中二病速報

    タグ:女性自身

    1: ひかり ★ 2019/06/18(火) 00:09:08.13
    6月中旬の午前9時ごろ、大阪市内のマンションから一組の男女が仲よく出てきた。キャップを目深に被っている女性は、三船美佳(36)だ。そして隣を歩く男性は、美容室経営者の夫・Tさん(40)。三船が今年4月に再婚を発表して以降、初の夫婦ショットとなる。美容室へと出勤するTさんを送りだすため、三船はしばらく並んで歩いていく。その表情には、幸せに満ちた明るい笑みが浮かんでいた――。

    三船は98年、16歳という若さで高橋ジョージ(60)と結婚。24歳も年の離れた“おしどり夫婦”として、注目を集めていた。そんな結婚生活に陰りが見えたのが、13年12月。
    三船は長女(14)と母を連れて大阪へ逃亡し、別居生活がスタートしたのだ。

    「15年1月にそうした夫婦の亀裂が発覚すると、3月に離婚裁判が勃発。原因は高橋さんの“モラハラ”と報じられ、話題を呼びました。裁判は泥沼化しましたが、1年後の16年3月に離婚が成立。長女の親権は、三船さんが獲得することになりました」(芸能関係者)

    母娘と2人きりで生きていく。そう決意した三船の前に現れたのが、Tさんだった。

    「当初は戸惑う気持ちもあったそうです。背中を押したのは、三船さんの娘さんでした。娘さんは三船さんと高橋さんとの離婚騒動を近くで見てきました。
    高橋さんとは会いたくないと言っていると報じられたこともありましたが、そんな彼女がTさんには心を許したのです。それが決め手となり、三船さんは再婚を決断したのです」
    (前出・芸能関係者)

    そんな彼女が選んだ新居は意外なところだった。

    「三船さんが住んでいるのは、大阪市内でも下町といっていい場所。セレブが住むような高級住宅街ではなく、古い戸建てやアパートが立ち並ぶ庶民的なエリアです。
    住んでいるマンションもごくごく普通。新築ではありますが、ファミリータイプの3LDKで家賃は月15万円ほどでしょう」(不動産関係者)

    高橋と結婚していたころ、三船は“合計3億円”ともいわれる豪邸に住んでいた。直撃の際に高橋が乗っていたのも、高級輸入車。誰もがうらやむほどの“セレブ生活”だった。

    「大阪に引っ越した後も、三船さんが娘と暮らしていたのは超高級マンション。ファミリータイプだと家賃40万円ほどで、浴室にはミストサウナも完備。
    コンシェルジュサービスまであるという、ホテル並みの豪華さでした」(前出・芸能関係者)

    そうしたころと比べると、かなり質素な生活。だが彼女は心から幸せそうだという。笑顔の裏には再婚した夫・Tさんの影響があった。Tさんの知人は言う。

    「彼は著名人を担当するようなカリスマ美容師ではなく、いわゆる“町の美容師さん”。Tさんはもともとついていたお客さんを大切にし、古くなったお店も自分で直す。
    人柄もよく、いつも笑顔であいさつする。そうした姿勢が評判となり、『あのお店はいいよ』という声が増えてきています。三船さんは、そうした堅実でまじめな彼のことが
    大好きなんです。だからこそ新居もあえて普通の賃貸マンションがいいとTさんに伝えたそうです」

    実際、Tさんと暮らし始めたことで三船は変わったようだ。近所の住民はこう語る。

    「三船さんを近くにある大衆的なスーパーでよくお見かけします。芸能人なのに気取って顔を隠したりせず、普通に買い物をしていますね。それに芸能人って、高級なジムに通っているイメージがあるじゃないですか。でも彼女は普通の主婦と同じように、近所をジョギングしています。だから『あの子、本当に質素だしいいコよね』と
    噂しているんですよ」

