中二病速報

    タグ:五輪

    1: (^ェ^) ★ 2018/03/01(木) 07:20:02.33 _USER9
    高木美帆選手 フジ・グッディ佐藤選手のミスとの表現に反論
    「ミスではなく疲労 ギリギリのところで滑っている」

    no title

    ▼ねこおぢさんのツイート

    『佐藤が転びそうになったのはミスじゃない』

    寝起きを共にし苦しい練習に耐え
    共に戦った佐藤選手を
    グッディのど素人評論家が
    ミスしたかのような解説
    ギリギリのところで踏ん張った仲間を
    自らの言葉で守り
    皆で勝ち取ったメダルと強調した
    高木美帆選手
    女性だが、まさに漢の中の漢
    惚れたよ

    (略)

    ソーヅに動画あり
    https://snjpn.net/archives/44511 


    【高木美帆選手 フジ・グッディ佐藤選手のミスとの表現に反論】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/03/01(木) 06:21:05.83 _USER9
    「今まで見たことがない異様な帰国風景でした」

     とスポーツ紙ベテラン記者が語るのは、平昌五輪で銅メダルを獲得したスキージャンプの高梨沙羅(21)のことである。

     テレビでおなじみだが、選手が凱旋帰国する際、空港の到着ゲートからセレモニーや会見をする場所まで、数十メートルにわたって規制線が張られる。そして、選手たちはそこをカートを押して移動する。万雷の拍手や温かい声援を浴びながら。

     ところが2月14日、高梨がメダルを胸に羽田空港に降り立った際は違った。

    「たまたま居合わせたと思しき人たちが200人ほど群がりましたが、スマホで写真を撮るだけ。拍手はまばらで、“おめでとう”などの歓声もなく、シーンとしていました。仮にもこの4年間、羽生結弦との二枚看板で冬季五輪の広告塔を務めてきた選手。人気ないわけないはずなのに……」

     テレビや新聞はメダリストに判で押したように“おめでとう”と連呼する。だが、ときにそれは白々しく映る。我々は知っている。“おめでとう”のメダルもあるが、“残念でした”のメダルもあるのだ。それが“金”でない限り。

     4年前のソチ五輪で金メダル大本命だったにもかかわらず4位に沈んだ高梨。その後、W杯史上最多に並ぶ通算53勝を記録するなどリベンジの準備は万端に見えた彼女はもちろん後者と思われた。それゆえ群衆は、発する言葉を見出せなかったのではないだろうか。

    「ただ、高梨本人は銅が獲れて心から喜んでいますよ。というのも、今や金銀を獲得した2強には到底及ばず、銅すら危うい実力だということを自覚していたので」

     では改めて、おめでとう。

    20180301-00538561-shincho-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180301-00538561-shincho-spo

    【【週刊新潮】高梨沙羅の凱旋帰国に拍手まばら 本人は銅に満足? 】の続きを読む

    1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2018/02/28(水) 14:59:34.80 _USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    カー娘CDデビューへ

     閉幕後2日くらいじゃ熱気はとても冷めやらない平昌五輪。活躍目覚ましかった日本代表チームから次々とスターが生まれたが、中でも銅メダルを獲得したカーリング女子のロコ・ソラーレ(LS)北見のメンバーは、連日テレビに生出演し注目度はさらに高まっている。芸能界やテレビ界もいまだ大興奮のままで、今後も、テレビの出演オファーが殺到するのは確実。そんななか“CDデビュー”という夢プランが動きだした。タイトルは、すでに流行語となっている「SO.DA.NE」だという――。

    no title


    ソース
    東スポ
    2018年02月28日 (水) 本日の紙面
    https://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%E6%9C%EF%BC%EF%BC%E6%A5%EF%BC%E6%B0%B4%EF%BC%E7%BA%E8%A1%8C/

    【【東スポ】カーリング女子CDデビューへ 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2018/02/27(火) 15:25:06.57 _USER9
     元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(42)が26日、自身のブログを更新。平昌五輪で日本初の銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表「LS北見」に対し、
    女性から批判が上がっていると報じられたことに「仲良くやれよ、ほんとに」と持論をつづった。

