中二病速報

    タグ:女優

    1: 湛然 ★ 2019/02/13(水) 05:09:06.14
    瀧本美織、艶っぽく妖艶なショーガールに 過去の出演作品をオマージュ

    話題作に次々と出演し、テレビドラマから舞台まで幅広いフィールドで活躍を続ける瀧本。
    自身3作目となる同カレンダーは、今年、女優デビュー10周年を迎え、これまでを振り返り、自身が過去に出演した作品を彷彿とさせるオマージュ的な衣装やモチーフ、さらに様々な時代のトレンドやファッション要素も取り入れ再現し、オリジナリティ溢れるビジュアルで構成された。

    収録カットの数々は、NHK連続テレビ小説「てっぱん」(ドラマ初出演・NHK初主演)、TBS系ドラマ「美男(イケメン)ですね」(民放ドラマ初主演)、NHK BSプレミアム「妻はくノ一」(時代劇初出演)、
    映画『風立ちぬ』(声優として初映画ヒロイン)、舞台「ブエノスアイレス午前零時」(初舞台)、テレビ東京系ドラマ「フラガールと犬のチョコ」、NHKドラマ「わたしを見つけて」、テレビ朝日系全国ネット帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」など計8作品のエッセンスが凝縮されたものとなっている。

    この度解禁されたカットは、表紙・収録カットの計4点。中でも、ドラマ「フラガールと犬のチョコ」を模したビジュアルで共演している柴犬は、ドラマ出演当時“チョコ”として出演したその犬(本犬)で、瀧本はこの撮影で“チョコ”と約4年振りの再会を果たした。
    他にも舞台「ブエノスアイレス午前零時」をモチーフにしたカットでは、ショーガールをイメージし、華やかで艶っぽく妖艶な姿を見せている。
    映画『風立ちぬ』を想像させるカットでは、戦後のモダンガールを意識したナチュラルメイクにゆるっとしたおさげヘア、レトロ風ワンピースに身を包んだソフトな印象のスタイリングが新鮮。
    その他、収録予定のカットについても、それぞれ過去出演作にまつわるコンセプト構成され、70年代英国紳士風なハンサムスタイルや60年代レトロモダンなポップなスタイリング、80年代グランジファッションに挑戦するなど、印象的で目を引くビジュアルが多数収録される予定となっている。(modelpress編集部)

    瀧本美織(画像提供:SDP)
    no title

    no title

    no title

    no title


    https://mdpr.jp/news/detail/1821508

    【瀧本美織、艶っぽく妖艶なショーガールに 過去の出演作品をオマージュ 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/02/12(火) 05:09:07.15
    北川景子ら「セーラームーン」再集結に「この5人は不滅です!」など反響

     女優・小松彩夏(32)が11日までに自身のインスタグラムを更新。ドラマ「美少女戦士セーラームーン」で共演した女優・北川景子(32)らとの新年会の写真を公開した。

     小松はインスタで「戦士のみんなで新年会 私は本当に戦士に支えられていると改めて感じた新年会でした。この先、どんなことがあってもこの5人なら繋がっていられるんだろうなって」と北川、安座間美優(32)、沢井美優(31)、泉里香(30)との友情に感謝した。

     そして「これからもみんなが笑ったり、泣いたりするときも、私はそばにいたい。だっていつも支えてもらってるから。大好きが止まらない!!笑 今年は戦士で旅行に行きたいな」と再集結を希望していた。

     フォロワーからは「この5人は不滅です!」「ホントに世界を救えるかも」「最高の仲間ですね 楽しそう」「5戦士達可愛いすぎる 友情超いいね」などコメントが寄せられた。

    インスタグラムより@official_ayaka_502
    no title

    スポーツ報知 
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190211-OHT1T50075.html

    【北川景子ら「セーラームーン」再集結に「この5人は不滅です!」など反響 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2019/02/09(土) 10:29:18.26
    女優の西川美咲が、9日発売の「週刊プレイボーイ」8号に登場した。

    “カメラマンに絶賛された原石”西川美咲が登場
    昨年10月に掲載された、週プレ52周年企画の「52人グラビア」。
    この現場でカメラマンやスタッフから絶賛された原石が西川だった。

