中二病速報

    タグ:後藤真希

    1: ひかり ★ 2019/07/14(日) 06:26:31.25
    「ねぇ、真希ちゃ~ん」

     しとしとと雨の降る、少し肌寒い7月初旬の朝。相合傘で、仲睦まじく散歩する、1組の夫婦がいた。腕を組み、楽しそうに話し込む合間に、
    夫は優しく妻の名前を呼びかけている。元「モーニング娘。」の後藤真希夫妻である。

    「ご夫婦は、騒動後も仲よく過ごしています。旦那さんは、ときどき2人の子供を自転車に乗せて、保育園に送っていますよ」(近隣住民)

     騒動とは、3月に報じられた後藤の「不倫裁判トラブル」のこと。後藤の夫が、妻の不倫相手に対して損害賠償を求める裁判を起こしたことが
    明らかになると、後藤は自身のブログでの謝罪を最後に、実質的な “活動休止” 状態になっていた。

     だが、6月に裁判で和解が成立したという。芸能界復帰も近いのか? 後藤に声をかけた。

    --ファンも待ってますよ。

    「もう、そろそろとは……」

    --ご夫婦仲はどうですか?

    「大丈夫です」

     満面の笑みで、のろけられた。言葉どおり、後藤は本誌の取材の数時間後に、インスタグラムを約4カ月ぶりに更新。夫婦の絆も、
    “雨降って地固まった” 様子です。

    (週刊FLASH 2019年7月23・30日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190714-00010001-flash-ent

    no title

    【【FLASH】4カ月の沈黙を破った「後藤真希」騒動後初の夫婦デート撮(画像あり) 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/02(火) 19:44:46.53
     モーニング娘。の元メンバーの後藤真希(33)が自身のインスタグラムを更新。イメチェンした新髪型を披露した。

     この日、後藤は「レイヤーをなくして、ぱっつんめのボブヘアにしました」「深めのヴァイオレット系グレージュカラーが最近お気に入り」と髪型や髪色を変えたことをファンに報告。

     そして後藤はイメチェンした新ヘアの画像を投稿。パッツンにしたサイドの髪を強調するように手を添え、髪色も紫がかった透明感のあるヴァイオレットカラーになっていた。

     そんなイメチェンをしたゴマキの投稿に、ツイッターでは「キレイすぎない? この髪型も含め、どタイプ」「ボブになったゴマキかわいい」「永遠に俺の中のアイドル」「ヤバい……やっぱり後藤真希は最強にかわいい」といった称賛のコメントが多数上がっていた。

     今年3月に発覚した不倫騒動以来、SNSを自粛していた後藤だが、7月1日からインスタ投稿を再開。今回のイメチェンは“心機一転”の意味もあったりして!?

    https://taishu.jp/articles/-/66174?page=1

    no title

    【後藤真希、心機一転? 「ぱっつんボブ」の新ヘアにイメチェン! 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/06/06(木) 18:47:02.61
     元モーニング娘。のゴマキこと、後藤真希(33)の夫・A氏が、妻である後藤と不倫関係を持ったB氏に330万円の損害賠償を請求していた裁判で、今月5日に和解が成立していたことが「 週刊文春デジタル 」の取材でわかった。

     第一報は「週刊文春」3月21日号。小誌が入手した裁判資料には、後藤とB氏との生々しいLINEのやりとりや、後藤がB氏との不倫を認める陳述内容が含まれていた。一方、B氏は後藤が夫からDVを受けていたとし、「既に婚姻関係が破綻していたので、(損害賠償の前提である)権利侵害行為は認められない」と主張。訴えの取り下げを主張していた。

     A氏の知人が話す。

    「不倫裁判が公になり、後藤はママタレントとしての仕事を全て失った。裁判が長期化することで、これ以上のイメージダウンを避けたい事務所側が、夫であるA氏に訴えを取り下げるようを説得していました。ところが、A氏は『メンツの問題だ』となかなか首を縦に振らなかった。ただA氏の収入だけでは今後の生活費やローン、子供たちの教育費など、金銭面での不安も多く、A氏はしぶしぶ受け入れることにしたようです」

     関係者によると、和解の条件は「互いに金銭的な要求をしない」というものだった。双方がこれを受け入れ、6月5日に和解が成立。
    約半年におよぶドロ沼裁判は幕引きとなった。

     後藤のブログは3月13日以降更新されておらず、仕事のスケジュールも白紙。後藤は周囲に「イチから出直したい」と話しているという。

    「週刊文春」編集部/週刊文春

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00012265-bunshun-ent 

    20190606-00012265-bunshun-000-view

    【【週刊文春】後藤真希“ドロ沼不倫裁判”に終止符 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/02(日) 04:50:48.13
    ◆ 後藤真希「芸能界引退」ピンチ…“婚約破棄”で元カレが提訴の可能性

