タグ:卒業

    1: ジョーカーマン ★@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 21:55:24.34 _USER9.net
    AKB48大和田南那(17)が18日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演に出演した。
    所属するチームAの劇場公演で、入山杏奈(21)らのほか、同期の市川愛美(17)達家真姫宝(15)らと最後のステージに立った。

    大和田は13年にデビューした15期生。
    14年にはテレビ東京系ドラマ「セーラーゾンビ」に主演に抜てきされ、ミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」ではヒロイン役を務めたほか、シングルの選抜にも3度、選ばれた。
    次世代の主力候補として期待されたメンバーの早すぎる卒業。
    ファンは精いっぱいの大歓声で大和田を送り出した。
    中村麻里子(23)が、序盤から「今世紀最大の『なーにゃ(大和田の愛称)』コール、行きますよ!」とあおると、場内は盛大なコールに包まれた。

    アンコールの特別セットリストでは、同期メンバーが全員、登場し、大和田が初めてセンターを務めた「Party is over」を披露した。
    さらに、仲良しの大島涼花(18)横島亜衿(17)とは、自身初の主演ドラマ「セーラーゾンビ」の挿入歌「最初の愛の物語」を歌った。

    大和田が衣装替えをする間には、同期メンバーが大和田との思い出を語った。
    ファンの間で大和田との不仲説が取りざたされた込山榛香(18)は、「お互い性格が似ていて、思ったことを言うタイプ」と、多少の衝突があったことを認めた。
    ただ、「仲たがいになってからも、会うたびに『炎上路線』を歌いたいねと言っていた」と、実はすぐ仲直りしていたという。
    さらに「2ショットを撮るたびに、これで『(ファンの間では)仲直り』ってなっちゃうね」と明かし、ファンを安心させた。

    最後のあいさつで大和田は、アイドルながら握手会が苦手だったことを明かした。
    「最初のころは中学生で、握手会が本当に嫌いでした。『塩対応』をしていた時期を知っている人もいると思う。それでも、あきらめずに私の機嫌を取ろうとしたり、笑わせようとしてくれたファンの方もいた。ありがとうございます」。
    最後の握手会後には、想像以上に多くのファンが見送りに来てくれたという。
    同期の向井地美音(19)から「愛されてる自覚はあった?」と聞かれると、「あった」と笑った。

    今後も芸能界を続ける。
    「卒業して女優を目指そうと思っているので。『セーラーゾンビ』のドラマのときは、本当に演技が嫌いだった。反抗期だったんですね。でも『AKB49』の舞台で、演技が楽しいと思うようになりました。これからも舞台やいろんなところで、演技をしていけたらなと思います。こんな私ですが、これからも応援をよろしくお願いします」。
    涙はなく、笑顔でのフィナーレに、ファンから「頑張れ~」と声援と温かい拍手を送られていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794251-nksports-ent

    大和田南那卒業公演
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    AKB48 大和田南那
    no title

    no title

    【AKB大和田南那、卒業公演で告白「握手会が本当に嫌いでした」(画像あり)】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 05:03:01.35 _USER9.net
    俳優の谷原章介(44)がTBSの情報バラエティー「王様のブランチ」(土曜前9・30)の司会を3月で卒業することになった。2007年1月から毎週4時間30分の生放送で「土曜の顔」を務めてきたが、10年の節目を迎え、新たなスタートを切ることを決めた。

    「MCを始めた時は生放送の司会に慣れていなかったのですが、10年間でたくさん成長させていただきました。今現在、司会の仕事も幅広くさせていただいているのもブランチのおかげだと思っています」と、トレンド情報や書籍、映画、グルメなど多岐にわたる情報を伝えた番組に感謝した。

    実は卒業についてここ2年考えていた。「5年を超えたあたりから、長くても10年だねと話していたんですよ。10代後半から20代後半の方たちがメインの番組なので、自分の役割が終わりに近いことを感じていました」と決断の理由を語った。

