タグ:土屋太鳳

    1: かばほ~るφ ★ 2017/10/12(木) 16:47:44.17 _USER9
    『美脚大賞』土屋太鳳、観月ありさらが受賞 各年代の美脚ズラリ


    健康的な美脚を持つ女性に贈られる『第15回 クラリーノ美脚大賞2017』表彰式が12日、都内で行われ、ティーン部門を平祐奈(18)、20代部門を土屋太鳳(22)、30代部門をシャーロット・ケイト・フォックス(32)、オーバーフォーティー部門を観月ありさ(40)がそれぞれ受賞し、美脚の共演を果たした。

    平は「私なんかがいただいていいのかなと思っております。家族からも『あなたで大丈夫なの?』って言われたのですが、お姉ちゃん(平愛梨)は『良かったね』って言ってくれました」とにっこり。きのうの『第30回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』に続く受賞となった土屋も 「筋肉質な脚でコンプレックスを持っていたのですが、演技もダンスも走ることも、この脚だったから乗り切れた。ここに立てていることがうれしすぎて信じられない」と喜びをかみしめた。

    満面の笑みで登場したシャーロットは「緊張しすぎて、脚がブルブルしていますが、とてもうれしいです。
    美脚は祖母と母から受け継いだものだと思っています」と感慨深げ。
    2007年に30代部門で受賞して以来、2度目の受賞となった観月は「本当に光栄です。日々スタイル維持に 頑張ってきて良かったです。50歳になっても、この賞が取れるように頑張ります」と宣言していた。

    同賞は、靴の製造メーカーが集まり結成された『クラリーノパーカッシオクラブ』が2003年より毎年開催。
    これまでに広末涼子、長澤まさみ、上戸彩、吹石一恵、武井咲らが大賞を受賞している。

    ORICON NEWS
    http://www.oricon.co.jp/news/2098816/full/
    『第15回 クラリーノ美脚大賞2017』表彰式に出席した
    (左から)平祐奈、土屋太鳳、シャーロット・ケイト・フォックス、観月ありさ
    2098816_201710120404424001507793838c

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「美脚大賞」土屋太鳳、観月ありさ、平祐奈、シャーロット・ケイト・フォックスが受賞(画像あり)】の続きを読む

    1: muffin ★ 2017/10/06(金) 17:47:32.87 _USER9
    女優の土屋太鳳が5日、CM撮影中に睡眠をとるワンショットをInstagramに投稿、キュートな寝顔と手に持ったガラケーが反響を呼んでいる。

    「中秋の名月」となった昨夜の更新で月の画像をアップし、「でもしばらくしたら別の空になっていました…!!! どんな空になっていたのかは、またあとで」と予告していた土屋。
    だがそのまま更新はされず、一夜明けて「 寝落ちした? という声が聞こえてきそうな朝ですが、正確にはあのあと電話で話をしていて、そのあと、寝落ちしました!!!」と告白した。

    そのうえで「今日は嬉しいお知らせが出来そうな日なのです」という土屋は、「あのあとの夜空も含めてまた後程、感謝を込めて…* 写真は、雪見だいふくのしあわせと一緒に」(原文ママ)というコメント共に、出演する「雪見だいふく」のCM現場で撮影したとみられる寝顔を投稿。
    すやすやと眠る土屋の姿に、コメント欄には「寝顔に癒されました」「天使」「可愛い寝顔」「太鳳ちゃん、寝姿が可愛い」「添い寝したい! 可愛い」など喜びの声が寄せられた。

    さらにファンが注目したのは、土屋が左手に持った携帯電話。スマートフォン全盛の時代にあって、その手にはいわゆるガラケーがにぎられており、「携帯ガラケーなの?!」「リモコンかと思ったら、ガラケー!?」「ガラケー珍しい!」と驚きの声が。
    おそらくスマホと使い分けているものと思われるが、少し時代遅れなガラケーを大切に使う姿勢に好感を抱くファンも多く、「まだガラケー使っているってところに、たおちゃんの人間性が見える! 謙虚で周りを大切にするんだなーって!」「可愛い、、、。ガラケー持って寝る天使初めて見ました」など話題になっている。

    https://www.cinematoday.jp/news/N0095081 

    no title

    https://img.cinematoday.jp/a/N0095081/_size_640x/_v_1507206224/main.jpg

    【土屋太鳳はガラケー使い?天使な寝顔ショットに反響 (画像あり) 】の続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/02(土) 06:18:18.84 _USER9
    女優・土屋太鳳(22)が1日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、恥ずかしい過去や恋愛観を明かした。

