中二病速報

    タグ:張本智和

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/07/10(火) 07:20:18.41 _USER9
     今年の全日本選手権を史上最年少で制し、五輪の金メダリストたちも次々と撃破。張本智和選手は、弱冠15歳ながら名実ともに日本ナンバーワンに上り詰めた。メディアは当然、その成長過程を知りたがる。すると、彼の地元、仙台に残された遺恨に突き当たるのだ。

     張本選手は、2020年の東京五輪を17歳で迎える。

    「目下のところ、メダル候補の最右翼です」

     そう語るのは、スポーツ紙の五輪担当記者。

    「6月のジャパン・オープンでは、リオ五輪金メダルの馬龍や12年ロンドン五輪で金の張継科といった中国選手を破って初優勝しました。勢いはまだまだ続くと思われるので、各社、張本選手の生い立ちから取材しているのですが……」

     と、口ごもる理由は、

    「彼が小学生時代に所属していた、仙台卓球センターの『仙台ジュニアクラブ』にあります。ここはかつて、福原愛ちゃんもいたんですよ。クラブ代表だった狭間善次さんはこれまで、様々な取材をさせてくれました。でも最近は、“一切、張本のことは喋らない”と取材拒否を貫いているんです」

     いったい、どんな事情があるのか。狭間、張本の双方を知る関係者が明かす。

    「実は、狭間さんと張本家のあいだで金銭トラブルがあったんです。狭間さんは古くから、不動産業のかたわら卓球教室をやっていました。そしていまから20年前、中国でプロ卓球選手だった張本くんの両親を招いた。福原愛ちゃんの親御さんの紹介でした。2人を社員にし、卓球の指導にあたってもらったわけです」

     父親は宇(ゆ)さん、母親は凌(りん)さん。彼らの息子の成長とともに諍いの芽も膨らんだ

    ■写真も燃やされ…

     どういうことかというと、

    「張本くんが強くなり、彼だけが出場する大会が増えました。そこに同行する宇さんを、狭間さん側は“保護者として行っているだけだから仕事ではない”とした。挙げ句、給料のカットを通告して、センターも使用禁止。夫妻は会社を辞め、2年前に『張本卓球場』を開きました。かなりの生徒がそっちへ移りましたね」

     この喧嘩別れには、物騒な噂までつきまとう。

    「センター内に歴代大会入賞者の写真が飾られていました。張本くんのも当然あり、凌さんが写真を引き取りたいと申し出た。すると狭間さんは断り、燃やしてしまったというのです」

     ここは事実関係を当人たちに確認するしかあるまい。まず、狭間氏に接触すると、

    「取材はお断りしているんです。別れるときに嫌なことがあったんだけど、その内容は差し控えたい。でも、“給料を払わない”とは言っていない。凌さんだけが残ってコーチする機会が増えたから、凌さんの給料は上げると言ったけど、折り合いがつかなかった」

     とだけ語り、手でバツを作って口を噤んでしまった。一方の宇さんの話。

    「私からするとクビだけど、あっちはクビじゃないって言う。でもどちらが正しいかは周りの人が知っています。それでいいじゃないですか。センターが使えなくなって苦労したけど、いまはここでやれているから」

     両者はいまも大会などで一緒になるが、挨拶はおろか、目も合わせないという。

     張本選手の父親と給料カットマンの因縁はかなり根深い。ピンポン外交で和平とはいかないようだ。

    ワイド特集「梅雨の晴れ間」より

    週刊新潮 2018年7月5日号掲載

    1807100559_1-714x476

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07100559/?all=1

    【【週刊新潮】張本智和家と地元卓球教室に因縁 給与トラブル 両者の言い分 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/04/16(月) 08:06:47.68 _USER9
    日本男子でナンバーワンといっても、まだ14歳の少年である。大新聞に礼儀を知らない奴だと書かれては張本智和選手も立場がないだろう。怒った日本卓球協会が朝日新聞を記者会見から締め出した一幕とは。
    .
    桜も満開を迎えた3月30日の夕方、日本卓球協会では、平野美宇選手のエリートアカデミー修了とプロ宣言を発表した。が、記者たちの関心を引いたのは会見のペーパーにあった一文である。

    〈朝日新聞デジタルの取材及び本件報道はご遠慮申し上げます〉

     いったい、何をやらかしたのか。運動部のデスクが言う。

    「卓球協会が問題にしたのは、ニュースサイト『朝日新聞デジタル』に掲載された3月10日の記事です」

     その記事は、すでに訂正されているが、当初はこう書かれていた。

    〈日本卓球協会の宮崎義仁・強化本部長は10日、「日本代表の選手らに対し、試合時のマナーについて注意喚起をした」と明らかにした〉

     そこで実際の例として、

    〈1月の全日本選手権の男子シングルス決勝では、優勝した張本智和(エリートアカデミー)が、試合終了後に対戦相手の水谷隼(木下グループ)と握手せずに、ベンチに駆け寄った。この点について、協会は張本を注意した〉

     これにすぐ反応したのがSNSである。そこでは「張本批判」が相次いだという。

    〈相手を馬鹿にするようにでかい声出したりとか卓球の偉い人から注意されて当然だよ お前のそーいうところが水谷選手と違うところなんだよ〉

     折しも記事が出た当日は、カタール・オープンのシングルス準々決勝で、張本はライバルのカルデラノに0―4で惨敗。試合後、本人は泣きに泣いて悔しがっていたという。
    .
    ■翌日に「書き換え」

     ところが、朝日の記事は誤報だった。試合(1月21日)では、優勝の瞬間、張本はコーチの父親に駆け寄ったものの、すぐに水谷と握手を交わしている。

     張本選手の母・凌さんも言うのだ。

    「親としてはこんな記事は見たくありません。智和は水谷選手とちゃんと握手していますよ」

     記事に登場する宮崎強化本部長によると、

    「あの記事は、張本が握手しなかったと卓球協会がレクチャーしたかのように読めるので、我々まで批判されたのです」

     卓球協会の抗議に、朝日は翌日「握手」があったと訂正したが、記者会見からの締め出しは、そのペナルティというわけである。

     そこで、朝日新聞社に聞くと、なぜか間違ったわけではないと言わんばかり。

    「弊社の担当記者は日本卓球協会の説明に即して記事を書きました。その後、同協会などから指摘があり、記事と見出しを一部修正・加筆しました」(広報部)

    「書き換え」で済ませられるのなら、財務省もこんなピンチにならなかったのに。

    「週刊新潮」2018年4月12日号 掲載

    20180416-00540741-shincho-000-view

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00540741-shincho-spo

    【【週刊新潮】朝日新聞「張本智和」誤報で卓球協会出禁に 水谷隼と握手せず】の続きを読む

    このページのトップヘ