中二病速報

    タグ:斉藤由貴

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/28(火) 06:40:15.96 _USER9
    人気タレントのバロメーターとも言われるCM出演だが、キャスティングの際に「極秘資料」が存在していた。大手広告代理店関係者が声を潜めてこう話す。

    「毎年春に、CM企業2200社やCMクリエーター300人を対象に徹底調査を行って、『使いたい・使いたくないタレント』を一覧にしています。
    クライアントに向けた資料で、企業側が起用したいタレントに本当に宣伝価値があるのか。
    実際に仕事をしたクリエーターの評判も参考にして、テレビで受ける印象ばかりではなく、商品の売り上げを伸ばす上で、タレントとしての振る舞いや実績をシビアに精査しています」

    さて、クライアントが選ぶ「使いたくない女性タレント」1位の烙印を押されてしまったのは、昨年秋に不貞スキャンダルを起こした斉藤由貴だ。

    「相手の男性の頭にアンダーウエアをかぶせた衝撃写真まで流出し、春の時点でもダメージの回復はできなかった。企業にとって起用はリスクしかありません」(前出・広告代理店関係者)

    意外なランクインは2位の広末涼子。昨年は3本のドラマに出演し、目立ったスキャンダルもなかったようだが…。

    「若手時代は“プッツン女優”と呼ばれるほどヤンチャでした。
    CM撮影をすっぽかしたかと思えば、同じ日に都内から千葉まで無賃乗車した奇行を写真誌に撮られたこともあった。
    今でこそ落ち着いていますが、痛い目にあった仕事関係者は危なくて使いづらい印象のままなんです」(CM制作スタッフ)

    3位に選ばれた松嶋菜々子も、事務所のイメージ戦略が足を引っ張っていた。前出の広告代理店関係者がこう明かす。

    「2000年の主演ドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)で最高視聴率34.2%を記録するなど、松嶋ブームが最高潮だった頃の話です。
    CMの撮影日が決まっていたのに、事務所側から『当日に行けるかどうかはわからないし、撮影も本人がコンテを見て判断する』と言ってきたんです。
    スタッフは撮影できるのか、ビクビクして待っていたら、すごく低姿勢でニコニコしながら松嶋が現場入りしたんです。
    コンテを見て判断する話も本人はどこ吹く風で、どうも事務所側が『こんなに忙しい最中でも仕事を受けました』というふうに好感度を上げたかったようなんです。
    そんなことをされて、また一緒に仕事をしたいとは思いませんよ。
    人気が一段落してもCM料金は7000万円と強気で、最近になって下がってきました」

    極秘データの詳細を、8月28日発売のアサヒ芸能9月6日号がレポートしている。

    2905398_280_01

     アサ芸プラス
    http://dailynewsonline.jp/article/1509890/


    【スポンサーが「使いたくない女性タレント」極秘資料を初公開! 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/05/16(水) 11:33:42.83 _USER9
    女優の斉藤由貴が16日放送の日本テレビ系バラエティ番組「1周回って知らない話」(毎週水曜よる7時~)に出演する。
    (略)
    まずは、芸能生活34年、数々の賞を受賞している実力派女優の斉藤が登場。彼女がアイドルとして芸能界デビューしたことを知らない今どきの視聴者のために、「アイドルのイメージないけど、どんだけスゴかったの?」と直球で質問。それに対し、「正直、(アイドルが)とっても嫌でした」という斉藤は、スタジオで昔の自分の映像が出るたび顔をしかめてばかり。
    あるコンプレックスのせいで、「(映像が)何年も残っているのがすごく辛い」と意外な本音を打ち明ける。そんなアイドルの斉藤がいかにして実力派女優になったのか?デビュー当時の美少女CMや伝説のスケバン刑事など貴重映像も交えながら掘り下げる。

    そして、今どきの視聴者からは「ちゃんとお母さんをしているの?」という失礼な質問も。現在3人の子どもを持つ母でもある斉藤だが、東野も「普通じゃないと思う」と疑惑の目。
    そこで今回、大学1年生になる長女にテレビ初インタビューを敢行。若かりし頃の斉藤にそっくりの彼女は、芸能人としてテレビに映る斉藤について「偽りの姿」とコメント。
    「怒るとスケバン刑事」という母の真の姿をぶっちゃける。そして、最近斉藤が口にしたという、「普通のお母さんのほうがいいよね」という言葉に対して、娘は「普通のお母さんより…」と本音を明かす。
    スタジオでこのVTRを見ていた斉藤は思わず言葉を詰まらせ、子どもたちへの思いを口にする。

