中二病速報

    タグ:吉本

    1: ストラト ★ 2018/05/22(火) 19:50:55.74 _USER9
    ほっしゃん。ことお笑い芸人の星田英利が、官邸前デモに初参加したことを報告。
    芸能人として政治的な活動に関わるリスクもあるとした上で、それでもデモに参加した理由を明かした。

    星田は、トークバラエティ「よしログ」に出演。
    3月30日に東京・永田町の首相官邸前で行われた、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる財務省の決算文書改ざん問題に対する抗議活動に参加したことを明かした。
    「デモなんか行ったら、タレントなんかリスクあるわけやん。仕事なくなるとか、使いにくくなるとかあるけれども、『そういうやつでも行かなあかん状況やで』ということをわかってほしかった」と初めてデモに参加するに至った心境を明かした。

    とはいえ、デモに対して「怖いオッサンがわーっとやってる」というイメージを抱えていたため、不安はあった。
    しかし、実際に参加してみて、大声を出すのが苦手な人のための“サイレントエリア”があることや、弁護士グループが巡回していることなどを知ったそう。
    星田は、デモでのいろいろな発見を興奮気味に語った。

    星田は、「(デモの雰囲気は)普通やったわ。だから俺も、許せんことあったら何でも行こうと思った」と今後のデモ参加にも意欲を示した。
    「権利で守られているんです。『安倍さん、頑張れ!』ってデモだって守られているし、否定されていない。なんでも表現していかなあかんと思った」と振り返っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00010000-trendnewsn-ent

    動画
    ほっしゃん、官邸前デモに初参加! よしログ(GYAO!オリジナル)
    http://gyao.yahoo.co.jp/player/00309/v09888/v0987100000000569633/

    ほっしゃん。こと星田英利
    no title



    【ほっしゃん。こと星田英利、官邸前デモ初参加を報告】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/13(金) 01:06:58.19 _USER9
    新喜劇・吉田裕、肝膿瘍(のうよう)で1ヶ月入院 手術終え復帰誓う「待ってくれんのか~い!!」

    リズミカルな掛け合いが人気の「乳首ドリル」や「マキバオー」で知られる吉本新喜劇の吉田裕(39)が、肝膿瘍(のうよう)のため大阪市内の病院に入院したことを12日、所属事務所を通じ発表した。
    きのう11日に手術を受け無事終了。1ヶ月後の退院を予定しているという。

    事務所によると吉田は、数日前より肝臓付近の痛みを訴え、10日に大阪市内の病院で、MRI、レントゲンなど精密検査を受けた。
    その結果、肝臓に膿(うみ)がたまり炎症を起こしてしまう病気、「肝膿瘍」と診断され、入院。きのう11日に手術を受けた。
    当面の仕事や復帰時期に関しては医師の判断に従い調整していくとしている。

    吉田は「いろいろとご迷惑をおかけしましてすみませんでした!  まさか自分が入院するような病気になるとは思いませんでした。皆さんも体に違和感があったらすぐに検査に行ってください!」とコメント。
    また、「 舞台復帰はいつになるかまだわからないですが、必ず元気な姿をお見せします! その日まで皆さん、待ってくれんのか~い!!」と一日も早い復帰を誓った。

    「乳首ドリル」や「マキバオー」などのネタで人気の吉田。今年1月には同じく新喜劇の前田真希(38)と結婚したばかり。

    オリコン 
    https://www.oricon.co.jp/news/2109410/full/ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000306-oric-ent 

    吉田裕 (C)ORICON NewS inc. 
    no title


    【吉本新喜劇・吉田裕、肝膿瘍で1ヶ月入院 手術終え復帰誓う】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/03/24(土) 11:37:02.88 _USER9
    お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(47)が22日深夜放送のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。22日夜に最終回を迎えたフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」について、とんねるずの“最後の雄姿”を見て受けた際の思いを口にした。

     当日夜は早めにニッポン放送入りしており「みなおか」は「ガッツリとは見られなかった」という岡村。それでも「野猿が出て。うたばんで終わっていくっていうのが凄く意外だった」と感想を口にしたほか、1時間枠だったことについても「とんねるずさん的に、普通に1時間で終わった方がきれいっていう判断やって思う」と話した。

     自身が出演する同局「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)は31日に終了することにも触れ「『めちゃイケ』が31日に終わるということで。『みなさん』はきょうで最終回でした。本当おつかれさまでした」とねぎらった。

