中二病速報

    タグ:山口真帆

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/11/05(火) 16:05:38.34
    NGT48の元メンバー・山口真帆(24)に対する暴行事件をめぐり、運営会社「AKS」が暴行容疑で逮捕(不起訴)された男性ファン2人に対して3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判。11月5日、被告側、原告側が追加で提出した新たな裁判資料が新潟地裁で開示された。

    AKS側が今回提出した主な証拠は録音データの文字起こし。
    録音データは、暴行事件直後に山口が犯行グループとされている男性らと公園で話し合いをした際のやりとりが記録されたものだ。

    元々は現場に立ち会ったNGTメンバーのM子が録音したデータで、既に第三者委員会に提出された他、音楽関係者やスポンサー、一部のメディア関係者にも出回っている。ニコニコ生放送「直撃!週刊文春ライブ」では、9月7日に公開した。
     
    一方、被告側からは新たな陳述書と共に主に2点の資料が追加された。

    ひとつは事件現場となった同じマンションの2通の賃貸契約書だ。
    主犯格とされる男性は大手不動産会社を通じ、平成29年3月23日に山口の住むマンションの602号室を、平成30年の12月3日には山口の向かいの部屋にあたる314号室を契約していた。

    314号室は、NGTメンバーである太野彩香(22)が以前住んでいた部屋でもある。602号室の家賃は月額約54000円だった。

    「暴行事件の際、犯行グループが太野の部屋からでてきたことで、山口は犯人と太野の繋がりを疑っていた。
    事件直後に、山口が犯人グループに対し『あやかに(※編集部註 太野の愛称)は、どう関わってるの?』『あやかにが鍵をやった(渡した)んでしょ?』『あやかにと連絡取れるんじゃないの?』などと執拗に問い詰めている様子が、録音テープにも記録されている。
    犯人グループとしては、まず太野との繋がりがなかったことを証明したいようだ」(AKS関係者)

    もうひとつは10月30日付のスポニチが掲載した主犯格とされる男性と山口のツーショット写真2枚。
    2017年4月にイベントで撮影された2枚の写真で、2人は指で山口と男性がそれぞれ借りていたマンションの部屋番号を示している。

    「スポニチが『襲撃グループの主犯格とされた男性は約2年前から(山口の)自宅を知っていたことになる』と指摘しているように、犯行グループは山口との繋がりを立証したいのでしょう」(同前)

    被告は提出された陳述書で山口との繋がりを次のようにのべている。

    《私は平成28年11月27日に幕張メッセで開かれた「LOVE TRIP」握手会、平成28年12月17日インテックス大阪で山口真帆と会話をしました。
    どっちの握手会かはっきりしないが、プレゼントを贈りたいから住所を教えてほしいと言って山口真帆の住所を尋ねました。
    山口真帆は私にいいよと言って●●(※編集部註 山口の住所、部屋番号)を教えてくれました。

    ダイレクトメッセージで携帯の電話番号を教わりました。山口真帆の電話番号は両親などの近親者や、メンバーは村雲颯香、菅原りこ、太野彩香にしか教えていないと言っていました。

    山口真帆の電話番号には一回も電話をしていません。もし、他のメンバーといる時に電話をかけてしまったら迷惑をかけてしまうと思ったからです。

    平成28年幕張メッセで開かれた11月の握手会か大阪インテックスで開かれた12月の握手会どちらかで住所を聞いてから何回も衣類やアクセサリーをゆうパックで送りました。本マンションを賃借してからは直接廊下や共有ロビーでプレゼントを渡しました》(陳述書より)

    また、今回AKS側が提出した公園での録音データについても言及している。
    録音データの内容からは、主犯格とされる男性と山口の私的な交際を読み取ることができないが、その理由をこのように述べているのだ。

    《廊下で話をしていた3人の場面ではつながっていた前提の話ができましたが、スタッフ、B(※編集部註 「週刊文春」記事ではM子と表記)が来てからは本当のことを言えず訳の分からないことを言わざるを得ませんでした。
    つながっていることをAKSのスタッフの前で話してしまえば山口真帆がNGT48のルールを破ったとして不利益な処分を受けてしまうからです》(陳述書より)

    他にも被告は、暴行事件後の山口の様子について、《怒っている様子で泣いてはいませんでした》《携帯を首から下げていて通報する気があるなら通報できる状況でした》など警察を呼ぶことに消極的だったと述べている。

    次回は11月25日に弁論準備手続がおこなわれる予定だ。

    https://bunshun.jp/articles/-/15223 

    e758c08a4e891c9b96732e1d74efac9b

    【【週刊文春】新たな証拠開示 AKSは音声データ、犯人側は賃貸契約書と“あの写真”を提出】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/11/02(土) 22:40:25.23
    女優の山口真帆が、11月2日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』49号で同誌の初表紙を飾った。

    1st写真集「present」が好評発売中の山口。グループアイドル卒業後、女優として新たな道を踏み出した彼女の天真爛漫な姿から大人っぽい表情まで、
    見逃せないグラビアが満載。