    “モラハラ夫”から逃亡して5年、笑顔を取り戻した三船。長女や夫・Tさんとの“ささやかな暮らし”が、彼女にとってなによりの“宝物”となっているようだ。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00010002-jisin-ent

    no title

    【【女性自身】三船美佳新居は家賃15万円!それでも3億円豪邸時代より笑顔 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/06/14(金) 14:21:01.94
    タレントの熊田曜子(37)が6月12日、自身のインスタグラムに「夫が食事を食べてくれず、手料理を捨てることが続いている」ことを投稿。「モラハラではないか」とSNSで話題となっている。

    熊田はインスタグラムのストーリーズに「朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ」と記した。

    投稿には一汁三菜を越えた品数の和食に、大きくバツ印をつけた写真が添えられている。

    この投稿がTwitterで拡散され、

    「旦那一口も食べないってどういうこと?モラ夫かよ…」

    「このクオリティの料理を作っている熊田曜子さんすごいな。もう少し手を抜いて余裕を持って欲しい」

    「これは可哀想すぎる。小鉢こんなに用意するの大変だよ」

    と同情の声が集まっている。

    熊田がSNSで家庭の愚痴をこぼしたのは、今回が初めてではない。今年4月29日、ストーリーズで姑からの厳しい仕打ちについてもこう悲痛な叫びをあげていた。

    「明日一緒に夕飯を食べましょうというお姑さんからの誘い。予定が入ってるし義家族とあう約束は別日にあるからお断りしたらめっちゃ怒られた。しかも、
    朝から私の実母に私のダメ出し電話1時間。さらに30行くらいの長文LINEで実母も私も怒られてる」

    熊田は、2012年4月に一般男性と結婚。同年12月に第一子女児、2015年10月に第二子女児、2018年6月に第三子女児を出産。現在はグラビアだけでなく、
    三人娘を抱えるママタレントとしても活躍している。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00010007-jisin-ent
    no title

    no title


    【【女性自身】熊田曜子 夫からの“モラハラ”暴露「食事残されるの100回経験」 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/06/11(火) 06:00:23.74
    「磯野さんが今のマンションを購入したのも、元夫・Tさんが経営するバーから徒歩数分のところにあるためです。彼が通いやすいよう、『少しでも愛する夫の役に立ちたい』という彼女なりの愛情だったのですが……」

    5月19日、12年に再婚した24歳年下の男性・Tさんとの離婚を発表した磯野貴理子(55)。6月2日には自身が出演するドラマ『つばめ刑事』(ひかりTV)の完成披露挨拶に出席。共演者から離婚についてイジられる場面でも、「ついこの間、離婚しまして。でも、おかげさまでこんなに元気になりました。つば九郎と一緒にドラマの宣伝をさせてもらっています!」と明るく語っていた。

    「5月末に磯野さんは大ファンである東京ヤクルトスワローズの始球式に参加しましたが、オファーがきたのは直前でした。それでも『絶対やらせて!』と引き受けたのは、“好きなことをしている間だけは離婚のつらさを忘れられる”という思いがあるのでしょう。また離婚後にバラエティ番組にほとんど出演していないのも、元夫に批判が集中しないよう気遣っているのだと思います」(知人)

    人前で気丈にふるまう磯野。しかし、苦悩は続いていた――。

    「実は離婚発表後も、磯野さんのマンションへTさんが毎日のように出入りしているんです。仕事場へもマンションから通っており、着替えるためだけに立ち寄ることもあるそうです。それどころか、駐車場に自分の車を止めているといいます。マンションの住人たちも『まだ出ていかないの……』とため息をもらしています」(前出・知人)

    5月末日、本誌も磯野の自宅マンションから出てくるTさんの姿を目撃。現在の生活について聞くと「お話しするつもりないんで」と渋い表情で立ち去っていった。夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんはこう語る。

    「全国でどのくらいあるかは不明ですが、こうした事例は非常にまれです。ほとんどの夫婦は離婚する前にまず別居を選択します。私は今までに約8千人の離婚相談を受けてきましたが、そのなかで離婚後すぐに家を出て行かず、一定期間夫婦で一緒に暮らしていたケースは4?5件しかありません」

