中二病速報

    タグ:檀れい

    1: きゅう ★ 2018/12/22(土) 12:53:15.90 _USER9
     今回取り上げるのは、女優の檀れい。先月、夫・及川光博との連名で、7年の結婚生活に終止符を打ったことを発表した。

     絵に描いたような美男美女の組み合わせで、生活感を感じさせず、結婚当初、筆者は相学の徒として、この2人の今後に興味津々だった。どちらも強いプライドを芯に持つ孤高のナルシストという顔相で、自身を犠牲にして共有の家庭や生活を営んでいく、というイメージが浮かびにくかった。

     彼女は丸額(女額の代表)と角額(男額の一種)の混合型で、現代女性としては硬軟併せ待つ理想的な額相。眉が吊り上がらず、三日月眉と一文字眉の中間形で、こちらも強弱偏らず、対人的・社会的に柔軟に適応・活躍できる良相だ。

     しかし、こと性愛に関しては、SEX診断チャートが小さく縮んだ五角形の通り、ナマ身の女性が発散するエロスとしてははなはだ弱い。性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)が淋しく、田宅(上瞼)の肉付きも薄く、いわゆる涼しい目元で、性感・性欲は平均以下。

     惹かれ合った男と、身も心も裸になって喜悦を貪り合う、という女相ではなく、鑑賞向きの「人形美」的な美貌だ。

     目頭に切れ込みがなく、他者愛の上唇が薄めで自己愛の下唇が厚く、性愛の場面で相手男性に奉仕的に尽くすタイプではない。口相にはそこそこ勢いはあるも、金甲(小鼻)にほとんど張りがなく、回数をこなすセックスでもない。
    【淫乱度】は「2」と低く、【絶倫度】も「2」寄りの「3」と低め。
     半月を横倒しにした眼形はモテ相の代表格で、アゴ先が割れている(俗に「けつあご」。女性には少ない)のは、芸術的センスに恵まれた情熱家で、男性運の強い相。前述の眉相と額相もモテ要素なので、男を惹き寄せる力はかなり強い。

     しかし、彼女は鼻相に特徴があり、金甲が横にめくれあがる鷲鼻で、見栄っぱりな野心家(悪く言えば欲深い)で、孤立しやすい。加えて、鼻筋が直線的なギリシャ鼻で、山根(鼻の付け根)が高く、自尊心が強くて気難しく、神経質だ。

     もとより彼女にはこれといった尻軽相もなく、男にとっては非常に敷居の高い、難攻不落の女相。本連載ではモテ相を尻軽度に算入するが、それでも【尻軽度】は「2」と低くなった。

     生来的な膣道の断面と一致するとされる、耳穴の下の溝が先細りなのは、膣奥の締まりがよい相。後天的名器度が現れる、口元の肉付きは特別、豊かではないものの、品よく締まっており、トータルで観て、【名器度】は「3」。

     おとなしい臥蚕相と眉相があげまん要素ながら、肝心の眼形が(上がり目の)あげまん相ではなく、金甲も乏しくて、【あげまん度】は「2」となった。

    【劉飛昶プロフィール】
    劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

    https://wjn.jp/article/detail/9452072/

    no title

    < 【【週刊実話】檀れい エロ偏差値が低い鑑賞向き女優 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/12/04(火) 00:06:57.17 _USER9
    「檀さんが出演した舞台『オセロー』の9月の公演には、及川さんが駆けつけていました。最近も2人で食事に出かけるなど、夫婦仲は良好に見えたのですが……」(舞台関係者)

    11月28日に離婚を発表した、檀れい(47)と及川光博(49)。2人は11年に電撃婚。しかしそのわずか2カ月後、本誌は及川と一般女性の6時間に及ぶデート現場をスクープした。
    翌年には別居報道も飛び出し、結婚当初から“生活感のない夫婦”と言われることも多かった2人。

