中二病速報

    タグ:木村拓哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/03(金) 01:09:27.48 _USER9
    「何をやってもキムタク」木村拓哉(49)が直面した“主役から降りられない問題”…復活のカギは竹野内豊にアリ?

    鳴り物入りで始まった木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系、木曜夜9時)の周辺が騒がしい。

    第3話、第4話の世帯視聴率が「一桁台に突入」と報じられると騒ぎに。
    予定より1話短く9話で打ち切りか、という記事が出たかと思えば、すぐに削除されるというドタバタ。

    情報は錯綜しました。結局、最終回の繰り上げ報道について「間違っています」とテレビ朝日会長が否定。
    とにかくザワついています。これも大物「キムタク」ゆえでしょうか。

    世帯視聴率だけ見ればたしかに、第2話10.5%から第3話9.9%、第4話9.6%と一桁台に。
    キムタク主演ドラマとしては初の試練でしたが、しかしその後また二桁台へと回復しています。

    そもそも、春のドラマが始まる当初。
    「キムタク主演のボクシング青春ドラマ」と聞いて、「ああ、またヒーローものね」と引いてしまった人も実は多かったのではないでしょうか? 

    何を隠そう私自身もそうした偏見と喰わず嫌いから、いったんは録画したまま放置していた一人です。

    しかし、「視聴率一桁台の屈辱も有り得るかもしれません」という芸能記者のコメントを目にした頃から、急に内容が気になり始めた。
    きちんと中身を見たくなった。そう、これも「キムタク効果」と言えるでしょう。

    低視聴率ながら伝わった「木村拓哉の役者魂」

    ドラマを見てみると……実に演技が細かい。
    目の動き、間合いの取り方、小さな動作。
    スリッパを引きずってみたり、ちょっと舌を出したり、人ってたしかにこんなしぐさをするよね、こんな風に話すよね、と独特の微細な表現がリアルで丁寧。

    やはり木村拓哉は演技巧者だと、素直に唸らされました。
    いやそれ以上に、ある意気込みが伝わってきたのです。

    木村さん自身が49歳という等身大の自分に向きあおうとしている。
    もはやスーパーな男になる時間は終わったことを自覚し、徹底的に今回のキャラクター造形に力を注いでいる。そのこだわりが随所に感じられる。

    そう、主人公・桐沢祥吾は格好良いヒーローではなくて、「ここまで腐っている人間は初めて」と木村さん自身が語るほど「落ちた人」です。

    高校時代はボクシング4冠の天才ボクサー。
    しかし、網膜剥離で引退を余儀なくされ、妻は病によって若くして逝去、何とか気を取り直して取り組んだ焼き鳥屋はコロナ禍で行き詰まりピザ配達のバイトで食いつないでいる。

    そこへ母校の高校ボクシング部コーチの話が舞い込んで、桐沢は生徒たちと向き合うことに……。

    「そういう人生だから、どうしようもない」「いつ死んでもいい」などネガティブな言葉を口走る木村さんから、新キャラクター作りの意気込みが伝わってきました。
    「疲労が残る」というセリフを意図的に口にしたりするのも、老いから逃げない表現かと。

    いやこのドラマ、主役だけではない。キャスティングも贅沢です。
    満島ひかり、安田顕、柄本明、村上虹郎、波瑠、市毛良枝、内田有紀、富田靖子……。

    中でも、満島ひかりさんがいい。
    木村さんにまったくひるまず対等に全力でぶつかっていくコメディエンヌぶりはイヤミがなく、時に彼を喰ってしまうほどの存在感もちらつかせる。
    それがまた木村さんを光らせる。

    img_e8e29f9cccd740c21cd81e27891fe571256963

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b58cfaa9f3973779bc89540be15bc702748dc659?page=1

    >>2以降に続く

    【「何をやってもキムタク」木村拓哉(49)が直面した“主役から降りられない問題”…復活のカギは竹野内豊にアリ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/05/29(日) 21:35:21.56 _USER9
    木村拓哉 撮影現場に大量マック差し入れ「yea!上げ上げです!」
     
     木村拓哉が29日、インスタグラムを更新。撮影現場に、自身が出演するマクドナルドのハンバーガーなどを大量に差し入れしたことを明かした。

     「yea!マックでテンション上げ上げです!今日の撮影もありがとうございましたぁ~!」と言葉を添え、スパチキ(スパイシーチキンバーガー)、えびフィレオ、チキンナゲットがずらりと並んだ写真を投稿。