    離婚の理由について、自身のレギュラー番組『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)で磯野はこう語っていた。

    「(元夫が)『自分の子どもが欲しい』って。あっ、そうか。そらそうだと思って。『何か勝手言って、俺』って(向こうに言われて)『勝手じゃないよ。自然なことだよ。当たり前じゃないの』って……」

    自ら離婚を切り出したともいえるTさん。それなのに、なぜ今も磯野のもとに居座り続けるのか。高草木さんは続ける。

    「単純にお金がなかったり、引っ越し先が決まらないといった現実的な問題があるのではないでしょうか。ですが大抵の人はパートナーに離婚を言い出す前に、離婚後のシミュレーションなり準備をしています。そういった意味でTさんは、磯野さんの優しさに甘えている部分があるといえるでしょう。ほとんどの女性は離婚後に姓が変わるため、さまざまな手続きをしなければなりません。ただでさえ忙しいわけですから、いつまでも居座られるのは迷惑でしょう。これから数カ月、数年とたっても出て行かない場合、磯野さんの新たな恋愛や再婚にも悪影響が出てくると思います」

    それでも磯野には、Tさんの“自宅出入り”を許す理由があった。

    「磯野さんは決してTさんのことを嫌いになって離婚したわけではありません。Tさんが過去に女性への暴行騒動で非難を浴びたときは、誰よりも彼のことをかばっていました。今回も『子どもが欲しい』という彼の気持ちを尊重して、前向きに離婚を選択したのだと思います。14年に磯野さんが脳梗塞で倒れた際に寄り添っていたのもTさんでした。彼女は『彼は命の恩人』と、とても恩義を感じているといいます。だからこそ、彼のことは今でも気にかけているのでしょう。再出発をできる限り応援したいと考えているようです」(芸能関係者)

    >>2以降に続きます

     女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00010002-jisin-ent

    no title

    no title

    no title

    【【女性自身】磯野貴理子 元夫出ていかない 離婚3週間も続く同居生活 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2019/05/30(木) 16:42:45.47
    吉田栄作、おっさんとハグ!内山理名も知らない酔っ払い現場

    東京都世田谷区内の繁華街。終電が近づく5月中旬の夜、バーの前で固~いハグを交わす2人の同世代男性がいた。
    そのうちの1人は――吉田栄作(50)だった。

    「俺はよ、膝をオスグッド(成長期に起こりやすい膝下の痛み)で痛めたよー!」
    酔っているようで、抱き合ったまま大声で相手に伝えている。
    相手も酔っているようで、「やっぱりカッコいいなぁ、栄作さんは!」

    腕の中の吉田を褒めちぎり、まさかの“おっさんずハグ”ワールドを展開。
    かみ合わない会話を終え、男性客を見送ると、吉田はまたバーの中へと戻っていった。

    吉田といえば昨夏、本誌で内山理名(37)との“自宅愛2連泊現場”をスクープ。
    ラブラブのはずだった彼にナニが!?

    「彼は昔から、お酒が大好き。酔っぱらうとボディタッチが激しいんですよ」
    彼の知人はそう苦笑いする。

    「ある行きつけの店では、常連になりすぎて、経営者でもないのに『会長・吉田栄作』って名刺を作ってもらっていましたから。ただ、酔っ払ってしまうと熱くなりすぎてコントロールが
    利かなくなるところもあって。飲みすぎを注意したこともありました」

    吉田は昨年末、30年間所属した大手芸能事務所から独立。今年1月に個人事務所を設立した。

    「現在は、出演映画『空母いぶき』のプロモーションを行っています。
    6月上旬には沖縄のミュージックカフェでライブを行い、7月の連ドラにもレギュラー出演する予定です。
    ただ今の吉田さんは芸能活動だけでなく、事業にも挑戦したいとか。
    トレーニングが好きなので、ジム運営に興味があるそうです。また酒好きを生かしたバー&ダイニング経営にも乗り気です。
    中目黒や池尻大橋など、彼がよく顔を出すエリアに店を持ちたいと思っているようです」(別の知人)

