中二病速報

    タグ:女性セブン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 18:02:57.47 _USER9
     門構えの立派な豪邸が立ち並ぶ、都内屈指の高級住宅地に、新たに区画整備されたひときわ広い土地がある。

    「もともと建っていた家の取り壊し工事の際、工期や建築主などを知らせる看板に『田中裕二』と書かれていました。いまは名前が書かれていない看板に変わっていますが、近所では“爆笑問題の田中さん(55才)が引っ越してくる”と噂になっているんです」(近隣住民の1人)

     その地域の地価は、1坪400万円以上。条件がよければ、「1坪500万円近い土地もある」(地元の不動産業者)という。

    「田中さんが購入した土地は道路に面した好立地で、広さは100坪以上。土地代だけでも5億円はすると思われます。立派な上物が建てられるでしょうから、内装工事などの諸費用を含めて総額で10億円近くになってもおかしくない」(前出・地元の不動産業者)

     田中は2009年に前妻と離婚し、2015年に山口もえ(43才)と再婚。2017年には第1子が生まれ、山口の2人の連れ子と合わせて3人の父親となった。

    「前妻と住んでいたのも3億円近くする豪邸でした。再婚後はその家に住まず、山口さんのマンションに身を寄せていたので、満を持して新居を購入、ということなのでしょう。お子さんたちも大きくなりましたからね。ちなみに前の豪邸は売らず、所持したままだそうです。さすがですよね……」(田中の知人)

     田中はコンビでの活動だけでなく、個人でも人気バラエティー番組の司会や、CMにも出演している。相方でボケの太田光(55才)が目立つ印象もあるが、「ひとりだと空気を読み違えてしまうことも多い太田さんを、田中さんがうま~くコントロールしているんです」とお笑い関係者。まさに実力を兼ね備えた“縁の下の力持ち”なのである。

     新居の近隣住民たちの間では早速、こんな話題ものぼっているのだとか。

    「実は、田中さんの家の対面は堺正章さん(74才)のお宅なんです。もちろん大豪邸なのですが、田中さんの自宅と土地の広さはほぼ同じ。芸能界の大先輩の目の前に大きな家を建てた田中さんはある意味で度胸がある(笑い)。今後、この通りでは、堺さんと田中さんの大豪邸がシンボルとなっていくのかもしれませんね」(別の近隣住民)

     体は小さいが、存在感は大きくなるばかりだ。

    ※女性セブン2020年12月3日号
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6fae0348da7a3f3ee979b64593b0160afe8bdb8f

    no title

    【【女性セブン】爆問・田中裕二が10億円豪邸建設中 お向かいはあの有名人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/09(月) 14:01:14.28 _USER9
     小泉今日子(54才)の周辺が騒がしい。

    「来年放送のNetflixの社会派ドラマに出演すると報じられ、注目されていた小泉さんですが、一転して、出演しないことに決めたようです。しかも、それを『週刊文春』にメールを送って告白。制作発表が迫ってからの“降板劇”に、『小泉さん、どうしちゃったのかな』と、小泉さんを慕っている役者さんや制作関係者も驚いています」(芸能関係者)

     10月11日、小泉の姿は東京・下北沢の本多劇場にあった。イベント『永遠の西城秀樹を語りあう夕べ』に出演。その終演間際、劇場の地下駐車場に車を滑り込ませたのは、交際中の豊原功補(55才)だった。恋人を迎えに来たのかと思いきや、そうではなかったようだ。

    「その数日後、小泉さんがプロデュース、構成、演出を担当する舞台の公演が控えていました。その舞台に豊原さんが出演するので、その日のイベント終演後、豊原さんが舞台上でリハーサルを行ったようです」(舞台関係者)

     小泉は2018年2月、妻帯者である豊原との不倫関係を堂々と公表。同年9月にふたりで一緒に映像プロダクションを設立。公私ともにパートナーという関係だ。

    「ところが今年2月、“破局報道”が出ました。昨年のうちに、ふたりで同居していたマンションを豊原さんが出て行ったそうです。また、舞台関係者を招いて開かれた小泉さんの誕生日パーティーは一緒に過ごしたものの、小泉さんがひとりで帰宅したため、ふたりの間に隙間風が感じられると報じられました」(別の芸能関係者)

