タグ:松本人志

    1: Egg ★ 2018/01/07(日) 13:31:33.51 _USER9
    ダウンタウン・松本人志が7日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、国際政治・比較政治研究者の三浦瑠麗氏について「ハイヒールで踏まれたい」などと、M発言を連発した。

    この日は新年1回目の放送とあって、松本、タレント・東野幸治、フジテレビ・山崎夕貴アナウンサーによるオープニングトークで、2017年の初登場コメンテーター一覧表を掲示。
    三浦氏は4月16日放送分での初登場ながら7回も出演し、2位のモーリー・ロバートソン氏に3回差をつけている。

    東野は「なんとなく三浦瑠麗さんと松本さんの、SとMの関係というか、オトナの男女の関係のような」と2人の関係を表現し、松本も「俺の中で『瑠麗サマ』って呼んでいるんですよね」と同意。

    東野が「三浦瑠麗さんが肘つきながら、『うん、何が言ってほしいの?』みたいなことを言うて。アレはどうなんですか、山崎さんからみて、そんなふうにいじられてる松本さんは新鮮なんですか」と振ると、
    山崎アナは「新鮮というかちょっと恥ずかしい…もうちょっとビシッとしていてほしい。もうちょっと男らしくがガンと構えていてほしいです」と苦言を呈した。

    それでも松本は「でも俺、すげえああいうところあるのよね、実はね」と意に介さず。その後も漫才コンビ・ハイヒールの話題になると「三浦瑠麗さんのハイヒールで踏まれたいかな~」と口走っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000058-dal-ent

    no title

    【松本人志が仰天告白!「三浦瑠麗さんのハイヒールで踏まれたい」 】の続きを読む

    1: 胸のときめき ★ 2018/01/03(水) 20:34:01.03 _USER9
    バラエティ番組やドラマでの過激な演出に、クレームがきたりネット上で炎上したりする現代。テレビ業界はこの流れに強く影響されていて、演出を抑え気味にする傾向があることから「昔に比べてテレビが面白くなくなった」といった声が多く上がることに。しかし不満を抱いているのは視聴者だけではない。衰退するテレビ業界を嘆く芸能人も後を断たない。

     2017年11月5日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志は、同局のバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了するという報道を受け、「クレームなどのリスクを考えると、今後はバラエティ番組は衰退していくのかな」と持論を展開。翌6日には自身のツイッターを更新し、「バラエティはいよいよ大変だ」と嘆き、大きな話題を集めた。

     そして昨年7月、小栗旬は『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際に、「ホントにテレビやばいじゃないですか」「僕はテレビドラマ大好きですし、絶対にやり続けていきたいです。だけど本当に面白くなくなっていて、やっちゃいけないことも多すぎる。しかも最近はお金がないからできないというのも」と不満をぶちまけた。

     しかし「テレビがこのまま面白くなくなるのは嫌」と語り、映画や舞台だけをやる道に進むことを否定。これに対し松本人志は“好きにやって良い”“視聴率のことは言わない”という枠を設けなければ面白いものは作れない、と同調していた。

    1509519604630688

    https://taishu.jp/detail/30170/

    【松本人志、小栗旬、関根勤 人気芸能人たちが嘆いた「テレビの衰退」 】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/01(月) 13:56:24.367
    松本人志@matsu_bouzu
    すいません、こんな身体になってしまいました、、、今年もよろしくお願いします。

    no title

    【松本人志「すいません、こんな身体になってしまいました」(画像)】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/19(火) 03:45:20.46 _USER9
    脳科学者の茂木健一郎氏(55)が、安倍晋三首相と会食したダウンタウンの松本人志(54)を批判したと受け取られた自身の発言について真意を説明した。

     茂木氏は今年3月に「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」と批判して物議をかもしたが、17日に放送されたフジテレビ系「THE MANZAI」で政治や社会問題を風刺したネタを披露したウーマンラッシュアワーを称賛するとともに、「別に、コメディーとしては当たり前だと思うんだけど、それくらいのことが流せないで、地上波テレビにかかわっている人は、何がやりがいだと思っているんだろうかと思う。
    忖度(そんたく)よりも勇気を。 もうそろそろ、先に行きませんか」と、権力に忖度するメディアを再びチクリと刺した。

