タグ:不倫

    1: Reproduction Prohibited ★@\(^o^)/ 2017/03/29(水) 16:04:28.16 _USER9.net
    ハリウッド俳優・渡辺謙の“不倫”が発覚

     映画「ラストサムライ」「硫黄島からの手紙」などで知られる俳優・渡辺謙(57)に一般女性との不倫疑惑が浮上した。

     2月18日(現地時間)、ニューヨークのセントラルパークで渡辺は、一般女性のA子さんと“手つなぎデート”を楽しんでいた。さらに2日後には、中華料理店でディナーを共にしていたことが確認されている。この時、渡辺の妻・南果歩(53)はニューヨークを離れ、サンフランシスコに滞在していた。

     本誌の取材によれば、A子さんは現在36歳。2人は2013年8月末、大阪で出会ったという。

    「彼女の存在はスタッフの間でもほとんど知られていませんが、2人の関係は3年近くに及んでいます。アメリカだけでなく、大阪や気仙沼など日本国内でも密会を重ねています」(渡辺の事務所関係者)

     さらに本誌取材班は10枚以上に及ぶツーショット写真を入手。いずれも渡辺とA子さんの深い関係を物語っている。たとえば渡辺とA子さんが顔を近づけキスをしているような写真や、ドライブデートの写真もある。またソファで寝ている渡辺の姿も撮影されていた。

     本誌の取材にA子さんは幼馴染の友人を通じ、「お答えできません」と語った。渡辺の事務所は「ノーコメント」と回答している。

    「週刊文春」3月30日発売号では、ニューヨークで撮影のツーショット、10枚以上のプライベート写真の他、ロサンゼルスでの渡辺謙本人への直撃取材を含め、詳報している。

    「週刊文春」編集部2017/03/29 

    http://bunshun.jp/articles/-/1918

    画像
    no title

    【文春スクープ!ハリウッド俳優・渡辺謙 不倫発覚】の続きを読む

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 18:12:26.88 _USER9.net
    不倫疑惑が報じられたことで、昨年12月8日からレギュラー出演していたテレビ朝日系
    「グッド! モーニング」をはじめ、番組出演を自粛していた田中萌アナウンサー(25)が、24日放送のバラエティー特番「バクモン学園 鬼教師・太田と委員長・田中と芸人30人の物語~」(午後11時15分)で復帰することが23日、分かった。

    4月からスタートする爆笑問題が司会のバラエティー「バクモン学園」(月曜深夜0時15分)のレギュラー放送開始に先駆けた特番。田中アナは爆笑問題のアシスタントとして出演する。

    「バクモン-」は、次のブレーク候補の芸人が、面白い動画や写真をスマホで撮影。鬼教師の
    太田光(51)が厳しく審査して、採用されたものだけがオンエアされる。厳しすぎる太田を
    なだめる学級委員長を田中裕二(52)、田中アナは副担任として出演する。出演する芸人は
    尼神インター、カミナリ、馬鹿よ貴方は、脳みそ夫、ゆりやんレトリィバァら。

    画像
    20170323-01796572-nksports-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-01796572-nksports-ent

    【不倫疑惑のテレ朝田中萌アナ、爆笑問題の特番で復帰】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 12:33:05.13 _USER9.net
    「私、失敗しないので!」という米倉涼子の決めゼリフそのままに、ヒット作を連発し続けるテレビ朝日。だが、わが世の春を謳歌するドラマ部門にありながら、その「トップ」だけは人知れず嵐の渦中に――。数々の人気ドラマをプロデュースする「制作部長」は、一方で、自ら「不倫劇」の主役を張っていたのである。

    「誓約書」と題された文書には、以下のような内容が記されていた。

    〈黒田徹也と、川崎祥子(仮名)は、お互いに既婚者でありながら、不貞関係にあったことを認めます〉

     文書の冒頭にある「黒田徹也」とは、テレ朝のドラマ制作部長に他ならない。

     昨年10月期に放映された、米倉主演の「ドクターX」第4シーズンは20%を超える平均視聴率を叩き出し、公開中の「相棒」映画版も大ヒットを記録。絶好調を維持するテレ朝のドラマ部門において、事実上の「トップ」に立つ黒田氏は、三浦友和主演で現在放映中の「就活家族」でもゼネラルプロデューサーを務めている。

