中二病速報

    タグ:朝日新聞

    1: ばーど ★ 2018/04/16(月) 08:06:47.68 _USER9
    日本男子でナンバーワンといっても、まだ14歳の少年である。大新聞に礼儀を知らない奴だと書かれては張本智和選手も立場がないだろう。怒った日本卓球協会が朝日新聞を記者会見から締め出した一幕とは。
    .
    桜も満開を迎えた3月30日の夕方、日本卓球協会では、平野美宇選手のエリートアカデミー修了とプロ宣言を発表した。が、記者たちの関心を引いたのは会見のペーパーにあった一文である。

    〈朝日新聞デジタルの取材及び本件報道はご遠慮申し上げます〉

     いったい、何をやらかしたのか。運動部のデスクが言う。

    「卓球協会が問題にしたのは、ニュースサイト『朝日新聞デジタル』に掲載された3月10日の記事です」

     その記事は、すでに訂正されているが、当初はこう書かれていた。

    〈日本卓球協会の宮崎義仁・強化本部長は10日、「日本代表の選手らに対し、試合時のマナーについて注意喚起をした」と明らかにした〉

     そこで実際の例として、

    〈1月の全日本選手権の男子シングルス決勝では、優勝した張本智和(エリートアカデミー)が、試合終了後に対戦相手の水谷隼(木下グループ)と握手せずに、ベンチに駆け寄った。この点について、協会は張本を注意した〉

     これにすぐ反応したのがSNSである。そこでは「張本批判」が相次いだという。

    〈相手を馬鹿にするようにでかい声出したりとか卓球の偉い人から注意されて当然だよ お前のそーいうところが水谷選手と違うところなんだよ〉

     折しも記事が出た当日は、カタール・オープンのシングルス準々決勝で、張本はライバルのカルデラノに0―4で惨敗。試合後、本人は泣きに泣いて悔しがっていたという。
    .
    ■翌日に「書き換え」

     ところが、朝日の記事は誤報だった。試合(1月21日)では、優勝の瞬間、張本はコーチの父親に駆け寄ったものの、すぐに水谷と握手を交わしている。

     張本選手の母・凌さんも言うのだ。

    「親としてはこんな記事は見たくありません。智和は水谷選手とちゃんと握手していますよ」

     記事に登場する宮崎強化本部長によると、

    「あの記事は、張本が握手しなかったと卓球協会がレクチャーしたかのように読めるので、我々まで批判されたのです」

     卓球協会の抗議に、朝日は翌日「握手」があったと訂正したが、記者会見からの締め出しは、そのペナルティというわけである。

     そこで、朝日新聞社に聞くと、なぜか間違ったわけではないと言わんばかり。

    「弊社の担当記者は日本卓球協会の説明に即して記事を書きました。その後、同協会などから指摘があり、記事と見出しを一部修正・加筆しました」(広報部)

    「書き換え」で済ませられるのなら、財務省もこんなピンチにならなかったのに。

    「週刊新潮」2018年4月12日号 掲載

    20180416-00540741-shincho-000-view

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00540741-shincho-spo

    【【週刊新潮】朝日新聞「張本智和」誤報で卓球協会出禁に 水谷隼と握手せず】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 08:16:39.33 _USER9.net
    テレビ朝日の宇賀なつみアナウンサー(30)が、交際中の男性からプロポーズされ、結婚の意思を固めていることが31日、分かった。お相手は朝日新聞社社員の同い年の男性で、宇賀アナと同じ立大卒。モデル経験もある長身のイケメンで、14年1月に写真週刊誌でお泊まりデートが報じられた。

    宇賀アナは15年9月から「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)のアシスタントとして活躍中。生放送の帯番組で“朝の顔”を務め、早朝に局入りする超多忙な生活の中、静かに愛を育んできた。

    結婚について具体的なことは何も決まっていないが、30歳となり、番組もスタートから1年以上が経過し生活も落ち着いたことから、2人で将来についてゆっくり話し合いながら準備を進める。

    09年にテレ朝に入社し、入社当日から看板番組「報道ステーション」のお天気コーナーに出演し話題を集めた。11年から14年まで同番組のスポーツキャスターを務め、キュートなルックスと高校時代に応援部に在籍した明るさで、選手やお茶の間に愛された。昨年12月にオリコンスタイルが発表した「好きな女性アナウンサーランキング」の男性が選ぶ部門で7位に入るなど、高い人気を誇っている。

