タグ:歌手

    1: きゅう ★ 2017/12/11(月) 05:41:06.57 _USER9
     歌手・工藤静香(47)の名曲ばかりのトリビュートミニアルバム『Shizuka Kudo Tribute』が20日に発売される。同作は男性声優7人が参加する話題作で、6日に解禁されたメイキング映像第1弾では森久保祥太郎(43)、下野紘(37)、鈴村健一(43)、梅原裕一郎(26)、谷山紀章(42)、関智一(45)、梶裕貴(32)ら全員の美声も初お披露目された。

     今年、ソロデビュー30周年を迎えた工藤。1月から公式インスタグラムを開設したほか、メモリアルイヤーを機にテレビ復帰も果たし、安全地帯の玉置浩二(58)やB'zの松本孝弘(56)といった大物アーティストの楽曲提供を受けた記念アルバム『凛』のリリースも話題となった。一見、順調そうに見えるソロデビュー30周年だが、その内情はあまりにも落差がある。

    「工藤本人もソロデビュー30周年にはかなり意気込んでいたようですが、周囲が思ったように盛り上がらない。一昨年から続くSMAP解散騒動でのイメージダウンが著しく、往年のファンですら離れてしまったとも。8月に発売された記念アルバムもオリコンが発表した週間CDアルバムランキングの結果は21位で、初動売り上げはわずか2950枚。必死の宣伝活動も虚しく、枚数はまったく伸びませんでした」(スポーツ紙記者)

     1990年代後半に女性歌手として不動の地位を築いた工藤だが、昨年のSMAPの解散騒動でネガティブなイメージがついてしまい、人気低下に歯止めがかからない状態だ。夫・木村拓哉(45)の仕事に口出しもしていると報じられ、インスタグラムでプライベート情報を発信する度に木村のファン以外からも総スカンを食らう惨状に。

    「工藤としては、メモリアルイヤーの締めくくりとして紅白出場が目標にあったがそれもあえなく落選してしまった。記念アルバムの売り上げ不振に加えて紅白落選とあっては、今後の芸能活動は難しい。まるで近年の和田アキ子(67)のような印象になりつつあります」(前出・記者)

     30周年のお祝いが終わった後の工藤は、せめて夫のサポートに専念する方が賢明なのかもしれない。それはそれでファンの反感を買いそうだが。

    文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
    >>1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

    1200

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1383830/

    【総スカン食らう工藤静香の惨状 歌手活動に暗雲?アルバム不振に紅白落選で”和田アキ子化”の懸念 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/11/23(木) 06:54:09.02 ● BE:264168779-2BP(2000)
    トルコにて、”世界で最も若く見える71歳” と話題の女性歌手と、(情報によると)元クラスメートだという71歳女性を比較した衝撃画像。若すぎる…。[10]images

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://

    【世界で最も若く見える71歳の女性歌手が元クラスメートと並んだ結果(画像あり) 】の続きを読む

    1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 19:16:22.33 _USER9
    ニューヨークファッションウィーク中の8日、ケイト・スペード ニューヨークはspring 2018 collectionを発表。ゲストとして、女優で歌手の西内まりやが来場した。

    25周年を迎える同ブランドのspring 2018 collectionを身にまとったモデルたちが来場。
    日本からは西内のほか、モデル兼クリエイターの宮本彩菜、モデルのベイカー恵利沙など多くのゲストが訪れた。

    西内はバラ柄のセットアップの着こなしで登場。宮本との2ショットも公開された。

    会場として選ばれたのはニューヨークのグランドセントラル駅にあるアイコニックなレストラン、Grand Central Oyster Bar。
    ゲストたちは、同ブランドの25周年を祝福し、ジャズの生演奏に合わせて踊り出す姿も見られた。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1714329 

    no title

    no title


    宮本彩菜(左)とベイカー恵利沙(右
    no title

    【西内まりや 金髪にイメチェン!NYでのファッションイベントにゲスト参加(画像あり)】の続きを読む

    1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 16:44:16.91 _USER9
    西内まりやに異変続出?開店休業状態が続いて”芸能界引退説”に現実味

     モデルで女優、歌手の西内まりや(23)が8月現在、SNSを半年近く更新せず、開店休業状態に陥っている。
     月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)で大コケして以降、表舞台に姿を見せなくなった西内の身に、一体何が起きているのか。

     異変が起きたのは早春。
     頻繁に更新していたツイッターは3月25日を最後に音沙汰なし。
     公式サイトのニュースも3月15日から止まったまま。
     活動休止の発表もなく、半年近く開店休業状態が続いている。

     インスタグラムの最後の投稿(5月6日)では「なぜこうも重なるんだと、様々な予測出来ない出来事に戸惑い、落ち込み、投げやりになり押し寄せる壁を押し返し耐えて負けて耐えて力つきてついに心がシュンってなくなってしまうんじゃないかと。
    諦める事は簡単に出来るけどそれでも保とうとそれでも前に進みたいと思えば思うほど小さな事で傷つきやすくて。
    その傷を修復するのには時間がかかる」(原文ママ)と意味深なメッセージを投稿。
     その後、更新が途絶えている。

     現在23歳の西内は、モデル・女優・歌手の三足のわらじを履いて活動していた。
     所属するライジングプロダクションは炎上中のSPEED組、今井絵理子(33)や上原多香子(34)もいる業界大手。
     仕事がないと考えるのは無理がある。

     とはいえ、前兆がなかったわけではない。
     1月に出演した『突然ですが、明日結婚します』が、フジの月9史上まれに見る低視聴率を記録。
     共演のflumpoolの山村隆太(32)と共に戦犯扱いされている。
     また5月の福岡ソフトバンクホークスの始球式は、ウィルス性胃腸炎と診断されてキャンセルされた。
     以後、SNSの更新が途絶えたことを心配し、業界内外で体調悪化説や留学説などが飛び交っている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    w700c-ez_f445336d0dc4e5b60d4c6d3367bb9bc20d3cc87c44f21c8d

    デイリーニュースオンライン 
    http://news.livedoor.com/article/detail/13483116/

    【月9大コケ以降“開店休業状態”西内まりやの芸能界引退説に現実味 】の続きを読む

    1: 向ヶ丘 ★@\(^o^)/ 2017/08/06(日) 02:13:08.39 _USER9
    米国フロリダ州出身の歌手、Celine Farachさんが「かわいいにも程がある」「天使や」と話題になっています。

    Celine Farachさんは1997年8月22日生まれで、もうじき20歳。かつては「Wilhelmina Models Agency」に所属する子どもモデルとして活躍していましたが、その後、音楽への関心が高まり、歌手活動をスタートしました。

    現在は、ウエストの引き締まったナイスバディーの女性になっており、モデルらしいスタイルの良さは健在。
    日本のTwitterユーザーが先日、その水着姿を投稿したところ、「素晴らしすぎやしないか」「ほれた」「結婚したい」と絶賛の声が続出しました。

    ちなみに、ネット上でもわりと積極的に活動しているらしく、フォロワー数60万超のInstagramアカウントにはオフショットと思われる写真、動画が多数掲載。
    自身名義のYouTubeチャンネルにも、メイク動画などが投稿されているのですが……筆者は、動画冒頭ですっぴん姿を披露していることにまったく気付きませんでした。
    お、おれは悪くない! かわいすぎるせいや!

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/04/news114.html

    no title

    no title

    【米国出身の歌手セリーヌ・ファラクがかわいすぎて絶賛の嵐(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