中二病速報

    タグ:巨人

    1: ひかり ★ 2019/05/07(火) 21:55:53.30
     ネオンの看板が連なる飲食店ビルのエレベーターの中、男は同乗していた見知らぬ男性をにらみつけるといきなり胸倉に掴みかかった。隆々とした太い腕で、有無を言わさず男性の首根っこを締め上げると、そのままエレベーターの壁までドスンと突き飛ばした。筋肉トレーニングで鍛え上げられた圧倒的な腕力でミシミシと締め上げると、男性の首はポキッと折れそうなほどひしげた。その怒気を帯びた表情の三角マユの男の正体は誰あろう、読売ジャイアンツ・
    澤村拓一その人だった。

     巨人番記者が語る。

    「澤村は、4月6日のDeNA戦で今季初先発のマウンドに登っていますが、4回4失点、5回まで持たずに降板しています。その翌日には、登録が抹消され、2軍落ちとなりました。その翌週の2軍戦で先発が予定されていたのですが、何の前触れもなく登板を回避したのです。その原因が飲みに行った先で客とトラブルを起したことだった」

     球団関係者が重い口を開く。

    「4月中旬、場所は新宿区内、クラブなど飲食店が立ち並ぶビルのエレベーター内でした。見ず知らずの人の首を締め上げる暴挙には、さすがに澤村と同行していた仲間が止めに入り、男性に大きなケガはなかった。澤村は泥酔状態でまったく覚えていないようです。ちなみに、澤村と一緒だったのは選手ではありません」

     澤村は過去にも酒席でのトラブルを報じられたことがある。同様の騒動を起こし、ひた隠しておきたかっただろうが、その情報はすぐチーム内に拡散。
    みな、あきれ返っている。

    「選手やコーチは『またやらかしたらしいな』と口々に話し、中には担当記者などに『騒動を報じちゃったほうがいい』とお灸をすえる意味で話す声もあったといいます。
    原監督も『またバカをやったんだ』と、もはやオモシロ話として話しているほどです」(スポーツ紙デスク)

     波紋を広げるばかりの暴行騒動だが、その陰では澤村がトレード要員になっていたとも──。

     詳細は5月7日発売の週刊アサヒ芸能5月16日号でレポートしている。

    20190508_asagei_sawamura

    アサ芸プラス
    https://www.asagei.com/126037

    【球界激震!巨人・澤村拓一「泥酔暴行事件」の全貌 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/24(水) 13:42:57.86
    プロ野球選手の岩隈久志投手(38)が、自身の公式インスタグラムを更新。この春に高校に入学した愛娘の写真を公開し、「美少女すぎる」と反響を呼んでいる。

    ■制服姿の美少女の写真を公開
    岩隈投手は「読売ジャイアンツ(巨人)」に所属する38歳。2002年に21歳で結婚し、1男2女を持つ3児の父。22日にインスタグラムにアップされたのは、制服姿の長女の姿。脚の長いモデルのような美少女の写真には、

    「先日長女が高校に入学しました 変わらない優しさそのままに最高の高校生活を送ってほしいです! 僕の仕事のために日本やアメリカで頑張って来てくれた長女の努力する姿を励みに僕も頑張ります!

    僕は参加できませんでしたが、入学式は快晴でジャイアンツも勝って、素晴らしい一日でした」

    という文章が添えられている。

    View this post on Instagram
    先日長女が高校に入学しました^_^ 変わらない優しさそのままに最高の高校生活を送ってほしいです! 僕の仕事のために日本やアメリカで頑張って来てくれた長女の努力する姿を励みに僕も頑張ります!
    僕は参加できませんでしたが、入学式は快晴でジャイアンツも勝って、素晴らしい一日でした^_^
    My daughter has started her high school life! I hope she enjoys school life with her friends!!! Love you my princess!!!

