中二病速報

    タグ:女性セブン

    1: ひかり ★ 2019/06/13(木) 07:35:25.11
     ここ最近、ZOZO前澤友作社長(43才)との交際報道がめっきり減った剛力彩芽(26才)が、6月上旬、意外な場所で目撃された。都内の庶民派スーパーだ。

    「剛力さんは付き添いらしき女性と一緒に来ていました。スマホでレシピを見ながら、長ねぎ、ひき肉、ボイルえびなどを手際よく買い物かごに入れていました。
    最近、ZOZOの業績悪化が報じられていたので、彼のために外食を控えて自炊しているのかな」(居合わせた客)

     その後、剛力は前澤社長の高級マンションへと入っていった。早くも内助の功を発揮か。

    ※女性セブン2019年6月27日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190613-00000002-pseven-ent

    no title

    goriki_ayame_03

    goriki_ayame_04

    goriki_ayame_05


    【【女性セブン】剛力彩芽、スマホでレシピ見ながら庶民派スーパーでお買物 (画像あり) 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/06/01(土) 07:22:43.01
     5月24日、都内の映画館で行われた映画『空母いぶき』の初日舞台挨拶に、袖部分がシースルーになったベージュのロングドレス姿で臨んだ本田翼(26才)。「いぶき」に乗りこむ唯一の女性だが、舞台上ではそのスタイルのよさがひときわ目立つ。

     舞台挨拶を終えた後の夜8時過ぎ、チェック柄のセットアップに着替えた彼女が訪れたのは、多くの女優やモデルが通うことで知られる骨格矯正院「A」だった。美容関係者はこう語る。

    「頰杖をついたり、食事の時に同じ側だけでかんだり、片足に重心を乗せたりと、日常のちょっとしたことで顔も体もすぐにゆがんでしまう。だから月に1回程度、バランスを整えるために骨格矯正を受ける女優さんも少なくない。なかでも“効果絶大”と口コミで広がっているのが『A』なんです」

     院長はもともと柔道整復師で、骨格矯正を追求し続けてきたという。値段は、「顔面矯正と全身矯正90分」で4万円ほどだ。

    「小顔矯正で人気ですが、本田さんが受けているのは体の施術。実は彼女、かなりのゲーム好きで、休日は部屋から一歩も出ずにゲームをやり続けることもあるとか。

     そんな生活をしているので姿勢が悪くなることを気にして、年に3~4回『A』に通っているそうなんです。

     施術を受けた後は骨盤のゆがみが直り、背筋がピンとなり、頭までスッキリすると大満足のようですよ」(ファッション誌編集者)

     本田が『A』から出てきたのは、2時間ほど後のこと。人気ドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)の撮影も続くなか、しっかりメンテナンスをしているようだ。

    ※女性セブン2019年6月13日号


     NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190601-00000009-pseven-ent

    honda_tsubasa_01

    no title

    honda_tsubasa_04

    no title 

    honda_tsubasa_03


    【【女性セブン】本田翼、ゲームしすぎで姿勢悪くなる?年数回の全身矯正 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/05/31(金) 19:04:32.47 0
    夕方、東京・渋谷の雑踏に岡田の姿があった。白シャツにロングTシャツを重ねて薄手のグレーのコートを羽織り、足元からはピンクの靴下がのぞく。
    青みがかったサングラスをかけているが、顔を隠すどころか、あまりに目立つオーラを放っていた。岡田は混み合っていた大衆居酒屋へと入っていった。

    「出演舞台の仲間と5~6人で飲みに来たようで、舞台の話をしているのが聞こえました。店内は満席で4人掛けの席に6人で座る状態に。岡田さんはキツキツの座席のいちばん隅っこにちょこんと座り、レモンサワーを飲んでいました。彼がいちばん先輩だったのか、周囲に気を配りながら、いい調子で会話を盛り上げていましたよ」
    (居合わせた客)

