中二病速報

    タグ:明石家さんま

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/18(月) 23:37:48.54
    最近、明石家さんまの様子がおかしいという。日本のお笑い界を30年以上牽引してきた“お笑い怪獣”に何が起きているのか?

    「まずアドリブが出ない。そして、ゲストのトークを自分でオトせない。さらに致命的なのは、そもそも話を理解できないのです」(テレビ局関係者)

     そんな不甲斐ない状態が、冠番組である『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で頻繁に見られるというのだ。
    多くの芸人が憧れるという“お笑いの戦場”で、御殿の主(あるじ)本人が精彩を欠いていることになる。
    たとえば、2月19日放送の同番組で、こんな一幕があった。

    この日は、新入幕の力士・照強(てるつよし)が初出演した。
    彼は「強くなったら、今までうっとうしいなと思ってたことが、ありがたみに感じちゃうときがある」と、
    出世することでものの見方が変わったことを明かした。
    このまま聞き続ければ、おそらく“いい話”が待っている。ゲストも一様に「へぇ」と感心していた。

    だが、さんまひとりだけは理解していないようで「えっ、何が?」と割って入ったのだ。
    そこで、照強はあらためて「今までウワッと思ってうっとうしいと思って聞いた部分が……」と言い直すはめに。
    そして、さんまの冷たい「えっ、何が?」に朝日奈央も「急に……怖い怖い。今、怖かった」と戦慄していた。
    よゐこ・濱口優も、「今メチャメチャ、ええ話ちゃいます? 割って入るなんて、性格疑われますよホンマに」とドン引き。
    一方のさんまは「ええ話でオープニング飾ろうとするから」と言い訳したが、照強は「たまにはいいじゃないですか」と反抗していた。

    「自分の望む展開にならないと冷たくなる傾向は昔からありますが、最初の『えっ、何が?』という反応には、照強が何を話しているのか瞬時に理解できなかったフシがあります」(同)

    また、アドリブが利かなかったり、とっさに言葉が出てこなかったりすることもあるという。
    3月5日の同番組で、参議院議員の三原じゅん子が事務所スタッフとドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)について話していたというエピソードのときのこと。
    三原は、25歳の秘書から「劇中に出てくるような不良学生はマンガだけの世界ですよね」と言われたことを明かした。

    三原といえば、過去にドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の不良役で人気が急上昇した経緯がある。

    これにアイドルグループ・りんご娘のリーダーの王林もビックリしていたため、三原が彼女に「バリバリって言葉知ってます?」と質問し、
    王林が「博多弁ですか?」と聞き返した。それに対して、すかさず「それ言うならバリカタや!」とツッコミを入れたのは陣内智則。さんまは、ただ笑うだけだった。

    「おそらく、これまでのさんまなら抜群の瞬発力で何かしらツッコミを入れているでしょう。しかし、今はその瞬発力が衰えているのです。
    ツッコミができないときは、手に持つ指示棒を机の上で叩いて笑うしぐさをして逃れています」(同)

    ビジネスジャーナル 
    http://dailynewsonline.jp/article/1736938/

    2098270_201710030543066001506978013c


    【明石家さんまの“衰え”が業界内で話題に 話をオトせず、ゲストが愛想笑い、トーク制止】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/21(木) 12:55:47.90 0
    さんま師匠「バストと身長は反比例する」 飯窪さん「へえぇ、凄い発見ですね初めて聞きました」

    さんま師匠
     人の皮膚の面積は決まっていて背が高いと皮膚が上下に伸びるから
     胸にいく肉も少なるなる逆に背の低い女は胸がデカい どやっ
    飯窪さん
     すごい発見ですね、初めて聞きました

    このやりとりを少なくとも3回は聞いた

    title

    【さんま師匠「バストと身長は反比例する」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/19(火) 20:55:17.48 0
    さんま御殿のさんまの態度がひどすぎる

    あからさまにゲストにたいして不機嫌な態度出したり失礼な態度出したり
    相撲取りの奴が嫌いなのか知らんがあれは失礼すぎる

    398563_615

    【【悲報】さんま御殿のさんまの態度がひどすぎる 】の続きを読む

    1: 2019/02/10(日) 08:56:16.76 0
    明石家さんま、幼少期に実母と死別し継母と生活した体験を告白「しょうもないことで悩んでた 横山も悩み事があったら言えよ」

