中二病速報

    タグ:日本テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/18(金) 06:07:18.94
     20日放送の日本テレビ系バラエティー『誰も知らない明石家さんま 第8弾』(後7:00)では、1994年から17年もの間放送された人気番組『恋のから騒ぎ』が一夜限りの復活を果たす。

     『恋のから騒ぎ』では、さんまと一般女性が赤裸々なトークを繰り広げ、多くの名物キャラが誕生した。あれから約20年、スタジオに当時話題を集めたメンバー(イヤな女:塩村あやか、ほうまん:宝満まどか、ぐれたメーテル:藁谷リサ、獅子舞:富岡佑子、おかやん:岡野麻衣子)が集合する。

     当時の名場面を振り返りながら、その後の恋の結末はどうなったのかを大告白していく。


    20日放送のバラエティー『誰も知らない明石家さんま 第8弾』で『恋のから騒ぎ』が復活(C)日本テレビ
    no title
    オリコン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f77842ec977eae9e9962a3e18234990dbc3f444

    【さんま『恋のから騒ぎ』一夜限りの復活 話題を集めたメンバーが集合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/10(木) 00:26:05.00
    約17年続いた日本テレビ“朝の顔”が、終幕のときを迎えることが決まった。

    「2006年4月から放送されている情報バラエティー番組『スッキリ』が、来年の2023年3月に終了すると正式に決定したようです。すでに後任番組の出演者を調整していて、近日中に日本テレビから公式な発表があるといいます」(日本テレビ関係者)

    『スッキリ』は、これまで何度も“打ち切り”が囁かれてきた背景がある。

    「視聴率では、同時間帯トップのテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』にかなり差をつけられている状態。加えて、昨年3月にはアイヌ民族を描くドキュメンタリーを紹介したお笑い芸人の発言が問題となり、放送直後から批判が殺到。同年7月に放送倫理・番組向上機構(BPO)から“明らかな差別表現を含んだもの”として“放送倫理違反”が指摘され、当時も番組終了が噂されました」(制作会社関係者、以下同)

     さらに、今年6月にはこんな事件も。

    「《独自 愛犬急死“押さえつけシャンプー”ペットサロン従業員ら証言》という字幕を表示し、とあるペットサロンで起きた犬の虐待致死疑惑を取り上げました。この内容に対し、該当するペットサロンの経営者が“事実に反する放送”と主張し、名誉を侵害されたとBPOに申し立て。日本テレビは“事前に十分な取材を行っている”と反論したそうですが、この問題もBPOの審理にかけられる事態となりました」

     放送内容がたびたび問題視されてきた『スッキリ』だが、終了決定にはMCが起こした“あの騒動”も関係しているという。

    全文はソースをご覧ください

    https://www.jprime.jp/articles/-/25785

    c1b2989a162c24aa7637e8641bee6af8bbf7542d68715bbe739bc76c3c8d3b43

    【『スッキリ』が2023年3月に打ち切り決定 17年の歴史に幕 すでに後任番組のキャストを調整中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/09/27(火) 07:54:41.66 _USER9
    元SKE48でフリーアナウンサーの後藤楽々(らら、22)が10月3日から日本テレビ系「Oha!4 NEWS LIVE」(月~金曜前4・30)のカルチャーキャスターに新加入することが26日、分かった。

    後藤は中学3年でSKE入りし、天真爛漫なキャラでシングル選抜メンバー常連に。
    2019年に卒業し、アナウンサーに転身した。
    当時から朝の情報番組に憧れており、「その気持ちがあってセント・フォースに応募した」と元SKEの柴田阿弥(29)ら人気フリーアナを多数擁する芸能事務所に所属した。

    その後、同局系「ZIP!」のリポーターや同局系「ズームイン?サタデー」のお天気キャスターとして経験を積み、今回の大役をゲット。
    〝早朝の顔〟への大抜てきに「びっくりとうれしい気持ち!」と大感激。
    憧れは日本テレビの水卜麻美アナ(35)で、「テレビで見て勉強している」と瞳を輝かせた。

    SKEメンバーについては「須田亜香里さんとたまにお会いしたりします」と笑顔。卒業を発表した〝大先輩〟ら仲間に負けない活躍を目指す。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/56ca4a8a815a62c413f8818858b5501089257685

    SKE48 後藤楽々
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【元SKE48後藤楽々、日テレ「Oha!4」キャスター新加入決定!〝早朝の顔〟大抜てきに「うれしい!」大感激】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/09/23(金) 05:26:48.24 _USER9
     日本テレビの朝の情報番組「スッキリ」のニュースコーナーなどを担当している郡司恭子アナウンサー(32)の発案で、同局がアパレルブランドを立ち上げた。22日に都内で発表会を開催。アナウンサーによるアパレルブランドは史上初という。

