中二病速報

    タグ:土屋炎伽

    1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/10(火) 18:01:12.42
     【動画】土屋太鳳の姉・炎伽さん“ぴったり”衣装で登場「すごく新鮮です」



    #土屋炎伽 #映画 #ワイルド・スピード #スーパーコンボ

    ELaVMsJUUAAlsvd

    @WildSpeed_jp
    https://twitter.com/oricon/status/1204314001468878848

    【土屋太鳳の姉・炎伽さん“ぴったり”衣装で登場「すごく新鮮です」(画像あり) 】の続きを読む

    1: マロン派 ★ 2019/10/21(月) 22:27:55.09
    土屋炎伽、祖父は日本赤十字病院院長だった 募金寄付で「今後は人を応援したい」

    女優・土屋太鳳(24)の姉で「ミス・ジャパン」のグランプリに輝いた土屋炎伽(ほのか)さん(27)が21日、日本赤十字社を訪れ、「ミス・ジャパン日本大会」の会場で募った募金を同社に寄付した。

    同社の大塚義治社長(72)に目録を手渡した炎伽さんは「誰かの何かのお役に立てることはうれしいこと。ボランティアや社会貢献活動をやりたいなと思ってこの大会に挑戦したのでうれしく思います」とコメント。大塚社長との対談ではともに応援部出身という共通点や、炎伽さんの祖父が日本赤十字病院の院長を務めていたことなどから話が盛り上がったという。「祖父が赤十字病院で働いていたので、今日、ご縁を感じています」と話した。

    会社員として所属先の富士通のアメフトチームのチアリーダーとしても活動している。「今日もお昼過ぎまで会社で働いて、この後夜は(チアの)練習ですが、充実です」と笑顔を見せた。

    ラグビー日本代表のW杯の活躍にも刺激を受けた様子。20日の南アフリカ戦についても言及。「全力で新幹線で帰っていたので(試合は)見られませんでしたが、SNSでリアルタイムでチェックしていました。1試合1試合みなさんから勇気をもらいました。大学時代はラグビー部も応援していたので…」とコメント。今後については「今まで限られたスポーツを応援してきましたが、今後は人を応援したい」と夢を語った。

    スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20191021-OHT1T50181.html

    「ミス・ジャパン日本大会」で集まった募金を日本赤十字社に寄付した土屋炎伽(右は大塚義治社長)
    no title

    【土屋太鳳の姉・土屋炎伽、祖父は日本赤十字病院院長だった】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/09/22(日) 11:48:42.50
     都内某所の夕暮れ間近。何の変哲もない会議室の雰囲気が、彼女が姿を見せた瞬間、パッと華やいだ。土屋炎伽さん(27)。今月11日、ミス・ジャパンのグランプリに選ばれた話題の人である。

     鈴の音のような声は、人気女優の妹・土屋太鳳さんそっくりではないか。

    「よく言われます(笑)。妹はもともとすごい泣く子で、それでハスキーになったんです。妹の声がかすれてかわいそうだから『ちちんぷいぷいあっぷりけ』と魔法の言葉をかけ、いつか太鳳の声がきれいになりますように、とおまじないをかけたこともあります」

     炎伽さんは大学卒業後に富士通に入社し、今春からは転職したという。というのも、

    「きょうもパソコンで入力作業をしてきました。週3回チアの練習をしていますし、週末は試合やイベントでチアです」

     と時間をやりくりし、事務職とライフワークのチアリーディングを見事両立させる日々を送っているのだ。その元気の源はなんですか?

