タグ:不倫

    1: りんがべる ★@\(^o^)/ 2017/05/07(日) 13:17:33.81_USER9.net
    当時未成年だった交際相手のタレント・ほのかりん(20)と一緒に飲酒したとして謹慎していたロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)が7日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。
    活動自粛後初のテレビ出演で一連の騒動などについて語る川谷の姿にSNS上でも大きな話題になっている。
    「かなり印象が変わった」「やっぱり嫌い」など川谷の印象について賛否両論が巻き起こった。

     昨年1月にベッキー(33)との不倫騒動が発覚して以来、テレビ番組で一連の騒動について語るのは初めてで、番組MCの東野幸治(49)らから質問攻めに遭ったが、冷静な口調で対応した。

     放送中から「川谷」がYahoo!の話題なうの1位にランクイン。
    ツイッターでは、質問の一つ一つに真しに応える川谷に
    「かなり印象が変わった」「悪くない」「すごい素直」「こりゃモテるわなーってのが率直な印象」「爽やかな印象」「顔も言葉も優しい」「ああいう場での程よく端的なコメントって一番難しいからね」「歌ってないほうが印象が良い」などと好印象を受けたというつぶやきが多数寄せられた。

     しかし、メディアが報道していた川谷の姿と、番組で一連の騒動について語る姿から受ける印象の違いに驚く視聴者がいる一方で、
    「反省してんの」「人ごと感がすごくてただの無責任野郎」「天然のゲス」「喋れる真性のクズ」「言ってること全部クズじゃん なんで好印象みたいになってんの」「やっぱり嫌い」「だいたいどんな人でも実際会ってみるといい人なことが多い」と拒否反応を示すツイートも散見され、大きく意見が割れた。

    画像
    無題

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/07/kiji/20170507s00041000173000c.html


    【ゲス川谷の印象変化?「ワイドナ」出演で「爽やか」「こりゃモテる」SNSで賛否】の続きを読む

    1: アブナイおっさん ★\(^o^)/
     3月末発売の「週刊文春」(文芸春秋)で21歳年下の元ホステスの女性との不倫スキャンダルを報じられた俳優の渡辺謙だが、発売中の同誌が渡辺と愛人を引き合わせた元MBSで現在はフリーの角淳一アナウンサーを直撃した様子を報じている。

     角アナといえば、10年以上にわたり同局平日の帯番組「ちちんぷいぷい」のパーソナリティーを務め、関西では知らない人がいないほどの人気者。
    11年の大阪府知事・市長のダブル選では府知事選への出馬が取り沙汰されたこともあった。

     同誌によると、渡辺とはテレビでの対談で、熱狂的な阪神ファンとして意気投合。その後、渡辺は、角が司会を務める番組に何度も出演していたという。
    そして13年初め、大阪の高級フグ店で、渡辺は当時、大阪・北新地のクラブホステスだった後に愛人になる女性を紹介されたという。

     もともと角アナは渡辺の愛人が働いていたクラブの太客。渡辺の愛人はもう1人の女性を連れて来て2対2で食事をしたが、そこで渡辺は愛人となる女性を気に入り、連絡を取り合うようになった。その後、北新地では、「大物司会者から渡辺謙が(ホステスを)奪った」とまことしやかに伝えられたという。

     同誌が角アナを直撃すると、食事の席で同席していたことを認め、不倫については「おたくの記事でしか知らないんですわ、こっちが逆に聞きたいくらい。びっくりしましたよ」と驚きの声。
    渡辺の愛人との関係については、「彼女とは新地のホステスさんとお客という関係です。新地は4年で卒業しました。それにもう歳ですから、そんな元気はないですよ」と男女の関係を否定したという。

     「渡辺はある大きな仕事が決まっているが、いまだに不倫についてコメントを出さず、会見もしていないので発表できない状態だという。
    もはや、世間はすっかり不倫のことを忘れているので、会見すればまた蒸し返すことになるので難しいところか」(芸能記者)

    画像
    75807147

    http://news.livedoor.com/article/detail/13021669/

    【渡辺謙の愛人を紹介したのは関西「ちちんぷいぷい」司会者の角淳一】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 08:12:58.97 _USER9.net
    「きっかけは、SNSでのやり取り。一昨年の11月に知り合って、だいたい月に1度のペースで会っていました。新宿ルミネでのライブの合間とか、徹夜麻雀の後が多かったですね。オムはまったく避妊をしてくれなくて、いつも私のお腹に出すんです」

