中二病速報

    タグ:小川彩佳

    1: ストラト ★ 2018/12/10(月) 08:17:55.67 _USER9
    テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、13日に放送される同局系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜よる9時~)の最終回にゲスト出演することが決定。
    同作で女優デビューを飾る。

    ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く同作。

    小川アナは「リーガルV」最後の事件の調査中に、逮捕されてしまった「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)を厳しく取り調べる刑事役として出演する。

    小川彩佳アナ、久々地上波出演はドラマオファー
    2011年4月から今年9月まで同局系情報番組「報道ステーション」のサブキャスターを、現在はAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」でキャスターを務めるなど、報道畑で活躍する小川アナ。
    今回は「報ステ」卒業後、久しぶりに地上波に登場することになり、オファーを受けたときは「率直に、驚きました。アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは…。自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、と制作側の意図を疑いました」と目を丸くする。

    そんな中、全力で挑んだ撮影では、ドラマ撮影のスピードに驚いたという小川アナ。
    「心の中で『えっ、えっ』と戸惑っているうちに、いつの間にか(撮影が)終わっていました(笑)。そんな中、何度同じセリフを繰り返してもトーンや表情が変わらず、ブレない安達祐実さん。さすがプロ、かっこいいな…など、あっという間の体験でしたが、多くを感じる現場でした」と新体験を享受した様子だった。

    米倉涼子の存在感&華やかさに圧倒
    米倉が魅力的な悪女を演じ、大きな話題を呼んだ「黒革の手帖」(2004年)。小川アナも「私の中で米倉涼子さんの最初の衝撃は『黒革の手帖』。画面からはみ出さんばかりの存在感と華やかさに圧倒されました」と当時の印象を明かす。

    その後も「芯のある美しさ、快活な色気を上書き更新していかれる姿にいつも魅了されている」という小川アナ。
    今回は残念ながら共演シーンはなかったものの、米倉からは日々間接的にパワーをもらっているそう。
    「米倉さんのドラマが始まると、社食でたまに米倉さんの姿をお見かけすることがあるのです。私にとっては担当番組の本番前で、少し緊張感が漂い始める時間なのですが、お見かけするとテンションが上がって、『今夜も番組頑張ろう!』という気持ちになります(笑)」と裏話も語った。

    (小川彩佳アナコメント他全文)
    http://mdpr.jp/news/detail/1809015

    ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」 小川彩佳アナがミニスカ刑事役で女優デビュー
    no title

    no title


    小川彩佳アナ
    no title

    【テレ朝・小川彩佳アナ「リーガルV」で女優デビュー!ミニスカ美脚あらわな刑事役】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/20(火) 23:26:25.41 _USER9
    ジャニーズに手を出すとこうなる? 9月までテレビ朝日の看板番組「報道ステーション」のサブキャスターを務めていた小川彩佳アナを憐れむ声が少なくない。

     報道ステーションを卒業した小川アナのメインの仕事は現在、ネットテレビAbemaTVの夜のニュース番組「AbemaPrime」のキャスター。報ステ時代は知性あふれるルックスで視聴者からも人気があった小川アナだけに、世間の見方は一気の転落。かつての視聴者がほぼ見ることのない“ネット落ち”に、熱愛⇒破局が取り沙汰された嵐・櫻井翔を持ち出して、ジャニーズと“縁を結んだ”女性たちの悲しき末路として報じられることもしばしばだ。

    「16日のAbemaNewsでも、白装束に頭に蝋燭を2本立てるという、呪いの儀式コスプレを披露。番組では下半身ネタも多いですし、かつては縁のなかったバラエティのりの“ヨゴレ仕事”もこなしています。ジャニーズファンからは“嵐に手を出すとこうなる”と罵られ、社員女子アナという無力さを改めて考えさせられますが、それでも腐らずに手を抜かない小川アナの懸命な姿勢は、Abemaの男性視聴者を着実につかみつつある。ネットには『櫻井と別れてよかった』『媚びない目ヂカラは健在』『頑張ってればいつか巻き返せる!』というエールが増えており、むしろ男性ファンは報ステ時代より増えているのでは」(エンタメ誌ライター)

     番組で公開された10代の頃の文化祭写真にも「根っからの明るいキャラがわかり、さらに好感度が高まっている」との意見が。その明るい一生懸命キャラで、ネットからの巻き返しを実現する日も近い

    6b6cc_1471_bcd44931_523ca126

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15623956/

    【“ネット落ち”でもファン急増!小川彩佳アナに「櫻井翔と別れてよかった」 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/10/21(日) 09:45:26.16 _USER9
    9月末をもって『報道ステーション』を卒業し、この10月からインターネットの報道番組『AbemaPrime』(AbemaTV)のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ。
    局内では「都落ち」「左遷人事」といったネガティブな声も上がっていたが、ここにきてブレイクの兆しを見せているのだ。
    女子アナ評論家・戸部哲也氏が解説する。

