中二病速報

    タグ:明石家さんま

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/09/21(火) 10:50:16.65
    明石家さんまさん、もうシワシワのおじいちゃん

    no title

    【【悲報】明石家さんまさん、もうシワシワのおじいちゃん(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/08/21(土) 23:05:46.65 _USER9
     お笑いタレントの明石家さんま(66)が21日、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。「雨上がり決死隊」の解散について触れ、蛍原徹(53)に「本当にすまなかった。迷惑かけたって、この間謝りました」と語った。

     さんまは、宮迫博之(51)が闇営業騒動で謹慎していた時に復帰に向け、自分の個人事務所で預かると名乗り出たり、自身が出演する舞台に出演させようと計画したこともあった。

     この日、「オレも復活して欲しいがために、逆に動いていて。ホトちゃん(蛍原)には多大なる迷惑をかけて。俺はまさか、解散するとは思っていなかったから、宮迫にもホトちゃんをフォローしてくれよって言ってきたりしてきたんですよ」と話したさんま。コロナ禍で実現はしなかったが、昨年の9月に行う予定だった舞台では「ホトちゃんと宮迫で漫才してもらいたいって、ホトちゃんに言ってしまっていたんですね 宮迫はOKだったんで。5分だけでもいいからって軽くお願いしていたんです」と明かした。

     だが、その1週間後に会った時には「ホトちゃんげっそりやせていて…」とさんま。「後々考えると、ホトちゃんはもうやめたいって思っていたのに、俺がホトちゃんすまん、やってくれ。って。宮迫のこういうことになった時にフォローした人から頼まれて…自分はやりたくないのに、どうしようって悩んだんだろう」と気持ちをおもんばかった。

     その後、「今はすみませんって話になって。ホトちゃんそれから1年くらい、考えて考えて…。(解散は)4月くらいに聞いていたんですけど、8月くらいに放送しますんで黙っていてくださいって。4カ月、黙っていたんです」と話したさんま。

     「ホトちゃんに関しては、ホトちゃんの気持ちを簡単に考えすぎて、あそこまで悩んでいるとは分からなくて…。でも、4月くらいに宮迫から連絡があって、ホトちゃんと話し合ってって言ったら、蛍原の性格はよく分かっています。蛍原は絶対この考えは改めませんって言っていたから。一番分かっている者同士だからな」と明かし「ホトちゃんには本当にすまなかった。迷惑かけたって、この間謝りました」と息をついた。

    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc9bdd86560f36ea79107bfdc95861279fdf42fe 

    20210821-00000281-spnannex-000-5-view

    【さんま 雨上がり決死隊解散で蛍原に謝罪「本当にすまなかった」2人の漫才計画も「げっそりやせて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/07/18(日) 09:24:48.55
    明石家さんま、偽物みたいになる

    no title

    もうこれ偽物やん

    【【悲報】明石家さんま、偽物みたいになる(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/07/10(土) 23:59:02.85 _USER9
    お笑いタレントの明石家さんま(66)が10日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤング タウン土曜日」に出演し、新型コロナウイルスのワクチン接種について、「どうしようか今のところ迷ってる最中」と少し前向きになっている心境を語った。

    これまで「俺は打たない」と公言してきたが、「さんまさんが打たないなら、打たない」という人が出てきているとか。「赤ワインと発酵モノを食べていれば免疫力があがるというものを偶然やっていた。他の人よりも体が強いんで、偶然にも66年間病気をしたことがない」と、自身が特異な体質であることを強調。「環境も生い立ちも含めて体ができているだけで、『さんまさんが打たないので、打たない』というのはやめたほうがいい」と呼びかけた。

    サンスポ 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5f93c34864bdf7972a227333676e783473939058 

    20210710-00000129-sanspo-000-2-view

    【さんま 新型コロナワクチン「どうしようか迷っている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/07/04(日) 20:51:47.71 _USER9
     明石家さんま(66)が4日放送のTBS系「週刊さんまとマツコ」に出演。老後について赤裸々に語った。

     財産については「金残したところで、ロクなことにならへんからな。娘とか息子とかに」と、全額国に寄付すると告白。自宅については「終了帳(エンディングノート)っていうのか、そういうのを残して子供たちにあげたい」と希望を語った。

     だが続けて「大きいからな…。相続税が大変になんねん」と思案顔。共演のマツコ・デラックスが「あんな一等地、売らないと相続できない」と語ると、一度はうなずいたさんまだったが「多額のお金を子供に残して人生甘くなって、変な人間になるのも嫌やしやな」とまだ迷っている様子だった。

     さらに「たまにお金儲けする芸人と、今クズ芸人とか言われてる、借金まみれのやついるやんか。俺も借金いっぱいしたことあるけど、借金してるときのほうが楽しいぞ」と持論を展開した。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3378432/ 

    d68a2da2cf41a951e4e5af18676dd4b9_1


    【さんま “莫大”な遺産に思案顔「相続税が大変」全額国に寄付すると告白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/07/04(日) 05:32:09.92 _USER9
     明石家さんま(66)が3日深夜放送の毎日放送ラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。7月にネットワーク局に異動した、フジテレビの久代萌美元アナウンサー(31)にエールを送った。

