タグ:映画

    1: 湛然 ★ 2017/10/16(月) 04:50:59.95 _USER9
    稲垣・草なぎ・香取「新しい地図」、映画製作を発表 本人登場の新動画公開で“本格始動”<クソ野郎と美しき世界>

    元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人の公式ファンサイト「新しい地図」が16日、本格始動。新動画が公開されたほか、“重大発表”として映画の製作が発表された。

    16日未明、公式サイトが更新され、3人が登場する新動画が公開された。「道なき道をいこう こわくなんかない」で始まるメッセージとともに3人が前進していく姿が描かれている。

    また、「重大発表」と題しサイトが更新され、「何か会員特典だけじゃなくて、NAKAMAのみんなに喜んでもらえそうな、思い出になるようなこと、なんかないの?」ということで「【新しい地図】NAKAMAと映画を作ることが決定!」と映画製作を発表。
    タイトルは『クソ野郎と美しき世界』で、新動画の中では「COMING SOON 2018 SPRING」と記されている。

    ◆「#ぷっくりニュース」がスタート

    同時に、SNS企画として「#ぷっくりニュース」をスタート。「思わず笑ったこと、癒やされたこと、感心したこと、びっくりしたこと、うまくいったこと、気になったこと…などなど、心が動いた出来事」を募り、「新しい地図」が一日一つの記事を紹介。投稿されたニュースの中から「月間ぷっくり大賞~Pukkuri Of The Month~」や「年間ぷっくり大賞~Pukkuri Of The Year~」を決定。「ささやかではありますがプレゼントをご用意させて頂きます」としている。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    no title


    ※動画はソースにてご確認ください。
    https://mdpr.jp/news/detail/1721372

    関連
    ・重大発表! | 新しい地図
    https://contents.atarashiichizu.com/?p=112&post_type=chizu_topic
    ・atarashiichizu「ぷっくりニュース」
    https://www.instagram.com/p/BaR7OIqjJym/
    no title

    【稲垣・草なぎ・香取「新しい地図」映画製作を発表「クソ野郎と美しき世界」 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/10/12(木) 14:55:27.84 _USER9
     新垣結衣と瑛太がダブル主演を務める映画『ミックス。』から劇中で新垣がさまざまな“コスプレ姿” を見せる場面写真が到着。新垣がコギャル、ガングロギャル、チアガールなど多様な七変化を披露している。

     映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育によって“天才卓球少女”として将来を期待されたものの、現在は失恋して田舎に戻った多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサー・萩原(瑛太)と卓球の“ミックス(混合)”ペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘するロマンティック・ラブコメディ。

     今回公開された写真は全7枚。病気の母・華子(真木よう子)を健気に看病するセーラー服姿の新垣ふんする多満子。
    高校生活を謳歌するコギャル、ガングロギャル姿。その後、社会人となり会社勤めをしているOLスタイルに続き、恋人の江島(瀬戸康史)が出場する卓球大会の壮行会でのチアガール姿を見せる。さらに江島の誕生日 に多満子自身がプレゼントとなるというキュートな一幕も。その後、故郷に戻り工場勤めをする白衣姿までさまざまな七変化を披露している。

     またあわせてテレビCMも公開された。こちらでも新垣のガングロギャル姿を確認することができる。

     映画『ミックス。』は10月21日より全国公開。

    クランクイン!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00052090-crankinn-movi
    一番右
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【新垣結衣がコギャル、チアガール、ガングロギャルまで“コスプレ七変化”を披露! (画像あり)】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/10/10(火) 04:53:03.08 _USER9
    ニューヨーク(CNNMoney) 1982年に公開されたSF映画の続編となる「ブレードランナー2049」がこのほど北米で封切られたが、オープニングの興行収入は推定3150万ドル(約35億円)と、事前に予想されていた5000万ドルを大幅に下回った。

    同作品は評論サイトの「ロットン・トマトズ」で89%、「シネマスコア」ではA評価を獲得するなど、評論家からも観客からも好評だっただけに、興行成績の不振はやや予想外だった。

    制作にかかった予算は総額1億5000万ドルと伝えられている。

    主演はライアン・ゴスリングと、前作で主役のリック・デッカードを演じたハリソン・フォード。配給は米国内ではワーナー・ブラザーズが、米国外ではソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが担っている。

