中二病速報

    タグ:巨人

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2016/03/17(木) 05:29:58.47 _USER*.net
    元巨人・野村氏 清原被告が保釈されたら「ぶん殴る!」

    覚醒剤取締法違反(使用)の罪で15日に追起訴された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の巨人時代の同僚で、ワイドショーなどに引っ張りだこになっている野村貴仁氏(47)が同日、保釈目前の清原被告への思いを改めて本紙に語った。

    ――清原被告が保釈される流れになったが、今後については…

    野村氏:強い意志(で乗り切る)しかない。また誘惑があるかもしれないけど、気持ちの強さ次第。ところで、清原は会見するんですかね。

    ――報道陣の前で頭を下げることになるのでは

    野村氏:質問はできないんですかね。そこで「野村、許さん」って言っていたのは本当なのか、って突っ込むことはできないんですか。許さんってどういうことなんですかねえ。

    ――もし会ったらどんな言葉をかけたいか 

    野村氏:ぶん殴ってやる(笑い)。まあ、やってしまったことは仕方ない。野球への恩返しをする、それが一番ですよ。プロ野球の世界はもう無理だけど、個人的に少年野球をやって自分が持っている技術を教えてお金をもらえばいい。人は集まるでしょう。高校生でも大学生でもいい。

    ――覚醒剤は再犯率が高いといわれる

    野村氏:今まで断ち切る意識がなかったんでしょう。彼は西武の時から覚醒剤をやっているという噂だった。週刊誌で(薬物疑惑が)出た時だってやめられるタイミングやったのに…。あれだけの成績を残した人なんやから弱い人間ではない。やめようと思えばやめられる強い気持ちを持っていると思う。田代まさしなんか、「ダルク」で働くよりもまだ入っていないといかんでしょう。

    ――野村氏はスパッと断ち切った

    野村氏:僕は(覚醒剤が)効かなかったからね。清原は女がらみだったんでしょう。僕は離婚の問題とかで、結構大変な時やったんでね。

    ――身元引受人はどういう人がいいか

    野村氏:俺がやったろか! 誰でもできるんですよ。PLの先輩後輩でもいい。立場のある人ほど、再犯の時に顔が潰れるから引き受けない。僕の時は高校の同級生がやってくれて、法廷で「漁師をやらせます」と言ってもらいました。責任を持って仕事をやらせますから、と。

    ――古巣の巨人が賭博問題で揺れている。教え子の松本竜也(元巨人)も失格選手になった

    野村氏:素質はあったし、十分にプロでできると思っていたけど…。甲子園(香川県・英明高校)が終わってから全日本に選ばれたのに、10日間に1日しか練習していなかった。それで「プロなんか行くのやめろ」と言うたんです。調子に乗っていたところがあった。入団発表で髪を染めているしね。勘違いしているし、状況の判断ができていない。賭博の事件が発覚する1週間前、テレビで松本の映像をたまたま見たんです。気になったんでその時に知人を通して「どうやってプロに入ったか思い出せ」と伝えてもらったんですけどね。今思えば、虫の知らせやったんかな。

    ――紳士球団なりの重圧もあるのか

    野村氏:関係ない。ギャンブルなんて個人の問題、賭博なんてノーセンスですよ。巨人は素晴らしい、やりやすい球団だった。オリックス時代は荷物も自分で運んでいたけど、巨人は全部やってくれる。球界は日程にしても巨人中心に回っていたところがあった。スキャンダルなんて考えられないですよね。

    画像
    875d3fa8

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00000001-tospoweb-base

    【元巨人・野村貴仁氏 清原被告が保釈されたら「ぶん殴ってやる!(身元引受人)オレがやったろか!」】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 02:29:21.15 _USER*.net
    ◆メジャーでは寛容、クラブハウス内での現金やりとり

    巨人の4選手が関わった野球賭博問題を端に、阪神を含め、「声出し」や「ノック」を介して、チーム内で現金のやりとりがあったことが、話題を集めています。
    賭博行為につながる可能性があるとして、球界内では危機感が募っているようですが、同じようなことがメジャーで取り上げられることは、現時点ではあり得ないような気がします。
    襟元を正そうとする日本球界の倫理観を否定するつもりは毛頭ありませんし、お叱りの意見も承知の上ですが、現状を「過剰反応」と感じるファンの方々も少なくないのではないでしょうか。

    当然の事ですが、米国でも野球賭博行為は固く禁じられています。
    実際、4256安打の最多記録を持つピート・ローズは、監督在任時代の「八百長行為」が発覚し、1989年に永久追放処分を受けました。
    その後、復権への動きはあったものの、現在も認められず、殿堂入りは絶望視されています。

