タグ:日馬富士

    1: あずささん ★ 2017/12/25(月) 07:18:47.11 _USER9
    元横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が発覚して以降、貴乃花親方(45)は沈黙を守り続けている。それゆえ、胸中を窺い知ることはできないが、実は、限られた味方には偽らざる心情を吐露していた。〈白鵬(32)が共謀〉――。そんな苛烈な言葉も混じる貴乃花親方の肉声とは、どのようなものだったのか。

    頑なに口を閉ざしたままの貴乃花親方は、孤立無援の状態。とはいえ、長年支援を受けてきた何人かのタニマチには、相談を持ちかけている。

    そのうちの1人に聞くと、

    「報じられている通り、捜査の目途がつくまで、貴乃花親方は相撲協会による貴ノ岩の聴取には応じないことを決めていました。11月30日に開かれた理事会で、その理由を説明しようとした。ところが、八角理事長の傍に常に付き添っているスポーツ報知出身の広岡勲という理事補佐に言葉を遮られ、何も聞き入れてもらえなかったと肩を落としていました」

    そもそも、相撲協会との決定的な対立は、貴ノ岩の被害届を鳥取県警に提出しながら、相撲協会には報告さえしなかったことから始まったとされている。

    それについて、貴乃花親方は、そのタニマチに次のように告白したという。

    つまり、伊勢ヶ濱親方が協会に対応するものと認識し、最初から無視するつもりではなかったというのである。

    〈実際に、伊勢ヶ濱親方が協会に報告したかどうかは定かではありません。ただ、他の理事の言動から、伊勢ヶ濱親方が協会に報告したものの、出来るだけ大事(おおごと)にしないよう指示されたのではないかと察しました。私は完全にハメられたと感じています〉

    あらためて、これまでの経緯を整理しておくと、モンゴル力士らの懇親会が行われたのは10月25日夜から翌26日の未明にかけてのこと。

    二次会の場となった鳥取市内の高級ラウンジで、貴ノ岩の態度に激高した日馬富士が拳や平手ばかりか、カラオケのリモコンまで使って数十発殴りつけた。その3日後の29日、医療用ホチキス9針で頭部の傷を塞いだ貴ノ岩を伴い、貴乃花親方は鳥取県警を訪れている。

    〈貴ノ岩の傷口を見せたところ、すぐに被害届を出すことになりました。警察官は、頭の傷の状態がかなりひどいものであると、理解したようでした〉

    さらに、犯行現場の状況に関しては、

    〈白鵬はその場にいて、日馬富士が貴ノ岩を殴り続けるのを見ても、一切、止めようとしていない。本当のワルは白鵬だと言っていいくらいです。日馬富士との共謀を疑われても仕方ありません。警察は、その辺りも視野に捜査をすると言っていました〉

    暴行事件の首謀者は白鵬ではないかと主張しているのだ。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    1711290558_1-714x476

    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12250559/?all=1

    【【週刊新潮】沈黙の貴乃花がタニマチに明かした「本当のワルは白鵬」「私は完全にハメられた」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/22(金) 06:05:14.99 _USER9
    21日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、歌手の山本譲二が、幕内・貴ノ岩の元横綱・日馬富士に対する態度に苦言を呈した。

    番組では冒頭から、20日に開催された日本相撲協会の臨時理事会について特集した。臨時理事会では、日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件に関係した力士や親方の処分が下された。
    事件現場に同席していた横綱・白鵬への処分は「暴力を防げず大相撲の信用失墜を招いた」として、来年1月の給与を全額不支給のうえ、2月の給与も5割減額とした。

    事件の張本人である日馬富士は引退勧告相当、貴ノ岩に対しては「守るべき力士」として番付の配慮も決めた。

    スタジオトークの序盤、元力士や相撲関係者からは、今回の処分内容について「予想の範疇」もしくは「横綱(白鵬)への処分は軽い」との意見があがった。

    一方、ゲスト出演した山本は「白鵬と付き合いがありますからね」「友人としては給料をやってよっていう気持ち」「『厳重注意でいいじゃないの~』みたいな…」とコメント。
    そんな山本に、MCの坂上忍は「ご友人としての意見でぜんぜん構わない」と声をかけた。

    その後、貴ノ岩への聴取内容も含めた、日本相撲協会の資料をもとに、事件当時の現場の様子や各人の証言内容を改めて検証する場面では、
    タレントの薬丸裕英が、日馬富士の暴行を白鵬がすぐに止めなかったことを問題視した。

