タグ:女性自身

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/01/09(火) 18:15:03.49 _USER9
    福山雅治支える吹石一恵の決意「仕事断って」と事務所に懇願

    「年末ライブは盛況で、チケットの売り上げも上々でした。スタッフからも『なんとか無事やり遂げられた』と安堵の声があがっていましたね」(音楽関係者)

    12月31日の紅白歌合戦に出場するなど、年末も超多忙な生活を送っていた福山雅治(48)。23日から大晦日にかけて、パシフィコ横浜でコンサートを開催。紅白は中継での出演となった。中継先から福山が歌ったのは、ドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)の主題歌「トモエ学園」。黒柳徹子(84)も感無量となるほどのステージを見せつけていた――。

    そんな福山を支えているのは、妻の吹石一恵(35)だ。福山と吹石は15年9月に結婚。16年12月に第一子の出産を報告したが、子育て事情がまったく聞こえてこなかった。そのため昨年末には“離婚危機”まで報じられていた。だが出産を経験したことで、夫妻の関係はむしろ強まっているようだ。

    「吹石さんのもとには絶えずドラマ出演オファーが届いていますが、彼女が『子供との時間を大切にしたいからドラマや映画の仕事は極力断って欲しい』と言っているんです。事務所もCMやナレーションなど、長時間の拘束がない仕事を受けるようにしているそうです」(芸能関係者)

    本誌もそんな吹石の姿を目撃していた。12月下旬の昼下がり。横浜でコンサート開催中だった福山に代わって、吹石は年末の買い出しに緊急出動。胸元には、1歳になったばかりの赤ちゃんの姿が!吹石の育児姿が目撃されたのは、これが初めてだ。

    かたわらには首から抱っこひもをかけた弟らしき人物の姿があり、ホームセンターの紙袋を4つも抱えている。男性とタクシーに乗り込んだ吹石は、ときおり抱っこしている子どもへ微笑みかける。その姿は、ママとしての充実感にあふれていた。

    「吹石さんは昔からこうと決めたら絶対に譲らない性格。事務所もよく分かっているので、今は“子育て優先シフト”を尊重してあげているみたいです。福山さんも妻がいるからこそ、仕事に集中できているみたいです。フジテレビではいま、大ヒットドラマ『ガリレオ』第3シリーズの計画も浮上しているそうです」(前出・芸能関係者)

    no title

    女性自身 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00010001-jisin-ent 



    【【女性自身 】福山雅治支える吹石一恵の決意「仕事断って」と事務所に懇願】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2018/01/05(金) 01:34:34.69 _USER9
    吐く息が白くなるほどの寒さとなった昨年12月30日の夕方。都心にあるゴルフ練習場に意外なカップルの姿があった。宮沢りえ(44)と、V6の森田剛(38)だ。

    ともにモノトーンコーデで揃えている2人。りえがドライバーを打つ間、森田は後ろからフォームをチェック。気になる点があるとアドバイスを入れていく。しばらく繰り返した後、練習場に快音が。りえがドライバーを振り抜くと、ボールはきれいな放物線を描いて飛んでいった。

    「キャー、やったー!」

    嬉しさのあまり飛び跳ねると、りえは後ろのソファに座っていた森田のもとへ駆け寄る。少しかがむと、2人の顔が近づいていく。森田が目を閉じると、りえはそっと唇を重ね合わせた。一連の動作はあまりにも堂々としていて、大人の恋の香りに満ちあふれていた――。

    2人の仲が公となったのは、16年10月のこと。りえの自宅に森田が“お泊り”する様子を「週刊新潮」が報じたのだ。翌11月には、本誌が沖縄旅行に出かけるふたりの姿をキャッチ。機内ではりえが森田にもたれかかり、到着後も手をつなぐなどラブラブ状態だった。

    「2人は、この年の8月に上演された蜷川幸雄さん(享年80)の追悼公演『ビニールの城』で共演して意気投合。ほどなくして、交際へと
    発展したといいます。また“お泊りデート”翌日に森田さんが登場したイベントにも、りえさんは長女(8)をつれてかけつけていたようです。
    森田さんは彼女の娘さんからも慕われているようです」(芸能関係者)

