中二病速報

    タグ:ワールドカップ

    1: 風吹けば名無し 2019/11/03(日) 07:26:05.50
    南アフリカのデクラークさん、優勝した勢いでとんでもない恰好をしてしまう。

    before
    no title


    after
    no title

    【【W杯】南アフリカのデクラークさん、優勝した勢いでとんでもない恰好をしてしまう(画像) 】の続きを読む

    1: ARANCIO-NERO ★ 2019/11/03(日) 09:15:51.94
    ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝が7日、横浜国際総合競技場で7万人を超えるファンを集めて行われ、南アフリカがイングランドを32-12で下し3大会ぶり3度目の優勝を果たした。戦前は、名将、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが率いるイングランド有利の声が強かったが、想定外の完敗。そのショックと悔しさからか、表彰式ではロックのマロ・イトジェが銀メダルを首にかけられることを拒否。授与された直後に銀メダルを首から外す選手が続出するなどラグビー発祥の“紳士の国”の選手が見せた“紳士的でない態度”を海外メディアも一斉に報じた。

    母国、英国のメトロ紙は、「マロ・イトジェがラグビーW杯決勝で敗戦後、銀メダルを首にかけることを拒む」との見出しを取り、表彰式での行為について報じた。

    記事は、「試合後、イングランドの選手たちは、ワールドラグビーの現会長で元イングランドとブリティッシュ・ライオンズのキャプテンだったビル・ボーモント氏から銀メダルを受け取るために並んだ。だが、イトジェはボーモントと握手を交わした後、あからさまに首に銀メ
    ダルをかけられることを拒否した」と伝えた。

    「マピンピとの衝突で倒され、試合開始わずか2分で退場となったプロップのカイル・シンクラーは銀メダルを受け取った後、即座に首から外した。一番最後に銀メダルを首からかけられたジョーンズ・ヘッドコーチも、南アフリカの選手がW杯トロフィーで祝う表彰台に上がる前にメダルを首から外した」と、その紳士的でない態度を伝えた。

    同じく英国のデイリーメール紙は、「『いりません!』イングランド選手がW杯決勝で南アフリカにこっぴどくやられた後、準優勝のメダルを首からかけられることを拒否して批判を浴びる」との見出しを取って報じた。
    「イングランドの選手たちがW杯決勝で南アフリカに12-32と圧倒されて敗れた後、準優勝のメダルを首にかけることを拒否し批判を浴びてしまった。シンクラーは試合後のセレモニーの間に(メダルを)むしり取り、キャプテンのオーウェン・ファレルは、南アフリカが優勝トロフィーを掲げる前にメダルを首から外した。イトジェに至っては(メダルを)首にかけることもなかった」と伝えた。

    記事は、「慣例として大会関係者は準優勝チームが銀メダルを受け取る前に表彰式の壇上に記念品をそろえる。(キャプテンの)ファレルに率いられ、チームはビル・ボーモント会長と握手し、慰めとなる表彰を受けた。ロックのイトジェは、銀メダルを首にかけることを拒否して手で受け取り、首にかけることをしなかった。頭の怪我で試合開始2分に交代したプロップのシンクラーは、彼のメダルをすぐに首からはぎ取った」と、表彰式の様子をレポート。

    「大会の最後にメダルを即座に外すという汚名を残す行為を犯したイングランド選手に対してファンたちは『不愉快な敗者たち』、『スポーツマン精神に反する』と(SNSなどで)批判的な反応を見せた。ファンの1人は『イングランドはメダルをかけることを拒否するかんしゃく
    を起こしていた。哀れだ』とつぶやいた」と、ファンがツイッターなどSNSで発信した批判的な声を紹介した。

    PAGE
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00010000-wordleafs-spo 

    20191103-00010000-wordleafs-000-view

    【【ラグビー】海外メディアはイングランド銀メダル拒否事件を一斉報道 批判的声伝える】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/11/02(土) 23:42:38.91
     ラグビーワールドカップ(W杯)は2日、日産スタジアムで決勝戦が行われ、世界ランク1位のイングランドと2位の南アフリカが激突。南アフリカが32―12で勝って史上最多タイ3度目の優勝を決めた。

     日本代表が自国開催で史上初の8強入りを果たし、熱戦に次ぐ熱戦の連続だった今大会。だが、最後に物議を醸す可能性のあるシーンがあった。16年ぶり2度目となる世界一を逃して準優勝に終わったイングランド。その試合後に行われた表彰式でプレゼンターがメダルを首にかけようとするのを拒否したり、多くの選手が首にかけた直後に外すなどの行為があった。

