タグ:木村拓哉

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 14:29:53.50 _USER9
    5月20日、21日の映画興行成績ランキングで、4月29日に公開された話題の映画「無限の住人」が、公開4週目にしてランキング圏外(11位以下)に沈んだことがわかった。
    カンヌ国際映画祭に招待され、公式上映後にスタンディングオベーションをもらっても、挽回することができなかったようだ。

    「そもそも、木村が宣伝のためにあれだけメディアに登場していたのは、裏を返せば製作側が作品に自信を持てなかったということなのかもしれません。
    そして、木村の出演過多で視聴者が“お腹いっぱい”になり、映画館に足を運ぶ気が失せた。カンヌでの評判についても、とにかく褒める記事ばかり見受けられました。
    現地では確かに好評だったようですが、スポーツ各紙の記者は配給会社からの招待ですから、お返しにヨイショするのは当たり前。話半分で読むべきでしょう」(週刊誌記者)

    一度下がった観客動員をV字回復させるのは至難の業。人気も話題性も十分の木村であったが、“無限の誘客”とはいかなかったようだ。

    a591bc16027412267df7c7efd5ba7042-591x381

    アサジョ
    http://dailynewsonline.jp/article/1313537/


    【キムタク「無限の住人」がついにランク外!カンヌのヨイショ記事も効かず】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 16:10:40.76 _USER9
    第70回カンヌ国際映画祭に参加した元SMAPの木村拓哉さん(44)が、レッドカーペットイベントの写真撮影で「つま先立ち」をしていた――。こんな内容の「デマ情報」がインターネット上で拡散され、それを信じるユーザーが続出する騒ぎになっている。

    デマの「発信源」とみられるのは、ネット掲示板「2ちゃんねる」に寄せられた書き込みだ。一体なぜ、たった一人のユーザーが寄せた投稿を、多くの人が信じてしまったのだろうか。その経緯をJ-CASTニュースが追うと......。

    「証拠」とされた画像

    木村さんは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)の入選で、約13年ぶりにカンヌ国際映画祭に参加。2017年5月19日(日本時間)には、共演した女優の杉咲花さん(19)と三池監督と共に、レッドカーペットイベントに臨んだ。

    今回の「つま先立ちデマ」が拡散され始めたのは、イベント2日後の21日昼頃のこと。ある「2ちゃんねる」ユーザーが、

    「キムタクがカンヌでも爪先立ちに必死で笑い者になる」
    と題したスレッドを立て、一枚の画像を「証拠」としてアップロードしたのだ。

    その画像は、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルが公開している動画の一部分を切り取ったもの。木村さんと三池監督、杉咲さんの3人がレッドカーペットの上で横に並び、メディアの写真撮影に応じる様子が写っている。

    確かに、この画像で木村さんの足元を見ると、両足のかかとを高く浮かせて、つま先だけで立っている。さらに、木村さんの後方に立っている女性は口に手を当てており、まるで笑いを堪えているようにも見える。

    こうした画像はネット上で大きな注目を集め、ツイッターやネット掲示板には、

    「何これ 足まで写ってると思わなかったんやろか」
    「カッコいいんだから堂々としてればいいのに」
    「身長にコンプレックス持ちすぎ」
    などと面白がったり、木村さんを批判したりする書き込みが数多く出ることになった。

    さらには、グーグルの検索欄に「キムタク」と入力すると、関連ワードの二番目には「つま先立ち」が表示される状況となっている(5月22日14時時点)。

    元の動画を確認すると...

