中二病速報

    タグ:後藤真希

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/06(土) 00:12:48.42
    2位白石麻衣!人気があった平成の女性アイドル1位は…

    平成は、女性アイドルブームでしたね。モーニング娘。からAKBグループを筆頭に、様々なアイドルが活躍しました。

    その中で、ダントツに人気があったと思うのは誰ですか?
    そこで今回は、10~40代の男女を対象に特に人気があったと思う平成の女性アイドルについてアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

    ■質問内容

    特に人気があったと思う平成の女性アイドルはどれですか。3つ以内でお選びください。

    ■調査結果

    1位:前田敦子(元AKB48) 28.0%
    2位:白石麻衣(乃木坂46) 23.0%
    3位:後藤真希(元モーニング娘。) 20.0%
    4位:大島優子(元AKB48) 16.0%
    5位:橋本環奈(元Rev. from DVL) 15.0%
    6位:松浦亜弥 10.0%
    7位:安倍なつみ(元モーニング娘。) 8.0%
    8位:渡辺麻友(元AKB48) 7.0%
    8位:山本彩(元NMB48) 7.0%
    10位:西野七瀬(乃木坂46) 6.0%

    ●1位 前田敦子(元AKB48)

    1位は、元AKB48の前田敦子さんです。
    「あっちゃん」の愛称で絶大な人気を誇った元AKBの絶対的センター。
    2011年、「AKB48・22ndシングル選抜総選挙」での「私のことを嫌いになっても、AKBのことを嫌いにならないでください!」というセリフは伝説となっています。
    人見知りでインドア、きっと繊細な女性なのでしょう。たった19歳の少女が、AKBを背負って放った言葉には感銘を受けたファンも多いでしょう。
    この選挙で1位となった前田さんは、AKB48・22枚目のシングル「フライングゲット」のセンターとなりました。
    今は、俳優の勝地涼さんとご結婚されていますね。

    ●2位 白石麻衣(乃木坂46)

    2位は、乃木坂46の白石麻衣さんです。
    乃木坂46を引っ張る正統派美人アイドルの白石さんは「まいやん」の愛称で親しまれています。
    CMや写真集の美しすぎる姿には、本当に魅了されてしまいますよね。しかし白石さんの魅力はこの美しさだけではなく、こんなに美しいのにバラエティに全力で取り組んだり、握手会での気さくな対応だったりします。美人=お高いのでは?と敬遠しがちなファンの心を、がっちりと持っていってしまうのです。

    ●3位 後藤真希(元モーニング娘。)

    3位は、元モーニング娘。の後藤真希さんです。
    「10年に1人の逸材」とつんく♂さんに言わせ、「LOVEマシーン」でセンターを担当するや、あっという間に大人気となりました。
    当時若干14歳!しかし年齢のわりに大人びた容姿は、他のメンバーとは見劣りもせず、むしろ目立っていましたね。「ごっちん」「ゴマキ」と言われて親しまれていました。

    ■過酷なアイドル

    その他、元AKB48の大島優子さん、元Rev. from DVLの橋本環奈さんもランクインされています。
    男性のアイドルと言えばジャニーズ事務所ですよね。ジャニーズアイドルと言えば、ジュニアで育成されてデビューしてジャニーズ好きな女性に支持されて一見順風満帆に活動しているイメージではあります。裏ではいろいろな苦悩があるとは思いますが。
    しかし女性アイドルの場合、過酷な様が私達にもひしひしと伝わりませんか?
    さまざまなアイドルが存在しますが、ジャニーズとは違い、グループではなく個人勝負の傾向が強いですよね。必死で生き残らなければならないので、ずいぶん大変そうです。