     そう語るのは、都内在住のOL・A子さん(23・仮名)。女優・広瀬すず似の清楚系美女だ。

    人気漫才コンビ『トータルテンボス』大村朋宏(42)が、一般女性と不倫関係にあったことが明らかになった。手を出したのは、あろうことか自身のファンだ。

     順調だったオムとA子さんの関係が一変したのは、交際から約1年半後の今年4月3日、大村の誕生日だった。

    「私の不注意で、友達に携帯を見られてしまったんです。オムとのLINEでやり取りでも見たんでしょう。それが巡り巡って、オムの耳に入ってしまって……」

    「愛妻家」のイメージがある大村としては、なんとしてもA子さんのことを隠しておきたかったのだろう。「悪魔」「(バレたら)あの世で呪う」と、A子さんにLINEで罵詈雑言を浴びせかけた。

    「その時初めて、私はただの『いつでもヤレる女』であって、都合が悪くなればすぐ捨てられるんだと気づきました」

     大ファンを良いように弄んだ大村。4月21日発売のFRIDAY最新号では、大村が本誌の直撃に語った「反省」も掲載している。

    FRIDAY 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170421-00010000-friday-ent

    画像
    no title

    2305_p


    【告発! トータルテンボス・大村朋宏「極秘不倫1年半」 フライデー】の続きを読む

    1: アブナイおっさん ★@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 19:27:02.67 _USER9.net
     民放各局のワイドショーの対応について、芸能評論家の佐々木博之氏が語る。

    「奥さんの南果歩(53)が乳ガンの闘病中でしたから、紛れもなく“ゲス不倫”。
    にもかかわらず、テレビではコメンテーターが『謙さんならいいんじゃないか』と“忖度”したコメントに終始していました」

     渡辺が所属するケイダッシュは業界でも最大手。同社の川村龍夫会長(76)は、“芸能界のドン”と言われ、テレビ業界に強い影響力を持つと言われている。
    “忖度”の理由も推して知るべしだが、水面下では事務所サイドも騒動の火消しに奔走していたという。ワイドショー関係者が明かす。

    「ケイダッシュの担当者からは、キツく釘を刺されました。『空港や自宅での直撃取材だけは絶対にしないでほしい』と。今回の騒動に付随して、帰国時の模様など、新しい映像が撮れてしまうと、報道が長引くこともありますから」

     それでも、これまでの対応と比べると、微妙な変化があったという。

    「いつもなら事務所から一方的に『報道を控えてください』と言われるのですが、今回はそうした規制はほぼなかった。圧力をかけて“なかったこと”にしようとしても、それが視聴者にバレてバッシングの対象になることを、昨今多発する不倫スキャンダルで学習したのでしょう」(前出・ワイドショー関係者)

     そんな中でケイダッシュ側がことさらに警戒を強める一人の男がいた。「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ系)のMCを務める宮根誠司(53)だ。
    宮根に近い芸能関係者が打ち明ける。

    「騒動が発覚して早々に、ケイダッシュの幹部が、宮根の所属事務所の代表者を事務所に呼びつけたそうです。相談内容はもちろん、『ミヤネ屋』での不倫問題の扱い。
    番組内での宮根のコメントについて『くれぐれも客観的に』『常識あるコメントを』と圧力をかけたと聞いています」

     宮根といえば、同番組内で、小池百合子東京都知事(64)について、「ババアじゃん!」(17年2月6日放送回)と切り捨てるなど、歯に衣着せぬ発言で知られていた。だが‥‥、 「番組では、不倫騒動に関するコメントはほとんどゲスト任せで、事態の収束を願う“優等生発言”に終始しました」(前出・ワイドショー関係者)

     このドロドロ暗闘によって、「番組が終わる」という重大局面を迎えつつあるという事情とは──。

    画像
    20170420i1st

    http://www.asagei.com/excerpt/79045

    【ゲス不倫、渡辺謙の事務所 宮根氏の事務所代表者を呼びつけ圧力】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 23:34:11.55 _USER9.net
    21歳年下の元ホステスとの不倫を報じられてから2週間、沈黙を貫いている俳優の渡辺謙(57)だが、日に日に旗色が悪くなっている。

    13日発売の「週刊文春」は続報として愛人の元彼氏の告白を掲載。
    元カレによると、愛人は「(渡辺が)甘いセリフをささやいてくれるところが好き」とのろけていたが、「(愛人が)謙さんの都合のいい女になっている」と感じていたという。
    その理由は、渡辺が主演した15年上演のブロードウェーミュージカルに愛人を招待したにもかかわらず、ホテル代、飛行機代は愛人が自腹。
    大阪に住む彼女が東京で会う際も新幹線代やホテル代も自腹だったという。