    続いては、2組の“親バカ芸能人”家族に密着。globeのメンバー、マーク・パンサーは、神戸で暮らす娘に会いに行く。
    (続きはソースをご覧下さい)

    https://mdpr.jp/news/detail/1766478 

    no title

    no title

    no title

    【斉藤由貴の長女がテレビ初出演 テレビに映る母は「偽りの姿」とぶっちゃけ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/04/21(土) 22:29:35.13 BE:232392284-PLT(12000)
     声優の芹澤優(23)が21日、メットライフドームで行われた西武-ロッテの試合前に行われた始球式に登場した。
    西武の背番号「123」のユニホームと白いミニスカートに身を包んだ芹澤がマウンドから投じた1球は ノーバウンドで捕手・森のミットに収まったものの、左打席に立ったロッテ・荻野の背中の後ろを通る“大暴投”となった。

     これには芹澤も苦笑いを浮かべながら平謝りするしかなかった。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180421/geo18042115460017-n1.html

    no title

    no title

    no title

    【斉藤由貴の姪ッ子 声優の芹澤優が始球式でノーバン 中まで丸見え(画像あり) 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/19(火) 19:32:08.97 _USER9
    斉藤由貴と、主治医A氏とのW不倫を『週刊文春』が報じたのが8月のこと。

    同日夜の会見で彼女は関係を否定するも、9月に『FLASH』が2人のキス写真、またA氏が斉藤のものと思われるパンティーを頭にかぶった写真を掲載するとA氏は“完落ち”。テレビのインタビューに対して不倫を認め、彼女もそれに追随したのだった。

    「以降は、'18年のNHK大河ドラマ『西郷どん』への出演を辞退するなど、ほぼ活動休止状態にありました。ですが、1月11日に三谷幸喜さんが脚本・演出を務める舞台『ショーガール』の日替わりゲストとして出演します。映画公開も控えていますし、禊をすませて女優“復帰”といったところでしょうか」(芸能レポーター)

    ところが、別の日にゲスト出演する長澤まさみや、竹内結子らの回のチケットが完売する中で、斉藤の公演日は現状売れ残っている。“50歳にして再ブレイク”と称された近年の活躍ぶりも、やはり不倫騒動は思いのほか大きく影響しているのかもしれない。

    そんな中で“泣きっ面に蜂”と言うべきか、新たな火種が燻っている。ここにきてA氏のクリニックHP上に《お知らせ》として、衝撃の文言が載せられたのだ。問題となった写真の“出元”がA氏側ではないとしたうえで、

    《モルモン教団に属する家族が不正入手したものを加工し、故意にメディアに情報提供したことが確認されています。かくの如く倒錯した団体と当院は無関係です》

    斉藤が夫婦ともにモルモン教徒であることは周知の事実。あたかも“属する家族”、つまり彼女の夫を“犯人”としているようにも思える物言いだ。

    「きわめて親密なプライベート写真だけに斉藤の夫、A氏の妻のどちらかが“売った”との報道も過熱しました。A氏としては妻の疑いを晴らすための、せめてもの償いの行動なのかもしれません」(前出・芸能レポーター)

    事実確認をすべく、クリニックの担当弁護士に回答を求めるも期日までに連絡はなく、かわりに問題の文言がHPから即、削除されてしまった。

    W不倫の“被害者”でもあるA氏の妻に話を聞くも、

    「もう何も(斉藤とは関係)ありません。すみませんがお話はできませんので……」

     一方の斉藤の事務所は、削除される前の文言をすでに「把握しています」として、

    「私どもの見解は“おかしなことをおっしゃっている”ということでしかなく、まったくありえない。事実無根です。

    (A氏側とのつながりは)もうまったくありませんし、お伝えすべきことはお伝えしましたので、申し訳ありませんが(不倫騒動を)蒸し返すこともないです。彼女は静かに、やるべき仕事をやらせていただけたらと思っております」