    それでも7年間続いた結婚生活に突然ピリオドを打った理由は、いったい何だったのか。2人の知人はこう語る。

    「そもそも、彼らが結婚生活に求めていたものは正反対。休日など家にいるときも、完璧主義の檀さんは及川さんの前ではジャージーやゆったりした部屋着を着ないそうです。ソファーに寝転がることすらしなかったとか。結婚当初、見かねた及川さんが『夫婦なんだから、そんなに気を使わなくていいよ』と諭すように伝えると、『私はこういう性格だからできません』とキッパリと言われたといいます」

    そして、2人の破局を当人以上に悲しんでいる人物が――。離婚発表から2日後の11月30日、本誌は都内で飲食店を営む及川の実母を訪ねた。

    ――息子さんから離婚の報告は受けましたか?

    「はい、1週間か10日くらい前に報告を受けました。すごく残念で、心を痛めております。彼女は、すごくいいお嬢さんでしたから……。とても寂しい思いです」

    顔を曇らせ、しんみりと語る母。“いい嫁”だった檀と赤の他人となってしまうことが寂しくて仕方ないのだろう。檀からは、直筆の“離婚詫び状”が届いたという。

    「丁寧なお手紙をいただきました。彼女も何かと忙しくされていましたから。明治座でしたか、それから舞台(今年5月の『仮縫』だと思われる)を私も観に行きましたが、
    そのときは離婚の話はまったくなかったです」

    そして最後に、元嫁・檀への思いを涙ながらに吐露した。

    「本当に寂しい限りですね。お手紙いただいたときも……。ただただ残念で仕方ありません。ごめんなさい、これ以上は……。すみません」

    溢れ出る涙で彼女の言葉は続かなかった。檀の知人は、檀と義母の嫁姑関係についてこう明かす。

    「結婚当時檀さんはすでに40代で、彼女は『お義母さんに孫の顔を見せてあげられない……』と悩んでいたようです。そう落ち込む檀さんを義母は『心配しなくて大丈夫よ』と、いつも優しく慰めてあげたといいます。実の娘のように、自分を可愛がってくれたお義母さん。だからこそ檀さんは、感謝の思いを手紙にしたためたのでしょう。離婚したとはいえ、その気持ちは今も変わらないと思いますよ」(前出・知人)

    “立つ鳥跡を濁さず”の別れになったようだ――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181204-00010002-jisin-ent

    及川の44歳の誕生日に夫婦で腕組みデートをしていたが……
    no title

    【【女性自身】及川母語る檀れいの詫び状 涙ながらに「いいお嬢さんでした」】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/11/28(水) 14:18:03.91 _USER9
    及川光博、檀れいが離婚発表

     歌手・及川光博と女優の檀れいが28日、離婚したことを発表した。報道各社にファクスを送付し「本日、離婚届を提出しました」とコメントした。

    スポーツ報知 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000087-sph-ent 

    20181128-00000087-sph-000-view


    【及川光博、檀れいが離婚発表 28日に離婚届を提出】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/08/23(火) 00:19:25.56 _USER9.net
    今どきの40代は驚くほど美しい人も多いと思いませんか? 自分のパサパサ具合を「40代に入ったから……」と諦めてしまうのは、言い訳に過ぎません。

    では、肝心の男性はどんな40代女性を「色っぽい……」と思っているのでしょうか?

    そこで今回は、『VenusTap』が男性500人を対象に「あなたが色っぽいと思う40代女性芸能人は?」というアンケート調査を実施。その結果をご紹介しましょう!

    ■色っぽい40代女性芸能人1位は石田ゆり子!
    さっそく結果を見てみましょう。

    1位・・・石田ゆり子(10.0%)
    G20150326010055530_view

    2位・・・吉瀬美智子(8.6%)
    ent1411220004-p4

    3位・・・井川遥(8.5%)
    352

    4位・・・内田有紀(6.4%)
    uchida

    5位・・・檀れい(6.2%)
    1128303_1200

    1位の石田ゆり子は今年10月に47歳を迎えます。

    美人なだけでなく、凜とした魅力の中に脆さや危うさを感じさせる彼女に、男性たちは「色っぽい」と心惹かれるようです。

    2位はモデル出身の女優・吉瀬美智子、41歳。

    スラリとした長身の肢体と、サラサラのショートヘアが爽やかな印象を与えます。スッキリ系の顔立ちにぷるんとした豊かな唇がセクシーですね。

    3位は、40歳になってその美しさに深みが出た感のあるモデル兼女優の井川遥。

    主婦向け雑誌『VERY』(光文社)のカバーキャラクターとしても有名です。ナチュラルな雰囲気と透明感のある肌が色っぽいですね。

    4位には40歳の内田有紀、5位には45歳の檀れいがランクインしました!