    1日午前6時から「…モーニングショー」の生放送に晴れ着姿で出演予定。本人から報告があるか注目される。

    宇賀 なつみ(うが・なつみ)1986年(昭61)6月20日、東京都出身の30歳。立大社会学部卒。09年4月に入社し、「報道ステーション」でお天気とスポーツを担当。14年から朝の情報番組「グッド!モーニング」に出演。深夜番組の「初めて〇〇やってみた」でバラエティーにも初挑戦。同期は加藤真輝子アナら。趣味は旅行。身長1メートル64。

    画像
    20161231-00000137-spnannex-000-view

    スポニチアネックス 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000137-spnannex-ent

    【テレ朝・宇賀なつみアナ結婚へ! お相手はイケメン朝日新聞の記者】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/08/06(土) 06:44:30.33 _USER9.net
    第98回全国高校野球選手権大会(7日開幕)の甲子園練習で、大分の女子マネジャーがユニホームを着てグラウンドで練習を手伝い、大会本部から制止されたことを受け、大会を主催する朝日新聞社は5日、報道陣に女子マネジャー本人と選手、関係者に今回の件に関して取材をしないように通達した。

    2日の甲子園練習で女子マネジャーの首藤桃奈さん(3年)がノックのボール渡しなどを行い、途中で大会関係者から制止されて話題となっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-00000019-dal-base

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【(高校野球)朝日新聞社が大分高校女子マネジャーへの取材禁止を通達 ユニホーム着用で練習の件】の続きを読む

    1: リキラリアット(茸)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 22:34:20.88 BE:822935798-PLT(12020) ポイント特典
    【報ステ】AKB加藤玲奈「私は朝日新聞を取ってるんですけど」で実況炎上

    報道ステーション★3
    http://hayabusa7.2ch.sc/test/read.cgi/liveanb/1467983359/   

    画像
    no title

    no title





    【【報ステ】AKB加藤玲奈「私は朝日新聞を取ってるんですけど」で実況炎上】の続きを読む

    1: いちごパンツちゃん ★ 2016/05/30(月) 07:19:09.35 _USER9.net
    寿司ネタやお弁当の具材としても人気のサーモン(鮭)。北日本に秋の訪れを告げる魚だが、じつは今や輸入が65%。
    中でもチリ産がもっとも多く、20万トンを超えている(2012年・農林水産省「水産物流調査」)。

    人気を集めるチリ産サーモンだが、5月27日に「ハフィントンポスト日本版」が配信した1本の記事が物議を醸している。

    ■殺虫剤や抗生物質で「薬漬け」?

    「日本のスーパーで売られているチリ産の鮭を地元の人が食べない理由」と題された記事では、冒頭で「地元の人は、この鮭を食べません」と断言。
    その理由として「餌」「殺虫剤」「抗生物質」「密集度」の4点を挙げて、現地の状況を伝えている。

    日本人は食の安全にはきわめて敏感なせいか、またセンセーショナルな情報であったためか、記事は公開後2日間ほどで1万2000以上の「いいね!」を集めて拡散した。

    水産商社マンがブログで反論

    しかし5月29日、水産商社に勤める男性が、これは「デマ記事」であるとして反論するブログを公開した。

    ・養殖サーモンはチリの人に大人気。レストランでも魚売り場でも「チリ産サーモン」が置かれている。
    ・餌についても「増肉系数」や「良心的な会社はきちんと魚を餌にしている」などが間違い
    ・殺虫剤や抗生物質についても「薬漬け」という表現は不適切

    「地元の人が食べない」という記事タイトルがそもそも間違いという指摘に加え、4つの理由についても丁寧に反論。
    なお、こちらのブログもある程度はFacebookなどで拡散しているが、批判の対象となった記事とは大きな開きがある。

    ■チリではサーモンを食べないのか?

    地元の人は「養殖サーモンを食べる・食べない」どちらの主張が正しいのだろうか。
    そこで一例として、チリなどラテンアメリカを代表する魚料理「セビーチェ(Ceviche)」と「サーモン(salmon)」で検索したところ、数多くのレシピや画像がヒット。
    地元にも食べない人がゼロではないだろうが、むしろきわめてポピュラーな食材と考えるほうが自然だ。

    著書宣伝のための「炎上商法」か

    なぜこの筆者は、専門家から容易に反論されるような記事を出したのだろうか。
    記事末尾には「【お知らせ】パタゴニアでの暮らしが本になりました」と記されており、 書影画像をクリックすると、5月18日に公開された元のブログにリンクする。