     2時間後、岡田は席を立つと自ら会計を済ませた。すると仲間を店内に残したまま、ひとり急いだ様子で店を出て、周囲を気にする素振りを見せながらタクシーに乗り込む。
    向かった先は車で10分ほどの場所にあるマンション。もしや彼女の部屋なのか──。

    「お笑いコンビ・ハライチの澤部佑(33才)の自宅ですよ(笑い)。2人は2009年のドラマ『オトメン(乙男)』(フジテレビ系)で共演して以来の大の仲よし。
    以前、岡田はテレビ番組で澤部について“芸能界に入って初めてできた親友”だと明かしています。澤部に好きな人ができた時には告白を後押しし、結婚指輪も一緒に買いに行ったほど。澤部が結婚して以降は以前ほど会えていないようですが、その日は澤部の誕生日。仲間とのディナーをわざわざ中座して、お祝いに駆けつけたようです」
    (芸能関係者)

     今をときめく岡田を走らせたお相手は、男友達だったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190524-00000005-pseven-ent

    no title

    no title

    【【悲報】岡田将生さん、飲み会を抜け出しハライチ澤部の家に行ってしまう 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/05/26(日) 11:30:17.68
     東京・新宿、懐かしい中古レコードを扱うその店には外国人客があふれていた。昨今、J-POPのアナログレコードを目当てに来日する外国人が増えている。今、日本発の“シティー・ポップ”が、世界中で大ブレークしているのだ。

    「当店は日本人アーティストのレコードしか扱っていないのですが、今や全体の3割ほどが外国からのお客さまという日もあります。以前は欧米人が多かったのですが、今では韓国やタイなどアジアのかたも増えています」

     そう語るのは、『ディスクユニオン新宿 日本のロック・インディーズ館』店長の松岡秀樹さんだ。同店で問い合わせが特に集中しているのは、山下達郎(66才)と竹内まりや(64才)だという。海外の音楽ファンの間では、2人は“シティー・ポップの代名詞的存在”となっているというのだ。

     そもそもシティー・ポップとは何か。音楽ライターの金澤寿和さんが解説する。

    「1970~1980年代に人気を集めたジャンルで、歌詞やメロディーが洋楽志向の強い都会的なポップ・ミュージックです。象徴的な作品は、大滝詠一のアルバム『A LONG VACATION』(1981年)や山下達郎のアルバム『FOR YOU』(1982年)。音楽ファンの間では音楽的水準の高い本物志向のスタイルと定評があります」

     それがなぜ、今になって、しかも海外でウケているのか。J-POPのレコードを探しに来日した、フランス出身のジュリーさん(29才)は、アニメをきっかけに山下らの楽曲を知ったという。

    「フランスでは以前から日本のポップカルチャーを紹介する『ジャパンエキスポ』が開催されていて、アニメや漫画を通して日本文化を好きになる人が多い。私も好きなアニメの主題歌を歌うのがタツロウ・ヤマシタと知り、それからはユーチューブで曲を聴くようになりました」

     昨年公開された細田守監督のアニメ映画『未来のミライ』は、“アニメ界のアカデミー賞”と称されるアニー賞で長編インディペンデント作品賞を受賞。今年2月に米ロサンゼルスで開かれた授賞式では、作品の主題歌である山下の楽曲『ミライのテーマ』が流れ、海外でも存在感を見せつけた。

     アメリカ在住30年のライター、ヨウコさん(54才)も、アニメの影響は大きいと感じている。

    「アメリカでも日本のアニメが放送されていて、例えば松任谷由実さんの曲もジブリ作品でそのまま流されています。10代や20代の若い世代では、動画サイトで日本のアニメを探しているうちに、山下達郎や竹内まりやの楽曲に出合って、『クールだ!』とファンになるようです」

    ※女性セブン2019年6月6日号

    20190526-00000010-pseven-000-view

    NEWS ポストセブン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190526-00000010-pseven-ent 




