中二病速報

    タグ:松坂大輔

    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/17(月) 22:31:35.58
    ◆ 松坂大輔「年内離婚」か……浪費妻がボストンで「教育費払えない」と悲鳴!?

     中日ドラゴンズ・松坂大輔投手と元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんが年内に離婚するのではないかと話題だ。

     16日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』では、ビートたけしの熟年離婚を予言していた記者による、新たな極秘スクープを紹介。それによれば、長らく別居していた“元人気女子アナ”と“プロ野球選手”の夫婦が離婚危機だという。

     「ネット上では、長らく別居している松坂夫妻のことと見る向きが圧倒的。倫世夫人は、松坂がレッドソックスでのメジャー生活を終えても、全米屈指の学術都市であるボストンに居残り、3人の子どもに英才教育を受けさせている。
     年間数千万円に上る学費や習い事のほか、ブランド品に囲まれたセレブ生活を送っていると言われており、松坂の年俸が1,500万円まで下がった昨年には、野球ファンから『子どもの教育費、払えるのか?』と心配する声が相次ぎました」(記者)

     今年は、推定年俸8,000万円と、昨年に比べれば大幅アップした松坂だが、先月には練習の“サボり”が発覚。これを報じた「フライデー」(講談社)は、負傷した右肩のリハビリを理由に練習を休んでいた松坂が、練習日に日本テレビ・上重聡アナウンサーらとゴルフを楽しむ様子を掲載。これを受け、中日球団は松坂にペナルティーを与えたと発表した。

    「ネガティブな報道が続く松坂を、『子どものためにならない』と倫世夫人が見限った可能性はありそう。それでなくても、近年は帰国して夫の体調管理をしない倫世さんへの風当たりは強いですから……」(同)

     野球ファンから「ダメ妻」「わがまま」などと批判されてきた倫世夫人。単身赴任で復活をかける松坂に、三行半を突きつけてしまうのだろうか?

    エンタMEGA
    https://entamega.com/18899
    no title

    【松坂大輔「年内離婚」か 浪費妻がボストンで「教育費払えない」と悲鳴!?】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/17(金) 21:46:37.42
     右肩を痛めてリハビリ中の中日・松坂大輔投手(38)が今月の二軍練習日にもかかわらず、ゴルフを行っていたことで、球団からペナルティーを受けたことが16日に分かった。すでに14日に球団に報告と謝罪を済ませたという。松坂本人の自覚が足りなかったことが一番の問題なのは間違いないが、球団内ではゴルフの同伴者だった日本テレビ・上重聡アナウンサー(39)に対して不快感を募らせている。

     2月のキャンプ序盤にファンとの接触で痛めた右肩は回復に向かい、14日には負傷後初めて捕手を座らせてのブルペン投球練習を再開するなど順調にステップを踏んでいたはずの松坂。ところが、好事魔多しだ。

     17日発売の写真週刊誌「フライデー」に、千葉県内のゴルフ場で高校球児の時から旧知の仲である上重アナウンサーらとプレーしている様子などを撮影され「ファンの心配をよそに、よりによってゴルフとは」「リハビリ中にゴルフ満喫」の見出しで掲載された。

     球団はシーズン中でも休日のゴルフは禁止していないが、その日は二軍練習日だったという。そもそも関東地方でリハビリ治療したいとの松坂の申し出により、球団は名古屋を離れることを許可していた中でのゴルフだった。

     加藤宏幸球団代表は「彼(松坂)から『フライデーから取材を受けました』と電話で14日に報告を受けた。事情を聴いて、こちらとしては練習日にゴルフをやるのはいけませんね、と。口頭で注意した上で、チームの規律違反に当たるし、他のみんなの手前もあるのでペナルティーを科した」と説明した。

     ペナルティーの内容について球団は明かさなかったが、この処分を松坂も了承。「自覚が足りませんでした」「申し訳ありませんでした」と平謝りだったようで、電話を受けた加藤代表によれば「十分反省していた」という。

