中二病速報

    タグ:女性自身

    1: ひかり ★ 2019/08/16(金) 23:32:43.21
    8月16日19時前頃、麦わら帽子を目深にかぶって東京・下北沢の劇場を訪れたのは高畑淳子(64)だ。一緒に来ていた友人女性たちにガードされる形で、開演時間直前にやってきた高畑。かなり警戒している様子がうかがえる。

    同劇場で上演されていたのは、この日初日を迎えた舞台「さよなら西湖クン」。演劇ファンから人気の劇作家・蓬莱竜太氏(43)が脚本を務める注目作だ。
    しかし、淳子がキャパ200名ほどの小さな劇場を訪れたのには“別の理由”があった。

    総勢6名の出演者一覧に目を通すと、そこには息子である高畑裕太(25)の名前が。16年8月23日、前橋市内のビジネスホテルで女性従業員に性的暴行を加えたとして強姦致傷容疑で逮捕された裕太。被害女性とは示談が成立し不起訴になったものの、所属事務所は裕太とのマネジメント契約を解除。以降は芸能活動を無期限休止となっていた裕太にとって、3年ぶりの仕事復帰となった。

    愛する我が子の晴れ舞台に駆け付けた淳子。さらに、この日は裕太の姉で女優の高畑こと美(32)も訪れていたという。

    「こと美さんは、スタッフや観劇に来ていた顔見知りの芸能関係者に『弟をよろしくお願いします』とあいさつしていました」(演劇関係者)

    暴行事件直後の謝罪会見では「自分なりに精いっぱいやったつもりですが、育て方がいけなかった」と深い悔恨の念を見せていた淳子。裕太の芸能界復帰についても「してはいけないことだと思っています」と語っていた。しかし今回の復帰について、熱心に息子をサポートしていたようだ。

    「事件前から母子の仲はよく、お互いが出演しているドラマを見ながら演技論について熱く語りあっていました。事件後もそれは変わらず、自宅で淳子さんの相手役を裕太さんが演じることもあったそうです。淳子さんから『アツく語り合いすぎて言い合いになることもあるけど楽しいわよ』と聞いたことがあります。
    今回の復帰公演での演技指導も、淳子さんがしていたようです」(淳子をよく知る芸能関係者)

    息子の復帰舞台を見た母は何を思うのか。本誌記者は上演終了後に、淳子を直撃。しかし質問に答えることなく、足早に車に乗り込みその場を去ってしまった。

    謝罪会見では「最終的にどんなことがあっても、どんなに申し訳ないことをしても、親として守る・ガードするわけではなく『親でいる』ということが最後の最後にくると思う」と語っていた淳子。“過保護”な親子生活はまだ続きそうだ――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190816-00010011-jisin-ent

    no title

    【【女性自身】高畑淳子 高畑裕太の復帰舞台にお忍び観劇!自宅で演技指導も 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/06(火) 23:21:18.99
    反社会的勢力への闇営業に端を発した吉本興業の問題で、ダウンタウンの松本人志(55)が一部記事内容をツイッターで否定。吉本興業も報道内容を否定した。

    『女性自身』が6日に松本と相方の浜田雅功(56)が「極秘会談」していたと報じ、同日、『日刊ゲンダイ』も松本が中居正広(46)と岡村隆史(49)と「食事会」を開いていたと報道。

    松本は同日、ツイッターを通じて「女性自身さん。浜田とサシ飲みはガセがひどいな~どっちが払うねん!」と言及。続けて「日刊ゲンダイさん。

    中居くん 岡村と三人メシもガセがひどいな~誰が払うねん! その場合オレか!」とツイートした。

    吉本興業もORICON NEWSの取材に対し、コンビでの会談と松本ら3人との食事会について「そのような事実はありません」と否定した。

    『女性自身』では、芸能関係者やテレビ局関係者の話を交え、松本と浜田の“サシ飲み極秘会談”の内容を伝え、

    『日刊ゲンダイ』では、闇営業にギャラ問題、加藤浩次(50)の独立宣言などで揺れる中、中居が、松本と岡村らを引き合わせ、食事会を開いていたと報じた。

    オリコンニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000352-oric-ent

    no title

    【松本人志 浜田雅功とサシ飲み&中居・岡村会食報道に「ガセがひどい」所属事務所も否定 】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/08/06(火) 00:11:26.17
    「つい先日、小泉さんと恵比寿駅で会ったんです」と語るのは、小泉今日子(53)の古くからの知人。現在は制作会社『明後日』の社長としても活動している小泉。恵比寿駅といえば、会社の最寄り駅でもある。知人が続ける。

