中二病速報

    タグ:木村拓哉

    1: muffin ★ 2019/12/08(日) 12:27:27.52
    俳優・木村拓哉が出演する動画配信サービス「GYAO!」の番組『木村さ~~ん!』第71回が8日、TOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(毎週日曜 前11:30~11:55)放送終了後の正午から配信された。

    今回は、木村が主演するフジテレビ開局60周年特別企画・スペシャルドラマ『教場』で共演している俳優の三浦翔平、女優の大島優子が登場。ロケバスの中で行き先が「餃子の王将」であることが告げられると、大島と三浦は「大好きです」と満面の笑みを浮かべ、木村も「行ったことなかったけど、行きたかったんだよね」と声を弾ませる。

    三浦が「まさか、木村さんと『餃子の王将』に来るとは」と感慨に浸る中、3人で餃子とビールを堪能。木村は「うまい。みんなが来るのがわかる。必要な場所にあるもんね。『教場』で王将に来る時は、風間(自身の役名)が払います」と笑顔で呼びかけていた。

    https://www.oricon.co.jp/news/2150499/full/ 

    no title

    【木村拓哉『餃子の王将』初体験「うまい。みんなが来るのがわかる」 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/11/01(金) 17:20:40.80 0
    木村拓哉と香取慎吾のアルバムリリース対決がえぐい 

    香取慎吾1月1日リリース
    BiSH、氣志團、KREVA、SALU、スチャダラパー参加

    2019110105-1

    木村拓哉1月8日リリース
    槇原敬之、稲葉浩志、森山直太朗、コーネリアス、いきものがかり参加

    kimuratakuya-640x450

    【木村拓哉と香取慎吾のアルバムリリース対決がえぐい 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/10/30(水) 05:05:02.67
     俳優の木村拓哉(46)が主演するフジテレビ開局60周年特別ドラマ「教場」のビジュアルが公開された。木村は警察学校の教官役で、役者人生では初となる白髪姿。生徒を徹底的に追い詰めて恐怖に陥れる。

     整えられた白髪に、色の入った眼鏡。手を組み正面を見据える表情の右側には影がかかる。そこには原作に基づき義眼がはめられているという。今回、木村は役作りのためスタッフやヘアメーク担当と何度も話し合いを重ねた。
    「撮影現場にこられた一般の方が“木村拓哉ってどこにいるの?”と言っている横に自分がいました。それくらい分からなかったんじゃないかなと思います」と自信をのぞかせている。ドラマは2020年1月4、5日の午後9時から。

    (おわり)

    スポニチアネックス 
    木村拓哉 役者人生で初の白髪姿に! フジ新春ドラマで警察学校の教官役 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000000-spnannex-ent 

    フジテレビ特別ドラマ「教場」で、キャリア初となる白髪姿で主演を演じる木村拓哉 
    no title


    【木村拓哉 役者人生で初の白髪姿に! フジ新春ドラマで警察学校の教官役 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/25(金) 22:28:10.99
    木村拓哉が10月24日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。
    この日は元バレーボール選手がゲスト出演したが、そこで木村が取った行動が視聴者の間で物議を醸している。

    木村は先週に引き続き、話題のドラマ『グランメゾン東京』(同系)で共演する沢村一樹とともにゲストとして登場。
    番組では、沢村が憧れる女性として、元バレー日本代表の〝さおりん〟こと木村沙織がゲスト出演。
    妻が178センチと高身長の沢村だが、身長184センチと大柄な沢村は高身長の女性を見上げた経験はないといい、ぜひ会ってみたかったという。

    「一緒に並びたかったの!」と興奮した様子の沢村は立ち上がり、自身より1センチ背が高いさおりんと横並びに。
    「(女性を)見上げるってことがないんで…うわ、ドキドキする!」「実物を見るともっときれい」と大喜び、さおりんは口元を押さえて恥ずかしがった。一方で、木村は自席に座ったまま、沢村の笑顔を見つめていた。

    2147082_201910230749569001571774410c

    1286958

    バレー選手の妹はエスコートも…

    さおりんは、木村の大ファンだという自身の妹をスタジオに呼んでいた。
    登場時から涙を流して大喜びしていた妹を見るなり木村は立ち上がり、妹のもとに駆け寄りエスコート。
    姉と比べてかなり身長が低く小柄な妹の手を腰に回し、スタジオまで誘導。
    木村自身が座っていた席に妹を座らせ、その隣に姉のさおりんを座らせた。

    この後、姉妹を交えて番組を進行。自身のファンに〝神対応〟を見せた木村だったが、視聴者はさおりんの登場時には立ち上がらなかったにもかかわらず、
    妹の登場時には立ち上がったことを疑問に思ったようだ。この行動について、

