中二病速報

    タグ:東出昌大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/04/01(水) 04:27:40.67
     夫の俳優、東出昌大(32)が起こした不倫騒動で別居中の女優、杏(33)が離婚へ向けて弁護士を立てたことが31日、分かった。東出が先月17日の謝罪会見で、杏と不倫相手の女優、唐田えりか(22)のどちらが好きかを聞かれた際、杏と答えなかったことで決心がついたようだ。関係者によると、杏は完全に吹っ切れて周囲に明るく振る舞っているという。復縁を望む東出だが、離婚の意思を固めた妻の気持ちを覆すのは並大抵ではない。

     杏が離婚に向けて歩き出していた。関係者によると、東出の謝罪会見が行われた先月17日よりも前に弁護士を立てていた。きっかけは2月中旬のある出来事が引き金になった。

     杏が外出先から帰宅したとき、2度目の不倫発覚で1月上旬に家を飛び出し、別居中だった東出が家の中にいたという。杏は驚き、激しい口論に。結局、東出は自宅の鍵を杏に渡して家を出ることになった。

     この出来事の前までは、テレビ電話で子供たちの声を東出に聴かせていた杏だが、前触れもなく帰宅した夫に不信感が募り、冷静な会話はできないと判断。弁護士を立てるに至ったという。

     その数日後の2月18日、杏は別居後初となる公の場で「今後のことはゆっくりと考えていきたい。何かありましたら、ご報告させていただきます」と発言していた。

     さらに、約1カ月後の3月17日に開いた東出の謝罪会見が駄目を押したようだ。特に、杏と唐田のどちらが好きか質問が及んだ際、東出は数秒の沈黙後、杏とは答えず、「心の内をしゃべるのは妻を傷つけることになる」と発言。唐田に未練があるようにも受け取れた。

     東出の会見では、杏にとって事実と異なる発言が少なからずあったといい、「唐田と別れた」という言葉も信じられなくなったようだ。

     当初、杏は3人の子供のことを考えて、離婚を躊躇(ちゅうちょ)していたが、これらの出来事で完全に吹っ切れたようで、周囲にも明るく接している。14日に迎える34歳の誕生日も、新型コロナウイルス感染拡大防止を考えた上で、ささやかに誕生会を開くことを決めたという。

     一方の東出は弁護士を立てておらず、具体的な話し合いはこれから。よほどのことがない限り、離婚は加速しそうだ。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000506-sanspo-ent 

    20200401-00000506-sanspo-000-view

    【杏が離婚決意 別居中の東出昌大に不信感、子供のため躊躇も完全に吹っ切れた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/03/22(日) 14:55:36.55
    放送作家でコラムニストの山田美保子さん(62)が22日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。
    番組では、俳優、東出昌大(32)が不倫騒動に謝罪した会見を特集し、東出の不倫相手だった女優、唐田えりか(22)の近況を明かした。
    東出は17日にドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」のトークイベントで不倫騒動後初めて公の場に姿を見せた。
    トークイベント終了後に行われた会見で東出は報道陣に対応し、妻の女優、杏(33)に対して「一生消えない傷を負わせてしまった」と謝罪した。
    番組ではこのニュースを取り上げると、MCを務めるお笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(55)は「あの会見すごかったですね?」と現場に駆けつけた山田さんに感想を求めた。
    山田さんは「囲み、すごかったですね」と同調し、リポーターの「8人中7人がベテラン独身女性。相当怖かったです」と回顧。
    続けて「東出さんなんですけど5月1日に公開される映画が待っていて。ファンの方たちなんかはすごくそれを楽しみにしていて」と説明した。
    一方、唐田に関しては「消息不明でして。事務所の方も行方をつかめていない」と言うと、田中は「そう」を心配そうにつぶやいていた。

    https://www.sanspo.com/geino/news/20200322/geo20032213140013-n1.html 

    no title

    唐田えりか

    【東出と不倫の唐田えりかは「消息不明」山田美保子さんが明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/03/19(木) 22:53:24.27
    TOKYO MX「5時に夢中!」に出演。女優・杏(33)との離婚危機に直面している俳優の東出昌大(32)が17日、不倫騒動後初めて公の場に登場し、謝罪したことに言及。リポーターの質問攻めに。何度も沈黙した東出の“本音”を代弁した。

