タグ:日本テレビ

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/04(月) 13:23:31.04 _USER9
     大食いタレントのギャル曽根が4日、日本テレビ「スッキリ」に生出演。長女が小さいおにぎりなら「50個食べる」と親ゆずりの大食漢になりつつあることを明かした。

     番組では今夜放送される「有吉ゼミSP」の告知のためにギャル曽根が生出演。その中で、ギャル曽根の子供たちが話題となった。

     ギャル曽根は1歳10カ月の娘が「すっごい食べるんです」と打ち明け、「小さいおにぎりなんですけど、50個ぐらい食べる」と一口大のおにぎりなら50個も食べると驚きコメント。これにはスタジオも驚きの声を上げたが、長男についても「遺伝したなと思うんですけど、大きいおにぎりなら5個食べる」と、長男は大人サイズのおにぎり5個をペロリと平らげると明かした。

     これにギャル曽根は「食費がすごい心配です」と率直な感想ももらした。

     また、ギャル曽根自身も食べる量は「全然減らない」と苦笑い。加藤浩次から「胸焼けとかは?」と聞かれると「でも、それはようやく、カツ丼5キロぐらい食べると…」と話し、スタジオは苦笑がもれていた。

    MW-W07-0634

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13979822/

    【ギャル曽根長女(1歳10カ月)、一口大おにぎり50個食べる 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/12/04(月) 05:03:39.14 _USER9
    広瀬すずバッサリ10センチ!人生最短ベリーショート「首が寒い」

     女優、広瀬すず(19)が来年1月スタートの日本テレビ系主演ドラマ「anone(あのね)」(水曜後10・0)の役作りで、人生最短のベリーショートを初披露した。トレードマークのボブを10センチ以上切り、“イケメン少女”に変身したすずは「首が寒いですね」と無邪気な笑顔。同ドラマは、同局系「Mother」「Woman」の制作陣が手掛ける注目作で、瑛太(34)ら豪華俳優陣の出演も決まった。

     10代最後の主演連ドラに賭けるすずが、“覚悟の断髪”を決行した。

     「anone」は、衝撃作といわれた2010年の「Mother」、13年の「Woman」の坂元裕二氏(50)が脚本を手掛け、ネットカフェで暮らす孤独な少女が、絶望から真実の人間愛を見つける姿を描く。

     主人公のハリカは、すずと同じ19歳。幼少期は天真爛漫だったが、ある事件によって両親と隔絶され、自分の世界にこもる挙動不審の少女という難役だ。

     すずは、社会からはぐれたハリカになりきるため、ボブヘアを10センチ以上切った無造作なベリーショートに大変身。ヒロインを務める2019年度前期のNHK連続テレビ小説「夏空」の発表会見が行われた翌日の11月21日に東京都内の美容室でカット。人生最短となる“断髪式”では、特別に自らもハサミを入れた。

     端正な顔だちが映える“イケメン少女”になったすずは「自分の前髪が目の上にある感じが落ち着く、小学校のころの感覚がパッと思い出されてきて、世の中に対して1枚フィルターがかかっている感じがほしいとお願いしました」と長めの前髪を自ら提案。一方、真冬のショートに「首が寒い」とお茶目に笑った。

     また、女優、田中裕子(62)演じるキーマンで、ハリカとある計画を企てる法律事務所勤務の老女の役名がドラマ名と同じ亜乃音と判明。その“謎解き”も注目だ。

     さらに瑛太の出演も決定。3度目の坂元作品で、物語の進展とともに正体が明かされる謎の男役を任され、「自分がどこまで枠を超え飛んでいけるか、想像するだけで心がぐらついています」と責任を感じている。

     名優に囲まれるすずは「先輩方のいろいろなものを観察したい」と女優の転機を意識している。

    役作りで人生最短のベリーショートに変身した広瀬すず(写真:サンケイスポーツ)
    no title

    サンケイスポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000501-sanspo-ent

    【広瀬すず バッサリ10センチ!人生最短ベリーショート「首が寒い」(画像あり)】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/03(日) 22:19:43.34 _USER9
    3日放送の日本テレビ系「真相報道バンキシャ!」(日曜・後6時)では、「貴乃花親方“品格”の神髄 “白鵬が悪い”その真意は」などのタイトルで大相撲の暴行問題について特集した。

     番組ではの貴乃花親方(元横綱、45)の過去のブログを紹介し、貴乃花が横綱の品格について大事にしていることを紹介。

     「品格を大事にする貴乃花親方は今回の暴行事件に関係者にこう話した。『単なる暴行事件ではない』。貴乃花親方は一番悪いのは白鵬だと憤っていたという」とのナレーションが流された。

