中二病速報

    タグ:女性セブン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/06/10(木) 09:06:59.58
    その家庭にどのような事情があろうとも、暴行を正当化する理由は一切ない。今回の事件では、Aさんを擁護する報道もあるが、DV事件の被害者に「非がある」ように報道するのは、被害者と子供を“セカンドレイプ”する行為であり、さらに、ほかにも数多くいるDVの被害者に声を上げづらくさせる大きな原因になっている。熊田の一件は、被害女性が「私も」と勇気の声を上げる、きっかけになるかもしれない

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c19cf89b22e3852daf13d9dac3b455e810a95a03?page=3

    20210610-00000005-pseven-000-2-view


    【女性セブン「熊田曜子は浮気はしてたが暴行を正当化する理由にならない。熊田批判はセカンドレイプ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/06/02(水) 16:18:56.06 _USER9
    『news23』(TBS系)でキャスターを務める小川彩佳アナウンサー(36才)が離婚することがわかった。実業家の夫・豊田剛一郎氏(37才)とは代理人を立てて話し合いを進めており、離婚することでほぼ合意しているという。

    夫の裏切りの発覚から4か月──『news23』の関係者によれば、小川アナの足取りは軽いという。

    「不倫報道直後は番組の打ち合わせでも“心ここにあらず”のときもありましたが、最近は自ら特集企画を提案するなど仕事に没頭している様子です。もう吹っ切れたんでしょう」(番組関係者)
     
     東大医学部卒の超エリートで、医療ベンチャー「メドレー」元代表(現在は辞任)の夫・豊田氏と、安達祐実似の女性Aさんの不倫が報じられたのは、今年2月上旬のこと。豊田氏は小川アナとの結婚(2019年7月)以前からAさんと交際。結婚や子供の誕生(2020年7月)後も関係を続けていたという。

    「Aさんとの不倫が発覚した後、小川さんは“離婚も考えているけど、子供もまだ小さいから……”と悩んでいました。豊田さんの子育てへの協力も必要で、バリバリ働く小川さんにはシングルマザーになる不安も大きかったのでしょう。
     
     しかし、そのすぐ後に『週刊ポスト』でAさんが不倫関係を告白し、豊田さんからの“結婚後は肉体関係がなかったことにしてほしい”という口裏合わせの連絡を明かしたことで、小川さんのショックは絶望に変わった。“彼との将来をもう描くことはできない”と話していました」(小川アナの知人)
     
     一方で、豊田氏は夫婦関係の修復に動いたという。

    「報道後にAさんとはキッパリ別れたそうです。しかし、時すでに遅し。小川さん本人だけではなく、小川さんの家族ももう豊田さんを受け付けなかったそうです。結局、ふたりは納得の上で別れを選んだようです」(豊田氏の知人)

     不倫発覚から1か月ほど経った頃には、すでに別々の生活が始まっていた。

    「小川さんは4月、豊田さんと暮らしていた高級タワーマンションから都内の別のマンションへ引っ越し。豊田さんも3月には家を出たそうなので、完全に別居状態が続いています。もちろんお子さんは小川さんと一緒です。生活全般や子育てについては、小川さんのお母さんがマンションに通ってサポートしているようです。

     すでにお互いが代理人を立てて話し合いを進めており、離婚についてはほぼ同意しているそうです」(前出・小川アナの知人)

     豊田氏は「メドレー」の株を大量に保有。その額は約150億円にも上る。また、不倫報道で代表は辞任したが、それまでの役員報酬は2000万円ほどだったとされる。

     離婚となれば、不貞行為の「慰謝料」も高額なのか。

    「過去の裁判所の判例では不貞行為の慰謝料は100万~200万円程度が相場です。収入や資産が多くても、それ以上にはならないことが一般的です」(篠原総合法律事務所代表弁護士の篠原一廣さん)

     ただし、豊田氏と小川アナの場合、発生するのは慰謝料だけではない。

    「『養育費』は豊田氏の収入や資産を考慮し、月に15万~20万円ほどになると思われます。ただ、それ以上にはなりません。巨額になる可能性があるのは『財産分与』でしょう」(加藤・浅川法律事務所弁護士の加藤博太郎さん)