     仕事でもプライベートでも“キョンキョンらしさ”が貫かれるカッコよさが世間の共感を呼ぶ小泉。

    「“とんがった生き方”は小泉さんの代名詞ながら、不倫関係を開き直って発表したあたりから、“昔の彼女とはちょっと違う……”と首をひねる芸能関係者も増えました。小泉さんは50才を機に、本当にやりたい仕事に舵を切り、最近は仕事のこだわりが強烈で、ネットドラマに急転で出演しない一件もありましたし、ますます孤高の存在になりつつありますね」(前出・芸能関係者)

     話を本多劇場に戻そう。その日、舞台リハーサルを済ませた豊原は足早に車に乗り込んでひとりで帰途についた。小泉も一緒にリハーサルを終えたはずだったのだが、別々に劇場を後にしたようだ。

    「仕事は仕事、恋は恋、としっかり割り切っているのでしょう。時にコワモテの役もこなし、男らしく見える豊原さんですが、実際には小泉さんの方がはるかに“男っぽい”。サバサバとした関係が、ちょうどいいのではないでしょうか」(前出・舞台関係者)

     小泉今日子はますますとんがって突き進んでいる。

    ※女性セブン2020年11月19日号
    https://news.yahoo.co.jp/articles/22b3271e55fd07f76fea916c942e70925a65e27a  

    no title

    【【女性セブン】小泉今日子 破局報道の豊原功補との「サバサバとした関係」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/10/23(金) 07:28:05.00 _USER9
    大浦の父が10月に亡くなった際は仏式の葬式で送ったという

     愛し合い、理解し合って一緒になったはずなのに、結婚してから明らかになる意外な事実。それは借金であることもあれば、出自や犯罪歴なんてこともあるかもしれない。そして宗教観も──。

     信仰の自由は憲法で保障されているが、夫婦でその感覚が異なると、すれ違いも多くなるものだ。とある芸能人夫婦の間にも、宗教を巡る“違和感”が存在し続けていたという。

    《今日はいつもと違う内容になります。ずっと悩まされてきた事について書きます》

     俳優の大浦龍宇一(51才)の妻でシンガーソングライターのゆりえ(30才)が、自身のブログに心情を吐露したのは10月13日のことだった(現在は削除済み)。

     大浦はドラマ、『この世の果て』(1994年・フジテレビ系)『失楽園』(1997年・日本テレビ系)のほか、多くのドラマに出演する名バイプレーヤーだ。父が元俳優の高田由紀夫、叔母が女優の高田美和という芸能一家に生まれ育っている。その大浦の再婚相手がゆりえ。元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子の長女で、2019年3月に結婚したときには“22才差婚”が大きな話題となり、夫婦揃ってバラエティー番組に出演したこともあった。

    no title

     なれそめは舞台での共演。その後、一緒に曲作りをするうちに交際に発展したという。しかし、結婚後わずか4か月で離婚騒動が勃発していた。

    「昨年7月、ゆりえさんが、離婚を前提に別居を始めたとSNSで告白したのです。ところが大浦さんはそれを“夫婦げんか”と否定。その後は関係が修復したようで、互いのブログで仲むつまじい様子が見られていました」(芸能関係者)

     しかし、ゆりえの側は、入籍直後から違和感を覚えていたようだ。発端は、大浦がある宗教に入信したこと。そう聞かされたゆりえは、突然のことに戸惑いながらも、信仰の自由はあるし、それで気持ちが落ち着くのならいいことだと理解を示そうとしていたという。しかし、《それ以来、夫は変わり果てて行きました》とブログで語るゆりえ。大浦の変化は、そのまま夫婦の関係を劇的に変えた。

    《私と真剣に向き合い、自分の言葉で話し合いを重ねてきた夫はこの世から姿を消し、今は常に神のお告げにのみ心を傾けるようになりました》

     夫の信じる神の存在は、夫婦の関係だけでなく、夫の言動も変えていく。

    《私が仕事のために実家に帰ると、サタンが取り憑いたと言われたりもしました。私にはよくわかりません》

     本誌・女性セブンは直接、ゆりえに話を聞いた。

    no title

    妻のゆりえ(公式ブログより)

    「去年の入籍直後、夫に知り合いができて、そのかたの考えに感銘を受けて入信したようなのです。ファンクラブに入会するような気持ちだったり、マイブームみたいな感覚なんだと思います。熱中の仕方も少年の心を捨てきれていないんじゃないですかね」

