中二病速報

    タグ:女性セブン

    1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/05(木) 11:19:56.79
       トッププロとして活躍しながら、大学の監督を担うのはかなり厳しい状況だったようだ。別の保護者が続ける。

    「織田さんは濱田コーチから『モラハラ』を受けたと主張していましたが、激高がモラハラというなら彼からモラハラを受けたという保護者や生徒は多いはずです。

     成績がよくない学生に“価値がない選手”と言ったり、海外から練習に来た子に“自分の国に帰れ”と怒りにまかせて言うことを聞いたこともあります。

     ある保護者は“今時の子は挨拶もできない”と長時間にわたって説教を受けたうえで“親として失格”とまで言われ泣いていました。厳しい指導もスポーツにおいては必要だというのは理解していますが、織田さんがああいう形で主張するのは天ツバといいますが、あまりにも違和感がありました」

     保護者だけではない。関大関係者も織田の発言をこう非難する。

    「2年前になりますが、織田さんに“コーチとしてもっとアドバイスしてほしい”と食い下がった学生と保護者がいました。自分の練習に力を入れてないがしろにされていると感じたようでした。その保護者にむかって織田さんは“このリンクはぼくと大ちゃん(高橋大輔選手・33才)のために作られた。きみはそのレベルにないです”と言った。この発言は発破をかけるというレベルのものではなく、波紋を呼びました」

     織田への違和感を口にする保護者が多かったが、なかには彼への感謝を口にする保護者もいた。

    「“トップにいきたいから教えてほしい”という教え子に、織田さんは熱い口調で“ぼくがちゃんと教えてあげるから”と話していたところを見たことがあります。確かに、いつも子供たちの側について教えてくれるわけではありませんでしたが、世界のトップで戦ってきた選手がその場にいることに意味があると思いました」

    詳細はリンク先をご覧ください。

    ※女性セブン2019年12月19日号 

    織田信成の教え子保護者が告発、「彼からモラハラ受けた」
    https://www.news-postseven.com/archives/20191205_1501878.html

    oda_nobunari_kyodo-1-e1575458274419

    【【女性セブン】織田信成の教え子保護者が告発「彼からモラハラ受けた」 】の続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2019/12/04(水) 13:19:08.60
    大ヒット上演中のディズニー映画『アナと雪の女王2』で、主人公のアナの声を演じる神田沙也加(33才)が、離婚を発表。すでにジャニーズJr.の新恋人がいることがわかった。12月5日発売の女性セブンが報じている。

     沙也加は2017年4月に、9才年上の俳優、村田充(42才)と電撃婚。その後、病気休養に入った村田を支えてきた。おしどり夫婦として知られ、今年6月に村田が1年半ぶりに舞台復帰を果たし、夫婦共演が実現した際には、村田は沙也加との2ショットをブログにアップしていた。だが、その頃には、夫婦関係にヒビが入っていたという。

    「心が離れていったのは沙也加さんのほう。その彼女が今、頼りにしているのがジャニーズJr.の秋山大河さん(27才)です」(沙也加の知人)

     秋山は『MADE』という4人組グループのメンバーで、嵐やNEWSのバックダンサーとしても活躍している。沙也加と秋山は今年7月の舞台『SHOW BOY』で共演。そこから急速に仲を深めていった。

     沙也加は今年10月、村田と住む自宅を出て別居を開始。さらに秋山との距離は縮まった。同誌では、深夜2時半に沙也加が人目を忍んで秋山の自宅マンションに入り、そのまま一夜を明かした様子を写真付きで報じている。

    夫の村田は同誌の取材に応じ、「離婚」を否定。沙也加のことを「今も大事な存在」として「子供のこともずっと話し合っている」と、将来に家族計画についてまで語った。
     
     ところが、沙也加は真逆の回答をしたのである。「村田さんとは既に離婚しています」と。

     同誌では、沙也加が村田から離れていった理由、秋山との出会いから男女関係に落ちるまでを4ページにわたって詳報している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00000011-pseven-ent 