    【【女性セブン】山下達郎・竹内まりや他、“シティー・ポップ”が海外で人気 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/22(水) 19:55:22.35
     野村周平(25才)が、6月末からニューヨークに留学する予定であることがわかった。

     5月中旬、東京・渋谷のバーで、“送別会”が催されていた。中心にいたのは、野村周平。上半身は裸になり仲間たちから相次ぐ乾杯を受けていた。

     野村は映画『ちはやふる』や『帝一の國』をはじめ話題作に数多く出演。ドラマ主演も続き、今後の出演オファーも後を絶たない人気だ。プライベートも注目されている。

    「ヤンチャで媚びるタイプではなく、男気あふれるヤツなのでトラブルも多い(笑い)。ただ仲間思いなのでかわいがられるし、俳優仲間も多いですね」(野村の知人)

     女性セブン(5月30日号)が報じた松田龍平(36才)と新恋人・モーガン茉愛羅(21才)の修羅場の現場にいたのも野村。龍平の誕生日に呼んでもらえず号泣する彼女を、友人たちとなだめながら、「当人同士で解決すべき」「そこはヘイヘイ(龍平)は逃げちゃダメ」とフェアな態度を貫く姿勢が大きな反響を呼び、インターネット上でも「男気がある」と株を上げていた。

     仕事もプライベートも大活躍中の野村の“送別会”とは、どういうことなのか。

    「6月末からニューヨークに留学する予定です。彼の母親は日本人と中国人のハーフで、彼自身が“クオーター”ということもあり、以前から海外志向が強かった。“住むのは日本だけど、仕事は海外みたいな生き方に憧れる”と語っていたこともあります。しかし、中国語は堪能だけれど、英語はまだまだ。そのため、ニューヨークで語学の習得や感性を磨きたいというのが、留学を決意した理由のようです」(前出・野村の知人)

     10代前半からヒップホップやストリートカルチャーに興味を持ち、スケートボードの腕前はプロ並みという野村。フィルムカメラで撮影したものをSNSにアップするなど、芸術面へのこだわりもある。

    「雑誌のインタビューに“好きなものは、誰に何を言われても絶対に続けていこうと思っている”と答えていたことがありましたが、俳優という枠にとらわれたくないという気持ちも強いんでしょう。今回は大きな仕事のオファーも断って留学準備を進めていたようで、留学期間は未定。“納得するまで帰ってこない”とも言っていて、そういうところも彼らしい」(芸能関係者)

     となると、野村の恋人でモデルの琉花(21才)との関係が気になるところ。

    「琉花ちゃんもフィルムカメラをやっていたり、オーストラリア人とのハーフだったり、周平くんとの共通点も多い。留学にも理解があります。寂しいけど、遊びに行けたらいいなという感覚だと思います」(琉花の友人)

     突然に思える留学も、いっそ野村らしい選択のようだ。

    ※女性セブン2019年6月6日号


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00000020-pseven-ent

    20190522-00000020-pseven-000-view


    【【女性セブン】野村周平の送別会開催 大きな仕事を断り6月にNY留学へ 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/05/16(木) 11:25:05.95
    「ハァ、ハァ、ハァ…」。荒い息遣いが聞こえてくる。坊主頭にヒゲをたくわえ、サングラスをかけた強面の男性は、おもむろに顔をしかめて路上に座り込み、こう呟いた。「あぁ…クソ…」。

     5月上旬の午後1時、都内の気温は20℃を超え、汗ばむ陽気となった。強い日差しに体力を奪われたのか、男はなかなか立ち上がれない。駅から家までの約15分間のウオーキングは一時中断に追い込まれた。

     それから5分、男は身を起こすと、再び歩き始めて自宅に向かった。だが時折足元がふらつき、また路上に座り込む──。

     この男性がTOKIOの元メンバー、山口達也(47才)であることを、道行く人は誰も気づいていなかった。あれから1年、人前から姿を消していた彼は、今も闘い続けていた。

