タグ:声優

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 22:07:55.35 _USER9.net
    劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』で主人公・すずを担当したのん、すずの妹・浦野すみ役を務めた潘めぐみの2人が笑顔でピースサインをした。3月18日に行われた『第11回 声優アワード』授賞式でお互いに受賞した喜びが表情に溢れている。 

    1年で最も活躍した声優に贈られる『声優アワード』の特別賞に輝いたのん。さらに潘めぐみは助演女優賞を受賞した。その日『のん STAFF(non_staffnews)ツイッター』で「すずさん、すみちゃん、姉妹で受賞です! ありがとうございます…」と“姉妹”ショットが投稿され、フォロワーから「おお! おめでとうございます! この世界の中心だね!」「明日、広島に行きます。すずさんの実家辺りまで行ってみようと思っています。ますます楽しみになりました」などの反響があった。 

    その後は新宿ピカデリーにて舞台挨拶があり、片渕須直監督や主題歌・音楽を担当したコトリンゴに尾身美詞、牛山茂、新谷真弓、たちばなことね、世弥きくよ、そして潘めぐみにのんが集合した。『第40回日本アカデミー賞』の最優秀アニメーション作品賞受賞をはじめ『第11回 声優アワード』のW受賞や数々の受賞をスタッフ・キャストで改めてお祝いしたという。 

    (以下略、全文はソースをご覧ください。) 

    画像 すずさん、すみちゃん、姉妹で受賞です![non_staffnews]
    no title

    no title

    ・片渕監督、コトリンゴさん、尾身美詞さん、牛山茂さん、新谷真弓さん、たちばなことねさん、世弥きくよさん、そして潘めぐみさんと、のん!大集合~!
    no title

    http://japan.techinsight.jp/2017/03/maki03191544.html

    【元能年玲奈ことのん、潘めぐみと『この世界の片隅に』姉妹ツーショット(画像あり)】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 08:44:46.09 _USER9.net
    昨秋、30歳になった女優で声優の神田沙也加。21日からシアタークリエ(東京都千代田区)で上演されるミュージカル「キューティ・ブロンド」に主演する。2002年に日本公開された同名の米映画の舞台版。07年にブロードウェーで上演され、今回が日本初演となる。金髪のおしゃれ好きな女子大生が彼氏にフラれて一念発起、弁護士を目指す姿を描く。神田は「常に頭上に太陽が見えるような女性を演じられたら」と前を向く。(橋本奈実)

    「舞台に出た瞬間、『圧倒的にかわいらしい』と思われないと説得力のない役。卒業した“かわいらしいもの”を復活させ、バービー人形のようなヒロイン感を出せるよう、頑張っています」

    劇中のヒロイン、エルのテーマカラーは派手なピンク色。神田も役にあやかり、譜面を入れるファイルやアイシャドーなどの化粧品にピンクを取り入れたという。「ピンク色を身につけると気持ちが高揚する。女の子に生まれたことを再確認する色ですね」

    エルは真面目な努力家だが、彼氏に外見で判断されてフラれてしまう。神田自身も周囲から本来の自分とは異なるイメージを持たれて困惑することがあるという。例えばコンビニでファンに会ったとき、「来られるんですね~」と驚かれた。「時間の不規則な仕事をしているので、行かないと生活していけないですよ」と笑う。

    10代でCDデビューした頃は歌唱時、息継ぎをする度に観客の期待を感じてプレッシャーになった。「私が背負い過ぎていたのでしょうね」。2014年に日本公開した大ヒットディズニー映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え版でアナ役を務め、“時の人”となった後に出演したミュージカルでも、久々に同じ思いを味わった。「アナ雪で夢がたくさんかなったけれど、少し摩耗もしてしまった。アナを消化し、前へ進めるようになったのは最近です」

    自身を「頭が固く、不器用」と表現する。高校卒業後、一時芸能界を離れ、アルバイト生活をしたのも「一度すべてを捨てないと将来を考えられなかった。後悔はないけれど、不器用だったな…」と振り返る。

    「失恋をして、しばらく引きずった経験もある」といい、今作のヒロイン、エルの切り替えの早さに驚きつつ、「進んでいた道だけがすべてではない」と教えてくれる姿に、魅力を感じている。