     長谷川氏は「女の敵は女、の典型例」として、「LS北見」に対し「ネイルしてスポーツしないで」「あの勘違い感、めっちゃ嫌い」などの声が上がっていると報じた記事を
    ブログで紹介。長谷川氏は「女性の社会進出もそう。働き方云々の議論も似てる。もうさーとにかくさー…女性陣は女性陣だけで…話、まとめてくれないかな。
    男はスポーツでも見ながら話しまとまるの、待っとくから」とつづった。

     「働くのどうの…という話も同じで、専業主婦は専業主婦でキャリアウーマンを『負け犬の象徴』『ああはなりたくない』と罵るし、キャリアウーマンは堂々と
    専業主婦のことを『怠けたい人がなるのが専業主婦』『旦那に捨てられたら生きていけない寄生虫』とバカにするし。我ら男からすると心底どうでもいい。
    仲良くやれよ、ほんとに。どっちでもいいわ。人それぞれだわ」と長谷川氏。

     さらに「何なんだってのが『ネイルしてスポーツしないで』という一言。いいじゃん、その程度」とつづっていた。

    20180227-00000064-sph-000-view

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000064-sph-ent

    【長谷川豊氏、カーリング女子批判に「女の敵は女の典型例」 】の続きを読む

    1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2018/02/27(火) 11:26:53.43 _USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    平昌五輪フィギュアスケート女子で1位のザギトワは、両親に秋田犬をリクエストしたと明らかにした。日本で合宿中に雑誌で秋田犬の写真を目にし、まさにこの犬種を欲しくなったという。

    ザギトワは「五輪直前に日本で合宿中、秋田犬の写真があった雑誌を見ました。有名な映画『HACHI 約束の犬』もこの犬についてでしたね。この犬がすぐに気に入って、こんな忠実な友人が私にもすごく欲しくなりました」と語った。

    「お母さんに犬がほしいと言うと、お母さんは『五輪で上手く滑ったら、考えましょう』と答えました。お父さんとどう決めるかはまだわかりません。ですが、犬がとても欲しいんです。動物と遊ぶこと自体が好きです。モスクワの家には猫と2匹のチンチラがいます。彼らと会話して、親には言えないことですら全て話すんです。私のけものちゃんたちが裏切ることは決してないことを知っています。彼らが私を理解していることを知っています。以前はヨークシャーテリアがいました。彼らはいい子ですが、小さくて。ですが秋田犬とは…秋田犬とは何も怖がらずに散歩することができます。私のことを守ってくれるでしょうから。」
    シングルでの金メダルの他に、ザギトワはシニアデビューとなった女子団体で銀メダルを獲得。さらに、欧州選手権でも1位を勝ち取った。

    4314

    Sputnik 日本
    https://jp.sputniknews.com/sport/201802264617548/

    【ザギトワ、金メダルのご褒美に秋田犬をリクエスト 上手く滑ればプレゼントと両親と約束 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/02/27(火) 05:09:55.44 _USER9
    平昌五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得した日本代表「LS北見」のメンバー5人に対し、芸能界も熱視線を送っていることが26日、分かった。複数の大手芸能事務所がマネジメント契約を検討しており、なかでもチームの司令塔・藤沢五月(26)が注目を集めている。24日夜にNHKで生中継された3位決定戦の瞬間最高視聴率も42・3%を記録し、芸能界で“カー娘”争奪戦が勃発しそうだ。

     日本中を感動の渦に巻き込んだカー娘。アスリートやスポーツ経験者を抱える大手芸能事務所数社の担当者が26日、本紙の取材に彼女たちとのマネジメント契約交渉をめぐる熱い思いを語った。