    「彼女は2011年から『報ステ』のサブキャスターを務めていて、番組の性格上、ほぼ素顔が見えなかった。けど、『Abema...』では、そんな硬派なイメージが激変。

    初回放送では、テスラのモデルXでスタジオまで乗りつける演出があったのですが、『大物スターが登場するかと思いきや、こんな私ですみません』と恥ずかしそうにコメントしたり、はたまたバラエティさながらに箱の中身を当てるクイズに喜々として挑戦したりと、これまでとはまったく違う姿を見せているんです。『報ステ』時代とのギャップからか、そんな彼女に対し、ネットでも『かわいい』と評判になっています」

    彼女を知る局員も、次のように話す。

    「もともとは男っぽい性格で、野外フェスが大好きではっちゃけるし、食事に行っても大盛りでご飯を食べたりする。『報ステ』時代はプレッシャーや対外的な責任もあったのか、局内でもしおらしくしていた。これからようやく、彼女の本来の魅力が現れると思いますよ」

    『報ステ』の呪縛が解けた彼女から目が離せない!

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-01073160-playboyz-ent

    小川彩佳アナ
    no title

    1

    『報道ステーション』の小川彩佳アナ
    no title

    『AbemaPrime』
    no title  

    no title


    【『報ステ』の呪縛が解けた小川彩佳アナ、キャラ変で漂う大ブレイクの予感  】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/10/08(月) 16:53:32.40 _USER9
    9月いっぱいでテレビ朝日の看板番組『報道ステーション』のキャスターを卒業し、同局が出資するAbemaTVへと主戦場を移した小川彩佳アナウンサー。しかし、異動先での仕事が汚れ役ばかりで、早くも“メンタル崩壊”疑惑が囁かれている。

    小川アナが報ステのキャスターに就任したのは2011年4月のこと。当時は東日本大震災の発生直後で、報道現場も混乱の渦中にある難しいタイミングだった。しかし小川アナは落ち着いたアナウンスや番組進行で、徐々に視聴者からの信頼を獲得。以後、先月まで7年半もの間キャスターを務め上げ、番組卒業時には「小川ちゃんが降りたらもう見ない」「小川ロス」という声が上がるまでになった。

    そんな報ステでの経験を買われてか、この10月から小川アナはAbemaTVが放送するニュース帯番組『Abema Prime』の司会に就任。しかし、最初に彼女を待っていたのは『ドッキリ歓迎式』と題した“汚れ仕事”だった。

    “ワキ見せ衣装”で男の顔をなでなで…
    同企画の小川アナは『箱の中身はなに?』クイズに挑戦したのだが、何と着用した衣装はノースリーブ。手を出し入れする度にワキがあらわになる環境の中、こんにゃくやパイナップルに恐る恐る触っていく。さらに第2問の中身は男性の頭部で、小川アナが耳や頬を触って当てるという芸人顔負けのムチャブリに挑戦させられていた。

    また10月2日の『Abema Prime』では、ぶりっ子キャラで知られるお天気キャスター・穂川果音とともに“きゅるんポーズ”を披露。翌3日の放送では天使のコスプレに身を包み、「体の節々が痛いのはこのコーナーのせいだと思っています」と苦笑いを浮かべている。

    小川アナの新たな一面は視聴者に大好評で、ネット上には連日興奮する声が。しかしこうした“イメージチェンジ”で、本人のメンタルには暗雲が…。

    「小川アナは報ステの出演によって、一般視聴者からお堅い真面目なお姉さんといったイメージを持たれることになりました。しかし元から小川アナは、父親が慶大の医学部教授で大学病院部長。本人も『日本舞踊花柳流 名取』『TOEIC915点』といった超エリートのお嬢様です。報ステで真面目にニュースを伝えている分にはよかったでしょうが、フランクなネット番組は小川アナの性に合いません。その上、ワキ見せやコスプレまでさせられたせいで、小川アナのメンタルはズタズタ。すでに番組を降りたがっているようですよ」(テレビ朝日関係者)

    果たして、いつまで小川アナは“ネットの世界”の仕打ちに耐えられるだろうか。

    ogawa-ayaka08

    ニフティニュース
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-63851/

    【【報ステ→AbemaTV】コスプレ、わき見せ 小川彩佳アナ「汚れ仕事」でメンタル崩壊? 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/10/02(火) 22:38:45.83 _USER9
    テレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(33)が2日、インターネット配信AbemaTVの報道番組「Abema Prime」(月~金曜、午後9時)の司会として初出演した。

    番組冒頭、米自動車メーカー「テスラ」の最新モデルに乗って屋外から出演すると、「手のひらから世界につながるニュース番組『Abema Prime』でございます」とあいさつした。
    スタジオにいる共演者のケンドーコバヤシから「遅刻じゃないですか」と突っ込まれたが「この車も1つのニュース」と切り返して、同車を紹介した。