    A post shared by Hisashi Iwakuma (岩隈 久志) (@hisashiiwakuma_21) on Apr 21, 2019 at 4:24pm PDT

    ■過去には難病を患った経験も
    過去には、長女が難病を患い生後2ヵ月で手術を受けたことも公表している岩隈投手。

    「長女は国指定の難病を持って生まれました。生後すぐに大きな手術をし、退院の日に『この病気は15年間異常なしで初めて完治といえます』と言われました。」

    そんな愛娘が元気に成長し高校に入学した姿に、ファンからは祝福の声が寄せられていた。3枚目には長女の頬にパパがキスにしている写真もアップされており、微笑ましい姿に数多くの「いいね」が多数集まっている。

    「こんなの見たらますます応援したくなっちゃうじゃん」

    「おめでとうございます 感動しました」

    「娘さんかわいすぎ」

    「ハーフみたい そしてちゅー嫌がらないのすごい」

    ■若くして父親になる人生
    21歳で結婚し、38歳にして美しい女子高生の父となった岩隈投手。ネット上では、若くして結婚をして23歳で子供を持ついという順調な人生を羨ましく思う声も。
    岩隈投手より1歳年下の妻も、高校生の娘がいるとは思えない若々しさ。美男美女夫婦のラブラブ写真には、羨望や憧れの声も書き込まれていた。

    「わぁ 最高ですね~ ご夫婦のツーショット写真ステキすぎる~ 私も岩隈ご夫妻を見習って頑張り」

    「きれいな奥様 尊敬しあい、感謝しあい、尊重しあい、すてきなご夫婦」

    「お誕生日おめでとうございます 奥様可愛い 仲良くて羨ましいです」

    View this post on Instagram
    10/1 the day we arrived back in Japan was my wife’s birthday. She always puts my kids and myself before her and she’s incredibly well liked by all those around her.
    I’m incredibly grateful for all that she has done for our family.
    We’ve been together for 19 years and I look forward to many more great times ahead.
    We were invited to dinner with Hikomaro-san on her birthday and we were able to surprise her with a nice celebration!

     しらべぇ 
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162071318/

    56835823_457626544980447_6572083444157863114_n

    25017068_1491772007538938_1842483769609551872_n

    https://www.instagram.com/p/BwiTGX3An5Z/


    【ジャイアンツ岩隈久志の娘が美少女すぎる (画像あり) 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/04/19(金) 06:09:29.78
    広島・因島出身の2人組バンド・ポルノグラフィティの新藤晴一(44)が18日までに自身のツイッターを更新。17日に行われたプロ野球・巨人―広島戦(熊本)で、広島からFAで巨人に移籍した丸が5号2ランを放ったあと、恒例の丸ポーズをしたことに苦言を呈した。

    新藤は「いいのよ、丸さん。現チームで全力を尽くして、HR打つのも。全然。ただ、ダイアモンド一周した後のベンチでの『○!首カクカク』とちょっとおちゃらけたパフォは、古巣に対してどうなんだろうか?嫌いになりたくないのよ。嫉妬なんでしょうか」と古巣・広島相手に丸ポーズを決めたことに疑問の声をつづった。

    また、巨人からトレードで日本ハムに移籍した大田を例に出し「日ハムに移籍した大田は、ジャイアンツ戦勝利の時、お立ち台でお決まりのパフォーマンスを促された時、勘弁してください、と言ってたな、と」と比較した。

    このツイートには「丸の本塁打打った後のベンチまでの振る舞いは古巣への敬意が感じられなかった」「同じこと感じたんよね~すっかりちゃっかり巨人の顔つきの○に腹立ったというか」「本当別にいいんですけど、ただ何とな~~く寂しいやら、妬みっぽいやら、変な気持ちになりました」「めちゃくちゃわかる!!まるっと同意 ちょっとイラっとしてしまいます」と賛同の声が寄せられた。

    一方で、「あのポーズは阿部選手がチームに馴染めるようにと始めたんです。別に広島ベンチの方見ながらやってないですよね?現チームで楽しくやってるなら良いじゃないですか。カープファンなら見守ってあげたらどうですか?」「どの試合でもやってるのでむしろカープの時だけやらないのもどうかと思います」「丸選手もジャイアンツに溶け込もうと必死に頑張っているんだと思います」「敬礼ポーズはやってないし良いでしょ」と、新藤の苦言へ“反論”する声も寄せられていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000106-sph-ent

    no title


    関連スレ
    ポルノグラフィティ新藤晴一、巨人・丸選手に苦言「おちゃらけたパフォは、古巣に対してどうなんだろうか?」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555542222/