    「久々に会ったので、すごく懐かしかったのですが、驚いたのは彼女が電車で移動をしていたこと。会社の社長さんになりましたし、昔とは経済感覚なども変わってきているのかな、と思いましたね」

    '18年2月に、事務所からの独立と、妻子のある豊原功補(53)との恋愛関係を公表した小泉。それから1年半が経過し、2人は新たな試みに挑もうとしている。プロデューサーとして映画の製作を手がけているというのだ。ある映画プロデューサーは言う。

    「豊原さんも小泉さんも映画のプロデュースは初めての体験だそうですが、なかなか映画がヒットしない時代に思い切った決断だと思います。昨年は製作費300万円という低予算映画『カメラを止めるな!』が大ヒットして話題になりました。でもお2人の映画『ソワレ』は主演の1人が若手人気俳優の村上虹郎さん(22)で和歌山県内のロケも1カ月弱おこなったそうですから、製作費用は少なくとも1~2千万円はかかるのではないでしょうか」

    彼らは製作費や広告費を集めるために、クラウドファンディングサービスを利用している。8月5日時点で支援金は350万円を超えており、かなり反響を呼んでいるようだが、小泉と豊原の“捨て身の作戦”も功を奏したようだ。

    「2人で経済誌のインタビューに応じ、豊原が“創造の世界はもっと自由であるべき”など映画製作について熱く語ったのです。2人で取材に応じたのは初めてのことで、7月末に配信された記事では和歌山県の海岸で撮影されたツーショットまで公開しています」(芸能関係者)

    豊原はインタビューではこんな発言も。

    《テレビに出られなくなる、CMに起用されなくなる、生活ができなくなる、映画が撮れなくなる。無言の圧力をみんな勝手に自分の中に感じてしまっているわけです。自分自身もそういう思いをすることはあるんですが》(『Forbes JAPAN』)

    現在の豊原は経済的に苦境にある。小泉への不倫愛を宣言して以降、テレビドラマや映画のオファーは激減しているのだ。ある舞台関係者は語る。

    「いまの収入の大部分が、『明後日』から支払われている演出料や出演料で、いわば小泉さんが捻出したお金です。その収入から、奥さんの生活費やお子さんの養育費を払っているわけですが、豊原さんも金欠状態に苦しんでいるのでしょう」

    この関係者は、2人のこんな場面も目撃したという。

    「楽屋で豊原さんが、ふと『飲み物がなくなったなぁ』と、つぶやいたんです。するとすかさず小泉さんが財布から千円札を渡して『私の分もこれで買ってきて』と……。すごく自然で、お金のことは小泉さんが全部面倒をみているんだな、と思いました」

    金欠苦に耐えながらも、“自由な創作”を目指し、映画製作という新たな夢に向かって走り出した恋人のために、実は小泉は大きな決断を下していた。“お気に入りの我が家”を売却したのだ。以前、小泉が住んでいたのは都心の一等地に所有するマンションだった。彼女を知る音楽関係者は言う。

    「小泉さんが50歳の誕生日を迎えたときに、『MEKURU』という雑誌が、彼女の大特集を組みました。すっぴんで撮影に臨んだことも話題になりました。広いリビングルームにたたずむ姿や、ソファに横たわる姿が印象的でしたが、その撮影現場となったのが、彼女の自宅マンションだったのです」

    部屋の広さは190平方メートル! その重厚なたたずまいが外国人にも人気の物件で、地元の不動産関係者によれば「売却金額は3億円と聞いています」とのこと。この決断の理由について、前出の知人は次のように語る。

    「女としての意地というのでしょうか。豊原さんを妻子から引き離し、公の場で“恋人宣言”もさせてしまったわけですからね。『彼の夢は私が支える!』という思いにとらわれているのでしょう。交際を公にしたころ、小泉さんは賃貸マンションに引っ越していました。所有している物件を売却して当面の活動資金を調達することで、豊原さんの創作を支えていきたいと考えていたのでしょう」

    “男の夢”と“女の意地”をかけた映画は、来年公開されるという。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00010002-jisin-ent 

    20190806-00010002-jisin-000-view


    【【女性自身】 小泉今日子 3億円自宅を売却!恋人苦境に決断、移動も電車に 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/07/30(火) 01:04:50.37
    記者の直撃に驚きの声を上げたのは、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)だった。

    本誌が亮を目撃したのは、謝罪会見から5日後の7月25日。雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とともに臨んだ会見では黒いスーツで身を固めていた彼だが、この日はハーフパンツにスニーカーという軽装。しかしその表情は暗く沈んだままだった。

    “渦中の男”が現れたのは、なんと東京都内にある介護付き高級老人ホーム。「ご家族が入居されているのでしょうか?」などと、問いかける記者に彼がポツリポツリと答えたのは意外な内容だった。

    「……いろいろお騒がせして申し訳ございません。いや、特に家族の誰かが入居していて、お見舞いに来たということじゃないんです。実は、こちらの施設には僕の“勉強”に協力していただいていて……」

    ――勉強ですか?

