中二病速報

    タグ:写真集

    1: ジョーカーマン ★ 2018/12/25(火) 15:36:14.23 _USER9
    人気アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花(21)が来年1月22日に発売する2nd写真集のタイトルが『インターミッション』に決定し、ノースリーブワンピースをまとった“清楚感”あふれる表紙カットが公開された。
    グループ総合プロデューサーの秋元康氏は帯文に「生田絵梨花は女優だ。常に役になり切っている。この写真集は、そんな彼女の休憩中の素顔が溢れている」とコメントを寄せた。

    本作はミュージカル女優でもある生田の希望も反映され、今年9月にミュージカルの本場であるニューヨークで撮影を敢行。
    人生初となるランジェリー姿での撮影に挑戦し、乃木坂46の中でもNo.1お嬢様と呼ばれる生田にとって、初めて“大人っぽさ”を表現した作品となっている。

    表紙には、グレーのノースリーブワンピを着た生田が膝をかかえてカメラを見つめるカットが採用された。
    これは、NYのホテルの一室で撮影されたもので、生田らしく“清楚感”のあふれる表紙になっており、生田自身も「お気に入りの1枚です。ファンの方にも喜んでもらえるといいな」と期待を寄せている。

    タイトルの「インターミッション」とは、演劇用語で第一幕と第二幕の“休憩時間”の意味で、秋元氏が命名。
    生田は「1st写真集は『転調』という音楽に関するネーミングで、今作は『インターミッション』という演劇に関するタイトルになり、その関連性もとても気にいっています!」と喜んでいる。

    生田にとって3年ぶりとなる待望の写真集ということで、情報が解禁された先月20日から予約受付が開始されると、各ネット書店で軒並みヒットを記録。
    公式ツイッター【@erika_newyork】も、白石麻衣が生田の写真集をチェックして「かわいい!」を連呼する動画を公開するなど話題を集め、乃木坂46メンバーのソロ写真集アカウントでも最多となるフォロワー17万人を突破した。
    各方面からの注目度が高く、まさに“平成最後”の超話題写真集となりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000331-oric-ent

    生田絵梨花セカンド写真集『インターミッション』表紙
    no title


    生田絵梨花“初ランジェリー姿”解禁
    no title


    生田絵梨花セカンド写真集より
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「“平成最後”の超話題」生田絵梨花2nd写真集 秋元康氏「生田は女優だ」(画像あり) 】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2018/12/21(金) 06:59:21.02 _USER9
    発売前から話題を呼んでいる乃木坂46・生田絵梨花(いくたえりか・21)セカンド写真集『タイトル未定』(2019年1月22日発売/講談社)。
    生田にとって人生初となるランジェリー姿が、きょう21日(金)発売の写真週刊誌『FRIDAY』で先行公開されることがわかった。

    今回公開されたのは、薄いピンク色のランジェリーを着けた生田が、白いカーディガンを羽織ってソファに腰を掛けているカット。
    スレンダーながらも女性らしいシルエットが印象的で、抜群のスタイルが表現された美しすぎる“初ランジェリー”姿になっている。
    乃木坂46の中でも“No.1お嬢様”と呼ばれる生田にとって、初めて“大人っぽさ”を覗かせた1枚だ。

    撮影は今年9月、アメリカ・ニューヨークのホテルで行われた。
    生田は写真集の撮影を振り返り「ここまでの表現をするのは、本当に初めてなので、みなさんがどういう反応をするのか、ちょっぴりドキドキしていますが、とても素敵な作品になったと思うので、楽しみにしていてください!」とコメントしている。

    生田絵梨花・写真集、公式Twitterも人気

    生田のセカンド写真集は予約受付開始後すぐにネット書店のランキングで1位を獲得。
    写真集の公式ツイッター(@erika_newyork)もすでに16万人を超えるフォロワー数を集め、乃木坂46メンバーソロ写真集のアカウントの中でも最多、注目度の高さを示している。

    生田絵梨花・写真集『タイトル未定』
    【発売日】2019年1月22日(火)
    【撮影】中村和孝
    【出版社】講談社
    【ロケ地】アメリカ・ニューヨーク
    【体裁】オールカラー160P/ソフトカバーB5版変形
    【写真集公式ツイッター】@erika_newyork