    「メドレー」は小川アナとの結婚後に上場。その後、豊田氏が所有する株の時価は約100億円上昇した。

    「“婚姻後に築いた財産は夫婦の協力によるもの”と小川さんが主張すれば、約100億円の半分の約50億円を請求し、家庭裁判所で争うことも可能です」(前出・加藤さん)
     
     夫婦を知る関係者によれば、「さすがに50億円まではいかず、10億円ほどで決着するようだ」と言う。
     
     夫に裏切られた傷は、10億円で癒えるのか、それとも一生残るのか。

    ※女性セブン2021年6月17日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/823be9f23e52fb27cdf06e24bf5200875069df9c
    no title

    【小川彩佳アナ離婚へ 不倫夫とはすでに別居「財産分与」は10億円か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/05/21(金) 11:30:09.35
     環境大臣の小泉進次郎氏(40才)の5日間の入院が波紋を呼んでいる。進次郎氏が体の“異変”を訴えたのは5月10日朝のこと。病院で「虫垂炎」と診断された進次郎氏は、1泊18万円という超豪華な個室に入院した。コロナ禍で医療体制が逼迫し、一般の患者がたらい回しにされる事態も起きるなか、異変を感じたら即検査、即入院、即手術という処置を受けたのだ。

    それだけではない。

    「今回の入院はいわゆる簡単な盲腸の手術です。しかし、コロナ禍であるにもかかわらず妻の滝川クリステルさん(43才)は進次郎氏の病室へ入って行った。これこそ“特別待遇”ではないかと指摘されています」(進次郎氏の知人)

     当該病院でも、原則面会は禁止されている。

    「面会が許される特例は、生死にかかわるなど緊急事態で呼び出しがあったり、難しい手術での付き添い、また医師から診療に関する説明を受ける場合などに限られます。それも患者当人では治療方針を決められない場合などが想定されています。

     そういった意味では、今回の進次郎さんの手術はまったく面会が必要のない状況でした。滝川さんは手術の同意書を書くために病院を訪れたそうですが、それも電話でもできるようになっていますし、ましてや病室に入る必要はない。でも、彼女は手術の間、ずっと特別室で待っていて、進次郎さんと面会してから帰宅したそうです」(前出・進次郎氏の知人)

     ある医療関係者はこうため息をつく。

    「コロナ禍にあって、患者さんへの面会はどの病院でも原則全面禁止なのは当然のこと。小さい子供の手術でも面会は限られ、危篤状態の人でも会えるのは1回に限るなど、本当に大事な人の死に目にも会えないような悲痛な状況が続いています。そんななかでの夫妻の行動には疑問符がつく。“自分たちは特別”と思っているのか、批判が出ても仕方がないのではないか」

     永田町関係者も苦笑する。

    「完全個室で面会が“特別”に認められており、ルール違反をしたわけではないとしても、進次郎氏と滝川さんの行動は理解に苦しみます。5泊でトータル100万円近い入院費用。保険が下りたとしても自費の部分もあるでしょう。そうしたとき、税金を支払う国民感情に少しでも思いをはせないのでしょうか。自分たちがVIPとして過ごすことに少しの違和感もなかったのでしょうか。

     つい先日、ある代議士がコロナ以外の病気で入院しました。その代議士も個室に入院していましたが、家族はパジャマなどの必需品をナースステーションに渡しただけで、当然面会はかないませんでしたし、面会したいと申し出ることもありませんでした」

     振り返れば、結婚後のふたりは一般庶民が首をかしげざるを得ないような言動が取り沙汰されてきた。

    「滝川さんは妊娠中に、アメリカではやっている安産を願うパーティー“ベビーシャワー”を催しました。会場は代官山の超有名フレンチレストランで、会費は1人2万円。しかも彼女自身が参加者たちに知らせてきた“欲しいものリスト”は1点5万円以上するものばかりだったそうで、価値観の違いに友人たちも驚いていました」(芸能関係者)