    「はい、老人介護のことを勉強させていただいています。こちらにもご迷惑がかかるので詳しいことは言えないのですが……」

    反社会的勢力の会合に出席し、ギャラを受け取ったとして、吉本興業から謹慎処分を受けている亮。涙を流しながら謝罪したものの、仕事復帰のめどはまったく見えていない。その彼が選んだのが、“介護士への道”だというのか?

    この選択について芸能リポーターの城下尊之さんは次のように語る。

    「大きな過ちを犯してしまった亮ですが、以前は真面目で素直な性格で知られていました。その彼が罪を償うために選んだのが介護の勉強だったのでしょう。
    とても彼らしい選択のように思います。介護福祉士の資格の取得まで視野に入れているかはわかりませんが、今後は芸人復帰を目指しながら、自らの発信力をつかって、介護の大切さを訴えていくことも考えているのかもしれませんね」

    宮迫と亮の会見の翌々日には、2人にパワハラ発言を暴露された吉本興業・岡本昭彦社長(53)の会見が急きょ開かれ、さらにその会見に対する批判が巻き起こったりと、騒動は拡大し続けてきた。

    ――いまの亮さんのお気持ちをお聞かせください。

    「本当に(騒動が)大きくなってしまって申し訳ありません。そのことをいちばん痛感しています」

    ――加藤浩次さん(50)や、たくさんの先輩方が心配してくださっていますよね?

    「……加藤さんにはずっとお世話になっているのに、ご迷惑をかけて申し訳なく思っています。本当に加藤さん、スミマセン!」

    加藤の名前を聞いたとたん、涙ぐみ始めた亮。彼は加藤への謝罪の言葉を口にしながら車に乗り込み、その場を立ち去った。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00010000-jisin-ent

    no title

    【【女性自身】田村亮「老人介護を勉強…」ひそかに始めていた贖罪の再出発 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/07/09(火) 00:09:52.24
    「最近、このあたりで前田さんをまったく見かけなくなったんです。石原さんの姿は、今でも目撃することがあるのですが……」(近隣の住民)

    7月9日スタートのドラマ『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)で主役を演じる石原さとみ(32)。9月には彼女の主演舞台『アジアの女』が始まることもあり、現在は急ピッチでドラマの撮影が進められている。そんな多忙を極めるなか、プライベートに“異変”が起きているという――。

    昨年4月に「週刊文春」で沖縄デートが報じられ、「SHOWROOM」社長・前田裕二氏(32)との交際が発覚した石原。8月には彼女の引越し先が前田と同じマンションだったことを、本誌がスクープ。彼女は連日、“愛の巣”からドラマ撮影へと向かっていた。

    そんなひとつ屋根の下で前田氏との仲を深めてきた石原。今回の撮影中も、帰宅するのは件のマンションだった。だが冒頭のように、最近はマンション付近で前田氏の姿を目撃することがなくなっているという。そこには、理由があった。

    「実は、2人は破局してしまったようです。最近、前田さんが友人に『もう彼女とは別れたんだ』と漏らしていたそうで……」(前田を知る芸能関係者)

    今年1月時点で、2人は結婚に向けて着々と準備を進めていたはずだった。当時、石原の知人は本誌にこう明かしていた。

    「実は前田さん、すでに石原さんのご両親への挨拶をすませているんです。その後も何度か会っていて、親睦を深めているとも聞きました。それほど石原さんとの結婚について“本気”ということ。カレの真剣な姿勢に、ご両親もかなり好印象を持っていたようだと聞いています」

    両親公認の仲となったことで、“結婚秒読み”とも言われていたふたり。だがそこから一転して、“まさかの決別”を迎えていたというのだ。いったい、何があったのか。
    前田氏を知るIT関係者は「私もすでに別れたと聞きました」と証言。理由について、こう明かした。

    「いよいよ結婚が見えてきたことで、2人は改めて将来について話し合うようになったそうです。しかし、そこで価値観のズレが出てきたのです。前田さんは “仕事大好き人間”。
    いっぽうで石原さんは少しでもいっしょの時間を過ごしたいタイプ。話し合いのなかで、そうした違いが鮮明になってきたようです。最終的には前田さんがマンションを出ていくことになったと聞きました。現在は都内にあるほかのマンションで暮らしているそうです」