     シーズン中でも休日にやるゴルフについて、与田監督は「僕が過去にいた球団でも禁止というのはなかった。今は、やっている選手はいないかもしれないけど、どうしても昔からゴルフをやると遊んでいるように言われてしまう。それならテニスをやっていたらどうなのという話にもなる」と理解を示したものの、今回の松坂はリハビリ中の身で、あくまで練習日でのこと。それだけに指揮官は「リハビリを兼ねてトレーニングの一環としてゴルフをやるというのは今まで聞いたことがないね。試合にも出てないのにリハビリ中にやってていいのかと、一般常識的にも言われやすい」と指摘した。

     しかし、球団内からは松坂だけでなく、上重アナの行動を疑問視する声が噴出。1998年夏の甲子園で横浜の松坂とPL学園の上重アナは、それぞれエースとして、準々決勝で対決。延長17回の死闘は球史に残る名勝負として語り草となっている。

     そんな戦友同士ではあるが、球団関係者は「松坂の現況を考えたらゴルフに一緒に行った上重アナの無神経さにびっくりだよ。これがたとえ休日だったとしても、松坂がゴルフをやろうとしていたら、むしろ『やめておいた方がいいよ』と、旧知の間柄なんだから、止めるぐらいじゃないと。マスコミ側にいて、今の松坂とゴルフに行けば、大騒動になるということぐらい普通なら分かりそうなものなのに」と憤っている。

     上重アナといえば、2015年にスポンサー企業側から多額の利益供与を受けていたことが発覚して、当時の出演番組で謝罪する一幕があった。それだけに、別の球団関係者は「上重アナは利益供与を受けて、高級外車を乗り回しているとか、前にも騒動を起こしているし『またか』という感じ。本当に勘弁してほしい。松坂は、友人関係を考え直した方がいいかもしれない」と語気を強める。

     今回の松坂の“ゴルフ余波”は今後どんな影響を与えるのか…。

    11100181

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1396725/

    【松坂「練習日にゴルフ」同伴・上重アナの非常識 あきれる中日関係者「止めないと」 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/05/17(金) 11:40:12.16
     米大リーグ・カブスのダルビッシュ有が17日、ツイッターを更新し、中日の松坂大輔が練習日にゴルフをしていたとしてペナルティーが科されたという記事を添付し「膝とか腰のケガならわかるけど、肩だからゴルフぐらいいいんじゃない?リフレッシュにもなるし」と意見をつぶやいた。

     ダルビッシュは松坂へのペナルティーについて意見を求めてきた一般の人のコメントに答える形でツイッターを更新。日米の文化・社会の違いと指摘する声には「こっちの人は全然気にしないですよね。よっぽど影響が出るようなスポーツならまだしも、肩痛めててゴルフダメは無いと思います」と米国人の考え方を紹介。

     また、「もちろん嘘をついて治療に行かず、ゴルフならダメですが記事内では治療を受けてないとは書いてないです。治療の前後なら全く問題ないという認識です」と改めて自分の考えを記し「そもそも日本は怪我している期間の球団内外からの縛りがキツすぎます」とつぶやいた。

     またファンからの「日本では怪我を隠す球団もありますが、メジャーではそういったことはあるのですか?」という質問には「そこ自分も違和感あるんですよね。
    ファンに向けて細かい怪我の度合いは公表した方がいいと思います」と持論を展開していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000039-dal-spo  

    20190517-00000039-dal-000-view


    【ダルビッシュ、松坂のペナルティーに「肩だからゴルフぐらいいいんじゃない?」 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/05/16(木) 20:13:35.70 0
    中日の加藤宏幸球団代表は16日、右肩痛からの復帰を目指す松坂大輔投手が今月の練習日に千葉
    県内でゴルフをしたとして、ペナルティーを与えたことを明らかにした。本人から14日に報告と謝罪を受けたという。加藤代表は横浜スタジアムで「(処分の)中身は言えないが、本人は自覚が足りなかったと言っていたし反省していた」と話した。

     松坂はゴルフ中の様子を写真週刊誌「フライデー」に撮影され、記事が掲載される予定。

    spo1902170041-p1

    https://this.kiji.is/501705754819118177?c=39550187727945729

    【松坂大輔フライデーされるwww右肩痛なのに練習サボってゴルフwwww 】の続きを読む

    1: サソリ固め(dion軍)@\(^o^)/ 2016/03/03(木) 23:11:22.82 ●.net BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典
    松坂大輔 の今の投げ方がコレ 全盛期と大違いでワロタ