     さらに茂木氏は「時の首相と食事をしてよろこんでいるようなお笑い芸人や、コメンテーターは、別にいてもいいけど、文化にはあまり貢献しないと思う。そういう人たちは、忖度のエンジェルに過ぎないから。
    それは、公共の電波でやるコメディーではありません」とツイート。さらにその後も「新聞のラテ欄を見ると、今日もまた、NHKから民放まで、ゴールデンは芸人やタレントのなれあい、内輪受けの番組ばかり。
    誰が、こういうのを見ると思っているんだろう」と疑問を呈し、「YouTubeで、お気に入り動画探して見ていた方がマシでしょ。もうそろそろ変わろうよ、日本の地上波テレビ」と続けた。

     茂木氏の発言は、安倍首相と会食した松本らを批判したと一部で受け取られたが、18日にツイッターで「ぼくのツイートは、松本人志さんや、古市憲寿さんを批判しているわけではありません。むしろ、エールです。
    私の批判は、常にシステムや、マインドセット、思想に向けられていて、ひとりの人間という存在に対しては常にあたたかい気持ちしかありません。それが安倍さんでも、トランプさんでも」と真意を説明。「安倍さんとの会食こと自体がどうこうというわけではないです。むしろ、番組の表現と一体となって、ある印象を与えていることが残念です。安倍さんというひとりの人間に対するあたたかい視線を保ちつつ、その政策や思想については、批判的ユーモアを向けること、いわゆるローストができたらいいのに」と思いをつづった。

    20171218-00080487-nksports-000-view

    日刊スポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00080487-nksports-ent


    【茂木健一郎が「松本人志批判発言」について釈明】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/15(金) 23:59:46.47 _USER9
    安倍晋三首相は15日夜、東京都内の焼き肉店で、お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志さんやアイドルグループ、HKT48の指原莉乃さんらと会食した。

     首相は昨年、松本さんが出演するフジテレビのバラエティー番組「ワイドナショー」にスペシャルゲストとして出演していた。

    b8984c0c-s

    時事通信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000141-jij-pol

    【安倍首相 松本人志さん、指原莉乃さんらと会食 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/10(日) 10:29:49.97 _USER9
    ダウンタウンの松本人志(54)が10日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。来年3月での終了を発表した同局「とんねるずのみなさんのおかげでした」について言及した。

     松本は相次ぐ人気番組の終了に「バラエティ終わるときってネガティブになるよね」と首を傾げながら、「30年ですか…。『お疲れ様でした』ってポジティブにとらえたいな、と思っていますけどね」と私見を述べた。

     共演陣に3月終了までに同番組へゲスト出演することを勧められると「僕は良いんですけど、浜田さんが…。『人の番組出ず嫌い王』やから」と笑わせ、とんねるずとの不仲説について問われると「そんなことは絶対にない。先輩やからね。(仲が)悪いというか、番組に呼んでくれたらいつでも行きますよ。ただ浜田がね…」と再び相方の名前を挙げた。

     スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000095-spnannex-ent

    no title

    【松本人志 とんねるずとの不仲説を一蹴も共演NG?「浜田さんが…」 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2017/12/03(日) 11:25:19.22 _USER9
    松本人志「僕は日馬の味方」

    ダウンタウンの松本人志(54)が3日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。
    平幕・貴ノ岩(27=貴乃花部屋)に対して暴行事件を起こし、引退した大相撲の元横綱・日馬富士(33)について言及した。

    松本は「(日馬富士は)引退する必要はなかった」と強調。

    「なぜ相撲協会は受理したのか。(日馬富士の暴力の)根底にあるのは正義感だったと思う。
    酒の場でやり過ぎたのはあるが、相手は一般人ではない」と持論を語り、「(相撲界は)人を張り倒し、投げ倒す世界で、土俵以外のところで暴力を一切ダメというのは無理がある。だったら稽古どうやってつけるんだろう。
    稽古と体罰はグレーなところ。それで強くなる力士もいる。僕は日馬富士の味方」と続けた。

    さらに、騒動が大きくなった背景にはモンゴル人力士が注目されすぎていることを挙げ
    「身も蓋もないが、日本人力士がもっと強くなればいい。相撲協会もふんどしつかまれて、あたふたしているのが情けない」と嘆いた。

    20171203s00041000186000p_view

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/03/kiji/20171203s00041000191000c.html

    【松本人志 「(暴力)の根底にあるのは正義感」 「土俵以外で暴力を一切ダメというのは無理がある」 】の続きを読む

    このページのトップヘ