中二病速報

    タグ:尾木直樹

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 16:20:15.99 ID:???*.net
    尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が19日、ブログを更新し、「ゆとり世代」に対する世間の批判的な論調に苦言を呈した。

     2002年度以降に施行された学習指導要領、いわゆるゆとり教育を受けた世代は、学力の低下や他人とのコミュニケーション等が問題視され非・ゆとり世代から何かと批判の対象とされることが多い。
    バラエティ番組でもネタにされることは多々あり、17日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」でも、出演者がゆとり世代に対する怒りをぶちまけた。

     しかし尾木氏はこうした論調を「ズレてますね…」と指摘。18日に横浜市の高校1年男子生徒が母親と祖母を刃物で刺して殺害し逮捕された事件でも、 一部メディアで男子生徒をゆとり世代と結びつけて論じていることについて「ゆとり世代とは無縁!逆です!『脱ゆとり』詰め込み世代 Uターン世代の悲劇なんですよ!!」と間違いを指摘した。

     ゆとり世代に対する批判は「社会的誤解」だとする尾木氏。
    「真央ちゃんも結弦君も内村航平君も水泳の萩野君もみんな『ゆとり世代』です」と世界で活躍するアスリートたちの名を挙げ、「『自分と闘う強さ』『メダルだけにとらわれない柔らかさ』『他人と比較しない強さ』持っているのが特徴」とその世代について説明。
    批判的な論調については「経験主義 回顧趣味に虜にされた識者?」「歴史的にも科学的にも論拠ありませんよ」とした。

     「ゆとり世代の皆さんは素晴らしいのです!」と訴え、「ゆとり世代こそ自信持って下さいね!!」とエールを送った。
    画像
    無題
     
    無題1
     
    2011112200027_1

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-00000017-rbb-ent

    尾木直樹 ブログ
    http://ameblo.jp/oginaoki/entry-12028406103.html


    【尾木ママ ゆとり批判論調に苦言 「真央ちゃんも結弦君もみんな『ゆとり世代』」】の続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 01:19:07.54 ID:???0.net
    テニス・ATPツアー・ファイナル・シングルス準決勝が15日、ロンドンのO2アリーナで行われ、世界ランク5位の錦織圭(24)=日清食品=と 同ランク1位のノバク・ジョコビッチ(27)=セルビア=が対戦。錦織は1-6、6-3、0-6で敗れ、決勝進出はならなかった。敗れたとはいえ、世界1位のジョコビッチから今大会で初めてセットを奪うなど、大健闘の錦織に芸能界からも熱いねぎらいの言葉が送られた。

     ベッキーは試合終了直後にツイッターを投稿。「おつかれさまでしたすごいすごい。残念という言葉 私はつかいたくないです。
    もう、素敵です!今後もたくさんの夢をみせていただきたいですね」と称賛とエール。

     教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏は試合途中から経過をブログで“中継”。試合終了後には「今大会でジョコビッチから誰も奪えなかったワンセットを奪いましたよ!」と興奮を抑えきれない様子でブログを更新すると「ジョコビッチはさすがに王者!ファイナルセットは決してよくなかったですが錦織圭のミスで勝ちましたね」と王者の闘いぶりを称えた。

     錦織に対しては「お客様の声援錦織圭君に傾いていたように思ったのは尾木ママだけでしょうか!?
    まだまだ活躍します錦織圭君!!期待します!!」と結んでいた。
    画像
    P2014111504624_kei2-ns-big

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000103-dal-ent 

    【(ATPツアー・ファイナル ジョコビッチ戦)錦織の大健闘にベッキーや尾木ママなど称賛】の続きを読む

    1: 木村カエレφ ★@\(^o^)/ 2014/09/17(水) 03:06:33.18 ID:???0.net
    15日、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が自身のブログで朝日新聞の謝罪に苦言を呈した。

