中二病速報

    タグ:佐藤健

    1: 予想健ちゃん ★ 2018/11/22(木) 00:44:26.24 _USER9
    吉岡里帆「ロケバス“号泣”籠城事件」の原因は佐藤健

    〈別れとは、なんと甘く切ないものでしょうか〉

     愛し合う2人が死別してしまう恋愛悲劇『ロミオとジュリエット』。ジュリエットはロミオにそう告げたのだが、さて、現世の芸能界のロミオ&ジュリエットといえば、「俳優の佐藤健(29)と女優の吉岡里帆(25)でしょうね」と芸能プロ関係者。

     今年、佐藤はNHK朝ドラ『半分、青い』、綾瀬はるか主演で高視聴率を記録した『義母と娘のブルース』(TBS系)と話題の連ドラに出演。映画も、主演作『億男』に続き、23日に『ハード・コア』が公開を控えるという超売れっ子だ。

     一方、吉岡は今年、『きみが心に棲みついた』(TBS系)と『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の2つの連ドラで主演。映画も『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ?』(以下、『音量~』)でヒロインを務めた。

     まさに今をときめく2人は昨年、熱愛スクープが報じられていた。

    「昨年8月、『女性セブン』で、佐藤の自宅マンションに通う吉岡の姿が撮られたんです。その姿が衝撃的で、すっぴんで濡れた髪のまま通っていたといいますから、2人は相当、深い仲に違いないという話になっていたんです」(女性誌記者)

     双方の事務所は熱愛を否定したが、お互い多忙な中で通い愛をする様は、かなりの本気度がうかがえた。吉岡を一人占めできるなんて羨ましい限りだが、以来、続報は聞こえてこず。そんな中、今秋に起きた“事件”によって、2人の恋愛の行方が明らかになったのだ。

     事情を知る前出の芸能プロ関係者は話す。

    「10月23日に放送された『火曜サプライズ3時間SP』(日本テレビ系)でのことです。吉岡は、10月12日から公開された映画『音量~』の宣伝で、主演の阿部サダヲ(48)と、東急東横線の元住吉駅周辺でアポなしロケを敢行しましたが、そこで事件は起きました」

     放送では吉岡がカレー店と取材交渉し、まさかの断られる場面や、老舗洋食店や人気ピザ店で一般客に交じって舌鼓を打つシーンが流れたのだが、

    「事が起こったのは本番前。これから撮影というときに、雑談の中で、“よく見たら、阿部さんってイケメンですよね”という話になったんです。それで、目を隠すと、佐藤健にそっくりだ、なんて盛り上がっていたら、急に吉岡が泣き出したというんです……」(前同)

     目に涙を浮かべて動揺する吉岡。そして彼女は、こう話しだしたという。

    「“別れることになった佐藤健さんの名前を本番前に急に出されるなんて……私、このまま明るく本番をするなんて無理です!”と言い、そのままロケバスに駆け込んだそうです。周囲は事情も知らず、もちろん悪気もないから、ポカン。ただ、まずいことになったなあと思ったそうですよ」(同)

     その後、さすがはプロ。吉岡は気を取り直し、しっかり仕事を終えたというが、

    「彼女は主演作が不調だ、と叩かれました。その重圧もあるんでしょう。収録時、かなりまいっている状況だったのかもしれませんね。ちなみに、その『火曜サプライズ』では、別コーナーで佐藤も出演していました……」(前出の女性誌記者)

     多くの出会いと別れを経て、女優は大きくなるもの。現在発売中の『週刊大衆』12月3日号では、この他、過去の恋愛関係から「共演NG」を噂される芸能人54名についてなど、芸能情報を多数掲載している。

    thumb-12205-127026-entame

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12205-127026/

    【吉岡里帆「ロケバス“号泣”籠城事件」の原因は、佐藤健 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/10/29(月) 19:25:39.01 _USER9
    山田孝之、佐藤健、荒川良々の共演作「ハード・コア」の新たな場面写真が到着し、特別映像がYouTubeにて公開された。

