タグ:女性セブン

    1: Egg ★ 2017/12/07(木) 07:27:11.35 _USER9
     連日、大相撲騒動を報じるテレビのワイドショー。元横綱・日馬富士の暴行事件で「貴乃花親方」と「白鵬・相撲協会」の対立構図が浮かび上がってきたが、実はその水面下で、意外な熟女2人が“代理戦争”を繰り広げている。番組コメンテーターとして引っ張りだこの、藤田紀子さん(70才)と横野レイコさん(55才)だ。

     紀子さんといえば、渦中の貴乃花親方の実母にして、二子山部屋の元おかみさん。一方の横野さんは、相撲リポーターとしてのキャリアは30年にもなる大ベテランだ。テレビ関係者が苦笑する。

    「毎日のように報道番組に出ているのに、2人が共演することはないんです。実は、紀子さんが横野さんを共演NGにしていて、“彼女が出るなら私は出ないわ!”と頑ななんですよ」

     2人の因縁は、なんと20年以上前にさかのぼるという。

    「横野さんが相撲リポーターとして頭角を現し始めたのが、若貴ブーム全盛期の1990年代半ばのことです。もちろん若乃花、貴乃花という人気力士兄弟とも親しく、当時、おかみさんをしていた紀子さんともべったりと懇意にしていました」(スポーツ紙デスク)

     そんな2人の間に距離ができたきっかけは、2001年に報じられた紀子さんの不倫疑惑と、その後の離婚だった。

    「二子山親方との離婚によって、紀子さんは事実上、角界から追放されることになりました。相撲取材を主戦場にしていた横野さんは、紀子さんから離れる形になった。その頃から、紀子さんは横野さんに苦手意識を持つようになったみたいですね」(前出・スポーツ紙デスク)

     今回の騒動でも、2人の立場はガチンコの真っ二つ。ダンマリを決め込む貴乃花親方をフォローするコメントが多い母・紀子さんに対し、横野さんは相撲協会に協力しない貴乃花親方の姿勢に疑問を投げかける。

    「横野さんは著書の表紙にも白鵬からコメントをもらうほど、白鵬と懇意にしています。また、相撲リポーターという立場上、協会から反感を抱かれるようなコメントをしにくいということは理解できますよね。もう相撲界とは何の関係もない紀子さんが好き勝手に言えるのとは違いますからね」(前出・テレビ関係者)

     いよいよフラストレーションが溜まったのか、11月30日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で紀子さんは「リポーターのかたはそれ(今回の騒動)によって仕事が増えています」と、名指しこそしなかったものの明らかに横野さんのことをチクリ。土俵外の乱闘もなかなか激しい。

    女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00000009-pseven-ent

    no title

    【【女性セブン】貴乃花母・藤田紀子と横野レイコに長年の因縁 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/02(木) 07:54:25.22 _USER9
    吉田沙保里 ピンクPRADAで金髪イケメンと合コン撮

    「夏に負けないナオくんが…好きだから…」。隣に座る大森南朋(45才)を見つめて頬を赤らめ、照れるようにうつむく彼女──。
    現在放送中のヨーグルトのCMで女優顔負けの演技を見せる吉田沙保里(35才)。バラエティー番組やCM、イベントに引っぱりだこで多忙な毎日を送っている。

     その吉田の人脈は驚くほど広くて華やかだ。同じオリンピアンの浅田真央(27才)、福原愛(29才)はまだわかるが、深田恭子(35才)や上戸彩(32才)ともが仲いい。

    「吉田さんは“仲よくなりたい”と思ったらド直球で伝える人。周りから接するのを遠慮されがちな女優さんにしてみれば嬉しいのかもしれません。面倒見がよくて明るいし、いじられキャラも買って出るタイプ。
    それでいてアスリートとして超一流のストイックさとノウハウを持っているから仕事でもいい刺激を与えてくれるので、彼女の周りには人が集まるんでしょうね」(テレビ局関係者)

     彼女の人脈作りにはこんな一面もありそうだ。

    「昨年のリオ五輪後は“結婚と出産が目標”と公言しています。もしかすると“婚活のため”なんてこともあるかもしれませんね」(前出・テレビ局関係者)

     その吉田が、10月下旬の夜8時頃、台風22号による激しい雨の中、都内の高級住宅地を、身をかがめるようにして小走りで歩いていた。

     黒いジャケットに黒いスカートという“ユニホーム”に身を包んだ吉田は、ショッキングピンクのPRADAのバッグを合わせ、年相応のレディーの装い。
    傘を差しながらリングの上を駆けるかのように、かろやかな足取りで鉄板焼き店の個室に入っていく。

     そのわずか数分後、野村周平に似た、金髪のイケメンが現れ、吉田のいる個室へと消えていった。

    「女性3人、男性2人で合コンっぽい雰囲気でした。10月5日に35才の誕生日を迎えた吉田さんのお祝いもして、かなり盛り上がったみたい。
    個室の外にも吉田さんの笑い声が響いていましたよ。“もう35才だから彼氏がほしい…”っていう吉田さんの切実な本音も聞こえてきました」(居合わせた客)

