中二病速報

    タグ:吉本

    1: スズムシのなく頃に ★ 2019/09/05(木) 19:16:47.27
    「週刊文春」は、本日(9月12日)発売号で人気芸人「EXIT」の兼近大樹さんの過去に関する記事を掲載しました。記事を受けて、所属事務所である吉本興業は、本日ホームページに、「兼近が未成年であり、弊社に所属して芸能活動を開始する前の2011年の時点における事実を、公益を図る目的なく報道するものであり、弊社所属タレントのプライバシー権・名誉権に対する重大な侵害にあたると考えざるを得ません」とした上で、文藝春秋に対し「本件記事を掲載した行為について強く抗議するとともに、民事・刑事上の法的措置についても検討して参る所存です」と発表しました。

     兼近さんは、チャラい言動と派手な外見とは対照的な真面目なキャラクターがテレビで広く知られ、人気を集めるようになりました。テレビ番組で、高校中退後、アルバイトで家計を助けていたことなど、自らの過去のエピソードについて明かし、ベビーシッターの副業などについても広く公開しています。こうした兼近さんの「善人キャラ」が評価され、テレビ番組への出演も増えています。

    「週刊文春」は今回、兼近さんの過去について、新たな情報を入手し、逮捕時に兼近さんは成人だったこと、その事実は実名で報道されていることを確認しました。また、当時の関係者にも取材を行いました。そうした結果を受けて、兼近さんに取材を申し入れたところ、約20分にわたり、真摯に応じていただいたことは、誌面にある通りです。

     兼近さんは、逮捕の事件について説明されたうえで、次のように心境を吐露されました。

    「正直、いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。それが今、文春さんが知ってくれたっていうことで正直嬉しかったです。『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」

     兼近さんは逮捕によって、更生を決意して、芸人を目指し、上京しました。兼近さんは「週刊文春」に逮捕について、こう語っています。

    「自分のやっていること、生きてきた道っていうのが外れてる道をただ走っていたんだなってことにそこで気づいて、警察の人と話して、出たらむこう(東京)に行く手続きをとって」

     ご本人の言葉にもあるように、兼近さんという芸人を語る上で、逮捕の過去は、切り離せない事実です。また、テレビ番組に出演し、人気を集める芸人は、社会的に影響力が大きい存在です。

    「週刊文春」では、兼近さんが取材に対して、「やっと話せる」「すべてをさらけ出してほしい」と説明されたことを踏まえて、記事を掲載しました。

     3ページにわたる記事をお読みいただければわかるように、「週刊文春」記事は逮捕の過去によって現在の兼近さんを否定するものではありません。兼近さんという芸人がいかに生まれたのかを、ご本人の言葉によって伝える記事であることは、読者の皆様にご理解いただけるものと思います。

    https://bunshun.jp/articles/-/13916?page=1

    【【週刊文春より皆様へ】「EXIT」兼近大樹さんを巡る「週刊文春」報道について 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/09/04(水) 16:11:40.59
    「バイブス、いと上がりけり~」「ポンポンポ~ン!」などとチャラい言動や派手な外見とは裏腹に、実は真面目というキャラで大ブレイクを果たした吉本興業の人気芸人「EXIT」。

    副業はベビーシッターや介護の仕事であることや、高校中退後にバイトに明け暮れ、
    家族を援助していたことをテレビ番組で明かすなど、見た目とは対照的な善人キャラが話題を呼んできた。

    そのボケ担当である兼近大樹(28)が、2011年11月、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    兼近の地元・北海道札幌市の地元記者が解説する。

    「要は、売春の斡旋をしていたのです。直接の逮捕容疑は同年4月、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。
    女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。当時、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています」

    9月1日深夜、「週刊文春」取材班が兼近を直撃すると、事実関係をあっさり認めた。

    「はいはい。そうです。簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」

    さらに安堵の表情を見せ、次のように語った。

    「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。
    『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」

    吉本興業の広報担当者はこう回答した。

    「事件の詳細については回答を差し控えさせていただきます。一連の闇営業騒動の際に、本人から報告を受けましたが、非常に高度なプライバシー情報であることから公言をする必要はないのではないかとアドバイスしました」