     国民的アイドルの大スキャンダルが世間を揺るがせたのは、昨年4月だった。山口は自身が司会を務める『Rの法則』(NHK Eテレ)で知り合った女子高生2人を自宅マンションに呼び出し、強引にキスを迫ったという。女子高生が警視庁に被害届を出したことで事件が明るみに出て、山口は4月26日に謝罪会見を開いた。

     5月2日には城島茂(48才)、国分太一(44才)、松岡昌宏(42才)、長瀬智也(40才)のメンバー4人が1時間半にわたる緊急会見を開き、山口の不祥事を詫びた。その4日後、山口はジャニーズ事務所からの退所を発表した。

     当時、山口は都内近郊の療養施設に入院していた。それは、「ある持病」の治療に専念するためだった。山口の病状を知る医療関係者が言う。

    「事件発覚後、山口さんはアルコール依存症の疑いがあると報じられましたが、本当の病名は『躁鬱病』でした。彼はこの治療に専念するため、メンタルクリニックに力を入れる病院に転院したんです」

     躁鬱病の正式名称は「双極性障害」。気分が晴れてハイテンションになる「躁状態」と憂鬱で無気力になる「鬱状態」とを繰り返す病気で、日本における患者の割合は、1000人に4~7人とされる。

    「彼は5年以上前から躁鬱で精神的に不安定な状態が続いており、不安を打ち消そうとアルコールを頼ってトラブルを起こすことがありました。1年前の事件も長年にわたる病気が背景にあり、事件後の山口さんは“今度こそ絶対に治す”と本腰を入れて、専門的な医療機関で治療を始めました。昨年夏ごろにはこの病院を退院し、定期的に通院しながらカウンセリングやリハビリを続けています」(前出・医療関係者)

    ◆「ご心配かけています…失礼します」

     現在、山口は冒頭で触れたウオーキングや、自転車などのトレーニングに励む。その姿は1年前と大きく異なる。山口をよく知る人物が明かす。

    「山口さんは退院後、頭を丸め、耳元から顎にかけてヒゲをたくわえていて見た目は“激変”しています。静かに療養するため外見を変えたのもありますが、反省の意でもあったんだと思う。外出するときの服装はいつも決まってトレーニングウエアにニット帽とスニーカー。周囲に気づかれることはほとんどないそうです」

     1年にわたって治療を続け体調は上向いているというが、今も心身の状態は万全とは言えないようだ。ある日の山口は、自転車をスムーズに乗りこなして、自宅近辺を散策する。知人との会話で見せた表情は以前と同じ人なつこい彼の笑顔だった。

    >>2以降に続きます

     NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00000005-pseven-ent&p=1  

    yamaguchi_tatsuya_10-1

    yamaguchi_tatsuya_09

    yamaguchi_tatsuya_18-1

    【【女性セブン】山口達也に直撃 誰にも気づかれないほど激変したリハビリ姿(画像あり)】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/16(木) 08:29:21.55
    女優・深田恭子(36才)と交際中の会社会長・杉本宏之氏(41才)が、金沢で「人間ドック旅行」を楽しんでいたことがわかった。

    連休が終わっても、東京駅は人であふれている。5月8日、人混みを縫って長身の男性とスタイル抜群の女性が駆けていった。
    男性は女性のトランクを持ちながら、ときおり振り向き、はぐれていないのを確認する。
    改札を抜け、階段を一気に駆け上がり、新幹線へ。その様子はまるでドラマの撮影のようで、周囲の視線を集めていた。

    なんとか間に合い席に着き、顔を見合わせて微笑むふたり。女性は深田恭子、そして男性は彼女の恋人、“年商200億円”の男、不動産会社シーラホールディングスの杉本会長だった。