    山下敦弘が狩撫麻礼といましろたかしによるマンガ「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を実写化した本作は、謎のロボット“ロボオ”と出会った不器用な男たちの姿を描く物語。山田が世間になじめない男・権藤右近を演じ、佐藤が右近の弟・左近役、荒川が右近の友人・牛山役で出演している。

    到着した写真には、右近の家に忍び込んだ牛山が乱雑とした部屋の中で黒いランジェリーを身に着けて立ちつくす姿が。映像には、その姿を見た右近が驚くさまが切り取られた。荒川は「生きていくうえでのバイブル」というほどの原作ファンで、10年ほど前から「牛山役をやるとしたら自分しかいない」と思っていたことを明かしている。

    「ハード・コア」は、11月23日より全国でロードショー。

    https://natalie.mu/eiga/news/305616 

    no title

    no title

    no title

    no title

    『ハード・コア』予告 ディレクターズ・カット
    https://youtu.be/97u_ujgVYtM


    『ハード・コア』 ハロウィン6秒動画
    https://youtu.be/RAzr6Dg9dkY


    【荒川良々の黒いランジェリー姿「ハード・コア」特別映像 】の続きを読む

    1: 予想健ちゃん ★ 2018/04/18(水) 01:26:48.77 _USER9
    【Taka/モデルプレス=4月18日】人気バンドONE OK ROCKのボーカルのTakaが17日に30歳の誕生日を迎えた。
    同日、友人で俳優の三浦翔平が自身のInstagramでTakaのバースデーを祝う様子を投稿。俳優の佐藤健らも集まり、豪華なメンバーに反響が寄せられている。

    Takaと親友関係で知られる三浦は、「takaおめでとう!!出会って10年早いもんだね。あなたに出会えた事本当に感謝してる。I love you Taka 大好きだよ!」と愛にあふれるメッセージで祝福。

    落ち着いた和食の店のカウンターで、指で「30」のポーズを作り笑顔を見せているTakaの周りには、バンドメンバーのほか、三浦、佐藤、山田親太朗ら親交が深いメンバーの姿が。

    ファンからは「男の友情素敵」「I love youとか言える翔平くんカッコいい」といった声のほか、「メンバーが豪華」「Taka愛されてる~」といったコメントが殺到している。(modelpress編集部)

    30087348_1111727175652048_9146784515039952896_n

    画像インスタグラムより
    https://www.instagram.com/p/BhrKsnzFDRC/?hl=ja&taken-by=shohei.63

    https://mdpr.jp/news/detail/1760774

    【ワンオクTakaバースデー、三浦翔平・佐藤健ら豪華メンバー集結ショットに反響(画像あり) 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/02/14(水) 05:31:50.65 _USER9
    ジジイ・木梨憲武VS高校生・佐藤健!新感覚の映像トリップ「いぬやしき」本予告披露

    [映画.com ニュース]奥浩哉氏の人気漫画を実写映画化する「いぬやしき」の本予告がこのほど完成し、あわせて人気ロックバンド「MAN WITH A MISSION」が主題歌を書き下ろしていることが発表された。木梨憲武演じる主人公・犬屋敷壱郎と、佐藤健扮する大量殺人鬼・獅子神皓が死闘を繰り広げるさまが、同バンドの新曲「Take Me Under」にのせて映し出されており、“新感覚の映像トリップ”を味わうことができる。

    奥氏の代表作「GANTZ」の実写映画化を手がけた佐藤信介監督のメガホンで映画化。「竜馬の妻とその夫と愛人」(2002)以来約16年ぶりに映画主演を果たす木梨と、自身初の悪役に挑む佐藤のほか、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、福崎那由他、濱田マリ、斉藤由貴、伊勢谷友介らが顔をそろえている。

    定年を目前に控えながらも、会社や家族から疎外される初老のサラリーマン・犬屋敷(木梨)は、医者から末期がんの余命宣告を受け途方に暮れる。ある夜、犬屋敷は謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わってしまう。そして同じ事故にあった高校生・獅子神も、犬屋敷と同じ力を手に入れていた。自分に背く人々を傷つけるため、その力を行使する獅子神。傷つけられた人たちを救うために、その力を使う犬屋敷。2人の男たちが、それぞれの思いを胸に激しく交錯していく。