     と大浦をフォローしながら、こう続ける。

    「ただ、家族だろうと親友だろうと変わらないと思いますが、その人の心と会話ができるかどうか。突然できない状況になってしまうと、今回の私みたいに一時的に落ち込んでしまうと思います」

     入信を聞かされたときには、疑問も抱いたという。

    「“じゃあ、将来入るお墓は違うの?”って言いました。私たちは22才の年の差があって、平均寿命からするとあとどれだけ一緒にいられるんだろうと思っていて、その先は同じお墓に入れないの?って」(ゆりえ)

     ただし、その後のブログでは、《夫婦で話し合う事ができ、少し距離を取ることでバランスを保つ期間を作れました》と、宗教観の違いを乗り越えようとしている。夫に向ける言葉はあくまで温かい。

    「“自分を見失わないでね”という感じです。ブログを書いた後、干渉し合わないけど、お互いを理解し合うことを約束しようと話し合ったんです」(ゆりえ)

    ※女性セブン2020年11月5・12日号

    10/23(金) 7:05
    https://www.news-postseven.com/archives/20201023_1606296.html?DETAIL

    【【女性セブン】「サタンが取り憑いた」大浦龍宇一、結婚直後の入信で妻困惑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/10/16(金) 09:09:12.09 _USER9
    東京に秋の冷たい雨が降っていた9月下旬の夜明け前。煌々と光が漏れるラジオ局の通用口から出てきたのは、ゆったりとしたグレーのワンピースに黒のキャスケットを被った土屋太鳳(25才)だった。

    【写真9枚】ふたりは抱擁する直前…俳優・桜田通の肩の高さで両手を広げ”おいで~”と招く、首を出したシャツ姿の土屋太鳳。別カットも

     そのまま迎えの車に乗り込むかと思いきや、彼女はダッシュで背の高い“黒い影”に走り寄った。土屋は笑顔で熱いハグ。そして名残惜しそうに手を振りながら送迎の車へと乗り込んだ。周りにいたスタッフも気づかない、ほんの一瞬の出来事──。

     その日、深夜の生放送のラジオ番組にゲスト出演していた土屋。

    「でもやっぱり、通くんって、すごくカッコイイよね」

     番組内で土屋がそう唐突に語りかけたのは、正面に座っていた俳優・桜田通(28才)だ。それには桜田も「えっ、待って……」と戸惑うばかり。2人は今年12月、Netflixで配信予定のドラマ『今際の国のアリス』で共演するだけでなく、過去にも何度か共演経験がある。ラジオ局からの帰り際、ドラマのような熱い抱擁を交わしたのも、その桜田だった。

    「熱愛? いやいや(笑い)。これがいつもの太鳳さん。男女問わず共演者と仲よくなるし、欧米人のようなボディーランゲージで親密さを表現するのも、彼女にとっては日常茶飯事なんですよ」とは、土屋を知る芸能関係者。過去には、山崎賢人(26才)との焼肉デートや、北村匠海(22才)とのWデートがキャッチされたことがある土屋だが、それも、芸能人らしからぬほど友人関係が“オープン”で距離が近いからだといわれている。

     とはいえ、土屋と桜田の2人はプライベートでも本当に仲がいいようだ。ラジオで土屋は「18才ぐらいで通くんと出会ってからは、節目節目でつらいときにメールのやり取りをして、パワーをもらったり、いつも応援してくれた」と明かした。

    「1年前のTBS系特番『オールスター感謝祭』のミニマラソン企画に参加した桜田さんを、4年前に実際に走っていた土屋さんが“完全プライベートのサプライズ”で路上まで行って声援を送ったこともあったそうです。桜田さんはいちばんキツイところで土屋さんの『通くん! がんばれ!』というエールが聞こえて、がんばらなきゃと思ったそうですよ」(別の芸能関係者)

     体育会系の友人同士で息が合うのもよくわかるが、ひょっとしてこれからは──。

    ※女性セブン2020年10月29日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d5f132484803d69e509ba3421717c1d8aad37ff

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【女性セブン】土屋太鳳、夜明け前に桜田通とのドラマのような熱い抱擁撮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/24(木) 08:10:54.92 _USER9
     都心の大通りに、1台の車が停車する。助手席から降りた長身の男性は、慣れた手つきでトランクから荷物を取り出す。ハンドルを握る美女に手を振ると、住宅街の一角に建つ戸建てに入っていった。