    しかし、J-CASTニュース編集部が、今回拡散された画像の元になったYouTube動画を確認したところ、木村さんが「つま先立ち」をして写真撮影に応じる場面はなかった。

    実は、「つま先立ちをしている」として切り取られた画像は、木村さんがレッドカーペット上で披露した空手アクションの瞬間を写したものだったのだ。そのシーンを再現すると、次のようになる。

    木村さんはメディアの撮影に応じる中で、いきなり右手で正拳突きを繰り出した。その時、両足のかかとは一瞬だけ「ピッ」と浮いていた。木村さんは先に拳を引っ込めたため、ほんの一瞬ではあるが、つま先だけでまっすぐ立っている瞬間があった。

    つまり、今回の画像をアップロードしたユーザーは、このわずかな一瞬を切り取り、木村さんが「つま先立ち」をしているように誤解を誘う画像を作ったとみられる。実際、木村さんの後方に居た女性が笑っていたのも、動画を見る限り、空手のアクションに反応したからだと思われる。

    すでにこの画像が「作られたもの」だと気付いたネットユーザーも現れており、ツイッターやネット掲示板には、

    「こうやってデマって広がっていくのか」
    「(一瞬を)切り取って笑うとか人としてどうよ?」
    といった声も出ている。

    画像
    no title

    https://www.j-cast.com/2017/05/22298574.html?p=all 


    【キムタク、カンヌ写真撮影で「つま先立ち」「デマ情報」が急拡散したワケ】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 14:31:13.78 _USER9
     元SMAPの木村拓哉さん(44)が「第70回カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットで見せた振る舞いが、国内のインターネット上で「ドン引き」などと不興をかっている。

    問題視されたのは、木村さんが女優の杉咲花さん(19)を「エスコート」せずに、ポケットに手を突っ込みながら階段を先にのぼっていく姿だ。この日の杉崎さんは着物姿。両手で着物の裾をつまみ、いかにも歩き辛そうな様子だったが......。

    約13年ぶり2度目のカンヌ

    木村さんは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)がアウト・オブ・コンペティション部門に選出されたことで、約13年ぶりにカンヌ映画祭に参加。現地2017年5月18日夜には、自身2度目となるレッドカーペットイベントに臨んだ。

    日本から駆け付けたファンも多く、黄色い歓声が飛び交う中でレッドカーペットに登場した木村さん。オールバックの髪型にタキシード、黒い蝶ネクタイといったフォーマルな格好で、にこやかな表情でファンの声援に応えていた。

    この日、木村さんと一緒に参加したのは三池監督と、作品のヒロインを務めた杉咲さん。3人はメディアのインタビューや写真撮影に応じながら、赤じゅうたんが敷かれた会場を進んでいった。

    「事件」が起きたのは、3人の歩みが階段に差し掛かった場面だった。着物姿の杉咲さんが足のすそを両手でつまみ、歩き辛そうに一段一段ゆっくりと階段をのぼる中で、木村さんがスタスタと先へ進んでいったのだ。

    結局、木村さんは三池監督と雑談を交わしながら、杉咲さんの方を一度も振り返ることなく全24段の階段をのぼり切った。ちなみにその間、木村さんは左手をズボンのポケットに突っ込んだまま。さらには、杉咲さんが2人に追いつくため、少し焦った様子で足を進める場面もあった。

    「流石のキムタクも緊張してしまった」?

    こうした木村さんの振る舞いに、カンヌ映画祭のYouTube中継を見ていた国内のネットユーザーからは批判的な声が相次いだ。ツイッターには、

    「ポケットに手を突っ込みエスコートもせず先を歩く。相変わらず自己中だな」
    「キムタクと監督のレディファーストをしない動作が凄く気になってしまった」
    「エスコートもせず女性放ったらかしでポケットに手突っ込んだままひとり飄々と階段登るキムタク、ダサさ極まってる」
    「いくら素敵な人でもドン引きする」
    といった書き込みが相次いでいる。

    ただ一方で、今回は木村さんが緊張していたためエスコートすることを忘れてしまったのではないか、などとして、

    「流石のキムタクも緊張してしまった模様」
    「カンヌはキムタクでもそんな風に舞い上がってしまう、すごい場所なんだな」
    と理解を示すような意見も出ていた。