    デビューから30年、新たな道を進む吉田を、交際1年を迎える内山はどう思っているのだろうか。

    「一時期は“結婚秒読み”と噂された2人ですが、吉田さんの環境の変化で、
    結婚を急がなくなったと聞いています」(2人の知人)

    独立発表時のブログで、彼はこんな意思表示をしていた。

    《今年は自分にとって起承転結の『転』の年…この先まだまだ表現の旅を続けるうえで、
    この新しい一歩を大切にしたい》

    50歳となった吉田の新天地は、どこへ“転”じるのだろうか――。

    女性自身 
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1741591/
    往年のトレンディドラマを彷彿とさせる熱いハグ!
    no title

    吉田は店を出た男性客を追っかけて……。
    no title

    【【女性自身】吉田栄作、おっさんとハグ!内山理名も知らない酔っ払い現場 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/29(水) 06:02:10.40
    NGT48の早川麻依子支配人がTwitterで第三者委員会の報告書と食い違うような内容のツイートを投稿したことで再び物議を醸し、ファンの不信感をあおってる。

    問題とされている早川氏のツイートは、山口真帆(23)の暴行事件が発覚した際に浮上したメンバーとファンとの“つながり”についてのもの。5月26日、早川氏は《報告書に出ている、具体的に名前が挙がった12人》について「人から聞いた」「つながっていると思う」といったものだとし、《曖昧な話ばかり》と投稿。さらに《処分しようにも全く証拠がありません》とメンバーの潔白を主張した。

    ところが同ツイートには疑問の声が上がった。というのも3月21日にNGT48の公式ホームページにアップされた「第三者委員会調査報告書」の冒頭部でAKSは“つながりがあった”と認め、こう反省している。

    《責任を問われるべきなのは、組織運営に問題があり、スタッフ及びメンバーに対して、事前に明確な基準を示して適切な指導ができていなかった当社であることから、今までのNGT48内での私的領域におけるファンとのつながりを含め、風紀の乱れ全般は、今回は不問に致します》

    さらに同書の21ページでは“つながり”について《本件調査の中で,「噂」レベルではなく,具体的な事実として垣間見ることができた》と明かされている。例えば被疑者の1人と思われる男性と他メンバーの行動に関する内容を話すメンバーがいたり、もう1人の被疑者に山口の家に行くことについて相談していたメンバーがいたことなどを列挙していた。

    そのためTwitterでは、困惑する声が上がっている。

    《第三者委員会で繋がりは認められていましたよね?》
    《もう『第三者委員会』の調査自体信用に値しないという事を言っているのと同じなんですけど》
    《第三者委員会と食い違う発言は信憑性ゼロの火に油》

    早川氏はTwitter始動当初、《メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います》とツイートしていた。しかし投稿のたびに厳しい声が上がっている。

    001

     女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00010016-jisin-ent

    【【女性自身】NGT早川支配人 第三者委員会と食い違う投稿「火に油」と物議 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/05/28(火) 00:28:37.09
    「急なんだけどさ、私、離婚することになって。離婚するのよ!」

    5月19日、磯野貴理子(55)は『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)でこう離婚を発表した。

    「いちおう、理由聞きたいじゃない。待っていたらさ、『自分の子どもが欲しい』って。あっ、そうかそうか。そらそうだと思って。『何か勝手言って、俺』って(向こうに言われて)『勝手じゃないよ。自然なことだよ。当たり前じゃないの』って……」

    磯野は目に涙を浮かべながらも、明るく気丈に語っていた。

    「むこうのほうが頑張ったよ。よく(今まで)一緒にいてくれたなと思って。全然、思えるよ。感謝しかないもん、私なんか……」

    笑いながら24歳年下のTさんに感謝の思いを伝える姿は、視聴者の胸を打った。ネット上では《涙が止まらない》《子どもを望まれたら何も言えないよ》などの声が続出。「子どもが欲しい」というTさんには《最初からわかっていたはずなのに》といった批判もあった。