     暴行騒動があった夜の再現VTRの後、番組MCの福沢朗アナウンサー(53)は「貴乃花親方が協会に頑なな態度を見せているのは、その背景に現場にいた横綱・白鵬の存在があるのではないかということですが…」とコメンテーターにつないでいた。

    20171203-00000206-sph-000-view

    スポーツ報知 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000206-sph-spo

    【貴乃花親方が“白鵬が悪い”と憤っていた「バンキシャ!」が関係者談伝える】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CH] 2017/11/25(土) 10:03:32.31 BE:214658696-2BP(1500)
    『スッキリ』加藤浩次も「なんだよ、それ」とブチ切れ!? 民放が元SMAP退所組を“徹底排除”

    23日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)が、ジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を“排除”するような不自然な映像を放送。
    このとき、司会の極楽とんぼ・加藤浩次が「なんだよ、それ」とブチ切れていたと話題だ。

     この日、日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日のワイドショーは、前日に行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2017」授賞式のVTRを放送。
    “今年最も輝いた男性著名人”に送られる毎年恒例の賞で、今年は稲垣、草なぎ、香取をはじめ、レーシングドライバーの佐藤琢磨、俳優の長谷川博己、ロバートの秋山竜次、
    将棋の佐藤天彦名人、ミュージシャンの野田洋次郎、俳優の斉藤工の計9名が受賞した。

    「授賞式での立ち位置は、元SMAPの3人が真ん中。主催する雑誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)最新号の表紙も元SMAPの3人が飾っており、明らかにこの3人の受賞がメインだった。
    にもかかわらず、日本テレビとフジテレビは、3人がその場に“居なかった”かのような編集を施して放送。
    こんなヘンテコな映像を流すなら、最初から取材に行かなければいいのに、と呆れてしまいます」(芸能記者)

    続きはソースで

    cdac2ff80073eefd82e6af37038c7b8c

    news_header_DSC_7554

    w700c-ez_7fc467bee2bc59eb7ce49d5da923065bef12c6f5af45f7ce

    無題

    http://news.livedoor.com/article/detail/13936032/ 

    【「スッキリ」元SMAPの3人をVTRから完全排除 加藤浩次がブチギレ「なんだよそれ」】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/11/23(木) 04:54:04.77 _USER9
    アジアン『女芸人No.1決定戦』決勝進出 2年8ヶ月ぶりテレビ出演へ

     日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』の準決勝が22日、東京・ルミネtheよしもとで行われ、はなしょー、中村涼子、どんぐりパワーズ、牧野ステテコ、押しだしましょう子、まとばゆう、ニッチェ、ゆりやんレトリィバァ、アジアン、紺野ぶるま(エントリー順)の10組が決勝進出を決めた。

     アジアンのツッコミ担当の隅田美保は、コンビとしての劇場漫才などは続けているが、婚活に専念するため2015年4月からテレビ出演などの仕事をセーブ中。決勝進出の名前を呼ばれると、「お久しぶりでございます」と笑顔。
    コンビとして久々のテレビ出演とあって相方の馬場園梓は「漫才をやらせてもらってますが、その姿をテレビで見てもらえるのがうれしい。楽しんでやりたい」と気合十分に意気込んだ。

     同じく決勝進出となるニッチェの江上敬子は「本当にこういう場に立てて、二人でネタを作り続けてよかった!」とガッツポーズ。
    アマチュア出場の押しだしましょう子は「現在、鳥取市役所で勤めております」と告白して報道陣を驚かせ「お客様がすごい笑っていて、たくさん涙を流したので放心状態です。
    鳥取に引っ越して、鳥取の人に出会ったおかげ。ここに来る時も鳥取の人に暖かく見送ってもらった…」と涙ながらに喜びを語った。

     「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を謳う同番組では、史上初『女芸人No.1決定戦』を開催。
    漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスで“異種格闘技戦”を展開。
    優勝者には、史上初となる『女芸人No.1』の称号と優勝賞金1000万円、副賞として日本テレビの全レギュラー番組の“合計視聴率100%分”出演権が贈られる。
    決勝は、12月11日に日本テレビ系で放送される。

    『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』決勝進出したアジアン (C)ORICON NewS inc.
    no title

    『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』決勝進出したファイナリスト10組
    no title

    https://www.oricon.co.jp/news/2099028/full/

    【アジアン『女芸人No.1決定戦』決勝進出 2年8ヶ月ぶりテレビ出演へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