    また、彼女の内面に迫るロングインタビューを敢行するなど見応えたっぷりの内容となっている。

    なお、山口のグラビアメイキングムービーがスピリッツ公式サイトで11月2日~11月10日まで期間限定配信。スピリッツグラビアサイト
    「スピリッツアイランド」では、山口のアザーカットが公開される。(modelpress編集部)

    https://www.excite.co.jp/news/article-amp/Mdpr_news1890363/

    no title

    no title

    【山口真帆が「スピリッツ」初表紙を飾る 美バストチラリ (画像あり) 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/11/02(土) 01:09:26.45
    NGT48暴行事件をめぐりグループ運営会社「AKS」が犯行グループを相手取って起こした民事訴訟が新潟地裁で進行中だが、この事件について報じたネットニュースについて、被害者の元メンバー・山口真帆(24)がツイッターで《名誉毀損すぎる》などと反論したことが話題になっている。

    これについて、かつて山口と直接仕事をしたことがあるという、NGTスタッフが「週刊文春デジタル」の取材にこう答えた。

    「『また起きてしまったか』といった感じです。今までもですが、彼女は大人の考えていることの”斜め上”をやってしまう。
    あの行動は彼女が単独で動いたことでしょう」

    10月30日付のスポニチが掲載したのは、主犯格とされている男性と山口のツーショット写真。
    2017年4月に千葉・幕張メッセで開催された写真イベントで撮影されたという2枚の写真の中で、2人は指で数字を示している。

    数字は事件現場となったマンションの、山口と男性のそれぞれが借りていた自宅の部屋番号だという。
    「襲撃グループの主犯格とされた男性は約2年前から(山口の)自宅を知っていたことになる」とスポニチは指摘した。

    この報道に対して、山口の反応は早かった。同日午前6時過ぎ、たて続けにツイッターに反論を投稿。
    山口がNGT事件について触れるのは事務所移籍後、初めてだ。

    《スポニチさんが名誉毀損すぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます。
    ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません。
    AKB新聞やってて写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる》

    《独占入手って昨日の裁判資料?横流ししてもらった以外何があるんだろう?襲われたら会社に謝されて、メンバーにはSNSで嫌がらせされて、辞めてからは他のメンバーがやってたことを私のせいにされて。こんな会社ある?
    犯人との私的交流は現メンバーが認めてるのに。出してないけどその音声もあります》

    山口の反論には多くのファンが反応し、現在のリツイート数は3万5千件を超え、10万以上の「いいね」が付いている。写真の出所にも関心が集まっている。

    「山口が指摘した通り、写真は裁判の証拠資料として提出されているものです。
    AKSは写真の出所について関与を否定していますが、スポニチといえば『AKB新聞(月刊AKB48グループ新聞)』の販売元で、AKSとスポニチの両者が蜜月関係にあるのは公然たる事実。

    AKSはくだんの写真よりもさらに強い証拠を準備しており、二の矢、三の矢として提出する予定だと言われています。
    裁判を通して、事件にはNGTメンバーが関与していなかったこと、ひいては『メンバーが犯人をけしかけて、犯行が行われたというのは、山口の妄言だった』ことを立証するため、AKSの吉成夏子社長は躍起になっています」(同前)

    今回の山口のツイッター投稿に対して、メンバーの保護者は激怒している。

    「山口さんの言う通り、あの写真だけでは客観的証拠として、2人のつながりを立証するには弱いとは思います。
    ただ、それより保護者らが問題視しているのは、山口さんがツイッターに書いていた《メンバーから嫌がらせを受けていた》という部分です。

    突発的にあのようなことを書かれても、今のNGTメンバーが二次被害を受けるだけです。
    現在、何も情報発信をする手段のないメンバーの子たちは、泣き寝入りするしかない状況になっています。
    保護者会では山口さんに対して訴訟を起こそうという話も出ています」(メンバーの保護者)

    ネットでは山口が“誤った報道”に対して果敢に反論したと、賞賛や応援の声が集まっている。だが、業界関係者は冷ややかな眼差しを向けている。

    「スポニチはAKSだけではなく、山口の現所属事務所である研音との関係も良好で、記事を出す前には仁義を切り、確認作業をしている。
    にもかかわらず、《名誉毀損すぎる》とまで書いた山口の行動は事務所、スポニチとしても想定外だったようです。

    彼女は感情的になると暴走することもあり、スタッフに対して1日に同じ内容のメールを連続して何通も送ることもある。
    山口の精神面を心配している関係者は多いですよ」(スポーツ紙芸能デスク)