    すると山本は「白鵬は一発で止める気がなかったんだね…」「みんなで和気あいあいとやってて、いきなり殴るバカがいる?」「何かがあったから逆鱗に触れて、
    日馬富士は殴っちゃったと思う」「その原因を白鵬はたぶんわかってるから『一発くらいじゃ止めたくないな』っていう」と、白鵬の心情を推察した。しかし、坂上からは「それだと共犯色が強くなってちゃう」との指摘が。

    さらに山本は、「だから(日馬富士が)一発ぶん殴ったときに『どうもすみません!』と」「貴ノ岩が『反省します、どうもすみません』と言っておきゃ
    たぶんここまではいってないよね…」と、その場で謝罪をしなかった貴ノ岩に、責任の一端があると訴えたのだ。

    カラオケのリモコンなど武器になり得る「物を持ってはいけない」という点については、ほかの出演者とも意見が一致するものの、
    それでも山本は「(白鵬の)友だちだから言うけど」と前置きし、相撲界では2~3度殴られる程度は普通のことだと力説。そんな山本自身も、高校時代は先輩に殴られ「ありがとうございます!」と言っていたそうで、
    「(相撲も)そういう世界だもん」と、暴力を容認するような主張を続けていた。

    2017年12月21日 22時5分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14062322/

    写真
    no title

    【山本譲二 元横綱・日馬富士の暴力を容認する主張 貴ノ岩が謝罪していれば… 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/20(水) 17:18:45.03 _USER9
     日本相撲協会は20日、東京・両国国技館で臨時理事会を開いて元横綱日馬富士の
    傷害事件に絡んだ関係者への処分などを協議したが、暴行を受けた幕内貴ノ岩の師匠の
    貴乃花親方(元横綱)に対する処分は保留された。

     貴乃花親方は巡業部長でありながら、10月下旬の秋巡業中に起きた暴行問題を相撲協会に報告する
    義務を怠るなどの行動が問題視されていた。

     理事会に先立って開催された横綱審議委員会(北村正任委員長)の臨時会合では、
    「貴乃花親方の言動は非難に値する。理事の責任を放棄している」との意見が大勢を占めていた。

     理事会は暴行問題を調査していた協会の危機管理委員会(高野利雄委員長)から
    最終的な報告を受けたが、危機管理委が貴乃花親方からは聴取できていないことから、
    処分決定は見送った。

    0171220at23_p

    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000092-jij-spo

    【相撲協会、貴乃花親方の処分保留 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/20(水) 12:23:46.41 _USER9
    大相撲の元横綱・日馬富士関(33)の幕内・貴ノ岩(27)への暴行問題などの処分を審議する、横綱審議委員会(横審)の臨時会合が20日、東京・両国国技館で開かれた。

     すでに引退している日馬富士関だが、横審としては「引退勧告」に相当する事案であることを確認し、暴行現場となった酒席に同席した横綱・白鵬(宮城野)、鶴竜(井筒)に対し、暴行を止められなかったとして「厳重注意」処分を日本相撲協会に進言することを決めた。

     これを受けて開かれる臨時理事会では元日馬富士関の師匠・伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と、巡業部長でありながら巡業中に起きた暴行事件について、協会への報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)への処分が確実視されている。

    20171220-00000046-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000046-sph-spo

    【【横審臨時会合】日馬富士は「引退勧告」相当、白鵬、鶴竜は「厳重注意」 】の続きを読む

    1: プーアル ★ 2017/12/20(水) 00:02:52.94 _USER9
    大相撲の元横綱日馬富士関による暴行事件を受け、日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の臨時会合と協会の臨時理事会が20日、東京の両国国技館で開かれる。協会関係者によると、巡業部長でありながら秋巡業中での出来事の報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)や、
    元日馬富士関の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)にはともに理事の解任を含めた処分が協議される見込み。

     ただ、危機管理委員会が、被害者の貴ノ岩関を聴取できていないため、師匠の貴乃花親方への巡業部長の解任も意味する処分については、 理事会出席者らから「処分決定を持ち越してはどうか」との意見も出ている。

    9564a_929_spnldpc-20171219-0056-0-cm

    https://this.kiji.is/315860294361515105?c=110564226228225532

    【【日馬富士暴行】貴乃花親方ら理事解任か 臨時理事会20日に開催 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/18(月) 22:39:47.27 _USER9
     元横綱日馬富士関による暴行問題を調査している日本相撲協会の危機管理委員会(委員長・高野利雄外部理事=元名古屋高検検事長)が、元横綱本人に加え、暴行の現場に居合わせた白鵬関、鶴竜関の2横綱に対しても処分を科すことが相当との見解を示す方針であることが18日、明らかになった。