     彼は9月21日から始まった舞台『(死なない)憂国』に出演する東出昌大(32才)だ。東出を送り届けたのは、共演者の菅原小春(28才)。9月中旬のこの日は、まだ『憂国』の稽古期間中。東出は稽古場へ入るときも、菅原の車に同乗していた。

     今年1月に唐田えりか(23才)との不倫が発覚して以降、東出は激しいバッシングに晒されてきた。俳優人生が断たれかねない状況に陥ったが、10月以降に4本の出演映画が公開予定で、新たに映画や舞台出演のオファーも届いているという。復活への道を歩み始めたその裏には、多くの支援者の存在があったようだ。

     東出は今年7月に杏(34才)との離婚が成立し、2016年に夫婦で折半して購入した、約2億円の自宅の権利を杏に渡している。これまでウイークリーマンション暮らしやホテルを転々とする生活を続けていたが、近頃は決まって帰る家がある。

    「いまは東出さんのお母さんの3つ上のお兄さん、東出さんから見たら伯父さんの自宅で“居候生活”を送っているようです。伯父さんは東出さんと同じぐらいの長身の老紳士。東出さんは2011年にお父さんを亡くしていて、それ以来、伯父さんを頼りにしてきました。伯父さんが手を差し伸べたみたいで、当初は“迷惑がかかるから”と遠慮していたけど、最近、お世話になることを決めたようです」(東出の知人)

     東出は伯父を以前から頼りにしてきたようだが、いちばん頼りたかったであろう“あのとき”は、そうはいかなかった。伯父もまた、渦中に巻き込まれていたのだ。

    「東出さんの不倫が報じられたとき、伯父さんは東出さんのお母さんとクルーズ船で外国を巡る旅に出かけていたんです。伯父さんはすぐにでも駆けつけたかったそうですが、乗っていたクルーズ船というのが、新型コロナで集団感染が起きた『ダイヤモンド・プリンセス号』で。横浜で隔離生活を余儀なくされ、下船に時間がかかってしまった。心配ばかりが募っていたようです」(前出・東出の知人)

     気がかりな甥とともに暮らすことは、伯父にとっても安心なのかもしれない。その生活ぶりは、人気俳優とは思えないほど地味だという。

    「電車移動がほとんどで、稽古場には自分で作った弁当を持参しています。お茶もペットボトルで買うと高いからと、自宅で煮出したものを水筒に入れて持ってきていました。“いまは野菜が高いから買わないようにしている”と話しているときもありました。東出さんはもともとお金を使わない人ではあるけれど、不倫騒動で降板したCMの違約金が数億円という話もありましたし、切り詰めた生活をしているのかなって思いました」(舞台関係者)

     窮地の東出を支えるのは、伯父ばかりではない。冒頭、東出を送り届けた菅原も、東出のよき“理解者”の1人だ。

    以下略全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2249da478316f9b88331d7a21c95f81dfae57770

    no title

    no title


    【【女性セブン】東出昌大、親類宅で極秘の居候生活 共演の菅原小春も支援】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/23(水) 16:48:55.30 _USER9
     4連休最終日のことだった。9月22日午前9時半頃、東京・練馬区の交差点で信号待ちをしていた乗用車にバイクが追突した。バイクを運転していたのは元TOKIOの山口達也(48才)だった。

    「駆けつけた警察官は、路肩に腰を下ろしうなだれていた坊主頭の男性の様子がおかしいことにすぐに気づきました。幸いにしてけが人はいませんでしたが、飲酒が疑われたため、呼気検査をしたところ基準値を超えるアルコールを検出。酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された」(全国紙社会部記者)

     専門家によると「500mlの缶ビール10本近くを1~2時間で摂取した」程度の検出量だったという。朝9時にどうしてそこまで飲酒したのか。彼はなぜ過ちを繰り返してしまったのか──。

     突然座り込んで休んだかと思うと、再び歩き出す。「あぁ、クソッ」顔をしかめて小さくつぶやく。足元はふらつき、息は荒い。ウオーキングなのかどうか、行き先なく歩き続ける──。

     TOKIOを脱退してから2年と4か月、彼は東京郊外のワンルームマンションでひっそりと暮らしてきた。会うのはごく限られた人だけ。スーパーなど買い物に行く以外は、バイクで気分転換をするか自宅周辺を徘徊のようにウオーキングするという修行僧のような生活を送っていたはずだった。山口達也が本誌・女性セブンの独占直撃に答えたのはその最中、昨年8月のことだ。