    元『モーニング娘。』後藤真希が芸能活動のピンチだ。ヘタをすれば仕事関係者から縁を切られる〝絶縁引退〟の可能性も出ているという。
    後藤は今年3月、一部週刊誌報道で不倫をしていることが発覚。相手は以前に交際していた元カレで、夫のDVを相談するうちに肉体関係を持ったという。

    「本人もブログで謝罪。『夫とは別の男性と関係がありました』と報告し、『夫婦ゲンカを過度な表現にしてしまい』などとつづっていますが、それにしても、元カレとはいえ、あまりに簡単な体の関係。マトモじゃありません。今、仕事関係者は遠巻き状態で、絶縁もあり得そうです」(芸能ライター)

    何より驚かされたのは、後藤の夫A氏が、元カレを相手取って330万円の民事訴訟を起こしていたことだ。

    「理屈的には分かります。日本は一夫一婦制ですし、元カレは既婚女性に手を出す〝不貞行為〟を犯したことになる。だから、裁判になればA氏の主張が認められる可能性は高い。ただ、今回の場合、元カレに相談するという後藤の意識も普通ではありません。必ずしも元カレだけが悪いとはいえませんね」(同・ライター)

    ■ 和解どころか態度を硬化させる

    元カレにしても、よもや裁判にまでなるとは思っていなかったようだ。

    「不貞は不貞ですから、慰謝料で50~100万円。裁判長は元カレの収入状態も判断に入れるはず。和解と謝罪なら100万円いかないと思います」(司法ライター)

    しかし、関係者筋の情報によれば、元カレは憤慨。
    和解どころか、むしろ態度を硬化させて長期化する見込みだという。

    「元カレは後藤より5歳年下の28歳。結婚の約束もしたといい、〝なぜ相談に乗ったオレが…〟という気持ちがあるようです。当然、納得などしないでしょう」(同・ライター)

    もし本当に後藤が元カレに結婚の意思を示し、それが立証できれば、今度は元カレが後藤を相手に裁判を起こすことも考えられる。

    「後藤さんが『夫婦関係は破綻している』などと告げ、元カレさんと結婚前提の交際をしたならば〝婚約破棄〟になり、元カレさんは後藤さんを訴えることができます。後藤さんは裁判でも肉体関係を認め、ブログに書いています。婚約していたとも取られかねない。元カレさんが訴えるかは分かりませんが、後藤さんが訴訟を起こされれば不利は間違いありません」(離婚問題に詳しい弁護士)

    やはり引退へ秒読みなのかもしれない。

    まいじつ
    https://myjitsu.jp/archives/84856

    no title

    【後藤真希「芸能界引退」ピンチ “婚約破棄”で元カレが提訴の可能性 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/29(水) 08:00:55.26
    3月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、元モーニング娘。のゴマキこと後藤真希(33)の元交際相手の男性との不倫を報道。
    記事では、後藤の夫が相手男性に対して330万円の損害賠償を請求しており、裁判で後藤が具体的な不倫内容をつづった陳述書を裁判所に提出したと報じた。

    後藤は、2014年に建築現場で働く3歳年下の夫と結婚し、現在は二児の母。
    昨年10月にはフォトエッセイを出版したり、ベビーブランドのプロデュースや育児系イベントへ出演したりとママタレとしてもブレイクしていた中での不倫報道ということで、大きな衝撃を呼んだ。

    裁判に提出された資料によると、「不倫関係のはじまりは後藤が元交際相手の男性とインターネット上で連絡をとったこと。
    それをきっかけに2018年の初めころから頻繁に連絡をとり合うようになった2人は、都内のアパホテルや錦糸町の“大人のホテル”で、2回にわたり肉体関係を持ったこと」が明らかになっている。

    そんな後藤の不倫裁判が、泥沼化しているという。

    「5月中旬にも公判があったといいます。裁判が長期化しているのは間男が賠償請求に応じないためだそうです。
    相手男性は裁判で、後藤が夫からDV被害を受けていて、“すでに婚姻関係が破綻していたので、権利侵害行為は認められない“と主張。
    婚姻関係が破綻していた証拠として、“後藤とのLINEのやりとり”も提出しています。
    さらに、相手男性は逆に“夫に対して、慰謝料を請求するのでは”なんて話も聞こえてきます」(女性誌記者)

    『文春』の報道後、後藤は自身のブログに直筆の謝罪文を掲載。

    「夫よりDVなどを受けていると報じられていますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやり取りから誤解を招く内容となり、大変反省しております」と、夫からのDVについて完全否定し、仕事関係者やファンに向け謝罪をしている。