    その後も、たびたび仲睦まじい様子が報じられてきた。昨年2月には、箱根への旅行デート報道が。また昨年8月には、森田がりえの自宅マンション近くへ引っ越していたことも明らかに。「“夫婦”生活スタート」と報じられていた。

    冒頭のゴルフデートに向かう前、りえは午後から都内にある『近松心中物語』の稽古場を訪れていた。3時間ほどで稽古を終えると送迎車に乗り込み、いったん自宅へ。すると、待ち合わせていたかのように森田がすぐ近くのマンションから合流。すばやくゴルフバッグを積み込むと、
    そのまま急いで練習場へと向かった。

    車が到着すると森田が右手で2人分のゴルフクラブを持つと、空いた左手にりえが腕を絡ませ半歩後ろをついていく。常連のようで、支配人らしき男性がエスコートしていた。フォーム修正の際には森田がりえの後ろについて、抱きつくような恰好になることも。当然りえも嫌がることなく、彼のアドバイスに聞き入っている。しばらくすると、りえはコートを再び羽織って席に座る。森田はそのまま練習を続け、
    ひたすらクラブを振り続けた。

    すると、そのプロ並みのフォームに感動したのだろうか。りえがスマホを取り出して、撮影を始める。握りしめる左手の薬指には、指輪がキラリと光っていた。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00010000-jisin-ent

    no title

    【【女性自身 】宮沢りえ 左手薬指に指輪も 森田剛との大人なキスデート現場】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/19(火) 00:04:26.35 _USER9
    「おいしかったね、このお店のピザがいちばん好き!」

    夫・山本耕史(41)にこう語りかけ、赤ちゃんを乗せたベビーカーを満面の笑みで押して店を後にする、元女優の堀北真希(29)。堀北は、15年8月に山本と結婚。
    昨年12月に第一子を出産すると、17年2月、芸能界引退を発表した。

    《現在私は母になり、愛する家族と幸せな日々を送っています。このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思います》

    そんな“電撃引退”から10カ月。本誌は初めての“家族3ショット”をキャッチした。12月中旬のこの日は山本が出演中のミュージカル『メンフィス』の休演日とあって、家族でお出かけ。

    「パパになった山本さんは、ますます仕事に力が入っているようです。主演と演出を務めた『メンフィス』も、初日から大盛況。業界内でも注目されていて、
    親友の香取慎吾さん(40)が観劇したことでも話題を呼びました」(芸能関係者)

    ベビーカーを押す堀北は、女優時代のサラサラな黒髪から一転、かなり明るく染めた茶髪のショートヘアになっている。服装は、黒のセーターにグレーのダウンコート、
    ワークパンツと超カジュアル。スッピンにメガネで、マスクや帽子もしていないが、周囲の目を気にする素振りもなく堂々と歩いて行く。ピザが評判のイタリアン
    レストランでランチを堪能した彼らは、近くの公園へ。

    「山本さん一家が公園デビューしたのは、半年ほど前。今ではママ友もたくさんできて、ご夫婦ともどもみなさんと情報交換したりしていますよ」(ママ友の1人)

    確かに、公園で2人はママ友たちと笑顔で語り合っている。しばらくすると山本は我が子と一緒に滑り台で遊び始めた。堀北はその様子を満面の笑みで眺めている。
    それにしても、堀北の自然体なふるまいは、すっかり“一般人のママ”そのもの――。

    「よく100円ショップや庶民的なスーパーで、堀北さんが買い物する姿を見かけますよ。女優だった頃の華やかさをみごとに消し去って、芸能人オーラはまったく
    感じられません」(近所の主婦)

    この変貌ぶりには、本人の強い意思がみてとれる。

    「彼女は幼い頃から百恵さん(58)に憧れ、尊敬してきたそうです。家庭に専念するため、絶頂期に華々しく引退した姿に、少なからず影響を受けたのでしょう。
    また最近、堀北さんは『そろそろ2人目がほしい!』と言っているそうです。百恵さんと同じように、芸能界に戻る気はないようですね」(前出・芸能関係者)