    20191204-00000011-pseven-000-view

    【神田沙也加に不倫直撃、直後に離婚発表 ジャニーズJr.と交際 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/11/22(金) 16:53:03.65
    女優の沢尻エリカ(33才)が11月16日、合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。
    違法薬物によって逮捕される著名人が後を絶たない。

    11月に入ってからだけでも、元タレントの田代まさし容疑者(63才)、プロスノーボーダーの國母和宏容疑者(31才)、
    金融トレーダーのKAZMAXこと吉澤和真容疑者(30才)と違法薬物による逮捕が相次いだ。

    「特に吉澤容疑者は沢尻さんと同じ渋谷のクラブ『W』を出たところで警察官に取り囲まれました。
    立て続けにこの『W』に出入りする有名人が逮捕されたことで、このクラブは界隈で悪目立ちしてしまった」(全国紙社会部記者)

    沢尻は逮捕の1か月前、都心のビジネス街に姿を現した。

    「沢尻さんの友人が企画したパーティーが行われていたんです。世界的にも有名なイベントで、
    インターネットにアップされた動画には、ドリンクを片手に踊り狂う沢尻さんの姿がバッチリ映っていました。

    沢尻さんが逮捕されると動画はすぐに削除されましたが、実はこのタイミングで沢尻さんの逮捕情報がすでに出回っていました。
    沢尻さん自身も捜査のメスが入っていることを少なからず意識していたはずです」(沢尻の知人)

    実は沢尻の友人をめぐっては、3か月ほど前に大きな動きがあった。
    「表立っては報じられていませんが、3か月ほど前に沢尻さんの友人のA氏が違法薬物で逮捕されたんです。

    A氏は芸能界でも顔が知られていた人だったので、彼の逮捕はドラッグ常習者の芸能人に衝撃を与えて、
    “自分も狙われているかも”と警戒する人が続出しました」(別の沢尻の知人)

    沢尻人脈に捜査当局は目を付けていた。その舞台の1つが前出の渋谷のクラブ「W」だった。
    奇しくも「W」では、大物二世俳優で好感度の高いBと、数々の映画祭で受賞歴のある個性派俳優Cの2人組の「ある騒動」が目撃されていた。

    「今年の夏です。沢尻さんがいたのと同じ4階のVIPルームでパーティーが開かれたのですが、BとCはものすごいハイテンションではしゃいでいました。
    その様子を見ていた、今年、来年とひっきりなしに映画に出演しているアラフォーの人気俳優Dが『お前ら、バカじゃねえのか』と激怒。
    あまりの剣幕にクラブ関係者が“これはマズイ”とBとCを羽交い絞めにして、近くの会員制バーの個室に押し込みました。
    2人は大麻を吸っていて、さながら大麻パーティーの様相でした。

    それでもDの怒りは収まらず、『あの様子じゃ、いつ警察に職質されてパクられてもおかしくない。
    少しは警戒心を持てよ』とぶちまけていました」(クラブ関係者)

    無警戒ぶりを指摘されたBも親しい仲間の逮捕が相次ぐと、細心の注意を払うようになった。

    「Bはウインタースポーツ界隈の人と仲がよく、その人たちと遊んでいる時によくドラッグを使用するのですが、
    先日スノーボードの國母選手が逮捕されたことには肝を冷やしたみたいです。

    またよく遊んでいた田口淳之介(33才)が5月に大麻取締法違反容疑で逮捕されたことにもショックを受けたそう。
    しかも沢尻さんとも仲がいい。以前は“おれは捕まらない”と思い込んで撮影現場でも隠れて大麻を吸っていましたが、
    最近はすっかり控えているそうです」(前出・クラブ関係者)

    NHKの朝ドラで活躍した人気俳優Eも「自重組」の1人だ。

    「Eは昔からのドラッグ常習者ですが、周囲の逮捕劇を見てここ最近はドラッグを控えるようになりました。
    例年なら夏の音楽フェスで薬物を使用していましたが、今年は『今回はヤバそうだから持ってこなかった』と言っていました」(音楽関係者)

    https://www.news-postseven.com/archives/20191122_1492326.html 


    sawajiri_erika2

    【【女性セブン】沢尻のいたクラブで俳優2人が大麻吸って大暴れの過去】の続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2019/11/21(木) 16:20:29.54
    外では決してツーショットにならなかった
     都心の大通りから1本裏に入った、閑静な通り沿いにある隠れ家的なそば店。裏口から人目につくことなく“VIPルーム”に入っていくことができることもあり、政治家や芸能人などの常連客も少なくない。

