タグ:吉岡里帆

    1: 湛然 ★ 2018/01/21(日) 05:04:09.94 _USER9
    吉岡里帆、茶髪で時代劇初挑戦!“生きるレジェンド”田村正和との共演に大感激

     女優、吉岡里帆(25)がフジテレビ系ドラマ「眠狂四郎 The Final」(2月17日放送、後9・0)で時代劇に初挑戦することが20日、分かった。主演俳優、田村正和(74)が45年ぶりに挑む代表作で、狂四郎の前に現れる謎の武家の娘を演じる。地元・京都で同郷の大先輩と撮影に臨んだ吉岡は「一生忘れることのない時間」と感激した。

     旬のスター女優、吉岡が、元祖二枚目俳優、田村の胸を借りて時代劇に初挑戦する。

     「眠狂四郎」は柴田錬三郎の小説が原作で、悪徳大名らに正義の剣をふるう孤高の剣士・眠狂四郎の活躍を描く。1972、73年のフジ系連ドラ版に主演した田村が、45年ぶりに同作に“復帰”する話題作だ。

     今回は集大成として狂四郎の複雑な生い立ちが描かれ、吉岡はキーパーソンの武家の娘・操(みさお)を演じる。狂四郎の前に突然現れ、「父上」と呼んで周囲を驚かせるが、素性は不明。狂四郎と同じ茶髪で、その謎も物語で明かされる。

     吉岡は2015年度後期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」のメガネをかけた女学生・田村宜役でブレークし、今年はTBS系「きみが心に棲みついた」(火曜後10・0)で連ドラ初主演を飾った期待の若手女優。

     制作側は「聡明さ、可憐さ、変幻自在な芝居でミステリアスな面もある。孤独な狂四郎に希望をもたらしながら、えたいの知れないものを抱える複雑な役どころを見事に演じた」と絶賛する。

     撮影は昨年4月から5月にかけ、吉岡の出身地である京都・太秦の京都東映撮影所で敢行。吉岡はデビュー前の18歳に、近所にあった同撮影所でエキストラを経験した思い出を振り返り、「『いつかはちゃんとセリフを言いたいな』とあこがれていたので、セリフを持って、役を担って帰って来られてとてもうれしいです」と感激。凱旋の喜びを胸に、撮影中は時代劇の所作を指導者から熱心に学ぶなど奮闘した。

     初共演だった同郷の田村とは地元トークで交流。「田村さんは私の中で“生きるレジェンド”。お芝居をそばで見られることは役者としてとても貴重な経験。一生忘れることのない時間を過ごしていたんだろうなとかみしめています」と女優人生の宝物も手に入れた。


    茶髪の日本髪がかわいらしい吉岡。地元・京都で渾身の演技を披露(写真:サンケイスポーツ)
    no title

    サンケイスポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000505-sanspo-ent

    【吉岡里帆、茶髪で時代劇初挑戦!田村正和との共演に大感激(画像あり) 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/01/16(火) 12:25:46.73 _USER9
    グラビアのお仕事のこと
    ―― 最初にテレビ出たのっていつですか。

    吉岡 一番最初は私、実は地元でローカルドラマに出てるんですよ。それは、10代の頃、事務所に入る前で。その2年間って、もう片っ端からなんでも色んな仕事をやっていて。ヘアカットモデルもするし、小劇場も出るし、インディーズ映画も出るし。そのひとつがインディースドラマ。学生たちだけで作ったドラマです。

    吉岡 KBSだったと思います。そこでドラマ(『ショート・ショウ』第1話「サティスファクション」)に出してもらってて。それがたぶん初めて電波に乗った瞬間だったと思います。