     A社は「あの愛らしいルックスと逆境に負けない笑顔は、世の中を明るくする。水面下でもう争奪戦が始まっているだろうが、5人はいずれも魅力がある」と熱弁。B社は「北海道弁の『そだねー』や作戦会議の(おやつの)もぐもぐタイムでの親近感も抜群。彼女たちが食べた焼きチーズケーキ『赤いサイロ』が人気になったように、食料関係のCM出演も見込める」と指摘する。

     5人はチーム「LS北見」に所属する一方、北海道北見市の支援企業や病院などに勤務。「働きながら快挙を達成したシンデレラガールとして、新鮮な魅力もある」とB社。今後は各種イベントやテレビのバラエティー、講演会の出演も見込まれるため、「芸能事務所と契約を結んだ方が多彩な仕事をできる」と契約のメリットを語る。

     A社、B社とも最も注目する選手に藤沢を指名。韓国の人気女優、パク・ボヨン(28)に似ているとネットで話題になり、「国際人気も期待できる」と熱視線を注ぐ。一方、C社は「冬のスポーツは期間が限られるので、選手としての人気も冬に限定されるかも…」と慎重な見方もしている。

     24日夜にNHKで放送された3位決定戦は平均視聴率25・0%、瞬間最高42・3%と驚異の数字を記録(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)し、国民の記憶に残ることは間違いない。氷上以外での彼女たちの幅広い活躍は、カーリングのさらなる人気アップに貢献する。

    20180227-00000504-sanspo-000-view

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000504-sanspo-ent

    【【カーリング 】カー娘争奪戦!大手芸能事務所が司令塔・藤沢五月らに熱視線】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2018/02/26(月) 23:24:06.65 _USER9
     金、銀、銅と3色のメダルをそろえた女子スピードスケートの高木美帆。金メダルとなった団体パシュートでは抜群のチームワークを見せたが、高校時代の彼女は男子と遊ぶことのほうが多かったようだ。スケート部の同級生だった関井翔太さんは言う。

    「女の子同士だと変に気を遣うのが嫌だったみたいで男とつるむことのほうが多かったですね。部活の後はサッカーをしたり、川遊びもしました。
    ジャージを脱ぎTシャツとスパッツでザブン! と入って泳いでいましたよ(笑)」

     ダンスやスケートクラブが同じで、幼いころから高木とは付き合いがあったという関井さん。なんと彼女の自宅にお泊まりしたことも。

    「美帆の実家の車庫でバーベキューをして、そのままお泊まり。遅くまで話していましたね。お姉さんの菜那ちゃんも先輩でしたが、そんなのは抜きにして接してくれました」(関井さん)

     いくら幼なじみといっても、年ごろの男女が一緒に泊まって大丈夫だったの?

    「女として意識したことはないですね。恋愛とかそういう話もまったくしたことはありませんでしたよ(笑)。スケートの練習も男子と一緒にしていたし、悔しくて泣いたりしている姿も見たことはなかったですね。今回の金メダルまで涙は取っておいたのかもしれませんね」

     毎年、文化祭の後夜祭では一緒にダンスを披露した。1年のときは姉の菜那と3人組でロックやヒップホップを踊ったという。

     一方で、女子からの人気はというと……。

    「美帆は女子クラスだったのですが、友達はいっぱいいましたよ。商業高校だったので簿記も、情報処理も1級に受かっていました。これはそう簡単に受かるものではないですから、いつの間に勉強したんだろうと思いましたね。その瞬間の集中力に長けていましたね。やるって決めたらやるというタイプでした」(高校の同級生)

     優等生といっても、ただ勉強ができるだけではなく、

    「普段はまじめだけど、空気も読める子で、みんなから嫌われている先生の授業では話をわざと脱線させるようなこともやっていました(笑)。
    ちゃんと高校生活を楽しんでいましたね」(同・同級生)

     男性にも負けない滑りと、強固なチームワークは、そんな過去があったからなのだろう!

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00011773-jprime-ent

    no title

    【【週刊女性 】高木美帆、男子同級生が語る3色メダリストとの “自宅お泊まり” のいい関係 】の続きを読む

    このページのトップヘ