    逮捕されて、法律の大切さを知り、過去の関係を断ち切って上京したという兼近。

    9月5日(木)発売の「週刊文春」では、売春あっせん事件の詳細に加え、兼近が約20分にわたって語った自らの過去、もう一つの警察沙汰についても報じている。

    https://bunshun.jp/articles/-/13815 

    img_b391e8656bf5cd3f49652e015a9e8731107165


    【【週刊文春】吉本芸人EXIT兼近は少女売春あっせんで逮捕されていた】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/09/03(火) 00:13:36.49
    「騒動後の宮迫さんはこども食堂に参加するなど、精力的にボランティア活動を行っています。しかしそれ以外は引きこもり気味で、8キロも痩せてしまったそうです」(芸能関係者)

    振り込め詐欺グループ主催の忘年会に事務所を通さず参加した“闇営業問題”により、7月19日に所属する吉本興業から契約を解消された宮迫博之(49)。
    しかし、直後の20日にロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と緊急会見を敢行。謝罪するとともに、同社の岡本社長から「お前ら全員クビにする力がある」などパワハラ発言を受けていたと涙ながらに告発していた。

    あれから1カ月。8月19日には、謹慎中だった11人の芸人らが処分を解除されるなど、事態は徐々に沈静化の方向へ。しかし、その裏で宮迫は“驚きの計画”を立てているという。

    「宮迫さんは4年前から都内でたこ焼き店を経営しているのですが、今回の騒動でしばらく休業していたと聞いています。しかし7月から営業を再開し、宮迫さん自ら店頭に立って接客しているそうなんです。実業家に転身し、たこ焼き店を拡大していくのではないでしょうか」(宮迫の知人)

    8月29日の昼下がり。自宅から車で1時間ほどの神奈川県・横浜市内にある雑居ビルから出てきた宮迫。記者が彼に声をかけると、意外な答えが返ってきた。

    「暑いなかわざわざ東京からありがとうございます。ここには、あるボランティア活動の打ち合わせに来ていたんです。全国からこうしたお話をたくさんいただいていて、毎日有意義に過ごしています」

    肌は真っ黒に日焼けし、健康的な見た目の宮迫。彼は全国からオファーが殺到する、“贖罪巡業”に専念していたのだ。

    ――実業家に転身するという噂もありますが?

    「実は、あの騒動以後もずっとお店は続けていました。この前はたまたま食材のことで店に顔を出しただけなんです。とにかく今はボランティアに力を入れたい」

    明石家さんま(64)が経営する個人事務所と契約するという報道もあったが、芸能界復帰について神妙な面持ちでこう語った。

    「さんまさんとの話は全く進んでいません。あと何日たったら芸能界復帰、そんなことは考えたこともありません。最近は全然飲みにも行けていませんが、行くつもりもないです」

    そして今の宮迫を支えていたのは、家族だった。

    「家族の存在は本当にありがたいです。妻は『ボランティアをちゃんと頑張って。謝罪じゃないけれど、今はあなたの気持ち、誠意が問われている時だから』と応援してくれていて、うれしいです」

    最後には「僕より亮を先に何とかしてあげたい。僕は最後の最後にもしチャンスがあればでいいので……」と語り、謹慎中の亮を気遣いながら、その場を去った宮迫。
    贖罪の先に待ち受ける運命は果たして――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00010000-jisin-ent

    笑顔で記者の直撃に応える宮迫
    no title

    【【女性自身】宮迫博之語るオファー殺到の今 さんま事務所入りは全く進まず 】の続きを読む

    1: ほニーテール ★ 2019/08/29(木) 20:02:33.75
    日本テレビの厳しい対応に吉本興業が大揺れだ。なんと当面の間、情報番組に限定する形で吉本芸人の“使用自粛”についての話し合いがもたれたというのだ。
    ターゲットとなったのは吉本興業の加藤浩次(50)とハリセンボンの近藤春菜(36)、さらに山里亮太(42)がナレーションを務める「スッキリ」だという。

    「きっかけは反社会的勢力相手の闇営業問題に端を発した吉本興業のお家騒動です。加藤が番組の意向を無視し、『取締役が変わらなかったら会社を辞める』と吉本興業に迫り世間を騒がせた。さらに春菜も加藤に便乗する形でこの問題をあおりまくった。視聴率は2桁に達したが、騒動が収束するとこれまでの平均視聴率よりも数字が取れなくなってしまったんです」(局関係者)

