中二病速報

    タグ:小林よしのり

    1: ばーど ★ 2019/02/07(木) 19:38:27.03
    ■某ジャーナリストから訴えられた件について

    『BlackBox』の伊藤詩織氏を強引にホテルに連れ込んだ
    某ジャーナリストから訴状が届いた。
    1年半前の「SAPIO」に描いた『ゴー宣』が名誉棄損だ
    ということで、裁判で争うことになった。

    単行本にも収めていない作品をわざわざ指摘した理由が
    よくわからない。
    わしは伊藤詩織氏の言い分を全面的に信じたのだし、
    当時の週刊新潮の記事を信じて描いた。
    訴える相手が、伊藤詩織氏でもなく、週刊新潮でもなく、
    小林よしのりという理由もわからない。

    わしが描いた一番の動機は、逮捕寸前で当時の刑事部長・
    中村格が現場の警察に逮捕を止めさせたという事実を
    知ったからだ。
    明らかに権力が介入している!
    女性の被害を権力が握りつぶすなんてことが、日本で
    起こっていいはずがない!

    この裁判は権力に太いパイプを持つ某ジャーナリストが、
    ペンでなく、裁判という権力システムを利用して、
    小林よしのりの言論・表現の自由を委縮させようという
    行為になる。
    これは、権力との戦いである!

    この件に関しては、3月5日発売の「SPA!」『ゴー宣』で
    描くが、その後もレイプをテーマに描いていくことになる。

    ただし、わしの執筆で一番気をつけなければならないのは、
    伊藤詩織氏を傷つけないこと!
    PTSDの症状が再発しないように、描き方に気を付ける。

    そして、某ジャーナリストの名前も出さない、似顔絵も
    描かないこと。
    これは裁判対策であるが、似顔絵を描いてやるだけの
    価値もない。

    はからずも泣き寝入りケースが多すぎるレイプ被害者の
    ために描くことになるが、フェミニズム運動の応援でも
    ないし、女性を味方にしようという下心もないし、
    ただ男の立場から、レイプというものを真剣に捉えなお
    してみる作品を描いていこうと思う。

    裁判は小学館の弁護士に任せる。
    わしは表現者なので、言論・表現の自由を行使して、
    権力と戦いつつ、「公」のために描く!
    それだけである。
    初公判は2月15日。書面のやり取りだけになろう。
    3年くらいかかるかもしれないので、じっくり強姦・
    準強姦・強制性交の問題を描いていこう。

    TIMA0487-w1280

    https://www.gosen-dojo.com/blog/21060/

    【漫画家の小林よしのりさん、訴えられる 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/01/24(木) 11:59:32.79
    漫画家の小林よしのり氏(65)が、秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期になっている小室圭さん(27)の母親の金銭トラブルについて、自身が借金を肩代わりすると言い放った。

    小林氏は23日、「たった400万円くらいくれてやるぜ」のタイトルでブログを更新。小室さんの母佳代さん(52)と元婚約者の男性(69)との金銭トラブルをめぐって小室さんを非難する声があがっていることに「理解できん」とし、「今頃になって、400万円返せと言い出した男の方が常識ないだろう。男としてみっともない」と、元婚約者の男性を批判した。

    小室さん側が、元婚約者から支援を受けた400万円を返済できないのは「小室家って貧乏なんだよ、きっと」と推察。「たった400万円くらい、わしがそろそろ新車買わなきゃと思っていたのを諦めて、元婚約者にくれてやるよ。それで小室家の問題が片付いて、眞子さまの希望がかなうなら惜しくはない」と言い切り、「ほれた女のために使った金を、あとで戻せという男の側に立って、眞子さまと小室氏の仲を壊してしまおうという情熱を持つばかやつばっかりだから、不愉快でしょうがない」との思いをつづった。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15918316/ 

