中二病速報

    タグ:小林麻耶

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/02/23(火) 11:57:15.82 _USER9
    フリーアナウンサーの小林麻耶が、22日に自身の公式ブログを更新。ドリンクをテイクアウトした際、カフェ店員のさりげない心遣いにグッときたことを明かした。

    ■気付いた店員が粋なサプライズ
    同日、「ハッピーサプライズ」というタイトルでブログを更新した小林。カフェでテイクアウトしたドリンクを取り出すと、カップには…

    「まやさん、応援してます! 大好きです! また来て下さいね!」

    というメッセージが記されていたという。ブログ記事内には実物のカップの写真も公開されており、小林に気付いた店員が、周囲や小林に気遣いつつ、記してくれたものと思われる。

    ■温かい心遣いに「うるうる」
    この粋なサプライズに、小林は「素敵な優しさにうるうる。ありがとうございます! ほんとに、嬉しかったです」とコメント。

    著名人に気付いた際、プライベートな場面で声をかけると、相手に迷惑をかけてしまう場合も。そうした場合も考慮し、カップにメッセージを添えるという心遣いには小林もグッときたようで、ブログ記事の最後には「カップ、大切に飾っています」ともつづられている。

    ■ファンもほっこり「嬉しいですね」
    テイクアウト用の使い捨て容器に、店員が「Thank you」などメッセージを添えてくれることはそれほど珍しいことではないが、著名人への心遣いという点に、ファンからも多くの反響が。

    ブログのコメント欄には「心がほっこりしますね」「嬉しいですね。もらい泣きです」「たくさんの人たちが同じような気持ちで応援していると思います」といった声が多数寄せられている。

    また、中には「私も大好き! これからも応援してます」と、フリーとして活動する小林に、改めてエールを送るファンも。

    ■自分は「気遣いができる」と思う?
    著名人である小林へのカフェ店員の配慮や温かいメッセージが、多くの反響を呼んだ今回のブログ記事。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,789名を対象に実施した意識調査において、「自分は気遣いができると思う」と回答した人は、全体で57.7%だった。

    小林は、昨年11月に所属していた芸能プロダクション・生島企画室との契約が打ち切られ、一連の騒動はインターネット上でも波紋を広げた。そうした中での「応援してます!」という温かいメッセージは、これまで以上にグッとくるものがあったのかもしれない。

    しらべぇ
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw8980553?news_ref=50_50

    no title

    【小林麻耶、テイクアウト品を取り出したら「書かれていたこと」に涙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/22(火) 20:05:02.19 _USER9
    フリーアナウンサーの小林麻耶が夫のアキラ氏と共に配信するYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』が、21日「最終回」という動画を投稿した。

    小林といえば11月にレギュラーコメンテイターだった『グッとラック!』(TBS系)を降板。小林がYouTubeの動画で明かした降板理由としては“スタッフからいじめを受けた”ためロケに行かないという手段を取った結果、番組サイドから降板を通達されたという。

    「騒動の原因は夫のアキラ氏の存在が大きいですね。小林さんと共にテレビ局に帯同し、“楽屋の方角が悪い”などとスピリチュアルな発言でスタッフを困らせたりしたことも報じられた。番組の幹部が、『仕事に影響がでるので旦那さんを現場に連れて来ないで』とお願いしたところ、小林さんはスタッフからイジメられた、と感じたみたいです」(テレビ局関係者)

    そんな2人は平日の早朝からYouTubeで生配信をしている。アキラ氏が瞑想したり、一般ユーザーからの質問に夫婦で答えたりという内容で、2時間に及ぶものもある。

    「このチャンネルでは降板騒動の裏側を話したり、アキラ氏が同番組の司会の立川志らくへ“ダサい!”などと暴言を吐いたりすることで、当初は注目が集まり100万回を超える動画もありましたが、現在はジリ貧で5000回前後のものも多い。さらに動画は毎回のように低評価が圧倒的に上回っています。誰かが低評価を押しに来ているのでしょう」(ワイドショー関係者)

    そして21日には「最終回コバヤシテレビ局#38」という動画が投稿された。ついにこのYouTubeは終了するというのか…?

    「見てみると、早朝に生配信していたのを朝の10時10分スタートに変更するということでした。“最終回”と銘打てば少しでも注目が集まると思ったのでしょうか。拍子抜けしましたね。そのほかアキラ氏単独の配信もあります。騒動およびコロナ禍で仕事が激減したのでYouTubeに全力投球しているのかもしれませんね」(芸能レポーター)

    そんな“最終回作戦”は功を奏したようで、マンネリ化した過去の動画より再生回数は伸びている。しかし低評価は相変わらず圧倒的に上回っている。

    『グッとラック!』の降板で、所属していた「生島企画室」とも契約解除となり四面楚歌となった小林夫妻。10日更新の動画ではアキラ氏はジャケット姿で“コバヤシテレビ局の社長に就任した”ことを明かし、妻の小林は「局アナ」になったとした。