    当時の撮影が人生初の水着グラビアだったという彼女を改めて撮り下ろし。
    9頭身のプロポーションとGカップに注目だ。

    今号のラインナップは?
    今号の表紙は奥山かずさ。
    また、熊田曜子がセンターグラビアを飾り、このほか小池里奈・坂口風詩らが登場する。

    http://mdpr.jp/news/detail/1821019

    「週刊プレイボーイ」8号 西川美咲
    no title

    no title

    表紙
    no title

    【【週プレ】カメラマン絶賛の原石”西川美咲、9頭身Gカップ豊満バストに釘付け(画像あり) 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/09(土) 08:16:04.57
    女優の八千草薫(88)が、昨年がんの手術を受け、闘病中であることが8日、スポーツ報知の取材で分かった。
    この日、テレ朝は4月スタートの連ドラ「やすらぎの刻(とき)~道」で八千草が演じる予定だったヒロインが風吹ジュン(66)に代わることを発表。
    約70年の女優人生で仕事を休んだことがほとんどない中でのドクターストップ。
    静養して治療に専念し、再起を目指す。

    穏やかな笑顔、ソフトな話し口調で知られる八千草が人知れず、がんと闘っていた。
    複数の関係者の話を総合すると、一昨年12月の人間ドックですい臓にがんが見つかった。
    翌年1月に約7時間かけて摘出手術を受けていた。

    予後は良好で体力も回復。ドラマ収録や昨年8、9月に主演舞台「黄昏」もこなした。
    共演者も驚くほどの元気ぶりで会見では「よくステーキを食べ、毎朝歩くこと」とスタミナを保つ秘けつも明かしていた。

    抗がん剤治療と定期検診を続ける中、今年に入って肝臓付近にがんが見つかった。
    本人は責任感が強く治療を後回しにしてでも仕事続けたい希望を伝えたという。しかし、医師から治療に専念することを勧められ、納得したという。
    小柄な八千草は山登りを趣味にするなど足腰も強く、これまで仕事を病気で休んだことはほとんどない。

    体調管理を聞かれた際には、毎日同じ時間に体重計に乗ることを日課と答えている。食事も腹7分までと決め、体重だけでなく基礎代謝も測り、体調の細かな変化をチェックしてきた。
    1月に88歳になったが、驚異的な若さを誇る八千草に年齢は関係なく、あくまで復帰を見据えての静養と受け止めているという。

    テレ朝はこの日、4月から1年間にわたって放送される倉本聰作「やすらぎの刻~道」で八千草の役が風吹ジュンに変更することを発表。
    同局は「体調不良により、やむなく静養されることになりました」と説明。
    今作は17年に話題を呼んだ連ドラ「やすらぎの郷」の主人公・菊村栄(石坂浩二)の執筆脚本「道」が映像化されていく過程を描くもの。
    八千草は「道」のヒロインの予定だった。「やすらぎメンバー」の“姫”こと九条摂子役としては撮影を終えている。

    ◆テレ東ドラマも出演は厳しい… 八千草がレギュラー出演していたテレビ東京系ドラマ「執事 西園寺の名推理」(上川隆也主演)のパート2が4月に始まることも先ごろ発表された。
    パート1では伊集院家の奥様役の好演が話題になったが、現在の治療に専念する状況から、出演は厳しいとみられる。

    ◆八千草 薫(やちぐさ・かおる)1931年1月6日、大阪府生まれ。88歳。47年、宝塚歌劇団に入団。在団中より舞台と映画の両方に出演。宝塚史を代表する娘役スターの一人。
    退団後の57年、映画監督・谷口千吉氏と結婚。主な出演作に映画「宮本武蔵」「くじけないで」「ゆずり葉の頃」、テレビ「岸辺のアルバム」など多数。「理想の奥さん」「理想の母」で何度も上位に入っている。

     スポーツ報知
    http://news.livedoor.com/article/detail/15996279/

    no title

    【八千草薫、すい臓がん 昨年手術していた】の続きを読む

    このページのトップヘ