    生田絵梨花(いくた・えりか)プロフィール
    1997年1月22日生まれ。A型。ドイツ・デュッセルドルフ出身。
    2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。
    10thシングル『何度目の青空か?』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。
    アイドルとしての活動以外に『レ・ミゼラブル』や『ロミオ&ジュリエット』など多数のミュージカル作品にも出演。
    ピアノの腕前も抜群、乃木坂46イチの才色兼備であり、天真爛漫な魅力で多くの人々を魅了している。

    http://mdpr.jp/news/detail/1811498

    生田絵梨花“初ランジェリー姿”解禁
    no title

    生田絵梨花セカンド写真集より
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【乃木坂46】生田絵梨花、人生初の美しすぎる“ランジェリー”姿解禁!】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/19(水) 19:18:37.70 _USER9
     女優の吉岡里帆さんが日清食品「日清のどん兵衛」のCMで演じているキャラクター“どんぎつね”のファースト写真集「ぼくのそばにきみがいる」がブランドサイトで19日、公開された。写真は全て撮り下ろしで、恋人気分が味わえるアングルも特徴。CMでは見せたことのない表情や仕草に加え、無防備な寝顔も披露している。

     「ぼくのそばにきみがいる」は、日本のとある町を舞台に、どんぎつねとゆったり過ごす「幸せな平成最後の大みそか」を、37ページにわたる撮り下ろし写真で描いた。「このドキドキはみかん何個分のビタミンC?」をはじめ、写真集の世界観により深く浸れる「グラビアポエム」も楽しめる。

     同写真集を基に卓上カレンダーも制作され、商品12食分とのセット「2019 どんぎつねカレンダー付 どん兵衛セット」として販売される。価格は2980円。特設ページで予約を受け付ける。

    https://mantan-web.jp/article/20181219dog00m200029000c.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【吉岡里帆 恋人気分が味わえる“どんぎつね”初写真集公開 無防備な寝顔も(画像あり) 】の続きを読む

    1: 君の名は 2018/12/16(日) 15:17:52.37
    生田絵梨花さん、休日の昼間からオタクをエッチな気分にさせてしまう

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【生田絵梨花さん、休日の昼間からオタクをエッチな気分にさせてしまう(画像)】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2018/12/15(土) 15:46:52.95 _USER9
    発売前から話題を呼んでいる乃木坂46・生田絵梨花(いくたえりか・21)セカンド写真集『タイトル未定』(2019年1月22日発売/講談社)のオフショットが15日、公開された。

    今回公開されたのは、アメリカ・ニューヨークのアパートで撮影されたオフショット。
    グレーのキャミソールにギンガムチェックのショートパンツ姿がヘルシーで、キャミソールから覗く美しいデコルテが印象的な1枚となっている。

    生田絵梨花・写真集、公式Twitterも人気
    生田のセカンド写真集は予約受付開始後すぐにネット書店のランキングで1位を獲得。
    写真集の公式ツイッター(@erika_newyork)は豊富なオフショットを大量に投稿し、すでに15万人を超えるフォロワーを集めている。
    乃木坂46メンバーソロ写真集のアカウントの中でも最多フォロワーとなっており、平成最後の話題の写真集となりそうだ。

    生田絵梨花・写真集『タイトル未定』
    【発売日】2019年1月22日(火)
    【撮影】中村和孝
    【出版社】講談社
    【ロケ地】アメリカ・ニューヨーク
    【体裁】オールカラー160P/ソフトカバーB5版変形
    【写真集公式ツイッター】@erika_newyork

    生田絵梨花(いくた・えりか)プロフィール
    1997年1月22日生まれ。A型。ドイツ・デュッセルドルフ出身。
    2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。
    10thシングル『何度目の青空か?』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。
    アイドルとしての活動以外に『レ・ミゼラブル』や『ロミオ&ジュリエット』など多数のミュージカル作品にも出演。
    ピアノの腕前も抜群、乃木坂46イチの才色兼備であり、天真爛漫な魅力で多くの人々を魅了している。

    http://mdpr.jp/news/detail/1810567

    生田絵梨花 美しいデコルテをチラ見せ
    no title

    no title


    生田絵梨花セカンド写真集より
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【乃木坂46】生田絵梨花、美胸チラリ 美肌キャミ&ショーパン姿披露(画像あり) 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/12(水) 06:16:53.48 _USER9
    「崖っぷち」の向こう側
     本業よりグラビアに精を出す脊山麻理子アナを「ビキニではしゃぐ34歳」と本誌(「週刊新潮」)が取り上げてから早4年。よもや「緊縛と女王様に初挑戦する38歳」に行き着くとは思いもよらなかった。さて、元「局アナ」らしからぬ豪快な脱ぎっぷりで耳目を集める愛娘について、東大名誉教授の父は何を思っているのか。

