タグ:映画

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 11:28:20.68 0
    原田知世の「時をかける少女」を超えるアイドル映画ってあるの

    昨日はじめて見たけど演者とロケ地と音楽とノスタルジックな映像に圧倒されたわ

    20150713-1

    【原田知世の「時をかける少女」を超えるアイドル映画ってあるの】の続きを読む

    1: @Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 22:52:59.74 _USER9
    空知英秋の大ヒットコミックを小栗旬主演で実写映画化した『銀魂』(7月14日公開)の新たな予告編で、女優・橋本環奈が白目をむいて鼻をほじる衝撃的なシーンが披露され、反響を呼んでいる。

    宇宙からやって来た天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台にした同作で、橋本はかわいらしい容姿とは裏腹に毒舌で大食いな宇宙最強の戦闘種族・夜兎(やと)族の生き残りの少女・神楽を演じた。

    鼻をほじるシーンについて、昨年12月のイベントで橋本は「福田(雄一)監督に相談したら『コツは第1関節を過ぎるところまで入れること』と言われたので、頑張って小指の第1関節までは超えました。人前で鼻をほじったのは生まれて初めてでした」と体当たりで演じたことを明かしていた。

    そして、今回そのシーンが公開されると、「1000年に1人の美少女」と注目を浴び、今月6日にはTwitter上での流行に乗って「彼女とデートなう。 に使っていいよ 笑」と愛らしいプライベート写真を投稿したことも記憶に新しい橋本だけにファンの衝撃も大きかったよう。
    「おもいっきり鼻ほじよくやった!(笑)」「鼻ほじ想像をはるかに超えてたwww」「女優って凄い」と思い切りの良さに絶賛の声が上がっている。

    さらに、福田監督も「久々に観たけど、千年に1度の鼻ほじはなかなかですな 大丈夫かな」とツイート。
    橋本自身もTwitterで「鼻ホジの演出が1番厳しかったです」と振り返っている。(湯田史代)  

    画像
    無題

    no title


    シネマトゥデイ 
    https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0092123/

    【橋本環奈 千年に1度の鼻ほじが大反響!想像を超えるほじりっぷり(画像あり)】の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 05:22:11.47 _USER9
    俳優の小栗旬主演で人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)の新たな予告編が9日、解禁された。物語の全貌が明らかになり、迫力あるアクションシーンも収めている。

     福田雄一監督がメガホンをとる同作の舞台は、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人に支配された江戸。かつて、天人との攘夷戦争で白夜叉と恐れられた銀時(小栗)だったが、今は新八(菅田将暉)や神楽(橋本環奈)とともに万事屋を営んでいた。

     ある日、突然平和な江戸の町に、使用した者に寄生するという“紅色の妖刀”を持つ辻斬りが現れる。
    時を同じくして当時の銀時の盟友であり、最強の攘夷浪士といわれた高杉(堂本剛)が江戸に戻ってきたとの報を受ける。事件の調査に乗り出した万事屋メンバーだったが、新八、神楽も巻き込まれてしまい、銀時の仲間に身の危険が迫る。

     予告編では、銀時が妖刀に腹を貫かれる衝撃的な場面をはじめ、初公開となるアクションシーンや、UVERworld書下ろしの主題歌「DECIDED」も公開。

     そのほか、銀時とかつての盟友・高杉が刀を交わらせる迫力の場面や、鼻をほじる神楽、なぜか金色に輝く近藤勲(中村勘九郎)、カブトムシのかぶり物をかぶった沖田総悟(吉沢亮)など、シリアスとギャグが変幻自在に入り混った『銀魂』らしさあふれる予告編になっている。

    映画『銀魂』の新たな予告編が公開 (C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会
    no title

    no title

    ※動画はソースにてご確認ください。
    http://www.oricon.co.jp/news/2092100/full/

    【実写『銀魂』小栗旬vs堂本剛 コメディーなのに真面目な新予告解禁】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/05(月) 05:02:50.02 _USER9
    モデルで女優の中村アンさんが、新垣結衣さんと瑛太さんがダブル主演する映画「ミックス。」(石川淳一監督、10月21日公開)に出演し、これまでのイメージを覆す黒髪おかっぱ姿を披露していることが5日、分かった。卓球で主人公たちと対戦する神奈川県警の警察官・佐藤風香を演じる中村さんは「黒髪のおかっぱ姿で出演していて、普段の私とは違う姿を見せることができたと思います」と自信をのぞかせている。

     中村さん演じる風香は、吉田鋼太郎さん扮(ふん)する上司の山下誠一郎と卓球の男女混合ダブルスでペアを組み、全日本選手権の予選で主人公ペアと対戦するといい、黒髪のおかっぱ姿でユニホームに身を包み、ラケットを手にした風香のビジュアルも公開された。