     また、フィナーレでヒット曲「情けねぇ」を一部歌詞を替えて披露したことが反響を集めた。岡村は「いろんな思いもありつつ、歌詞も変えながらで。最後『情けねえ』やったんやなあ」としみじみ。最後は「歌っているのを見て、カッコエエなあと。なかなか吉本にはいてない感じのスーパースターやなあと思った」と、あこがれである先輩お笑いタレントへの思いを語っていた。

    スポニチアネックス 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00000092-spnannex-ent 

    20180324-00000092-spnannex-000-view


    【岡村隆史「情けねえ」熱唱とんねるずは「吉本には、いてない感じのスーパースター」 】の続きを読む

    1: みやび ★ 2018/03/23(金) 07:25:19.21 _USER9
    アイドルグループ・乃木坂46、欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾として、秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクト「吉本坂46」の第一次審査合格者が22日、発表された。
    エントリー数1747人から、第一次の書類審査で751人が通過。
    吉本所属の芸人、タレントは悲喜こもごもの反応を見せた。

    一次合格者の中でひときわ目を引いたのが、吉本新喜劇の重鎮・坂田利夫と池乃めだか。
    坂田は76歳、めだかは74歳と高齢ながら、アイドル目指してオーディションに参加し、吉本坂へ一歩を踏み出した。

    『よしもと男前&ブサイクランキング』で2年連続「ブサイク」部門を制した稲田直樹(アインシュタイン)も通過。
    アイドル界に新風を吹かすダークホースとなるチャンスを得た。

    “ミナミの父”を自称し、なんばグランド花月で「占いどころ 服部宝観」を運営する占い師の服部宝観氏も二次審査へ。
    社会評論家・岡田斗司夫も二次審査へ駒を進めるなど、枠にとらわれない選考が目立った。

    同じ秋元氏が手がけていたNMB48の卒業生では三秋里歩(元・小谷里歩)、高野祐衣が通過。
    三秋はツイッターを更新し「吉本坂のことを知った時に、頑なに私は絶対応募しないぞ!と思っていたんですが、1年程前の鶴の一声を思い出して締め切りギリギリに応募しました」と説明。
    「ふと思い出したけどNMBの時も締め切り過ぎてから書類出したな~」と懐かしんでいた。

    また、盟友・山本彩から「おめでとう」と祝福されると「とにかく頑張る」と力強く語った。吉本が手がけていたアイドルグループ・ユメノカケラに所属していた水川華奈といった経験者も通過した。

     ただ、現在も活動する9人組アイドルグループ・つぼみは明暗分かれる結果に。
    「つぼみの存在を知ってもらうために」と吉本坂のオーディションを受けたが、恵梨花だけ落選。

    恵梨花はツイッターで「アイドルでエースが落ちるって! もうみんなからイジられまくるやん! 笑」としつつも「落ちたけど二次審査並びにいこうかな? 書類で落ちるってほんま他の人と変わったこと書いてないよ。
    みんなが二次審査受けてる間仕事ください~」と吉本所属らしく訴えた。

    お笑いタレント・たむらけんじも涙を飲んだ。
    「一次審査で落ちてました。いち早く吉本坂を転げ落ちました。
    坂田師匠は合格してるのに」とぼやき、ダメダメなキャラで知られるトミーズ健が通過したことに「うそやん! トミーズ健合格してる!(敬称略)」とツッコミんでいた。

    応募資格は、芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャンらよしもと所属タレント6000人が対象。
    芸歴・男女不問で、よしもと所属であれば誰でも応募ができ、ユニットの芸人でも個人としてエントリー可能となっていた。

    20180322-00000366-oric-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000366-oric-ent

    【秋元康と吉本の新プロジェクト「吉本坂46」の第一次審査合格者発表 坂田利夫、池乃めだか、岡田斗司夫など】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/24(土) 11:40:53.00 BE:203070264-PLT(23736)
    『ウーマンラッシュアワー村本大輔の最近の怒りをずっと聞いてるだけの45分 定期的にここでガスを抜かないと犯罪とかするタイプの人間なので優しい心で包み込みに来てください』
    日時:2017年1月18日(木) 開場:18時00分 開演:18時15分 場所:ルミネtheよしもと 料金:前売券2000円(当日券も同額・税込)