    その一方で、クラブハウス内での現金のやりとりには、常に寛容な空気を維持しています。
    もともと、米国は「チップ社会」。
    本拠地、遠征先を問わず、身の回りの世話をしてくれた用具係らスタッフに、現金や小切手を手渡すのは、常識であり、メジャーリーガーとして最低限のマナーです。
    そんな慣習と同一視するつもりはありませんが、「内輪」での現金のやりとりは、各種イベントのたびに、レジャーまたは余興のひとつとして受け入れられています。

    たとえば、チーム内の親睦目的で卓球大会やビリヤード大会を開催すれば、各自がエントリー費を払い、上位入賞者に「賞金」として贈られます。
    そこには、少なくとも「賭博」のような陰湿な空気はなく、あくまでもみんなで盛り上がったり、楽しんだりするためのものとして介在しています。

    米国には、ラスベガスなどのカジノで各種のスポーツギャンブルが合法化されている社会背景があるため、日本の「賭け事」とは一概に比較することはできません。
    共通するのは、闇社会とつながったり、八百長に直結する敗退行為などが、間違いなく、言語道断ということです。

    ただ、今回のような事件が起こったことを機に、事細かに「悪性」のカテゴリーを区分けしたうえで、マイナスイメージになるようなことを排除し、万人に対して潔癖さを求めようとする風潮には、どことなく違和感を感じてしまいます。

    繰り返しますが、野球選手のみならず、スポーツマンとして、八百長や敗退行為などの賭博行為は、絶対NOです。
    その一方で、他者からの批判を気にするあまり、禁止事項ばかりが増えていく社会が、本当の意味で成熟するとも思えません。

    士気を上げる「声出し」が、たとえ「チップ」や「賞金」を伴ったとしても、本当に賭博行為につながるのでしょうか。
    泥臭くとも、骨太な野球人が日本球界の礎を築いてきた頃を、懐かしく感じてしまう感覚は、やはり時代遅れなのでしょうか…。

    画像
    j8vNUiQs

    http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/column/shikama/news/1617188.html

    【(野球賭博)“チップ社会”の米国 クラブハウス内での「現金やりとり」はメジャーリーグでは寛容】の続きを読む

    1: 代打名無し@実況は野球ch板で 2016/03/15(火) 13:29:33.39
    ひるおびで2007年に毎日放送番組で2009年にプロ野球は極東リーグに移行すると嘘言って視聴者騙した老害玉木正之は他球団でも賭博ノック円陣あるのでは?と聞かれ、 きっぱりと「ない。他球団では聞いたことない。こんな賭博やってるのは巨人だけ」と言った20分後に阪神でも賭博が出たぞw

    画像
    DMA-_MG_0886

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000040-mai-bas   

    【(野球賭博・阪神)評論家玉木正之氏 ブーメラン切れ味鋭すぎwww】の続きを読む

    1: オメガちゃん ★@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 12:59:42.91 _USER*.net
    阪神四藤慶一郎球団社長(55)が15日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場で取材に応じ、チーム内で試合前の円陣での「声出し」やノックで現金のやりとりがあったことを認めた。
    「似たようなことがあったのは否定しない。ノックで罰金をとっているとか、円陣もあったと思う。ここ数年じゃないかな。何千円という話です」と説明した。

    巨人の選手が、自チームの公式戦の勝敗に絡んで円陣での「声出し」で現金のやりとりを行っていたのが発覚したばかり。
    昨秋、巨人の野球賭博問題にともなう球団内の調査で事実を把握し、今年1月にはコミッショナー通達があった。
    同社長は「倫理の問題が問われている。賭博行為につながりかねない。賭博の芽になるし、野球に関する金銭行為は一切やらないと確認している。今後、あったら許されない」と話した。

    画像
    no title

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/1617021.html

    【(野球賭博)阪神でも現金やりとり!球団社長認める 円陣「声出し」やノックで】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 05:05:32.50 _USER*.net
    昨年10月に野球賭博に関与したことが発覚し、11月に日本野球機構(NPB)から無期失格処分を受けた巨人元投手の笠原将生氏(25)が、サンケイスポーツの取材に応じた。
    新たに関与が発覚し、9日に謝罪会見をした巨人・高木京介投手(26)の名をこれまで明かさなかったのは「守ろうとしたから」と釈明し 同氏のルートでは第5の関与者は「いない」と明言した。
    また試合前の円陣で「声だし」をした選手が、試合に勝った後で他の選手から金銭を受け取る「験担ぎ」が行われていたことも告白した。

    笠原氏は、3時間以上にわたり、サンケイスポーツの取材に応じた。
    今月に入り、福岡市内で父親名義で飲食店をオープンし、働き始めた。
    沈黙を破る決意をしたのは、9日に高木京の謝罪会見のニュースを見たからだと明かした。