     2枚目には、ボクシングのリングの外で、気合いを入れている木村らが写った写真が添えられた。テレビ朝日系で放送中の主演ドラマ「未来への10カウント」(木曜、後9・00)の現場とみられる。
    デイリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6178e7abb073d78ca80f285962ab617c6156a24
    https://www.instagram.com/p/CeI6j8irIrN/?igshid=YmMyMTA2M2Y= 

    no title

    no title

    【木村拓哉 撮影現場に大量マック差し入れ「yea!上げ上げです!」(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/05/25(水) 23:52:30.53 _USER9
    木村拓哉に連ドラ〝1話カット〟報道 テレビ朝日が完全否定する3つの理由

    木村拓哉(49)のテレビ朝日系ドラマ「未来への10カウント」(毎週木曜夜9時)が思わぬ騒動に巻き込まれた。視聴率不振のため当初予定されていた全10話を繰り上げ、9話を最終回にするという記事が一部ニュースサイトに出たのだ(削除済み)。
    これをテレ朝は全面否定。一体何があったのか――。

    「未来への――」は木村にとって、「BG~身辺警護人~第2章」(テレ朝系、2020年)以来、約2年ぶりとなる連ドラだ。
    それが放送短縮なら衝撃ニュースだったが、テレ朝宣伝部は「当該記事は間違っております。当初より全9話の予定で変更ありません」と完全に否定した。

    確かに〝平成の視聴率男〟と呼ばれる木村主演ドラマにしては、苦戦していると言っていいだろう。
    第3話(4月28日)、第4話(5月5日)と続けて世帯平均視聴率でひとケタとなってしまった。これは木村主演の連ドラ史上、初めての出来事だ。

    それでも低視聴率というのには無理がある。「キムタクドラマと考えれば少々、物足りないかもしれませんが、4月クールはどこも苦戦を強いられている。今クールでトップなのは二宮和也主演の『マイファミリー』で平均12%ちょっと。『未来への――』はそれに次ぐ2位です」(テレビ局関係者)

    今クールのドラマが軒並み低調な理由の一つとしてあげられるのが、コロナ禍による巣ごもり需要の低下だ。
    在宅率が下がっていることから、テレビ全体の視聴率も下落傾向にあるのだ。「未来への――」がひとケタとなった両話も、ゴールデンウィーク開始前日と真っ只中、と条件は悪かった。
    「GWが終わって視聴率も復調している。SNSには『おもしろくなってきた』というポジティブな声が多く、わざわざ1話減らすなんてことはない」(前同)

    テレ朝とジャニーズ事務所の関係性を見ても、繰り上げなんてことは考えられない。
    もともと両者はそこまで蜜月ではなかったが、木村がテレ朝開局55周年記念ドラマ「宮本武蔵」に出演したころから潮目は変わり、いまは緊密な関係を築いている。
    そんな状況下で〝キムタクにしては〟いつもより視聴率がちょっと悪いというだけで「テレ朝がジャニーズに繰り上げを切り出すことはない」(芸能関係者)

    テレビ局を取り巻く環境の変化も大きい。かつては視聴率至上主義がはびこっていたが、現在は全くそんなことはない。
    「日本のテレビ局も、ネットフリックスのように世界に配信して稼ぐということを視野に入れ、動いている。TBSの『日本沈没―希望のひと―』がネットフリックスで配信され大きな収益を上げたのはいい例。もちろんTVerなどの国内向け配信サービスの収益も無視できない。配信で稼げるコンテンツはバラエティーよりドラマ。だからこそドラマ枠は増えている。1話でも多い方がよく、そのコンテンツをむざむざ捨てるなんてことはない」(制作会社関係者)

    そもそも「未来への――」が放送されているテレ朝の「木10」枠は全8~9話が基本。
    想定外のことで話題になってしまった木村は、残り3話でさらに視聴率を上乗せして見返すことができるか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/182583933b0fd75f79c2130dd07cc4b9b9874b26

    【木村拓哉、連ドラ〝1話カット〟報道をテレビ朝日が完全否定「当初より全9話の予定」1話カットを報じた記事は削除】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/05/20(金) 06:09:30.05 _USER9
    木村拓哉の新ヘアーにオーダー殺到! 連ドラ苦戦も〝キムタク売れ〟健在

     俳優の木村拓哉(49)のヘアスタイルをマネしたいという男性が増えているという。

     主演ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)で、木村は生きる希望を失った高校ボクシング部のコーチを好演中だが、数字は苦戦している。平均世帯視聴率は、初回(11・8%)、第2話(10・5%)を記録したものの、第3話(9・9%)、第4話(9・6%)と人生初のひとケタ台に転落。第5話(10・6%)で何とか2ケタ台に戻した。

     ある芸能関係者は「今も撮影は続いていますが、ひとケタ台を出したからと言って、キムタクに落ち込んでいるそぶりはありません。むしろ、つき物が落ちたかのように晴れ晴れと撮影に臨んでいるそうです」。主演としては今が踏ん張りどころだろう。