    全文
    https://news.livedoor.com/article/detail/17321078/

    130f2_1386_878e93b63daa8eaacf284cffbd36621a


    【【週刊文春】 山口真帆の投稿にNGTメンバーの保護者が激怒 「集団訴訟も検討」 】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/10/30(水) 10:57:24.16
    犯人さん「俺が持ってる他のメンバーのスキャンダル売ったらNGT終わりますよ?」と運営に交渉していた

    no title


    【山口真帆「犯人がスキャンダルを売ると脅して運営と交渉してたと警察から聞いた」】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/10/30(水) 10:46:17.89
     元NGT48で女優の山口真帆(24)が30日、自身の公式ツイッターを更新。この日一部報道で、昨年12月に自身に暴行を加えたとして逮捕され男性らとの私的交流を示す“証拠”として、主犯格男性との2ショット写真が掲載されたことについて「名誉毀損すぎる」と怒りをあらわにした。

     掲載された写真は、2017年4月に千葉市内で行われたNGT48のイベントで撮影されたもので、ファンと2ショット写真を撮ることができるもの。報道によると、山口と当該男性は、新潟市内に双方が借りていたマンションの部屋番号の数字を手で表した写真を撮影したという。

     これに山口は、ツイッターで「名誉毀損すぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます」と激怒。「ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。
    それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません」「写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる」と反論した。

     山口はさらに「独占入手って昨日の裁判資料?横流ししてもらった以外何があるんだろう?」と、報道機関とAKSの“つながり”も示唆。「襲われたら会社に謝されて、メンバーにはSNSで嫌がらせされて、辞めてからは他のメンバーがやってたことを私のせいにされて。こんな会社ある?」と改めてAKSを猛批判し、「犯人との私的交流は現メンバーが認めてるのに。出してないけどその音声もあります」と、自身も物証を保持していることを明らかにした。

     山口は昨年12月に新潟市内の自宅前で男性2人から暴行を受けたとして、今年1月に自身のSNSで告発。男性2人は新潟県警に逮捕されたが、不起訴となっていた。AKB48グループの運営会社・AKSは、男性2人を新潟地裁に提訴したが、9月に行われた進行協議で、被告側は山口との私的なつながりがあったことを主張。今月28日の弁論準備手続では、つながりを示す物証を数点、提出していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000031-dal-ent

    20191030-00000031-dal-000-view


    【山口真帆、暴行事件加害者との“つながり”写真掲載報道に怒り「名誉毀損すぎる」 】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/10/30(水) 04:20:51.51
    【NGT事件】スポニチ「山口真帆、つながり証拠写真入手!」【独占】

    これは終わりましたわ
    【【NGT事件】スポニチ「山口真帆、つながり証拠写真入手!」【独占】 】の続きを読む

    1: ちーたろ ★ 2019/10/21(月) 19:05:46.18
    ユーチューバーの「シークレットナイト」が公開したNGT48騒動に関するある資料が話題になっている。

    「シークレットナイト」は、当時NGT48のメンバーだった山口真帆がファンの男性から暴行を受けていたことが発覚した騒動後から、事件について発信してきたユーチューバー。しかし、6月にユーチューブ側から収益停止を受けて以降、7月末にオンラインサロンを立ち上げ、サロン内で情報収集などをしていた。

     今回注目を集めているのは、「シークレットナイト」が18日にアップした「【さようなら】役所への虚偽説明 完結編。」という動画。その中で「シークレットナイト」は、サロンの元メンバーからの情報提供を受けたという、1月22日に行われたAKSから新潟県への事実説明の際の面談記録を公開した。その中には、騒動発覚後、AKSが事件について県の担当者についてした説明がつづられており、「山口本人がマンションで犯人に声をかけられ、驚いて大きな声を出した。頭を掴まれてどうのこうのではなかった」「(山口)本人は被害者と言ってあるので、被害者とするが」「山口にまつわる色々な噂が出ていて」などと記されていた。

     しかし、3月21日公表の第三者委員会の報告書によると、犯人の男性・乙は山口の顔をつかんで押し倒そうとしてきたとされており、同じく犯人の男性・甲に関しても、「山口氏の目と鼻のあたりを親指と人差し指で,山口氏の両こめかみを押さえるような形で,顔面をつかんだ」「山口氏の口を押さえてきた」とされていた。AKS側の矛盾する説明について、ネットからは、「これ思いっきり虚偽説明じゃん…」「最初は山口さんの思い込みってことで終わらせたかったことがよく分かるね」「山口さんをケアするどころか県にうその説明してたってひどすぎる」といったAKS側への批判の声が殺到する事態になっている。

     また、3月22日に行われたAKSの記者会見中、山口が「記者会見に出席している3人は、事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました」とツイートしていたが、結果的に山口側の主張の信憑性が立証された形に。これに関しても、「資料が公開されればされるほど、山口さんが言ってたことが本当だったって証明されていく」「山口真帆さんの主張の正しさが、また立証された」という声も上がっている。

     いまだ謎が多く残るNGT騒動。ネットからはAKS側への不信感がさらに増した形となった。https://npn.co.jp/sp/article/detail/84611107/

    ◆まとめ画像
    no title


    ◆虚偽の動かぬ証拠
    no title

    no title

    【ユーチューバー「NGT関連資料」公開で物議 山口真帆暴行事件について、AKSが新潟県に虚偽説明か?】の続きを読む

    このページのトップヘ