    さんま 何でも答える、何でも言う明石家さんまが、言えないことってやっぱり何個かあんねん
        これはもう、墓場まで持っていこうっていうことがあるのは事実やけど、それを言いたい時もあんねんな
        「これも言うたって、別に」って思うやんか。
        で、若い時の悩みなんて、大したことで悩まないのに、本人は凄い、大したことだと思い込んでな
        悩んで、悩んで、どうしようって。俺なんかでもそうやねんけど、なんでもないことで悩んでて、それを深く悩んで
        「人には言えない」って思って。だから、ウチはお母さんが継母で
        それはもう、俺しかいないと思い込んでたんですよ、小学校の頃
        本当のお母さんは、小さい頃亡くなって。で、次のお母さんが来てくれてんけど。
        それは、誰もいないだろう、こんなの」と思ったら、ある日、お母さんの話になった時に、
        「実は…」って、もうドキドキしながら、勇気を振り絞って、「ウチ、義理のお母さんで、お母さん2回目やねん」って言うたら、
        「あ、俺のところもや」「俺のところもや」って、意外と多いって思って
        「俺は、何をこんなしょうもないことで悩んでたんだろう?」って、深く反省したことはある。

         (中略)
        
    さんま せやから、お前らも言うとけ、カミングアウトや

    横山 悩み事無いですよw毎日ハッピーです

    さんま うせやん、さっきも人生悩んでるっていうてたやん

    横山 なにもないですよ!

    2019 02 09 MBSヤングタウン 土曜日 明石家さんま 村上ショージ 飯窪春菜(モーニング娘。’18)横山玲奈、小田さくら

    ダウンロード


    【明石家さんま、幼少期に実母と死別し継母と生活した体験を告白「しょうもないことで悩んでた」 】の続きを読む

    1: アルテミス@ ★ 2019/02/02(土) 23:33:09.99
    お笑いタレントの明石家さんま(63)が2日、自身がパーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。2020年末に活動休止するアイドルグループ「嵐」について言及した。

     リスナーメールで「嵐」について質問されたさんまは「(活動休止について)連絡なんかはもちろんありませんし」と前置きした上で「2020年だからまだまだか」といった印象を受けた様子。
    さんまは「性格上、宣言したら次の日から休止する性格なんで、休止すると決まってこの2年弱、過ごし方が分からない」とイマイチ嵐の気持ちにはなり切れていなかった。

     嵐の活動休止は残念としながら「キャリアを考えると、俺たち時代のアイドルなんて、あんなに長生き、長持ちすることはないんで。SMAPはその前例で、あっこまで、俺はとうに解散しててもええとか、とうにやめててもええとか思うの超えてるんで。そりゃこういうことにぶつかるやろな」と、長く第一線で活躍したメンバーたちをおもんぱかった。

     さんまは続けて「自分の人生80年と設定したらやりたいこともあるやろし。嵐がまさか、自分らもここまで長く嵐を継続できるとは夢にも思ってなかったのと…瞬間的にテレビ局の、あの枠とあの枠空くなっていう…オファー来たらな」と吐露。さんまならではのきわどいジョークで笑いを誘っていた。

     さんまは、嵐が「1人抜けたら嵐じゃない」という理由で活動休止の道を選んだことを耳にすると、「俺なんか絶対嵐にしがみつきたいから、4人でも嵐でいこうね」とメンバーに提案すると発言。「(休止したら)大野君、プレッシャーになるやんか。大野君に対して気を使う」と、さんまならではの持論も飛び出した。

    20190202-00000189-spnannex-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000189-spnannex-ent

    【さんま「嵐」活動休止の一報聞いて「瞬間的にテレビ局のあの枠空くなっていう…」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/01/31(木) 05:08:55.61
    さんま スキミング被害を告白「秋葉原で電球100個買おうとしてた」

     タレントの明石家さんま(63)が、司会を務める30日放送のフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」で、スキミング被害に遭った経験を打ち明けた。

     スキミングとは、クレジットカードの情報を盗んで複製する犯罪。

     さんまは「俺いっぺんアレ(スキミング)されて。(犯人は)中国語の人やったんですけども、(日本から)帰る時に秋葉原で電球100個買おうとしてたんですよ」と切り出した。

     「ほんで俺んとこに、ちょうど事務所にいたんで、『杉本さん(さんまの本名)に代わってくれますか?』、本人に代わって生年月日言うて」と、さんまのところに怪しんだ秋葉原の店から問い合わせがあった。

     店員が「今、電球100個買おうとしてらっしゃいますか?」と聞いて来たため、さんまは「今、事務所に電話してきたやろ!」と否定。「(店員が犯人に)『ちょっとお待ちください』って言ったら、逃げてはったらしいんだけど」と、犯人は取り逃がしてしまったという。

    f_12024578

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/30/0012024577.shtml

    【さんま スキミング被害を告白「秋葉原で電球100個買おうとしてた」 】の続きを読む

    このページのトップヘ