    なお、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルでは20日11時時点で、「無限の住人」を含む8作品のレッドカーペットイベントの模様をおさめた動画が公開されている。J-CASTニュース編集部がその8本の動画を確認したところ、ドレスを着た女優に歩調を合わせず、男性陣がレッドカーペットが敷かれた階段を先にのぼっていったのは、今回の木村さんと三池監督だけだった。

    画像
    no title

    https://www.j-cast.com/2017/05/20298480.html?p=all


    【キムタク、着物女優をエスコートせず レッドカーペット階段「ひとり飄々と」】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/19(金) 17:48:30.33 _USER9
    元SMAP・木村拓哉が、フランスで開催中の『第70回カンヌ国際映画祭』で「アウト・オブ・コンペティション部門」に選出された映画『無限の住人』の公式会見に登場したと各スポーツ紙が伝えている。
     
    木村がカンヌの地を踏むのは2004年公開の映画『2046』以来。会場では『無限の住人』が約5分間上映され、観客からは総立ちで拍手を受けたそうだ。多くのメディアがこの木村のカンヌ行きを取り上げて話題となっているが、一部ではそれ以上に注目されている点があるという。
    「海外の記者たちが撮影した木村の顔を目にしたネットユーザーから『シワシワだ』『老けている』と指摘されています。

    日本のwebメディアなどはジャニーズ事務所の規制が厳しいためか、木村の話題にも関わらず、ほぼ彼の写真を掲載していません。ですが、さすがのジャニーズ事務所も海外メディアまでには規制をすることは できなかったようで、珍しく撮って出しで修正もされていないと思われる、素の木村の姿が掲載されているようです」(芸能ライター)
     木村も今年で45歳になるため、寄る年波には勝てないのは当然だ。だが、あまり目にすることがない"ありのまま"の木村の写真に驚きを覚えた者も多かったようだ。
     そんな姿が掲載されているのを知ってか知らずか、木村は海外の記者からSMAP解散について「寂しくないの?」と問われても、「事実は事実。でも、そこをまた自分の中で引きずって
    居たら歩けなかったと思う」と心境を語るなど上機嫌だったようだ 。

    http://biz-journal.jp/gj/2017/05/post_3396.html
    画像
    no title

    【木村拓哉「無修正顔面」に驚愕!?】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:34:41.28 _USER9
    大爆死した木村拓哉の『A LIFE』、続編を計画中 次は医療ドラマではなく恋愛ドラマ(スレタイ)

    今年の1~3月期の連続ドラマで最も話題になった木村拓哉主演『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)に、続編が検討されているようだ。
    同ドラマの平均視聴率は14.5%。最近のドラマはふた桁以上の視聴率が合格ラインだとされている。
    だが、A LIFEの場合はこの基準が当てはまらないという。

    「木村は『SMAP』の解散問題直後で話題の人物だったし、TBSも宣伝費も莫大に掛けました。
    そのため、当初は視聴率20%以上を狙っていましたが、初回の視聴率が14.2%だったため、次第に目標を18%、16%、15%というように落としていったのです。
    しかし、15%もクリアできませんでした。失敗と言われてもしょうがない」(ドラマライター)

    しかも「内容も最低」との評価が多かった。
    木村は心臓外科の専門医を演じたが、元恋人役の竹内結子が患った脳腫瘍の手術を、専門外であるにもかかわらず担当していた。
    しかも、脳外科でもやれる人間がいないほどの危険な状態の患者に対して執刀したのだ。

    「多くの芸能ニュースが《心臓外科が脳外科手術をするのはおかしい》と報じました。
    一部撮影スタッフすら『何だよ、この内容は』と不満を漏らしていたのに、TBS幹部は『スリルがあっていい』といって押し切った。
    病院勤務の医師などからも、疑問だという声が多く出ていました」(同・ライター)