    興行収入が振るわなかった一因としては、2時間43分という長さが考えられる。

    同シリーズ自体もそれほどの大ヒット作ではなく、前作の「ブレードランナー」の興行収入は総額約3200万ドル止まりだった。

    しかし調査会社コムスコアのアナリストは、10月は競合するような作品がほとんどないことなどから、今後口コミで評判が広まり、観客が増える可能性もあると予想している。

    https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35108480.html 

    no title

    【新作「ブレードランナー2049」北米で初週の興収振るわず 長さ影響か】の続きを読む

    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 09:16:31.88 _USER9
    新海誠監督が手がけたアニメーション映画『君の名は。』が実写映画化されることが決定しました! 映画配給会社・米パラマウント・ピクチャーズと『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などを手がけた制作会社・バッド・ロボットが手を組み、実写化へ向けて取り組んでいます。

    ハリウッド版実写映画は、バッド・ロボットのJJエイブラムス氏とリンジー・ウェバー氏がプロデュースを担当。脚本は『メッセージ』で2017年アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラー氏が手がけます。

    また、アニメ版映画のプロデューサー・川村元気氏もプロデューサーとして制作に参加。東宝は上記2社とともに共同制作し、『君の名は。』ブランドを世界に向けて発信していく予定だと発表しています。

    そんな『君の名は。』にこれまで携わってきた新海誠監督、川村元気プロデューサー、東宝取締役島谷能成社長からコメントが届きましたので、ご紹介します。

    『君の名は。』に携わってきた方々からコメントが到着!
    【原作・脚本・監督・新海誠氏からのコメント】
    『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。

    そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています。

    【プロデューサー・川村元気氏からのコメント】
    これ以上ない、夢のようなチームになりました。JJエイブラムスさんが『君の名は。』をハリウッドで実写化したがっていると聞いたときは信じられない気持ちでした。

    バッド・ロボットで彼と会って話すまで「これは夢だ、きっと夢に違いない」そう思っていたのですが、どうやらこれは現実のようです。数々の名作を現代的なセンスで生まれ変わらせてきたJJエイブラムスさん。『君の名は。』をハリウッドで実写映画として生まれ変わらせるのにあたりJJエイブラムスさんと彼のチーム以上のクリエーターはいないと思います。

    また脚本のエリック・ハイセラーさんが書いた『メッセージ』はここ数年で見たSF映画のなかで最も心を動かされたものでした。SFとラブストーリーが融合してクライマックスへと突き進む『君の名は。』を、エリックさんならば最高なかたちで表現してくれると確信しています。

    JJさん、エリックさんと共に『君の名は。』のハリウッド版実写映画をプロデュースできることを心より誇りに思います。

    【東宝取締役島谷能成社長・島谷能成氏からのコメント】
    日本が誇る『君の名は。』をハリウッド最高のクリエーターの方々と一緒に実写化する機会を楽しみにしています。

    1506517956_1_1_83bc6eafeda24aed199a7e9d4eacc50f

    http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1506517956

    【『君の名は。』ハリウッドで実写映画化決定】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/09/19(火) 05:40:41.76 _USER9
    日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で7月に放送された映画「ジュラシック・ワールド」(以下ワールド)の“日本語吹き替え騒動”が、新たな展開を見せているという。

     2015年に公開された同映画は、全世界で16億ドル(約1800億円)のメガヒットを記録した。「ジュラシック・パーク」で始まるシリーズ4作目は、遺伝子操作で誕生した新種の恐竜が大暴走するという内容が大ウケし、日本でも大ヒット。劇場版の日本語吹き替えは、恐竜行動学のエキスパート・オーウェン役を玉木宏(37)、オペレーションマネジャーのクレア役を木村佳乃(41)が務めた。

     ところが、だ。あまりの出来の悪さとミスマッチ感にネット上ではバッシングの雨アラレ。事態を重くみた日本テレビは、地上波で放送するにあたり、それぞれ山本耕史(40)、仲間由紀恵(37)で製作したのだった。

    「今夏の大型企画として編成されたので、失敗が許されなかったんですよ。しかも『ワールド』は地上波初です。あれだけ大ヒットしたのに、わざわざ評判の悪い玉木と木村で放送したら盛り上がりに水を差しかねない。そこで山本、仲間に変更したのです。番組独自に製作するのは何と6年半ぶりのことでした」(芸能プロ関係者)

