中二病速報

    タグ:柔道

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/02/12(火) 17:18:42.59
     今月引退したロンドン五輪柔道女子57キロ級金メダルの松本薫さん(31)がスタッフとして勤務するアイスクリーム店「ダシーズ」が12日正午、東京都新宿区の東京富士大学内でオープンした。急ピッチで開店にこぎ着け、「今は必死です。スタッフみんなが野獣モードで準備しています」と充実した様子を見せた。

     引退会見で「第二の人生はアイスクリームをつくります」と電撃発表した金メダリストの華麗なる転身に注目が集まる中、報道陣約70人、テレビカメラ約15台が集結した。松本さんは「お客さんが来てくれるか不安でいっぱい」と話していたが、開店前から100人近くの客が列をつくる大盛況。販売員として店頭に立ち、1人1人に丁寧に接客した。

     お客第1号の男性は、娘の名前が同じ「薫」という縁もあって現役時代からファンだったという。松本さんが「食材1つ1つにこだわった」という乳製品や白砂糖が不使用というアイスを一口食べ、「単純においしいです。アレルギーがある人にもありがたい」と話した。

     また、夫婦で来店した男性は、ココナツミルクチョコクッキーと豆乳焦がしキャラメルのダブルに、クッキーやナッツなどトッピングを全部乗せで注文。「味はしっかりあるのにあっさりしている」と舌鼓を打ち、松本さんの接客も受けて「金メダリストなのにフレンドリーで、テレビで見ているのと同じでステキな方」と感動していた。

     松本さんは不定期で店頭に立つほか、5人のスタッフの1人として事務作業や商品開発に携わる。「1人でも多くの人に笑顔になってもらいたい。2020年は東京五輪もあるので、世界中の人にいいものをつくっていることを知ってもらいたい」と意欲を燃やした。

    f_12058626

    https://www.daily.co.jp/general/2019/02/12/0012058624.shtml

    【柔道女子金メダル 松本薫さんのアイス店オープン 開店前から行列100人の大繁盛】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2019/02/07(木) 14:36:54.19
    野獣・松本薫が第2の人生電撃発表「アイスクリームを作ります」12日にオープン

     柔道女子57キロ級のロンドン五輪金メダリストで、“野獣”の異名を誇った松本薫(31)=ベネシード=が7日、都内で引退会見を行った。

     自由奔放な“野獣”らしい引退会見となった。
     冒頭いきなり「本日は寒くない中…」と意表を突く挨拶で始まった会見。
     引退後の第2の人生について問われると、「アイスクリームを作ります!」と、突然宣言。
     真意を問う質問者に再び「アイスクリームを作ります!」と畳みかけた。
     所属先のベネシードも関係したアイスクリーム屋さんがオープンするそうで「2月12日にオープンします。ぜひ皆さんきてください。ロンドン五輪の時にパフェを食べたいと言ったと思うんですけど、毎日食べても大丈夫なアイスクリームが欲しかった」と、笑顔で語った。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    f_12045675

    デイリー
    https://www.daily.co.jp/general/2019/02/07/0012045674.shtml

    【野獣・松本薫が第2の人生電撃発表 高田馬場でアイスクリーム店】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/12/07(金) 20:58:47.62 0
    ダリア·ビロディド
    172cm48kg
    田村亮子を越える史上最年少の世界王者に
    あまりにも美しすぎてモデルデビューも
    柔道やってるから当然親日家で日本で柔道修行を兼ねた芸能デビューも

    no title

    no title

    ちなみに日本王者
    マジで東京五輪はビロディドたんを応援してしまう
    no title

    インスタグラム
    https://www.instagram.com/dariabilodid7/?hl=ja 【ウクライナ人柔道家ビロディドたんが美しすぎて非国民になりそうなんだが 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/05(水) 19:08:57.25 _USER9
     バルセロナ五輪の銀メダリストと、“美魔女”夫人。「リアル・美女と野獣」とでも言うべき2人が、逢瀬を重ねていた。舞台となったのは、埼玉の焼き肉店や横浜中華街、そして主が不在の豪邸――。

     掲載の写真は10月下旬に撮影された。サングラスをかけてはいるが、運転席に座る男が、あの小川直也(50)であることがわかるはずだ。隣に座るのは、元維新の党代表・松野頼久氏(58)の夫人である。

     実はこの場所は、都内の高級住宅街に建つ松野氏の自宅前。後ろに見えるのが、約200平方メートル、地上3階、地下1階のその豪邸だ。この日、白のGT-Rで登場した小川は、家の前で夫人と待ち合わせ。備え付けの駐車スペースにクルマを置くと、写真のようにこれまた白い松野家のフェラーリに乗り替え、2人は揃って横浜中華街へ繰り出していった。