    磯野は09年、7歳年下の元マネージャー・Sさんと離婚。そして12年、24歳年下の男性・Tさんと再婚した。当時、磯野は48歳。2人で“子どものいない人生”を歩んでいくはずだった。だが今回、2人は袂を分かつこととなってしまった。Tさんの知人は言う。

    「Tさんはどんどん派手になっていきました。爽やかなイメージからワイルドな印象へと変わり、女性客からもモテていました。お店を深夜に閉めた後には、よく六本木にある有名サパークラブに出かけていました。有名人やキャバクラ嬢も出入りするお店で、一晩で数十万円以上使っていたことも。『貴理子さんのお金でお店をやっているのに大丈夫かな』と心配の声も上がっていました」

    本誌はTさんに話を聞くべく、彼が都内で経営するバーへと向かった。

    このバーは磯野が開店のために出資したお店。ちょうネクタイに白いワイシャツでビシッと決めたTさんが立っていた。しかし話を聞こうとすると「取材はお断りしているので……」と一言。そして「僕も、疲れているんです」と言葉少なに答えた。

    その後、日付も変わった深夜1時30分ごろにTさんが店から出てきた。その足で向かったのは磯野の住むマンションだった。

    『はやく起きた朝は…』の収録時点で磯野はTさんが「まだ家にいる」と語り、離婚届の提出は「これから」と語っていた。だが放送後、すでに離婚届は提出したと報じられていた。それでも、いまだに同居は続いていたのだった――。

    女性自身
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1740733/

    no title

    【【女性自身】磯野貴理子 元夫は今も同居継続 取材に「僕も疲れた」と語る 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/05/21(火) 11:08:13.54 BE:292723191-PLT(19081)
    鴈龍太郎は、昭和の大スター勝新太郎さんと人気女優の中村の間に生まれ、“芸能界のサラブレッド”として注目されていたこともある。
    勝さんは一人息子に期待し、ときには愛情深く、ときには厳しく指導していたのだ。
    だが名優から英才教育を受けるようになってから30年余り、その息子の才能が開花することはなかった。

    「思えば彼も不運でした。デビュー作は勝さんが監督も務めた映画『座頭市』(’89年公開)。
    しかし映画撮影中に共演俳優に重傷を負わせ、その後、死亡してしまうという事件が起きたのです。
    さらに’97年には、息子の行く末を心配しながら、勝さんが65歳で逝去してしまいました」(中村の知人)

    勝さん亡きあとは、中村玉緒が遺志を継ぎ、鴈を“一人前の俳優”にすべく、尽力したという。
    「バラエティ番組で共演したり、自分が出演する舞台のプロデューサーに頼み込んで、鴈にも役をもらってあげたりしていました。
    鴈にも“父の名に恥じないような俳優になりたい”という気持ちはあったようですが、プライドも高く、“使いやすい俳優”ではなかったと聞いています。
    また玉緒さんの経済的援助があるので、生活にも困らなかったために、やる気も長続きはしなかったようです」(舞台関係者)

    だが前出の中村の知人は言う。「何十年も『きちんと仕事をしてほしい』と、息子に苦言を呈し続けていた玉緒さんも80歳という年齢が近づき、苦渋の決断を下さざるをえなくなったのです。
    鴈は’17年に2年ぶりに舞台に出演しましたが、その後は働くそぶりを見せませんでした。
    玉緒さんは『私が面倒をみているかぎり、あの子が立ち直ることはない』と考え、長女とも相談したうえで鴈を絶縁し、経済的援助を打ち切ったそうです」

    前出の舞台関係者は言う。「3年以上にわたり、玉緒さんと鴈のイベントや舞台での共演が絶えているのは事実です。
    また玉緒さんが6月に出演する舞台にも鴈は出演しません。以前でしたら、玉緒さんが“親子共演”を望んだでしょうが……」

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1737676/

    no title

    no title

    no title

    【【女性自身】中村玉緒、働かない長男に絶縁通告 】の続きを読む

    このページのトップヘ