    http://news.infoseek.co.jp/article/venustap_1748489/

    【男が選ぶ「色っぽい40代芸能人」3位井川遥、2位吉瀬美智子、1位は石田ゆり子】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 20:22:06.83 _USER9.net
    女優の檀れいさんが28日、インド大使館(東京都千代田区)で行われたインド映画「PK」(ラージクマール・ヒラニ監督)のジャパンプレミアにスペシャルゲストとして登場。

    今回初来日を果たしたヒラニ監督から「かける言葉もないくらいお美しい。
    ぜひ日本で(檀さん演じる)日本人女性とインド人男性が恋に落ちるラブストーリーを作りたい。
    そのときは私は監督ではなく(相手役として)出演したいと思います。
    インド映画に出ないですか?」とラブコールを送られると、「踊りの練習をしておきます!」と笑顔で返していた。

    「PK」は、日本で大ヒットした「きっと、うまくいく」のヒラニ監督と主演のアーミル・カーンさんが 再タッグした作品で、インド映画としては初めて世界興行収入100億円を突破。
    コメディーやラブストーリー要素のほか、差別や偏見といった問題にも鋭く切り込んでおり、ヒラニ監督は、同作について「神や宗教の見方を示している作品。我々が神を守る必要はない。
    神は自分で自分を守れるのだから、『私の神が一番だ』と争うのはやめて、我々人間として共存していけたら平和な世の中になるというメッセージが込められています」と解説している。

    ジャパンプレミアには、「永遠の0」の山崎貴監督も出席。
    前作「きっと、うまくいく」のファンだという山崎監督は同作について「本当に面白かった。心からやられたなって。気がついたら泣いていた。
    昨日会社で見ていたんですが、スタッフからからかわれるぐらい泣いてしまった。
    宝物のような時間をいただいた」と語り、「伏線の回収も素晴らしいし、楽しい時間を過ごしたあとに、確実に大事な何かが心に残る作品。
    エンターテインメント映画がやるべきことを完璧に成している。
    しかも2作続けてこれだけのクオリティーの高い作品を作るのは本当にすごい」と絶賛した。

    同作を鑑賞した檀さんも「思い出したら涙が出てくる……」と目を潤ませながら、「とっても感情が忙しかったです。くすっと笑ったり、はらはらさせられたり、次は何が起こるんだろうとドキドキしたり、また主人公のまっすぐな心をいとおしく思ったり。
    最後は流れる涙を止めることができなかった。私もエンターテインメントの端っこでお仕事をさせていただいているんですが、改めて、映画が持つ力のすごさを再認識させていただきました」とその素晴らしさを語った。

    映画は、地下鉄で黄色いヘルメットをかぶり、大きなラジカセを持ってあらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男「PK」が主人公。
    インドでテレビリポーターをするジャグーは、ネタになると踏んで、その男を取材することに……というストーリー。
    10月29日公開。


    ・左から檀れいさん、スジャン・R・チノイ駐日インド大使、ラージクマール・ヒラニ監督、山崎貴監督
    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    http://mantan-web.jp/2016/07/28/20160728dog00m200019000c.html

    【檀れい「かける言葉がないくらい美しい」 インド映画監督からラブコール】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 00:43:19.49 0.net
    金麦のおばさんって何で嫌われてるの?
     
    ホワイ

    画像
    maxresdefault





    【金麦のCMの人って何で嫌われてるの?】の続きを読む

    このページのトップヘ