中二病速報

    タグ:木梨憲武

    1: ストラト ★ 2018/10/13(土) 12:41:28.64 _USER9
    お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武(56)が13日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「土曜朝6時 木梨の会。」(土曜前6・00)に出演。
    相方・石橋貴明(56)とライブ計画について話し合っていることを明かした。

    これまで、ソロライブは開催している木梨。
    「石橋貴明さんとも話して、まぁ何かやろうって言ったら、ライブやろうかなって。とんねるずモノのライブも、もしかしたらこの先、あるかもしれないっていうのも、ちょっと企んでますんで」とイベント企画が進行中であることをにおわせた。

    「多分、デッカイね。東京ドームクラスやっちゃうから。客が1500人ぐらいしか来なくても、まぁやってみようかなって」と集客人数は問わず、大規模に行うとも。
    「とんねるずモノだったら、武道館クラスがなんかね。曲はいっぱいあるから。何かやってみたいなって思ってます」。
    木梨の構想にSNS上ではファンから「ぜひ実現させてほしい」「楽しみでならない」「その前にフェスにも出て」など期待の声が多く集まった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000086-spnannex-ent

    木梨憲武
    no title

    【木梨憲武「とんねるずのライブ」石橋貴明と計画中「東京ドームクラスやっちゃうから」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/26(日) 11:25:06.54 _USER9
    30年近く放送を続けたフジテレビを代表する人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『みなさん』)はなぜ終わってしまったのか。

    その決定的な要因の1つは視聴率が下がってきたことだろう。
    『みなさん』が視聴者の支持を得られなくなってしまったのは、番組の中にある本質的な部分が飽きられ、時代遅れになってしまったからではないか。

    ここ数年、とんねるずはコンビとして『みなさん』以外のレギュラー番組を持っていなかった。とんねるずというタレントにとって、この番組こそが生命線だった。
    だからこそ、ここに懸ける彼らの意気込みも尋常なものではなかった。
    『みなさん』が多くの視聴者に飽きられてしまったのだとしたら、それはとんねるずという芸人が飽きられつつあるということを意味する。

    具体的に言うと、とんねるずの「パワハラ(パワー・ハラスメント)的な笑い」が今の時代に合わなくなっているのだ。

    ■とんねるずの笑いの原点は「素人芸」

    とんねるずの笑いの原点は「部室」にある。スポーツの名門である帝京高校の野球部とサッカー部の出身だった石橋貴明と木梨憲武は、
    高校生のころから、物まねやギャグで周囲にいる仲間を楽しませる明るいキャラクターの持ち主だった。

    デビューしてからの彼らは、なりふり構わない暴力的な芸風で話題になった。
    当時の若者に人気があった『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』(ともにフジテレビ系)などに出演した際には、
    一般人にも容赦なく暴言を吐いたり、スタジオの観覧席に飛び込んで乱闘を繰り広げたり、何をするかわからない、危なっかしい魅力を放っていた。

    彼らは、自分たちの芸は「素人芸」であると公言していた。普通の芸人は漫才やコントなどのネタを考えて、
    劇場でその芸を披露して腕を磨いていくものだが、とんねるずはそのようなプロの芸人の王道を行こうとはしなかった。
    あくまでも「目立ちたがり屋の素人がふざけているだけ」というスタンスを崩さなかった。
    その分だけ、彼らは自由奔放に振る舞うことができた。それが当時の若者にはたまらなく魅力的に見えた。

    特別な芸があるわけでもなく、顔がいいわけでもなく、歌やダンスがうまいわけでもない。
    何も持たないただの「素人」が、強がって共演者や観客に暴言を吐いたり、自由に暴れ回ったりする姿は、今よりずっとハードルが高かった芸能界では異彩を放っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180826-00234475-toyo-soci

    no title


    【とんねるずがここまで時代錯誤になったワケ】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/06/09(土) 23:52:53.80 _USER9
    6月5日発売の「サンデー毎日」が、バラエティ番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)の打ち切りに関する記事を報じた。同番組は放送開始以降、視聴率が低迷しているという。

    「記事によると、石橋は当初、木梨憲武に『一緒にやろう』と声をかけていたものの、乗り気ではなかったため、ミッツ・マングローブとMCをやることになったそうです。
    しかし視聴率は、2~3%と低迷し、石橋のギャラに見合った結果を残せていないことで、一部関係者の間では、10月の改編期での打ち切りが囁かれているとのこと」(テレビ誌記者)

    番組は“大人のノスタルジーを刺激する”というコンセプトのトーク番組だが、テーマによっては年齢層がさらに限られてしまうため、数字に結びついていないようだ。

    また石橋だけでなく、相方の木梨も窮地に立たされているという。

    「木梨は今年、映画『いぬやしき』で16年ぶりに主演を務めました。しかしフタを開けてみれば、興行収入ランキング初登場5位の大コケで、その後も数字は伸びていません。

    そのため、この状況に一部お笑いファンからは『このまま、とんねるずが消えてしまうのでは?』 『ノリさんは、表舞台から消えて芸術家の道に行くかもね』『テレビで見れなくなったら寂しい』と心配する声があがっています」(前出・テレビ誌記者)

    平成の終了と共に、とんねるずも消えることになってしまうのだろうか。 

    アサ芸プラス 
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_105941/

    no title

    【とんねるずが消える!?「たいむとんねる」打ち切り寸前&映画大コケで心配の声 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/04/20(金) 09:36:20.57 0
    とんねるず木梨がドリフいかりや長介のような演技派俳優として成功する可能性 