     深夜1時、5時間にも及んだ合コンはやっと解散。時間も時間だし、吉田はまさかの朝までコース──!? ということはなく、ひとりタクシーに乗り込むと夜の街へと消えていった。

    ※女性セブン2017年11月16日号

    1742_yoshida_saori

    http://www.news-postseven.com/archives/20171102_626142.html 


    【【女性セブン】吉田沙保里 ピンクPRADAで金髪イケメンと合コン 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/11/01(水) 17:49:33.34 _USER9
     小泉今日子(51才)と豊原功補(52才)が“堂々デート”する姿をキャッチした──。10月下旬の夕暮れ時、小泉は都内にある喫茶店にいた。ブラウンに統一された店内を、テーブルライトの明かりが柔らかく包み込んでいる。壁一面の棚にカップやティーポットが並び、磨きこまれたカウンターでは白髪の男性が紫煙をくゆらせる。都心の喧噪にあって、時間の流れ方が外の世界とは異なるようにも感じられる店内ソファ席で、小泉はゆっくりとコーヒーを味わっていた。

     その正面には、豊原。カップが空になっても、せわしなく席を立ったりはしない。時折あげる笑い声は、店の雰囲気に障らないよう最小限のボリュームだ。ふたりが腰を上げたのはあたりがすっかり暗くなった頃だった。会計を終え店を後にすると、並んでゆっくりと歩いて行く。

     顔には眼鏡だけ。マスクや帽子といった“変装道具”をつけていない小泉に、思わず振り返る人もいた。そんな周囲の視線を気にもとめず、ふたりは途中、ドラッグストアでトイレットペーパーなど日用品を購入すると、近くのマンションへと消えていった──。

     自分を飾らず、常に自然体。米倉涼子(42才)や長澤まさみ(30才)、石原さとみ(30才)らから「姐さん」と慕われ、男前に飲み、本音を語り、雑誌の撮影ではスッピンを披露する小泉だが、恋愛だけは常に「自然体」というわけにはいかなかった。

    「花の82年組」として芸能界デビューした小泉はまぎれもないアイドルだった。《ずっとビジネスマンみたいにアイドルをやっていたんだと思います》。昨年、雑誌『MEKURU』のインタビューで小泉はそう語っていたが、アイドルには厳しい時代。

    「アイドルの恋愛は御法度で、段ボールに入って交際相手の部屋に“届け”られたり、同じ背丈のダミーを雇って人目を攪乱したりといったことが日常茶飯事。ツーショットで外を歩くなんて考えすらしない時代でした」(芸能関係者)

     小泉も例外ではなかった。数々の恋愛スキャンダルが報じられたが、かつてのアイドル当時も永瀬正敏(51才)との離婚後も、亀梨和也(31才)との交際時も彼女が街中でツーショットデートを撮られたことは一度もない。

     そんな小泉と豊原の今回の「デート」はどこか周囲を嬉しくさせるほど、堂々としたものだった。

    「2年ほど前から何度かふたりが食事をする姿は報じられてきました。アツい舞台論を語るふたりは男女の前に同志だといわれてきました。同学年で一緒に舞台を手がけることも多く、お互い認め合う仲。でも当初は周囲の目を多少気にしてか、時間差でバーを出るなど、自然体”ではありませんでしたね。仕事への影響などを気にして気を使っていたんだと思います」(前出・芸能関係者)

     同志であり、パートナー。50代にも慣れて「もういいよね」そんなふうにようやく身軽になったのかもしれない。

    《会社勤めをしていたら60歳で定年だし、社会の中で何かを残すとしたら、あと10年だと思っていて》

     それが、50才を迎えた小泉が、インタビューで明かしていた本音だ。

    「女優から裏方や演出の仕事に重心を置いていくことも考えているようです。そういう次のステップも彼となら同じスピードで歩いていけるんでしょうね」(前出・芸能関係者)

     小泉が過去に主演したドラマのタイトルのように「最後から2番目の恋」か、それとも──。

    ※女性セブン2017年11月16日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171101-00000015-pseven-ent

    no title

    【【女性セブン】小泉今日子と豊原功補、喫茶店から自宅へ堂々のデート姿 】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2017/10/12(木) 08:01:25.44
    悲しいなぁ

    中居正広、6年交際のダンサー恋人と破局 「結婚より仕事」
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/625710 

    takedamaika1

    【【女性セブン】中居正広 6年交際したAKB48の振り付け師と破局 】の続きを読む

    1: おうか ★@\(^o^)/ 2017/09/06(水) 23:24:09.82 _USER9
     強姦致傷容疑で逮捕され不起訴になった高畑裕太(23才)が、遺品整理業者でアルバイトをしていることがわかった。

