中二病速報

    タグ:岡村隆史

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/06/14(日) 21:38:33.52
    藤田孝典
    @fujitatakanori
    「岡村発言は本当だった」生活苦のキャバ嬢の風俗デビューが増えている https://blogos.com/outline/463944/
    援助交際の相場が暴落すれば、そこに付け込んだ男たちが無理難題を押し通してくるだろう。
    その結果、貧困に追い詰められ、あるいは精神を病み、自ら命を絶つ女性が続出するのでは?もはや地獄。

    「岡村発言は本当だった」生活苦のキャバ嬢の風俗デビューが増えている
    https://mobile.twitter.com/fujitatakanori/status/1271120206065065986

    Yzg69b-6


    【 「岡村発言は本当だった」生活苦のキャバ嬢の風俗デビューが増えている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/06/02(火) 02:01:27.54
    明石家さんま(64)が30日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演し、インターネットが日常化している時代への思いやSNSにまつわる誹謗(ひぼう)中傷、23日に22歳の若さで亡くなった女子プロレスラー木村花さんについて語った。

    ナインティナイン岡村隆史の新型コロナウイルスにまつわる不適切発言で、NHKに対し、出演する「チコちゃんに叱られる!」降板を求める電子署名運動が行われた。
    さんまは「NHKに1万人以上がそういうの出したって、我々世代では考えられないことが起こって、ゲーム感覚のように」と話した。

    共演する村上ショージが「中傷するやつってそれが正義やと思ってるやつがいる」とコメントすると、「現にそうやと思う。それが正義だと思う人とゲーム感覚でやる人とかいろいろ。足を揚げたらあかんって言うけど、足揚げな我々のトークは攻めていかれへんから、揚げ足を取られるのは覚悟でやっていった方がリスナーのためにはね」と続けた。

    23日に亡くなった木村さんにも言及。さんまは「22歳では無理やな。いろいろ他にもあったんやろうけど、そういうことでああいう結果に。残された人がね。
    あとから残った人間が精神的に大変なんですよ」と、SNSでの中傷に悩んでいた木村さんの苦悩を思いやり、残された母・響子さんを気遣っていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c903a15b627477fe50a31a48938d5241d8ad969

    20200530-25300864-nksports-000-view


    【さんま「ゲーム感覚のよう」岡村降板求める署名に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/05/26(火) 18:52:38.09 0
    ナイナイ岡村、正しかった AV界に大型新人が続々デビュー

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【朗報】ナイナイ岡村、正しかった AV界に大型新人が続々デビュー(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/12(火) 16:18:49.63
     4月24日にラジオ番組で「コロナ明けたら可愛い人がお嬢(風俗嬢)やります」と発言し、「女性蔑視」と批判が殺到したお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)。現在、NHKの『チコちゃんに叱られる!』と大河ドラマ『麒麟がくる』に出演中だが、岡村がNHK側に「チコちゃんを続けたい」と直訴していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    『チコちゃんに叱られる!』は安定して視聴率10%台半ばを記録する人気バラエティ番組。だが、今回の“風俗発言”を受けて、岡村の降板を求める電子署名活動が行われ、5月11日時点で1万8千人以上の署名が集まっている。
     NHK関係者が語る。

    「NHKでは本人がラジオで謝罪していることもあり、降ろすことは考えていなかった。むしろ、2010年にメンタルの問題で休養したこともある岡村が精神的に追い詰められて、『辞めたい』と言い出すことを心配していました。ところが、岡村はNHK側に騒動を謝罪した上で、『番組を続けたい』と懇願したそうです。緊急事態宣言が明ける予定の6月からは、スタジオ収録も再開します」

     NHKに事実関係を確認すると、「出演者との個別のやり取りや番組の制作過程についてはお答えしていません。尚、発言の後、NHKにも視聴者の皆様から厳しい意見や問い合わせが寄せられたことは、当時、番組担当者から所属事務所に遺憾の意とともにお伝えしています」と回答。

     岡村の所属する吉本興業は「番組制作、キャスティングに関わることは回答を差し控えます」と答えた。


     5月13日(水)発売の「週刊文春」では、岡村の相方・矢部浩之との関係性や、独身を貫く私生活の様子、女性観などのほか、安倍首相のイライラの対象、小池知事の“質問封鎖”など、「コロナの主役と悪役」の裏側を28ページにわたって特集する。

    https://bunshun.jp/articles/-/37764 

    tico3rd-w1280

    【【週刊文春】風俗発言の岡村隆史、NHKに「チコちゃんを続けたい」と直訴していた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/08(金) 01:19:04.02
     お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(49)が、7日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に生出演。先月23日深夜放送の同番組内での発言をめぐって、先週の放送で「20年以上にパーソナリティーをやらさせていただいているのですが、たくさんの方に不快感を与えてしまいました。大変な失言だったと思います。情けないです」と生謝罪していたが、この日は改めて感想を口にした。

     岡村は「先週、相方(矢部浩之)が来てくれて、自分が気づかなかった点ですね。ダメなところ、アカンところ、指摘してくれました。生き方を変えなさいと言われました。やっぱりここは自分が変わること、考え方とか、人との関わり方もそうです。特に女性の方々に対する向き合い方というんでしょうか。そういうところを変えていかないといけない」と現在の心境を吐露。

     矢部の指摘を受けて「今すぐすべて全部いっぺんに、というわけにはいかないかもしれません。先週も言ったんですけど、一生懸命やらせていただきたいという風に思っています」と気持ちを語った。

