タグ:日本テレビ

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 18:15:23.55 _USER9.net
     元日本テレビアナウンサーでタレントの脊山が最新DVD「シチリアの休日~みるくぽんの足跡~」を発売。「美しい世界遺産・シチリアの街シラクーサで、猫のように自由に過ごす私をのぞき見しているような気分で観てもらえる作品」と見どころを語る。魅力あるヒップライン維持の秘訣は「お尻の筋トレはトレーナーの人にいろいろとメニューを考えてもらって刺激を与えています。その上でやせ過ぎずに柔らかさが出るようにプロテインを飲んだり食事をとってます」だそうだ。

     ■脊山麻理子(せやま・まりこ) 1980年4月8日生まれ、36歳、東京都出身。身長165センチ、B84・W57・H84。

    http://www.zakzak.co.jp/gravure/idol/news/20170323/idl1703231130001-n1.htm

    画像
    no title

    【脊山麻理子「お尻の筋トレは刺激を与えてます」(画像あり)】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/03/22(水) 17:24:02.55 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    女優・吉高由里子さん(28)が取った軽率な振る舞いに、インターネット上で批判が集まっている。

    吉高さんは朝のニュース番組「ZIP!」(日本テレビ系)にゲスト出演した際、小熊美香アナウンサー(30)に向かって突然、同じくゲストの俳優・坂口健太郎さん(25)の体を突き飛ばしてぶつける行為に出た。
    ぶつかった小熊アナは「妊娠中」であると公表しているため、「あれで転んでたら大変だよ」といった声があがった。

    吉高さんが突然「どーん!」と言いながら、隣の坂口さんを小熊アナに向かって突き飛ばしたのだ。小熊アナは転倒こそしなかったが、体がよろけた。桝アナはたまらず「ああ!」と焦ったように身を乗り出し、
    不意に体がぶつかった形となった坂口さんは小熊アナに「失礼しました」と頭を下げた。小熊アナは笑いながら「大丈夫です!」と安心させて見せ、一方で吉高さんは腹を抱えて笑っていた。

    「ものすごくヒヤヒヤしたわ」

    以前からテレビ出演時やツイッター上の発言について、「天然」「不思議系」などと言われることの多い吉高さん。今回も「天然」ぶりを発揮したか、あるいは単なる悪ふざけと言えばそれまでかもしれないが、
    小熊アナは2月17日に同番組内で第1子妊娠を発表していた。吉高さんがこれを知らなかった可能性はあるものの、形としては妊娠中の女性の体に乱暴をはたらいた結果となり、ツイッター上では吉高さんに批判が噴出した。

    「小熊アナって妊婦さんでしょ、、、あれで転んでたら大変だよ、、、知らなかったのかもしれないけどなにしてんだ吉高由里子」
    「吉高由里子危なー。小熊アナ妊娠してるのに あんな感じで坂口健太郎押すかよ、普通」
    「ものすごくヒヤヒヤしたわ。桝アナも慌ててたね」
    「吉高由里子ほんま無理。坂口健太郎くんを押して小熊アナ妊娠しとるのに当てるとかもう人間としてほんと無理、これで小熊アナの赤ちゃんに何かあったら」

    http://www.j-cast.com/2017/03/22293671.html?p=all

    画像
    no title

    【吉高由里子が妊娠中の女子アナを突き飛ばし非難殺到(画像あり)】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/03/21(火) 21:08:14.44 _USER9.net
    日本テレビ系『PON!』にお天気お姉さんとして活躍する現役女子大生タレント・大石絵理(23)が、21日発売の『増刊 FLASH DIAMOND』(光文社)のグラビアページに登場。セクシーな水着に身を包み、テレビでは見せないしっとりした大人の色気を披露した。

    大石は2009年にモデル界の登竜門である「ミス・セブンティーンコンテスト」のファイナリストに選出され、14年にはトリンプ・イメージガールに抜てき。現在はタレントとして『サンデー・ジャポン』などのバラエティー番組で歯に衣着せぬ“ぶっちゃけキャラ”として、注目を集めている。

    今月25日にはモデルとして『TOKYO GIRLS COLLECTION』に出演するなど、女性人気も獲得中。今年のブレイクタレント候補の貴重な水着姿は、必見。

    http://www.oricon.co.jp/news/2087827/full/

    画像
    no title

    no title

    【お天気お姉さん・大石絵理、テレビで見せない水着姿で大人の色気を発揮(画像あり)】の続きを読む

    1: トペ コンヒーロ(東日本)@\(^o^)/ [US] 2017/03/16(木) 12:34:08.31 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    「辞めたくても、辞められないんですよ」──そう語るのは、芸能プロ関係者だ。