    冬の日がすっかり傾くまで、公園でたっぷり我が子と遊んだ夫妻。親子3人、仲良く寄り添いながらスイートホームへと帰って行った――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171219-00010002-jisin-ent

    no title

    【【女性自身】堀北真希 茶髪ショートに 親子3人の休日で見せた激変の今(画像あり)】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/12(火) 06:27:18.72 _USER9
    10月に起きた平幕力士・貴ノ岩(27)への暴行事件。加害者の横綱・日馬富士(33)は11月29日に引退を発表したが、騒動は収束するどころか日本相撲協会と貴乃花親方(45)のバトルへと発展してきた。
    貴乃花親方は貴ノ岩が暴行されたことを受け、警察に被害届を提出。いっぽう相撲協会には連絡せず、危機管理委員会の調査協力を拒否してきた。

    そんななか女将である花田景子さん(53)は全国で講演を行ってきた。11月11日には茨城県を、11月14日には北海道を訪問。夫が沈黙を守るなか粛々と講演を続けてきた。
    だが、それも限界だった。11月23日に愛媛県で、彼女は「連日の報道は本筋とズレているような気がします」と告白したのだ。また彼女は、ひそかに本音を漏らしていた。
    騒動後に行われた後援者の集まりでのこと。景子さんは支援者を前に、こんな本音を口にしたのだ。

    「一部マスコミが『貴乃花親方はおかしい』と報じていることに、景子さんはひどく腹を立てていました。彼女は『親方は角界のために身を捨てる覚悟で臨んでいます。
    自分の立場や保身などを考えての行動では絶対にありません』と言っていました。穏やかな口調ながら、強い意思を感じました」(後援会関係者)

    彼女はこれまで報じられていない“封印された真実”も明かし始めたという。

    「景子さんは『貴乃花親方は警察の捜査にゆだね、いっさい語っていません。それには理由があるんです。日馬富士関の個人的な暴行事件として幕引きが図られようとしていますが、本当はそれだけではない』と明かしたのです。
    実は白鵬関を中心とするモンゴル力士と貴ノ岩関の間で、もっと根深いやり取りがあったそうです。景子さんは『そもそも日馬富士関は来年での引退を検討していたそうです』と言っていました。
    だから彼が責任を一身に負うことで、周囲への影響を食い止めようとしたとも……」(前出・後援会関係者)

    景子さんから飛び出した衝撃発言。それは事件がまだ終わっていないことを意味していた。

    「親方は角界の浄化に繋がればと思って行動している。でも協会に言ったとしても、すべては隠ぺいされてしまうから――それが、“沈黙の真意”だそうです。景子さんの発言は真実が言えない“親方の無念”を代弁しているかのようでした」(前出・後援会関係者)

    連日、講演会で全国を飛び回る景子さん。それだけ地元を留守にすることも増えるため、批判にもさらされることになる。だが、近所の住人はこう語っている。

    「土俵開きのとき、景子さんがちゃんこ鍋を振る舞ってくれたんです。『300食用意したけど、全然足りなかった。まさかこれだけ来てくれるとは思いませんでした』と笑っていました。普段は地方を回ったりしているので、見ることは多くないかもしれません。でも時間があれば部屋にも来ていますよ。気取った感じもないし、とても気さくな方なんですよ」

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00010002-jisin-ent

    no title

    【【女性自身】貴乃花親方が沈黙守る理由 妻明かしていた“封印された真実” 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/04(月) 18:47:18.86 _USER9
    フジがとんねるずの「みなおか」終了報道を否定した裏事情

    フジテレビの定例社長会見が12月1日に行われた。

    一部で長寿バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした(以下みなおか)」が来春での終了すると報じられたばかり。しかしその件について宮内正喜社長(73)は、「何も決まっていない」とコメント。担当役員は「先々の話ですのでまだ何も決まっていないという状況です」と語っていた。