     ブランド名は「Audire(アウディーレ)」。ラテン語で「聴く」を意味する言葉で、郡司アナは「アナウンサーが着る洋服ではなく、アナウンサーの声から生まれたブランド。いろんな女性の方に着ていただきたいです」とアピールした。この日は来年春夏コレクションの5点を発表。ECサイトや展示・受注会を通して販売する。

     商品にはアナウンス部員の意見が反映された。ブラウスについては「アナウンサーは画面にバストアップで写るので、襟ぐりのラインが奇麗に見えるようにした」と紹介。下着のラインが見えない工夫も施した。

     昨年8月から計画がスタート。同局の新規事業の社内公募で、今回の事業が採用された。1年以上かけての立ち上げとなり「事業を安全に着地させることに奔走してきました」と感慨深げに語った。

     コロナ禍でアナウンサーの仕事も変化。リモート出演が増え、現場取材の数も減った。「会社や社会に貢献できているのか」と悩むこともあった。今回の事業提案の根底には「アナウンサーの可能性を模索したい」という思いがある。

     予算管理や事業計画書の作成など慣れない業務も多かった。先輩の藤井貴彦アナ(50)からは「壁は情熱だけでしか壊せない。情熱を持って壁を壊そうとすれば、いつかその壁は糧になるよ」と励ましの言葉をもらうなど、多くの人に背中を押されて走ってきた。「新しい筋肉が身に付いた気がする」と自身の成長も実感していた。

     ◇郡司 恭子(ぐんじ・きょうこ)1990年(平2)6月26日生まれ、東京都出身の32歳。慶大卒業後、2013年に日本テレビ入社。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    日テレ・郡司恭子アナ “服業”始めます 社内公募で採用 アパレルブランド立ち上げ
     スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c8c079c48d2c4b0dd97087f32654ea500228aed
    フォトセッションで笑顔を見せる日本テレビの(左から)忽滑谷こころアナ、郡司恭子アナ、佐藤真知子アナ(撮影・木村 揚輔) 
    no title



    【日テレ・郡司恭子アナ “服業”始めます 社内公募で採用 アパレルブランド立ち上げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/09/08(木) 21:46:50.81 _USER9
    今年の日テレ大晦日は「ダウンタウン vs Z世代」で決まり それでも1つだけ不安が

     8月13日、日本テレビでは6年ぶりとなるダウンタウンの単発特番「ダウンタウン vs Z世代」が放送された。お盆休み期間中にもかかわらず、視聴率は12・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)を獲得し、日テレ上層部は胸をなで下ろしているそうだ。大晦日の特番はコレでイケる、と……。

    「ダウンタウン vs Z世代」は、番組タイトルからの想像できるとおり、ダウンタウン率いる昭和世代とZ世代(1990年代半ば~2010年代生まれ)を代表するタレントたちとのジェネレーションギャップを楽しむトークバトルだ。

     昭和世代は、浜田雅功(59)と松本人志(58)に加え、伊集院光(54)、川島明(43)、島崎和歌子(49)、清水ミチコ(62)、古田新太(56)、南野陽子(55)が参戦。

     Z世代は、池田美優(23)、谷まりあ(27)、四千頭身の都築拓紀(25)、本田望結(18)、SixTONESの森本慎太郎(25)、HKT48の矢吹奈子(21)ら30人で、お笑い芸人のみならずジャンルを超えた様々なタレントが集められた。

     このメンバーで、昭和にあった当たり前の暮らしぶり(ネズミ捕り、ハエ取り紙、脱水用ローラー付き洗濯機、水銀の体温計、赤チン……)などを紹介し、Z世代から見てアリかナシかを判定するといった内容だった。確かに面白かったが、これで3時間のトーク番組とは思い切ったものだ。日テレ関係者に聞いた。


    お盆休みに放送したわけ

    「ジェネレーションギャップを楽しむトーク番組は、これまでにも数多く存在しました。この番組が他と明らかに異なるのは、MCがダウンタウンであることです。彼らがトークを笑いに昇華し、家族揃って見やすい番組にしたことが高視聴率につながったと言っていいでしょう」

     しかも、お盆休みという数字が取れない期間に、敢えて放送した。

    「お盆休みは、多くの人が帰省したり、旅行に行ったりするので、視聴率を獲得するのが難しいと言われています。1ケタ視聴率が当たり前という状況の中、同時間帯トップの高視聴率を記録しました」