    残りはあと2カ月。「またどこかで再会できるよう僕自身これからも頑張りたいと思います。やりきった!みんなありがとう!」と話している。15年10月からコンビを組んだ、モデルで女優の新川優愛(23)も同時に卒業する。

    画像
    20170121-00000138-spnannex-000-0-view

    スポニチアネックス 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000138-spnannex-ent 
    【谷原章介「王様のブランチ」卒業 相棒の新川優愛と3月限りで】の続きを読む

    テレビ東京「ウイニング競馬」

    注目は阪神メイン「阪神カップ(GII)」。
    全10回で連覇を果たした馬がキンシャサノキセキ、サンカルロ、リアルインパクトと3頭も。昨年、勝ったロサギガンティアは今年も参戦予定!
    4頭目の連覇となるか?
    更に今日で番組を卒業する鷲見アナが武豊騎手に迫る本音トークや、キャプテンが浜中騎手の実家にまで密着した特集も。お楽しみに!

    【司会者】 斉藤慎二(ジャングルポケット)、鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)
    【解説者】 原良馬、吉沢宗一、虎石晃(東京スポーツ)、豊島俊介(デイリースポーツ)、キャプテン渡辺


    http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/wk/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【お疲れ様】「ウイニング競馬」鷲見玲奈アナ卒業で号泣(画像あり】の続きを読む

    1: ナガタロックII(チベット自治区)@\(^o^)/ [FR] 2016/11/26(土) 19:32:55.07
    乃木坂46からの卒業と芸能界引退を発表している橋本奈々未。大人気グループの主要メンバーが人気絶頂時に辞めるということで業界内外に衝撃が走ったが、 最近の橋本の言葉にファンが激怒しているようだ。中には、ストーカー化宣言ともとれる発言をしている者も。

    橋本はつい最近、メンバーがファンに向けてメールを送るサービス、通称“モバメ”(モバイルメール)で、卒業後のことを詮索しないでほしい、という内容のものを送っていたという。
    どうやら握手会の時にファンが「卒業したら何するの?」「○○で働くんでしょ?」などと橋本に言ってきたらしい。今はアイドルだけど卒業したら一般人だから、とファンに注意を呼びかけたようだ。

    橋本はごく当たり前の主張をしたのだが、熱狂的なオタにはこの発言が癇に障ったようだ。ネットでは「オタクに貢いでもらったくせに調子いいこと言ってんじゃねえよ」 「卒業したから、はい一般人、なんて通用するわけねえだろ」「一生有名税は払うんだよ」「嫌だったらお金返せば? 感じ悪いなこいつ」「そのくらいのリスクは承知の上だろうが」 と罵詈雑言が溢れている。

    橋本の今回の発言を批判する人は、今後、橋本がストーカーされてもしょうがないと思っているのだろうか。
    思わずゾッとしてしまうが、現在すでに、自宅前にファンが現れたりなどの被害に橋本はあっているという。『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、卒業後も地元の北海道には帰らず 東京で仕事をすると語っていたため、仕事のことよりもプライベートがまず橋本にとっては心配でしょうがないだろう。

    画像 
    CcI2deSUsAE13_X

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1126/mes_161126_2827289428.html

    【芸能界引退の乃木坂46・橋本奈々未にファンは堂々ストーカー宣言】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 21:17:23.10 _USER9.net
    俳優の太川陽介と漫画家でタレントの蛭子能収が、毎回異なるマドンナ(女性ゲスト)を迎え、台本なし、仕込みなし、路線バスだけを乗り継いで3泊4日でゴールを目指すテレビ東京の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の特別編が26日“土曜スペシャル”枠で放送され、番組の最後に太川と蛭子が来年正月の第25弾をもって卒業することが発表された。

    秋元玲奈アナウンサーから「ここで2人から重大なお知らせがあるんですよね?」と振られた太川は「僕達、太川陽介、蛭子能収は正月の第25弾を持ちましてこの番組から卒業させていただきます」と報告。