    大みそかの風物詩といえば、NHK『紅白歌合戦』と日本テレビ系『ガキ使スペシャル』だろう。とりわけ後者は昨年10周年を迎え、一部ではロケの過酷さと出演者の高齢化により、「見納めか」ともウワサされたが、現時点では今年の大みそかも放送する方向だという。

    「特に浜田雅功さんの老化が著しい。ロケ終盤には、本気でグッタリしているそうで(笑)。昨年の会見も、声帯炎で欠席。 本人は『できることなら辞めたい』と、こぼしています」(テレビ関係者)

    だが、辞めたくても辞められない事情があるという。

    「吉本興業にとって、同番組は億単位のギャラが入るドル箱。DVDの権利もありますし、なんとしても続けてもらわないと困るんです」(前出芸能プロ関係者)

    画像
    2015y11m24d_191517857

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170316-62712309-nkcyzo

    【大みそか『ガキ使スペシャル』浜田雅功が「ぐったりする辞めたい」】の続きを読む

    1: 2017/03/14(火) 21:42:37.17 _USER9.net
     3月10日放送の情報バラエティ番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)に、元サッカー日本代表の稲本潤一の妻でモデルの田中美保が登場。金曜日の人気コーナー「着こなしガールズコレクション」で、千秋、相川七瀬とコーデ対決することに。自身のセンスとアイデアが勝敗を左右する企画だけに、当然モデルの田中が圧倒的に有利のはずだったが‥‥その田中の風貌が、とてもではないが胸を張ってモデルと言えるものではなかったことで、視聴者に衝撃を与えたようだ。

    「結婚前とは別人といっていいほど、顔と体が激太りしていました。
    田中は12年に稲本と結婚。現在は稲本が北海道コンサドーレ札幌に所属しているため、田中も北海道での生活が今年で3年目。
    地元のローカル番組にも出演中です。しかし、今回は久々の全国放送。
    その変わりようにほとんどの視聴者が一瞬、無言となってしまったようですね。
    同コーナーでMCを務める南海キャンディーズ山里亮太が、田中に何気なしに『オシャレのアンテナは磨き続けてます?』と尋ねましたが、田中が『そうですね、ちょっと‥‥ヤバいと思うんで』と気まずそうに返すのが精一杯だったことからも、本人は激太りしたのを自覚しているようです」(女性誌ライター)

    ネット上では「顔がパンパンだし劣化としか言えない」「幸せ太りでオバサン化しちゃったね」 「もうモデルはできないと思う」「二重アゴが気になりすぎて‥‥」と容赦ないコメントが連打されたが、番組でも総合得点が3人の中で最下位となり、モデルとしては赤っ恥をかく結果となってしまった。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    画像
    無題

    Yahoo!ネタりか
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170314-94609409-asajo

    【二重アゴ 稲本潤一の妻・田中美保の激太り劣化に視聴者あ然(画像あり)】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 04:28:17.76 _USER9.net
    10日深夜に放送の「バズリズム」(日本テレビ系)で、シンガーソングライターの小沢健二が、特異な日本文化に言及した。

    番組では、小沢とバカリズムの初対談が、羽田空港で繰り広げられた。
    ここ20年間をほぼ海外で暮らす小沢から日本語や日本文化を見直す発言が続く中、バカリズムも日本文化で気になることを語った。

    それは日本のトイレのことで、バカリズムは「トイレのレバー、日本だと『大』『小』って水の量なのに、出したもののスケールで…下品じゃん! 『多』『少』で良いじゃないですか」と問題提起。笑いを誘う。

    小沢も「トイレは独特の空間ですよね。日本に来て、1番違う所はトイレ! とにかくトイレに一杯いろんなことが書いてあるのが本当に不思議。きっとトイレが大事なところなんだなと」と、日本の公衆トイレへの印象を語ったのだ。

    さらに、バカリズムがトイレに張られた但し書きについて「『いつもキレイに使っていただきありがとうございます』は、押し付けですよね? 先に言うことで」と指摘すると、小沢は爆笑した。

    この但し書きについて、小沢は「それは、英語で言うと『Passive aggressive(パッシブ・アグレッシブ)』。静かに攻撃的。日本めっちゃ得意ですね。あれ何ですかね!?」と感想を漏らす。
    盛り上がるトークだが、バカリズムが「この話は本当に終わらなくなってしまうので」と話を折り、小沢も「こんなの絶対に終わらないですよ!」と笑っていた。

    画像
    無題

    http://news.livedoor.com/article/detail/12783353/ 
    【小沢健二、特異な日本文化に言及「日本のトイレが本当に不思議」】の続きを読む

    このページのトップヘ