    ここ最近、何かと話題になっているウーマン村本が単独でトークライブをやっているということで観てきたわけですが、結論から言いますと…。なんとなく面白かった気がするけど、何が面白かったのか、よくわからない。なんでだろう? ただ、この感覚って昔、どこかで味わったことがあるんですよ。なんだろう? 最初のテーマは1月1日放送 『朝まで生テレビ』の話。加えて昨年12月17日に放送された『THE MANZAI 2017』で【中略】5分の漫才ネタだけで
    そういったものに対する問題意識を世間に持たせられたということで…。「芸人は5分で世界を変えられるんですよ!」 と、早口でまくし立てた。世界を変えましたかっ!【中略】主にひな壇で活躍する先輩芸人に対し「先輩のやり方を なぞりながら死んでいくヤツらしかいない。大喜利とトークだけやって死んでいけ!」と非難し、千原ジュニアと 思しきモノマネで揶揄するネタなどを、早口でまくし立てて落とすとくり返していたのですが、【中略】 ただの中二でした。大したこともないのに威張り散らしている中三の先輩の陰口を並べることで面白がられていたヤツ。
    「そんなこと言ったらヤバいよ」という背徳感で面白がられているだけで内容は希薄。彼は渡米して スタンダップコメディで成功したいようですが、中二をこじらせたまま、死なないでね♪

    no title

    ノブコブ吉村、ウーマン村本は「単純に嫌い」- 吉本坂46入り嫌がる
    http://news.mynavi.jp/article/20180221-587181/

    【 ウーマン村本さん、吉本主催の独演会で千原ジュニアを盛大にdisる 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/08(水) 19:19:00.71 _USER9
    11月2~5日に放送された、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾によるバラエティ番組「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)の合計視聴数が、7400万以上を記録した。
    同番組には3人以外にも多数の有名芸能人が参加した。

    「VTR出演では矢沢永吉、笑福亭鶴瓶、ゆず、GLAYなどの豪華芸能人がエールを送り、俳優の山崎賢人、山田孝之、オダギリジョー、山本耕史らは現場にまで駆けつけました。
    また芸人もキャイ~ン、爆笑問題、関根勤など、3人とゆかりのある人物が出演し、番組を盛り上げました」(テレビ誌記者)

    この他にも、橋下徹(タイタン)、カンニング竹山やメイプル超合金(サンミュージック)、タイムマシーン3号(太田プロ)、狩野英孝(マセキ芸能社)など、様々な事務所の芸能人が出演した。

    しかしこれだけの出演者が集まったにもかかわらず、吉本興業の所属タレントが誰一人と登場しなかったことで、視聴者からは疑問の声が噴出したようだ。

    「この番組に出演するかどうかは、ジャニーズ事務所に反目するかどうかの踏み絵のようなもの。
    吉本以外でも、10月26日発売の『週刊文春』によると、香取と大河ドラマで共演していたホリプロの藤原竜也や優香に、制作側がオファーを出していたとか。
    しかし彼らの出演はなく、やはり大手事務所はジャニーズとの付き合いから、本人の意思とは関係なく番組には出さない判断をしたのでしょう。
    ただ視聴者もそんな芸能界の空気を感じ取っており、リスクを抱えて登場した出演者の好感度は上がっています」(前出・テレビ誌記者)

    一部の芸能事務所は、業界で絶大な力を持つジャニーズに忖度した可能性がある。だからこそ、今回3人に協力した芸能人には拍手が送られているようだ。

    c381d9d3b319cd45b6c6819c076f5856

    アサジョ
    http://dailynewsonline.jp/article/1373826/


    【踏み絵を拒否?「72時間ホンネテレビ」の出演を断った芸能人とは? 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2017/11/07(火) 17:53:30.71 _USER9
     競泳のリオデジャネイロ五輪日本代表の今井月(いまい・るな、17歳)が、芸能事務所のよしもと クリエイティブ・エージェンシーとマネジメント契約を結ぶことになり、7日、都内の吉本興業東京本社で会見した。

     会見には、司会に元メジャーリーガーの石井一久氏(44)が、ゲストとしてお笑いタレントのおばたのお兄さん(29)、大西ライオン(37)、ジョイマン、ガンバレルーヤが登場した。今井は、ジョイマンとガンバレルーヤについては「名前が出てこない…」とよく知らない様子。「(明石家)さんまさんとか、ダウンタウンさんとか、ナインティナインさんが好きです」と明かすと、芸人たちから「そのクラスはまだ早い!」と突っ込まれていた。

     会見中には各芸人から一発ギャグを指南され、実践させられるという“洗礼”を受け、「すごい恥ずかしかったので、当分は(大会でも)緊張しないと思います」と苦笑い。よしもととマネジメント契約に至った理由を「競技に集中するための環境を整えるため」とし、「3年後の東京五輪が自分の中の一番のメーンなんですが、そこで結果を出すためにも1年1年、いい結果を出してステップアップしたい」と意気込みつつ、 「バラエティーとかにも出てみたい」とタレント活動にも興味を示していた。

     デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000093-dal-spo
    今井月
    no title

    【【競泳】今井 月(るな・17歳)吉本とマネジメント契約「バラエティーとかにも出てみたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