    理由については「我々、沖縄しか残すところがないんです。もう全部行きつくしちゃって…もうルートがない」と説明し、残す最後のバス旅に向けて、蛭子は「それだけは絶対ゴールしたいですね」と奮起。
    太川も「頑張りましょうね。一生懸命やるしかないですから」と意気込んでいた。

    2007年から定期的に放送されている同番組では、出演者が観光を楽しむよりも時間に追われながら行動する姿や、バスの車内、待ち時間での地元住民との触れ合いが人気となり、激戦区である土曜夜のゴールデンタイムにおいて、コンスタントに10%を超える視聴率を獲得。リーダーとしてまとめ役となる太川とマイペースな蛭子コンビもすっかり定着し、2015年の春には初の海外ロケを台湾で行った映画版も公開された。

    この日の放送では、同局の移転スペシャルと題し、太川と蛭子は旅に出ずに俳優の田中要次、芥川賞作家の羽田圭介氏、元SKE48で女優の宮澤佐江の3人が熱海から金沢を目指す旅へ。

    駐車されたバスの中から太川と蛭子は秋元アナウンサーとともにVTRで旅の様子を見守っていた。
    太川と蛭子の卒業スペシャルは来年新春に放送される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000323-oric-ent

    画像
    no title

    【テレ東『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』太川陽介&蛭子能収、来年正月で卒業!】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 08:35:08.53 _USER9.net
    演歌歌手細川たかし(66)が大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」の出場を辞退し、同番組から卒業することを表明した。
    このほど日刊スポーツの取材に応じ、その決意と心境を明かすとともに、昨年まで合計39回出場した同番組出演の思い出を語った。

    今年出場すれば、40回の節目。大台を前に、番組卒業の理由を明かした。
    「昨年、森進一先輩が番組を卒業されて、今年は私かなと。紅白の舞台に立つことは、歌手として1つのステータスで、最大の夢。
    でも枠は限られているし、世代交代も必要です。『のど自慢』『うたコン』など、NHKの番組には今後もぜひ協力させていただきたいのですが、紅白は卒業させていただきます」

    決意を固めた細川の表情は、実にすがすがしかった。75年、デビュー曲「心のこり」で初出場した時の会見や歌唱の写真を眺めて、感慨深げに振り返った。

    「おお、キャンデ(ィ)ーズに、ダウン・タウン(ブギウギ・バンド)かあ。宇崎(竜童)さんも若いなあ。レコード大賞の最優秀新人賞をいただいて、すぐにNHKに移動してのトップバッター。お師匠さんの三橋美智也さんはじめ、フランク永井さんとか、そうそうたるメンバーがいる中で重量感が違ったよ。
    夢のように終わっちゃったな。当時は、今の紋付きはかまじゃなくてスーツ姿が多かった? 大御所しか着物は着られなかったんだよ」

    大トリも2度務めた。初めての83年「矢切の渡し」は、日本レコード大賞で初の連覇を達成した直後だった。

    「感動して、泣きながら歌ったのを覚えています。連覇した数時間後で、まさに物の見事な展開でしたが、それくらい、大トリにも価値がありました」

    翌84年に「浪花節だよ人生は」を歌った際には、番組史上初めて歌詞を間違えるハプニングも経験した。都はるみの引退宣言(当時)で注目され、視聴率は78・1%を記録。紅白の人気が絶頂の時代だった。

    「その3年くらい前から歌詞が画面に出るようになって。今でも覚えてるけど、村田英雄先生が『いつか、誰かがやるな』って言っていたら、俺がやっちゃった(笑い)。間違いに気付いて歌ってる最中に『すいません、間違えました』と謝ったら、目の前の審査委員もずっこけてね。
    終わって村田先生からも『たかし、やっぱりお前か~』って。その後もいろいろな歌手が間違えていったけど、何でも最初だよ(笑い)」

    ここ数年は、AKB48やももいろクローバーZらアイドルともコラボして番組を盛り上げた。紅白への思いが強いからこそ、若手への期待も膨らんでいる。
    「番組から、演歌をなくしてほしくないのが念願。そのために、演歌の若手もどんどん出てきてほしいし、頑張って育てたい。自分の弟子(杜このみ)が、今度は出られるようになったらうれしいです」