     11月11日に写真集『S』と『M』の2冊を同時発売し、特注のボンデージファッションに身を包んで記念イベントに登場した脊山アナ。お気に入りのショットを尋ねられると、右手で股間を隠すあられもない写真を示しながら、

    「よく手ブラとかありますけど、これは手パンツ! ブラはしてるけどパンツは穿いてない。新しいエロの形を提案してみました!」

     従来の女子アナのイメージからは大きくハミ出したコメントである。そもそも、マイクを握る手で股間を隠すのは、アナウンサーとして如何なものか……。

    「完全に迷走してますよね。年齢を考えても写真集が大当たりするワケがない」

     芸能担当記者は手厳しい。

     慶応大学を卒業し、04年に日テレに入社した彼女だが、6年後の10年2月には退職。フリーアナに転身したものの、

    「いまのところ、彼女がキャスターやMCを務める番組は皆無です。たまに『ニュース女子』に出演しても、グラビアアイドルとひな壇に並ぶだけ。これまで、キワどい水着写真集やイメージDVDを出したり、プロレスの試合にも出場してきましたが、それもこれも“本業”でお呼びがかからないことが原因です」(同)

     日テレ時代の同僚はこう証言する。

    「入社直後はうまく言えなかった“サ行”の発音を訓練して習得するなど、負けず嫌いで努力家な面もある。ただ、アナウンス部からコンテンツ事業局に飛ばされると、あっさり会社を辞めてしまった。わがままで気ままなお嬢様気質という印象は否めませんね」

    「独立した大人なので」

     とはいえ、その育ちの良さを知れば「お嬢様気質」にも納得できることだろう。

     何しろ、彼女の父親は医学博士の脊山洋右氏。東京大学とお茶の水女子大で名誉教授の肩書を持ち、日本栄養・食糧学会賞をはじめ数々の受賞歴を持つ人物である。そんな父上に、最近のご息女の仕事ぶりについて尋ねてみると、

    「娘はもう独立した大人ですから、特にコメントすることはありません」

     意外や、親子仲は良好なようで、彼女のインスタにはたびたびご両親が登場する。家族との写真が、麻縄で緊縛された脊山アナの写真と並んでいるのには違和感を禁じ得ないけれど。

     他方、こんな声も。学究肌の父を持ちながら、

    「彼女には知的な雰囲気がない。そこがフリーの女子アナとして大成しない最大の理由だと思います」

     とは女子アナウォッチャーの上杉純也氏である。

    「“元日テレ”の看板に、知的なイメージが加わればニュース番組にも抜擢されるだろうし、そのギャップでSM写真集も売れたはず。アナウンサーではありませんが、たとえば壇蜜は知性を感じさせるので、緊縛やヌードの写真集を出しても女性ファンがついてくる」

     アラフォーの女子アナに必要なのは「痴的」な言動ではなく、父親譲りの「知的」なイメージなのだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00552968-shincho-ent

    no title

    【【週刊新潮】脊山麻理子アナ 38歳のSM写真集 東大名誉教授の父は何を思う 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/12/10(月) 06:56:37.54 _USER9
    “ド迫力バスト×清純フェイス”徳江かな、美乳あらわな大胆ドレスで登場 SEXYショットに自信

    グラビアタレントで女優の徳江かなが9日、都内にて、写真集「kana」(講談社/発売中)の発売記念イベントを開催した。

    近畿日本ツーリストのCMで注目を集め、モデル、女優、グラビアで活躍中の徳江。王道の清純フェイスと、B82・W58・H87という迫力ボディを武器にDVD作品も人気だった2018年を振り返り、「色々と刺激的な年になりました。1stDVDを出したのが去年の12月でした。それから色々なことを経験して思い出深い1年になりました」といい、1st写真集については「ずっと夢だった写真集でしたので、念願の1冊で感動しています」とにっこり。

    写真集の中身に関しては「10代の私を詰めた写真集になっています。かわいいカットからセクシーなカットまで。色々と想いの詰まった1冊になっています」と紹介。
    お気に入りは、美バスト顕わに寝そべる1枚で、「自分じゃないみたいにすごくきれい」と笑顔で語った。

    徳江かな/撮影:西條彰仁/徳江かな写真集「kana」(講談社)より
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title
     

    徳江かな(C)モデルプレス
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title
     

    https://mdpr.jp/news/detail/1809354

    【“ド迫力バスト×清純フェイス”徳江かな、美乳あらわな大胆ドレスで登場 SEXYショットに自信 (画像あり) 】の続きを読む

    このページのトップヘ