     そんな彼に降って湧いたのが、「不倫トラブル」(テレ朝関係者)だという。実際に取材を進めると、ある女性の存在が浮上。彼女を直撃したところ、困惑しながらも、

    「確かに、私と黒田さんはつい最近まで不倫関係にありました。私にも夫がいるので“ダブル不倫”ということになります」

     と、事実関係を認めた。

     40代のスタイリスト・川崎祥子さんと、黒田氏との不倫関係が始まったのは2003年7月だったという。

    「彼がプロデューサーを務めた『特命係長 只野仁』の収録現場で“今度、ご飯に行こうよ”と誘われたんです。それから数日後に連絡があって、渋谷の鉄板焼き屋で食事をしました。その後、慣れた口ぶりで“近くに和風旅館のようなホテルがあるんだけど、どう?”と誘われまして……。仕事への影響を考えると断り切れず、結局、彼の求めに応じてしまいました」

    ■「“病気”なんだと思います」

     以降、月に1度ほどのペースで男女の関係が続いていたという。

    「私から連絡したことはなく、いつも彼の空き時間に呼び出されました。ほとんどがテレ朝本社に近い、泉ガーデン内の“ホテルヴィラフォンテーヌ東京六本木”。いま考えれば私は“都合の良い女”だったのだと思います。プレゼントを貰ったり、仕事を斡旋されたこともありません。食事をする時は“テレビ朝日2名”で領収書を切っていましたけど……」

     だが、事態は今年1月の「電話」で一変する。

    「非通知で掛かってきた電話に出たところ、“黒田の家内です。先週、うちの夫とホテルに行きましたね”。明らかに黒田さんの奥さんで“証拠も掴んでいる”と話していました。仕事中だったのですぐに電話を切ったんですが、数日後に今度は黒田さんから着信があった。彼は“妻に全部話しました。電話を代わります”と言うだけで、その後は受話器越しに奥さんから罵倒され続けました。そして、2月に奥さんと2人で話し合うことになったのです」

     川崎さんはその場で、不倫関係を絶つことを約束する冒頭の「誓約書」にサインを求められている。

    「同時に200万円の慰謝料も請求されました。その間、黒田さんからは何の釈明もありません。それで、“彼に見切られたな”、と。奥さんを傷つけてしまったことは大変申し訳なく思っています。ただ、私をストレス発散に利用して、いざとなったら奥さんの陰に隠れる、彼の男らしくない態度には呆れ果てています」

     川崎さんはまだ慰謝料の支払いに応じていないそうだが、この経緯について黒田氏の妻に質すと、「その方と会って、慰謝料を請求したことは夫にも伝えました。正直、これまで何回もあったんです。新婚1年目から浮気相手に乗り込まれたり、弁護士と一緒に面談を申し込んできた女性もいました。もう耐性が出来ていたんですが、今回の方はあまりにも付き合いが長かったので……。夫は“本当に申し訳なかった”と言ってますが、まぁ、無理でしょうね。女性関係は別人格というか、“病気”なんだと思います」

    つづく

    n-TV-ASAHI-large570

    デイリー新潮 
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170309-00518537-shincho-ent


    【テレ朝制作部長 不倫で「誓約書」好調ドラマ部門のトップ】の続きを読む

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 22:13:26.15 _USER9.net
    歌手でタレントの矢口真里(34)が2日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に生出演し、“不倫専門家”としての意見を語った。

    大ヒットドラマ「ドクターX」などを手がけたテレビ朝日制作部長の不倫問題を取り扱った。その妻によると、部長の女性関係は病気レベルなのだという。

    アシスタントの阿部哲子アナ(38)から“不倫専門家”の意見を求められた矢口は「病気の方はいらっしゃるけど、私は病気ではない。一時の迷い」と発言。番組のオープニングでは「あの事件以来CMが来ない」との自虐も語った。

