中二病速報

    タグ:安東弘樹

    1: 湛然 ★ 2018/07/19(木) 05:00:37.25 _USER9
    元日本テレビの徳光和夫、元TBSの安東弘樹、元NHKの登坂淳一アナウンサーが、あす19日に放送される読売テレビ・日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンDX』(毎週木曜22:00~)に登場し、収入事情をぶっちゃける。

    登坂は、NHKを退局した理由について「周りのレベルが低い」と説明。フリーになってからの収入は「驚くほど上がった」といい、「NHK(の給料)は高くないです。全然低いです」と振り返る。

    各局の給料に詳しい、元TBSの安東弘樹は、TBSの平均は1495万円、NHKの平均は1100万円くらいと年収の格について言及。元日本テレビの徳光和夫は、フリーになって3~4年の間、毎月、局アナ時代の年収分を稼いでいたことを明かす。

    さらに退職金の金額も激白。ネット上で4000万円とウワサされていた安東は「事実は半分くらい」と明かし、NHKの登坂の退職金は2000万円だと推測する。退職金が1710万円だったという徳光は「サラリーマン時代の借金、家のローンは全部返済できました」と話す。

    (左から)登坂淳一、安東弘樹、荻野由佳、神谷えりな=読売テレビ提供
    no title

    https://news.mynavi.jp/article/20180718-666063/

    【安東弘樹 TBSの退職金は噂の「半分くらい」 徳光和夫は1710万円 】の続きを読む

    1: ちょこぼΨ ★ 2018/06/30(土) 13:52:40.17 _USER9
     4月にフリーに転身した安東弘樹アナウンサー(50)が、27日放送のテレビ朝日「イッテンモノ」(水曜深夜0・20)に出演。古巣TBSを退社した理由について「命を危険を感じたから」と明かした。

     91年にTBSに入社し、人気アナウンサーとして多くの同局番組を担当してきたが、今年4月に退社。お笑いコンビ「千鳥」らMCに理由を問われると「一言でいうと、敵前逃亡というか、脱走というか…」と語り始めた。

     「(後輩アナら)最大13人のマネジャーをやっていた」と、アナウンス業のかたわら管理職として、部下のシフト業務も兼務していたと説明。「それを7年間やって8年目に入った時に、俺このまま死んじゃうかもと思った。激務過ぎて。命の危機を感じて辞めたということでは危機回避で生きてきた人生」と振り返った。

     心配性で、日常でも危機管理を徹底。「家を出るときには、身の危険や不足の事態に備えている」といい、番組では楽屋でイスラエル軍考案の護身術をパソコンでチェックする様子が紹介されたほか、「何が起きるか分からない」と海外へのフライトでは一睡もできないこと、エレベーターの中では他の利用者に背中を見せないといったエピソードが明かされた。

     あまりの徹底ぶりに、千鳥の大悟(38)から「よく『アッコにおまかせ』をやってましたね」とつっこまれたが、これには「(和田アキ子の)懐に入れば安全。一番安全ですから」と答えて周囲を笑わせていた。

    20180630-00000094-spnannex-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000094-spnannex-ent

    【安東弘樹アナ 命の危機感じTBS退社「敵前逃亡 激務過ぎて死んじゃう」 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/02/09(金) 05:09:50.07 _USER9
     アンディの愛称で人気を集めるTBSの安東弘樹アナウンサー(50)が3月末で退社し、フリーアナウンサーに転身することが8日、分かった。3人組グループ「いきものがかり」や俳優・生瀬勝久(57)らがいる大手芸能プロダクション「キューブ」に所属するとみられる。複数の関係者によると、昨年10月に50歳の節目を迎え、視野を広げたいと決断したという。パーソナリティーを務める9日のTBSラジオ「たまむすび」(金曜・後1時)で生報告することになりそうだ。

     TBSの看板アナがフリー転身を決めた。現在はアナウンス部、部次長として部をまとめる安東アナ。自身の番組出演はもちろん、後輩の指導やスケジュール管理など業務が多岐にわたる中、大きなきっかけとなったのが昨年10月8日の誕生日だったという。

     関係者によると、50歳の節目を迎え、このまま会社で勤めあげるのか、現場にこだわるのかで悩んだという。中途半端だけは避けたいという思いが強く、出した結論は退社。周囲には「もっと視野を広げたい」と話しているという。

     フリーとして活動するためには芸能プロダクションに所属するのが一般的。別の関係者によると、そこで安東アナが相談したのが「キューブ」だった。同社所属の俳優・古田新太(52)とかつて一緒にラジオ番組をやっていたこともあり、同社が「いきものがかり」をお披露目した「設立7周年パーティー」の司会を務めた。10、20周年のパーティーでも司会を担当し、同社の雰囲気を肌で感じていたという。