     Jリーグの初代チェアマンや日本サッカー協会会長などを歴任した川淵三郎氏(82)は自身のツイッターに「ウーン、やっぱり僕の性格からして黙っていられない。いくら悔しいからって首にかけてもらった銀メダルを観衆の前で直ぐに外してポケットに入れるのはGOOD LOOSERのとるべき態度ではない。少なくとも日本の子供達に真似をして欲しくない」と投稿。

     インターネット上には「イングランド表彰式の態度悪すぎ」「勝者に失礼」「悔しいのはわかるけど」と疑問視するファンの声が相次いだ。

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/11/02/kiji/20191102s00044000354000c.html  

    no title


    【【ラグビーW杯】イングランド選手が表彰式で“メダル拒否”川淵三郎氏が苦言「黙っていられない」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/10/16(水) 10:51:47.65 ● BE:565421181-PLT(13000)
    【ラグビーW杯】スコットランド、勝ち点はく奪可能性も 地元記者懸念「次回の自動出場権を犠牲に」

     ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のA組最終戦で日本に21-28で敗れたスコットランド。
    試合前には台風19号が列島を直撃し、自然災害を前に試合開催が危ぶまれる中、スコットランド協会最高責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、大会側に対する法的措置を示唆。
    この発言を、W杯の統括責任者のアラン・ギルピン氏は改めて問題視し、独立紛争委員会で審議する方針を明らかにした。
    スコットランド記者は「勝ち点6以上剥奪となれば、ドッドソン発言は2023年のW杯自動出権を犠牲にする可能性も」と、大会史上初のペナルティに発展する可能性を指摘している。

    W杯に過去全大会参戦のティア1国。トップの発言が招く、最悪の事態の可能性を地元メディアは憂慮している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00088928-theanswer-spo 

    20191016-00088928-theanswer-000-view


    【【ラグビーW杯】スコットランド、勝ち点はく奪可能性も「次回の自動出場権を犠牲に」】の続きを読む

    1: THE FURYφ ★ 2019/10/13(日) 21:41:49.09
    POOL A 10月13日
    横浜国際総合競技場(神奈川県横浜市)

    日本 28-21 スコットランド

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5080?module_match=1985637

    1570969520-0431-001

    【【ラグビーW杯】日本がスコットランドに勝利!初の決勝トーナメント進出決定! 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/11(金) 22:15:13.70
    台風19号の影響を考慮し、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の日本―スコットランド(13日)の実施可否は最終的に試合当日に決まる。スコットランド協会の最高責任者、マーク・ドッドソン氏は11日、13日に開催できない場合は日程や会場を変更してでも行うべきだと訴えた。

    大会規定で中止試合は引き分け扱いとなり、その場合、スコットランドの1次リーグ敗退が決まる。ドッドソン氏は「大会のインテグリティー(健全性)に関わる。日程に柔軟性を持たせるべきで、再考してほしい。開始を24時間遅らせてでもプレーしたい。どこでも、無観客でも構わない」と話した。英メディアによると、中止となった場合は主催者側への法的措置も検討しているという。

    これまで12日に予定されていたニュージーランド―イタリア、イングランド―フランスの2試合が中止になった。イタリアは勝てば決勝トーナメント進出の可能性があった。ドッドソン氏は「イタリアのことは残念に思う。決勝トーナメント進出が決まっていたイングランドとフランスの試合と(日本―スコットランド)は重要性が違う。どのチームが勝ち抜くか、きちんと試合で決めるべきだ。多くのファンも同じ意見だと思う」と語った。

    一方、日本のジョセフHCは「選手、スタッフ全員がプレーしたいと思っている。我々は、世界のエリートチームの一つと認められるくらいのプレーをしている」と厳しい口調で話し、試合実施を望む姿勢を強調した。

    YAHOO!ニュース(朝日新聞社)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000085-asahi-spo

    20191011-00000085-asahi-000-view


    【【ラグビーW杯】日本戦「日程変更してでも」スコットランド協会が法的措置も検討】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/10/06(日) 00:14:33.49
    ラグビーを題材とした80年代の伝説的ドラマ、TBS系「スクール☆ウォーズ」にメインキャストの1人として出演した俳優松村雄基(55)が5日、ラグビーW杯1次リーグのサモア戦に快勝した日本代表に熱いコメントを寄せた。

    松村は「素晴らしかったです。姫野選手のジャッカル、松島選手のトライ、そして、後半終盤出場の田中史朗選手のタックル、リード!! フォワードの頑張りと、それに応えるバックスの攻めが見事に呼応して、ボーナスポイントをもぎとった気迫の4トライ目。思わず叫んでしまいました。すばらしい試合を有り難う!! サイコーです、チームジャパン!!」と祝福した。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-10051343-nksports-ent

    松村雄基(2007年1月28日撮影)
    no title

    【【ラグビーW杯】スクールウォーズ松村雄基も日本勝利に「サイコー」 】の続きを読む

    このページのトップヘ