中二病速報

    タグ:女性セブン

    1: 臼羅昆布 ★ 2019/08/21(水) 17:12:06.69
    息子の晴れの舞台に駆けつけた母に笑顔はなく、憔悴し切った様子だった。
    8月16日、高畑淳子(64才)は、息子・裕太(25才)が出演する舞台『さよなら西湖クン』を見に、東京・下北沢のB1劇場を訪れていた。
    裕太がビジネスホテルの女性従業員に乱暴したとして逮捕されたのが2016年8月。
    示談成立の末に不起訴となったが、事務所との契約は解除、芸能活動は休止状態が続いていた。
    その日の舞台で、実に3年ぶりの仕事復帰となる。

    「淳子さんが観劇したのは公演初日。到着後、知り合いと挨拶を交わしていましたが、終始神妙な面持ちでした」(居合わせた人)

    『さよなら~』は6人の元高校球児たちの再会の一夜を描いた青春群像劇で、裕太の役どころは“切れやすい職探し中のヒモ男”だ。

    「ハーフパンツに派手な柄物のシャツ、無精ひげ、金髪にメガネでキャップ姿と、舞台上でいちばん目立つ存在でした。
     淳子さんは序盤こそ笑っていましたが、途中から笑顔が消え、裕太さんを注視していました。
     作中で裕太さんが“過去の失敗”についていじられるシーンは、彼の実生活と重なる部分もあり、ドキッとしましたが、淳子さんは無表情でした」(芸能関係者)

    淳子はテレビ局関係者に「裏方でもいいから、芸能界で働かせられないか」とかけあうなど、裕太の芸能界復帰に向けて陰で奔走してきた。

    「今回の舞台は、裕太さんがオーディションで自ら役を勝ち取ったものです。
     けれど、淳子さんは“厳しい目で見られるから”と演技指導を自ら行うなど、並々ならぬ思いがあった。
     だから、息子が無事に舞台を終えられるか、祈るような気持ちで見守っていたのでしょう」(スポーツ紙記者)

    その緊張の糸が切れたのだろうか、舞台終了後、淳子は駆けつけた報道陣の問いかけには答えず、帰りの車に乗り込むと、
    座席をフラットに倒して仰向けの状態でバタンと倒れ込んだ。
    そして、帽子をかぶったまま赤い毛布で頭まで覆ったのだ。

    「車はしばらく止まっていたのですが、その間ぴくりとも動かず、片時も顔を見せることなく会場を後にしました。
     舞台に上がった本人以上に緊張し、精神的に疲れ果てたのかもしれませんね」(前出・芸能関係者)

    https://www.news-postseven.com/archives/20190821_1435620.html 

    高畑淳子
    no title

    高畑裕太 
    takahata_yuta_01

    takahata_yuta_02


    【【女性セブン】高畑淳子、息子・裕太の3年ぶり復帰舞台観劇直後に倒れ込む 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/08/07(水) 19:12:21.15 0
    タモリ、結婚49年の妻は知らない<セレブ美魔女>と週一密会   
    ◆タモリ 女性セブン(2019/08/29), 頁:30

    http://www.zasshi.com/zasshiheadline/joseiseven.html

    【【女性セブン】タモリ、結婚49年の妻は知らない セレブ美魔女と週一密会  】の続きを読む

    1: Ψ 2019/08/04(日) 11:41:58.09
    秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)の婚約内定者・小室圭さん(27才)がニューヨークに留学してから1年。
    神奈川県横浜市内にある小室さんの自宅マンションの入り口には警備にあたる警察官が待機するための「ポリスボックス」が残されている。
    また、マンションのエントランス、小室家の玄関、ベランダに監視カメラが設置されており、
    24時間体制で稼働しているという。


     その一方で、小室さんが渡米して以来、マンション周辺ではパタリと母・佳代さんの姿は見られなくなった。
    しかし、警察当局は、その動向をつぶさに見ていた。

    「皮肉にも、至るところにカメラを設置したので、佳代さんの行動も把握されているんです。
    深夜につばつきの帽子を目深に被って出かけたりしているそうです。
    その姿は、婚約報道直後、マスコミの前に姿を現していた頃と比べ、ずいぶんやせていたそうですよ」(皇室ジャーナリスト)