     続けて「いつからかはわからないんですけど、ラジオで言ったことがネットニュースになることが多くなりました。radikoとかたくさんの人がラジオに触れる時代になっていたと思います。そういう時代の変化にも、逆らうというか、昔からのラジオにこだわりすぎて、今までっやってきすぎてしまった思いもあります」とラジオを取り巻く環境の変化に言及。そして「改めて今、このラジオを変えていきたいという風に思います。僕はラジオが好きです。この気持ちだけはこれからもずっと変わることはないと思っています」と率直な思いを打ち明けた。

     先月23日放送の同番組内で岡村は、新型コロナウイルスの影響で収入が減った女性が、収束後に短期的に収入を得るために風俗業に携わる可能性があると発言。放送後から「女性蔑視」「性的搾取」などの批判が集まり、27日にはニッポン放送が『ANN』の番組公式サイトで謝罪し、3日後の『岡村ANN』では、番組全体を使って謝罪。途中からは、相方の矢部浩之(48)も登場し、相方に対して公開説教を行ったことも話題となった。

    ■岡村隆史の冒頭コメント
    こんばんは、岡村隆史です。

    先週の放送からきょうのラジオまで、いろいろと考えてました。先週、相方(矢部浩之)が来てくれて、自分が気づかなかった点ですね。ダメなところ、アカンところ、指摘してくれました。生き方を変えなさいと言われました。

    やっぱりここは自分が変わること、考え方とか、人との関わり方もそうです、特に女性の方々に対する向き合い方というんでしょうか。そういうところを変えていかないといけない。今すぐすべて全部いっぺんに、というわけにはいかないかもしれません。先週も言ったんですけど、一生懸命やらせていただきたいという風に思っています。

    いつからかはわからないんですけど、ラジオで言ったことがネットニュースになることが多くなりました。そして、radikoとかたくさんの人がラジオに触れる時代になっていたと思います。そういう時代の変化にも、逆らうというか、昔からのラジオにこだわりすぎて、今までっやってきすぎてしまった思いもあります。

    改めて今、このラジオを変えていきたいという風に思います。僕はラジオが好きです。この気持ちだけはこれからもずっと変わることはないと思っています。やらせていただける限り、やりたいと思っています。

    きょうは今まで、岡村隆史のANNを聞いてなかった方も聞いていると思います。昔からのヘビーリスナーの皆さんも、聞いてくれてると思います。明るい声といいますか、いつもの声を聞きたいと思ってくれてる人もいるかと思います。

    先週から今週にかけてですけど、たくさんのハガキ、メール、お手紙、本当にありがとうございます。すべてに目を通すことはできていないですが、これから時間をかけてでも、しっかり目を通していきたいと思います。

    できる限りなんですけど、いつもの声をリスナーに届けていくようにしたいと思っております。今、僕から言えること、皆さんに伝えられること、この2時間を通して話していきたいと思っていますので、最後までお付き合いいただけたらと思います。始めて行きたいと思います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000324-oric-ent 

    20200508-00000324-oric-000-view

    【岡村隆史、女性との向き合い方「変えていかないといけない」率直な心境を吐露「僕はラジオが好きです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/04(月) 22:38:30.58
     明石家さんまが2日にMBSラジオで放送された「ヤングタウン土曜日」でパーソナリティーを務め、ナインティナイン岡村隆史がラジオで新型コロナウイルスの感染拡大と風俗をめぐる発言をしたことに触れ、「今回は怒らなければ」「相当落ち込んでいる」などと述べた。

     さんまは「かわいい後輩の岡村がラジオで不適切発言をして、落ち込んでいるらしいんですけども」と岡村に触れた。「プロとしての言葉のチョイスのミスなんで今回は怒らなければいけない」と厳しい一面をのぞかせた。ただ、岡村は普段、何かあればさんまに電話をかけてくるというものの今回はかけてこないという。

     さんまは、かつて岡村が長期にわたって休養したときを振り返り、「岡村が前に精神的に不安定やったときに…何年前かな。そのときにお医者さんから、『さんまさんとしゃべるな』と」と医師が岡村に指示をしたことがあったと述べた。さんまは今回も岡村がその指示に従っているのでは考え、岡村が相当落ち込んでいると推測。
    「うちにも連絡してこないというのはかなり落ち込んでいる。自分のミスやから自分で受け止めなければしかたない」などと再起を期待した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000100-dal-ent

    20200504-00000100-dal-000-view


    【さんま 岡村が「電話もかけてこない」長期休養時を思い「相当落ち込んでいる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/03(日) 11:47:53.77
    お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(35)が3日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前9・54)に出演。「コロナが終息したら美人さんがお嬢(風俗嬢)やる」などと発言し、批判されていた「ナインティナイン」岡村隆史(49)が1日未明にニッポン放送「オールナイトニッポン」に生出演し「至らなさを本当に反省してます。人々に寄り添う思いが、全然自分の頭になかった」と謝罪したことについてコメントした。

    カズレーザーは、岡村の女性蔑視発言を受けて、岡村のレギュラー番組降板を求める署名が行われていることについて「不快感なり、思うことがある方は署名活動するべきだと思うし、もっと集めた方がいいと思います。そういう活動は絶対に発信すべきなんで」と自らの見解を示した。

    その上で「ただこれを受けて岡村さんがどういう行動をとるかっていうのは、これで降板してくれっていうのはNHKに関しては公共放送なんでいろいろあるとは思うんですが、それ以外の番組ですぐに降板につながるっていうのは違う」と指摘。そして「その署名が来たっていうのをどう捉えるかは岡村さん次第だと思う」と話した。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/03/kiji/20200503s00041000116000c.html

    20200428s00041000105000p_view


    【カズレーザー 岡村の降板求める署名活動に「思うことがある方は署名活動するべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