    「同じブルペンにいて(野球賭博に)誘ったのは僕だから、悪い。『反省しているのなら全て言えよ』という声が多いですけど、実際言えるかというと、言えない。
    高木さんのことを考えて、正解だと思ってやった。(球団は飲食店経営者の賭博相手)Bさんと僕を悪者にしたいのかな。
    (最初の発覚から)4カ月か5カ月、何をしていたんだ、と言われるからだと思う」

    昨年10月、福田聡志元投手(32)の野球賭博関与が発覚。
    笠原氏は、福田氏に負け分を取り立てに来た大学院生Aとの仲立ちをした。
    球団に提出した携帯電話から、野球賭博に関するやり取りが復元され、自身と松本竜也元投手(22)の関与を認めた。
    当時3人は高木京らの名を口にせず、「隠していました」と告白した。

    これまで巨人から4人の野球賭博関与者が出た。
    5人目がいるか、注目が集まっている。「僕のルートでは、5人目は正直にいないです。それは言い切れます。
    違うルートで噂が出ている人は分からない。他の選手には僕も言わないし、僕も分からない」ときっぱり言い切った。

    昨年までの巨人では、トランプ賭博、賭けマージャンなど、一部で恒常的にゲーム感覚での金銭授受が行われていた。
    笠原氏は、試合前の自軍ベンチ付近、ファンの前で行われる円陣で「声だし」を行った選手が、その試合に勝つと金銭を総取りできる「験担ぎ」があったことを明かした。

    笠原氏は「野手は毎日。若手が紙に書いて、ロッカーで集金していくんですよ。声だしした人がチャンスで回ってきたら、なおさら打とうと思うじゃないですか」と話した。
    同氏によれば最初は1人につき1000円程度を受け取るが、連勝で3000円、3連勝で5000円…など、まるで倍々ゲームのように、拠出金が増えていくシステムだったという。

    この「験担ぎ」は、勝敗予想をするのではなく、声だし役が一方的に“ご祝儀”を受け取る方式のため、刑法上の賭博にはあたらない。
    巨人の説明によれば、昨秋のNPB調査委員会による調査で判明したという。
    高橋監督がまだ現役だった2012年5月に始まり、ベンチ全員の士気を高めるためだったと説明。
    金銭のやり取りは「小額」で、現在は一切禁止になっている。

    調査委も「賭け」にあたらないと結論づけ、詳細は公表されなかった。
    昨年11月10日の報告書で「いわゆる非予想型であることから『賭け』にはあたらないが、
    野球試合の勝敗に関して選手間において金銭を授受することも行われていた」と記載されたものが「声だし」を指すとみられる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160314-00000500-sanspo-base
    画像
    no title

    【笠原元投手暴露、巨人選手は公式戦で現金やりとりしていた】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 21:12:43.52 _USER*.net
    プロ野球・巨人の野球賭博問題で、新たに関与が明らかになった高木京介投手(26)について、球団は10日、野球協約に基づき日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーに告発書を提出した。
    これを受け、NPBの調査委員会(委員長・大鶴基成弁護士)が調査に入った。

     熊崎コミッショナーは「有害行為などの不正を徹底的にあぶりだすという固い覚悟で調査に臨む」と語り
    、調査の対象を、高木投手だけでなく巨人の全選手・スタッフにも広げる方針を明らかにした。
    巨人以外の全11球団についてもすでに再調査を指示。状況によっては調査委が他球団の選手からも聞き取り調査を行う可能性がある。また、一般からも広く情報提供を求める方針を示した。

     巨人によると、高木投手は2014年4月下旬、野球賭博への関与で昨年解雇された笠原将生・元投手から野球賭博を持ちかけられ、14年5月上旬まで3、4回、8~9試合を対象に賭けを行った。
    高木投手も事実関係を認めており、熊崎コミッショナーは「現時点では(調査に)それほど長くかからないだろう」としている。
    この日、告発書を提出した巨人の山岸均取締役は「全面的に球団をあげて協力します」と語った。

    画像
    20160310-00000056-asahi-000-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000056-asahi-soci

    【(巨人賭博)NPB熊崎コミッショナー全選手対象調査「徹底的にあぶりだす」】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 23:00:16.37 _USER*.net
    日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は8日、都内の事務局で「開幕を控えたこの時期に、過去の事案ではありますが、新たな事案が発覚しました。おわび申し上げます」と謝罪し、不在だった熊崎コミッショナーのコメント代読した。

     今後は、巨人から告発を受理した後に、調査委員会に調査を委嘱する。
    昨年の調査では発覚しなかった事実については、「調査委員会は捜査権がないという範囲で、できる限りの調査を行った結果。捜査権に等しいような調査は、調査委員会ではできない。
    任意に事情徴収をしたいという関係者が、ヒアリングには応じない事実も実際にあった」と説明した。

    画像
    20160308-00000132-nksports-000-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000132-nksports-base

    【【野球賭博】NPB調査の限界認める「ヒアリング応じぬ事実も」】の続きを読む

    このページのトップヘ