    30年の人生で「転機は3回。いずれも人との出会いがきっかけ」と明かす。

    17歳で舞台の魅力を教えてくれた宮本亜門、20歳で芸能界の母と慕う大地真央に出会い、3年前には人生を変えた作品「アナ雪」。昨年12月、音楽ユニットの活動を休止し、女優と声優の2本柱での活動を決めた。「30代の目標は、一作ごとにスキルアップして実力をつけること。人としては余裕のある大人の女性に。ゆくゆくは結婚もできたらいいですね」

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    http://www.sankei.com/entertainments/news/170318/ent1703180011-n1.html

    画像
    no title

    no title

    【「キューティ・ブロンド」神田沙也加、ピンク全開かわいい復活(画像あり)】の続きを読む

    1:  2017/03/15(水) 16:36:26.32 _USER9.net
     声優で女優の平野綾(29)が自身のブログで元子役の加藤清史郎(15)に背を抜かされたことを明かしている。

    平野が出演する片岡愛之助(45)主演のミュージカル『コメディ・トゥナイト!』を観に訪れた加藤と、数年ぶりに会ったという平野。加藤の成長ぶりに驚き、思わず背比べしたところ、加藤の方が僅かに身長が高いことが判明し、 「ついに身長抜かされました!!!! ガーン
    どんどんイケメンになっていく!!カッコイイよせいちゃん!!」 と、平野はショックを隠しきれないながらも、その成長を喜んでいた。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    画像
    ce2aac849b290e560114531d4392a270

    Yahoo!ネタりか
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170315-73137232-amebanews


    【平野綾 加藤清史郎に身長抜かされ「どんどんイケメンに」(画像あり)】の続きを読む

    1: 16文キック(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/03/10(金) 07:40:51.02 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    3月のライオン:倉科カナら実写版“3姉妹”が「ヤングアニマル」グラビアに

     羽海野(うみの)チカさんの人気マンガが原作の実写映画「3月のライオン」(大友啓史監督)に出演する倉科カナさんら“3姉妹”が、10日発売のマンガ誌「ヤングアニマル」(白泉社)6号の表紙と巻頭グラビアを飾った。
    長女・川本あかり役の倉科さん、次女・ひなた役の清原果耶さん、三女・モモ役の新津ちせちゃんが劇中衣装で、作品の舞台である東京・月島を歩いたり、遊園地・浅草花やしきで遊ぶ写真などが掲載された。

     同号では、映画で主人公・桐山零を演じる神木隆之介さんと清原さんの対談も掲載。付録として「3月のライオン」のイラストを使用したクリアファイル2枚セットも付いている。

     「3月のライオン」は、17歳のプロ棋士・桐山零と、川本家の3姉妹の触れ合いを描いたマンガで、2007年7月から「ヤングアニマル」で連載中。
    テレビアニメがNHK総合で放送中。映画版は前後編の2部作で、前編が18日、後編は4月22日に公開される。

    http://mantan-web.jp/2017/03/10/20170309dog00m200037000c.html

    実写(左から、長女、三女、次女)
    no title

    声優(左から長女、次女、三女)
    no title

    【「3月のライオン」実写版と声優さんのグラビアが公開!声優のほうがかわいいww(画像あり)】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 05:11:56.00 _USER9.net
     士郎正宗氏の人気SFコミック『GHOST IN THE SHEL/攻殻機動隊』をハリウッドで実写化した映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)の日本語吹き替え版声優が10日、発表された。押井守監督の映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)からアニメシリーズの声優を務めてきた田中敦子(草薙素子役/※ハリウッド版においては“少佐“役)、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)が、『攻殻機動隊SOLID STATE SOCIETY 3D』以来6年ぶりに同じ役柄を演じる。

     現在公開されている日本版の予告映像では、タイトルコールを田中と山寺が担当し、正式発表はしていないものの、SNS上で密かに話題に。吹き替え版ではアニメ版のキャストを望む声が多くあがり、そんなファンの期待を裏切らない粋なキャスティングが実現した。

     日本で生まれた漫画などを原作とし、ハリウッドで実写映画化されてきた作品の中で、アニメーション作品で声優を務めたキャストがハリウッド作品の実写映画においても同じ役で吹替を務めるのは、史上初の試みとなる。

     再び同メンバーが集結したことについて、「目を閉じて大塚さんや山寺さんの声だけを追いかけるとアニメのシーンが浮かんでくるようで、とても不思議な体験でした」(田中)、「久しぶりにメンバーと集まって、こんなに楽しいことはない、もっとやりたいと思いました」(大塚)、「ほかのメンバーがアフレコしているところを見て、ずっと一緒にやっていた感覚が戻ってきて懐かしい気持ちになりました」(山寺)と、それぞれ感無量の様子。

