中二病速報

    タグ:杉咲花

    1: ホイミン ★ 2018/06/13(水) 02:01:00.10 _USER9
    ジャニーズタレントの共演者はとかくヤキモチを焼かれがち。放送中のドラマ「花のち晴れ」(TBS系)では5月23日にCDデビューしたばかりのKing& Princeでセンターを務める平野紫耀演じる神楽木晴(ハルト)にグイグイ迫る令嬢モデル・西留めぐみを演じる飯豊まりえもそんなヤキモチを焼かれている真っ最中だ。
    この飯豊に対する風当たりはヤキモチどころではなく視聴率の低下やヒロイン・江戸川音を演じる杉咲花へのブーイングにまで影響を及ぼしているらしい。

    「飯豊は“なりたい顔ナンバーワン人気モデル”の女子高校生を演じているのですが、その設定に無理がありすぎると批判されているのです。ネット上では『愛莉役の今田美桜のほうがまだ納得できる設定』『中条あやみレベルの顔面でなければこの設定はムリ』『カバみたいな表情の顔に誰もなりたくない』『ブサイクすぎ』といった辛辣な声が続出していますからね。

    画像杉咲花(アサ芸ソースのまま)
    no title

    https://www.asagei.com/excerpt/106167

    【「花のち晴れ」飯豊まりえの“美人設定”に大ブーイング 】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 14:31:13.78 _USER9
     元SMAPの木村拓哉さん(44)が「第70回カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットで見せた振る舞いが、国内のインターネット上で「ドン引き」などと不興をかっている。

    問題視されたのは、木村さんが女優の杉咲花さん(19)を「エスコート」せずに、ポケットに手を突っ込みながら階段を先にのぼっていく姿だ。この日の杉崎さんは着物姿。両手で着物の裾をつまみ、いかにも歩き辛そうな様子だったが......。

    約13年ぶり2度目のカンヌ

    木村さんは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)がアウト・オブ・コンペティション部門に選出されたことで、約13年ぶりにカンヌ映画祭に参加。現地2017年5月18日夜には、自身2度目となるレッドカーペットイベントに臨んだ。

    日本から駆け付けたファンも多く、黄色い歓声が飛び交う中でレッドカーペットに登場した木村さん。オールバックの髪型にタキシード、黒い蝶ネクタイといったフォーマルな格好で、にこやかな表情でファンの声援に応えていた。

    この日、木村さんと一緒に参加したのは三池監督と、作品のヒロインを務めた杉咲さん。3人はメディアのインタビューや写真撮影に応じながら、赤じゅうたんが敷かれた会場を進んでいった。

    「事件」が起きたのは、3人の歩みが階段に差し掛かった場面だった。着物姿の杉咲さんが足のすそを両手でつまみ、歩き辛そうに一段一段ゆっくりと階段をのぼる中で、木村さんがスタスタと先へ進んでいったのだ。

    結局、木村さんは三池監督と雑談を交わしながら、杉咲さんの方を一度も振り返ることなく全24段の階段をのぼり切った。ちなみにその間、木村さんは左手をズボンのポケットに突っ込んだまま。さらには、杉咲さんが2人に追いつくため、少し焦った様子で足を進める場面もあった。

    「流石のキムタクも緊張してしまった」?

    こうした木村さんの振る舞いに、カンヌ映画祭のYouTube中継を見ていた国内のネットユーザーからは批判的な声が相次いだ。ツイッターには、

    「ポケットに手を突っ込みエスコートもせず先を歩く。相変わらず自己中だな」
    「キムタクと監督のレディファーストをしない動作が凄く気になってしまった」
    「エスコートもせず女性放ったらかしでポケットに手突っ込んだままひとり飄々と階段登るキムタク、ダサさ極まってる」
    「いくら素敵な人でもドン引きする」
    といった書き込みが相次いでいる。

    ただ一方で、今回は木村さんが緊張していたためエスコートすることを忘れてしまったのではないか、などとして、

    「流石のキムタクも緊張してしまった模様」
    「カンヌはキムタクでもそんな風に舞い上がってしまう、すごい場所なんだな」
    と理解を示すような意見も出ていた。

    なお、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルでは20日11時時点で、「無限の住人」を含む8作品のレッドカーペットイベントの模様をおさめた動画が公開されている。J-CASTニュース編集部がその8本の動画を確認したところ、ドレスを着た女優に歩調を合わせず、男性陣がレッドカーペットが敷かれた階段を先にのぼっていったのは、今回の木村さんと三池監督だけだった。

    画像
    no title

    https://www.j-cast.com/2017/05/20298480.html?p=all


    【キムタク、着物女優をエスコートせず レッドカーペット階段「ひとり飄々と」】の続きを読む

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 08:26:21.89 _USER9.net
    木村拓哉主演・三池崇史監督作「無限の住人」の公開日が2017年4月29日に決定。
    あわせてヒロイン・浅野凜役を杉咲花が務めることがわかった。

    沙村広明の同名マンガを実写化した本作は、木村演じる不死身の肉体を持つ剣士・万次の戦いを描く時代劇エンタテインメント。杉咲演じる凜は、謎の剣客集団・ 逸刀流に両親を殺され、万次に用心棒を依頼するという役どころだ。

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主人公の妹・美子を演じたほか、宮沢りえと親子役で共演した「湯を沸かすほどの熱い愛」が現在公開中の杉咲。本作への出演について、「凜が背負っている覚悟をどう演じられるか不安でしたが、木村拓哉さん演じる万次を信じて、覚悟をもって演じました」とコメントを寄せた。またエグゼクティブプロデューサーの小岩井宏悦は 「杉咲花さんの出ている作品を何本も観て、その圧倒的な演技力と無垢なビジュアルに この子しかいない、と惚れこみました。凛の役をやった女優は、絶対注目されてトップクラスの 仲間入りをするはずなので、むしろ抜擢の方がおもしろいじゃないですか」と語っている。

    杉咲花 コメント

    浅野凜はすごく弱くて強い人。一人では何もできないけど、できるように頑張る負けず嫌いな 女の子です。凜が背負っている覚悟をどう演じられるか不安でしたが、木村拓哉さん演じる 万次を信じて、覚悟をもって演じました。今回はじめて三池組に参加させていただきましたが、みんながみんなを尊敬して、助け合いながら全力を尽くす居心地のいい現場で、スタッフの皆さんにも 負けられないと思いながら頑張りました。

    http://natalie.mu/eiga/news/207559
    画像 
    no title

    【木村拓哉×三池崇史 映画「無限の住人」、杉咲花がヒロイン浅野凜役に】の続きを読む

    ■デビュー10か月で大ブレイク!「ラッスンゴレライ」8.6秒バズーカー登場!
    ■年末年始テレビに引っ張りだこ!柔道・篠原信一なぜ人気?
    ■回鍋肉のCMで話題!女優・杉咲花…予想を超える逸材!

    【MC】ネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアル
    【ゲスト】8.6秒バズーカー、篠原信一、杉咲花

    【放送時間】22:00~23:00

    http://www.ntv.co.jp/007/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「しゃべくり007」 杉咲花が放送事故レベル www(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