    さらに、愛人の友人が明かしたところによると、渡辺は愛人に「俺の子どもを産んでいいよ」「もし結婚できなかったら隠し子でもいい」と離婚をほのめかして求婚。
    そのため、渡辺からの金銭的援助が見込めなかったにもかかわらず、女性は交際を続けていたというのだが……。

    「正妻の南果歩は渡辺が不倫しないように、クレジットカードなどの金銭面管理が厳しかったといわれ、渡辺は自由になるカネは少なかったとか。
    結局、2月にニューヨークで会い別れ話を切り出したが、裏切られた気持ちでいっぱいの愛人は『文春』にネタを売る腹を固め、密会現場をリークしたのが真相のようです」(週刊誌記者)

    渡辺は1日に極秘帰国。その後、所属事務所の幹部と釈明会見を開くべく話し合いを続けているようだが、思わぬところから横やりが入ってしまったという。

    「南が出演する保険会社のCMが不倫報道に重なってしまった。
    放送期間に渡辺が不倫釈明会見でもしてしまったら、違約金を請求されかねず、南サイドが『今は会見をやめてほしい』と頼んでいるそうです」(ワイドショーデスク)

    甘美な時間を過ごした代償は高くつきそうだ。

    画像
    2e0dbf0a

    日刊ゲンダイDIGITAL
    http://news.livedoor.com/article/detail/12938770/


    【不倫報道にダンマリ 渡辺謙が釈明会見を開かないワケ ホテル代、飛行機代は愛人が自腹】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 19:49:02.65 _USER9.net
    「週刊文春」が2週にわたって報じたハリウッド俳優・渡辺謙(57)と、ジュエリーデザイナーで元ホステス・A子さんとの不倫問題。
    「週刊文春」取材班は、「2人の交際は結婚を見すえた真剣交際だった」との核心証言を得た。

     A子さんの親友が明かす。

    「A子さんが謙さんと付き合っていた最大の理由は、求婚されていたからです。三十歳を過ぎてからA子はよく『子供が欲しい』と話していました。
    前の彼氏からは、『絶対にダメや』と言われていたけど、謙さんからは『子供を産んでいいよって言われた』と嬉しそうに話していました」

    こうした交際の経緯について渡辺の所属事務所に取材を申し込んだところ、「今の段階でお答えする事はありません」と回答しなかった。

    一方のA子さんには手紙やメールで取材を申し込んだが、返答はなかった。

    「週刊文春」4月13日発売号では、2015年のゴールデンウィークにA子さんが「王様と私」の公演に招待された時のエピソードを含め、2人の交際について詳報している。

    (「週刊文春」編集部)

     文春オンライン 
    http://news.livedoor.com/article/detail/12925638/

    画像
    no title

    no title

    【渡辺謙 愛人の親友が激白「彼女は求婚されていた」 週刊文春】の続きを読む

    1: チキン ★@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 16:05:21.93 _USER9.net
    NHK女子アナが映画監督と“花見W不倫”

     NHKの看板番組「サンデースポーツ」の元キャスター與芝(よしば)由三栄アナ(42)に“W不倫”疑惑が浮上した。ミス慶應だった與芝アナは98年にNHKに入局し、“ポスト有働由美子”として将来を嘱望されていた。お相手は映画「東京タワー」(05年公開)などを手がけている映画監督の源孝志氏(55)だ。

     2人を知るNHK関係者が明かす。

    「彼らが出会ったのは、2014年11月に放送されたNHKのドキュメンタリー番組『世界で一番美しい瞬間(とき)』です。この番組は源さんが演出者、與芝さんが現地レポーターでした。2人は、やがて“深い関係”になっていくのです。最近は、NHKや制作会社のスタッフとの会食にも2人揃って参加することもあるし、いわば公認の仲なのです」

     4月3日の昼下がり、2人は東大駒場キャンパスで花見を楽しんだ後、お互いの腰に手を回しながら、源氏の仕事部屋へと消えて行った。再び、與芝アナが姿を見せたのは1時間半後のことだった。

     前日にも、2人は蕎麦屋デートの後、仕事部屋で密会していた。

    「2人とも既婚者です。バツイチの與芝さんはスポーツマネージメント会社の経営者と再婚し、09年に長女、12年に双子の女の子を産んでいます。一方の源さんにも幼い女のお子さんがいます」(同前)

     NHK、源氏の所属事務所に取材を申し込んだが、回答は得られなかった。

    「週刊文春」4月13日発売号では、花見での仲睦まじい2ショットや、2人への直撃取材を含め、詳報している。

    画像
    no title

    http://bunshun.jp/articles/-/2103

    【文春スクープ!NHK女子アナが映画監督と花見W不倫】の続きを読む

    このページのトップヘ