    「お肉です。気合を入れたい時は朝からステーキを食べますよ。それと笑顔でいること。高校生の時、親友から『炎伽の笑顔ってめっちゃいいよね』と言ってもらえた。それがチアを始めたきっかけの一つです。
    話していて笑顔だとお互いに元気をもらえますよね」

     確かに笑顔あふれる人である。ただ、ミス・ジャパングランプリに輝いたが、意外にも、ミスコンテストへの挑戦は初めて、というではないか。

    「憧れはずっとあったんです。今回、身長とか制限が無いなかで挑戦して選んでいただけた。そういう姿勢を見てもらい、挑戦をあきらめている人の背中を押せたらな、と願っています」

     しかし、ミス・ジャパンの影響は大きく、ネット上などで一部心ない声が広がった。それにはちょっぴり傷ついてしまった。

    「自分が選ばれたらそういう声が出るだろうな、と最初から思っていました。でもこれからのアクション次第で色々な人が考えを変えてくれるかもしれない、と心から信じています」

     リラックス法は?

    「家族や気のおけない友人とおいしいものを食べたり、家でゆっくり好きな音楽聞いたり、日記を書いたりしていますね。自分と大切な人との時間を大事にしています」

     で、オフの日にはテレビドラマをよく見るそう。もしかして、太鳳さんをちょっと意識してる?

    「ドラマを見ていて、展開が『それはちがうじゃん』とひとりでつっこんでいることもあります(笑)。太鳳を見ていて、女優は本当に魂を削る仕事だなと感じています。自分の人生と別の人生を演じることで、本当の太鳳がどこかに行ってしまう気がしたこともありますね。妹のそんな姿を知っているので、半端にやってみたいじゃできない、と思っています。自分が女優なんて恐れ多いです」

     いやいや、太鳳さんとの姉妹共演、見られる日も来るんじゃないですか?

    「来ないんじゃないですか(笑)。人生何が起こるかわかりませんけど、これからいろいろなことを経験して勉強していきます」

     うまくかわされてしまったけど、興味ありそうな気配。うーん、炎伽さんと太鳳さんの共演、見たいっ!

     座右の銘は「千里の道も一歩から」だそう。

    「どんなことも一歩踏み出さないと始まらないから。私は愛情からいろいろ奇跡が生まれると思っていて、いろいろな人に愛情を持って接するチアリーダーであり続けたい。たくさんの人に新しい価値観、元気や勇気を感じていただけるような、見たもの聞いたものを伝えるお仕事に挑戦していきたいです」

     それにしても、まばゆい“笑顔光線”。撃ち抜かれたオジサン記者は、イジワルな質問などする気には全くなりませんでした、ハイ。(本誌・今井良)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190921-00000002-sasahi-ent

    no title

    【ミス・ジャパン女王の土屋太鳳の姉が激白「バッシングには傷ついたけど、前向きに…」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 20:35:05.57
    女優・土屋太鳳(24)の姉で会社員の土屋炎伽(つちや・ほのか/26)さんが11日、
    都内で行われた『2019ミス・ジャパン 日本大会』の最終選考会に出場。6月に行われた東京大会でグランプリを獲得し東京代表として本戦に参加。見事、初代グランプリに輝いた。

    『ミス・ジャパン』は、国内のミスコンテストの決定版として、今年から新しく開催する年間のページェント。ファイナリストは、9月3日から1週間の合宿を経て、きょう11日の日本大会に出場した。
    グランプリには賞金1000万円が贈られ、1年間にわたり公式イベントやチャリティー活動に参加する。今年は地方大会を勝ち上がったファイナリスト41人が出場した。

    土屋さんは1stセッションでは、和を基調とした模様の入った衣装で登場。客席に向かって満面の笑みを見せた。1stセッションを通過すると、
    黒をベースとした水着で、同時開催されている『ミスター・ジャパン』の候補者と堂々とウォーキングした。

    最後の質疑応答では、日本が世界に誇れる部分を聞かれ「技術」と回答した土屋さん。
    続けて「日本は国土が小さく、資源も少ない中で、様々な工夫が施され、優れた技術者のみなさまがいらっしゃいます。これを世界に広めていきたいです」と答えていた。