    《キムタクが絶対、木村沙織とは並んで立たない…》
    《キムタクなぜ一緒に並ばない!!》
    《キムタクは、エスコートするフリして、背の高い木村沙織を座らせるw》
    《キムタク身長差バレないように座ったままだったりカメラクレーンで上から撮って身長ばれないようにしてる》

    など、木村が身長を気にしたのではという憶測が飛び交っている。

    さおりんと同等に身長の高い沢村一樹と共演している時点で、特に問題ないような気もするが…。

    まいじつ
    http://dailynewsonline.jp/article/2052464/

    no title

    no title

    【木村拓哉が謎の行動!? バレーさおりんと共演も「並んで立たない…」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/10/19(土) 05:03:41.80
     俳優の木村拓哉(46)が18日放送のTBS系「ぴったんこカン・カン」(金曜・後7時)に出演。老眼の症状が出ていることを打ち明けた。

     番組では木村のほか、新ドラマ「グランメゾン東京」の共演者も出演。俳優の沢村一樹(52)が老眼で、女優の顔がよく見えないと悩みを打ち明けると、木村も「きてます」と老眼であることを告白した。

     「いつから?」と問われると「医療モノやってた時から」と2017年に老眼であることが分かったといい「最終回ずっと顕微鏡を覗いているシーンだったんですけど、そのシーンをずっと撮ってて、それが終わって、朝新聞読もうかなって思って、パッって広げた時に『何だこれ…ハァ?』って。そこで気がついた」と説明。

     「多分(ずっと顕微鏡を覗いてたので)筋肉が硬くなったんじゃないですか?」と分析した。

     経緯を聞いた沢村は「理由がカッコいい」と笑いを誘った。

    (おわり)

    キムタク、老眼を告白「何だこれ…ハァ?」 
    スポーツ報知 
    https://hochi.news/articles/20191018-OHT1T50210.html 
      
    20191018-OHT1I50142-L


    【キムタク、老眼を告白「何だこれ…ハァ?」 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/10/12(土) 18:04:47.22
    俳優の木村拓哉(46歳)が、10月11日に放送されたバラエティ番組「ぴったんこカン・カンスペシャル」(TBS系)に出演。「いきなり!ステーキ」について「たしかにスゴいよ、あれ」と賞賛した。

    連続ドラマ「グランメゾン東京」で共演する俳優の及川光博(49歳)が、「いきなり!ステーキに行ってみたい。行ったことが無いんですよ」とリクエスト。木村は「1度あります。たしかにスゴいよ、あれ」と、「いきなり!ステーキ」経験を語る。

    及川がどうスゴいのかたずねると、木村は「お蕎麦ではなくステーキを立って食べさせるという発想は新しい扉を開いたな、とは思った」と、衝撃を受けたと話した。

    https://www.narinari.com/Nd/20191056689.html 

    no title

    【キムタク、いきなり!ステーキは「スゴいよ、あれ」 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/10/10(木) 08:35:26.77
     舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

    「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

     演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。それを、堂々と演奏していたのは、木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。

     この日長女は、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場。フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。本選へ進めるのは、応募した66人中21人だけという難関だ。

    「このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門でもあります。第1回は1947年に開催された歴史あるコンクールで、毎日新聞社が主催していることから毎コンとも呼ばれます。この権威ある大会で入賞することは、大きな名誉です」(音楽関係者)

     今年の地区本選は北海道・東京・名古屋・大阪・北九州で行われ、地区本選を勝ち抜いたごくわずかな人だけが、11月下旬に横浜で開かれる全国大会に出場できる。

    「本選での課題曲には、音楽大学の学生でも弾きこなすのに苦労するような、さらに難易度の高い曲が指定されています。本選出場が決まった人は、今頃猛レッスン中でしょう。

     フルートは優雅なイメージがあるかもしれませんが、体力をとても必要とします。全国レベルとなると、食事を含めた生活面で、家族のしっかりしたサポートを受けている子ばかりです」(前出・音楽関係者)

     長女は、この地区予選に先立って行われた別のコンクールでもその実力を認められていた。8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いたのだ。

    「このコンクールは歴史は浅いですが、参加者は全国から集まっていてレベルが高い。さらにピアノや声楽などの全部門、幼児から社会人まで全年齢から決めるグランプリは『該当者なし』でしたが、準グランプリに木村さんの長女が選ばれています。実質、高校日本一といえます」(前出・音楽関係者)

    ※女性セブン2019年10月24日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000004-pseven-ent 

    20191010-00000004-pseven-000-view

    【【女性セブン】木村拓哉&工藤静香の長女、フルート高校実質日本一の腕前 】の続きを読む

    このページのトップヘ