    HORANE調べ
    2019年3月
    調査対象:10~40代の男女

    https://movie.smt.docomo.ne.jp/latest_news_rss/1293553/

    no title

    【2位白石麻衣!人気があった平成の女性アイドル1位は… 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/03/19(火) 16:11:16.13 0
    前号で「週刊文春」が報じた元モーニング娘。の後藤真希(33)をめぐる不倫裁判は、3月18日現在も取り下げられていない。
    後藤の夫・A氏(30)は、後藤の元恋人で不倫相手のB氏(28・独身)を相手取り、330万円の損害賠償を請求する民事訴訟を起こしているのだ。

    小誌発売前日の3月13日、後藤は自身のブログでこう釈明した。

    〈一部週刊誌で報じられている通り昨年、夫とは別の男性と関係がありました。(中略)後悔の思いとともに深く反省しております〉

    ブログで後藤は夫からのDV疑惑を完全に否定。だが昨年、B氏に送られたLINEには、それを示唆する記述が縷々綴られていた。例えば、この一節。

    後藤《また泣けてきた たすけて。》
    B氏《たすけるよ かならず 俺が幸せにしますから》
    (2018年6月8日のメッセージより)

    no title

    B氏の祖母は遣る瀬ない胸中をこう吐露する。

    「お子さんのことを思うと可哀想なことをしたと思います。ただ、孫も彼女に突然ハシゴを外されて……」

    no title


    3月18日、B氏は「週刊文春」の直撃取材にこう答えた。

    「僕は真希さんから、夫の酷すぎるDVの相談を受けていました。彼女は毎日苦しみ、離婚の話もしていた。僕は彼女を救いたいという一心で東京に行きました。順番を間違えたことは後悔しています」

    3月20日(木)発売の「週刊文春」では、オンラインゲーム「モンスターハンター」を介したトップアイドルとB氏の出会いや交際の経緯、夫からゴマキを救い出さなければならないとB氏が真剣に思うに至った2人のやり取りの記録などについて詳報する。
    「週刊文春デジタル」では同日朝5時に関連動画を公開する。

    https://bunshun.jp/articles/-/11106

    【【週刊文春】後藤真希の不倫相手B氏「DV夫から救いたいという一心でした」】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/03/17(日) 11:37:03.87
     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が17日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。元恋人との不倫を告白した元モーニング娘。の歌手、後藤真希(33)について言及した。

     松本は後藤の話題になると「前から思うんですけど、奥さんって旦那が浮気、不倫したら言うじゃないですか。なんなら子どもにも言うし、親にも友達にも言うじゃないですか。男って言わないよね」と持論を展開し、後藤の夫(30)が不倫相手の男性(28)を提訴し係争中であることに「思うのは子どもに知らせてしまったらかわいそうってこと。わざわざどうして公にしてしまうのか、同じ男して分からないところがある」と首をかしげた。

     この騒動を「どうでもいい」と一刀両断していた千原せいじ(49)も「今回(心配に)思うのもお子さんがおられるってそこだけですもんね」と同調。
    松本は「男は嫁が不倫しても誰にも言わんと、子どもには俺が悪いねんって言って別れるよね。泣けるわ~。こんなん言ったら俺が不倫されているみたい…」と笑いを誘っていた。

    20190317-00000133-spnannex-000-view

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000133-spnannex-ent

    【松本人志、ゴマキ不倫騒動「子どもに知らせてしまったらかわいそう」 夫の提訴に疑問 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/15(金) 00:17:55.32
    お笑い芸人の横澤夏子が14日、フジテレビ系「バイキング」で、不倫を認めたタレントの後藤真希が13日に発表した文書について「世間へのお詫びというより、旦那さんへの反省文のような感じがして恐怖を覚えた」と後藤を心配した。

     番組では、元交際相手との不倫をブログで認めた後藤について特集。後藤の夫は、不倫相手に対し、民事裁判も起こしている。後藤はこれらを報じた週刊文春の記事について、ブログで「夫とは別の男性と関係がありました」と認め、夫からのDVは「夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまった」と否定。夫からは「こんな私を許し受け入れてくれた」などとつづっている。

