中二病速報

    タグ:山中知恵

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/04/22(月) 22:08:19.28 ● BE:115523166-2BP(2000)
    4月21日、グラビアアイドルの山中知恵さんの4年ぶり95枚目のDVD『おかえり』(エアーコントロール)の発売記念イベントがソフマップAKIBA④号店 アミューズメント館で行われた。

    グラビアアイドルとして過去最多のイメージDVDをリリースしている、山中知恵さんがついにグラビアシーンに復活を遂げた。

    1月に都内で撮影が行われた本作の内容について「私のDVDが久々ということで、私のやりたいことをやるということで、音を活かしたDVDになってます。音フェチということを公表したら、音を使いましょうとなって生音です。マッサージのシーンがいっぱい入ってます。吐息感や衣擦れの音が入ってます。OLと制服と家庭教師と浴衣とエロい下着が有ります。浴衣のシーンは酔っ払った設定です。透け透けの下着はすごく可愛くて私、一番これが好きです。
    変態なんで・・・。上は取りましたけど、出ては無いです。」と紹介。

    一番セクシーなシーンは「一番セクシーなのは黒い衣装ですけど、一番見て欲しいのはおっぱいマッサージのシーンです。」とアピールするも、「豊胸してないですよ。(この4年間は)社会経験を積んでました。普通にバイトして普通に生活してました。」と休んでいた4年間でのことを明かしていた。

    https://entameclip.com/topics/149444

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【グラドル山中知恵さんが4年ぶりDVD発売「おっぱいマッサージを見て欲しい」(画像あり) 】の続きを読む

    1: トラースキック(三重県)@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 19:44:23.86 ID:QSN+JPk70.net BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    自分が応援しているグラドルが引退するのは悲しい。しかし、彼女たちの第二の人生を応援したいという気持ちもある。終わりよければすべてよし。グラドルはいつ引退し、どう辞めるのが幸せなのか。

    今年1月21日、桐山瑠衣ちゃんの所属事務所のホームページで、彼女が芸能活動を引退することが発表された。

    続く3月21日には、山中知恵ちゃんもツイッターで卒業を公表。どちらもトップクラスの人気グラドルだったため多くのファンは驚きとともに戸惑いを隠せなかった。

    ある山中知恵ファンがため息交じりに言う。

    「本人が第二の人生を歩むと決めた以上は、その気持ちを尊重したいと思う。ただ、今まで自分の支えになっていた存在がいなくなってしまうのはとても悲しい」

    とはいえ、30代、40代になっても芸能界で活躍できるグラドルはほんのひと握りだけだ。
    多くのグラドルはいつか引退することになるわけで、その時期が早いか遅いかだけの違いともいえる。

    http://wpb.shueisha.co.jp/2015/04/13/46349/
    画像
    no title

    no title

    【グラドル山中知恵 引退していた】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2013/11/22(金) 17:14:23.86 0
     山中知恵水着 グラビアが大胆過ぎると話題
    画像 
    no title

    no title


    749 名前: 萌える名無し画像 [sage] 投稿日: 2013/11/21(木) 01:56:26.80 ID:AtAzMxXX0
    変態水着はこんなだったか・・・
    尻と股間中心だったら買うけど、どうなんだろうか・・・

    751 名前: 萌える名無し画像 [sage] 投稿日: 2013/11/21(木) 03:08:09.76 ID:xw1qM7T20
    いい感じに生地面積が小さく薄くなってきてるな

    756 名前: 萌える名無し画像 [sage] 投稿日: 2013/11/21(木) 12:26:16.46 ID:7w4PbjAji
    黒い下着風のもすげえな
    てぃくびどうなってんの
    出来ればガーターの上にパンツはいてほしかった

    【山中知恵 の水着グラビアが大胆すぎると話題 (画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