    「『みなおか』はこのところ低視聴率続きで、改編期のたびに打ち切り説が浮上していました。しかし日枝久会長の肝いりということもあり、フジの幹部も決断できずにいたようです。ただ今年9月に放送した特番に登場した名物キャラ・保毛尾田保毛男の各方面から批判が殺到。打ち切るには格好の口実ができたかたちです」(テレビ局関係者)

    だが、その過程で打ち切り話が外部に漏れてしまったというのだ。

    「来春以降のスポンサー探しは難航しており、その過程で話が漏れてしまったそうです。局内では誰が漏らしたか、“犯人捜し”が行われていると聞きました。とはいいうものの特番での問題でスポンサー探しは暗礁に乗り上げ、厳しい状況に置かれています」(広告代理店関係者)

    ではなぜ、打ち切りをいまだに発表できないのだろうか?

    「誰もとんねるずに“引導”を渡す役割を引き受けたくないので、棚上げになったまままなのです。打ち切りによってレギュラーが0本になってしまうため、『次の“受け皿”を整えてから』という方向で話が進んでいるようですが……」(フジテレビ関係者)

    20171204-00010012-jisin-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00010012-jisin-ent

    【【女性自身】フジがとんねるずの「みなさんのおかげでした」終了報道を否定した裏事情 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2017/11/22(水) 13:12:19.50 _USER9
    「米国に行っていた西内さんが帰国して、社長と今後の打ち合わせをしようと応接室に2人で入っていったんです。社長が『アメリカはどうだった?』と言おうとしたら、突然、首のあたりを平手打ちされたと聞きました。そして応接室を走り出た西内さんは、デスクルームで働く社員たちの前で叫び始めたんです。『自分はこの会社のために働いてきた!』とか『月9の主演もしたのに、何もわかってくれない!』とーー。そう叫ぶ彼女の目は真っ赤でした」(事務所関係者)

    今年1月の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)に主演し歌手やモデルとしても活躍する西内まりや(23)が、所属事務所のオフィスで激高。
    春日隆社長をビンタしたと、『週刊文春』11月23日号で報じられた。
    彼女が突如爆発したのは、10月3日のこと。
    社員たちの目の前で彼女はこう絶叫した。

    「私の心を返して!もう死んでやる!」

    泣きすぎて過呼吸になった彼女のため、急いで医者が呼ばれたという。
    じつはこの1年ほど、関係者の間では、彼女の“不安定さ”が囁かれていた。

    「西内さんは去年から、福岡ソフトバンクホークスの女性ファン“タカガール”を全国に広める初代アンバサダーに就任しました。そして今年5月11日に福岡ドームで『西内まりや観戦ツアー』というファンとの観戦イベントがあったんです。ところが、前日に彼女が“急性胃腸炎”になったということで、当日は事務所の先輩である比嘉愛未さんが急遽代役を務めました。じつはこれ、彼女の『やりたくない』のひと言でのドタキャンだったんです。事務所はかなり強く説得したのですが、どうしてもやりたくないと……」(イベント関係者)

    いったい彼女に何が起きたのかーー。
    前出の芸能プロ関係者は、こう語る。

    「本当はすごく真面目な子なんですよ。事務所が自分にかける期待もわかっていて、がむしゃらに言われた仕事を頑張ってきたんです。彼女が本当にやりたいのは歌手活動でした。でも、ダンスも歌も凄いレベルなのに、どうしても歌ではヒットに恵まれなくて……。だから事務所は、まず知名度を上げていこうと女優の仕事を優先するしかありませんでした。そのすれ違いで気持ちが切れてしまったのだと思います」

    社長へのビンタや仕事のドタキャンについて、西内の代理人弁護士に確認を求めた。

    「西内さんが春日氏を殴打し、ケガを負わせたという事実はございません。それ以外のご質問には、現時点では回答を控えさせていただきます」

    突然ですが、来年退社しますーー。
    西内側は、所属事務所と来年4月の契約更新をするつもりはないという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00010005-jisin-ent