     土屋は浜田雅功(54)、松本人志(53)、坂上忍(50)、飲み仲間の青山テルマ(29)らと人気企画「本音でハシゴ酒」に登場。浜田の次男と土屋、そして収録現場にいたフジテレビ新入社員の城山海周ADは幼稚園からの幼なじみで、現在も連絡を取りあう親しい仲だという。その城山ADは「絶対に言うな」と言われてきた土屋のあだ名が「チューチューマン」だったことを告白。「幼稚園のころ、好きな子を見つけると、ずっと追いかけ続けて、最終的には、その子に抱きついて、ずっとチューする」と暴露した。

     土屋は顔を赤くしながら「母とかすごくスキンシップで、兄弟ともチューしたりとかしちゃうんですけど、すごく心を許せる人だっり、好きだなっていう人にはチュッとしちゃいます」と説明。坂上の「今でも?男でも女でも?」には「すぐ友達とかに、くっついちゃいます」と答えた。

     また、城山ADは、高校生時代に朝ドラ撮影中に演技で悩む土屋から「恋するってどういう気持ち?」「人を好きになるってどういうこと?」と質問されたエピソードを明かした。土屋は「好きだっていう気持ちが分かる大事なシーンで、どう演じたらいいか分からなくなって相談した」と振り返った。“恋愛トーク”を交わした2人を見た松本は土屋に「もしかしたら、(城山ADを)ちょっと好きだった?」と質問したが言葉を濁すだけ。坂上から「君はどうなの?男と女として」と問い詰められた城山ADは「僕はすごい好きですけど…。そりゃもう、できることなら…」と告白した。土屋が「海周には幸せになってもらいたい」と恋愛への道をキッパリ否定すると坂上らは「振られた!」と大笑いした。

     番組では土屋に全50問のアンケートを実施。「芸能界で多い不倫騒動について、どう思われますか?」に土屋は「古典文学とか読むと昔から繰り返されてることなのかなと思うんですけど、そのことに対して思うことを自分で表現するには、私は未熟だなと思います。でも演技で三角関係を演じると本当に疲れ果ててしまって体の具合まで悪くなってしまうので、私には向かないと思います」とマジメに回答した。

     そんな土屋の理想のタイプは「武士とか戦国武将」だ。「外で自分を守ってくれるくらい働いて、家ではのんびりしている姿をみると安心する」と説明した。「家では守れるような存在でありたい」という土屋に坂上は「今まで好きになった人はいるの」と直球質問。「いますね」と答えた土屋に松本は「結婚したら家庭に入るの?」と問いかける。土屋は「もし自分が恋愛するのであれば、都合のいい彼女でありたい。引退はできないですが、お互いがいい意味で影響しあって刺激しあって尊敬しあえるようになりたい」と理想の家庭像を語った。

     東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13554842/

    1504270557-0388-001

    1504270557-0388-002

    1504270557-0388-003

    1504270557-0388-005


    【土屋太鳳 芸能界の不倫ブームに「古典文学読むと昔から繰り返されてる」「私には向かない」】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/08/04(金) 05:31:19.73 _USER9
    土屋太鳳&芳根京子がキス!来年公開映画「累-かさね-」W主演

     女優、土屋太鳳(22)と芳根京子(20)が来年公開の映画「累-かさね-」(佐藤祐市監督)にW主演し、キスシーンに挑戦することが3日、分かった。

     同作は女性漫画家、松浦だるまさんの同名漫画の実写版。人間の美醜をテーマにした作品で、コミックは累計売り上げ180万部の人気作だ。

     美貌に恵まれながらも伸び悩む女優・ニナ(土屋)と、演技の天才だが醜い容姿に劣等感を抱く女優・累(かさね、芳根)が主人公。女優としての成功に執着するニナは、キスをすると顔が入れ替わるという不思議な口紅を持つ累に接近。