    「夫婦でおままごとやコントをしているように見えますね。法人組織にしているのかも定かではありませんが、事務所を退所したことで、最近ホームページを作成していました。内容は非常にシンプルで、小林さんの写真と、YouTubeのリンクと問い合わせフォームのみです」(スポーツ紙記者)

    大黒柱であるアキラ氏は整体師で、実際に会わなくてもZOOMなどで「リモート施術」をするほどのパワーの持ち主だという。ブログには60分30,000円+税と書かれており、海外の人も施術していると書かれている。

    さらにリモートで占いもしているというアキラ氏。妻である小林も占いを行っているが、この現状も占いによって導き出されたことなのだろうか…。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8f9e0a875e231bcd940c7beb1292387ed4db67e5

    no title

    【小林麻耶夫妻のYouTubeが「最終回宣言」再生数激減で窮地か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/12/14(月) 06:02:20.44
    小林麻耶の旦那さん、青髪になる

    no title

    【小林麻耶の旦那さん、青髪になる(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@1周年 2020/12/10(木) 14:27:49.45 _USER9
    小林麻耶夫婦に異変!? 夫の名刺の名字が「小林」に

     フリーアナウンサーの小林麻耶(41)と、夫で整体師、タレントのあきら。が10日、ユーチューブチャンネル「コバヤシテレビ局」の配信を行った。

     あきら。はベージュのジャケットを着て登場し「このたび私はコバヤシテレビ局の社長に就任致しました」と挨拶。白シャツ姿の麻耶は「コバヤシテレビ局のアナウンサーになりました小林麻耶です」と、満面の笑みで自己紹介した。

     夫は視聴者の要望を受け、コンテンツ拡充を宣言。毎朝の夫妻配信は20分番組とし、それとは別に午後3時と午後10時にあきら。が配信を行うという。

     モットーは人々を「笑顔にするテレビ局」。この日の配信では、社長のあきら。から専属アナウンサーの麻耶に新調の名刺を贈呈するひと幕もあったが、そこで〝ある異変〟が…。

     2人は名刺の文字をカメラにアップで見せたが、あきら。の名前は「小林吟」だった。これまで本名は「國光吟」で伝えられてきたが…。

     麻耶は昨年8月、テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演した際、結婚の経緯について「男性の名字『國光』にときめいてしまった。國光麻耶ってステキ(と思った)」と、こだわりを語っていた。

     結局真相はわからぬまま、あきら。は瞑想タイムに突入。その後、視聴者からのやりとりを経て、配信を終了した。

    小林麻耶 
    no title

    東スポWeb 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2237d156ef942d0225d59ba2abbdb47aea20a7e

    【小林麻耶夫婦に異変!?夫の名刺の名字が「小林」に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/06(日) 20:45:38.71 _USER9 BE:817167928-2BP(0)
     フリーアナウンサーの小林麻耶(41)が6日、自身のユーチューブチャンネル「コバヤシテレビ局」の中で今年の漢字一字を「歩」と発表した。

    【写真】海老蔵襲名パーティーで“緊急降板”の小川彩佳キャスター

     この日、小林は「日曜のお茶会」と題し、夫で整体師の國光吟(くにみつ・あきら)氏(37)と登場。今年の漢字一字について「『歩』にしました」と明かし、その経緯をこう説明した。

    「(妹で他界した麻央さんの)月命日が必ずやってきて、すごく落ち込むし、いなくなったことに意識が向いていましたが、吟君は『麻央ちゃんはすばらしい人生を歩んできたんじゃないの? いなくなったことに焦点を合わせるのではなくて、麻央ちゃんが生きたことに焦点を合わせようよ』と言ってくれたんです」

     それ以来、麻央さんがいつもそばにいると思い直したという。

     小林は「自分の人生を歩もうと思ったし、一歩一歩前に向かって進めるようになったかなって。(中略)自分にウソなく生きていたいと思います。麻央ちゃんはそばで必ず見ています」と、目をキラキラと輝かせながら「歩」に込めた理由を明かした。

     それに対し、吟氏は「僕が麻央ちゃんというキーワードを出すと、何か言われちゃうんですよ」と、以前批判された一部メディアに不快感を示しながらも、小林の漢字には納得の表情。なお、同氏の漢字一字は「進」だった。

    「2人合わせると『進歩』ですけど、たまたまです」と吟氏。

     2人は終始ラブラブな雰囲気で、互いに信頼しきっている様子だった。

    小林麻耶 
    no title
    東スポWeb
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5f276ad6af55dae81d29cf7290d676f62ae7d1d4

    【小林麻耶が今年の漢字一字を発表!「麻央ちゃんがそばで見ています」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/03(木) 13:07:45.40 _USER9
     番組降板の報に加えて、YouTubeで披露する夫との掛け合い……。事務所との契約終了で本当の“フリー”アナウンサーとなった小林麻耶(41)の迷走が続いている。挙句、市川海老蔵も巻き込み、家族との断絶まで囁かれる始末なのだ。