     岩井氏は番組で取り上げた結婚問題についての話題で「結婚ってね、そんなに大きな期待をするものじゃないと思うんですよ」とコメント。「ネガティブな方が…うまくいかないかもしれないけど、ネガティブさで臨むと、ちょっとしたことで喜びを感じたり、すごく成功したような気持ちになりますから。大きな夢って罪ですよね」と持論を展開した。

     それから「これは言っていいのかな?ある俳優さんが、奥さん(杏)がいるのにかわいらしい若い愛人(唐田えりか)さんをつくっちゃって」と東出の不倫・別居問題に言及。「リポーターさんから『奥さんと彼女とどっちが好きですか』と聞かれて困っていたでしょう。わたし思うに、彼は愛人さんが好きで、大事なのは奥さん。好きな人と大事な人って違うんですよ」と解説した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00000047-tospoweb-ent 

    maxresdefault


    【東出昌大なぜ沈黙 岩井志麻子「彼は愛人さんが好きで、大事なのは奥さん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/03/18(水) 12:55:09.84
     キャスターの小倉智昭氏(72)が18日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に出演。女優唐田えりか(22)との不倫が原因で女優の杏(33)と別居中の俳優東出昌大(32)が17日に騒動を謝罪したことに言及した。

     報道陣に生対応した東出は冒頭に「カメラの前で私が何かを発言することによって、これ以上、妻を傷つけたくありません。ですので、お答えできることに限りがあると思います」と前置き。唐田と別れ、最近になって杏に直接謝罪したことを明かし、涙目で「一生消えない傷を負わせた」と反省の言葉を並べた。
    「杏が好きなのか?唐田が好きなのか?」との質問には、10秒ほど沈黙し「私の心の内をここでしゃべるのは妻を傷つけることになるので申し上げられない」と返した。1月22日の不倫発覚後、初の公の場だった。

     小倉氏は、同番組の平野早苗リポーターに「“杏が好きなのか?唐田が好きなのか?という”早苗ちゃんのインタビューは芸能史上に残ります」とコメントした。

     これに対し、平野リポーターは「これはたぶん“杏さんです”って言うだろうと私も思って聞いたんですよ。“杏さんです”って答えたら“じゃあなんでこうなっちゃったの”っていう感じと思ってたんですが、ちょっと意外なほどの沈黙があってのあの答えだったので、もしかして杏さんはあの答えをどういうふうに受け取っているのか、そのへんが心配になるかなってところもあった」と明かした。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-00000111-spnannex-ent 

    20200318-00000111-spnannex-000-view

    【小倉智昭 東出の不倫初ナマ謝罪“どちらが好き?”質問に「芸能史上に残ります」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/03/17(火) 15:40:46.32
    東出昌大、杏と唐田えりかのどちらが好きに答えず「妻を傷つける」 唐田との別離も報告

     女優・杏(33)の夫で、俳優の東出昌大(32)が17日、都内で行われた映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』(20日公開)の直前トークイベントに参加。女優・唐田えりか(22)との不倫や杏との別居を報じられて以来、初めて公の場に姿をみせ、イベント終了後には報道陣の取材にも応じ、一連の騒動を謝罪した。

     100人を超える報道陣を前に東出は「この度は、お仕事の関係者に多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした」と深々と一礼して謝罪。「最も謝罪しなければいけないのは、妻に対してだと思っています」と語り「毎日、妻に対して、子どもに対して申し訳ない気持ちがある。妻を傷つけてしまい申し訳ない」と心境を吐露した。

     リポーターから杏と唐田のどちらが好きか問われると13秒の沈黙。そして「申し訳ございませんが、お相手のこともあるので。また、私の心のうちを今、ここでしゃべることは、妻を傷つけることになると思いますので。申し訳ございませんが」と明確な答えは言わなかった。

     唐田と会わないと杏と約束したあとも関係を続けたという報道があった。これについては「自分のことしか考えていなかった」と認め、謝罪した。ただ、唐田と別れたのかについての質問には「はい」と短く別離したことを明かした。

     杏と東出はNHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』(2013年9月~14年3月)での共演を機に交際をスタートさせ、15年の元日に結婚。翌16年には双子の女児、17年には男児が誕生している。