    ふたりが一路、向かったのは石川県の金沢。2015年に北陸新幹線が金沢まで延伸したことで、「かがやき」で約2時間半と、格段にアクセスがよくなっている。
    電車でも日帰りできるほど近くなった古都は、お忍びの旅先として芸能界でも人気上昇中だ。

    「街がきれいで食事もおいしいと、中谷美紀さん(43才)や梨花さん(45才)、松田美由紀さん(57才)などがたびたび訪れています。MEGUMIさん(37才)は本当に金沢が気に入ったようで、カフェまで出店。
    一般観光客からの人気も高く、延伸後1年で、金沢を訪れた観光客は想定の3倍にも達しましたが、その後も堅調をキープしています」(旅行ジャーナリスト)

    観光地は兼六園や金沢城址、長町武家屋敷跡、さらには金沢21世紀美術館、近江町市場などが有名だが、ユニークなところでは、有名旅館に泊まりながら人間ドックを受けるプランも人気があるという。

    「深田さんたちも、金沢で人間ドックを受けていたそうです。市川海老蔵さんも通う有名病院です。
    1人100万円ほどするコースもあり、結婚前にカップルで受診したり、ご夫婦でいらっしゃるかたもいるようですよ」(医療機関関係者)

    もちろん、わざわざ金沢まで、人間ドックのためだけに行ったわけではなかった。しっかりと、金沢の夜も堪能していた。
    気温が20℃を超え、夏の訪れを感じさせる古都の夜、ふたりは1890年創業の老舗料亭にいた。
    この料亭では加賀百万石の海の幸、山の幸をふんだんに使った和食を、一軒一軒が離れになった、プライバシーに配慮した部屋で楽しめるとあって、著名人からの人気が高い。

    「もちろん味も絶品です。創業者はあの魯山人も絶賛した腕の持ち主で、ミシュランでも三つ星を獲得しています。
    この季節の金沢は、魚なら真がれいや真鯛、加賀野菜なら何と言ってもたけのこがおいしいので、そうした素材を使った料理も提供されたのではないでしょうか」(グルメライター)

    深田は杉本氏、そして知人の男性と初夏の味覚を充分に楽しんだに違いない。夜10時半に店を出ると、すぐ近くのひがし茶屋街へと移動する。

    出格子があしらわれたお茶屋が並び、地区全体が保存地区に制定され、金沢屈指の情緒あふれる街並みの中を、車から降りた深田と杉本氏は、手をつなぎ石畳の上を歩んでいく。
    スマホで記念撮影する姿は、どう見ても恋人同士だ。そぞろ歩いて向かったのは、古民家を改装したワインバーだった。
    足取り軽く、2階にある個室へと上がっていく。しばらくすると、ふたりが消えた部屋の辺りから、お囃子の音が漏れてきた。

    本来なら閉店は23時。しかし店の従業員出入り口からふたりが外へと出てきたとき、日付はすでに変わっていた。

    翌日、ふたりの姿は上りの北陸新幹線の中にあった。東京までの普通指定席は通常、1万6000円。
    ふたりはそれに1人あたり1万2000円をプラスしたのだろう、新幹線のファーストクラスと呼ばれるグランクラスの、リクライニングすれば45度まで倒れる本革シートに体を預けていた。
    このグランクラスでの名物は何と言ってもフリーで提供される軽食で、東京行きでは煮穴子や炙りしめ鯖、かにほぐしなどの入ったお弁当を、飲み放題のアルコールやソフトドリンクで楽しめる。

    しかし、この日のふたりは会話を優先させたようだ。終始お茶を飲みながら、話しても話しても話し尽きないようで、ときおり深田は杉本氏の手を取るなど一瞬たりとも離れていたくないようだった。

    ※女性セブン2019年5月30日号

     NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/article/detail/16465875/

    no title

    【【女性セブン】深田恭子、年商200億円恋人と金沢で人間ドック旅行 】の続きを読む

    このページのトップヘ