     これについて意見を求められた横澤は「夫婦チームを組んでしっかり戦っていくなら分かるが、この文を読んで、世間の皆さんへのお詫び文というより、旦那さんへの反省文のような感じがしてすごい恐怖を覚えた」と、後藤のブログの文章に違和感を覚えたとコメント。「(夫に)言わされてないよね?って…」と後藤を心配した。

     これに坂上忍は「(この文を)オープンにするのが許してあげる条件の一つみたいな?」と聞くと、横澤は「私は怖くて…。ちょっと引いちゃった」と正直な気持ちを吐露。薬丸裕英も「本当に修復しようと思ってるなら裁判なんかするべきじゃない」と持論を展開していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16158832/

    723f3_50_3d2548cf_09058299


    【横澤夏子 ゴマキのブログに「世間へのお詫びというより、旦那さんへの反省文のような感じがして恐怖を覚えた」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/14(木) 19:30:20.26
    元モーニング娘。の後藤真希(33)が、28歳の一般男性と不倫していたことを「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。正確には、後藤真希の夫である一般男性(30)が、不倫相手に損害賠償を求める民事裁判を起こしていることを報じた、ということになります。

     公に開かれた裁判ですから、週刊誌が嗅ぎ付けるのも自然な流れ。後藤真希のタレント価値を傷つけることは明らかですが、それでも後藤真希の旦那さんは、不倫行為および不倫相手を許せなかったのでしょう。

     裁判に発展せずとも話し合いで和解することは可能ですが、このケースでは後藤真希も不倫相手も肉体関係を認めているものの、不倫相手は「すでに婚姻関係が破綻していると聞いていた(から不倫ではない)」と主張しているので、モメにモメているわけです。

     一方で後藤真希と夫は関係再構築、つまり離婚しないことで合意しているので、不倫相手は分が悪いでしょうか。ちなみに不倫相手は後藤真希の元カレでもあります。旦那も元カレも年下……「中性的な男子が好き」と公言している彼女なので、ヒゲの濃くなる30代以上の男性よりは、若い子のほうが良かったんでしょうね。

     「週刊文春」は裁判資料で明らかにされている不貞行為の実態を克明に記しているのですが、興味深いのは、東京江戸川下町育ちの庶民派で売っている後藤真希が、不倫まで超庶民的だったこと。

     B氏は地方在住の会社員。同誌が掲載した後藤真希の陳述書には、昨年5月22日にB氏が上京し、後藤真希と二人で豊洲のららぽーとへ行き午前中に映画鑑賞。カップルシートを予約済で、<体が密着した状態で、ここでもてをつないだりキスをしたりしてしまいました>というから結構生々しいものがあります。

     その後、B氏が宿泊するアパホテルへ行って<その場でBさんと肉体関係を持ちました><22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました>と陳述書は詳細。一泊二日のデート後半となる23日の午後にはビッグエコーでカラオケを楽しみ<部屋の中でキスやハグをしてしまいました>とのことでした。

     のみならず、6月13日にもB氏は上京し、錦糸町のラブホテルKで密会。<午前10時30分に待ち合わせをし、再度Bさんと肉体関係を持ちました>。

     この不貞行為に夫は前から勘付いていたようですが、証拠となったのは後藤が錦糸町のラブホに車で向かったこと。そのドライブレコーダーが決め手となったそうです。

     それにしても、豊洲ららぽーとで映画を見てアパホテルに泊まり、ビッグエコーでカラオケをし、別日には錦糸町のラブホテルに行くというデートコースは非常に庶民的。「文春」は彼女と夫が地元マッサージ店から出てきたところを直撃しており、後藤真希はどこまでも地元密着型でした。

    resize

    messy 
    https://news.infoseek.co.jp/article/messy_69228/

    【後藤真希の不倫現場が「ららぽ・アパホテル・ビッグエコー・錦糸町ラブホ」で庶民的すぎ! 】の続きを読む

    このページのトップヘ