    ■次作は医療ドラマではなく恋愛ドラマか

    しかし、続編として計画されているドラマは、前作とは全く別物になりそうだという。

    「次作は、本格的な医療ドラマのテイストを残しながら、基本は恋愛ドラマとなるようです。
    沖田一光(木村拓哉)は心臓医として難病を克服しながら、看護師との愛を深めていく。
    医師と看護師は結婚する確率が高い相手であるため、これならば話の流れもスムーズになるでしょう」(TBS関係者)

    この恋愛の相手には木村文乃が起用される予定だそうだ。

    「前作で沖田は、壇上深冬(竹内結子)の手術を成功させると、以前に所属していたアメリカの病院へ復帰する。
    その際に、沖田が柴田由紀(木村文乃)を『一緒にいかないか』と誘った経緯があるのです。
    その際に柴田は「まだこちら(日本)でやることがあるので」と断りましたが、本当はついて行きたい気持ちを抑えていたのです。
    そのため、沖田には未練が残ったまま、ドラマが終わっているのです」(同・関係者)

    A LIFEは高視聴率が義務づけられていたためか、副院長の壇上壮大(浅野忠信)の愛人である弁護士の榊原実梨(菜々緒)が、自分が顧問をしている病院を訴えるなど、ストーリーの途中から整合性がなくなるようなことも起きていた。

    「二転三転して変わっていく設定のなかで、沖田と柴田のお互いなかなか告白できないさわやかさは評判がよかった。
    続編ではこのふたりの恋愛を見せてほしいです」(テレビ雑誌編集者)

    画像
    o1334075013893957257

    https://myjitsu.jp/archives/22270

    【木村拓哉の『A LIFE』続編を計画中 次は医療ドラマではなく恋愛ドラマ】の続きを読む

    1:きゅう ★ @\(^o^)/ 2017/05/05(金) 09:13:47.65 _USER9
     5日未明放送のテレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」(0時15分)で元SMAPの木村拓哉(44)が高校の同級生だったタレント・マツコ・デラックス(44)と共演した。

     今回は2人で六本木を歩いた4月27日放送回に続く第2弾。2人は六本木から夜桜を見るために浅草の浅草寺へ。千葉県内の高校で1年だけ同級生だった2人は地元の駅も総武線で1駅違い。木村が「俺、新検見川駅」と言えば、マツコも「私、稲毛駅」と答えた。

     さらに夜桜が満開の浅草寺に着くと、「(映画を撮影していた)京都もいいけど、東京(の桜)もいいよね」と木村はポツリ。

     2人で体調の話になり、マツコが「老眼が…」と話し出すと、木村も「ちょい来たかな。携帯(電話)とか明るいじゃん。暗い所にいて、パッと開けた時、(画面が)明る過ぎて、フォーカスが合わなくて」と“衝撃告白”。歩きながら、マツコが「好きでしょ? あたしのこと」と聞くと、木村が「嫌いじゃないよ。ちょっと気になってるよ」と答える場面もあった。

     浅草寺にお参りした後、マツコが「早く、あの人の心が穏やかになりますようにと祈ったのよ」と、木村の心の平穏を祈ったことを明かすと、「俺、穏やかじゃん」と木村は反論。マツコは「元旦にあなたから『今年はやるぞ!』って、1行メールが来たじゃない。だから、頑張れって祈ったのよ」と秘話を明かした。

     その後、おみくじを引くと、2人とも「凶」。これには1月に豊川稲荷で引いた際も凶だったというマツコが「2連続凶。すごいショックよ。豊川稲荷、浅草寺と2連チャンよ。今年、20年ぶりに引いて凶だったのに、また今日も凶よ~」と大騒ぎ。木村は「ここに(結んで)置いていけばいいんだから」と慰めるしかなかった。

     最後には木村から「定期的に(番組に)来ようか」と提案。大喜びのマツコに「また一緒に徘徊しよう。厳選された巷を徘徊しようよ」と、レギュラー出演の提案まで口にしていた。

    画像
    無題

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000049-sph-ent

    【44歳・キムタク、同級生マツコに老眼告白「携帯とかフォーカス合わなくて」】の続きを読む

    このページのトップヘ