    共演の梅沢富美男(66)も「病気だと思いますよ。(ドクターXで女医を演じている)米倉(涼子)さんにお願いして切ってもらうしかない。治らないですよ」とあきれていた。

    画像
    20170302-00000242-sph-000-view

    スポーツ報知 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000242-sph-ent

    【不倫専門家・矢口真里「一時の迷い あの事件以来CMが来ない」】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/01(水) 20:56:16.23 _USER9.net
    かねてから熱愛が報じられていた岡田准一(36)と宮﨑あおい(31)が、結婚の準備を着々と進めている。

    高岡奏輔(35)と結婚していた宮﨑と、岡田との不倫疑惑が明らかになったのは、2011年12月。本誌の報道がきっかけだった。

    あのドロ沼不倫から5年。白いポルシェを共有する同棲生活、結婚に乗り気でない宮﨑の母……2人の間にいま、何が起きているのか——。

    画像
    hmVtnf3k

    http://news.line.me/list/oa-shukanbunshun/t4yh02lya6uw/1iay52p925ru8

    【岡田准一&宮﨑あおいが結婚へ!ドロ沼不倫から5年】の続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 21:49:41.07 _USER9.net
    元カリスマキャバ嬢でタレント、立花胡桃(35)が21日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・0)に生出演。宗教団体「幸福の科学」に出家した女優、清水富美加(22)の不倫相手だった4人組ロックバンド、KANA-BOONの飯田祐馬(26)について「丸い髪型は浮気すると思ったほうがいい」と持論を展開した。

     同番組の名物コーナー「今夜は寝れ9」のコーナーで、清水の不倫相手だったKANA-BOONの飯田が自ら不倫を告白、謝罪したことを取り上げると、立花は飯田の髪型がベッキー(32)と浮気騒動を起こしたゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(28)に似ているため、「またこういう髪型の人が浮気しましたよね。丸い髪型は浮気すると思ったほうがいい。私は全然タイプじゃないけど」とバッサリ。出家騒動を起こした清水の事を当初は、かばっていたそうだが、「今回の問題だと、暴露本で奥さんが傷つくじゃないですか。奥さんはそれまで幸せに暮らしていたのに、富美加ちゃんがルール違反をしたから家庭が壊れちゃう」とコメントした。

     共演した内山信二(35)は「(川谷みたいな)ゲスカットがいいんですかね」と笑いを誘うと、「やっぱりバンドマンはモテるんですよ。女性は声とか歌とかの才能がある人に惚れやすいんですよ。とある飲み会で遅れてバンドマンの人が来たんですけど、ちょっと歌っただけで、(女性陣は)ホォーってなりますから。唯一、持って帰ったのはそのバンドマンだけですからね。僕らは7時間くらい話したのに全然だめでしたよ」と嘆いていた。

    画像
    20170221-00000553-sanspo-000-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000553-sanspo-ent

    【立花胡桃、清水富美加の不倫報道で持論「丸い髪型は浮気する」】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 04:42:42.05 _USER9.net

    宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。

    スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)。清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。

    この日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした。

    一方の教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしなかった。

    飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。別の音楽関係者は「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中で気持ちの整理はついている。処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは」と話している。

    ◆KANA―BOON(カナブーン) 高校の同級生だった谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)に飯田を加えた4人組。12年に音楽オーディションでグランプリを受賞。13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。メジャーでシングル10枚、アルバム3枚を発売。オリコン最高位はアルバム「DOPPEL」(13年10月)の3位。

    画像 清水富美加と交際していたことを認めた「KANA―BOON」の飯田祐馬
    no title

    スポニチアネックス 
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/20/kiji/20170221s00041000084000c.html

    【KANA-BOONのベーシスト飯田、清水富美加との不倫告白 事務所が対応検討】の続きを読む

    このページのトップヘ