    W不倫の末、お互いが守るべきは家庭と仕事ということだろう。

     週刊女性PRIME
    http://news.livedoor.com/article/detail/14050835/

    no title

    < 【【週刊女性】斉藤由貴の不倫相手 HPにハレンチ写真流出の “犯人” 掲載で新たな火種勃発か!?】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/24(日) 21:57:20.49 _USER9
    タレント・おのののか(25)が、衝撃の「パンツかぶせ」を告白した。24日に読売テレビで放送された「上沼・高田のクギズケ!」(日曜・前11時40分)に出演。
    女優・斉藤由貴(51)の不倫相手だった男性が女性用パンツをかぶっている様子が写真週刊誌に掲載された話題について、「ふざけて好きな人にかぶせたことがあります」と明かした。

    この発言に司会の上沼恵美子(62)らスタジオ内は絶句。さらに、おのは「遊びで。履いていたもの? いや、洗濯したヤツを。(他の人も)けっこうやってると思います」とケロリ。
    隣に座っていたお笑い芸人の、とにかく明るい安村(35)に「やってないですか?」と振った。

    安村は苦笑しながら「オレは(パンツを)履くのが仕事ですから…。かぶったら(下半身が)丸見えですよ」とタジタジ。
    上沼も「ないです」と言いながら、「私は時々、主人が2階で寝てるとき、白いハンカチをかけたいなと思います」と爆笑を誘った。

     スポーツ報知
    http://news.livedoor.com/article/detail/13656290/

    no title

    【おのののか「パンツかぶせた」と衝撃の告白】の続きを読む

    1: (ヽ´ん`) ★@\(^o^)/ 2017/09/21(木) 12:57:38.40 _USER9
    斉藤由貴、大河ドラマ「西郷どん」出演辞退 NHKが発表

     NHKは21日、50代の妻子ある主治医とのW不倫を認めた女優、斉藤由貴(51)が出演予定だった来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の出演辞退を発表した。

     同局は「来年1月から総合テレビで放送する大河ドラマ『西郷どん』で、幾島役としてご出演いただく予定だった斉藤由貴さんの所属事務所から、本日、出演を辞退したいという申し出がありました。これを受けてNHKとして検討した結果、予定通りご出演いただくのは難しいと判断し、出演者を変更することとしました」と経緯を説明。
    代役については「今後、早急に出演者の選考を進めてまいります」としている。

     前日の20日には、斉藤がゲスト出演していた10月5日スタートのBSプレミアム「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」(木曜後9・0)の第1回を第7回に差し替えると発表。理由について、「ドラマなどで何かを演じての出演ではなく、個人として出演しているので総合的に判断した」と説明していた。

     斉藤は先月、週刊文春に男性医師との不倫を報じられた。当初は否定していたが、不倫関係を認めて謝罪。木曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」は無期限休止が決まっている。

    C9MPOgxVYAAagFy

    http://www.sanspo.com/geino/amp/20170921/sca17092112400001-a.html

    【斉藤由貴、来年の大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退 NHKが発表】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/13(水) 12:48:18.91 _USER9
    爆笑問題の太田光(52)が、女優の斉藤由貴(51)との不倫を認めた50代男性医師のハレンチ写真が週刊誌に掲載されたことについて「犯罪」だと批判した。

    太田は12日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」で、写真週刊誌「FLASH」に掲載された男性医師の写真に言及。
    極私的な写真が掲載されたことに「どっから流出するんだ」と驚き、「人の写真をかってにとってそれを雑誌に出すっていうのは犯罪だよね」と断罪した。

    また、タレントのベッキーの不倫が世間を騒がせていた当時、LINEの内容が流出したことにも触れ、「あれもおかしいなって思った。あんなの公にしちゃっていいのかって。
    人のプライベートなやりとりを。なんでもありになっちゃう。人との個人的なやりとりは基本、ダメだよね、バラしちゃ。
    いくら浮気だ不倫だって言ったってダメだよ」としたが、そうした写真を自身も「面白すぎるから見ちゃう」とぶっちゃけた。

    2006020_201201210323161001327118774c

     日刊スポーツ
    http://news.livedoor.com/article/detail/13605466/


    【爆笑問題の太田光、斉藤由貴不倫の写真流出「犯罪」】の続きを読む

    このページのトップヘ