    no title


    【小林よしのり氏、眞子さまと小室さん応援「400万くらい わしが元婚約者にくれてやる」 】の続きを読む

    1: o(^・-・^)o ★ 2019/01/23(水) 19:45:22.50
    この事件の核心は、NGTの不良メンバーが、不良ヲタを相手に「枕営業」をすることが常態化し、運営がそれを黙認していたということに尽きる。
    「枕営業」という言葉が悪ければ「援助交際」だ。どっちでも同じことだが。
    「風紀の乱れ」などというオブラートに包んで、実態を直視しない書き方はしないので、読むのが苦痛ならやめた方がいい。
     真面目にアイドルをやっていた山口真帆さんは、不良メンバーと不良ヲタとの異常な関係性をやめさせようとして今村悦郎支配人に直訴したが、不良メンはそれを恨み、不良ヲタを唆して山口さんを襲わせた。
     犯行は未遂に終わり、警察沙汰になったが、今村ら運営は不良メン・不良ヲタの側とベッタリになっていて、山口さんを切り捨て、事件のもみ消しを図った。これが、真相だろう。

    TIMA0487-w1280

    https://sp.ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1723310

    【小林よしのり「事件の核心はNGT不良メンバーによるヲタ相手の『枕営業』が常態化 運営も黙認していた事」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 10:22:28.68
    ■NGT48の強姦未遂事件を隠蔽する運営に鉄槌を!

    NGT48の山口真帆・強姦未遂事件は、その原因を「風紀の乱れ」なんて言い方で済ませられない闇が潜んでいる。
    そのおぞましい闇の深さは、わしの想像をはるかに超えるものだった。

    NGT48の不良メンバーがマンションの自分の部屋に男を引き入れていて、それを知った真帆さんが運営に知らせ、改善を求めた。これは単なる告げ口ではない。

    「恋愛禁止ルール」がスルーされるようになったAKBグループではあるが、「会いに行けるアイドル」が「性交渉に行けるアイドル」になってしまっては、真面目なメンバーにとっても、ファンにとっても、やっぱり容認しがたいだろう。

    真帆さんは普段からファンとの限度を超えた接触を警戒していたし、運営にこのグループの堕落をくい止めて欲しかったのだ。

    だが運営はそれを無視していたから、調子に乗った不良メンバーが、告げ口しやがってと、不良ヲタに、真帆さんを襲撃するようそそのかしたのだろう。

    真帆さんは部屋の玄関ドアで犯人ともみあいになり、部屋に入れたらもう密室だから、レイプされるし、場合によっては殺害されるかもしれないと思い、必死で侵入をくい止め、自ら廊下に出ることに成功した。
    そして助けてと叫んだので、犯人は逃走した。

    こんな経験をしたら、真帆さんは今でも安心して暮らせないはずで、先日ステージに登場した時には、ゲッソリ痩せてしまっていた。
    そして、被害者なのに、する必要のない「謝罪」をする羽目になったのである。

    ネット内では、もう犯人の顔写真まで(靴ベラみたいな顔の男)暴露されており、真帆さんのこれまでのツイッターや動画の供述も時系列で残されているから、今さら運営側が誤魔化そうとしたって無理だ。
    真帆さんのこれまでの言動から見ても、その被害の供述は、完全に信じられる。

    真帆さんを襲撃させた不良メンバーもほぼ特定されており、それでも運営がこの「強姦未遂・殺人未遂」を隠蔽しようとしているのだから、腐敗しきっている。

    事件から一か月も隠蔽工作をして、真帆さんを苦しめておいて、今から「第三者機関」なんてよく言うよ。
    それも運営側に都合のいい判断を下す機関だろう。

    今回、呆れたのは「週刊文春」が運営に取り込まれて、真相を隠そうとしたことだ。
    文春砲などと言っていたが、しょせんがこんなものか。

    世の中には「取返しがつかない」罪悪がある。
    軽い気持ちで襲撃させようとしたのだろうが、その「軽い気持ち」の犯罪性が凶悪すぎる。
    真帆さんは、未だに同じマンションに不良メンバーが住んでいて、一緒に活動するなんて出来るわけがない。
    マンション内でも危ないし、劇場の行き帰りも危ない。
    日常生活で外出するのも危険である。