     協会関係者によると、同じ横綱の暴行を間近で見ていながら、防げなかったことについての責任を指摘する声が出ているという。また、既に引退して協会員でなくなった元横綱に対しては、今後、同様の事案が起きた場合の指標とするため、「引退勧告相当が妥当」と提案されるとみられる。

     相撲協会は20日に臨時横綱審議委員会と臨時理事会を開き、危機管理委がここまでの調査結果を報告し、関係者への処分を検討する。
    元横綱の師匠の伊勢ヶ浜親方、巡業部長として協会への報告義務を怠った貴乃花親方も処分対象となる見通し。しかし、被害者の貴ノ岩関への聞き取りは師匠の貴乃花親方が協力を拒んでいるため実現していない。協会は20日以降も継続して協力を要請する考えだ。

    10778747

    読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00050105-yom-spo

    【【日馬富士暴行】「白鵬・鶴竜も処分相当」危機管理委が見解 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/12(火) 07:04:55.10 _USER9
    大相撲の平幕・貴ノ岩(27=貴乃花部屋)に暴行をはたらき頭部にケガを負わせたとして、鳥取県警は11日、傷害容疑で元横綱・日馬富士(33=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ)を書類送検した。鳥取地検は年内にも略式起訴とする見通し。貴乃花親方(元横綱)はスポニチ本紙の取材に、貴ノ岩の体調が思わしくないことを明かし、日本相撲協会の危機管理委員会による聴取は地検の判断まで待つ姿勢を示した。

     貴ノ岩側が鳥取県警に被害届を提出した10月29日から40日余り。元横綱・日馬富士は書類送検された。県警は書類送検時に、起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたとみられるが、鳥取地検は略式起訴する方向で検討に入ったという。地検は詰めの捜査を進め、正式な裁判を求める起訴ではなく、罰金を簡易裁判所に求刑する流れになりそうだ。

     送検により捜査は一つの節目を迎えた。日本相撲協会の危機管理委員会は、元横綱以外にも同席していた白鵬、鶴竜の両横綱、関脇・照ノ富士の聞き取り調査を終えている。だが、被害者である貴ノ岩の聴取は、師匠の貴乃花親方の意向で実現していない。この日は、危機管理部長を務める鏡山理事(元関脇・多賀竜)らが東京都江東区の貴乃花部屋を訪れた。だが、4度目の訪問でも貴乃花親方とは接触できず。冬巡業を休場している貴ノ岩の診断書提出を求める文書と、聞き取り調査を求める文書を入れた封筒をポストに投函(とうかん)した。聞き取りに関して希望の日時も伝えたという。

     11月30日の理事会では、県警の捜査終了後、貴乃花親方が危機管理委員会による貴ノ岩の聴取に協力する意向を示したとされる。だが、現時点で貴ノ岩の状態は思わしくなく、聴取に応じられる状況ではないもようだ。貴乃花親方は本紙の取材に応じ、貴ノ岩の具合について「良くないので大変なことになっているんだよ」と答えた。さらに、日馬富士が書類送検されたことに「捜査に協力するのは国民の義務ですから、協力は惜しみません」と話した上で「まだ全てが終わったわけではない」とあくまで地検の判断を待つ姿勢を示した。

     危機管理委が聴取を要請する文書を出したが、八角理事長は「一番は体調を整えてから。(聴取に)答えられる状況をつくっていかないと」と貴ノ岩の体調を気遣った。危機管理委は20日の横審、臨時理事会までに最終報告を提出したい意向だが、それまでに聴取できるかは微妙な状況だ。世間を揺るがしている暴行問題で、被害者から話を聞かずに最終報告をまとめるのは、あってはならないこと。迅速に問題に対処してきた相撲協会だが、年内決着は厳しい状況となった。

     ▽書類送検 刑事事件の処理方法の一つ。警察が事件に関する書類や証拠を検察官に送ること。身柄の送致は伴わない。被疑者の逃亡や証拠隠滅の恐れがない場合に限られる。書類送検を受けた検察官は事件を裁判所に起訴するかどうかを決定する。

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/12/12/kiji/20171211s00005000313000c.html

    no title

    【貴乃花親方「終わりじゃない」日馬書類送検も聴取は地検判断待つ 】の続きを読む

    このページのトップヘ