     11月上旬にも、小川はこの豪邸を訪問している。この時は夫人が運転する白いベンツで、22時に揃って“帰宅”。そのまま家の中へ消えて行った。再び小川が姿を現したのは、日付が変わった2時間半後のこと。変装のつもりなのか、やはりサングラスを掛けて去って行った。

    「ここのところ、直也が自分の妻以外の女性、松野元官房副長官の奥さんに『はまって』いて、周りは心配しています」

     と声を潜めるのは、ある関係者。2人は今年に入ってから出会い、急激に接近していったという。

     柔道家、そしてプロレスラーとして活躍してきた小川は、大学生の時に知り合った5歳下の妻と結婚。長男の雄勢(22)が、東京五輪の日本代表候補として注目を集めている。

     一方の松野夫人は、再婚同士で結婚した頼久氏との間に2女をもうけ、次女はミス日本グランプリにも輝いている。昨年の衆院選でバッジを失った頼久氏とは「事実上の別居状態のようです」(松野氏の知人)という噂も飛び交うが、ともあれ小川と松野夫人の関係は……。

     週刊新潮の取材に対し、小川は、

    「いや、デートはしていないです。はい、はい。彼女は友だちなんで……」

     と答える。一方の松野夫人側は、なぜか長女が代わって「ふたり(小川と松野夫人)は共通の趣味があってよく会っているんです。友人として」と語った。

     だが上記の密会以外にも、松野夫人は神奈川県茅ヶ崎市の“小川宅”で一夜を過ごしてもいる。12月6日発売の週刊新潮で本件を詳しく報じると共に、現在、デイリー新潮で2人の逢瀬を収めた動画を配信中である。

    「週刊新潮」2018年12月13日号 掲載


     デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00552882-shincho-ent

    no title


    【【週刊新潮】夫不在の自宅に招き入れ「小川直也」と「松野頼久」美人妻が重ねた“密会” 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/01(木) 06:20:24.66 _USER9
     柔道女子48キロ級の史上最年少世界女王、ダリア・ビロディド(18)=ウクライナ=が、金メダル獲得を目指す20年東京五輪に先駆け、日本に活動拠点を置くことが31日、分かった。モデル顔負けの美貌の持ち主で、海外のモデル事務所の誘いを断り、10月中旬に日本のマネジメント会社と契約。海外選手としては異例となる日本語のホームページも近日中に開設し、本格進出をアピールする。

     20年東京五輪でブレイク必至の美女柔道家、ビロディドが一足先に日本に乗り込んでくる。9月の柔道世界選手権を、93年の田村亮子の18歳27日を更新する史上最年少17歳345日で48キロ級を初制覇し、国際大会は昨年11月から35連勝中という実力者は最新の世界ランキングで1位につける。一方で、柔道選手のイメージを覆す、モデル顔負けの美貌と172センチ長身の9等身という“神ルックス”で一気に脚光を浴びた。

     海外の大手モデル事務所が争奪戦を繰り広げたが、ビロディドは“20年東京の水先案内人”として、海外選手では異例ともいえる日本のマネジメント会社を選択。契約を結んだ「株式会社IDO」の担当者は「柔道の生まれた日本で地に足をつけて活動をしたいと考え、我々をアジアの窓口に選んでくれた」と話した。

     92年バルセロナ大会から正式種目入りした柔道の女子でウクライナ勢のメダリストはいない。通算3個の男子の銀メダルが過去最高で、金メダル獲得となれば同国初の快挙となる。これまで日本には国際合宿や実業団、大学への出稽古で年に数回程度で訪れていたが、今後は柔道に本腰を入れるために来日機会も増やしていく。近日中に日本語のHPも開設し、“黒船襲来”ののろしを上げる。日本勢もライバルとなる48キロ級だが、ビロディドも「日本に来れば世界一の相手とより多く練習できるようになる」と意気込んでいるという。

     プレ五輪となる来年8月の世界選手権は東京で開催される。ウクライナの「ヤワラちゃん」に注目が集まりそうだ。

     ◆ダリア・ビロディド(DARIA BILODID)2000年10月10日、ウクライナ・キエフ生まれ。6歳まで体操。8歳から柔道の大会に出場。父は男子73キロ級で08年北京五輪に3大会連続出場のゲンナジーさん。母も元柔道選手。17年欧州選手権、グランドスラム大会の18年パリ、デュッセルドルフ優勝。今年、14年の近藤亜美以来となる同一年のジュニアとシニアの世界選手権制覇。現在はキエフ大に通う。身長172センチ。得意技は内股、大内刈り、三角絞めからの崩れ上四方固め。

    no title

    a6a09e2c

    10d6bec2

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000249-sph-spo

    【モデル顔負けの美女柔道家ダリヤ・ビロディド活動の拠点を東京に (画像あり)】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/09/21(金) 19:16:01.97 _USER9
     アゼルバイジャン・バクーで行われている柔道の世界選手権で20日に行われた女子48キロ級決勝において、17歳のダリア・ビロディド(ウクライナ)が前年女王の渡名喜風南(パーク24)を大内刈りの一本勝ちで撃破した。国際柔道連盟(IJF)によれば、93年大会を18歳0カ月で制した田村(現姓・谷)亮子を抜いて、史上最年少での世界選手権王者となった。