     2人は禁断のキスを交わし、ニナは自身の美貌と抜群の演技力で活躍する累の姿に満足するが、自分自身の醜い容姿に絶望感を覚え、転落の運命を歩み出す内容だ。

     土屋はNHK連続テレビ小説「まれ」、芳根は「べっぴんさん」のヒロインを務めた“朝ドラコンビ”。2人は初共演の今作で、“1人2役”という難役に挑戦する。

     土屋は「キャストやスタッフの方々と思いきり墜ち、作品の闇に酔いしれたいと思います」と気合十分。芳根は醜い表情の特殊メークにも挑戦し、「今までと違う姿をお見せできるよう、爆発します!」と熱演を約束した。


    清純派のイメージを覆すキスシーンで悲劇の女優を熱演する左から土屋太鳳、芳根京子
    no title

    映画「累-かさね-」原作
    no title

    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170804/geo17080405040002-n1.html

    【土屋太鳳&芳根京子がキス!来年公開映画「累-かさね-」W主演】の続きを読む

    1 : 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/[] 2017/06/30(金) 08:07:27.66 ID:CAP_USER9.net
    土屋太鳳、多数の芸能事務所がスカウトに動く「超美人姉」の素顔!

    6月23日、来年1月から始まる舞台「プルートゥ PLUTO」で初の演劇に挑戦する事を発表した女優の土屋太鳳。

     NHK朝ドラ「まれ」でヒロインを務めてから2年。6月30日には主演映画「兄に愛されすぎて困ってます」が公開されるなど、女優として順調な活動を続けている。

     そんな土屋に関して、興味深い話が業界筋から聞こえてきた。

    「今、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の土屋さんですが、彼女に負けず劣らずの“金の卵”が彼女の身近にいるんですよ。どの事務所にとっても喉から手が出るほど欲しい人材ですね」と語るのは芸能事務所関係者。

     果たして、その“金の卵”とは──。この関係者が明かす。

    「彼女の2歳上の姉・土屋炎伽さんです。現在、富士通でチアリーダーとして活躍しているのですが、これまでも多くの芸能事務所がスカウトに動いています。妹の太鳳さんに似た超美人で、スタイルに関してはお姉さんのほうが確実に上でしょう。『トークにキレがある』との話も聞きます。今後、芸能界デビューする事があれば瞬く間にスターダムにのし上がるでしょうね」

     デビューに期待が高まるばかりの土屋太鳳の超美人姉。有村藍里・架純、広瀬アリス・すず姉妹に続く芸能界「美人姉妹」の誕生となるかどうか。
    (白川健一)

    画像
    KWCH0bf

    http://www.asagei.com/excerpt/83920 

    【土屋太鳳、多数の芸能事務所がスカウトに動く「超美人姉」の素顔!】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/06/11(日) 04:01:52.61 _USER9
    女優の土屋太鳳さん(22)が2017年6月9日に自身のインスタグラムを更新。

    まるで彼氏とドライブデートをしているかのような「彼女目線ショット」写真を公開し、ファンを大興奮させている。

    no title

    no title

    ■「本当に素敵な助手席でした」

    最近SNSでは「○○とデートなう」というフレーズと共に、まるで彼氏・彼女とデートしているかのようなショットを投稿するのが流行っている。

    この日土屋さんも「彼氏とデートなう」の写真を投稿したかと思いきや、実は夏に公開される土屋さんが主演を務める映画「兄に愛され過ぎて困ってます」の撮影の1コマだったようで、

    「せとかの気持ちで見ていただきたい」
    のコメントと共に、劇中で演じるヒロイン「橘せとか」という役の「彼女目線ショット」を公開したのだ。

    助手席から撮影された写真には、共演している俳優の千葉雄大(28)さんが真剣な表情で車を運転している姿が映り、まるで「彼氏とデートなう」風の写真に仕上がっている。

    「ドキドキし過ぎて、信号で車がとまってても自分だけ勝手に走り出しちゃそうな、ある意味全く落ち着かない、そして本当に素敵な助手席でした。笑」
    と、土屋さん自身もドキドキしたシチュエーションだったようだ。

    この「彼女目線ショット」に対し、ファンも大興奮のようで

    「めっちゃ完璧なアングルな写真!」
    「これ、彼氏とデートなう。に使いたい~」
    「羨ましい...」
    「素敵な目線写真ありがとうございます」
    など絶賛コメントが相次ぎ、10日17時現在、「いいね」は5万7000件に達している。

    19050127_457625531241164_7423098750563778560_n

    https://www.j-cast.com/2017/06/10300299.html

    【土屋太鳳「彼氏」写真投稿?相手は誰だ、とファン大興奮(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