    そして映像は、佐藤監督の面目躍如とも言える迫力のCGが連続。高層ビル群や都庁展望台など、東京・新宿の空を舞台にした“ジジイVS高校生”のドッグファイトや、上裸での肉弾戦などをとらえている。アニメ版「いぬやしき」でも主題歌を制作した同バンドのジャン・ケン・ジョニーは、「イチ早ク映画ヲ観マシタガ、原作ノエッジガ効イタ世界観ヲソノママニ、プラスシテ人間ドラマノ温モリトテーマノ重厚サヲ更ニ深ク感ジサセラレマシタ。演者ノストーリートキャラクターヘノ憑依度トイウノダロウカ、凄イノ一言。原作サナガラニコミカルナノニ不安ト哀シサモ滲マセツツ、心許ナクモ確固タル覚悟ト正義感ヲ持ッテ機械化シテ闘ウ木梨憲武さんハ必見デス。凄イ姿ニナリマスヨ。マヂデ。自分達ノ楽曲『Take Me Under』モダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ」(原文ママ)とコメントを寄せている。

    映画「いぬやしき」は、4月20日公開。

    「いぬやしき」予告 [東宝MOVIEチャンネル]
    https://www.youtube.com/watch?v=d5p-tktUUG0



    (C)2018「いぬやしき」製作委員会(C)奥浩哉/講談社
    no title

    人気ロックバンド「MAN WITH A MISSION」
    no title

    http://eiga.com/news/20180214/1/

    【ジジイ・木梨憲武VS高校生・佐藤健!映画「いぬやしき」本予告披露 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2017/08/02(水) 17:16:12.23 _USER9
    吉岡里帆 「スッピン濡れ髪」で会いに行った佐藤健宅

    『どん兵衛』CMで星野源(36才)に妖艶なきつねコスプレで迫り、化粧品の新商品イベントで うっとりするような泡チューを披露。放送中のドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)では、 幼い頃に母親に捨てられ愛を知らない主人公・律(長瀬智也、38才)と少しずつ心を通わせていくヒロインを好演し、 雑誌『プレイボーイ』には異例の40ページにわたるインタビューグラビアが掲載される──。
    今、飛ぶ鳥を落とす勢いで話題を集める女優が吉岡里帆(24才)だ。

    (中略)

    そんな大ブレークもあって連日多忙を極める吉岡が、初夏のある夜、都内のコンビニで買い物をしていた。
    マスクはしているもののどうやらスッピンで、風呂上がりなのか、まだ髪も濡れているほどの艶っぽさ。
    ペットボトルを何本か購入した吉岡は、待たせていた車に乗り込んで都内の高級マンションへと足を向けた。

    また別の夜にも、自宅マンションから車に乗った吉岡は、同様にその高級マンションの中へと消えていく。
    実は彼女が訪れていたのは佐藤健(28才)の部屋だった。

    「城田優さん(31才)を介して知り合ったそうです。ふたりとも共通の趣味があって、たまの休みがあると佐藤さんの自宅や友人宅に集まって夜な夜な遊んでいるらしいですよ。時には朝までになってしまうこともあるそうです」(別の芸能関係者)

    双方の事務所に聞くと揃って「交際はありません。友人の1人です」との答え。

    佐藤といえば、石原さとみ(30才)や前田敦子(26才)、広末涼子(37才)と浮き名を流したモテ男。
    一方の吉岡も、以前出演したバラエティー番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で
    「?才で初めて彼氏ができて、その後も恋はしてきました」と臆面もなく明かすほど恋愛にはオープンだ。

    「この多忙な中で会いに行くぐらいですから、吉岡さんもまんざらでもないんじゃないですかね… 意外とお似合いのカップルになったりして」(前出・別の芸能関係者)
    ※女性セブン2017年8月17日号

    (一部省略、全文はソースで)
    NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20170802_601238.html
    佐藤健のマンションを訪れた吉岡里帆
    no title