     同作は1969年5月13日に東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家三島由紀夫と、東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島由紀夫の生き様を映したドキュメンタリー。高精細映像にリストアし、当時の関係者や現代の文学者、ジャーナリストなどの識者ほか、三島についての「生きた」証言を集め、1969年と約半世紀後の現代を結ぶ作品となっている。

     東出は三島が書き上げた日に生涯を閉じた“最後の”長編小説『豊饒の海』の舞台にも出演し、多くの三島作品を読破されていることから、製作陣よりナレーターにオファーされた。

     囲み取材前に行われたイベントで東出は「ナレーションを担当しました東出昌大と申します。本日はよろしくお願いします」と、少しかたい表情であいさつし深々と一礼。その後、豊島圭介監督の「東大で会ったのはアントニオ猪木だけ。『PKO反対』って。『元気ですか』とは言われなかった」というトークには笑い、時おり笑顔も見せる和やかなムードでイベントは進行した。

    https://www.oricon.co.jp/news/2157670/amp/

    no title

    【東出昌大、杏と唐田えりかのどちらが好きに答えず「妻を傷つけることになると思いますので」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 牛丼 ★ 2020/03/10(火) 08:16:34.68
    東出昌大「不倫男」役で村上春樹原作の映画を降板していた

     国民的女優を見事射止めて築き上げた「よき夫、よきパパ」のイメージが瓦解して、はや1カ月半。不倫報道以降、俳優・東出昌大(32)を取り巻く状況は、いまだ好転の兆しが見えないままだ。

    「打ち切りとなったCMの違約金をどこまで払うか、事務所は弁護士を立てて協議中。本人が、億単位の負債を抱えるのは避けられない。

     また、彼を積極的に起用するテレビ局や映画会社はなく、とくに、現在出演中のドラマ『ケイジとケンジ』を放送しているテレビ朝日での番組出演は、当分厳しいだろう」(芸能関係者)

     多方面で不倫の余波が収まらず、一条の光も射さない “無間地獄” を彷徨いつづける東出だが、ここへきて新たな「降板劇」が発覚した。

    「製作発表はまだですが、じつは村上春樹の短編小説を原作とした映画の撮影が、この春に予定されているんです。その作品には、東出さんが重要な役柄で出演するはずでしたが、今回の騒動で降板となりました。なんと、“不倫する男” の役だったというんです」(映画製作会社関係者)

     この映画の製作会社は、2018年公開の映画『寝ても覚めても』と同じ会社。言うまでもなく同作は、東出が不倫相手の女優・唐田えりか(22)と共演した、因縁の映画である。

    「前作に続いて、東出さんをキャスティングしていたところに、『週刊文春』の報道が出たんです。さすがに『まずい』となって、製作サイドが東出さんの出演を、“なかったこと” にしたようです」(同前)

     東出は、どんな “不倫男” を演じる予定だったのか。

    「小説は、女優である妻と10年前に死に別れた俳優の視点で展開します。作中、主人公の妻と不倫していたひとりとして、若い俳優の男が登場するんですが、この男は妻子と別居していて、近々離婚するという設定。

     長身で二枚目だが、特段演技がうまいわけではない――。驚くほど、いまの東出さんを彷彿とさせる役なんです」(同前)

     なんとも皮肉な偶然――。

     降板劇について、所属事務所と製作会社は揃って、「そのような事実はございません」と、キャスティングの事実を否定したが……。事情を知る別の映画関係者からは、こんな証言も。

    「東出さんの出演が決まっていたのは事実ですが、正式に発表する前だったということで、『“降板” にはあたらない』というのが製作サイドの言い分なんでしょう。

     しかし、東京近郊でのロケが予定されていて、エキストラも手配済みだったにもかかわらず、撮影がまだおこなわれていないことが、代役などの調整で現場が混乱している証拠。

     最も懸念されるのが、原作の映像化権の有効期限です。一定期間内に撮影をおこなわないと、権利が切れてしまう契約なんです」

     まさに関係者一同、とんだとばっちりだ。当の東出本人の近況はというと……。

    「相変わらず週刊誌に追いかけ回されており、都内のホテルを転々としている。仕事の行き来以外は、ひきこもっているそうだ。騒動前と比べ、かなり痩せてしまった。

     本人は家庭に戻りたいが、妻の杏の怒りは収まらず、許してもらえない状況が続いている」(芸能事務所関係者)

