タグ:小室哲哉

    1: 音泉光征 ★ 2017/12/24(日) 00:51:39.95
    指原が秋元氏や小室、つんく♂らと「プロデュース力」競いガチ勝負

     テレビ朝日系オーディション番組「ラストアイドル」(土曜深夜0時5分)のセカンドシーズンが、来年1月13日からスター
    トすることが24日、明らかになった。

     番組はAKB48グループ、坂道シリーズなどを総合プロデュースしてきた秋元康氏(59)が、新たな大型アイドルグループ
    を誕生させるべく今年8月にスタートした。

     所属事務所の許可さえあれば、ほかのグループとの兼任もできる〝プロアマ問わず兼任可能〟という前代未聞の応募条件や、毎
    週行われる〝メンバー入れ替えバトル〟が話題を集め、4か月に及ぶバトルの結果、12月16日の放送で最終メンバー7人が決
    定した。

     センターの阿部菜々実(あべ・ななみ=15)ら7人がユニット「ラストアイドル」として、20日にシングル「バンドワゴン
    」でメジャーデビュー。落選者による4つの妹分ユニットも結成され、〝ラストアイドルファミリー〟として活動していくことも
    決定した。

     そんな「ラストアイドル」のセカンドシーズンが、来年1月13日にスタート。今度は〝ラストアイドル〟のセカンドシングル
    を懸けて行われる、ユニット対抗の総当たり戦。5つのユニットそれぞれに名プロデューサーが一人ずつ就任し、ユニットのメン
    バーとタッグを組んでバトルを繰り広げていく。

     5人のプロデューサーは、相川七瀬、ZARDなどの作曲を手掛けてきた織田哲郎(59)、プロデュースした楽曲の総売り上
    げ数は1億7000万枚以上という小室哲哉(59)、アイドルグループ「=LOVE」のプロデューサーであり現役トップアイ
    ドルでもあるHKT48・指原莉乃(25)、「モーニング娘。」などアイドル界の一時代を築き上げたつんく♂(49)、そし
    て、秋元氏だ。

     つんく♂はこれまで考えられなかったバトルに「そんな時代やろうなぁって。で『いつやるんですか?』って秋元さんに聞いた
    ら『すぐ』って。『え!?』とむちゃぶりのドッキリ企画って思ってます。楽しみ30、不安70かな」とコメント。

     小室は「アイドルグループのプロデュースということに関しては、慣れてないなぁという気持ちです。コミュニケーションの取
    り方や、生かし方とか。アーティストの方々はある程度、主張が決まっている方が多いので、それを生かすのが私の役目だったり
    します。アイドルの方々はもしかしたら、真反対かもしれませんよね…すごく困ったなぁという感じです(笑い)」と明かした。

     最年少の指原は「お話をいただいたとき、ただ純粋にうれしかったです。そうそうたるプロデューサーの方々が並ぶ場面で、秋
    元さんの口から私の名前が出たことが、ものすごくうれしかったですね。でも、プロデューサーとして一番新人であり、実績もな
    いのは一目瞭然なので、なんとか頑張って食らいついていかなければ」と気合を入れた。

     前代未聞のバトルを実現させた秋元氏は「あれだけの戦いを制した『ラストアイドル』7人と、惜しくも敗れた4つのユニット
    のメンバー…。このダイヤモンドの原石たちを磨く方法はないかと考えたとき、〝秋元康的〟ではない形で磨いたらどうなるのか
    という思いが浮かびました」と経緯を説明した。

     ただ、番組企画者としてバトルに参加することには「僕の立場は非常に難しいですね…。番組の企画者が参戦するのは変だと思
    ったのですが、出ないと〝逃げている〟と言われるし、勝てば〝出来レースだ!〟と言われかねない。負けたら負けたで、文句も
    くるでしょう。できるだけレースを引っかき回す、戦いを面白くする役になりたいと思っています」と意気込みを語った。
     https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/868894/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【ラストアイドル2始動 秋元康、指原莉乃、小室哲哉、つんく♂、織田哲郎がプロデュースバトル 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/28(火) 00:21:04.27 _USER9
    小室哲哉、誕生日にKEIKOとのツーショットを披露

    instagramより@tk19581127

     音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が26日、自身のインスタグラムで、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、療養中の妻・KEIKO(44)とのツーショットを掲載した。