    その後、スタジオに到着すると「今日から司会進行を担当することになりました小川彩佳です。よろしくお願いします」と笑顔を見せた。

    ケンドーコバヤシから「散髪したことがニュースになるんですね」と髪を切ったことが報じられたことを指摘されると、「まさか、髪を切ったことがニュースになるなんて恐縮です。先週の金曜まで『報道ステーション』を担当していたので、週末だけでは気持ちを切り替えられないと思って一気に髪を切りました」と語った。

    小川アナは、11年4月から7年半務めたテレビ朝日系報道番組「ニュースステーション」(月~金曜午後9時54分)サブキャスターを9月28日に卒業した。

    「Abema Prime」の出演にあたり、10月1日からオフィシャルブログも開設した。
    「はじめまして!」と題した初日では自己紹介後、「筆無精ではありますが、ブログも気ままにつづっていけたら。たまに気が向いたら、のぞきにきていただければ、と思っております。新天地。新生活。ということで、めちゃくちゃオーソドックスではありますが、とりあえず心機一転ということで、髪を切りました」とつづっていた。

    前任のテレビ朝日・小松靖アナ(43)から「ここは足を踏み入れたら台本なんて存在しないも同然だから、事前の準備をしても太刀打ちできない場所なので、ありのままの自分で突入するしかない。自分の知らない自分に出会える場所でもあるから」とアドバイスされたことを明かした。

    視聴者からの声で「雰囲気が違う。こんな笑顔みたことがにないぞ」という感想に「そんなに堅物だったのかな」と感想を漏らし、「Abema Primeに小川アナが来た結果、美人過ぎてニュースが入ってこない」には「そんなことないです」とほほ笑んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00349849-nksports-ent

    報道番組「Abema Prime」 小川彩佳アナ
    no title

    小川彩佳アナ
    no title

    【【AbemaTV】小川彩佳アナに「美人過ぎてニュース入らない」の声 】の続きを読む

    1: アルテミス@ ★ 2018/10/01(月) 21:18:08.48 _USER9
    テレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(33)が1日、アメーバオフィシャルブログを開設。先月末で「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)を“卒業”し、新生活を控え髪を「がっつり切っていただきました」と明かした。

     「はじめまして!」と題した初投稿で、7年半の「報道ステーション」生活を振り返るとともに、2日からAbemaTVで放送される「AbemaPrime」(月~金・後9時)のMCを務めると発表。「新天地。新生活。ということで、めちゃくちゃオーソドックスではありますが、とりあえず心機一転ということで…」と、肩まであった髪を短くした姿で笑顔の写真を公開。「さっぱり、すっきりしますね、やっぱり」とつづった。

     今までの地上波とは違う新境地でMCを担当することについては「180度違うといっても過言ではない世界に臨むのは不安でしかありません」と本音をもらしながらも、「自分としてはこれまでと変わらない姿勢で挑むのみ」と意気込みをみせた小川アナ。「筆不精ではありますが、ブログも気ままに綴っていけたら。たまに、気が向いたら、覗きにきていただければ、と思っております」と記した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000143-sph-ent

    no title

    【小川彩佳アナ、報ステ“卒業”し「心機一転」新ヘアスタイルを公開】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/08/21(火) 16:03:09.30 _USER9
    ◆嵐・櫻井との破局、報ステ降板 テレ朝・小川アナが「私ももう限界……」

    8月8日(水)発売の「週刊文春」が報じた、嵐・櫻井翔(36)とテレビ朝日の小川彩佳アナ(33)の破局。
    小川アナは最近、「私ももう限界なの……」と親しい知人らに漏らしているという。

    また、7年半にわたって『報道ステーション』(テレビ朝日系)のサブキャスターを務めていたが、9月末での番組降板と、10月からテレ朝系のネット番組『AbemaPrime』の司会を務めることも公式発表された。
    公私とも大きな変化の時期を迎えている小川アナ。

    そんな中、「週刊文春」の取材で、長年タッグを組んできた報ステのメインキャスター、富川悠太アナ(41)との関係が悪化していることが分かった。
    小川アナは会議の場で、富川アナから「インタビューが下手だから」などと叱責されてきたという。

    小川アナを直撃したところ、「(富川アナからの叱責は)いや、えー。(否定しないと)答えちゃってる感じになりますかね」。
    富川アナは「仲良くしていますよ」と回答。テレ朝広報部は「(富川アナの発言などは)当社の調査で事実とは確認できませんでした。
    一般論として、より良い番組にするために出演者間で意見を述べ合うことはよくあることです」と回答した。

    小川アナにいま何が起きているのか。
    8月22日(水)発売の「週刊文春」では、櫻井との破局、富川アナとの関係、後任に内村光良の妻・元テレ朝の徳永有美アナ(43)が起用された背景などについて詳報している。

    img_930277d6ce030ff3b6967ee3866cbe15120602

    週刊文春 2018年8月30日号
    http://bunshun.jp/articles/-/8679

    【【週刊文春】嵐・櫻井との破局、報ステ降板 テレ朝・小川アナが「私ももう限界…」 】の続きを読む

    このページのトップヘ