中二病速報

    タグ:女優

    1: muffin ★ 2019/05/15(水) 11:52:40.79
    女優の須藤理彩が15日、日本テレビ系「スッキリ」に出演。10歳ユーチューバーのゆたぼんについての特集で、自身の娘も一時不登校となった体験を明かし、ゆたぼんへ「彼が今、自由でいられるのは誰かいろんな人が、やりたくないこともやってくれてるからと教えることが親の務め」と訴えた。

    番組では「少年革命家ゆたぼん」としてYouTubeで活躍している10歳のゆたぼんこと、中村逞那(ゆたか)君を特集。ゆたぼんは、教師から理不尽な扱いを受けたことから不登校となり、現在は行きたい時だけ学校に行くという生活を送っていると紹介された。

    この不登校も、ユーチューバーもゆたぼん本人が選択したものだが、この生き方にネット上でも賛否両論が沸き起こっている。

    意見を求められた須藤は「不登校という話になると、娘が一時いじめに遭って、不登校で自宅学習していた時期があった」と自身の家族の体験を告白。須藤によると、不登校となっても友人が自宅にプリントを運んでくれたり、塾にも習い事にも通えていたといい「実際に何も不自由はなかった。このまま不登校でもいいかなと思った」とも言うが「娘本人が友達といる時間を大切にしたい」と特別に保健室登校を選択したという。

    その体験を踏まえ、須藤は「不登校に理由があれば、それはいいと思う。それぞれの選択」と前置きした上で「ただ、1人の人が自分のやりたいことだけをやり、やりたくないことをやらなくていいじゃん、という社会になって、全員がそうなれば社会がおかしくなってくる」と指摘。

    そして「彼が自由でいられるのは、誰かいろんな人が、人のやりたくないこともやってくれてるから、何の不自由もなくやっていけてると教えることが親の務めだと思っていて」と語った。

    また将来、職業などをいざ選択する際に「あれも出来る、これも出来ると準備してあげる。そこからユーチューバーになるならいいと思うが、最初からやりたいことだけやって、振り返った時にあれやっとけばこれもできたかもしれないと、新たな夢が見つかった時に怖いんじゃないか」と、将来に向け、いろんな準備をしてあげることが親の責任ではないかと持論を展開していた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/15/0012331690.shtml 

    f_12331691


    【須藤理彩、10歳ユーチューバーへ「彼が今自由でいられるのは、いろんな人がやりたくないこともやってくれてるから」 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/05/15(水) 00:34:47.26 0
    山本美月、大学時代に初彼氏「すごい幸せでした」交際を告白

    https://mdpr.jp/news/detail/1686514

    no title

    【【悲報】山本美月、大学時代に初彼氏「すごい幸せでした」交際を告白 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/13(月) 21:35:09.48
    5月12日、女優の土屋太鳳(24)が自身のインスタグラムを更新。台湾ロケで撮影した画像が、ファンの間で大きな反響を呼んでいる。

    土屋は同日の深夜に放送された出演番組『the trip~じ・とりっぷ』(フジテレビ系)を宣伝。
    「なんと自撮りしながら質問に答えるというドキュメンタリーであり旅番組でもある素敵な収録だったのですが、これが思った以上に難しい……!」とコメントした。

    土屋は「自撮りしながら示される質問に答えるのですが、誰も近くにいないので本当に『自問自答』なのです」と番組内容を紹介し、ロケで訪れた台湾で撮影された画像を投稿。

    そこには自撮り棒を持ちながら、台湾の街を歩いている土屋の姿が写っていた。この写真について土屋は「自撮りしながら自問自答してるところ」「なぜかだんだん寄り目になります」と解説していた。

    そんな土屋の画像を見たファンは騒然。インスタには「胸やばい」「太鳳ちゃん、胸デカ」「相変わらず姿勢がいい。そしてグラマー」
    「自然と胸に目が行ってしまう」「写真の太鳳ちゃんを見ると、あらためて胸の大きさに驚かされます」といったコメントが続出し、土屋の胸元に注目する人が相次いでいた。

    たしかにこの画像、これまで以上に大きなバストが目立つ!?

    ※画像は土屋太鳳のインスタグラムアカウント『@taotsuchiya_official』より

     日刊大衆
    http://dailynewsonline.jp/article/1822928/

    no title


    【土屋太鳳、ロケ風景公開も?豊満バスト”に熱視集中「大きさに驚き」】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/05/09(木) 19:34:21.20
    女優の芦田愛菜が9日、都内で行われたアニメ映画『海獣の子供』(6月7日公開)完成報告会見に出席。主題歌「海の幽霊」を担当しているシンガー・ソングライターの米津玄師について「好きでよく聴いていて、歌詞に魅力を感じています」と明かし「米津さんのことが好きなので、主題歌を歌ってくださると聞いた時はびっくりして、『どんな曲になるんだろう?』と楽しみでした」と笑顔で伝えた。

    米津が個人名義で映画主題歌を手がけるのは今回が初で、この日、予告映像第2弾とともに新曲「海の幽霊」が初公開。「大切なことは言葉にならない」とフレーズがあり、映画のキャッチコピー「一番大切な約束は、言葉では交わさない」に通ずる世界観が表現されている。

    映像を見て「登場キャラクターのジムのせりふで『人間は言葉にしないと思っていることの半分も伝えられない』というのがある。この世の中には『言葉で表現できないことがあるけど、ちゃんと理解しよう』と。その時に感じたことを心に留めておくことが大事だなと感じ、米津さんの曲が心に響きました」と満足げな様子。

    「映画を総括するような主題歌がほしかった」という渡辺歩監督は米津について「制作チームとともに主題歌をお願いしにいった時に、この映画はエンドロールが終わったあとにラストシーンがある。ですから、エンドロールの時にお客さんが立って移動してしまう懸念があると伝えたら、米津さんが『席を立たない曲を書きます』と…」と裏エピソードを告白。すると森崎は「かっけ…」と目を輝かせていた。

    作品全体の映像を観て芦田は「映像がとてもきれいで、『水は生きている』と。その映像に音楽が加わることで命を感じました」といい「自分の気持ちを誰かにわかってほしいのにうまく伝えられない女の子なので、そういう複雑な気持ちは共感できました」と演じたキャラクターに共感した部分を伝えた。

    同作は、五十嵐大介氏による同名漫画が原作で、自然界への畏敬を下地に“14歳の少女”と“ジュゴンに育てられた2人の兄弟”とのひと夏の出逢いを描く海洋冒険物語。『鉄コン筋クリート』などを手掛ける「STUDIO4℃」が制作し、監督を渡辺氏が担当。声優陣は、主人公・琉花役を芦田、海役を石橋陽彩、海の兄・空役に浦上晟周、アングラード役を森崎、ジム役を田中泯が務める。

    https://www.oricon.co.jp/news/2135114/full/ 

    no title

    no title

    no title

    【芦田愛菜、米津玄師好き公言「好きでよく聴いていて、歌詞に魅力を感じています」 】の続きを読む

    このページのトップヘ