     この日は小室の誕生日で「皆さまの計らいで、食事ぐらいはできました!来年は、再来年は、どうなんだろうとは思いますが、瞬間を大事にしなきゃとは思って。
    今年もよろしくお願いします ありがとうございます」とマスク姿のKEIKOとのツーショットを掲載した。

     この画像にファンからは「誕生日おめでとうございます」などのお祝いのコメントの他、
    「お似合い素敵」「けいこさーん大好きです」などのメッセージが書き込まれている。

    23969998_1933635796892554_9066894532741693440_n

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000269-sph-ent 



    【小室哲哉、誕生日にKEIKOとのツーショットを披露(画像あり) 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/22(日) 20:10:54.18 _USER9
    小室哲哉が、22日、KEIKOとマーク・パンサーと自身の写真を公開した。

    小室は、自身のInstagramで、「2017.10.22のチャートだよね?ありがとうこざいます!」とコメントを添え、妻・KEIKOの写真、globeのアルバム「15YEARS -BEST HIT SELECTION-」がiTunesのアルバムランキング1位となっている画像、また自身と、マーク・パンサーとの2ショットという4枚の写真をまとめて投稿した。
    「15YEARS -BEST HIT SELECTION-」は、2010年9月にリリースされた作品だ。

    この投稿にファンからは「KEIKOさんの元気な姿が見れてホントに嬉しいです」「小室さん桂子さんのお元気そうな姿拝見出来て嬉しいです」「桂子さんの写真載せて下さり!ありがとうございます」「けいこさん見て泣けてきたー」「元気な顔見れて嬉しい」と、療養中のKEIKOの写真を喜ぶ声や「KEIKOのglobeでの復活を毎日祈ってます」「早くKEIKOさんの歌声で、心の傷を緩和されたいです」と、KEIKOの復帰を待ち望む声が見られた。

    小室は今年8月、InstagramでKEIKOがくも膜下出血を患った後に歌ったという歌声を公開。ファンからは、歓喜の声が起こっていた。
    その一方、今月には自身の引退について考えたことや「家から歌声が消えて6年かあ。毎日、一喜一憂の人生。」とKEIKOが2011年の10月からくも膜下出血で療養に入ってから6年が経過したことを綴り、それに対する思いも明かして話題になった。
     E-TALENTBANK 
    http://news.livedoor.com/article/detail/13784040/

    22636918_145017782898684_863164027063238656_n

    https://www.youtube.com/watch?v=3djg2YAblk8


    globe / 「FACE

    【小室哲哉、自身とKEIKO、マーク・パンサーの写真公開】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/10/15(日) 17:53:20.47 _USER9
     音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が15日、自身のインスタグラムに歌手・安室奈美恵(40)と活動休止中の歌手で妻のKEIKO(45)の“奇跡の1枚”を公開した。

     小室が公開したのは、かつて一世を風靡した“小室ファミリー”の歌姫の2ショット。撮影時期は不明だが、2人は顔を寄せ合い、安室はVサイン。そろって白い歯を見せて笑うモノクロ写真をアップした小室は「僕からしたら、奇跡の1枚です。撮影してくれた方にありがとうと、伝えたい。」と感慨深げなコメントを投稿した。

     フォロワーからは「本当に素敵な写真」「貴重なお写真ありがとうございます」「最高です」といったコメントが寄せられ、「いいね!」は1万件超えと大きな反響を呼んでいる。

     安室は来年9月16日をもって引退することを発表。かつてプロデュースを手がけ、「CAN YOU CELEBRATE?」「Don't wanna cry」などのメガヒットを連発した小室は、9月21日付のツイッターで「正直、仕事で何とも言えない寂しさを感じるのは初めてです」とコメント。