    これには、反論を公開したブログ主も、 「逞しい商売根性は見習いたいですが、ソースにもあたらない煽り記事で集客するのは感心できません」と批判する。

    ハフィントンポスト日本版は、昨年8月31日に「ステルスマーケティングに対する見解」を発表して厳正な対処を表明しているが、事態はどのように推移するだろうか。

    事実確認の甘さによる「釣り記事」「炎上商法」だったとすれば、批判を免れることはできない。

    画像
    o06000400thinkstockphotos-180338193

    http://news.ameba.jp/20160530-148/

    日本のスーパーで売られているチリ産の鮭を地元の人が食べない理由
    http://www.huffingtonpost.jp/konomi-kikuchi/salmon-from-chile_b_10162068.html

    【ハフィントンポストの『チリ産サーモンは危険』記事にデマ批判 「炎上商法」の声も】の続きを読む

    1: 木村カエレφ ★@\(^o^)/ 2014/09/17(水) 03:06:33.18 ID:???0.net
    15日、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が自身のブログで朝日新聞の謝罪に苦言を呈した。

    尾木氏のブログでは「詫びには作法があるのに理解しない朝日新聞!?」というタイトルで「朝日新聞社長の詫び。謝罪会見。
    時間ばかりかけた割りには何が問題なのか、詫びる誠意もつたわってこない」と激しく批判。

    また、尾木氏は「我が家は明治のおじいちゃんの時代から朝日新聞!!」と、自身が朝日新聞の読者だとしたうえで「今は読売や毎日、日経などとってますが…複雑な心境の尾木ママです」と綴った。

    さらに、同日「詫びるべきは何かを明らかにして再発防止対策の中長期展望示すことが最低限の詫びの作法でしょう」と、再度ブログに記事を投稿。

    ブログには「事実誤認に基づく誤報をトップニュース、特ダネ扱いで報道」「そのことが直接的に関係者の名誉傷つけ、日本人の国際的評価をおとしめたこと」「切れ味のよい新聞社にしてはだらだら言い訳会見に陥っているのはどうしたことか」と厳しく批判している。

    続けて、尾木氏は「新聞は新聞社によってとらえ方評価が丸反対になることも珍しくありません。それは読者も了解済みです。」としながらも、「しかし、『事実』は一つ。これが歪めたり捏造されたのでは新聞の使命は終わりです」「事実が違うとなると新聞の価値はゼロです」と糾弾した。

    こうして報道について持論を語った尾木氏は最後に「どの新聞もテレビも朝日新聞問題を他山の石として特ダネ意識じゃなくて事実の報道に頑張って欲しいですね」と願いを綴った。

    画像
    20121016_fujiitakashi_08

    http://news.livedoor.com/article/detail/9259475/

    【尾木ママが朝日新聞に苦言「捏造したら新聞の使命は終わり」】の続きを読む

    1: ゴーリキー ★@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 02:19:33.85 ID:???0.net
    朝日新聞が今から約2年前に、任天堂株式会社の岩田聡社長のインタビューを捏造していたことが、週刊文春の取材で明らかになった。
    捏造インタビューが掲載されたのは、2012年6月8日付(東京版)経済面の「ソーシャル時代、どう対応?」と題された記事。
    当時、米ロサンゼルスで開かれていた世界最大のゲーム見本市「E3」を取材した同記事の中で、「各社の責任者に話を聞いた」とした上で、任天堂の岩田社長の顔写真とともに、インタビュー記事を掲載した。

    だが今回、週刊文春に対し、朝日新聞関係者が内幕を明かした。

    「その当時、岩田社長は朝日の記者のインタビューを受けていません。取材ができないことに記者が焦ったのか、任天堂公式HP上で岩田社長が語ったコメントなどを勝手につなぎあわせ、インタビューに仕立て上げてしまったのです」

    これが事実であれば完全な捏造記事である。

    今回、週刊文春があらためて任天堂に「2012年6月当時、朝日新聞記者が岩田社長にインタビューした事実はあるか」と聞いたところ、任天堂株式会社広報室は「(当時)岩田聡は日本のマスコミの記者様の取材はお受けしておりません」と回答した。

    一方、朝日新聞広報部は同様の質問に「当時、任天堂の社長への取材を申し込みましたが、了解が得られなかったため、任天堂に動画の発言内容をまとめて記事にしたいと伝え、了解を得られたと思い込み、記事にしました。
    任天堂から『インタビューは受けていない』と抗議を受けたことなどから、おわびをいたしました」と回答した。

    誰しもが見られる任天堂公式HPの動画内容を、さも記者が取材したかのように見せかけて掲載し、しかも任天堂から抗議を受けたにもかかわらず、読者に対して2年以上もの間、訂正もせずに放置していた事実は重い。
    木村伊量社長の今後の対応が注目される。

    画像
    tsukudashimaH160515 071

    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4362

    【朝日新聞 任天堂・岩田聡社長インタビューを捏造 週刊文春】の続きを読む

    このページのトップヘ