タグ:山本耕史

    1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/03/21(火) 11:04:31.21 _USER9.net
    俳優の山本耕史(40)が、サントリースピリッツ「澄みわたる梅酒」のウェブムービーで海パン姿を披露した。大河ドラマ『真田丸』でも見せつけた厚い胸板、盛り上がった肩、太い腕という“やせマッチョボディ”を惜しげもなく見せつけている。

    山本は“透明なのに梅酒”という商品コンセプトに合わせ、「○○なのに○○」というテーマで全24パターンのムービーを撮影。肌寒い時期に行われた撮影ながら、「家なのに水着」「デートなのに水着」などで海パン姿に挑んだ。

    特に、水着のまま外を歩く撮影にはひと苦労だった様子。あるパターンは“盗撮風”に屋外で遠くからコソコソ撮影されたため、山本の周りにはスタッフが全くおらず、「本当に僕、水着で街を徘徊しているみたいな風に、何人かは思ったんじゃないかなと思う。ちょっとそこを払拭するのが大変ですね」と振り返った。

    以下略で送りしております。
    全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.oricon.co.jp/news/2087747/full/
    動画は「なのにムービースロット」【http://nanoni.jp/】で公開中です。

    画像 ボディービルダーの体を合成した山本耕史
    no title

    海パンの
    no title

    【山本耕史 海パン姿でやせマッチョボディ 合成でムキムキにも変身(画像あり)】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 08:59:11.90 _USER9.net
    山本耕史 妻・堀北真希の“扉”「まあ、開かないだろうな」

     俳優の山本耕史(40)が18日、TBS系「サワコの朝」(土曜前7・00)に出演。昨年12月に第1子を出産した妻で女優の堀北真希(28)について、相変わらずミステリアスな様子を語った。

     MCの阿川佐和子(63)から「ママになって変わったところは?」と聞かれると「もともと僕と違って多くを語らないし、何か本当のところはどう思っているのかな、と今でも思っている」と語った山本。結婚に至るまでは猛烈アタックで何とか“3番目の扉まで開けた”という話から、阿川が「開けなきゃいけないドアがあと130くらい…」と言われると山本は「開け続けるか…」と言いながらも「もしくは…まあ、開かないだろうな」。元SMAPの香取慎吾(40)から電話番号を聞き出し、親友になるなど、人の心を開くことには定評のある山本も諦め気味の様子を見せていた。

    画像
    20170218-00000088-spnannex-000-view

    スポニチアネックス 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000088-spnannex-ent

    【山本耕史 妻・堀北真希の“扉”「まあ、開かないだろうな」】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2016/03/29(火) 05:26:11.70 _USER*.net
    堀北真希、事実上の引退か CMの契約更新を拒否で業界に激震

    昨年8月に交際0日での電撃結婚を発表し、世間を驚かせた堀北真希。

    「先週は旦那さんが食品や日用品などを買っていかれました。奥さまは1か月くらい前に来られました。
    どちらかというと、旦那さんが買い物に来られるほうが多いですかね。
    1度、週刊誌に撮られてからは、おふたりで来られることはめっきり減りました」(近所のスーパーマーケットの店員)

    舞台『嵐が丘』で共演した山本耕史が、40通以上の“ラブレター攻撃”と新幹線での“待ち伏せプロポーズ”で口説き落としたエピソードは、あまりにも有名だ。

    「もともと、堀北は結婚願望が強い子だったんです。それまで交際報道は1度もなかった彼女だけど、山本の真剣なプロポーズに結婚を即断した。
    見た目はお嬢さまっぽいですが、中身は意外と芯のしっかりした“アネゴ肌”なんです」(芸能プロ関係者)

    '12年にはNHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の主演に抜擢されるなど、人気女優として押しも押されもせぬ地位を確立。

    「今年1月からスタートした『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)にも主演するなど、結婚後も堀北人気は相変わらずです。
    現在はCMも10本に出演しており、まさに事務所の稼ぎ頭ですよ」(スポーツ紙記者)

    彼女が出演するCMのラインナップを見ると、『東京メトロ』『クラシエ』『ライオン』『スズキ』など、日本を代表するような大企業がズラリと並ぶ。
    そんなCM業界に今、激震が走っているという。