    ある?

    rmfig327-1

    【木梨憲武がいかりや長介のような演技派俳優として成功する可能性ある? 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/02/14(水) 05:31:50.65 _USER9
    ジジイ・木梨憲武VS高校生・佐藤健!新感覚の映像トリップ「いぬやしき」本予告披露

    [映画.com ニュース]奥浩哉氏の人気漫画を実写映画化する「いぬやしき」の本予告がこのほど完成し、あわせて人気ロックバンド「MAN WITH A MISSION」が主題歌を書き下ろしていることが発表された。木梨憲武演じる主人公・犬屋敷壱郎と、佐藤健扮する大量殺人鬼・獅子神皓が死闘を繰り広げるさまが、同バンドの新曲「Take Me Under」にのせて映し出されており、“新感覚の映像トリップ”を味わうことができる。

    奥氏の代表作「GANTZ」の実写映画化を手がけた佐藤信介監督のメガホンで映画化。「竜馬の妻とその夫と愛人」(2002)以来約16年ぶりに映画主演を果たす木梨と、自身初の悪役に挑む佐藤のほか、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、福崎那由他、濱田マリ、斉藤由貴、伊勢谷友介らが顔をそろえている。

    定年を目前に控えながらも、会社や家族から疎外される初老のサラリーマン・犬屋敷(木梨)は、医者から末期がんの余命宣告を受け途方に暮れる。ある夜、犬屋敷は謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わってしまう。そして同じ事故にあった高校生・獅子神も、犬屋敷と同じ力を手に入れていた。自分に背く人々を傷つけるため、その力を行使する獅子神。傷つけられた人たちを救うために、その力を使う犬屋敷。2人の男たちが、それぞれの思いを胸に激しく交錯していく。

    そして映像は、佐藤監督の面目躍如とも言える迫力のCGが連続。高層ビル群や都庁展望台など、東京・新宿の空を舞台にした“ジジイVS高校生”のドッグファイトや、上裸での肉弾戦などをとらえている。アニメ版「いぬやしき」でも主題歌を制作した同バンドのジャン・ケン・ジョニーは、「イチ早ク映画ヲ観マシタガ、原作ノエッジガ効イタ世界観ヲソノママニ、プラスシテ人間ドラマノ温モリトテーマノ重厚サヲ更ニ深ク感ジサセラレマシタ。演者ノストーリートキャラクターヘノ憑依度トイウノダロウカ、凄イノ一言。原作サナガラニコミカルナノニ不安ト哀シサモ滲マセツツ、心許ナクモ確固タル覚悟ト正義感ヲ持ッテ機械化シテ闘ウ木梨憲武さんハ必見デス。凄イ姿ニナリマスヨ。マヂデ。自分達ノ楽曲『Take Me Under』モダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ」(原文ママ)とコメントを寄せている。

    映画「いぬやしき」は、4月20日公開。

    「いぬやしき」予告 [東宝MOVIEチャンネル]
    https://www.youtube.com/watch?v=d5p-tktUUG0



    (C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社
    no title

    人気ロックバンド「MAN WITH A MISSION」
    no title

    http://eiga.com/news/20180214/1/

    【ジジイ・木梨憲武VS高校生・佐藤健!映画「いぬやしき」本予告披露 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/12/28(木) 10:23:35.60 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    26日放送のラジオ番組「のりたけやま」(TBSラジオ)で、とんねるずの木梨憲武が、実家の自転車屋を継ぐ意志があることを明かした。

    一夜限りの特別番組として、木梨とカンニング竹山がフリートークを展開した。その中で、木梨の父親が経営する自転車店
    「木梨サイクル」の話題になると、木梨は「親父も腰が曲がってヨレヨレしてるんでね、長男としては最終的に継がないといけないしね」と
    家業を継ぐつもりでいることを話した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14088422/

    no title

    【【木梨サイクル画像あり】木梨憲武が実家の自転車屋を継ぐと告白】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/05(金) 01:09:56.26 _USER9
     お笑いコンビおぎやはぎの小木博明が4日、フジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演し、石橋貴明との“不仲”について番組スタッフから聞かれ「向こうが失礼なことをする」と石橋を“向こう”と呼んで不快な表情を浮かべた。

     番組では「最近なぜか仲が悪い石橋と小木」とし、スタッフが小木を直撃。なぜ仲が悪いのかを尋ねた。

     小木は「仲悪いっていうか、向こうがすごい失礼なこと言ってくるじゃないですか」とぶ然として述べた。「ぼくは言い返しているだけ。悪いのは向こうですから。こっちは毎回初心というか、頑張ろうと思ってやってるのにすぐ失礼なことをしてくる」と、「すぐ」に力を込めた。

     石橋と木梨憲武のどちらが好きかと問われると小木は「ノリさんです」と即答。「失礼なことしないし、ノリさんは絶対」と重ねて石橋を批判した。

     スタッフが「貴明さんも悪い人じゃない。芸風ってのもある。仲良くしてほしい」と提案。小木は「僕は仲良くしたい。向こう次第です」と返した。スタッフが「仲直りしてほしいんで」と重ねて提案すると小木は「向こうにも言っておいてください。失礼なことするなって」と常に石橋を“向こう”と呼んだ。

    画像
    C-a9FsqU0AAk8f9

     デイリースポーツ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13021965/

    【おぎやはぎ小木 石橋貴明との不仲説に「向こうが悪い」「ノリさんのほうが好き」】の続きを読む

    このページのトップヘ