     TBSも局を代表するアナウンサーとあって慰留に努めたとみられるが、最終的には3月末での退社が決まった。

     多くの人気アーティストや俳優、女優を抱える「キューブ」だが、フリーアナウンサーのマネジメントは初めて。手探りでのスタートとなるが、安東アナの実績は十分。得意の情報番組やバラエティー番組の司会進行に加え、報道番組の経験もある。“希代の車好き”として知られ「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員も務めており、こうした強みを生かした仕事にも積極的に取り組むことになりそうだ。トム・クルーズ似のイケメンでもあり、本人のやる気次第では俳優業に挑戦する可能性も。4月以降、アナウンサーという枠にとらわれず、活躍の場を広げていきそうだ。

     ◆安東 弘樹(あんどう・ひろき)1967年10月8日、神奈川・横浜市生まれ。50歳。横浜市立桜丘高―成城大法学部卒業後の91年、TBSに入社。スポーツなどを担当した後、96年から「王様のブランチ」に出演すると、アンディの愛称で人気に。98年から2014年まで「アッコにおまかせ!」の進行を担当。05年9月にタレントの川幡由佳と結婚。現在のレギュラーは「ひるおび!」(木曜)、「ふるさとの夢」、ラジオ「たまむすび」(金曜)など。

    20180208-00000218-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000218-sph-ent

    【安東弘樹アナ、フリーに転身「もっと視野を広げたい」TBS3月末退社】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2017/12/09(土) 10:09:35.87 _USER9
    8日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、金曜パーソナリティーの安東弘樹アナウンサーが、飲酒運転の検問で警察官に対する不信感を覚えたという出来事を語った。

    番組のオープニングトークで、安東アナが「受け入れがたいことがあった」と切り出し、前週の休日に、一人で車で出かけた際のエピソードを話し始めた。
    安東アナは酒が飲めないそうだが、その日は居酒屋で、黒烏龍茶を飲みながらアサリの酒蒸しなどを夕飯に食べたという。

    その帰り道に、飲酒運転の検問に遭遇したそう。
    警察には敬意を持って好意的だという安東アナだったが、検問では警察官に「明らかにお酒の臭いがしますね」と言われ、車の外に引きずり出されたというのだ。
    「体質的にお酒が合わない」「お酒が飲めない」と伝えるも、警察官は聞く耳を持たず「完全に犯人扱い」をされたという。

    車から降ろされた安東アナは、別の場所で検査をすることになったが「(酒の臭いは)さっき食べたアサリの酒蒸しのせいかもしれない」と警察官に伝えたそう。
    しかし、警察官は「そんなの影響ない」と全否定したとか。

    結局、安東アナは4人くらいの警察官に囲まれながら「お前やっているだろ」という空気の中で、検査をしたそう。
    当然、アルコールは検出されなかったが、結果が出ると一人の若い警察官を除いて、今度は「チッ! みたいな空気」になったという。

    さらに、安東アナを車から引きずり降ろし、アサリの酒蒸しを全否定していた警察官が「あ~あ…アサリの酒蒸しで匂ったんでしょうね」と言い出したとか。

    この警察官の対応には、安東アナも「警察に敬意を持ってますけど」「あのときのリアクションで、その人、一人の態度でやっぱり警察(全体)に対する不信感が生まれちゃうじゃないですか」と、こみ上げる怒りを抑えるように訴えた。

    その反面、安東アナは「だから僕も気を付けようと思いました」「みんなそれぞれの看板を背負っている」と語り、自身の対応や態度によって、所属する企業や団体のイメージを著しく損なってしまう恐れがあることを改めて感じたという。

    RS^ADBLvnezBQpv6OGS8UtDga_xnIpZik--728x546

    http://news.livedoor.com/article/detail/14003657/

    【【TBS】安東弘樹アナ、飲酒運転の検問での警察官の態度に怒り「不信感が生まれる」 】の続きを読む

    1: リバースネックブリーカー(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 12:58:45.07 ID:JMR2cVYo0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    八代英輝氏がアジアインフラ投資銀行「AIIB」を主導する中国に懸念「金を返すのが先」

    20日放送の「ひるおび!」(TBS系)で弁護士の八代英輝氏が、アジアインフラ投資銀行「AIIB」について中国への懸念と、日本の慎重さを評価する一幕があった。
    番組では中国主導の新しい銀行、AIIB(Asian Infrastructure Investment Bank)の話題を取り上げた。
    AIIBは中国が提唱・主導するアジア向けの新しい国際開発金融機関だが、日本と米国は今のところ不参加を表明している。

    スタジオでは安東弘樹アナウンサーが、世界の主な国際金融機構について説明をし、ADB (アジア開発銀行)の発行済融資残高(借りたまま返済が行われていない額)を、中国が全体の25.3%を占めていることを明らかにした。
    すると、コメンテーターの八代氏は「借りたお金を返してないのに、自分たちで銀行を作ろうとしているってことですね。まず、金を返すのが先じゃないかという声もありますね」と、中国への指摘した。(以下略)
    画像
    hiruobi_kaiken_bunkatsushin_large

    http://news.livedoor.com/article/detail/10028715/

    【(AIIB)アジア開発銀行融資残高の25.3%が中国 八代弁護士「金返すのが先」】の続きを読む

    このページのトップヘ