中二病速報

    タグ:吉本

    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/20(水) 16:05:08.04 _USER9
    ◆グループ脱退後の活動を禁止するNMB48“奴隷契約書”を入手

     NMB48のメンバーと当時の所属事務所である「KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社」との間で、脱退後の芸能活動を一定期間禁じる契約が交わされていたことがわかった。6月16日(土)のネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。

     AKB48など他の姉妹グループとは異なり、NMB48のメンバーは全員が吉本興業の関連会社に所属している。週刊文春デジタル取材班は「専属契約書」の現物を入手。そこにはこのような条項があった。

    〈本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず〉

     「まるで“奴隷契約”ですよ! 2年間も活動を止めたら事実上の芸能界引退です。メンバーも『“フリーター製造機”だね』って自嘲していた」(元NMBメンバー)

     労働問題にくわしい都民総合法律事務所の中村剛弁護士が解説する。

     「今年2月に公正取引委員会の有識者会議が報告書を公表し、タレントの事務所移籍を制限するのは独占禁止法違反にあたる可能性があると指摘しました。今後の指針を示した重要なガイドラインと言えます。昨夏に契約トラブルが報じられたタレントのローラさんの場合も2年間の活動禁止条項がありましたが、結局は今年4月に事務所と和解しています。憲法22条(職業選択の自由)に照らして拘束力を有さないという裁判例もある。NMBの契約内容も法的には同様に判断される可能性が高い」

     週刊文春の取材に吉本興業の広報担当者は次のように回答した。

     「NMBの契約書には確かにその条項があります。ですが、それを盾に取って活動を制限したことはありません。今年3月に入った子たちの契約にはその条項がありませんし、相談があれば、それ以前のメンバーも2年縛りはなくしています」

     “奴隷契約書”の内容や元メンバーの肉声など、詳細は6月21日(木)発売の「週刊文春」で報じる。「週刊文春デジタル」では「直撃!週刊文春ライブ」有料パートで放送した関連動画等を同日朝5時に公開する。

    img_b58342d7f8076c8b504bfa8e89192f8735265

    週刊文春 2018年6月28日号
    http://bunshun.jp/articles/-/7848

    【【週刊文春】グループ脱退後の活動を禁止するNMB48“奴隷契約書”を入手 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/06(水) 03:36:21.07 _USER9
    小籔も推薦 吉本新喜劇の美女・高橋靖子が大胆グラビア挑戦

    「やっと気づいてくれた! 靖子さんの美しさに!! 吉本新喜劇で一番の美人!! 年齢で二度驚いて下さい!!」
    ──そう吉本新喜劇座長の小籔千豊が推薦するのが、吉本新喜劇活動する高橋靖子(51)。本誌・週刊ポストで大胆なグラビアに挑戦した高橋が語る。

    「吉本新喜劇では、共演する芸人さんたちがボケて笑いをとる中で、“芝居を締める役者”として出演しています。とはいえ、『大塚家具の女社長に似すぎや』とか
    『大きい鼻やのう』などといじられて笑いにつながることもありますが(笑い)。芸人さんたちと同じように、私もお客さんの笑顔が見たくて舞台に立っています。

    今回のグラビアのお話をいただいた時、それを聞きつけた芸人さんから
    “『週刊ポスト』でグラビア? 出る雑誌がちゃうやろ。『Tarzan』と勘違いしてるんちゃうんかい?”と、ツッコミを入れられました。

    ダイエットやトレーニングなどは特に何もしていないんですが、昔から筋肉質で、色っぽさとは無縁の私。51歳になり、キレイに撮っていただけるこんな機会はもう二度とないだろうと、思い切ってチャレンジしましたが、いかがでしょうか?

    人生初のグラビア撮影だったので、どうポーズをとったらいいのか全然わかりませんでしたが、カメラマンの渡辺達生さんと会話をしながら撮られているうちに、いつの間にか撮影が終わっていました。

    これが今のありのままの私です。『キレイ』と思っていただけたら、幸いです」

    【プロフィール】たかはし・やすこ/1967年5月26日生まれ。岐阜県出身。1987年「第3回東映ミス映画村」に選ばれデビュー。ドラマ『大岡越前』や『暴れん坊将軍』などの時代劇に出演。
    30歳で芸能界を引退するも、1999年に復帰し、吉本新喜劇のレギュラー女優として活躍。

    ◆撮影/渡辺達生

    ※週刊ポスト2018年6月15日号

     NEWS ポストセブン 
    https://www.news-postseven.com/archives/20180605_689716.html 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180605-00000006-pseven-ent 

    新喜劇のマドンナ女優・高橋靖子 
    no title

    小籔も推薦する美女 
    no title


    【吉本新喜劇の美女・高橋靖子(51)が週刊ポストで大胆グラビア挑戦(画像あり) 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/06/04(月) 12:31:59.69 _USER9
    路上で女性の体を触ったとして、大阪府警は4日、お笑いタレント、大脇拓平容疑者(38)=大阪府茨木市=を強制わいせつの疑いで逮捕した。大脇容疑者は吉本興業に所属し、「グイグイ大脇」の芸名で活動している。

     逮捕容疑は今年4月19日午後、茨木市内の路上やエレベーターで10代後半の女性の体を触るなどした、としている。

     府警によると、防犯カメラの映像などから大脇容疑者の関与が浮上。「服の上から下半身を触った」と容疑を認めているという。【松本紫帆】

    7e460d67a33371eb1d4f7f3fc08fe1bbde11cf87

    毎日新聞 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000033-mai-soci

    【吉本「グイグイ大脇」を逮捕!強制わいせつ容疑 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/05/27(日) 17:31:57.69 _USER9
     明石家さんま(62)が27日、MBSで放送された「明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人」に出演。2011年8月に暴力団との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん(62)の復帰計画を吉本と練っていたが、紳助さんと吉本の意見の違いで頓挫(とんざ)したことを明かした。

     紳助さんについては、12年の新春会見で、大崎洋社長が自ら紳助さんの復帰について触れ、「皆さまのご理解をいただければ、いつの日か吉本に戻ってきてもらえると信じている。これは全社員、全タレントの思いです」と語っていた。この発言を受け、紳助さん復帰説がにわかに現実味を帯びたのは事実だ。

     さんまはこの日の番組で、引退後は「一切連絡とってない」という同期の紳助さんについて、「これはテレビで放送できひんと思うけど…」と迷いながら切り出し、「吉本と紳助と俺と、(紳助が)帰ってくる準備、俺はしててんけども」と復帰の準備をしていたことを打ち明けた。

     しかし、「本人と会社の意見の違いで、予定通りいかなかった」と紳助さんと吉本の意見の相違があり、最終的には実現しなかったことを明かした。

     さんまは紳助さんの引退後、ラジオ番組で「犯罪を起こしたわけやないんやから」と盟友をフォローする発言をしていた。

     なお、さんまと同様、紳助さんと同期で、引退後も交流がある大平サブローは「マッチョやで。(体)鍛えて、ムッキムキ。髪の毛伸ばして、すごいよ」と近況を報告していた。

    20180527-00000119-dal-000-view

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000119-dal-ent

    【さんま 紳助さんの復帰計画していた 吉本と本人の意見相違で頓挫 】の続きを読む

    このページのトップヘ