゃうと、『ブラをつけてないんですか』というコメントがすごくて」と指摘や批判のコメントが殺到することをあっけらかんと明かした。

     さらに「何で、そんな、みんなブラをつけなきゃいけない、という固定概念が(あるのか)」と納得いかない表情で話していた。

     番組では、実際にインスタに掲載したノーブラ写真を大きく引きのばした写真を紹介。体にぴたっとしたピンクのセーターを着て、乳首が「トゥン」と立った写真で、水原は「普通に道歩いてる時に(撮影した写真)」と全く気にしない様子で説明。しゃべくりメンバーは大興奮していた。

    14711884_130809357393708_6711055552991985664_n

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/18/0010566613.shtml

    【水原希子 ノーブラ批判に反論 乳首がトゥンも「全然気にしない」】の続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/07/25(火) 16:06:29.71 _USER9
     モデルで女優の水原希子(26)のインスタグラムの投稿が話題になっている。一部では事務所退社と報じられるなど身辺が騒がしい中、水原は24日に自身のインスタグラムを更新し、漫画家・岡崎京子が90年代前半に発表した漫画作品『東京ガールズブラボー』内の1ページをアップ。登場人物のひとりが”女性の性”について語るという少々過激なシーンの中の「あたしはあらゆる性のタブーをひっくりかえしたいの」というセリフを水原はピックアップし、ハッシュタグを付けたうえで投稿のタイトルとした。

     岡崎京子と言えば、2012年に著作『ヘルタースケルター』が映画化され、水原もトップモデルの主人公を脅かす新人モデル役として出演するなど縁は深い。この水原の過激な投稿に、フォロワーからは、「深いです」「岡崎京子さんの世界観、いいですよね~」「男尊女卑な性をひっくり返えすくらい女性は力をつけて来てるよね」と共感するコメントのほか、「きこちゃんどしたの?」といきなりの過激内容に戸惑う声も見られた。

     自由奔放な恋愛遍歴からアンチが多いとされる水原だが、その発言からも独特の感性を感じさせるものが多い。水原がひっくりかえしたい”性のタブー”とは何だったのか、気になるところだ。

    20214220_159310157974603_5480374859491966976_n

    http://dailynewsonline.jp/article/1337530/

    【水原希子がインスタで意味深な発言「あらゆるタブーをひっくり返したい」】の続きを読む

    このページのトップヘ