    画像

    無題

    https://youtu.be/WS-C6nyTSSM?t=42


    【松坂大輔の今の投げ方がコレ 全盛期と大違いでワロタ(動画)】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 06:27:05.12 ID:???*.net
    ソフトバンクの松坂大輔投手(34)が早ければ18日にも右肩の手術を受けることが17日、分かった。
    今季は序盤から右肩の痛みと不調を訴えて、リハビリを行っていたが、一進一退の状態が続き、ブルペン投球再開のメドも立たない状況だ。
    すでに今季中の復帰は厳しくなっており、来季に向けて完全復活を遂げるため、右肩にメスを入れることを決めた。

    松坂が、復活のために大きな決断を下した。春先から右肩の不調を訴え、これまで懸命に治療、リハビリを続けてきたが、状態が上向かず、近日中に手術に踏み切る。
    関係者によると、早ければきょう18日にも関東地方の病院で手術を受けるという。

    米大リーグ・メッツから今季、3年総額12億円で加入。DeNAとの争奪戦の末、9年ぶりの日本球界復帰にファンは沸いた。
    宮崎キャンプを経て、3月4日の阪神戦(甲子園)で実戦初登板。
    だが、同18日にインフルエンザに感染していたことが発覚。体調不良による戦線離脱は右肩にも影響を及ぼし、練習再開後の4月2日には右肩筋疲労で無期限ノースロー調整が決まった。

    5月20日のウエスタン・リーグのオリックス戦(高知)で実戦復帰したが、中3日で登板予定だった24日の同広島戦(大分)を、右肩の違和感のため登板直前に回避していた。

    それからは、リハビリ組で回復を待つ苦闘の日々。キャッチボールは行っていたが、状態は上がらず、ブルペンでの投球再開のメドすら立たなかった。
    この間、評判を聞きつけては福岡を離れ、都内を始め全国の病院や治療院に赴き、必死に快方への道を探ってきた。

    今季中の復帰は絶望となるが、このタイミングで手術に踏み切れば、来季の開幕までに復帰できる可能性はある。
    右肩関節唇の修復手術などを行うとみられ、一般的には全治6か月程度といわれている。
    手術後は、家族の住む米国でリハビリを行う方針だ。

    Rソックス時代の2011年6月に右肘靱帯(じんたい)修復手術を受け、12年6月にはレ軍で復帰を果たしている。
    昨年12月の入団会見で「期待されていることは感じますし、それに応えないといけない」と話していた松坂。
    今回の肩の手術も克服して、完全復活を目指す。

     ◆松坂 大輔(まつざか・だいすけ)1980年9月13日、東京都生まれ。34歳。横浜高の98年甲子園で史上5校目の春夏連覇を達成。
    同年ドラフト1位で西武入り。99年から3年連続最多勝。06年オフにポスティングシステムでRソックス入り。
    08年に日本投手最多の18勝をマーク。インディアンス傘下マイナーを経て、13年途中にメッツ入団。
    06、09年の第1、2回WBCでともにMVP。183センチ、93キロ、右投右打。

    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150817-OHT1T50255.html

    右肩を手術することが決まり、今季の登板が絶望的となった松坂
    画像
    b2adae3a

    【ソフトバンク松坂大輔、右肩手術!ブルペン投球再開メド立たず決断】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 07:58:48.06 ID:???*.net
    「年上の女房は金のわらじを履いてでも探せ」という言葉がある通り、「姉さん女房=あげまん」説は根強く、
    プロ野球界で名をあげた選手のなかにも、姉さん女房を持つ選手はとても多い。
    その一方、昨今は「巨乳妻と結婚すると成績を落とす」という説がささやかれている。
    やっかみという面も強いが…はたして実際にはどうなのか? 実例を検証してみたい。