     だが、数字的には微妙でも、木村の存在感は健在だという。

    「今回のキムタクはゆるめのパーマをかけた、ちょっと髪の毛の量が多めのヘアスタイルで臨んでいますが、この〝キムタクヘア〟にしてほしいという男性が美容院で増えているそうです。あまりキメすぎずに、自然な雰囲気がウケている」(同関係者)

     木村はこれまでさまざまなヘアスタイルでファンを魅了してきたが、今回もマネしたくなるほど似合っているということか。

    「過去にはキムタクがドラマで使った小物が売れるという〝キムタク売れ〟がありしました。それと同じような現象でしょう」(同関係者)

     ドラマはいよいよ終盤に突入。ヘアスタイルをマネする人が増えているように、数字も増やしたいものだ。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    main_sp

    東スポWeb
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3361e928f69729b86b8cae4e5531dbd0c4eafb5a 



    【木村拓哉の新ヘアーにオーダー殺到! 連ドラ苦戦も〝キムタク売れ〟健在】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/05/03(火) 05:52:11.74 _USER9
    キムタク主演ドラマ〝初の視聴率ひとケタ台〟の波紋「後輩のバーター出演難しくなる」の声

     とうとうキムタクが主演連ドラで、本人史上初となる視聴率ひとケタ台を記録した。

     俳優・木村拓哉(49)が主演を務めるテレビ朝日系連続ドラマ「未来への10カウント」(木曜午後9時~)の第3話が、4月28日に放送。平均世帯視聴率は9・9%だった。

     同ドラマでは、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、母校のボクシング部のコーチに就任。生きる希望や、熱い気持ちを取り戻していく姿を描く。

     初回は11・8%で好スタートを切ったが、第2話は10・5%と落ち込んでいた。第3話で0・6ポイントダウンし、ひとケタ台に陥落した。(個人視聴率は、5・5%)。

     同局の同枠で主演を務めるのは、2020年に放送された「BG~身辺警護人~」の第2章(全話平均視聴率=15・6%)以来、約2年ぶり。〝数字の取れる俳優〟として2ケタ台をキープしてきたが、今回は屈辱的な数字をマークしたことになる。

     ドラマ内で木村が就任したボクシング部の部長役は、King&Princeの高橋海人が務めている。

     芸能プロ関係者は「ジャニーズ事務所は、テレビ局側に対して、後輩タレントを抱き合わせで番組に出演させるのが得意。でもキムタクでも視聴率ひとケタ台となれば、バーター出演は今後難しくなってくるかもしれない」と話している。

     平成のドラマで、高視聴率を次々と記録したキムタクの伝説が、いま崩れつつある。

    (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b6c5cdc604980e1199f320a9b8b30650b0d147c

    main_sp


    【キムタク主演ドラマ〝初の視聴率ひとケタ台〟の波紋 「後輩のバーター出演難しくなる」の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/04/20(水) 23:24:21.92 _USER9
    木村拓哉『未来への10カウント』、2ケタ発進も「局関係者は青ざめている」ーーテレ朝「視聴率1ケタ台は許されない」と焦りの声

    4月14日、テレビ朝日系「木曜ドラマ」枠で木村拓哉主演の連続ドラマ『未来への10カウント』がスタートした。

    世帯平均視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、2ケタ発進を遂げたが、この結果に「局関係者は青ざめている」(スポーツ紙記者)という。

    同作は、木村演じる元アマチュアボクサー・桐沢祥吾(木村)と高校生たちの関わりを描く“青春スポーツ・エンターテインメント”。
    高校時代にボクシングで4冠を達成している桐沢は、大学2年の時にある理由でボクシングを断念し、その後はさまざまな不幸が続いて生きる気力を失ってしまった、というキャラクター。

    第1話は、そんな桐沢が母校・松葉台高校ボクシング部の臨時コーチとなるも、本気で指導する気のない様子にしびれを切らした部長の伊庭海斗(King&Prince・高橋海人)から公開スパーリングを申し込まれるという内容だった。

    「過去さまざまなドラマで主演経験を持つ木村は、同枠でも18年1月期に『BG~身辺警護人~』の主人公・島崎章役に起用され、初回15.7%、全話平均15.2%をマーク。20年6~7月にかけて放送された続編は、初回17.0%でスタートし、全話平均も15.6%と、前作を上回る好記録となりました。どれも15.0%は獲れてきたため、局は『未来への10カウント』の初回視聴率が11%台にとどまったことに動揺しているようです」(テレビ誌ライター)

    なお、同枠では前クールに嵐・松本潤主演の『となりのチカラ』を放送していたが、こちらは初回11.5%を記録した後、第2話で10.7%、第3話以降はしばらく8%台が続き、第6話で自己最低の7.9%までダウン。
    最終回も9.5%と、微妙な結果に終わってしまった。