     「これからいよいよブレイクして行くのだなあという瞬間に立ち会えてから20年、あらゆる奇跡を起こし、足跡を残し、そんな姿を誇らしく思い、そして、あと1年で卒業という現実を知る。このプロセスはなかなか味わう事はないでしょう。奈美恵ちゃんには、最高の日々を過ごしてもらいたいです」ともメッセージを送った。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000306-oric-ent

    no title

    【小室哲哉、“奇跡の1枚”公開 安室奈美恵&KEIKO2ツーショットにファンも感激 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 00:04:48.44 _USER9
    《引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りのことを精一杯し、有意義な1年にしたい》

    9月20日、公式HPで来年9月16日をもって引退することを発表した安室奈美恵(40)。これからの1年の抱負をこう語った。11月8日、ベストアルバム『Finally』を発売する。実はここで、大きなサプライズがあるという。

    「今年の8月、安室さんは小室哲哉さん(58)と極秘で再会したんです。2人が会うのは数年ぶりのはずです。
    すでに引退を考えていた安室さんは、ブレークのきっかけをつくってくれた恩師というべき小室さんに気持ちを伝えたかったのかもしれません。そこで話が盛り上がり、小室さんのプロデュースによる新曲が決まったんです」(音楽関係者)

    95年にソロデビューした安室は、3曲目小室が楽曲をプロデュースし、大ブレイクを果たした。だが、 01年に安室は“小室ファミリー”を離脱した。安室自身が他の路線に挑戦したいと考えたことなどが理由だった。
    その後、疎遠な時期が続き、小室の曲をまったく歌わない時期もあったという。

    《一時期、小室さん時代の曲はしばらく歌わない方が良いのかもと思っていました。過去は振り返りたくないし、私は今の自分を見てほしかったから。でも、小室さんが作ってくれた歌はいい歌が多いんですよ。今でも歌うとテンションが上がる。やっぱり、いいものはいいし、そう素直に言える大人でいたい》(『AERA』08年5月12日号)

    袂を別ってから16年。歳月が雪を溶かしたようだ。

    「すでに、レコーディングに入っているようです。アップテンポな曲で、これまで小室さんが制作した安室さんの楽曲でいうと『Don't wana cry』に雰囲気が似ているかも。“2人の黄金期”を彷彿とさせる曲ですね。
    11月のベストアルバムにこの新曲も入るように進められています」(前出・音楽関係者)

    9月22日、仕事先のイタリアから帰国した小室は、羽田空港で取材に応じた。

    「(引退は)考えられなくもないなぁという感じです。始まりから卒業まで、すべてを見られることは初めてなので、感慨深いものはありますね」

    次々と新しいことに挑戦し、多くの人に感動を与えてきた安室奈美恵。最後の1年も、彼女の挑戦は止まることはない。

    20170926-00010002-jisin-000-view

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010002-jisin-ent

    【【女性自身】安室奈美恵 極秘再会で実現!新曲は16年ぶり小室プロデュース】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/02(土) 12:51:37.84 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    小室哲哉&浅倉大介の“PANDORA” Beverlyをボーカルに迎えた新曲MVが解禁

    9月3日からスタートする『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)の主題歌『Be The One』のミュージックビデオが8月31日に解禁となった。
    小室哲哉&浅倉大介によるユニット・PANDORAが手掛けた新曲で、ボーカルにはフィリピン出身の女性シンガーBeverly(ビバリー)を起用している。
    公開されたMVはライブ会場でPANDORAの2人がブースに並び、その前でBeverlyが熱唱するという設定だ。

    無題

    Techinsight_20170901_419400_0f48_1

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170901/Techinsight_20170901_419400.html

    PANDORA feat. Beverly / 『Be The One』(TVオープニングサイズ)ミュージックビデオ
    https://youtu.be/JPFrJC5uywQ


    【小室哲哉の新曲『仮面ライダービルド』の曲がイイ 小室サウンド衰えず(動画あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