    ■“加藤の乱”の後始末

     慌てた日テレサイドは、MC画像ブロ藤や近藤の言動を改めて振り返ると共に視聴者のリアクションの変化について徹底解析を実施。結果、浮かび上がってきたのは2人に対する“キャスター不適格”という視聴者の厳しい見方だ。

    「加藤による吉本現経営陣への批判は、公共の電波を使ったゴネ得だと見られていたんです。当初は威勢がよかったものの、吉本が“経営アドバイザリー委員会”を設置し、従来のマネジメント契約だけでなく『専属エージェント契約』も選択できると発表すると、加藤は自らが提案した案が採用されたため吉本に残留すると番組で表明。
    結局、“加藤の乱”はお家騒動に便乗した自分の権利主張だと視聴者には見えた。要は2人に情報番組のキャスターとしての資質はないとされてしまった」(前出の局関係者)

    一方、天の声を務める山里は……。

    「山里の場合はキャラクターに難があるようです。最近、女優の蒼井優と結婚してからというもの天狗になってしまったようで、番組スタッフとの軋轢が絶えません。今回の加藤の問題に便乗する形でリストラ案が出てきたんです」(前出の局関係者)

     現在、日テレ上層部は安易にお笑い芸人を朝の情報番組キャスターに起用したことを反省し始めているという。

    「報道色が濃い、情報番組のキャスターに芸人をキャスティングしているのは日テレだけなんです。今回の騒動を受け、特に吉本芸人を報道系の情報番組に出さない方針を取るべく、調整が始まるようです」(事情通)

     その第一歩が「スッキリ」だというのだ。しかし今後は、ココリコの田中直樹が出ている「ZIP!」も俎上に載せるという。

    「『ヒルナンデス!』は完全なバラエティー番組のため当面は問題にならないようです」(別の関係者)

     吉本の食えない芸人を救うべく起こした“加藤の乱”だが、皮肉にも芸人の食いぶちを潰すことになりそうだ。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000011-nkgendai-ent 

    20190829-00000011-nkgendai-000-view

    【日テレが吉本興業に大ナタ 「スッキリ」芸人に“全員リストラ案”が 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/25(日) 01:17:27.53
    今田耕司(53)が24日、MCを務める読売テレビ「特盛! よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜午前11時55分)で、闇営業問題渦中の宮迫博之(49)を思いやった。

    この日の放送では、フリーアナウンサーの生島ヒロシ(68)が出演。生島は吉本興業の大崎洋会長とメールする仲という。生島は大崎会長から「一番つらいのは好きだけど売れない子がいる現実。
    全員をハッピーにするのは難しい。やれる範囲のことを最大限にやるために、日本のみならず世界に向かってやりたい」という情熱を聞いていたと明かした。
    大崎会長について「つらい立場に追いやられているのが正直なところ」と話すと、今田は「ですから宮迫をよろしくお願いします」。

    番組では、吉本興業が専属エージェント契約導入を発表したことにも触れた。友近(46)は「見本とかひな型みたいなのがないんで、何とも動けないというか…」。
    星田英利(48)が「会社もやっぱり自分のところの番組は専属タレントを使いたいですもんね。エージェント契約の人よりは」と話すと、
    ほんこん(56)は「こういう番組はエージェント契約にすると呼ばれへん。せやからそんなもんはイヤですよ」とコメントした。

    日刊スポーツ
    https://news.livedoor.com/article/detail/16975326/

    7399d_1401_ca8c97fc_5952b908


    【友近困惑「何とも動けない」吉本との新契約導入巡り 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2019/08/23(金) 12:08:21.92
    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

    闇営業問題から端を発したお家騒動がようやく収束しそうな吉本興業だが、またまた問題が発覚。
    女ピン芸人の友近(46)にパワハラ疑惑が浮上したのだ。

    「週刊新潮」によると、友近のマネジャー2人が今年に入ってから
    同社の幹部宛てに友近のパワハラを訴える嘆願書を提出。

    嘆願書には友近の常軌を逸したイジメについて書かれているというが、
    「向いてないから辞めろ」といった罵詈雑言を浴びせられたり、深夜まで説教されたことが訴えられているのだ。