    すべては「恋愛禁止ルール」の崩壊が招いた結果だ。
    人権派リベラルの弁護士や、物わかりの良い大人を気取るリベラル連中の批難で、「恋愛禁止ルール」が崩壊し、「会いに行けるアイドル」が「性交渉できるアイドル」に変質し、さらに「強姦できるアイドル」にまで堕落しようとしていた。
    「自由を守る規律」があるのだ!
    それをリベラル派は分かっていない。

    大人が全部腐っているのなら、今はネット民の制裁に委ねるしかないな。

    kobayashi

    ttps://lite.blogos.com/article/351714/?axis=&p=1

    【小林よしのり NGT48山口真帆の暴行事件に苦言!事件を隠蔽する運営に鉄槌を】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/15(火) 00:34:44.30 0
    NGT48、山口真帆襲撃事件について恐ろしいタレコミがあった。

    「小林さんは何もわかってない。メンバーの情報を道で聞かれて教えてしまいましたってレベルの話じゃないんです。」と書き出している。

    「メンバーの中に日常的に彼氏を自宅マンションに連れ込み肉体関係を持っている。それを山口は運営に報告、運営から注意され、チクられたと知ったメンバーが腹いせに彼氏らの犯行グループの男たちを使って山口さんを襲撃させたのです。」
    と書いている。
    他にもいろいろ書いているが、信憑性があるようだ。

    運営が無茶苦茶すぎる。

    これが本当なら、共犯のメンバーを辞めさせなければダメだな。
    謝罪させなくてもいいから、速やかに辞めさせるしかない。
    前支配人はクビにしなければダメだ。

    3518_2_1

    https://yoshinori-kobayashi.com/17332/

    【小林よしのり「NGT事件の真実を聞いた 恐ろしいレベルだ」 】の続きを読む

    1: Toy Soldiers ★ 2018/12/31(月) 01:15:39.44 _USER9
    レコード大賞、空前のペテンだった。
    事務所の力が影響しているとしか思えない。
    誰だって今年を代表するヒット曲は「USA」だと
    思っていただろう。
    審査員もどうしようもない堕落した連中だ。

    年末になっても、まだ子供から老人までDA PUMP
    の「USA」のダンスを踊りたがっている。
    わしだって手術してなければ思いっきり踊りたい
    くらいに跳ねまくってるダンスだ。

    今どき「USA」への憧れなんて、それをあの絶妙に
    ダサい歌詞とダンスで表現してパロってしまい、
    それがまたカッコイイとも思わせるという恐るべき
    楽曲だったのに!!

    これを、今年を代表する楽曲として残さなかった
    審査員は万死に値する。
    さっさと辞めちまえ!
    絶対、事務所の力関係が影響してるな。
    ペテン!ペテン!空前の大ペテンだ!

    アメリカ大嫌いなわしが、これほど押してるのだから、
    「USA」は捻りに捻った名曲なのだ!
    くっそ~~~~。
    音楽界は堕落しとるな~~~~~。

    1546178028-0325-003

    1546178028-0325-002

    https://www.gosen-dojo.com/blog/20698/

    【小林よしのり「レコード大賞、空前のペテンだ!」「今年を代表するヒット曲はUSA」 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/07/06(金) 22:39:34.03 _USER9
    オウム真理教から標的になった漫画家・小林よしのりさん(64)が6日、松本智津夫死刑囚(63)ら幹部7人の死刑を執行したことについて「(法務省などは)よくやった。立派だ」などと評価した。
    この日、更新したブログで言及した。

    また、死刑廃止論を警戒したのか「どんな批判があってもわしは擁護する。公安警察は徹底的に警戒してくれ。頼むぞ」などとつづった。
    今後はオウムについての連載を「SPA!」(扶桑社)で始めるという。 
    1994年年末から年明けにかけて、元自衛官の教団信者ら数人が小林さんを狙い、毒物を詰めた注射器を準備し、自宅周辺で待ち伏せした。
    小林さんが姿を見せなかったため、未遂に終わった事件もあった。

    当時、小林さんは「ゴーマニズム宣言」などでオウム批判を展開。
    教団側が名誉棄損で損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こすなどしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000255-sph-soci

    小林よしのり氏
    no title

    【小林よしのり氏、松本智津夫死刑囚らオウム幹部死刑執行に「よくやった、立派だ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