     昨年11月中旬には生後10か月の長男と愛犬を連れて、夫婦でイタリアンレストランへ。夜10時まで外食し、子育て経験のある女性たちから批判を浴びた。進次郎氏の発言も“迷走”が続いている。2019年9月には国連の気候行動サミット出席のために渡米し、謎の「セクシー発言」で世界中の顰蹙を買った。

     今年4月には「日本は温室効果ガスを46%削減する」という新たな目標を打ち出したが、「46という数字はおぼろげながら浮かんできた」と言い放った。

    「もともと“その場の雰囲気を盛り上げる”だけの発言に歯止めがかからなかった進次郎氏。結婚後は滝クリさんがストッパー役になると期待されていましたが、ますますひどくなるばかり。今回の入院の一件も、ふたりの感覚がいかに世間とズレているかを表している」(政治部記者)

     進次郎氏が退院した翌日の夕方、滝クリは小雨が降るなか、右手で長男が乗るベビーカーを押し、左手で愛犬のリードを持ちながら自宅周辺を散歩していた。夫の総理大臣への道に黄色信号が点滅し始めていることも知らずに、道行く人に時折愛想を振りまきながら──。

    ※女性セブン2021年6月3日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7027e9ff93987cf8cf26aa15f70a35632023e33 

    no title

    【滝川クリステル 進次郎氏の入院で「コロナ禍なのに面会」で波紋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/05/20(木) 17:26:01.97 _USER9
     夫婦円満に見えたふたり。それだけに、白日の下にさらされた夫の言動は、ゲスの様相を際立たせることとなった。先日、『FRIDAY』(5月14日号)で不倫疑惑が報じられ、全レギュラー番組の降板を申し出た映画コメンテーターの有村昆(44才)。それ以外にも、結婚後に合コンを開いていたなど、アグレッシブなスタイルを貫いていたという。

    今回の不倫疑惑と降板騒動は、世間が有村に抱いていたイメージを大きく裏切るものとなった。これまで有村は、妻であるフリーアナウンサーの丸岡いずみ(49才)を支えるよき夫とみられていた。

    「日本テレビに在籍時、“奇跡の38才”と呼ばれ、キャスターとして活躍していた丸岡さんは、2011年の東日本大震災の現地取材で惨状を目の当たりにして心のバランスを崩し、うつ病と診断されました。

     当時、丸岡さんに思いを寄せていた有村さんは、映画のDVDを贈ったり、うつ病に関する専門書を読み込んで彼女と接したりと、あらゆる面で彼女を支えました」(テレビ局関係者)

     有村の献身的なアプローチが実り、2012年に結婚。2度の流産を経験し、不妊治療の末、2018年にはロシアに渡り、代理母出産で待望の第1子が誕生した。同年にはベストカップルアワードを受賞している。

    「有村さんはテレビ番組で、お風呂に一緒に入ることを夫婦のルールにしていると語るなど、夫婦仲のよさをアピールしていました」(前出・テレビ局関係者)

     しかし、有村は「妻とはセックスレス」と事も無げに言い放ち、女性を口説いていたという。

    「今回の不倫未遂報道以前から、丸岡さんは有村さんの不倫を疑っていました。そんな状況にもかかわらず、有村さんは軟派な生き方を改めようとしませんでした。

     現在の丸岡さんは、次々と明らかになる有村さんの女性関係に、『ここまで酷かったのか』とショックを隠しきれず、錯乱しているような状態だそうです。センシティブな性格の彼女だから、簡単には許せないでしょう。未遂とはいえ、夫婦関係の修復は非常に難しいと思います」(ふたりの知人)

     これから、有村一家はどうなっていくのか。今回の報道による有村の芸能活動自粛は家庭に大打撃だ。

    「有村さん夫妻は、ロシアでの代理母出産や新居購入のため、多額の出費が続いていました。現在、丸岡さんは3才の息子の育児もあり仕事をセーブしていたので、有村さんの芸能活動自粛で、一家は大きな収入減となる。経済的にも不安だと思います」(前出・ふたりの知人)