     映画は、卓球の男女混合ダブルスをテーマにしたロマンチックコメディー。母のスパルタ教育によって、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身・富田多満子(新垣さん)は、母の死後、平凡な日々を送っていたが、付き合っていた会社の卓球部のイケメンエース・江島晃彦(瀬戸康史さん)を美人卓球選手・小笠原愛莉(永野芽郁さん)に奪われ、人生のどん底に。田舎に戻った多満子は亡き母が経営していた卓球クラブで、元プロボクサーながら夢も家族も失った萩原久(瑛太さん)と出会い、打倒江島・愛莉ペアを目標に全日本卓球選手権に臨む……というストーリー。

     中村さんは「笑いあり、涙あり、恋愛あり、気がついていないだけで大切な人は意外と近くにいると思わせてくれるすてきなロマンティックコメディーです。ぜひ劇場で見ていただきたいです」とメッセージを送っている。

    映画「ミックス。」に出演する中村アンさん (C)2017「ミックス。」製作委員会 
    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    https://mantan-web.jp/2017/06/05/20170604dog00m200035000c.html

    【中村アン まるで別人な黒髪おかっぱ姿披露 ガッキー×瑛太の卓球映画に出演(画像あり)】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/29(月) 22:21:02.49 _USER9
    歌手の竹内まりやさんが、声優で歌手の早見沙織さんの新曲「夢の果てまで」の作詞、作曲を手がけることが29日、分かった。同曲は、早見さんが主人公・花村紅緒の声優を務める劇場版アニメ「はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」(11月11日公開)の主題歌で、早見さんの3枚目のシングルとして11月8日に発売される。

     竹内さんは「時代を超えて愛されてきた名作『はいからさんが通る』。その映画主題歌を提供する光栄に恵まれたことに感謝いたします。主人公の紅緒そのものになった気持ちで書き上げたこの歌は、早見沙織さんの透明でまっすぐな声にぴたりとはまりました。現代を生きる女性たちへの心のエールになれば幸いです」とコメントを寄せている。

     「はいからさんが通る」は、大正時代を舞台に、剣道が特技でじゃじゃ馬な“はいからさん”こと花村紅緒と婚約者・伊集院忍の恋を描いたラブコメディー。1975~77年に「週刊少女フレンド」(講談社)で連載された。新作劇場版アニメは、同作の連載40周年を記念した企画で、約38年ぶりにアニメ化。後編「東京大浪漫」が2018年に公開される。

    画像 竹内まりやさんが作詞、作曲を手がける「夢の果てまで」を歌う早見沙織さん
    no title

    竹内まりやさん
    no title

    (C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
    no title

    https://mantan-web.jp/2017/05/29/20170529dog00m200010000c.html

    【早見沙織 竹内まりやが新曲を作詞、作曲 映画「はいからさんが通る」主題歌に】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 07:14:21.26 0
    映画『坂道のアポロン』、主要キャストにディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀

    2018年に全国公開される映画『坂道のアポロン』に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀が出演することがわかった。

    ディーン・フジオカは中川大志演じる川渕千太郎と小松菜奈演じる律子の幼なじみである桂木淳一を、真野恵里菜は川渕千太郎が一目惚れするミステリアスな美女・深堀百合香を、中村梅雀は律子の父親でレコード店・ムカエレコードの店主である迎勉をそれぞれ演じる。


    画像
    32903

    http://ro69.jp/news/detail/161198?rtw 

    【映画『坂道のアポロン』、主要キャストにディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 14:29:53.50 _USER9
    5月20日、21日の映画興行成績ランキングで、4月29日に公開された話題の映画「無限の住人」が、公開4週目にしてランキング圏外(11位以下)に沈んだことがわかった。
    カンヌ国際映画祭に招待され、公式上映後にスタンディングオベーションをもらっても、挽回することができなかったようだ。

    「そもそも、木村が宣伝のためにあれだけメディアに登場していたのは、裏を返せば製作側が作品に自信を持てなかったということなのかもしれません。
    そして、木村の出演過多で視聴者が“お腹いっぱい”になり、映画館に足を運ぶ気が失せた。カンヌでの評判についても、とにかく褒める記事ばかり見受けられました。
    現地では確かに好評だったようですが、スポーツ各紙の記者は配給会社からの招待ですから、お返しにヨイショするのは当たり前。話半分で読むべきでしょう」(週刊誌記者)

    一度下がった観客動員をV字回復させるのは至難の業。人気も話題性も十分の木村であったが、“無限の誘客”とはいかなかったようだ。

    a591bc16027412267df7c7efd5ba7042-591x381

    アサジョ
    http://dailynewsonline.jp/article/1313537/


    【キムタク「無限の住人」がついにランク外!カンヌのヨイショ記事も効かず】の続きを読む

    このページのトップヘ