    審査は、1stセッションでカジュアルウェアを着てウォーキング。
    そこでTOP16が決まり、2ndセッションの水着ウォーキングでTOP5が決定。その後、ドレス審査と質疑応答を経て、初代王者が決まった。

    オリコン 
    https://news.livedoor.com/article/detail/17067775/

    no title

    no title

    【土屋太鳳の姉・炎伽さん『ミス・ジャパン』の初代グランプリに(画像あり)】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2019/06/03(月) 21:38:37.33
    女優・土屋太鳳(24)の姉で会社員の土屋炎伽(ほのか)さん(26)が3日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで開催された「ミス・ジャパン」東京大会最終選考会に出場し、東京代表に選ばれた。

    明大卒業後、富士通のチアリーダー部で活躍するなど、太鳳に負けず劣らずの美貌が以前からネットなどで話題に。
    客席から太鳳が見守る中、水着審査では堂々と「日本舞踊とチアスピリット、異なる2つの文化を学び、実践してまりいました。この経験を翼とし、多くの人の心に触れて、笑顔を咲かせる女性になります」と宣言。
    身長155センチで、最終選考に残った21人の中では最も小柄だが、とりわけ大きなオーラを放った。

    その後の質疑応答では、審査員を務めた実業家・堀江貴文氏から、日本大会で優勝した際の賞金1000万円の使い道を聞かれ「そこまでの大金を手にしたことがないのでまだ考えておりますが…」と困りながらも「家族で海外旅行をしたことがないので、両親への恩返しも含めて家族で海外旅行をしたい」と返答。
    堀江氏から「それじゃあ全然使い切れないよ」と突っ込まれるとタジタジになりつつ、他の審査員からの「月!」の声に応じる形で「残りは月旅行で」と返し、会場を笑わせた。

    この日で47都道府県の代表が出そろい、9月11日に日本大会が開催される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000153-sph-ent

    「ミス・ジャパン」東京代表に選ばれた土屋炎伽さん
    no title

    no title

    no title

    【土屋太鳳の姉・炎伽さん「ミス・ジャパン」東京代表に決定!(画像あり) 】の続きを読む

    1 : 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/[] 2017/06/30(金) 08:07:27.66 ID:CAP_USER9.net
    土屋太鳳、多数の芸能事務所がスカウトに動く「超美人姉」の素顔!

    6月23日、来年1月から始まる舞台「プルートゥ PLUTO」で初の演劇に挑戦する事を発表した女優の土屋太鳳。

     NHK朝ドラ「まれ」でヒロインを務めてから2年。6月30日には主演映画「兄に愛されすぎて困ってます」が公開されるなど、女優として順調な活動を続けている。

     そんな土屋に関して、興味深い話が業界筋から聞こえてきた。

    「今、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の土屋さんですが、彼女に負けず劣らずの“金の卵”が彼女の身近にいるんですよ。どの事務所にとっても喉から手が出るほど欲しい人材ですね」と語るのは芸能事務所関係者。

     果たして、その“金の卵”とは──。この関係者が明かす。

    「彼女の2歳上の姉・土屋炎伽さんです。現在、富士通でチアリーダーとして活躍しているのですが、これまでも多くの芸能事務所がスカウトに動いています。妹の太鳳さんに似た超美人で、スタイルに関してはお姉さんのほうが確実に上でしょう。『トークにキレがある』との話も聞きます。今後、芸能界デビューする事があれば瞬く間にスターダムにのし上がるでしょうね」

     デビューに期待が高まるばかりの土屋太鳳の超美人姉。有村藍里・架純、広瀬アリス・すず姉妹に続く芸能界「美人姉妹」の誕生となるかどうか。
    (白川健一)

    画像
    KWCH0bf

    http://www.asagei.com/excerpt/83920 

    【土屋太鳳、多数の芸能事務所がスカウトに動く「超美人姉」の素顔!】の続きを読む

    このページのトップヘ