    もちろん、細川の歌手人生はまだまだ続いていく。
    「最低でもあと10年。できれば80歳まで続けたい。何十年も続く『のど自慢』で全国を回って歌いたいし、永遠に声が出る限り歌いますから、ファンの皆さんはご安心ください」

    最後まで力強く、そしていつもの豪快な笑顔だった。【大友陽平、瀬津真也】

    ◆細川(ほそかわ)たかし 本名・細川貴志。1950年(昭25)6月15日、北海道・真狩村生まれ。75年に「心のこり」で歌手デビューし、第17回日本レコード大賞最優秀新人賞。82年「北酒場」、83年「矢切の渡し」で史上初の日本レコード大賞2連覇。84年「浪花節だよ人生は」では同賞最優秀歌唱賞。
    ほか「望郷じょんから」「北国へ」などヒット曲多数。民謡三橋流名取(三橋美智貴)。趣味はゴルフ、スキー。血液型A。

    画像
    1479607602-0625-001

    1479609747-0455-001

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-01740996-nksports-ent

    【細川たかし 紅白歌合戦卒業!「世代交代必要」心境を明かす】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 16:21:52.82 _USER9.net
    アイドルグループ「カントリー・ガールズ」の嗣永桃子(24)が5日、来年6月30日でグループおよびハロー!プロジェクトから卒業し、芸能界を事実上引退することを発表した。同日、都内で行われたグループ結成2周年ライブで集まったファンに向けて自らサプライズ発表をした。

    「私、嗣永桃子は来年の6月30日をもちまして、カンドリー・ガールズー、ハロー!プロジェクトを卒業いたします」と驚きの報告。

    「来年の6月30日という日はオーディションに合格してハロー!プロジェクトに入ってアイドルになってちょうど15年目の節目の日でもあり、大きな決断をしました。はじめにBerryz工房が活動休止になって、カントリー・ガールズのプレイングマネージャーに就任したのがきょうから2年前のこと。その日に2、3年かけてメンバーを一人前にしていきたいという目標を掲げ、いままで活動してきました。みんなたくましく成長して、次は私の番だなという思いで、以前から興味があった幼児教育の勉強をたくさんして、いずれはお仕事をしたいと思っています」と新たなスタートを切る決意を報告し、「残り約8カ月になっていますが、1人のアイドルとしてもそうですが、芸能人としてもしっかりと悔いの残らないように精一杯頑張っていきたいと思います」としっかりと前を向いた。

    嗣永はアイドル活動と並行し、2014年3月に都内の大学の教育学部を卒業し、幼稚園と小学校の教員免許を取得した。「子どものことを学びたいという思いで教育学部に進んだ。その分野も挑戦したいという思いがずっと強かった。まずはこれ!ってよりは、幼児教育全般をしっかり勉強したい。特に興味もある分野を狭めていきたい」と当面は幼児教育全般の勉強していくという決意を明かした。

    さらに「歌とダンスは一生好きだと思う。身体を動かしたり、歌ったり、そういう私がアイドル活動を通して感じたことを伝えながら、いろいろ子どもたちと関われたら幸せなのかなと思う。アイドル活動で得たものをさらにという発展型のほうが私にも向いていると思うし、そういう方向で考えています」とアイドル活動で得たものを活かしていきたいと続けた。

    ももちはグループの卒業をもって芸能活動を休止。事実上の引退となることに「そう捉えていただいて大丈夫です」とキッパリ。「(ジェネレーションギャップ?)それはないです。事務所とも円満ですし、寿でもないです。普通に自分の将来を考えた時に決めたこと。凄く清らかなです」と清々しい笑顔で大きな決断を報告した。

    画像
    G20161105013666580_view

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/05/kiji/K20161105013666590.html 

    【ももち 来年6月末で芸能界引退 幼児養育の道へ「次は私の番」】の続きを読む

    このページのトップヘ