中二病速報

    タグ:映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/15(水) 06:47:13.37 _USER9
     原作・ONE、作画・村田雄介の人気漫画「ワンパンマン」ハリウッド実写版の監督に、『ワイルド・スピード』シリーズなどのジャスティン・リン監督が就任したと、Deadlineが独占で報じた。

     「となりのヤングジャンプ」で連載中の「ワンパンマン」は、あらゆる敵をパンチ一発で倒すヒーロー・サイタマと怪人たちの戦いを描いた作品。米ソニー・ピクチャーズが進める実写版は、2020年4月に企画が報じられ、『ヴェノム』の脚本家コンビで知られるスコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナーが脚本を執筆することが明らかになっていた。

     同サイトによると、リン監督はプロデューサーも兼任し、ローゼンバーグ&ピンクナーと共に脚本をリライト。撮影は2022年末までに始まる予定だと報じている。

     『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を含む『ワイルド・スピード』シリーズ5作品を手がけたリン監督は、最新作『ファスト X(原題) / Fast X』のメガホンも取る予定だったが、クランクイン直後に降板を発表。後任として、『トランスポーター』『グランド・イリュージョン』などのルイ・ルテリエ監督が就任した。(編集部・倉本拓弥)

    https://www.cinematoday.jp/news/N0130688
    no title


    【「ワンパンマン」ハリウッド実写版、監督は『ワイスピ』ジャスティン・リン!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/05/27(金) 09:08:28.22 _USER9
    俳優・吉岡里帆の主演映画『ハケンアニメ!』が5月20日から公開スタート。大人気小説の実写映画化ということで、公開前から大きな注目を集めていたが、残念ながら爆死してしまったようだ。

    映画「ハケンアニメ!」は、連続アニメ『サウンドバック 奏の石』で監督デビューを果たした主人公・斎藤瞳(吉岡)が、制作現場を通じて個性豊かな同僚に揉まれながら成長していく姿を描いた物語。

    天才監督・王子千晴(中村倫也)の復帰作『運命戦線リデルライト』がライバルとして立ちはだかるなか、〝覇権アニメ〟の座を勝ち取るために奮闘するアニメエンターテインメントだ。

    「映画『ハケンアニメ!』の原作は、小説家・辻村深月氏による大人気同名小説。しかし公開直後、5月21日から22日までの動員数などを集計した『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)では、公開初週にもかかわらずトップ10に入っていませんでした。ちなみにアニメ映画『五等分の花嫁』が2位、実写化作品『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』が9位にランクインしており、アニメ映画や前評判の悪かった作品にも負ける始末。吉岡や中村といった人気俳優の起用、テレビでの宣伝もむなしく、結果は振るわなかったようです」(芸能ライター)

    結果は惨敗…しかし評価はけっこう高い?

    数字的には大敗を喫してしまった「ハケンアニメ!」だが、劇場に足を運んだ人からは、

    《お金払って見る価値は絶対にあります》
    《興収は低いかも知れないけど作品はほんと良いから!》
    《興行収入は大事だけれど、一つ言えることはハケンアニメ問わず作品の良さは数字では表せないと思ってます》
    《数字だけで面白い面白くないは判断できない。推しが出てるから贔屓してるとかではなく、本当に作品として素晴らしいものだと思いました》
    《観てきたけど爆死するような内容ではなかった。むしろ映画めっちゃよかったのに、爆死って言われてるの悲しい》
    など、擁護する声も少なくない。

    ランキングの影響か、検索サイトのサジェストには〝ハケンアニメ 爆死〟といったワードが見受けられる。とはいえ数字や周りの評価だけに惑わされず、まずは劇場へ足を運んでから、映画を評価するべきなのだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/354317

    ダウンロード


    【吉岡里帆の映画『ハケンアニメ』大爆死! 初週トップ10入り逃す始末】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/03/17(木) 16:41:36.49 _USER9
    庵野秀明が企画・脚本、樋口真嗣が監督を担当する映画「シン・ウルトラマン」のポスタービジュアル、劇場バナービジュアルが解禁された。