     ひとりの長身の女性がその正面入り口から店に入っていったのは、11月中旬の平日の午後7時頃のことだった。その5分後、今度は長身の男性がひとり、裏口から店内へ入っていく──。女性はモデルの冨永愛(37才)、男性はミュージシャンの布袋寅泰(57才)だった。

    「布袋さん行きつけのお店で、個室で2人きりで食事とワインを楽しんでいたようです」(布袋の知人)

     冨永は現在、ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)で、木村拓哉(47才)演じる天才シェフ・尾花夏樹の過去に深くかかわる有名料理雑誌編集長・リンダを演じている。彼女にとって、これがゴールデンタイムの連続ドラマ初出演となる。

    「今年1月からは教養バラエティー番組『林先生の初耳学』(TBS系)内の『アンミカ先生のパリコレ学』のコーナーに講師役としてたびたび出演。ファッション関係でも『VOGUE JAPAN』でエッセイ『モデルへの道』の連載を続けています。最近の冨永さんは、吹っ切れたように仕事をしているような印象ですね」(ファッション誌編集者)

     冨永は2004年にフランス在住のパティシエと結婚し、男児を出産したが2009年に離婚。2012年には、交際中だった塩谷瞬(37才)に“二股”をかけられていたことが話題を呼んだ。

     2014年11月からは芸能活動を休止し、約3年間表舞台から姿を消していた。

    「理由は子育てと言っていました。ある雨の日、長男が全身ずぶ濡れになって帰宅し、“お母さんはぼくのことなんてどうでもいいんだ。ぼくは生まれてこなきゃよかった”と泣き叫んだことがショックだったそうです。それを機に休業し、小学校のPTA役員や学校行事にも積極的に参加していました」(芸能関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00000016-pseven-ent 

    20191121-00000016-pseven-000-view


    【【女性セブン】布袋寅泰&冨永愛、4時間個室密会 】の続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2019/11/13(水) 07:19:48.60
     破局していたことが明らかになった女優・剛力彩芽(27才)とZOZOの創業者・前澤友作氏(43才)。この秋、なぜ彼らは別れを決意したのか。すべての経緯を明らかにする。

     ようやく肌寒さを感じるようになった11月上旬。神奈川県下の閑静な住宅街を、うつむき加減に歩く若い女性がいた。キャップから見える金髪の襟足、巨大な外国人女性の顔がプリントされたブラウスなど、ファッショナブルな服装が目をひく。女性は、剛力だった。

    「彼女は今、前澤さんと暮らしていた都内のマンションを出て、実家に戻っています。短期の帰省ではありません。完全に別れを告げて帰ってきたんです。親からしたら、前澤さんに複雑な思いを抱いているはずですが、剛力さんは“お互いに納得の上”と一切泣き言も言わないようで…」(剛力の知人)

     平成の終わりに誕生した17才差のビッグカップルは、時代が令和に入り、関係が急変。ふたりは人知れず決断を下していた。

     剛力と前澤氏の交際が発覚したのは昨年4月のこと。

    「その2か月ほど前に雑誌の取材で出会い、前澤さんの猛烈なアプローチもあって交際に発展しました。この時、剛力さんは25才。所属事務所の“恋愛禁止令”が解禁されたタイミングで、彼女にとって初ロマンス。お互いにインスタグラムで堂々と交際宣言もしました」(芸能関係者)

     隠す必要のなくなった交際は、日に日に露出を増していった。同年7月にはプライベートジェットで、サッカーW杯の決勝を見るためにロシアへ。普段の食事は会員制高級レストラン、移動は前澤氏のコレクションである億超えの高級車︱その逐一はインスタで披露された。