    本誌が取材したところ、たしかに前田は引越していた。7月上旬の深夜1時過ぎ、都内にあるマンションへと帰っていった前田氏。話に聞いたとおり、“愛の巣”とは別のマンション。やはり転居していたのだ。

    石原との破局の真相について聞くべく、本誌は「SHOWROOM」に問い合わせた。だが担当者は「プライベートについてはお答えいたしかねます」と答えるのみだった。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010000-jisin-ent 

    20190709-00010000-jisin-000-view

    【【女性自身】石原さとみ 破局していた!結婚秒読みから一転、前田氏は転居 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/05(金) 06:59:27.49
    派手なアロハシャツにサーモンピンクのパンツ姿の沢田研二(71)を本誌が目撃したのは6月25日。そして隣にピッタリと寄り添っていたのは、茶色のジャケットにジーンズ姿の田中裕子(64)だった。

    この日は、沢田の71回目の誕生日。横浜市内に住む2人は電車に乗って都心に移動中だった。車内ではガラケーをいじっていたが、有名人夫妻に気づく乗客はいなかった。芸能関係者は言う。

    「昨年古希を迎えてから、この1年間はジュリーにとって多難の年だったといえます。昨年10月には、さいたまスーパーアリーナで、“ドタキャン騒動”も起こしています。観客の数が、事前に聞かされていたよりも少なかったことに激怒し帰ってしまったのです。大騒動になり、翌日には謝罪会見を行わざるをえませんでした」

    また今年3月にはショーケンこと、萩原健一さんが死去。

    「かつてPYGというバンドを組んでいた2人は、解散後もお互いを意識しあっていたのです。萩原さんも著書でジュリーの天才性を褒めたたえていましたが、5月のコンサートではジュリーも『さすがにショーケンが死んだときはこたえた』などと、悲しみを吐露したそうです」

    この多難な1年を支えていたのが、妻・田中だった。’89年11月に出雲大社で挙式をした2人は、今年11月に結婚30周年を迎えるが、その仲睦まじさは、新婚当時と変わらない。2人は相手が出かけるときは、玄関まで出てきちんと見送るという夫婦のルールもずっと守り続けているのだ。

    本誌は昨年7月に、田中が乗る車に手を振り続けている沢田の姿を目撃している。それから約1年、田中は最近話題の“グレーヘア”に変身していた。沢田夫妻を知る舞台関係者は言う。

    「沢田さんは、コンサートで『俺はジュリーじゃない、ジジーと呼んでくれ』と、観客に呼びかけたりもしているように、年を取ることに抗おうとはしません。白髪になったヘアも染めようとはせず、ふだんはあごひげも伸ばしっぱなし。ファンたちも、そんな沢田さんに共感し、応援しているのです。また田中さんは沢田さんの最大の理解者でもあります。ジュリーとおそろいのグレーヘアで、自然体のデートを楽しんでいるのも実に田中さんらしいと思いました」

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1753852/

    no title

    no title

    【【女性自身】田中裕子もグレーヘアに!夫・沢田研二とおそろい電車デート 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/04(木) 19:28:57.01
    元女子レスリング日本代表の吉田沙保里(36)が下着モデルに初挑戦し、話題を呼んでいる。

    ワコールのインナーウェアブランド「Date.」のモデルに起用された吉田は7月1日、《本日解禁! シンクロブラのモデルに初挑戦! 撮影に向けて身体作りをしたり、気合いを入れて挑みました》とツイート。ブラを着用した写真を披露した。

    このツイートに《ブラ、とっても似合っててキレイです!》《健康的な美しさに、惚れ惚れしてしまいました》と、絶賛のリプライ(返信)が数多く寄せられた。

    一方で《なにを血迷った》《きつい》《世間とずれてる》といった陰湿なリプライや、男性によるセクハラまがいのツイートも目立った。

    この事態に、女性たちからは怒りの声が上がっている。

    《そもそも女性の下着広告は男性の為ではなく、女性のものでは???》
    《吉田沙保里さんに興奮しないとか言っている男性がいるみたいだけど、自分がお金を出してブラジャーを買うわけではないのに、知ったこっちゃないわな》
    《下着もそれを身に付ける人もお前のご機嫌とる為に存在してる訳じゃねぇんだわ》

    また、女性からは《華奢さが良いとされる文化のなかで綺麗の幅を広げていて勇気付けられる》《いろんなことにチャレンジされて、なにより生き様が素敵です》といった、吉田を応援するリプライも相次いで寄せられている。

    女性自身 
    https://news.livedoor.com/article/detail/16722672/

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【女性自身】吉田沙保里の下着広告に陰湿バッシング 女性からは応援の声 】の続きを読む

    このページのトップヘ