     近年、芸能人に対する世間の不倫アレルギーは強く、スキャンダル後の復帰は容易ではない。それは有村もわかっていたはずだが……。

    ※女性セブン2021年6月3日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc6713bd64f7bcf39eaf9abf5ab12c41cce8ee53 

    20210520-00000012-pseven-000-1-view

    【【女性セブン】有村昆の不倫疑惑で妻・丸岡いずみ大ショック 夫婦関係修復は困難か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/04(木) 07:21:21.30 _USER9
     小室哲哉(62才)との離婚が成立したKEIKO(48才)。2006年に小室が、音楽著作権をめぐる詐欺容疑で逮捕・起訴された時には、「離婚しません」と話していた。しかし、2011年10月にくも膜下出血で倒れると状況が一変した。

     KEIKOは一命を取り留め、小室がKEIKOを献身的に支えているものと思われていたが、2018年1月に小室の不倫が発覚。小室はすぐに釈明会見を開き、介護のために自らも心身ともに疲れ果てていると告白すると、擁護の声が上がった。しかし、KEIKOの親族は「小室の会見は嘘ばかりで、KEIKOのプライバシーを悪し様に語ることで「論点をすり替えた」と主張したのだ。そこからやく3年にわたる“離婚闘争”の期間を経て、ついに離婚が成立したのだ。

     KEIKOは離婚成立後に直筆のメッセージを公開した。美しい文字による長文で、離婚に関する報道でファン、関係者を心配させたことを謝罪するとともに、《大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております》と現在の状況を説明した。今回、そこでは触れられなかった胸の内を本誌・女性セブンの取材で明かした。以下はその一問一答だ。

    ──小室さんとの19年間は良いことと悪かったこと、どちらが多かったですか?

    「悪いことがとても多かったですが、いいこともありました」

    ──不倫報道を知ったときの心境は?

    「まずは率直に驚きました。はっきりとは言えませんが、なんとなくですが、怪しいところもありましたけど信じていたので。やはりショックが大きかったです」

     裏切られた妻は、不倫を頑に認めなかった夫の会見をどのように見ていたのだろうか。

    ──小室さんの会見で最も許せなかったところはどこでしょうか?

    「報道にあった“不倫疑惑”に対して、あたかも、私の病状のせいであるかのような発言があまりにも多く、目と耳を疑いました。確かにトレーニングの一環として、学習ドリルなどもやったこともありましたが、そのことで私の知的レベルが小4ぐらいだという印象を、世間に植え付けられたことです。

     あの会見を見た人の中には、彼の言葉を信じ、私が寝たきりじゃないかと心配して、家族に電話をしてきた人もいたようです。実際には、病後、いまと同じように日常生活はなんら問題なく送れています。彼を含めた誰からも介護どころか、介助すらしてもらう状況にありませんでした。ここ数年で体調が回復したと思われているところがありますが、当時からいまと同様、至って元気です」

    ──病状について。いまこうやってやりとりをしていても、後遺症などは感じません。実際、どのような状況なのでしょうか?

    「日常生活は難なく送っておりますし、自覚としては問題ないと思っておりますが、“気遣い”などの面では、まだまだ足りないと家族からは指摘されることもあります。いまよりさらによく、少しでも病気前の状態に近づけられるように努力しています。また、より充実した生活が送れるようにカウンセリングや脳のトレーニングのために通院はしております」

     先のKEIKOの直筆メッセージには、《アーティストとしても皆様に恩返しができるよう精一杯努力して参ります》という一文がある。再び、KEIKOの伸びやかな歌声を耳にできる日は近いのだろうか。

    ──ファンは再びKEIKOさんの歌声が聴きたい。復帰について、いつどんな形でなど考えていることはありますか?