     事実上の“失格”の烙印を押された玉木と木村の両事務所はカンカン。結果、日テレと険悪ムードが漂うことになった(本紙既報)。

     あれから2か月――。その後どうなっているか探ってみると、新たな問題が勃発していた。

     映画関係者が耳打ちする。

    「『ワールド』は、シリーズ5作目となる続編『ワールド2』が来年公開されることになっています。すでに撮影は終了。さらに、実をいうと『ワールド3』も決まっているのです。ところが、製作関係者が劇場版の日本語吹き替えをどうするか頭を抱えているんですよ。玉木と木村にオファーする予定だったのに、日テレがメンツを潰したので、2人が受けにくくなってしまったからです。かといって、山本、仲間にするわけにもいかないでしょ(笑い)。『日テレは余計なことしやがって』と関係者はおかんむりですよ」

     一方で、日テレと玉木、木村の所属事務所はいまだにギクシャクしているという。特に木村の事務所とはキャスティングに影響し始めているようだ。

     前出の芸能プロ関係者の話。「木村と同じ事務所の杏の出演が微妙になっているそうなんです。現在、第3子を妊娠中の杏は、芸能活動を休んでいます。復帰後は、日テレのドラマ『花咲舞が黙ってない』の第3シリーズを視野に入れていましたが、今回の件で微妙になったとか…。このドラマは第1シリーズ、第2シリーズともに視聴率が2桁のヒットですからね。日テレとしてみれば、今頃後悔しているかもしれません」

     もともとNHKの朝ドラ「ごちそうさん」で杏が好評を得た後、1作目に選んだのが日テレの同ドラマだった。日テレとしては事務所に借りがあるはずだった。が、目先の利益に目がくらんでしまったとしか言いようがない。

     いずれにしても「ワールド2」の日本語吹き替えは待ったなし。いったい誰になるのか。来年は恐竜以外でも注目を集めそうだ。

    001_size6

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000025-tospoweb-ent


    【日テレ「ジュラシック・ワールド」声優問題が新たな波紋!】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/17(日) 13:11:02.51 0
    奥田民生の映画、大コケする 

    最新デイリーランキング
    [順位] [販売数] [映画作品タイトル名]
     *1 *17377 三度目の殺人
     *2 *17345 関ヶ原
     *3 *16037 ダンケルク
     *4 *15341 エイリアン コヴェナント
     *5 *14432 怪盗グルーのミニオン大脱走
     *6 **3867 君の膵臓をたべたい
     *7 **3802 打ち上げ花火、下から見るか?…
     *8 **3511 奥田民生になりたいボーイと出…
     *9 **3400 ワンダーウーマン
     10 **3225 劇場版ポケットモンスター キ…
    [2017/09/17 12:46 更新]

    http://mimorin2014.blog.fc2.com/blog-category-6.html

    metalsurf20000-img600x444-1493716264vdmuna2753

    【奥田民生の映画、大コケする 】の続きを読む

    1: りんがべる ★@\(^o^)/ 2017/09/06(水) 14:43:53.78 _USER9

    9月5日はクイーンのフロントマン、故フレディ・マーキュリーの誕生日だった。
    存命なら71歳になっていたこの日を記念し、製作中の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』より、マーキュリーに完全になりきった主演のラミ・マレックの写真が公開された。

     この映画は、1970年に伝説の英ロック・バンド、クイーンが結成されてから1991年にマーキュリーがエイズにより死去するまでを描く。
    エンターテインメント・ウィークリー誌のインタビューで主演のマレックは、「目を開けたら鏡の中から別人が自分を見つめていた時は、とても肯定的な瞬間だった」と初めてヘアメイクをマーキュリーに似せた時のことを振り返っている。

     マーキュリーの生涯にまつわる暗い話や、彼の豊かな歌声に敬意を表することがこの映画の中心的テーマだが、本人に外見を似せることだけでも大きな意義があるとマレックは言う。
    「伝説のミュージシャンに似ることは、フレディ・マーキュリーを演じるために必要な自信を深めてくれるんだ」と彼は語っている。

     『ボヘミアン・ラプソディ』の監督をは『X-MEN』シリーズなどのブライアン・シンガーで、9月中旬からロンドンで撮影が開始している。2018年12月25日に全米公開予定だ。

    Billboard JAPAN 2017年9月6日14:20

    no title

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/55107/2 


    【現在製作中のクイーン伝記映画 故フレディ役を熱演するラミ・マレックの写真公開】の続きを読む

    このページのトップヘ