    「剛力さんは前澤さんの趣味であるアート作品の収集にも付き添い、世界中を飛び回っていました。前澤さんは、もちろんファッションも好きで、パリコレにも剛力さんと一緒に出かけていました」(前出・芸能関係者)

     燃え上がるふたりの一方で、ピュアではつらつとした剛力のイメージは変わっていった。

    中略

    剛力はごく限られた親友に相談していた。その1人が深田恭子(37才)だった。深田は今、年商200億円ともいわれる不動産会社会長の杉本宏之氏(42才)との交際が順調のようだ。「4人でWデートすることもあったようで、剛力さんは深田さんを頼るように。深田さんに泣きながら悩みを打ち明けたこともあったようです。前澤さんは前々から“結婚はない”と公言していました。深田さんは杉本さんとの結婚も秒ヨミ段階といわれていますから、幸せそうな彼女と話したことが、剛力さんの決断に影響を及ぼした可能性はあるでしょう。自分の将来は自分で決めないと…」(前出・剛力の知人)

    続きあります
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00000013-pseven-ent

    20191113-00000013-pseven-000-view


    【【女性セブン】前澤と破局した剛力彩芽、深田恭子に泣きながら相談 】の続きを読む

    1: マロン派 ★ 2019/11/09(土) 22:43:49.71
    井川遥、職場に夫がやってくるラブラブの様子撮

    夫と話し込む井川
    no title

    「井川さんを迎えた来店イベントでは、ご本人がお客さんに直接ブランドコンセプトなどを説明していたんです! 彼女の美貌を間近で拝める上に、接客も受けられるなんて、ファンにとっては夢のような時間でした」

    興奮気味にそう語るのは、井川遥(43才)がディレクションを手掛ける2つのブランド「lion.」と「Herato」のポップアップストア(11月7日まで)を訪れた40代の女性客だ。

    この2つのブランドは、ふだんはインターネットでの販売が中心。商品を手に取って吟味できる貴重な機会とあって、東京・青山の期間限定店舗には、オシャレな女性たちが多く詰めかけた。

    11月2日のイベントには、井川本人が登場。自ら“マネキン”となり、何度か衣装をチェンジしていた。

    「井川さんがインスタグラムで紹介した途端、即完売の人気ブランドです。この日も接客などで休む暇もなく慌ただしく動き回っていました。ママ友らしき子連れの女性客も来ていて、親しそうに挨拶していましたよ」(前出・女性客)

    大盛況の店に1人の男性が現れたのは、この日の昼下がりのこと。井川は彼の姿を認めるなり、店の入り口へ。この男性は、井川の夫・松本与(あとう)氏(57才)だった。

    「旦那さんは、優しい表情で井川さんの話に耳を傾けていました。最初は何やら心配そうな表情で話していた井川さんが、次第に笑顔になる様子が印象的でしたね。2~3分話した後、旦那さんは高級外車に乗り込んで去って行きました」(前出・女性客)

    松本氏は、ファッション業界では知らない人はいないほどの有名デザイナーで、自らのブランド「ato」を手掛けている。井川は2006年に結婚後、2人の子供を出産。家庭を最優先にしながら女優として活躍してきたが、2年前に「lion.」と「Herato」をディレクションし、夫の“縄張り”であるファッション業界にも足を踏み入れた。

    一部では松本氏のブランドの売れ行きが芳しくないため、井川が女優業とアパレル業の二足のわらじで稼がなくてはならないという報道もあったが…。

    「井川さんがブランドディレクションに挑戦したのは、妻、母、女優とさまざまな顔を持つ中で、快適で自分らしさを出せる服が欲しいと思ったからだそうです。また、仕事に邁進する妻を松本さんも応援していて、夫婦仲は今でもラブラブ。彼女のブランド『Herato』には『ato』の文字も入っている。夫のブランドイメージをアップするために一肌脱いだということかもしれません。ご主人のアドバイスももらいながら、彼女の着たい服をディレクションしているようです」(芸能事務所関係者)