    「やっと次に踏み出せる環境になりましたので、やりたいこと、やれることを含めて、これから具体的に考えていくつもりです。ボイストレーニングなども中断しておりましたので、まずはボイストレーニングをしっかりしていこうと思います。亡き父を含めた家族のためにも、もう一度、どんな形であれ、歌いたいと思っております」

     KEIKOは、まっすぐ前だけを見つめている。

    ※女性セブン2021年3月18日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cfbdfe3764f249ca8111750fe0ce0b1adebc43c3
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cfbdfe3764f249ca8111750fe0ce0b1adebc43c3?page=2
    笑顔を見せるKEIKO(2019年1月撮影)
    no title

    【【女性セブン】離婚成立KEIKOが告白 小室哲哉の不倫会見で「許せなかったこと」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/03(水) 16:23:02.54 _USER9
    卓球女子元日本代表で、現在は解説者やタレントとして活動する福原愛(32才)に不倫疑惑が浮上した。3月4日発売の女性セブンが報じる。

    【写真39枚】にこやかに車の扉を開ける福原愛と男性のデート姿。黄色スカート、全身写真。他、赤レンガ倉庫前を歩く膝下丈黒ワンピの福原愛(デート時)や、中華街のお店に2人で並ぶ姿など。ホテルにお泊まりした翌日は服装も変わっていた。

    https://www.news-postseven.com/archives/20210303_1639691.html?IMAGE&PAGE=2

     2月下旬、福原の姿は横浜・中華街にあった。彼女の隣には身長差25cmほどある長身のイケメン男性。二人は寄り添って歩き、人気店で行列に並んで買った焼売や小籠包を仲良く頬張った。

     福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手、江宏傑(ジャン・ホンジェ・32才)と結婚。二児をもうけ台湾で暮らしている。今年1月、「株式会社omusubi」を設立し代表取締役に就いた彼女は、その会社設立の手続きなどで現在、日本に単身赴任中だった。その最中にデートを楽しんでいた相手とは誰か。

    「Aさんという、都内の一流企業に勤めるエリートサラリーマンです。メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手(26才)似のイケメン。愛ちゃんとは6、7年前に知人を介した食事会で知り合い、今年に入って急接近。この日のデートは愛ちゃんが『横浜に行きたい』と言って実現したものです」(福原の知人)

     中華街を後にした二人は、Aさんが運転する高級車に乗り込みベイエリアにあるホテルへ。辺りを警戒するようにして駐車場に潜り込んだ。翌日も横浜のみなとみらいでデートを楽しみ、帰路へ。福原は現在、東京の自宅で一人暮らしをしているが、この日はAさんと共に帰宅。翌朝、Aさんは福原の自宅から出勤した──。


     福原と江の夫妻は、台湾では幸せに満ちたカップルと言われている。夫婦のSNSからは家族団らん、仲睦まじい様子が発信されているし、夫婦でのCM共演も多い。しかし、最近になって異変が見られていた。

     2月18日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した福原は、「(日本と台湾を)行ったり来たりが多いんですけど、いまは台湾にいる期間が長くて、これから拠点を日本に移していこうかなというふうに。子供が幼稚園に入るタイミングなので」と発言。突然の帰国宣言に、国内外のメディアが「夫との別居か」と報じた。

     これに対し夫の江は、2月25日の会見で「妻は東京五輪の関係のことで日本に戻っている。子供はママにとても会いたがっていて、毎日ビデオ通話をしています」と別居説を否定したのだった。

     冒頭の横浜お泊りデートは、江がそう反論した2日後のことだった。

     福原に、Aさんとの関係について直撃すると、一瞬驚いたような表情を見せたが冷静な態度で対応した。

    ──Aさんとはどのような関係ですか?
    「精神的にあまり安定していない私を、サポートしてくれる仲のよい友達の1人です」
    ──2人でホテルに泊まっている事実を確認しています。
    「それは事実ですが、ホテルの部屋は2部屋取っていました」

     そう述べ、さらに福原の自宅に泊まったことなどについても釈明した。

     夫や子供を台湾に残し、一人日本で生活をする福原がとった行動の意味は何だったのか。3月4日発売の女性セブンは、白昼堂々の横浜デートの様子、Aさんの素性と福原の関係、SNSではわからない福原と夫の本当の夫婦関係、彼女が直面するストレスフルな台湾生活、そして福原への直撃のさらなる詳細に至るまでを、写真とともに計5ページで詳報している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9c24f5316528ee22c225dd8969e198b8f0f220cb 

    fukuhara_ai_17_eyc

    【福原愛に不倫報道!夫と子供を台湾に残して横浜「お泊りデート」撮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/03(水) 11:14:17.55 _USER9
    「ここからが、ぼくの本当の人生のはじまりだと、いまは本気でそう思っています」
     