     柔道界にニュースターが誕生した。本命視されていた17歳のビロディドが史上最年少で金メダルを獲得。日本代表の渡名喜を破った直後、コーチである母と抱き合って優勝を喜んだ。

     日本時間21日に自身のインスタグラムを更新し、「世界チャンピオンになりました!まだ信じられません。サポートしてくれたすべての人、ファン、友人に感謝します!みなさんの応援なしには優勝できませんでした。そして、常に私と一緒にいる最高の親、コーチのおかげです」と喜びをつづった。

     ビロディドはこの階級にあって172センチという長身を誇る。長い手足を武器に相手に十分な組み手を許さず、「離れた間合いからでも大内刈りや内股を飛ばしてくる」(日本女子軽量級の福見友子コーチ)。その上、三角締めなど寝技も強力だ。今年に入ってからは無敵の強さを誇り、出場したワールドツアー5大会全てで優勝。この試合で自身30連勝を飾った。

     また、顔が小さくて容姿が端麗なことから美女アスリートとしても注目されている。インスタグラムではモデル顔負けの自撮りを投稿し、5万人のフォロワーをとりこにしている。

     18歳で世界を制した谷さんは、五輪を2度、世界選手権を7度制覇しているが、17歳のビロディドならそれを超えることも不可能ではない。2020年東京五輪では、日本は04年アテネ五輪の谷さん以来となる金メダルを目指すが、ウクライナの新星が脅威になりそうだ。

    https://www.daily.co.jp/general/2018/09/21/0011660741.shtml

    no title

    【17歳美少女柔道家ビロディドが快挙、谷亮子抜いて史上最年少V (画像あり)】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/08/27(月) 05:03:34.32 _USER9
    内柴正人が刑期を終えて再婚していた! お相手はまさかの“元教え子”

    「昨年末に出所して以来、柔術家として活動していた内柴さんですが、8月から中央アジアのキルギスで柔道男子チームの総監督に就任したと発表されました。事件以来、5年5ヶ月ぶりの柔道界復帰に注目が集まっていますよ」(スポーツ紙記者)

     '04年のアテネ、'08年の北京と2大会連続で金メダルを獲得した柔道界のスーパースターであった内柴正人。現役を引退した'10年からは地元・熊本にある九州看護福祉大の女子柔道部のコーチ(のちに客員教授)に就任したのだがーー。

    「'11年の合宿中に教え子だった10代の部員に多量の酒を飲ませ、性的暴行をしたとして、準強姦罪の容疑で逮捕されました。“あくまで合意の上だった”と裁判で主張し続けましたが、最高裁まで争いましたが5年の実刑判決が確定しました」(前出・スポーツ紙記者)

     この一件で、紫綬褒章や熊本県民栄誉賞特別賞など、これまで受けてきた数々の栄典は剥奪(はくだつ)、全日本柔道連盟から永久追放の処分も受けることに。

    「元柔道家の女性と'02年に結婚、ふたりのお子さんと一緒に熊本に移り住んでから1年も経たないうちに逮捕され、離婚に至りました。いつか道場を建てたいと自宅の裏にあった土地も購入していたそうなのですが、夢に終わってしまいましたね」(近所の住人)

     そんな転落人生を辿った内柴を支え、出所後の道しるべを示したのが、神奈川県にある柔術道場『ALAVANCA』の代表・山田重孝氏だという。

    「それまで面識はなかったそうなのですが、服役中に月に1度のペースで面会し、柔術を勧めたといいます。柔道界を追放されていた彼にとっては、まさに救い。仮保釈後は、熊本で働きながら神奈川の道場に通っていましたね」(道場関係者)

     人生は何が起こるかわからない。

     道場に通う練習生の知人にキルギスの元柔道家がいたという縁で、監督業のオファーがきたのだという。山田氏に話を聞いてみると、

    「キルギスに一緒に行き、柔道の練習に参加する姿をみたら、この男はやっぱり柔道の世界に返すべきだなと思いました。それに加えて指導力もあるんですよ。本人もずっと柔道で生きてきたんで、そちらの方向に行かせたくなりましたね。本人も“腹を決めてキルギスに行きます”と言っていました」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00013152-jprime-ent

    no title

    【内柴正人が刑期を終えて再婚していた! お相手はまさかの“元教え子” 】の続きを読む

    このページのトップヘ