     押井監督も「この役を演じるのは久しぶりだと思います。ぜひ自分の感じたままで演じてほしいです」とコメントを寄せている。

    ■田中敦子:少佐役
    ハリウッド版をオリジナルキャストで吹き替えられたことを心からうれしく思っています。目を閉じて大塚さんや山寺さんの声だけを追いかけるとアニメのシーンが浮かんでくるようで、とても不思議な体験でした。1995年の映画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』あの時からずっと草薙素子が側にいてくれました。でも相棒と言うのはおこがましいし、彼女は一番近いようで遠い存在でもあります。公安9課のメンバー(キャスト)は私の人生の宝物だと感じています。私たちがゴーストを吹き込んだ日本語版『GHOST IN THE SHELL』、是非劇場でお楽しみください!!

    ■大塚明夫:バトー役
    久しぶりにメンバーと集まって、こんなに楽しいことはない、もっとやりたいと思いました。
    アニメがそのまま実写になったようなシーンもずいぶんあって、制作の方々の、原作やアニメ版に対してのリスペクトが伝わってきて、うれしかったです。「攻殻機動隊」は、愛してやまない作品、宝物ですね。

    ■山寺宏一:トグサ役
    大好きな作品の大好きなメンバーなので、実写化されたことでこういうチャンスをいただけて非常にうれしく思います。自分の参加したアニメの作品が海外で実写化され、それを吹き替えるという経験は初めてだったので、ちょっと不思議でしたね。他のメンバーがアフレコしているところを見て、ずっと一緒にやっていた感覚が戻ってきて懐かしい気持ちになりました。世界的に評価の高い作品に参加できる事をすごく誇りに思いますし、世界に自慢したい作品です。今回、そのことを改めて強く感じました。

    ■押井守監督
    この役を演じるのは久しぶりだと思います。ぜひ自分の感じたままで演じてほしいです。皆さんプロですから、不安はありませんし、楽しみとしか言いようがないですね。実写版の吹き替えがどうなるのか、お手並み拝見です。

    画像
    20170309-00000342-oric-000-view

    オリコン  
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000342-oric-ent

    【実写映画『攻殻機動隊』アニメ版声優が吹き替え 田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ら再集結】の続きを読む

    1: ストマッククロー(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/03/04(土) 21:26:56.70 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    スフィア10周年に向けてのおしらせ

    いつもスフィアを応援いただきありがとうございます。
    スフィアから皆様におしらせです。

    スフィアは2019年の10周年に向けて、2017年6月からスタートするツアーの終了をもって、音楽活動に関しましては充電期間に入ります。

    スフィアは2017年2月で8周年・9年目を迎えることができました。
    ここまで走ってくることができたのもいつも応援してくださるファンの皆様、
    いつも支えてくださるスタッフ及び関係者の皆様のおかげです。
    本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

    皆様のおかげで、始めたころには想像もできなかった10周年という数字が見えてきました。
    その10周年に向かうにあたって、スフィアのメンバーはもちろん、事務所のミュージックレインの皆さん、レーベルのランティスの皆さんとも話し合いを重ね、よりよい10周年にするためにも、スフィアとしての音楽活動に関しては充電期間に入ることを決めました。

    6月からの全国ツアーの終了後は、2019年の10周年まではスフィアとしてのCDリリースやライブは行いませんが、スフィアとしての番組や声優、ソロアーティストとしての活動は継続いたします。
    そして充電期間中には、10周年を迎えるのにふさわしいスフィアになるべく、新しいスフィアの形、楽曲、ビジュアルなど時間をかけて作り上げて、10周年に最高の形でライブや音楽を再び皆様にお届けしたいと思っています。

    今回の全国ツアーでお会いできる皆様とスフィアの輪を感じながら、ありがとうの感謝の気持ちと、10周年をよろしくお願いしますというご挨拶に行きたいと思っています。
    たくさんの皆様とお会いできるのを楽しみにしていますので、6月からの全国ツアー“We are SPHERE!!!!”を、そしてこれからのスフィアをよろしくお願いします。

    2017年3月4日
    スフィア(寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生)

    画像
    Rwl0YGsh

    https://sphere.m-rayn.jp/contents/87253

    【超人気声優ユニット「スフィア」活動休止】の続きを読む

    このページのトップヘ