    前述のイベントで、一度店を後にした松本氏だったが、1時間後に再び井川の元を訪れた。

    「今度は肩に高級ブランドのバッグをぶら下げて、また数分だけ井川さんと話して立ち去った。ご主人が何度も妻の職場を訪れるなんて、あまりないことですよね。いい夫婦関係でうらやましい雰囲気でした」(前出・女性客)

    井川の美貌が衰え知らずなのは、夫からの愛でいつも満たされているからなのかもしれない。

    ※女性セブン2019年11月21日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00000013-pseven-ent&p=1

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【女性セブン】井川遥が接客するブランド店に、夫がやってくるラブラブの様子撮(画像あり)  】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/07(木) 08:32:11.62
    東京・西麻布の裏路地にたたずむ客単価3万円は軽く超える高級寿司店。10月下旬の夜、この店で、寿司に舌鼓を打つカップルがいた。

    女性はタレントの高田万由子(48才)。となれば、店から出てきた彼女の隣に寄り添う男性は、バイオリニストの夫・葉加瀬太郎(51才)──かと思いきや、そうではない。
    黒いハットをかぶったその男性は、つぶらな瞳こそ葉加瀬に似ているが、葉加瀬よりも確実に若い。

    高田の横を独占するこの男は、アーティストの竜馬(35才)。葉加瀬と同じバイオリニストだ。

    「竜馬さんは、『竜馬四重奏』というカルテットのメンバー。『日本人らしいエンターテインメントを作りたい』という竜馬さんの思いのもと結成されたユニットで、バイオリン以外は津軽三味線、篠笛、鼓などの日本の伝統的な楽器で構成されています。
    国内外で積極的にライブを行っており、今年夏にはニューヨークでのライブを成功させました。現在は報道番組『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)のテーマ曲も担当しています」(レコード会社関係者)

    竜馬は、学生時代からプロのバイオリニストとして活動し、劇団四季のミュージカルや著名アーティストのライブ、『海猿』などの映画をはじめ、300本以上の作品やコンサートに参加してきた。
    若い頃から活躍してきた天才バイオリニストという点は葉加瀬と共通している。しかも竜馬は、葉加瀬が業務提携している芸能事務所に所属している。いわば、葉加瀬の“後輩”ともいえる存在なのだ。

    葉加瀬はその日、コンサートで岩手県の盛岡市へ。夫の留守中に、高田はデートを楽しんでいたということなのか…。

    「葉加瀬さんはコンサートなどで年の半分は家にいない状態なので、夫婦は最近ほとんど顔を合わせていないんですよ。会話もあまりないとか」(芸能関係者)

    2007年からイギリスに移住した一家。現在子供たちは成長して、20才となった娘はイギリスの大学に通い、13才の息子は中学校に通っている。

    「高田さんはこれまで日本とイギリスを行き来する生活を続けていましたが、子育てがひと段落して仕事を増やしていくそうです。9月には娘さんと一緒に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演しました。
    今後は日本を拠点にやっていくそうです」(テレビ局関係者)

    冒頭の場面に戻ろう。店を出た高田と竜馬は並んで歩く。そして、竜馬は高田に深々とお辞儀をすると、両手で握手を交わして別れた。

    「さすがに男女の仲ではないと思いますよ。その日は、竜馬さんが高田さんにお仕事の相談をしていたようです。
    高田さんは、竜馬さんの才能を高く買っているので、話を聞いてあげたのでしょう。高田さんも葉加瀬さんも、お互い自由に私生活を楽しんでいる感じ。

    とはいえ、夫の後輩と、夫抜きで食事に行くと、中には勘違いする人がいるかも…葉加瀬さんとしては女友達と食事を楽しむこともあるそうですから、強くは言えないんでしょうね」(前出・芸能関係者)

    高田の才能を見る目は確か。竜馬も飛躍するか。

    ※女性セブン2019年11月21日号

     NEWSポストセブン
    https://news.livedoor.com/article/detail/17344179/

    d4325_759_24133cbb_5405c3b8


    【【女性セブン】高田万由子、夫・葉加瀬太郎の天才後輩と2人で高級寿司 】の続きを読む

    このページのトップヘ