    尾木氏のブログでは「詫びには作法があるのに理解しない朝日新聞!?」というタイトルで「朝日新聞社長の詫び。謝罪会見。
    時間ばかりかけた割りには何が問題なのか、詫びる誠意もつたわってこない」と激しく批判。

    また、尾木氏は「我が家は明治のおじいちゃんの時代から朝日新聞!!」と、自身が朝日新聞の読者だとしたうえで「今は読売や毎日、日経などとってますが…複雑な心境の尾木ママです」と綴った。

    さらに、同日「詫びるべきは何かを明らかにして再発防止対策の中長期展望示すことが最低限の詫びの作法でしょう」と、再度ブログに記事を投稿。

    ブログには「事実誤認に基づく誤報をトップニュース、特ダネ扱いで報道」「そのことが直接的に関係者の名誉傷つけ、日本人の国際的評価をおとしめたこと」「切れ味のよい新聞社にしてはだらだら言い訳会見に陥っているのはどうしたことか」と厳しく批判している。

    続けて、尾木氏は「新聞は新聞社によってとらえ方評価が丸反対になることも珍しくありません。それは読者も了解済みです。」としながらも、「しかし、『事実』は一つ。これが歪めたり捏造されたのでは新聞の使命は終わりです」「事実が違うとなると新聞の価値はゼロです」と糾弾した。

    こうして報道について持論を語った尾木氏は最後に「どの新聞もテレビも朝日新聞問題を他山の石として特ダネ意識じゃなくて事実の報道に頑張って欲しいですね」と願いを綴った。

    画像
    20121016_fujiitakashi_08

    http://news.livedoor.com/article/detail/9259475/

    【尾木ママが朝日新聞に苦言「捏造したら新聞の使命は終わり」】の続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 12:48:38.69 ID:???0.net
    軟式高校野球の延長50回激闘を「残酷ショー」と批判した教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏に対してお笑いタレントのたむらけんじが2日、ツイッターで逆批判、しかし「外野は黙っとけよ!」などの表現に対しては3日になって反省の意を表した。

     延長50回に及んだ全国軟式高校野球選手権大会準決勝の中京-崇徳戦について尾木ママは8月31日、ブログで「残酷ショーさせた高野連に緊急会見求めます」などと批判した。

     たむけんはこれに対して2日、「尾木さんが50回全力で戦った軟式野球の試合の事を残酷ショーって
    ゆうてるのはどうなん?ショーやないやろ?」とその意見に疑問を呈した。

     そして「一生懸命戦った高校生達の気持ちは考えてんのか?ショーって言われて喜ぶと思ってんのか?
    もちろん子供達の身体の事は考えなあかんけど、本人達がゆうのはわかるけど、外野は黙っとけよ!」と興奮をそのままにツイートした。

     これに対してフォロワーから様々な意見が寄せられた。

     たむけんは一夜明けて、逆批判の内容はともかくその過激な表現については「僕が反省する所は黙っとけよ!とゆう言葉。
    これはいくら腹が立ってたといえど目上の人に対してゆう言葉ではなかったと思います」としっかり認めた。

     もっとも意見そのものを変えるつもりはなく、改めて「今後、ルールを考えていくのはもちろん必要だと僕も思います。
    けれど今回僕が疑問に思ったのは、今のルールの中で一生懸命に頑張った素晴らしい野球の試合をショーと表現した所、そこのみ!」と冷静に主張をまとめてつづった。
    画像
    G20131010006782250_view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000034-dal-ent 

    【(延長50回) たむけん 尾木ママの「残酷ショー」発言を批判 「外野は黙っとけよ!」】の続きを読む

    1: プーアル ★@\(^o^)/ 2014/09/01(月) 02:39:58.74 ID:???0.net
    教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏が31日、延長50回に及んだ全国軟式高校野球選手権大会の準決勝について、 ブログで高野連への「怒り」をあらわにし、「高野連に見解を求める」と息巻いた。