    「連ドラの多くは第2話以降で視聴率が下がり、終盤にかけて盛り返していく傾向があります。評判のいい作品は中盤で数字が回復し、放送回を重ねるごとにぐんぐん伸びていきますが、テレ朝としては『未来への10カウント』の視聴率推移を悠長に見守っていられない状況。というのも、木村はこれまで主演してきた連ドラで視聴率1ケタ台を一度も出したことがないため、今作で初めて10%を下回ってしまえば一大事だからです」(前出・記者)

    しかし、テレ朝の「木曜ドラマ」枠といえば、これまで『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズや『緊急取調室』シリーズなど、安定して高視聴率を獲得する作品も多かった。
    だからこそ、木村の『BG~身辺警護人~』も成功していたのだろうが……。

    「テレ朝の連ドラは、他局と比べて“世帯視聴率”を重視する傾向があったのですが、近年は、13~49歳の視聴データである“コア視聴率”にも目を向けているとか。もしかすると、それが脚本選びに影響して、今年の『木曜ドラマ』枠は微妙な数字が続いているのかもしれません。とはいえ、やはり“木村の主演ドラマで1ケタ台は許されない”という意識は強いようで、局内では『なんとか右肩上がりにしなければまずい』と焦る声が出ているとか。ただ、木村本人は視聴率をさほど気にしていない様子で、とにかく『より良い作品にしよう』という姿勢で撮影に臨んでいるそうです」(同)

    第2話以降での“視聴率大幅アップ”に期待したいところだが、果たして……。

    ※木村拓哉主演ドラマの過去最低の視聴率は、2013年放送TBS連ドラ『安堂ロイド』の第9話で記録した10.3%
     
    catch-3

    https://www.cyzowoman.com/2022/04/post_384773_1.html

    【木村拓哉、初の視聴率1ケタの危機「局関係者は青ざめている」過去に一度も10%を下回ったことはなし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/04/15(金) 23:51:50.23 _USER9
    木村拓哉に「挫折した経験ある?」尋ねたら... 
    出てきた答えが「これぞキムタク」だと話題に

    俳優の木村拓哉さんが、2022年4月11日放送のバラエティー番組「帰れマンデー見っけ隊!! 」(テレビ朝日系)の人気コーナー「帰れま10」に出演。

    挫折した経験を尋ねられた際の回答が、視聴者の間で「木村拓哉すぎる」と話題になっている。

    ■共演者たちも思わず興奮「かっこいい!」

    木村さんは、主演を務めるドラマ「未来への10カウント」(14日スタート)で共演する俳優の満島ひかりさんと安田顕さんとともに登場。
    高級回転寿司店「廻転鮨 銀座おのでら」(東京都渋谷区)の上位人気メニュー10品を予想し、5回目の挑戦で悲願の初パーフェクト(10連続正解)を目指した。

    ドラマでは、高校時代に輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、今では完全に生きる希望を失ってしまったボクサーを演じる木村さん。

    そこで、番組側が事前のアンケートで「芸能界に入って挫折した経験を教えてください」と質問したところ、木村さんの回答は、

    「してらんね~!」というもの。

    まさかの答えに、満島さんは「なにこれカッコイイ!」と称賛し、MCを務めるお笑いコンビ「タカアンドトシ」トシさんも「見てください、この答え。書けますか、皆さんに!」と大興奮しつつ場を盛り上げる。

    「スターすぎて見てて気持ちいい」

    回答の理由について問われると、木村さんは「ポキッとなると、ポキッがボキッになりそうで...。挫折というか、しなるようにしてます」と説明。
    これには、トシさんも「なるほど。(折れても)戻って来られるように...」と納得した様子だった。

    こうした木村さんの回答に対し、視聴者からは

    「『してらんね~!』と返答する木村拓哉が木村拓哉すぎて... 木村くんの生き方大好きだなぁ... 付いてきて良かったと改めて感じるな...!」

    「木村拓哉 すげぇ スターすぎて見てて気持ちいいっ!」

    「拓哉君、かっこいい~~ 木村拓哉らしい答え」

    「キムタク過ぎて最高だな。 推してる推してないにかかわらず、見た人が『キムタクだな!』って、永遠に感じられるくらい、どこをとっても『根っから』キムタクでいてくれてる...って、もはや奇跡だと思うわ...」

    「この境地に至るまでどれ程の... 今笑いながら言ってる凄さ」

    「さすがやで...これぞ木村拓哉やで...」

    などと反響があがっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c7d07303b89e2e78fa0fdc4d9461769335d3c6a

    【木村拓哉に『挫折した経験ある?』と尋ねたら… 】の続きを読む

    このページのトップヘ