    「お寺に通って自分と向き合っています」
    「いまはお酒のいらない生活をしています」

     その際、山口は酒を断ち、反省の日々を送っていると明かしていた。その言葉を信じ、復帰を願っていたファンも多かった。しかし、彼はそうした人たちを「またか」と心の底から落胆させてしまった。

     山口は1994年、TOKIOのメンバーとしてデビュー。ドラマやバラエティー、朝の情報番組の顔としても活躍した。ところが2年前、酒がらみのトラブルを起こす。2018年4月、自身が司会を務めていたNHKの番組で知り合った女子高生を自宅に呼び出し、酒に酔った状態で強引にキスを迫るなどして強制わいせつ容疑で書類送検されたのだ。この後、所属事務所が契約を解除し、TOKIOからも脱退した。

    「彼はその5年ほど前から精神的に不安定な状態にあり、不安を打ち消そうとしてアルコールを頼り、トラブルを起こすこともあった。事件後は専門的な医療機関に入院し、本格的な治療を受け、退院後も定期的に通院していました」(芸能関係者)

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dca44f20f060672cb471795854d0847b93735650

    no title

    【【女性セブン】山口達也の隠遁生活 家賃7万、写経、大工仕事、週1買い物】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/12(土) 20:42:28.45 _USER9
    東京・六本木にある芸能人御用達の高級ステーキ店。本場ニューヨークの味が楽しめるこの店に、カーディガン、ワイドパンツ、サンダルとすべてベージュのワントーンで合わせた今年らしいコーディネートの女性がやって来たのは、8月末の夜のこと。足取り軽く、奥の個室へと入って行った女性は、長澤まさみ(33才)だ。

    「長澤さん、すごくテンションが高くて、はしゃいでいる感じでしたよ。それにしても、一緒にいた男性に驚きました。やっぱり噂は本当だったんだって……」(居合わせた客)
    時折、店内に響く楽しそうな長澤の笑い声。そのお相手は、若いイケメン……ではなく、俳優やイラストレーターなどマルチすぎる顔を持つリリー・フランキー(56才)だ。1時間半ほどで店を後にした一行は、六本木のバーへ移動。ここは、リリーが行きつけの店だ。

    2011年に舞台『クレイジーハニー』で共演して以来、たびたび一緒に飲み歩く様子が目撃されてきた長澤とリリー。あまりに親しい様子に、これまで何度も交際が噂されてきたほどだ。
    「5時間におよぶハシゴ酒デートや、一緒に宮古島を旅行したことなども報じられ、業界内では2人の仲のよさは有名なんです」(芸能関係者)

    最近になって長澤は「芸能界の中で自分を最もよく知っている人」として、テレビ番組でリリーの名を挙げるようになった。
    「かつて交換日記をしていたほどの仲で、“リリーちゃん”と呼んでいるのだとか。リリーさんには自宅の場所も教えているそうで、困ったことがあればすぐに相談するなど、心から信頼しているようですよ」(前出・芸能関係者)

    ただ、この日の“デート”は2人きりではなく、映画関係者も同席していたという。
    「7月に公開された長澤さん主演の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の大ヒットへのお礼と、次回作の打ち合わせを兼ねた食事会だったようです。『コンフィデンスマン~』は、公開当初から好調な出足で、スマッシュヒットを記録。第3弾の製作も予定されていますからね。

    共演者の東出昌大さん(32才)のスキャンダルや三浦春馬さん(享年30)の訃報で、落ち込んでいた長澤さんですが、ここ最近やっと元気を取り戻してきたそうです。その間、彼女を支えたのもリリーさんのようですよ」(映画関係者)
    裏表のない長澤の性格に、有村架純(27才)や橋本環奈(21才)など長澤を慕う後輩が後を絶たず、“長澤会”が拡大の一途をたどっても、オジサマとの交流も忘れない長澤。後輩には見せられない弱くてカッコ悪い自分を見せられる──

    長澤にとって、リリーはそんな“安全地帯”のような存在なのかもしれない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/fb624617abbfd25742605ab9b9de96f4ee663ab2

    no title

    【【女性セブン】長澤まさみ&リリー・フランキー 六本木のステーキ店で食事!かつて交換日記をしていたほどの仲】の続きを読む

    このページのトップヘ