    ●松坂大輔(福岡ソフトバンク)&柴田倫世夫妻
    9年ぶりの日本球界復帰で大きな注目を集める松坂大輔。2004年に元日本テレビアナウンサーの柴田倫世(推定Fカップ)と結婚した後、日本通算108勝という実績を引っさげて、2007年にボストン・レッドソックスに入団。
    いきなり15勝、18勝と“平成の怪物”ぶりを発揮した。ところが2009年以降は故障が相次ぎ、成績が下降。
    2012年には自由契約となり、クリーブランド・インディアンス、ニューヨーク・メッツと渡り歩く。
    今年福岡ソフトバンクに移籍したものの、右肩筋疲労の影響で二軍調整中。
    一軍登板のメドは立っていない(6月17日現在・以下同)。

    ●和田 毅(シカゴ・カブス)&仲根かすみ夫妻
    2005年に、人気グラビアアイドルだった仲根かすみ(推定Dカップ)を射止めた和田 毅は、福岡ソフトバンク在籍時の2003~11年は9年間で7度2ケタ勝利を挙げるなど活躍。
    しかし、2012年の渡米後は苦労が続いている。
    ボルチモア・オリオールズでは左ひじの故障などもあり、一度もメジャーに昇格できないまま自由契約に。
    シカゴ・カブスに加入した昨年7月には、メジャー挑戦3年目にして初勝利を挙げたが、今季は5試合に先発して0勝1敗の成績。不運な展開もあったが、勝ち星には見放されている。

    ●林 昌範(横浜DeNA)&亀井京子夫妻
    横浜DeNAでリリーフを務める林 昌範は、元テレビ東京アナウンサーの亀井京子(推定Fカップ)と2007年に挙式。
    当時は巨人に所属していたが、翌年に2対2の交換トレードで北海道日本ハムへ。
    登板数が46→36→5試合と減少すると2011年に戦力外通告を受け、2012年に横浜DeNAに入団した。今季は17試合の登板で防御率5.27と、苦しんでいる。

    ●城石憲之(元東京ヤクルトなど)&大橋未歩夫妻
    OBでは、亀井のテレ東時代の先輩に当たる大橋未歩アナ(推定Fカップ)と2007年に結婚した元東京ヤクルトの城石憲之(現北海道日本ハムコーチ)は、出場機会が81試合から41→1試合と減少。結婚から2年後にユニフォームを脱いだ。

    ●堂林翔太(広島)&枡田絵理奈夫妻
    TBSの枡田絵理奈アナ(推定Eカップ)と昨年12月に入籍したのが、将来の主軸として期待されてきた“鯉のプリンス”堂林翔太。
    入団3年目の2012年以降一軍に定着したものの、出場試合数は144→105→93試合と下降気味。
    今季はオープン戦から打撃不振で開幕は二軍スタート。4月5日に昇格するも、18試合で打率.208と結果を出せず、5月30日に登録抹消された。
    レギュラー獲得への道のりは、かなり険しそうだ。

    ●長野久義(巨人)&下平さやか夫妻
    今年3月にテレビ朝日の下平さやかアナ(推定Fカップ)との結婚を発表した巨人の長野久義は、昨年11月に右ひじと右ひざのダブル手術を受けた。
    開幕一軍にはなんとか間に合わせたものの、打撃の調子がなかなか上がってこない。
    スタメンを外れることも多く、打率は2割台前半と低迷。
    2010年のルーキーイヤーからレギュラーを張り、毎年3割前後の高打率を維持してきた選手としては、不本意な状況といえよう。

    松坂、和田は結婚後も2ケタ勝利を挙げるなど成績を残したが、「巨乳妻と結婚した選手たち」は確かに順風満帆とはいえないようだ。
    とはいえ、チーム状況により、これからの飛躍を期待されている選手も多数。
    特に結婚1年目の長野と堂林は、今シーズンの結果いかんで「巨乳妻=さげまん」説を一蹴できるはず。
    大きなお世話かもしれないが、今季の活躍に注目してみたい。

    画像 
    images

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150619-00000008-rnijugo-spo
    web R25 6月19日(金)7時16分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150619-00000008-rnijugo-spo.view-000
    人気女子アナと結婚した堂林翔太(広島)だったが、チームの不調と足並みをそろえるかのように、打撃不振に…。頑張れ、“鯉のプリンス”! 

    【【野球】球界「巨乳妻=さげまん説」を検証】の続きを読む

    このページのトップヘ