    コンビニから出てきた吉岡里帆
    1730_yoshioka_riho_02


    【【女性セブン】吉岡里帆「スッピン濡れ髪」で会いに行った佐藤健宅】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 05:07:39.65 _USER9.net
    佐藤健&土屋太鳳 “奇跡の結婚式”夫婦の感動ストーリー

    俳優の佐藤健(27)と女優の土屋太鳳(21)が、動画サイトをきっかけに“奇跡の結婚式”と呼ばれた実話を基にした映画「8年越しの花嫁」(来年冬公開)にダブル主演し、初の夫婦役を演じることが6日、分かった。

    結婚式の3カ月前に花嫁が病に倒れ、昏睡(こんすい)状態に。意識は戻るものの、記憶障害で婚約者のことを忘れていた。それでも2人が離れることはなく8年後、奇跡が起きる…と、まるでドラマのような物語だが、岡山県在住の夫婦に起きた実話。
    2014年に8年越しの挙式をした際の映像が動画サイトで「泣ける」と話題になり、昨年7月には書籍化もされた。

    献身的な愛を貫く佐藤は、繊細な心情を持ち前の演技力で表現。健康的な役が多かった土屋は、発症率が300万人に1人とされる難病「抗NMDA受容体脳炎」と闘う女性という新境地に挑む。2人の共演は「るろうに剣心」以来、3年ぶり。
    来年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」も手がける脚本の岡田惠和氏が「最強の2人で描くことができて幸せ」と語るベストタッグで来年1月上旬にクランクインする。

    メガホンを執るのは映画「64-ロクヨン-」などで人間ドラマに定評がある瀬々敬久監督。オファー前にドキュメンタリー番組を見ていたという佐藤は「舞い降りた奇跡の実話を、少しでも多くの方に伝えたい。全身全霊を捧げます」と気合をみなぎらせた。
    土屋も原作本を読んでおり「すべてを注ぎ、すべてを捨てて、演じます」と覚悟を明かした。

    画像

    no title

    no title

    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/07/0009730427.shtml

    【佐藤健&土屋太鳳でW主演 奇跡の結婚式夫婦の感動ストーリー「8年越しの花嫁」】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/11/04(金) 05:22:04.96 _USER9.net
    累計540万部を超える人気コミック「亜人」が実写映画化され、俳優の佐藤健(27)主演で来年公開されることが3日、分かった。

    不死身の新人類「亜人」を主人公にしたSFアクション。シリーズ累計407・3億円の「踊る大捜査線」シリーズを手がけた本広克行監督(51)が、佐藤主演で同125・8億円の大ヒットを記録した映画「るろうに剣心」のアクションチームと“500億円超え”タッグを結成し、実写化困難とされた映像表現に挑む。

    佐藤が“不死身アクション”に挑戦する。演じるのは、どれだけ傷ついても再生し、死ぬことのない新人類「亜人」。
    トラックと衝突死したことで不死身であることが発覚し、人体実験をもくろむ国家、懸賞金目当ての人々、そして同じ亜人のテロリストらとの戦いに巻き込まれていく。

    既成概念を超越したアクションが見どころの1つで、佐藤はスタントマンを使わず、ビルからわざと飛び降りる、あえて腕を切り落として敵を欺く、などの衝撃的な描写を、CGを駆使しながら再現する。

    手がけるのは最強の“500億円チーム”だ。「踊る」シリーズ4作で興収400億円を超える本広監督は「みなさんに驚いてもらえるような世界初の映像体験をお届けしたいと思っています!」と気合十分。
    アクションは佐藤の殺陣が話題となり、シリーズ3作で100億円を突破した「るろうに剣心」と同じチームが担当する。

    今週末にクランクインし、来夏に完成予定。冷血で他人を犠牲にすることをいとわないダークな主人公は佐藤にとって新境地とも言え、2年前にオファーを受けたときから「映画化する意義がしっかりと見えた。
    死なないという特性を利用して、今までにないアクション映画がつくれる」と撮影を待ち望んできたという。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    画像 佐藤健
    no title

    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/04/0009636774.shtml

    【佐藤健 実写映画化「亜人」主演 実写化困難とされた映像表現に挑む】の続きを読む

    このページのトップヘ