    「堀北サイドが、現在出演しているCMの契約更新を拒否しているんですよ。
    スキャンダルのない彼女のイメージはよく、山本と結婚したこともマイナスにはなっていない。なので、企業側も延長を希望したのですが……。
    今は後任のタレントをブッキングしようと、壮絶な“後釜争い”が繰り広げられていますよ」(大手広告代理店関係者)

    女優にとって、CMは大きな収入源。
    しかも、彼女のCM出演料は1年間で2000万円とも3000万円とも言われている。
    それをみすみす手放してしまうのか?

    「実は堀北は3月まで放送していたドラマ『ヒガンバナ』以降、映画やドラマを含めて仕事をいっさい入れていないんです。
    昨年末にファンクラブも解散しています。彼女は以前から子どもを欲しがっていますし、妊活のために仕事をセーブするものだと思っていました。
    でも、短時間で大きな収入を得られるCMの仕事まで断るとは、ただ事ではありませんね。
    だって、菅野美穂や森三中の大島美幸など、“妊活休養”したタレントは多いですが、CMだけは続けていましたからね」(前出・芸能プロ関係者)

    芸能関係者もクビをかしげる事態。だが、こんな話も聞こえてくる。

    「真希ちゃんは、昔から結婚したら家庭に入りたいって言っていました。山口百恵さんみたいになりたいのでは。
    つまり、夫である三浦友和さんを陰で支えた百恵さんみたいに、彼女も山本さんを家庭で支えたいと思っているのでしょう」(堀北の知人)

    画像 堀北真希、事実上の引退か CMの契約更新を拒否で業界に激震
    no title

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160329-00025593-jprime-ent

    【堀北真希、事実上の引退か CMの契約更新を拒否で業界に激震】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 07:21:10.35 ID:???*.net
    “交際0日”の電撃婚から3か月。一度として世に出ていない山本耕史・堀北真希夫婦のツーショットをついに女性セブンがキャッチした──。

    メインエントランスを抜けると天井まで届く本棚がズラリと並ぶ。書物とDVDは全て閲覧自由、併設されたシガーバーでは住人たちが酒を片手に紫煙をくゆらせている。
    フロントには24時間コンシェルジュが待機し、クリーニングやケータリングまで電話1本で手配可能。全室に食器洗浄機、ミストサウナが完備。

    こんな至れり尽くせりのサービスを備える都心の超高級マンションで、山本耕史(39才)と堀北真希(27才)は新婚生活をスタートさせていた。

    11月初旬の週末、手をつないでマンションから出てくるふたりの姿があった。黒のニット帽に黒のジャケット姿の山本に、グレーのコートを羽織った堀北が寄り添う。マンションと隣接するスーパーに立ち寄った後、仲睦まじい様子で夜の街へ消えた。

    8月に交際0日の電撃婚をした山本と堀北。2009年にドラマの共演で知り合い、今年5月の舞台共演を機に、山本がプロポーズした。

    「直筆手紙40通」「新幹線相乗りで指輪をプレゼント」など、山本による執念の“ストーカー愛”が世間を賑わせたが、これまでツーショットもなければ目撃情報も皆無。

    「本当に結婚しているの?」──。一部でそんな声が上がるほど実態の見えない夫婦だったが、この日のふたりには新婚らしい初々しさが溢れていた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151112-00000005-pseven-ent

    画像
    no title

    【堀北真希と山本耕史夫妻 密着手つなぎのツーショット撮った(画像あり)】の続きを読む

    1: 47の素敵な(大阪府)@\(^o^)/  2015/08/22(土) 20:05:59.49 et
    女優堀北真希(26)が、俳優山本耕史(38)と22日、婚姻届を提出したことが分かった。
    2人は今年5月、舞台「嵐が丘」で共演。公演後に交際をスタートしたばかりで、「超スピード電撃婚」となった。

    画像
    002545

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1526942.html  

    【堀北真希と山本耕史が電撃結婚 今年5月舞台共演】の続きを読む

    このページのトップヘ