     リスナーからのメールで“電撃人事”について話題を振られたさんまは「俺は久代の大ファンなんですね、実は。テレビ・ラジオでは言えないんですけど、久代の私生活が面白すぎるんですよ。ひょっとしたら今イチ押しの女の人」とコメント。「俺のとこにLINE来て『ネットワーク局に異動になったんですけど、どういうことなんでしょう!』みたいな感じで。どういうことなんでしょうって、俺知らんがな。『でも、俺はお前のファンやから頑張れよ』っていう話をしてたんですけど」と明かした。

     昨年6月には「週刊文春」の報道により、当時交際中で今は夫のユーチューバーとの痴話げんかで警察沙汰になったことが明らかに。その時をさんまは「『ガセネタを大きく書いてるわ』と思って『久代、警察なんか来てないやろ?』って聞いたら『いや、警察は来ました』ってアッサリ言うてましたからね。だから、アナウンサーとしてはもったいない気がするんですけど、そんなアグレッシブな人、アナウンサーにいらないでしょ。おそらく、多分(笑い)」と振り返った。

     その上で「ただテレビラジオで絶対言えない、久代の面白いネタがあるんですけど、久代から「墓場に持って行ってください」って言われてる」と改めて意味深に語ったさんまは「でも『ネットワーク局でまたチャンスあったら仕事してください』って来てたんで。新婚やしね。ひょっとしたら忙しくなくなってちょうどよかったかも」と明かした。
    明石家さんま(左)と久代アナ
    no title
    東スポWeb
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ade0fccfa6283528da128ae973dde60eb762deec

    【さんま フジ・久代アナ “電撃異動”で意味深発言を連発「絶対言えないネタがある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/06/20(日) 23:36:17.77 _USER9
    明石家さんまのアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』大爆死! 芸能人声優にも酷評

    6月11日にアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が公開されたのだが、興行通信社による国内映画ランキングでは、初登場7位と大爆死。
    実際に劇場で観賞した人たちの声を見てみると、キャラクターを演じた声優の演技が問題点として多くあげられていた。

    同作は明石家さんまが企画・プロデュースを務めており、原作は直木賞作家である西加奈子の同名小説。
    ダメ男ばかりを引き寄せては、何度も騙されてきた母親・肉子ちゃんと、大人びた性格の娘・キクコを中心とした心温まるストーリーが描かれている。

    そんな物語の中で肉子ちゃんを演じるのは、さんまの元妻である大竹しのぶ。
    そして実質的な主人公とも言えるキクコは、今作が声優初挑戦となるモデルのCocomiが演じた。

    色々な意味で話題性のありそうな映画だが、作品を観賞した人からは、

    《Cocomiさんの演技が下手すぎて世界観を壊してる》
    《個人的には好きなストーリーだったけど、Cocomiさんの演技で台無し》
    《声優はプロを雇うべきだった》
    《声優の演技が見てて恥ずかしいレベルでストーリーが入ってこない》

    といった厳しい声が。

    花江夏樹や下野紘といった本職の声優が出演していたこともあり、余計に演技の拙さが際立ってしまったようだ。

    宮迫博之の声優出演にも非難轟々

    キャスティングに関しては肉子ちゃんを演じた大竹にも批判の声があがっていたが、彼女に関しては《ぴったりだった》と称賛する人もいて賛否両論。
    何より〝ダメ男ばかりを引き寄せてきた女性〟をさんまプロデュースの映画で演じたのは、それだけである種のユーモアとして評価できるだろう。

    ただ、例の闇営業騒動で姿を消していた宮迫博之の出演には、案の定数多くの非難が。
    さんまは以前から宮迫を庇うような言動を見せていたこともあり、

    《エンドロールで宮迫の名前を見た時に色々察したわ》
    《キャスティングが完全に政治で決まってる》
    《さんまさんが映画を私物化してるようにしか思えない》
    《声優素人の起用はよくあることだけど、宮迫の出演だけはさすがにモヤっとする》
    などと言われている。

    その他、肝心な映画の内容についても

    《正直つまらないとしか言いようが無かった》といった手痛い批判が寄せられており、万人受けするストーリーとは言えない模様。
    『映画 えんとつ町のプペル』の時もそうだが、アニメ制作会社『STUDIO4℃』は、何故このような〝いわくつき〟の案件ばかり請け負ってしまうのだろうか…。

    https://myjitsu.jp/archives/287293 

    520343

    【明石家さんまのアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』大爆死! 芸能人声優にも酷評「正直つまらんない」宮迫、Cocomiら出演】の続きを読む

    このページのトップヘ