     尾木ママは31日夜、「軟式高校野球の準決勝。四日間に渡る延長50回は残念・残酷」のタイトルでブログを更新。
    「過ぎます!!しかも勝った岐阜・中京高校は試合の後すぐに決勝戦のダブルヘッダー!!さらに中京の松井投手 4試合連続75イニング3分の2 約1000球も投げきったのです!」(※原文ママ)とあきれかえった様子でつづった。

     さらに「尾木ママ 高野連に大いに不信感抱きました!こんなバカな試合やらせるとは教育機関なのかどうか」と激しい口調で糾弾。「残酷ショーさせた高野連に緊急見解を求めます」と追及の姿勢を見せた。

     これだけ書いても怒りは収まらないようで、「かなりかなり 怒り心頭の尾木ママです!」と書き込み、
    「まさか 精神論や武士道 おっしゃらないでしょうね」とブログを結んでいた。

     中京(岐阜)は30日まで3日間にわたり崇徳(広島)と延長45回を戦っても0‐0で決着せず、サスペンデッドゲームに。31日、延長46回から再開され、延長50回の末に中京が3‐0で勝利をつかんだ。

     決勝は準決勝終了後のわずか2時間半後に行われ、中京のエース、松井投手は4回途中からリリーフし、決勝でも77球を投げた。4日間で786球を投げたことになった。

    画像
    data01018

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000101-dal-ent 

    【尾木ママ 「延長50回は残酷ショー 高野連に見解を求める」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 13:30:27.43 0.net
    夏休みが終わりに近づいた27日、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が、世間で大繁盛しているという「宿題代行業」に対して「詐欺罪だ」と攻撃した。
    小中学生の宿題を代行する宿題代行業は読書感想文から絵画、工作などを代行して制作するもので、
    ネット上では読書感想文1枚3000円とか、絵画1枚4000円などの代金も表示されている。
    こんなビジネスに対して尾木ママは27日、ブログで「犯罪に近いですね…一種の いや れっきとした『詐欺罪』です!!」と断じた。
    単に子どもが学力を養う機会を損なうというだけではなく「子どもに お金でなんでもできるという歪んだ価値観教えることになります」という教育上の重大な
    問題点を指摘。「こういう闇悪徳業者は追放するべきです」と断罪した。

    画像
    ogi-thumb-640xauto-15043

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140827-00000028-dal-ent

    【尾木ママ 「夏休みの宿題代行業は詐欺罪」】の続きを読む

    1: 黄金伝説 ★@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 07:57:29.89 ID:???0.net
    尾木ママに日テレ「スッキリ!!」が謝罪
    デイリースポーツ 8月6日(水)10時18分配信

     教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が、日本テレビ系「スッキリ!!」(月-金曜、前8時)から謝罪を受けた。
    5日のブログで明らかにした。

     尾木ママは4日、同番組からコメントを求められ、渋滞の中を急いで取材場所まで行ってカメラ取材に応じた。
    しかし、そのVTRは実際の5日の放送ではカットされ、しかもその旨の連絡もなかった。

     尾木ママは放送を確認した後の5日朝のブログで「取材のインタビューポイントがズレていて使いにくくなったのでしょうか!?」と半ば理解は示しながら「ならばそのむね連絡 詫びるべきでしょう!?
    スッキリの傲慢さ 強烈に感じます」と、その事後対応のまずさを批判していた。

     このブログの書き込みが伝わったのか、その後「スッキリ!!」から連絡があり、尾木ママは夜更新のブログでそのことを報告した。

     「スッキリの責任者の方から 連絡できなかったこと お詫びありました」。
    その内容は丁寧なものであり「説明と今後はあってはならないとの改善決意伺い」尾木ママもこれを受け入れたという。

    画像
    303906d2-s

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140806-00000030-dal-ent

    【尾木ママに日テレ「スッキリ!!」が謝罪 取材コメントカットについて】の続きを読む

    このページのトップヘ