    ―― その頃は何でもやってたとおっしゃられていましたけど、事務所に入って、グラビアもやられたじゃないですか。その時、抵抗があったそうですね。

    吉岡 グラビアの話、なんかどんどん違う方に話が拡散してて、すごく困ってるんです。全然言いたいことと世間で書かれてることが違っていて。初めは戸惑いもあったけれど、グラビアの仕事ができて、今思うとすごく感謝してて、この仕事をしてる人たちにリスペクトがあるという話をしたのに、「嫌だった」ということばっかりバーッと書かれてしまって。こうやって知らない間に違う情報が流れてくんだと、ほんとにショックでした。初めてグラビアのお仕事を頂いた時は、その瞬間は確かにやったことないし、やる予定もなかったので、動揺したんですけど、でもやっぱりやればやるほど、やりがいを感じているんです。担当してくださった編集部の人も、今でもずっとつながりがあって。昨年も一緒に仕事をして、一番の応援者でいてくださっている人たちです。

    あの時間がなかったら今の自分はない
    ―― 事務所の先輩にも、グラビアから女優という道を作った、酒井若菜さんがいらっしゃいますね。

    吉岡 朝ドラに酒井さんが出られていた時にご挨拶に行ったことがあって、そこで「頑張ってね」「応援してる」って言ってくださって、すごく嬉しかったですね。酒井さんの現場とかも勉強しに観に行ったこともあるんですよ。

    ――吉岡さんにとってグラビアのお仕事は、一言で言うとどんなものだったんでしょうか。

    吉岡 カメラマンさん、ヘアメイクさん、スタイリストさん、そこで出会った皆さんとは、切っても切れない繋がりができました。本当にかけがえのない人たち。グラビアの仕事をさせていただいたことは今でも感謝してるし、あの時間がなかったら今の自分はない。そのぐらい、やってよかった仕事だと、胸を張って言えます! 

    そして同時に、間違った情報で、関わった方やグラビアを見て応援して下さっている方達を悲しませてしまい本当に申し訳なく思っています。こうやってテレビや映画に出させて頂ける様になって深く思うことですが、言葉には良くも悪くも絶大な力がある。違う意味、時には正反対に解釈されることもある。自分の発する言葉に対して、責任を持ち真摯に対峙しなければと日々考えさせられています。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00005835-bunshun-ent&p=1

    吉岡里帆
    20180116-00005835-bunshun-000-view

    no title

    no title

    関連記事 大人気女優吉岡里帆がグラビア時代を語る
    http://chunisoku.com/archives/50872683.html


    【【文春】吉岡里帆、グラビアの仕事『嫌だった』は間違った情報】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/01/12(金) 00:20:02.86 _USER9
    昨年おおみそかの「NHK紅白歌合戦」ではゲスト審査員をつとめ、
    今月16日からは民放連ドラ初主演作「きみが心に棲みついた」が放送される女優の吉岡里帆(24)だが、新春早々、出演した番組でストイックな私生活を明かし話題になった。

    「1月3日に放送された『櫻井・有吉THE夜会SP』(TBS系)に出演。
    その際、休日は血液検査を受けたり、太りやすい体質を気にして夜中にはめかぶを食べてガマンしていることを明かしました。
    それだけ聞くと、仕事にかける高すぎる“プロ意識”がうかがえるのですが…」(テレビ局関係者)

    吉岡といえば、昨年8月、一部で芸能界を代表するモテ男として知られる、俳優の佐藤健(28)の自宅マンションを訪れ“お泊まり”していたことを報じられた。

    報道を受け、双方の事務所は「交際はありません。友人の1人です」と男女関係を否定した。

    「佐藤にとって吉岡はただのセフレの1人だったみたいですが、驚くことに、吉岡にとって佐藤も何人かいるセフレの1人だったのだとか。
    売れてからは男性に不自由しなくなって遊びまくっていたようです。

    しかし、とうとう事務所幹部の堪忍袋の緒が切れたようで、すっかり“夜遊び禁止令”を出されてしまったのだとか。
    それからストイックな生活を続けているようです」(同前)

    果たして、いつまで男をガマンできるだろうか。

    85181358

    https://npn.co.jp/article/detail/85181358/

    【ついに事務所が吉岡里帆に発令した “夜遊び禁止令” 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/12/25(月) 22:44:39.20 _USER9
    2017年12月25日 18:27