     8月8日(月)~8月14日(日)の1週間で見ても、バラエティ番組でトップの視聴率となった。数字が取れたから良かったようなものの、せっかくダウンタウンを起用した新たな特番が低視聴率に終わったら目も当てられなかったのではないか。

    「お盆休み期間に放送したのは、意味がありました。帰省している視聴者が、家族揃って楽しむことができるコンテンツを目指したからです。年末の大晦日も状況が似ており、同じような視聴環境だからです」

     デイリー新潮は「今年も『笑ってはいけない』放送ナシ、その一方で日テレが8月にダウンタウン『3時間特番』を放送する思惑」(7月30日配信)で、「ダウンタウン vs Z世代」が高視聴率を取ることができれば、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない」の代わりに放送されると報じた。

    今年も「笑ってはいけない」はない
    「昨年、『笑ってはいけない』シリーズは、コロナ禍でロケが困難だったため、放送を断念しました。代わりに放送されたのが『笑って年越したい! 笑う大晦日』でしたが、残念ながら視聴率は惨敗でした。やはり年末は『笑ってはいけない』シリーズでなければ! という視聴者も少なくないと思いますが、今年も断念せざるを得なくなりました」

    「笑ってはいけない」シリーズは毎年秋には撮影を終了するため、夏前から撮影準備に入るという。

    「今年も夏前からコロナ感染が拡大したため、撮影は不可能でした。加えて、もともと松本人志さんはじめ『笑ってはいけない』シリーズの出演者から、“初老なので体力的にキツい”という声が出始めており、毎年“今年を最後にしたい”という申し出もあったのです。そこで、『笑ってはいけない』シリーズや『行列のできる法律相談所』『有吉反省会』の総合演出を務める高橋利之さんが新企画を提案し、今回の放送に至ったのが『ダウンタウン vs Z世代』でした」

     とはいえ、「ダウンタウン vs Z世代」は「笑ってはいけない」シリーズに対抗できるコンテンツとなり得るだろうか。

    唯一の不安
    「『笑ってはいけない』シリーズは放送後も、毎年、グループ会社のバップからDVDボックスが発売され、Huluでも再生回数を稼ぐお化け

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8582f13823f8a8280b9b75dabfc78e680e78d39c?page=1

    【日テレの大晦日、ダウンタウン再登板へ『笑ってはいけない』に代わる新特番の視聴率が週間トップで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/09/06(火) 21:49:57.81
    佐倉綾音が、9月10日より日本テレビで4週連続放送される「イザミと東京03」にヒロイン役で出演することがわかった。

    no title


    「イザミと東京03」は東京03の地上波冠番組第2弾となる“コントドラマ”。東京03の3人がテレビ業界の一線を退いた男たちを演じ、「VTuberのプロデュースで一攫千金を狙いたい」という角田に飯塚・豊本が声をかけられたところから物語が動き出す。佐倉は3人を振り回すVTuber・恋神イザミ役を担当。「自分の苦手分野に真っ向から挑む形となり、撮影まで毎日台本を持ち歩いて、とにかく毎日胃が痛かったですが、東京03さんの優しさとお茶目さにたくさん助けて頂きました」と撮影を振り返った。

    no title

    VTuber・恋神イザミ

    https://natalie.mu/comic/news/492640

    【【朗報】 声優の佐倉綾音さん、遂に日本テレビのドラマにヒロイン役で出演する模様!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/09/06(火) 06:29:04.50 _USER9
     タレントの王林が、6日放送の日本テレビ系バラエティー『踊る!さんま御殿!!』(後8:00)に出演する。「食に執着する人VS食に無頓着な人」と題した企画で、味付けをめぐって論争が巻き起こる。

     野菜の味の違いを大事にする山之内すずに対して、横川尚隆は「野菜なんて味がしない」と主張。「調味料が好き」という王林が「しょうゆを食べたいからお寿司を食べる」などの話をすると、素材の味を大事にしたい水野真紀は「食材への冒とく」と言い放つ。


     番組では、柏木由紀からケンドーコバヤシに対する“クレーム”も。「緊張しながらごはんを食べたくない」という柏木は、あるとき、ケンコバから、なかなか予約が取れない焼き肉屋に誘われ、行ったところ、そこには知らないおじさんが。初対面で親しげにしてくるそのおじさんに柏木は困ってしまったそう。すると昴生が「僕もそのおじさんに会ったことあるんです」と言い出し、さんまは驚きの声を上げる。

    https://news.livedoor.com/article/detail/22801163/
    オリコン
    6日放送『踊る!さんま御殿!!』に出演する王林(C)日本テレビ
    no title

    【王林「しょうゆ食べたいからお寿司を食べる」水野真紀がバッサリ「食材への冒とく」】の続きを読む

    このページのトップヘ