    本作は「シン・ゴジラ」の庵野と樋口がタッグを組んだウルトラマンの誕生55周年記念作品。斎藤工が主人公のウルトラマンになる男・神永新二を演じたほか、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、早見あかりがキャストに名を連ねた。

    ポスターにはウルトラマンの横顔とともに、東京の風景や神永ら5人の姿が。バナービジュアルには、青空をバックに振り返るウルトラマンの立ち姿が収められており、 このたび初めて後ろ姿があらわになった。いずれも「空想と浪漫。そして、友情。」とコピーが添えられている。

    「シン・ウルトラマン」は5月13日より全国ロードショー。

    https://natalie.mu/eiga/news/469907

    no title

    no title

    no title

    no title


    映画『シン・ウルトラマン』特報②
    https://youtu.be/puH63Z62OO8

    【庵野秀明×樋口真嗣 映画「シン・ウルトラマン」ビジュアル2種解禁、コピーは「空想と浪漫。そして、友情。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/12/15(水) 22:25:50.50 _USER9
    福山雅治が主演を務める『ガリレオ』シリーズの新作となる映画第3弾『沈黙のパレード』の公開日が、2022年9月16日に決定したことが発表された。

    東野圭吾の小説を原作とした『ガリレオ』シリーズは、福山演じる物理学者の湯川学が不可思議な事件を科学的な検証と推理によって解決していく人気作。福山や柴咲コウ、北村一輝が集結した新作『沈黙のパレード』では、とある事件の容疑者が謎の死を遂げ、殺害動機のある者は全員アリバイがあるという超難問に湯川たちが挑むことになる。

    監督・脚本は、映画第1弾『容疑者Xの献身』と第2弾『真夏の方程式』を手掛けた西谷弘と福田靖のコンビが続投する。(編集部・吉田唯)

    https://www.cinematoday.jp/news/N0127638

    no title

    【福山雅治×柴咲コウ×北村一輝「ガリレオ」映画新作「沈黙のパレード」、来年9月16日に公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/10/29(金) 10:57:21.75
    実写映画「おそ松さん」のビジュアルが公開!

    no title

    大ヒット間違い無し

    【実写映画「おそ松さん」のビジュアルが公開!(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/08/14(土) 12:10:03.31 _USER9
    実写映画化プロジェクトがハリウッドで始動していた堀越耕平によるマンガ「僕のヒーローアカデミア」。このたび監督が「アイアムアヒーロー」「キングダム」などで知られる佐藤信介に決まった。

    週刊少年ジャンプで連載中の原作は、多くの人間が何かしらの超常能力“個性”を持つようになった世界を舞台にしたヒーローアクション。映画の製作は「ジュラシック・ワールド」「ゴジラvsコング」のレジェンダリー・ピクチャーズが担当する。これまでにマンガ原作である「いぬやしき」「BLEACH」の実写映画も手がけてきた佐藤。2020年にはNetflixオリジナルシリーズとして「今際の国のアリス」も発表した。全編英語作品を監督するのは今回が初めてとなる。

    実写映画「僕のヒーローアカデミア」の公開時期は未定。国内配給は東宝が担当する。

    https://natalie.mu/eiga/news/440853

    佐藤信介
    no title

    no title

    【「僕のヒーローアカデミア」ハリウッドで実写映画化、監督が「キングダム」佐藤信介に決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/05/17(月) 17:55:04.47
    年間の世界興行収入1位の映画(1915年〜2020年)

    1915年=アメリカ映画
    1916年=アメリカ映画(2年連続)
    1917年=アメリカ映画(3年連続)
    1918年=アメリカ映画(4年連続)



    2017年=アメリカ映画(103年連続)
    2018年=アメリカ映画(104年連続)
    2019年=アメリカ映画(105年連続)
    2020年=鬼滅の刃(米国以外の映画は史上初めて)

    https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/20210510-00237177/

    1200

    【【朗報】鬼滅の刃さん、歴史上105年ハリウッドが独占してきた世界興行収入一位を初めて奪ってしまうwww】の続きを読む

    このページのトップヘ