    友近は同誌に対し、一部事実関係を認めたうえで反論。とはいえ、
    過去10年ほどで友近のマネジャーは20人近く代わっているというからシャレにならない。

    「最近の若いマネジャーは打たれ弱いので、友近さんの言うことも一理ありますが、
    以前からそういううわさがあったので、共演する後輩芸人たちはすっかり怯えてしまっています」(テレビ関係者)
    友近は現在、「ゴゴスマ」(TBS系)、「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)など8
    本のレギュラーを持つ売れっ子だが、問題がこじれるようなら、その座は安泰ではない。

    「コメンテーターを務める『ゴゴスマ』などではパワハラ問題を扱うが、自分が“当事者”なのにどうコメントするのか。
    テレビ各局のコンプライアンスでパワハラはNGですから」(前出のテレビ関係者)

    仕事に対する厳しさで知られる友近。ふがいないマネジャーや後輩に腹が立つこともあるだろうが、キレてはいけなかった。

    日刊ゲンダイ 
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/260673

    no title

    【マネジャー20人交代 友近に浮上したパワハラ疑惑の行方 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/08/20(火) 19:38:28.46
     天下の吉本興業がこれまで見せてきた“笑い”とは真逆。涙や怒りといった感情がぶつかり合い、6月から続いている一連の“騒動”は終息するのだろうか。
     8月10日、明石家さんまが『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)にて、「(騒動について)ようやくラジオでもしゃべらんでいいようになってきた」とコメント。翌11日、今度は松本人志が『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて「最悪の状況からはちょっと脱出できた」と発言。
     吉本のトップ中のトップである2人が出した“終息宣言”の背景にあるものは─。

    「吉本興業は、7月25日に、経営改革について専門家から助言してもらう『経営アドバイザリー委員会』の設置を発表し、8月8日にその第1回目の会議が開かれました。今回は“反社会的勢力への対抗措置”と“タレントとの契約とマネージメント体制”について話し合われ、この2つが含まれた『共同確認書』を所属する全芸人と交わすことが明らかになりました」(スポーツ紙記者)

     芸人たちと吉本が交わすという『共同確認書』とはいったい何なのか。週刊女性が入手した“実物”を見ると、まずは前文として以下のような“宣言”が記されていた。

    ■サインしない若手芸人も

    《わたしたち“よしもと”にかかわるすべての人間は、2019年6月27日付で公表した決意表明に基づき、常に法令及びコンプライアンス遵守の精神に従い、以下の事項を共同して誓約・宣言します。
     そして、“よしもと”のタレントたちがこれからも「笑い」の力で世の中を明るくし、世間から永く愛されながら活躍していけるよう、一丸となってタレントの芸能活動に支障が生じるようなトラブルの防止及びその解決に全力を尽くします》

     7つある項目は以下のもの。
    1 反社会的勢力との関係を断絶します。
    2 教育を徹底します。
    3 営業先を適切に決定していきます。
    4 守秘義務を守ります。
    5 差別と中傷を排除します。
    6 あらゆる権利を尊重し、マネジメントを行います。
    7 本宣言を周知・徹底します。

     反社会的勢力に対抗し、コンプライアンスの遵守を徹底するという確認書。こちらを渡された吉本所属の若手芸人によると、

    「ブレイクしている人とかは違う形かもしれませんが、東京の若手は、東京本社に5組ずつ呼ばれて、少し説明されてサインする感じでした。1グループ15分くらいで回してましたね。サインせずに持ち帰った人もいましたよ」

     確認書の配布は8日に吉本から発表されたが、現場では8月1日にはすでに芸人たちに渡されていたようだ。そして、中には……。

    「そんなの俺はもらってないですね」

     そう話すのは、同じく吉本所属の中堅芸人。

    >>2以降に続きます

    週刊女性
    https://www.jprime.jp/articles/-/15883?display=b
    no title

    no title

    【【週刊女性】吉本が芸人と交わした『共同確認書』を入手! 若手から不満噴出の「7項目」 】の続きを読む

    このページのトップヘ