     一方、杏は女性の同情を集めており、CM出演オファーも複数きているなど、経済的にも自立できるため、よけいに東出の立場はない。“夫役” の降板も近いか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200310-00010001-flash-ent 

    20200310-00010001-flash-000-view

    【【FLASH】「不倫男」役で村上春樹原作の映画を降板していた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2020/03/05(木) 10:22:43.77
    2月中旬の深夜、静まり返った都内の住宅街で、大きな“影”が揺れていた。黒っぽいニット帽とメガネ、そしてしっかりとマスクをつけた“完全防備”は、新型コロナウイルス対策だけが理由ではない。彼の場合は、顔を隠すという重要な意味がある。この姿は誰にも見られたくない──。“自宅”周辺を所在なげに歩く東出昌大(32才)の胸には、そんな思いがあったのかもしれない。

    「家をのぞき込んでいる人がいたから不審者かと思ったら、東出さんだったので驚きました。不倫騒動後はもちろん、今年に入ってから一切姿を見ていませんでしたから。東出さん、自宅に入れなかったんでしょうね。外から家をのぞいていたものの、しばらくしていなくなりました」(近隣住民)

    1月下旬、『週刊文春』に女優・唐田えりか(22才)との不倫を報じられて以降、東出の生活は一変した。

    「現在放送中の主演ドラマ『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)のインスタグラムでは、ほかの出演者の写真はアップされるのに、東出さんの写真はなし。CMも相次いで降板となり、クライアントから巨額の賠償請求を受けるという報道もあります。俳優生命が窮地なのは言うまでもありません」(テレビ局関係者)

     妻の杏(33才)は東出の不貞に傷つき、夫を自宅から追い出した。いまも東出はマンスリーマンションで生活しているという。

    「東出さんは直接会って謝りたいと訴えていたようですが、電話にも出てもらえず、LINEもブロックされたのでしょう。頼みの綱のメールにも、返信はほとんどないそうです」(芸能関係者)

     冒頭のシーンは、東出が妻子の住む家に“帰宅”したときの様子だった。連絡を拒否された彼がとった最後の手段が、“アポなし突撃”だったわけだが、家に入ることは叶わなかったようだ。

    「文春の報道後、杏さんはお子さんを連れて海外に“避難”していました。東出さんは帰国のタイミングを見計らって突撃したようです。彼は、ヨリを戻したいそうですが、それ以前に直接会って謝りたいと心から願っていました。しかし、杏さんには“突然来るのはルール違反”という思いがあるのか、家の中には入れなかったようです」(前出・芸能関係者)

     一方、杏は2月18日に文化庁主催のイベントに登場し、騒動について初めて言及。その際、左手薬指の指輪がなかったことから「離婚一直線」とも報じられたが…。

    「彼女はもともと公の場では指輪をしないことも多かった。指輪がないだけで、離婚を決断とは言えないでしょう」(広告代理店関係者)

     直接謝ることすらできない東出だが、間もなく話し合いの場が設けられるという。東出の知人が明かす。

    「『ケイジとケンジ』がクランクアップするので、やっと話し合いが始まるそうです。どんな方向に話がいくのかはわかりませんが、東出さんは相当な覚悟で臨むようです。謝罪や反省の姿勢を示すのは当然ですが、彼は私生活もあらためる必要がある。

     東出さんはお酒を飲むとわれを忘れてしまうときがあります。泥酔して見知らぬ女性をナンパしたり、前後不覚になって酔いつぶれることも…それが杏さんの悩みの種でもあったようです。自分を律することができない甘さが不倫につながったと指摘する人もいる。東出さんは“断酒”をして、頭を丸めて土下座するほどの気持ちだと思います」

     正々堂々と自宅に帰れる日が来るのだろうか。

    ※女性セブン2020年3月19日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20200305_1546414.html 

    an


    【【女性セブン】東出昌大、アポ無しで帰宅 杏が拒否して家には入れず】の続きを読む

    このページのトップヘ