    西内まりや
    no title

    【【女性自身】西内まりやが号泣絶叫していた心の悲鳴「もう死んでやる!」 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/11/21(火) 00:05:00.06 _USER9
    「ねえ、祐也さ~ん」

    連れの女性2人が甘えた声で話しかけると、向かいに座った中年男性が言葉を返した。そのとたんに起こる笑い声。11月中旬の夜。都内のバーで目尻を下げていたのは、女優・三田佳子(76)の次男・高橋祐也(37)だ。かつて3度の逮捕でマスコミを騒がせたころの面影はすでにない。当時より体重が大きく増えたようで、まるで別人のようだった――。

    「実は、高橋さんがまた警察沙汰を起こしたんです。交際女性が『暴力を振るわれた』と言って、世田谷区内の交番へと駆け込んだそうで……」(芸能関係者)

    連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の“ばあば”役をはじめ、数々の作品に出演している三田。その次男である高橋は、これまで名女優の“不肖の息子”として世間を騒がせてきた。そんな高橋が、またもや警察沙汰を起こしたという。

    「事件が起きたのは9月1日のこと。交番に駆け込んだのは、なんと元・乃木坂46の大和里菜さんでした。
    警察は当初“民事不介入”として捜査に消極的だったのですが、交際相手が高橋さんだと知って被害届を出させようと本腰を入れました。大和さんは『以前も彼にひどく暴行され、アバラを強打したことがあった。そのため今回、身の危険を感じて警察にかけこんだ』と証言したそうです。医師の診断書をとると、今回のケガは軽症でした。ただ、以前殴られたというアバラは骨折していたそうです」(前出・芸能関係者)

    大和里菜(22)は、人気グループ「乃木坂46」の第1期メンバーだった。14年10月に週刊文春で“未成年飲酒疑惑”が報じられ、同年12月には乃木坂46メンバーとしての活動を終了。その後、15年に芸能活動を再開させていた。

    「大和さんは『高橋さんと会うと車代として3万円くれる』と話していました。彼女以外にも、高橋さんの遊び相手となる女の子はいたようです。高橋さんは彼女に『都内でバーを経営している』と
    言っていたそうです。実際にそのバーへ行ったこともありますが、こじんまりしたお店。とてもその稼ぎだけで豪遊できるとは思えません」(大和の知人)

    冒頭に記した高橋の夜遊び場面は、本誌がこのバーを訪れた際に見たものだ。だが後で記者がバーの店員へ「高橋さんと連絡がとりたい」と伝えたところ、「高橋さんは、単なるお客さんです。オーナーではありません」との答えが返ってきた。

    かつては演出家・唐十郎(77)の「劇団唐組」に所属していた高橋。03年の退団後も、Vシネマ進出や歌手デビューなど活動の場を広げてきていた。しかし3度目の逮捕後は引退発表をすることもなく
    沈黙を続け、ブログの更新も止まっている。いっぽう今回の暴行騒動は、早い段階から大和と高橋の双方が弁護士を立て、示談交渉を始めていたという。

    「暴行騒動で2人の仲も終わっていたのですが、示談交渉が進むにつれてまた連絡を取り合うように。
    最終的には弁護士を外して直接やり取りをするようになりました。大和さんは周囲に『示談金は150万円で決着できそう』と漏らしていました」(前出・芸能関係者)

    大和の所属事務所へ確認を求めると、意外な事実がわかった。彼女は事件が起きる前の今年8月時点で、事務所を退社していたという。

    「たしかに警察からの問い合わせはありましたが、大和との契約関係はすでに終了しているため弊社はお答えする立場にありません」

    冒頭の目撃した夜、高橋はバーで夜がふけるのも構わず何度もグラスに入ったお酒を飲み干していた――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00010002-jisin-ent

    no title

    【【女性自身】三田佳子次男また警察沙汰!元・乃木坂46メンバーへ暴行騒動 】の続きを読む

    このページのトップヘ