     佳代さんは、金銭トラブル発覚後からパート先の洋菓子店に出勤していない。

    「佳代さんは、店舗の1階と2階とをつなぐ連絡係のような仕事をしていたそうです。
    忙しい時は洋菓子を運ぶ手伝いなどもしていたようです。

     今は長期休職ですが、事故や産休といった理由ではなく、いわゆる家庭の事情での休職です。
    ただ、佳代さんは、“私は被害者です”と主張して、店側に『休業補償』の支払いを求めたそうです。

    “被害者”というのは、金銭トラブルのことを言っているのか、それとも、息子の結婚延期やそれに伴う取材などを指しているのか…。
    とにかく、“出勤したくてもできない”ということを訴えたいのだと思います。店側も困惑したそうですが、今も休業補償を支払っているようだと聞きました」(皇室記者)

     件の洋菓子店に休業補償について尋ねたところ、「佳代さんが出勤していないことはたしかですが、それ以上のことはお話しできません」と答えるのみだった。

     この状態がいつまで続くのか──本当は“当事者たち”も悩ましいのかもしれない。

    ※女性セブン2019年8月15日号

    20190804-00000003-pseven-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190804-00000003-pseven-soci

    ポリスボックス
    no title

    【【女性セブン】小室圭さんの母、パート先に「休業補償」の支払い要求か 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/08/01(木) 16:33:36.42
     参院選の投開票日だった7月21日夕方。都心の高級住宅街に、1人の女性の姿があった。三雲孝江アナ(65才)だ。

     投票の帰りなのか、手にはスマホを持ち、電柱の影で何やら真剣に操作をしている。人差し指を上へ勢いよくスライドすると、笑みを浮かべたりと表情は忙しい。
    実は三雲アナ、スマホゲームアプリ「ポケモンGO」に興じていたのだ。

     ちょうど3年目を迎えて、新たなイベントがスタートしたばかりの「ポケGO」。夢中になった三雲アナは生け垣に座ってさらにプレーを続けていた。

     三雲アナはかなりご満悦の様子で帰途についた。

    ※女性セブン2019年8月15日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-00000011-pseven-ent

    mikumo_takae_01

    mikumo_takae_02

    mikumo_takae_03


    【【女性セブン】三雲孝江アナ、高級住宅地の生け垣に座りポケモンGOに夢中 (画像あり)】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/07/25(木) 07:26:32.26
    「彼はテレビで“宇宙パワー”のことを否定していましたが、私にはハッキリと言っていました。“宇宙からのエネルギーを吸収して治している”と」。そう語るのは、あきら。(36才)の過去を知る友人Aさんだ。

     小林麻耶(40才)が6月、芸能界再デビューを果たし、夫の國光吟(くにみつあきら)も「あきら。」として、タレントデビューした。昨年7月に「交際0日婚」を発表した当初、あきら。の職業は、「宇宙ヨガ講師」などと報じられたが、現在は、「元整体師」として活動している。

     Aさんは、次のように明かす。

    「4年ほど前、出産で痛めた骨盤の施術を受けました。その内容は腰に手をかざすだけ。“エネルギーを感じるでしょう?”と言われても、彼の体温以外は何も感じられませんでした。40分の施術代として1万800円を請求されました」

     Aさんが「何も感じない」と伝えると、あきら。は手をかざす箇所をもも裏に変えるなど、あの手この手で“パワー”を送ってきたという。

     この当時、あきら。は地元の神奈川県藤沢市を中心に友人知人らの自宅で施術をしていた。あきら。の親友だったBさんはこんな話をする。

    「4年半前にヘルニアの施術を受けましたが、いくら続けても改善されませんでした。彼からは“おれがこれだけやっても治らない人は初めてだから、霊がついている”と親戚の霊能者を紹介され、除霊をすすめられたのには驚きました。もともとスピリチュアルな人でしたが、いつからか鬱病や骨折まで治せると豪語し始め、歯列矯正の話をして“歯なんておれがちょっと施術すれば動いて治るのに”と言われた人もいました」

     料金は“税込み”だったが、領収書は発行されなかったという。

    「領収書も帳簿もなく、確定申告の時期には“大丈夫かなあ、ヤバいかなあ”と心配そうにしていました。何か心配なことがあったのでしょうか」(Bさん)