    「後藤をDVから救おうとしていた間男からすれば、後藤からもはしごを外されて騙されたという気持ちになっているのかもしれませんね。
    慰謝料の逆請求説が一部で噂されるのは、そうした理由からですかね。
    通常、不倫をめぐる裁判であれば、間男側が謝罪し、賠償金を支払うことで決着しますが、
    今回の後藤の裁判では間男側が和解に応じないため、さらなる長期化が必至と見られています」(前出の女性誌記者)

    後藤にとって、不倫の代償は思った以上に大きなものになりそうだ。

    日刊大衆
    http://dailynewsonline.jp/article/1847632/

    1


    【後藤真希「世紀の不倫裁判」が衝撃の泥沼化!! 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/06(土) 00:12:48.42
    2位白石麻衣!人気があった平成の女性アイドル1位は…

    平成は、女性アイドルブームでしたね。モーニング娘。からAKBグループを筆頭に、様々なアイドルが活躍しました。

    その中で、ダントツに人気があったと思うのは誰ですか?
    そこで今回は、10~40代の男女を対象に特に人気があったと思う平成の女性アイドルについてアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

    ■質問内容

    特に人気があったと思う平成の女性アイドルはどれですか。3つ以内でお選びください。

    ■調査結果

    1位:前田敦子(元AKB48) 28.0%
    2位:白石麻衣(乃木坂46) 23.0%
    3位:後藤真希(元モーニング娘。) 20.0%
    4位:大島優子(元AKB48) 16.0%
    5位:橋本環奈(元Rev. from DVL) 15.0%
    6位:松浦亜弥 10.0%
    7位:安倍なつみ(元モーニング娘。) 8.0%
    8位:渡辺麻友(元AKB48) 7.0%
    8位:山本彩(元NMB48) 7.0%
    10位:西野七瀬(乃木坂46) 6.0%

    ●1位 前田敦子(元AKB48)

    1位は、元AKB48の前田敦子さんです。
    「あっちゃん」の愛称で絶大な人気を誇った元AKBの絶対的センター。
    2011年、「AKB48・22ndシングル選抜総選挙」での「私のことを嫌いになっても、AKBのことを嫌いにならないでください!」というセリフは伝説となっています。
    人見知りでインドア、きっと繊細な女性なのでしょう。たった19歳の少女が、AKBを背負って放った言葉には感銘を受けたファンも多いでしょう。
    この選挙で1位となった前田さんは、AKB48・22枚目のシングル「フライングゲット」のセンターとなりました。
    今は、俳優の勝地涼さんとご結婚されていますね。

    ●2位 白石麻衣(乃木坂46)

    2位は、乃木坂46の白石麻衣さんです。
    乃木坂46を引っ張る正統派美人アイドルの白石さんは「まいやん」の愛称で親しまれています。
    CMや写真集の美しすぎる姿には、本当に魅了されてしまいますよね。しかし白石さんの魅力はこの美しさだけではなく、こんなに美しいのにバラエティに全力で取り組んだり、握手会での気さくな対応だったりします。美人=お高いのでは?と敬遠しがちなファンの心を、がっちりと持っていってしまうのです。

    ●3位 後藤真希(元モーニング娘。)

    3位は、元モーニング娘。の後藤真希さんです。
    「10年に1人の逸材」とつんく♂さんに言わせ、「LOVEマシーン」でセンターを担当するや、あっという間に大人気となりました。
    当時若干14歳!しかし年齢のわりに大人びた容姿は、他のメンバーとは見劣りもせず、むしろ目立っていましたね。「ごっちん」「ゴマキ」と言われて親しまれていました。

    ■過酷なアイドル

    その他、元AKB48の大島優子さん、元Rev. from DVLの橋本環奈さんもランクインされています。
    男性のアイドルと言えばジャニーズ事務所ですよね。ジャニーズアイドルと言えば、ジュニアで育成されてデビューしてジャニーズ好きな女性に支持されて一見順風満帆に活動しているイメージではあります。裏ではいろいろな苦悩があるとは思いますが。
    しかし女性アイドルの場合、過酷な様が私達にもひしひしと伝わりませんか?
    さまざまなアイドルが存在しますが、ジャニーズとは違い、グループではなく個人勝負の傾向が強いですよね。必死で生き残らなければならないので、ずいぶん大変そうです。

    HORANE調べ
    2019年3月
    調査対象:10~40代の男女

    https://movie.smt.docomo.ne.jp/latest_news_rss/1293553/

    no title

    【2位白石麻衣!人気があった平成の女性アイドル1位は… 】の続きを読む

    このページのトップヘ