    【ポルノグラフィティ・新藤晴一、巨人・丸選手 ○ポーズへの苦言ツイートに賛否両論の声 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/07(日) 10:53:14.10
    「ミスター」こと長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(83)の、現役時代の最高年俸は、1972年~1974年の4920万円。いまの貨幣価値で2億5000万円近い。
    2002年度の長者番付では、4434万円を納税しており、推定年収は1億2000万円。当時から肩書は巨人の終身名誉監督なので、現在も同程度の年収と思われる。

     そのミスターが形成した「長嶋家の資産」が、冒頭の表でミスターとオフィスエヌ(以下エヌ社)が持つ、計17億円あまり。ミスターが今も住む(1)田園調布の自宅と、(2)世田谷区の土地がミスターの所有。
    (2)の土地には、かつては一戸建ての豪邸が建っていて、首相だったころの中曽根康弘氏が住んでいた。現在は建て替えてマンションに。家賃は12万円ほど。建物はエヌ社が所有している。

     エヌ社は長年、亜希子夫人が社長を務める資産管理会社だったが、夫人の没後、次女の長島三奈(50)が社長に。現在これらの資産は、事実上、三奈が管理している。
    (3)の貸家は、自宅のごく近くの外国人向けの貸家。ミスター、亜希子夫人、一茂、エヌ社の共有名義だったが、2003年5月に3人が持ち分をエヌ社に売却した。(4)の大田区の賃貸マンションは、家賃22万円ほど。(5)の箱根町の別荘は、現役時代からの思い出の地だ。

     長男の長嶋一茂(53)は、父親の財産についてテレビ番組でこう語っている。
    「全部放棄している。きょうだい4人いるのですが、3等分と言ってある。もめたくないから」

     一茂の資産状況について、ある不動産関係者が語る。
    「不動産投資、株、ファンドをやっている。亡き母が眠るハワイの不動産にも手を出している。過去には先物取引で2000万円を持ち逃げされたと告白したこともあるが、儲かっているようだ。

     いま住んでいる(6)の港区の自宅は、上物込みで2億円で買い、8000万円かけて改装した。賀来千香子も欲しがっていて、あわてて買ったそうだが、この金額をキャッシュで支払った」
    その土地も値上がり。野球より投資の才があるようだ。

    【ミスターの資産】
    (1)大田区田園調布の自宅/地上2階地下1階・敷地面積590平米
    評価額6億3600万円
    (2)世田谷区の賃貸マンション/2階建て全8室・敷地面積770平米 
    評価額5億2400万円(※建物はオフィスエヌが所有)

    【オフィスエヌ(三奈)の資産】
    (3)大田区田園調布の貸家/2階建て・敷地面積320平米
    評価額3億5000万円
    (4)大田区の賃貸マンション/2階建て全4室・敷地面積317平米
    評価額1億6900万円
    (5)神奈川県箱根町の別荘/地上1階地下1階・敷地面積1732平米
    評価額3100万円

    ※このほか、三奈の自宅マンションの部屋(品川区)も所有

    【ナガシマ企画(一茂)の資産】
    (6)港区の自宅/4階建て・敷地面積120平米
    評価額2億3400万円
    (週刊FLASH 2019年4月9日号)

    https://smart-flash.jp/sports/66680?sp 

    no title

    【長嶋茂雄氏の全資産17億円の全貌 田園調布の家は6億円、一茂氏は財産を永久に放棄 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/03/01(金) 06:29:57.04
     スポーツ庁は28日、プロ野球・巨人でエースとして活躍した桑田真澄さん(50)ら8人を同庁参与に任命したと発表した。選手時代の経験などを踏まえ、スポーツ施策全般への意見や助言を求める。任期は2020年3月末まで。

     桑田さんは08年に現役を引退し、早稲田大大学院などで選手を取り巻く環境やスポーツビジネスの研究を続けてきた。同庁の鈴木大地長官は「プロスポーツを中心に様々な知見がある。大所高所から助言をいただきたい」と期待を寄せた。参与にはこのほか、00年シドニー五輪競泳女子日本代表の萩原智子さん(38)、射撃でパラリンピックに04年アテネ大会から3大会連続で出場した田口亜希さん(47)らも就いた。

     読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00050265-yom-spo 

    20180513-OHT1I50222-T

    【【スポーツ庁】桑田真澄さん、スポ庁参与に…長官「助言を」 】の続きを読む

    このページのトップヘ