     Aさんは、あきら。についてこう怒りをにじませた。

    「テレビに出ていた彼が“宇宙ヨガ講師はただのキャッチフレーズ”と言っているのを見て心底驚きました。私には“宇宙からのエネルギーを感じて、人のために使っている”と語っていましたから、あまりにもひどいと…」

     本誌・女性セブンはあきら。が自身で患者に配ったという施術動画を入手した。あきら。は、仰向けになった患者の頭に手をかざしてパワーを送っているのか、微動だにしない。だが、しばらくすると突然患者の体が波を打つように動いた。宇宙パワーが注入されたのだろうか。

     こうしたあきら。の言動について、所属事務所はこう話す。

    「所属前のお話ですが、事務所としては今後、誤解されかねないような言動をしないよう、注意を致しました」

     パワーの真偽は不明だが、「自己プロデュース力」はありそうだ。

    ※女性セブン2019年8月8日号

    週刊ポストセブン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190725-00000008-pseven-ent 

    20190725-00000008-pseven-000-view


    【【女性セブン】小林麻耶の夫・あきら。親友が疑惑の宇宙パワーに怒りの告発 】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/07/12(金) 16:17:53.98
    指原莉乃 堂々の「チャンピオン」Tシャツで夜のコンビニへ
    ※女性セブン2019年7月25日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20190712_1409589.html

    no title

    no title


    【【女性セブン】指原莉乃さん、撮られる(画像) 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/11(木) 07:23:27.75
    池江選手の回復は予想より順調に進んでいるという
     壁には「HAPPY BIRTHDAY」のバルーン。周りには10人の友人と目の前には豪勢なディナーが並ぶ──。

     7月4日、自身の公式ホームページで19回目の誕生パーティーを報告したのは、白血病で闘病中の池江璃花子選手。約1か月ぶりの更新には、ニット帽で頭を覆った姿の写真が添えられていた。その表情は明るい。

     池江選手は、6月下旬に開催された大学対抗戦パンフレットにも《日中戦に出場できない事はとても残念ですが、皆様のご健闘をお祈りします。私も頑張ります!》という力強い直筆メッセージを寄せていた。日中戦とは、池江選手が所属する日本大学と中央大学との対抗水泳競技大会。64回目の今年は、例年とは異なる雰囲気だったという。

    「これまでスポーツ紙は取材に来ていましたが、今回はテレビカメラまで入っていた。実は、池江選手が応援に来るかもしれないという情報が出回っていたんです。オープンな場所に出るのはまだ先だと思っていたから、驚いた関係者は少なくなかった。結局、マスコミが集まりすぎたせいなのか、彼女の来場は叶いませんでしたが、予想よりもかなり早い回復ペースなのかもしれません」(スポーツ紙記者)

     その奇跡を強く願う人は意外な場所にもいる。岐阜県郡上市。ここは池江選手の母方の祖父の出身地で、彼女は子供の頃から盆や正月に“里帰り”していたという。その関係で郡上市のスポーツアンバサダーも務めている。

     池江選手のルーツともいえるこの地を訪ねると、彼女の祖父の弟にあたる男性2人が話を聞かせてくれた。

    「璃花子の母親(美由紀さん)を含めた親戚数人で『チーム璃花子』と名付けたLINEグループを組んで連絡を取っていたのですが、病気がわかってからは使っていません。その当時、母親からは“治療に2年はかかると思う。希望をいえば、お盆頃までに自宅に戻って来られたらいいな”と聞いていたんですが、もう何度か一時退院しているそうなので、予想より順調に進んでいるようです。2年といわずに1年ぐらいで復帰してくれたらいいのに…」

     もう1人の男性は5月に上京し、美由紀さんと話したと言い、こんな話をする。

    「治療は確かに順調なのかもしれませんが、母親は五輪のことは何も言わなかったし、こちらからも聞けません。まずは病気を治すことが第一です。最近は困ったことに、がんに効くという健康食品のパンフレットがぼくらのところに持ち込まれてくる。きっと母親のところにはもっと来ているんでしょうね。本当に効くかわからないから、母親には言っていませんが…」

     周囲の励ましと気遣いを支えに復活のステージに立つ。その日が来ることを、日本中が信じている。

    ※女性セブン2019年7月25日号

    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00000006-pseven-spo
    no title

    【【女性セブン】闘病の池江璃花子、親族が語る「予想より順調に進んでいる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