    吉岡里帆、キュートなサンタ姿を披露 「里帆サンタうちにも来てほしい!」

     1月スタートの新ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系/毎週火曜22時)の公式インスタグラムが24日に更新され、本作で連ドラ初主演となる吉岡里帆のサンタクロース風のオフショットが公開された。
    この投稿にファンからは「かわいいサンタさん」「さすが里帆ちゃん!」「夢の中でもいいからプレゼントが欲しい」など、絶賛の声が相次いでいる。

     今回の投稿では「メリークリスマス」というメッセージとともに、飾り付けが施された真っ赤なカチューシャを付け、腕にはプレゼントがたくさん入ったボックスを抱える吉岡のオフショットを公開。
    「りほサンタがスタッフみんなにプレゼントを持ってきてくれました」とのことだ。

     コメント欄には、「まって、めっちゃかわいい 笑」「里帆さんた可愛すぎる!」「私のところにも来てほしいです!」「心遣い、とってもあたたかいですね」
    「いったいどんな素敵なプレゼントを持ってきたのだろうか~」「スタッフさんたちが羨ましい」など、様々な感想が寄せられている。


    メリークリスマス りほサンタ??がスタッフみんなにプレゼントを持ってきてくれました [kimisumi_tbs]
    no title

    no title

    25005801_135086000502274_7044202688535330816_n

    http://www.crank-in.net/entertainment/news/53433

    【吉岡里帆、キュートなサンタ姿を披露 「里帆サンタうちにも来てほしい!」 (画像あり)】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/12/09(土) 05:16:12.03 _USER9
    吉岡里帆、美背中あらわになったセクシーニット姿披露!

     吉岡里帆が6日、美背中あらわになった写真を公開し「背中たまらん!」「凄く綺麗」と話題だ。

     公開されたのは1日に発売となったファッション雑誌『bis(ビス)2018年1月号』(光文社)で吉岡が表紙を務めた際の1枚。背中の大きく開いたセクシーなニット衣装に身を包んでおり、振り帰り際にカメラを見つめる自然な表情が切り取られている。

     ファンは「本当にキレイ」「美しい」「見返り美人ですね」「可愛すぎ」と吉岡の美背中に釘付けだ。

    riho_yoshioka”bis”
    no title

    https://www.rbbtoday.com/article/2017/12/08/156588.html

    【吉岡里帆、美背中あらわになったセクシーニット姿披露!】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/06(月) 01:43:33.01 _USER9
    10月26日発売の「週刊文春」が、来年1月から吉岡里帆の主演ドラマが放送されると報じた。放送時間は、TBSの火曜22時枠だという。

    「記事によると、少女漫画『きみが心に棲みついた』をドラマ化するそうです。放送時間は昨年、新垣結衣主演の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で大きな注目を集めた火曜22時枠。
    そして主演は、同じ枠の『カルテット』(TBS系)に出演し知名度を広げた吉岡が、今回はさらに飛躍し主演を務めるようです」(テレビ誌記者)

    同作品は、大学時代に男性からトラウマになるほど傷つけられ、ずっと恋人を作れなかったネガティブな性格の女性が主人公の物語である。
    ところが、早くも原作ファンの間では厳しい意見が飛び交っているという。

    「吉岡が演じるのは、アンダーウエアメーカーに勤める主人公なのですが、原作では人前でアンダーウエア姿になって歩かされるという衝撃的なシーンが登場します。
    しかし吉岡は昨今、グラビアなどの脱ぎ仕事を嫌悪する発言が目立ち、先日も『脱いだ人を「脱いでる人が芝居している」って見る』と公の場で発言し炎上した。
    そのため原作ファンは、『吉岡だと脱がないのでは?』『あのアンダーウエアシーンがあるから主人公の性格が際立つのに!』『カットしたら許さない!』と、重要なシーンを吉岡が演じられるかについて、心配する声が殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

    はたして吉岡は、アンダーウエア姿を披露することができるのか。
    ドラマでは彼女の女優魂が試されることとなりそうだ。

    D3S9319-1080x719

    アサ芸プラス
    http://dailynewsonline.jp/article/1372855/


    【吉岡里帆は脱げるの?「逃げ恥」枠でドラマ主演決定に原作ファンが猛批判! 】の続きを読む

    このページのトップヘ