     自らの決意をそう言葉に込めたのは、2020年11月2日にEXILEを勇退し、ソロ活動に専念したEXILE ATSUSHI(40才)。

     その発表のわずか9日後、彼は人知れず大きな問題に直面した。親密な関係にあった女性がATSUSHIを相手取り高額訴訟を起こしたのだ。「本当の人生のはじまり」早々に、なぜ暗雲が垂れ込めたのか――。

     ATSUSHIに、訴訟を起こしたのは元モデルで20代後半のA子さんだ。

    「A子さんは、抜群のスタイルを生かしてモデル以外にもラウンドガールなど幅広く活躍していました。インスタグラムのフォロワーは20万人近くいたときもあり、SNS上で影響力を持つ『インフルエンサー』として同世代の女性から人気を集めていました。

     ATSUSHIさんとは2017年頃から恋人関係になり、2019年には結婚の話をする仲になったといいます」(音楽業界関係者)

     カリスマ歌手との交際は、その恋人にもさまざまな制約があるに違いない。彼が多忙を極めるので、ふたりで一緒に過ごす時間が少なくならざるを得ない。また、プライベートを徹底して隠さないといけなくなるだろう。

    「ATSUSHIさんとの将来を真剣に考えていたA子さんは、芸能活動から自ら身を引いたそうです。忙しい彼の時間に合わせたり、人目につかない交際を続けるためには、表立った活動をできないという理由があったのでしょう。

     実際、彼女はインフルエンサーの生命線である自身のインスタグラムを突然閉鎖。手広く展開していた芸能の仕事も、事実上の引退を決断したそうです」(前出・音楽業界関係者)

     しかし、ふたりが描いていた未来が実現することはなかった。

    「2019年末までに破局したのです。A子さんのショックは想像を絶するものでした。家庭に入る将来像を描き、仕事をすべて捨て、結ばれる直前でATSUSHIさんから別れを告げられたわけですから。

     それで、ATSUSHIさんを相手取り、損害賠償請求の裁判を起こす決意を固めたのです」(前出・音楽業界関係者)

     そもそも結婚を約束したのか、そうではなかったのか――ふたりの気持ちのすれ違いは、訴訟での「請求額」として表面化する。

     大手紙の司法担当記者が目を丸くする。

    「婚約を破棄したなどの慰謝料の相場は多くても数百万円程度ですが、今回A子さんがATSUSHIさんに請求した額は約5000万円に上りました」

     その金額からも、A子さんの怒りと困惑が透けて見える。裁判では生々しいやりとりも明かされたようだ。

    「赤裸々なLINEのやりとりも裁判資料として提出されたのです。ATSUSHIさん側の弁護士は、私生活についての重大な秘密が記載されていて芸能活動に大きな支障が出ると主張し、裁判資料のほとんどを黒塗りにしたほどでした」(前出・司法記者)

     泥沼化しそうだったこの訴訟は今年2月、A子さんの突然の訴訟取り下げによって幕を下ろした。

    「一般的に、訴訟の取り下げは和解金が振り込まれてから行われます。請求額と同等かはわかりませんが、いくらかの支払いがあったのかもしれません」とは、九段下総合法律事務所弁護士の伊倉秀知氏。

    「通常、婚約破棄の裁判は慰謝料とは別に、家庭に入るために仕事を辞めた、一緒に暮らすために引っ越したなどの逸失利益が損害賠償として上乗せされます。ただ、5000万円という請求額はこの種の裁判では極めて高額だと思います」

     ATSUSHIの所属事務所に事実確認をしたところ、締め切りまでに回答がなかった。人気者ゆえの難しさもあるのだろう。

    ※女性セブン2021年3月18日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e7351872bc0b2afaa11ce27d54f146c21f023f6 

    no title

    【【女性セブン】ATSUSHIが交際トラブルで20代インフルエンサーから巨額訴訟】の続きを読む

    このページのトップヘ