    本誌(「週刊新潮」)11月26日号で報じたのは、宇宙とシンクロして施術すると称する整体師で、2018年に麻耶と結婚した國光吟(くにみつあきら)氏の影響だった。彼がマネージャーのごとく現場にも姿を見せ始め、彼女の行動が豹変していったのだ。例えば、TBS系「グッとラック!」の収録中に突然「降りてきた」と言い出し、チンピラのような男の声を発してスタッフを怒鳴るなど、「エクソシスト」さながらの奇怪な行動を見せていたのである。

     その彼女が開設したのが「コバヤシテレビ局」なるYouTubeチャンネルだ。

     夫と共演する形で平日の早朝から連日配信。ある時は突然二人で瞑想を始め、またある時は麻耶が所属していた事務所の社長や番組スタッフを非難。最近では夫がなぜか「鬼滅の刃」の劇場版主題歌を熱唱するなど、目を覆いたくなる異様な空間と化しているのだ。

    「スピリチュアルな夫に麻耶さんの家族も困惑しているようです」

     と事情を知る芸能関係者。

    「昨年は麻耶さんのお母さんが住む都内の高級マンションに夫婦も同居し、近所でも度々目撃されていました。しかし現在、お母さんはそのマンションを離れ、妹の婿だった市川海老蔵さんと孫が住むマンションへと身を寄せたそうなのです。どうも吟さんとの関係が上手くいっていないようで……」

     國光氏は同チャンネルで義妹にあたる麻央を取り上げてきたマスコミなどを批判。海老蔵や麻耶の母もそんな内容を勝手に配信する國光氏に当惑の色を隠せないという。

    「上から目線」
     その國光氏自身も、家族とは断絶状態が続いている。

     國光氏の親族が言う。

    「吟は6、7年前かな、神奈川県で“宇宙整体”を施すという整体院に出入りしていました。数カ月間働いていたんですね。自身が患っていた腰のヘルニアも宇宙整体を受けてよくなったと思い込んでいました」

     麻耶との結婚直前には、こんな出来事もあった。

    「私が体調を崩した時に“俺は手からパワーが出る。患部に手を当てるとよくなるから”と言ってきたんです。おかしいなと思ったら口の利き方も変わってきました。もともとはおとなしい子なのに、“俺はなんでもできる”というような、上から目線の物言いに変わっていったんです」(同)

     麻耶と結婚後ほどなくして、國光氏と家族は断絶状態になってしまう。

    「今では両親も含め誰も連絡が取れない状況です。麻耶さんは芸能界で築き上げたものがある。それが吟のせいで崩れてしまったなら……。彼らを救えるものなら救いたいですよ」(同)

     恋は盲目――。彼女を突き動かせるのはもはや「宇宙パワー」だけなのか。

    「週刊新潮」2020年12月3日号 掲載

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b50522f34f82ccde0a2fa9f632e02246624fb848

    no title

    【【週刊新潮】小林麻耶さん 夫婦ともに家族と“断絶”状態 親族「両親を含め誰も連絡が取れない…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/22(日) 19:37:34.74 _USER9 BE:732363394-2BP(0)
    小林麻耶 夫と動画で「私を嫌いだったら嫌いでいいんだよ!」
      
     木曜レギュラーを務めていたTBS系朝の情報番組「グッとラック!」の降板を12日に発表し、所属事務所からも同日、契約を解除されたフリーアナウンサーの小林麻耶(41)が21日、YouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」に動画を投稿。夫で整体師で、タレントの「あきら。」として活動する國光吟氏と、16年に発売したデビューシングル「ブリカマぶるーす」を“踊ってみた”動画を公開した。

     3連休について「私はのんびり、のんびり、と過ごしております」と説明し、「私が先生となり、ブリカマぶるーすの踊りをレッスンしました!!」とPRした。

     今月第1週に撮影し、21日に投稿された動画では、丸メガネに大きな水玉柄のロングワンピース姿の麻耶さんが、金髪の夫に、踊りをレッスン。撮影者から動画の感想を聞かれた夫が「かわいかったです」と答えると、麻耶が「エヘヘヘ」「ありがとっ」と上機嫌で幸せ笑顔で返した。

     振り付けをすっかり忘れ、動画をチェックしながら教える姿に、またも撮影者が「これ、動画を見てればいい話…」と指摘したが、「ウフフフフッ!」と甲高い笑い声をあげ、再び「お二人はバカなんですか?!」とツッコまれても二人で顔を見合わせ、「見つかっちゃったよ~!」と幸せが止まらない様子だった。

     一方で、“かれい・ひらめのウラオモテ”という歌詞に触れながら「人間ウラオモテ、見分けがつかない。『いいね』って言ってても、裏で悪口言ってる。ウラオモテの人が本当に多い」「私のことを嫌いだったらそれでいい」「嫌いだったら嫌いでいいんだよ!」「信頼すると、こっちですごい悪口言ってて、凄く私をイジメてる」と目を見開いて夫に訴えるなど、ラブラブぶりも含め、“踊ってみた”だけでない内容となっている。

    小林麻耶
    no title

    デイリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/021ec566f3e1835efa50db3371afd5cae5437c02

    【小林麻耶 夫と動画で「私を嫌いだったら嫌いでいいんだよ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