     少子高齢化が急速に進んだ現代の日本において、静かなバブルを迎えつつある業界がある。それは、斎場や火葬場といった「人の死」にまつわる仕事だ。2008年にピークを迎えた日本の人口は、この先も減少が続いていくと予想されている。それはつまり、多死時代を迎えたということだ。

     そんな中にあって、遺族にとって時に負担となる故人の遺品の整理や廃棄を代行する「遺品整理」がにわかに注目を集めている。遺品整理業者には、ひっきりなしに電話がかかってくる。最近もまた、とある業者に関東近郊での仕事の依頼が舞い込んだ。遺された思い出の品々を手際よく片付ける作業員の中に、高畑裕太の姿があった。

    「少し前から、遺品整理業者でアルバイトをしているんです。といっても、週に1回程度と頻度は高くない。まだ、気軽にしょっちゅう外出できる状態ではありませんからね」(芸能関係者)

     裕太が強姦致傷容疑で逮捕されたのは2016年8月23日。その後不起訴となったものの、以降表舞台から一切姿を消した。都内の自宅から出ることはなくなり、身の回りの世話は母・高畑淳子(62才)や姉・こと美(30才)がする文字通りの潜伏生活。だが事件から1年が経ち、少しずつその状態から脱しつつあるようだ。

    20170906-00000019-pseven-000-view

    以下、ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00000019-pseven-ent

    【【女性セブン】高畑裕太、遺品整理業者でアルバイト 芸能界復帰への禊か】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 09:53:52.48 _USER9
    フリーアナウンサーの小倉智昭(70)が、不倫疑惑騒動渦中にあるSPEEDの上原多香子(34)を思いやった。

     上原は10日発売の「女性セブン」で、当時35歳だった夫のET-KINGのTENNさんが3年前に自殺したのは、俳優阿部力(つよし=35)との不倫交際が動機だったなどと報じられた。上原は12日、名古屋・中日劇場で開幕した音楽喜劇「のど自慢~上を向いて歩こう~」に出演し、取材陣に対し無言のまま何度か頭を下げた。

     この騒動に小倉は16日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で言及。「人生、生きていく上で触れてほしくない部分っていうのはあったりする」とした上で、「ただ、それが芸能人だと3年も前のことがこういうふうにドカーンと出てきちゃう。それは上原さんにとってもかなり辛いことだろうし、周囲の人にとってもねぇ……」とおもんばかった。

     また、番組では上原が芸能活動を無期限で休止する可能性について伝え、小倉は「なんで3年も前のことで芸能活動を休まなきゃいけないのかって思っちゃいますよね」と首をかしげた。

    日刊スポーツ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13478598/

    画像
    no title

    【小倉智昭「なんで3年も前のことで休まなきゃいけないのか」上原多香子思いやる】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 00:57:12.31 _USER9
    女優の高畑淳子が昨年8月23日に強姦致傷容疑で逮捕(のち不起訴)された、元俳優で息子の高畑裕太の復帰に向けて動いていることを、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

    高畑といえば、裕太の逮捕直後に会見。その後、降板せずに主演舞台をつとめあげ、自宅に取材に来た一部メディアに対して声を荒げたことが報じられていた。

    先ごろ、主演舞台のPRで各スポーツ紙の取材を受けた際には事件について言及。
    「たくさんの方にご迷惑をかけたことを申し訳なく思っています…が、事実でない報道をご修正にならないことに疑問を感じたり致しております」と、メディアに対する不信感をあらわにした。

    さらに、「(事実として)なかったことはなかったんだと、毎晩2時間くらい心の中で“1人記者会見”をしてます」と裕太の無実を強調していたという。

    そんな高畑だが、同誌によると、今月上旬、都内で上演された三谷幸喜氏演出の舞台「子供の事情」を裕太とともに観劇。
    裕太は髪もボサボサでヒゲも伸び、誰だか分からないほどの容貌だったという。

    高畑は裕太の復帰を模索する中、活路を見出したのが舞台。高畑は裕太が逮捕された時期、三谷氏が脚本を手がけたNHKの大河ドラマ「真田丸」に出演中。
    その縁で恩人のように感じている三谷氏を訪ね、裕太の今後のついて相談していたとみられるというのだが…。

    「いくら高畑に頼まれたところで、裕太を起用するのはリスクが高い。たとえ小劇場でひっそり復帰させようとしても、メディアが殺到して大変なことになってしまう。
    まず、所属事務所をどこにするかという問題を解決したうえで、みそぎの会見をしないと復帰は難しいだろう」(演劇関係者)

    高畑が息子の復帰に向け、解決しなければならない問題は山積みのようだ。

    1

    リアルライブ
    http://dailynewsonline.jp/article/1345049/


    【息子の復帰に向けて動き始めた高畑淳子】の続きを読む

    このページのトップヘ